「どうしてこんな生きにくい世の中になったのだろう」「昔は良かった」「人が心を失ってしまった」など、現代社会に対する嘆きの声を耳にすることがありますが、あなたもそのように感じられるでしょうか?毎日のニュースで見聞きする血も涙も無いような事件や、悲惨な事故、職場や学校で感じるストレスやプレッシャー、家の中でさえ会話がなかったり、心が通じ合わないという寂しさなどによって、多くの人は生きにくさ、人情のなさや、冷え切った社会を感じるのでしょう。

皆が「幸せになりたい」「人を愛し、自分も愛されたい」と願い、小さな頃から「人には優しく、正直に」と教えられているのにもかかわらず、なぜこんなに現代社会は苦しみで満ちているのでしょうか?「闇」と表現される現代社会の問題点や矛盾点などを詳しく見ていきましょう。

現代の闇はどこまで深いのか?

「闇」とは、「暗いことや光のないこと、またその状態」「道理がわからない」という意味があります。

「闇夜」「暗闇に包まれる」などの使い方からも、一つの意味としては、物理的な暗がりをさしている意味だとわかりますね。

ただ、最近よく言われる「現代の闇」「闇が深い」などはどんな意味があるのでしょうか?これは、物理的な闇ではなく、人や団体や物事の性質を表す言葉として使われます。

闇とは、光のない状態、見えない状態であることから、「希望がない」とか、「裏で何を考えているかわからない」「表沙汰にしないことが多い」「思慮分別がない」「理性を失った状態」という意味で使われることもあります。

「あの企業の闇は深い」とか、「別れた彼氏の闇が深くて困る」という使い方をする場合がそうです。

このことを踏まえるなら、「現代社会の闇」いうなら、後半の意味の「見えない部分」「裏」という意味になります。

「自然体」や「ポジティブ」が表とするなら、その反対が「不自然」「作られた」ということになり、そしてそこからこぼれ落ちたものを「闇」と表現しているのかもしれません。

たいていのことには表と裏がありますし、人間にも、表面に出していることと、隠していることがあります。

残念ながら100%表しかないという人はいないでしょう。

ですから人は、闇が存在するのを受け入れることには抵抗がありませんが、「闇が深い」という時はどんな時でしょうか?社会に裏があるのは知っていたが、いざ自分の身に降りかかった時や、絶望した時に、どうしようもない気持ちや、モヤモヤした行き場のない感情を表現するために使われるようになったのではないかと言われています。

そして最近では、流行語のように「闇が深い」という表現が様々なジャンルで使われているので、それだけ世の中に絶望したり、はがゆさを感じている人が多いことと、社会の隙間から滑り落ちてしまっているどうしようもない事態が至る所で起きていることがわかります。

闇はあなたのすぐそばにあるかも知れない


「闇」という言葉をどのような意味で使っているかを考えた時に、決して自分と関係ないことではなく、自分のすぐ近くでも見られたり、自分も巻き込まれたり関係していることも多いかもしれません。

ツイッターなどでも、現代社会に潜む闇について呟かれていたり、街で見かけた闇についての投稿が特集されていることがありますが、スーパー、公共のトイレ、職場など、私たちが生活しているスペースでたくさんの闇を感じる物や張り紙、人などが挙げられています。

それだけ現代の闇はどこにでも存在しているということなのでしょう。

闇に関わっている人の特徴とは?

「この人、心に闇を抱えているのかな?」と思うことがありますが、どんなところでそれを判断しているのでしょうか。

かなずしも、明らかに見た目が怪しいとか、暗いということだけではありません。

例えば、ニコニコして明るく見える人や、ポジティブな発言を繰り返す人でも、ちょっとした瞬間にでる素の表情や、発言によって「この人、実は相当な闇を持っている」とわかることがあります。

例を挙げると、数年前に行われた、心に闇を抱えていそうな芸能人ランキングで、タレントのベッキーが1位になっていましたが、当時のベッキーといえば、「元気印」「明るい」「優等生」などのイメージでした。

有吉さんがつけたあだ名も”元気の押し売り”というものでした。

そんな中でも、目が笑っていない、元気キャラで無理しているなどと見る人が感じる部分があったようです。

その後、彼女がミュージシャンとの不倫事件で、表面には現れない裏の顔が現れたと、世の中が一斉に反応したことからも、一見明るそうだったり、誠実そうなイメージの人でも闇を抱えていることがわかります。

ではこれから、闇を抱えている人や、闇に関わっている人の特徴を見ていきましょう。

1. 正義感を失っている


正義感とは、正義を尊び、不正なことに義憤を感じること定義されています。

ですから、正義感がある人は、道徳的な心情を優先して、絶対に嘘をつかなかったり、圧力を前にしても、自分の義を譲らないという特徴があります。

特に正義感が強いと言われる人もいますが、どんな人でも生まれながらに「良心」と呼ばれる、義を愛する気持ちを持って生まれます。

しかし、成長する過程で、世の中の低い基準に慣れてしまったり、自分だけ義を行なっても無駄であると諦めてしまうようになります。

周りとうまくやるためには、妥協しなくては、多少正義を崩すことは仕方のないことだと考えるようになってしまうのです。

そのような経験を小さい時から多く重ねている人は、正義感を失ってしまうことがあります。

裏切られたり、不公正な扱いを受けたり、義ではなく悪が常に勝利を納めているように見える環境に嫌気がさして、自分の良心を殺してしまうのです。

そうすると、正しいことを行おうという意欲がなくなり、闇の道を歩みはじめてしまうのです。

2. 人生の幸せを失っている

「幸せ」という感情は、人に良いことを行うエネルギーを与えます。

自分が幸せなら、他の人を思いやったり、必要な助けを与える余裕もありますし、人の幸せを一緒に喜んだり、みんなも幸せになることを願うものです。

しかし、自分の人生に幸せを感じていないと、自暴自棄になり、どうせ何をしたって無駄と、自分を大切にすることも、人を思いやることもなくなります。

さらに悪いことに、幸せな人を見て、妬みや復讐心を抱くようになり、不幸になることを願ったり、人の幸せを自らの手で壊したくなることもあります。

まさに心が希望のない状態になっている、「闇」を抱えているといえます。

3. 他人を軽視している

暖かい人間関係の基本は、「愛と敬意」です。

ですから、他の人に対して敬意を抱かないで、自分より下に見たり、軽視したりするなら、当然人間関係は悪くなります。

誰も、自分を尊重してくれない人と一緒にいたいとは思いませんし、そのように、人を蔑視したりする人のことを快く思わなくなります。

他人を軽視する見方は、昔から社会の根深い問題を生み出してきた、差別を生みます。

ある特定の人種より自分たちが優れていると考えるなら、軽視いている人種の人の尊厳を無視し、奴隷のように扱ったり、相手に嫌悪感を感じるようになったり、憎しみの感情を正当化するようになるということを、私たちは歴史を通して知っています。

人権が叫ばれるようになった現代でも、国籍、肌の色、出身地、職種などによって様々な差別が残っています。

そして知らず知らずに、自分と違う人を軽視するという思考が染み付いてしまっているかもしれません。

その考え方がいつのまにか自分の考え方に影響を与えて、社会の闇に関わってしまうかもしれないのです。

4. 人生や人の命を軽く見ている

本当なら命は何よりも大切なもので、尊重し、守るべきものと考えますが、そうでないなら、生きる希望がなく、無思慮で分別のない命の使い方をしてしまいます。

非常に暗い闇である虐待行為も、人の命や、人生の重みや、尊さを全く無視した考え方から生まれます。

虐待に関係する人は、自尊心が低く、自分自身の価値を見いだせない人が多いと言われています。

自分を大切に思えないので、人を大切にすることもできないのです。

または、非常に利己的かつ暴力的で、他の人を痛めつけることによって、自分の優位性を確認する人もいます。

恋人や夫婦に見られるDV、幼児虐待などのニュースを聞くと、正常な良心を持っている人は、やるせない気持ちになり、胸が締め付けられるように感じますよね。

関わらずに生きていこう

愛の反対は、憎しみではなく無関心であると言われていますが、「人のことや自分に益にならないことには、関わらずに生きていこう」という考え方も、現代社会では広く見られています。

お年寄りが道で倒れていても、助けの手を差し伸べる人は少なく、ただ横目で見ながら通り過ぎる人が多いです。

それは「面倒に関わりたくない」という意識が働いてのことだと思います。

また、誰かが酔っ払いに絡まれていても、見て見ぬ振りをするのも、「自分が巻き込まれないために仕方がない」と、どこか自分で正当化してしまうかもしれません。

弱い人や困っている人を助けることは、人情であり、日本でも徳として教えられてきました。

頭ではわかっていても、いざ自分の目の前にそのような状況が飛び込んでくると、心では「かわいそう」「誰か助けてあげて」と思いながらも、自分では何もしないというのは、人間の汚さ、普段は隠している裏側と言えるでしょう。

気付かない振りも大事

気付かないのではなく、気付かない”振り”というのに闇を感じます。

本当は、見たり聞いたりしたことなのに、自分の都合の悪いことは”なかったことにしよう”というのは、安全な人生を選ぶ能力なのかもしれませんが、この考え方は、人を絶望に陥れることがあります。

例えば、クラスや職場でいじめがあった場合、自分はいじめている側でないけれども、いじめが行われているのをただ黙って見ていたり、知らないふりをしたというのは罪にならないか、という疑問がよく討論されてきましたが、やはり、直接助けることは難しくても、何かしらの救済の手を差し伸べることはできるはずです。

いじめられている人は、周りの関心でどれほど救われるかわかりません。

ですから、自分の保身のために、何事も気付かない振りをするのがベストな方法だと結論づけて生きるなら、世の中の闇を黙認し、助長することになってしまうので、気をつけたいですね。

しかもそんな生き方をすると、自分に嘘をつくことになるので、自分の心を暗闇へ陥れることになりかねません。

現代社会の闇だと思う13個のこと

これまで闇を生み出す考え方や、闇に関わっている人の特徴を見てきましたが、実際に「闇」だと思うのはどんなことでしょうか?こんなにも多くの人が、生きにくさを感じたり、闇が増えていると考えているわけですから、きっと私たちの身近なところにたくさんあるのでしょう。

では早速、多くの人が闇と感じるいくつかのことを見ていきましょう。

1. メンタルクリニックの増加

ストレスの多い現代は、心の不調を感じたり、精神的なバランスを崩す人が増えています。

一昔前まで、うつ病や精神疾患というと、奇異な目で見られ、病気に対する情報も、治療方法も少なく、スペシャリンストも限られていました。

しかし、健康とは、心身ともに健康のことを意味するという理解のもと、心のケアにも力が入れられるようになったり、メンタルを整えることの重要さが認識されるようになって専門的な治療を行なってくれる、心療内科やメンタルクリニックが急増しました。

心の病に対する偏見がなくなったり、適切な処置が受けれるという点ではクリニックの増加は嬉しいのですが、それほどまでに心の治療を必要としている人がいるというのは、悲しくもなりますね。

2. 政治家の汚職

国を本当に良くしようと願い、献身的に働く政治家はもういないのではないかと思えるほど、自分の私利私欲のために権力を手に入れ、そして、それを活用して自分の利己的な願い通りに世の中を動かしている貪欲な政治家のニュースを聞きますね。

賄賂、献金、横流し、不正など汚職にまみれた政治家に嫌気がさしてきます。

しかし、そんな悪いことをしている彼らのことを、先生と崇める世の中にも嫌気がさしてしまうのではないでしょうか。