バブルがはじけた後の日本では、就職しようと思ってもいつも求人倍率は1以上、日本人はいつも、誰かと面接で競いあって、適正だと思われた方が仕事を掴むという厳しい状況を乗り越えてきました。

しかし最近少子化やIT化の影響を受けて、徐々にその求人倍率は低くなりつつあるんです。

「やっと仕事につきやすいチャンスが来た!」それなら、今の内に、一度でいいからやってみたかった仕事の資格をとっておくのがオススメです。

手に職を付けるために取るべき資格20選

一度その資格をとっておいたり、技術職としてその仕事の経験を身に就けておけば、一生「仕事がしたい」と思った時に働けるなんて、手に職を付けることは生きて行く上で本当に心強い武器ですよね。

「それなら私も手に職を付けておきたい!」と思う方、たくさんいらっしゃることだと思います。

そこで「手に職を付ける」仕事にはどんな職種があるのか、その魅力とともにご紹介します。

1. ピアノの調律士


時代が代わっても変わらず、品のある佇まいがとっても魅力的な「ピアノ協奏者」としての職業、ここ最近では女性のみならず、男性からも人気を集める職業の一つです。

一見お金持ちしかできる仕事じゃないの?なんて思われているかもしれませんが、実はピアノ一つあればできてしまうので、アイススケートや乗馬、ゴルフのプロになるよりはそこまでお金は掛からないのです。

そんなピアノ協奏者に必ず必要になってくるのが、ピアノの調律士です。

世の中の色んな仕事には時に「身長制限」があるのは皆さんも知っていると思いますが、実はこのピアノの調律士の仕事にも身長制限があるんです。

制限されるのは、身長が150㎝以上あるかどうかということです。

これはそれ程厳しい数字ではありませんが、アップライトピアノの調律をするときに、150㎝以上の身長がないと、調律する時の姿勢が取りづらい為に、この条件が設けられたと言われています。

ピアノ調律技能検定

ピアノの調律士になるには、ピアノ調律技能検定が必要です。

ピアノ調律技能検定だけなら半年くらい勉強すれば誰でもとれるんじゃないかと言われていますが、実際の現場では、机上で覚えた内容以外にも、演奏者からの様々な希望や要求がある為、頭では「こうしたい」と思っていても、その通りピアノを調律するこは大変難しいのだそうです。

それ以外にも調律は月1回程度やるものなので、収入面での厳しさもあるようです。

家族を養う為の仕事というよりは、空いた時間に少し働きたいという方にオススメのお仕事です。

2. 自動車整備士


自動車整備士とは、車が壊れた時の故障やトラブルやメンテナンスなど、車に関する全ての問題を解決する、豊富な専門的知識と技術を有する自動車整備士のことをいいます。

間違った判断や整備をすると、大きな自動車事故を起こしかねない自動車整備士の仕事は、一歩間違えれば法的な問題にもなり兼ねないので、あまり知られてはいないのですが、国家資格が必要なくらい責任重大なお仕事なんです。

しかし一度その資格を取れば、仕事にはつきやすいのがメリットで、日本全国で活躍できる場がたくさんあります。

カーディーラーや整備工場など、車を直接修理する仕事もありますし、カー用品店で、来客する人のアドバイザーなどの仕事を選択することも可能です。

自動車整備士技能検定

自動車整備士の資格は、種類がたくさんあります。

大きく分けて1級・2級・3級の3つの級と特殊整備士があります。

この中で最も求人数が多いといわれているのが、「2級ガソリン自動車整備士」と「2級ジーゼル自動車整備士」です。

自動車整備士の1級を取得するのは相当難しいそうで、取得されている人はそう多くありません。

普段自分の車が突然故障してしまった時は、車が突然壊れてしまったことに驚いてしまって「このまま運転しても事故にならないかな」とか「修理にはいくら掛るんだろう」なんてことしか考えないのが普通だと思いますが、こういうピンチの時こそ、腕のいい整備士を選べば、より的確に修理や見立てをしてもらうことができるのです。

車が大好きという方は是非注目してみて下さい。

3. 歯科衛生士

団塊の世代が退職したこと、少子化の問題が影響していることで、徐々にその数が増え始めている日本の就職求人数ですが、人手不足が深刻化し始めた医療系の中で、歯科衛生士という資格は、今取得しておくと、将来引く手あまたになる可能性があるかなりオススメのお仕事なんです。

現時点での求人数は常に160000件以上、とにかく求人数が多いのが、歯科衛生士です。

歯科衛生士はどんなことをして働くのかというと、歯や歯の周辺に問題のある患者さん、今は問題はないけれど歯がおかしくなる前に予防したいという患者さんに対して歯科予防処置・保健指導・診療補助などの歯科医療業務を行います。

歯科に良く行く人なら分かると思いますが、日によっては歯科の先生よりも、歯科衛生士さんの方がたくさんサポートしてくれている場合もありますよね。

直接の医者ではないけれど、それに近い内容にも携われるので、すごくやりがいのある仕事です。

4. ネイリスト

爪という小さい面積の中をカラフルな色やストーンを組み合わせてお客様を綺麗にする、一見面倒くさそうなお仕事ですが、実はとっても楽しくて、集中できて、時間があっという間に過ぎるお仕事、それがネイリストなんです。

ネイリスト技能検定試験

ネイリスト技能検定試験は、ネイリストになるための技術と知識を習得する為の実践に役立つ検定試験です。

この試験はまだスタートしたばかりで、1997年より開始しました。

とっても新しい資格なのですが、ネイル業界では、ネイル技術に関する資格として最も歴史と実績がある古い試験に分類されるんです。

資格がなくても仕事はできますが、お客様とお話していく中で「ネイルの資格を持っているんです」ということが言えれば、より安心してもらえるはずです。

5. マッサージ師

時代が変わっても、変わらずやってもらえると気持ちがいいし、癒されるのが「マッサージ」ですよね。

疲れがたまってくると「あ~マッサージしたいなぁ」なんて気持ちになってしまうものです。

家族の中にマッサージ師がいれば、無料で施術してもらえることができるので、仕事をすれば家計は支えられるし、家では家族の疲れをとることもできるし、と一石二鳥のお仕事・資格です。

あん摩マッサージ指圧師

あん摩マッサージ指圧を仕事にする為には、国家資格が必要です。

まずは鍼灸マッサージ師を養成する学校や施設を卒業してから、次のステップとして厚生労働省の国家試験に合格しないと資格を得ることはできません。

1度の試験でも面倒くさいと思うのに、二度も過程を踏まないといけないなんて、あん摩マッサージ指圧師の資格は結構手間の掛かる資格なのです。

その代わり、一度資格をとってしまえば、競争率は低い方なので就職し易いというメリットがあります。

6. 心理カウンセラー

「なってみたい」人が多い仕事ではあるものの、本気で心を病んだ人を治療する難しさに、意外と人数が増えないのが心理カウンセラーのお仕事です。

心理カウンセラーは、患者さんの「悩んでいること」に対して、悩みを一緒に解決に導いていくメンタルケアの専門家です。

医師による「治療」とは区別されていて、心理カウンセラーが話を聞くことにより、相談者が自分自身の力で解決の方向性を見出すことが主目的とされています。

一度も心理カウンセリングを受けたことがない人は、心理カウンセラーが回答を導いてくれると勘違いしてしまうのですが、実は、心理カウンセラーの本業は「話を聞くこと」で、答えを出すのは患者さん自身なんです。

認定心理士

心理カウンセラーの世界では長らく資格というものが存在していませんでした。

その為、法律的には誰でも心理カウンセラーになれてしまうので、「それでは意味がない」「早く資格を作って欲しい」と切望されていました。

そんな中で遂に、2017年、公認心理師法により、「公認心理師」という国家資格が誕生します。

しかしまだ仕組みが整ったばかりで、国家資格の地位としては確固たるものを確立できていない状況です。

心理カウンセラーの業界は、今後の発展が楽しみな職種といえます。

7. ファイナンシャルプランナー

名前の響きがかっこ良くて、つい「なってみたい!」と思ってしまうことがあるものの、なった後に難し過ぎてついていけないんじゃないか!?と尻込みしてしまうのがファイナンシャルプランナーです。

ファイナンシャル・プランニング技能士

ファイナンシャル・プランニング技能士は国家資格の一つで、顧客の資産に応じた貯蓄・投資など、今後どのように資産を流用すればよりいい状況になるのか、についてプランを立案したり、相談にのるお仕事です。

一見難しそうな仕事・資格なので「私には無理」と敬遠してしまいそうですが、知識を身につけておけば、自分自身のお金に関しても上手に流用することができるようになるので、かなり役立つ仕事・資格の一つです。

気を付けなければいけないのは、顧客の資産を減らすような失敗をしないことです。

そういう状況になれば、もはや冷や汗では済まされないきつい雰囲気があなたを待っていることでしょう。

8. 行政書士

行政書士とは、こちらも国家資格の一つです。

官公庁に提出する書類や、権利義務・事実証明に関する書類を作成したり、提出手続、行政書士が作成した官公署提出書類に関する行政不服申立て手続の代理を行うなど、行政の申請に関する仕事にしています。

一般人からすると「何をどう作成したらいいのか」右も左も分からない書類や手続きについて、行政書士がアドバイスしたり、作成に伴う相談を受ける仕事です。

時々、ファイナンシャルプランナーと行政書士を同じカテゴリーと勘違いしてしまう人がいますが、リスクの高いファイナンシャルプランナーに比べて、行政書士は安定した仕事、書類さえミスしないで作成すればいいですし、一度やり方を覚えておけば、2回目からは簡単になるので、多くの方にオススメできるお仕事です。

9. 危険物取扱者

危険物取扱者とは、その名の通り危険なものを取り扱うお仕事です。

こちらは国家資格が必要になります。

就職先はどんなところになるのかというと、ガソリンスタンド、タンクローリーの運転手、石油メーカー、化学メーカーなどです。

一度この危険物取扱者の資格を身に着けて、仕事の経験も身に着ければ、色んな場所からスカウトが来ることも期待できます。

10. 美容師

かつては「カリスマ美容師」の名を欲しいままにしたり、若い女性が「彼氏にしたい」職業ランキングでも常に上位という人気を誇っていたのが美容師です。

資格がないと仕事ができないルールなのですが、資格を持たずに仕事をして逮捕されるという事件が起きたこともあります。

家族に美容師がいれば、お金を払わずにカットしてもらえるのですごく重宝されるお仕事ですよね。

1日中立ちっぱなし、お客様のリクエスト通りに髪の毛をカットしなければならない、というプレッシャーもありますが、上手くいけばおしゃれでとてもやりがいのあるお仕事・資格です。

11.保育士

何かと話題に上る資格でもある保育士ですが、場所によっては、保育士不足で悩まされている所もあるほどなので、資格を取得しているだけで需要があるものと言えます。

とはいえ、仕事が大変そうなどと言った感じのイメージが強く、実際に資格を持っていても保育士として働けるのか不安と言う方も多いのですが、それはあくまでイメージです。

実際には保育士の募集は常に行われているような状況でもあり、子育てが落ち着いてから保育士として働き始める方が結構多くいらっしゃいます。

子どもを相手にするので、ストレスが溜まりそうなイメージもありますが、大人を相手にするよりかはストレスが低減できると思います。

日本の場合、どの仕事に置いてもきついきついと言った感じのイメージがあり、保育士に限らず、この仕事をしてみたいと思うと相手に話すとネガティブな意見しか飛んできません。

つまりは、相手の意見に惑わされてはいけないのです。

保育士試験を受ける

実際に保育士試験を受けるにはどうしたらいいのかと考える方も多く、専門の大学を卒業しないと資格を取得できないと思っている方も多くいらっしゃいますが、実際は保育と関係のない大学や専門学校を卒業されている方でも保育士試験を受けることはできます。

ただ、条件があり、それに該当していないと試験を受けることはできません。

まず、大学・短大・2年以上の専門学校を卒業されている方は、試験を受験することはできます。

大学を中退された方でも、在学中に62単位修得されたと言う方なら、試験を受けることができますよ。

また、高卒の方も条件次第では、受験することができます。

年齢に上限はないので、最近ではシニア層でも保育士の資格を取得される方がいます。

臨時で保育士を募集する施設があったりするので、働きたいと思った時に保育士の資格を持っていると意外と早く就職にたどり着ける可能性はあります。

12.宅地建物取引士(宅建士)

不動産会社などで活かせる資格と言ったイメージの強い資格ですが、国家資格であり、それなりに格式高い資格でもあります。

しかし、具体的に宅地建物取引士の資格を活かしてどのようなお仕事ができるのかを知っている人は少ないと思います。

なぜなら、ある時期にしか活躍しない資格であり、お仕事だからです。

主にピークになるのが1人暮らしを始める時の方々を相手にする時であって、その時にこちらの宅地建物取引士の資格が真に発揮されるのであります。

主に仕事の内容としては、土地や建物の売買、賃貸物件のあっせんなどです。

部屋を借りたいお客様や家を購入されたいお客様などは不動産に関する知識はとぼしいわけでありまして、その説明をするのが宅地建物取引士なのです。

この資格を持っていないで説明をして不当な取引を行う不動産もいるので、不動産業界の評判を良くしているのが宅地建物取引士と言えるかもしれません。

一番のお仕事はお客様に重要事項を説明することです。

宅建士試験を受ける

合格率が10%代と狭き門の国家資格ですが、実は、受験資格に年齢、国籍、性別の制限はありません。

つまり、宅地建物取引士が欲しいと思えば、10代でもこの資格を取得することができるのです。

実際にこれまでの中で最年少は13歳と聞いています。

逆に71歳で取得された方もいらっしゃるほどなので、努力すれば習得することができる資格でもあります。

ただ、資格を取得できても、実際に宅建士として、資格を登録できないケースもあります。

特に未成年の場合はハードルは厳しいです。

また、破産者の場合でも登録はできません。

さらに犯罪者なども登録ができません。

要は悪いことをしていると登録ができないのです。

また、試験で不正を働いた人は3年間は試験を受けられなくなってしまいます。

ただ、取得するとその人にしかできない仕事を任せられる資格なので、取得する価値があります。

13.社会保険労務士

近年ブラック企業と言う言葉が増え続けていく世の中で、社会保険労務士のお仕事は需要が高くなってきています。

なぜなら、いつどんな時にご自身が経営している会社がブラック企業のレッテルを張られてしまうのかわからないのです。

そのため、社会保険労務士を含め、労働の問題や社会保険の相談など、労働に関することで悩みを解決させようとするのが、社会保険労務士の役目なのです。

一昔前では特定の会社でしか、活躍の場がなかったのですが、最近ではいろいろな会社で選任の社会保険労務士を雇って、会社の職場環境の改善に努めています。

普段、上司に相談できないような悩みを社会保険労務士に相談して解決に導くと言った感じになっています。

もちろん、上司も誰かを雇う時などの時に、保険や労働条件などを相談し、双方で納得のいくようにするようにしています。

今後はボトムアップの世界になっていくとも言われているので、ますます社会保険労務士の役目が増えていくのではないでしょうか。

社会保険労務士試験を受ける

国家試験でも社会保険労務士ですが、最近何かとこの資格を取得したがる人が多いですが、取得するには条件があります。

まずもって、4年生の大学を卒業していることが、試験を受ける条件になっています。

ただし、短大、高等専門学校を卒業している場合でも、試験を受ける条件を満たしています。

その他、司法試験予備試験を合格された方、行政書士となる資格を取得されている方など、学歴以外でも条件を満たしていれば、試験を受験することができます。

ちなみに合格率は、7~10%と低い確率ではありますが、試験を受けない限りは、合格することはできませんので、取得したいと思いましたら、ぜひ、チャレンジしてみてはいかがでしょうか?

試験科目は労働に関するもので、「労働保険」や「社会保険」を中心に出題されるらしいです。

通信講座などもあり、社会人になってから取得される方もいらっしゃいますので、ぜひ、気になった方はチャレンジしてみましょう。

14.調理師

よく短大を卒業された方などが持っている資格として広く知られていますが、実際にはどのような感じの資格なのかはわかっていない人が多いです。

また、この資格を持っていないとレストランなどの飲食業を開業することができないと思っている方も結構多くいらっしゃいます。

実際、調理師資格を持っていなくても、飲食業を経営されている方はいらっしゃいます。

そのため、具体的にどのような資格なのか知らずにいるのです。

簡単に言えば、調理のプロです。

食品の調理技術の合理的な発達を図り、国民の食生活の向上に資することが主な役目です。

ある意味、わかりづらいですが、主に飲食業や学校の給食などで、活躍されています。

レストランなどでは、資格を持っていなくても調理を仕事にしている人を「調理士」として雇用しているケースもあります。

調理師試験を受ける

まず、受験資格は調理過程の教科を習得されていない人の場合、2年以上の実務経験がないと試験を受けることができません。

ちなみに2年以上の実務経験は、フルタイムでなくても構いません。

アルバイトでも十分にOKなのです。

また、合格率は50~60%と比較的高いので、しっかり勉強をすれば合格することはできると言われていますが、年々難しくなってきていると言われています。

主に試験内容は、食文化論、衛生法規、公衆衛生学、栄養学、食品学、食品衛生学、調理理論などです。

ちなみに、調理の専門課程を1年以上修得すれば、試験なしで資格を交付されます。

そのため、短大などを卒業されている方が取得されているケースが多いのです。

つまり、調理師免許が欲しいと思いましたら、勉強して、試験を受けて合格するも良いのですが…。

調理科のある学校に通い卒業するのが実は一番の近道ではないかと言われています。

15.ケアマネージャー

これからの日本は高齢化社会です。

そのため、福祉に関わるような資格はさらに需要が増すと言われています。

特に一昔前はヘルパーと呼ばれていた資格で、介護支援専門員実務研修受講試験(ケアマネージャー)は取得をしたいと言う方は多くいらっしゃいます。

特定の専門学校などに行き、資格を獲得される方もいれば、最近では、介護施設などで働きながら、資格の取得を目指す人もいらっしゃいます。

要は、それだけ人員を必要としていると言うことです。

何年前から福祉社会と言われていましたが、今でも、騒がれているみたいです。

介護支援専門員実務研修受講試験を受ける

まずもって介護支援専門員実務研修受講試験を受けるには、学歴よりも実務経験が重要視されています。

専門学校や大学などを卒業されている方でも実務を経験してから取得されるのです。

在学中に実務経験をして、他の人よりも早く介護支援専門員実務研修受講試験を取得されるケースが多いのです。

実際には、介護に関わるお仕事を5年以上かつ900日以上従事する者が試験を受ける条件ではあります。

つまり、取得するまでに結構長い道のりになっているのです。

しかし、近年は働きながらかつ、会社でも資格支援制度などによって、負担が少なくなってきていることもあり、比較的、合格率はのびてきています。

まだまだ需要がある資格になりますので、ぜひ、気になった方は目指してみるのも有りだと思います。

高齢化社会はもうすぐそこです。

16.薬剤師

医療に携わる資格としていつも人気があるのがこの薬剤師です。

簡単に言うと薬のプロで、薬局などには必ずいないといけない人です。

副作用や症状にあった薬を選ぶのがこの人たちの役目であり、また新しい薬を作成されるときなどにも薬剤師の方の知識が活かされています。

世界で一番、薬を消費する国・日本なので、薬剤師の役目は強くなっています。

薬剤師国家試験を受ける

薬剤師の国家試験を受けるには、薬学部のある大学に進学して卒業しないといけません。

一昔前は、4年でも行けましたが、最近は大学院を卒業しないといけないと言った感じで6年の研究が必要になっています。

また、日本には薬学を設置している大学は74校で、限られています。

合格率は80%を超えているので、比較的高いのですが、その後に薬学系に就職するのが難しいと言った感じになっています。

17.ウェブデザイン技能検定

ウェブ系に関する唯一の国家試験で、インターネットスキル認定普及協会から発行されている資格です。

1~3級まであり、1級はなんと厚生労働大臣から合格証書が発行されます。

主にはウェブサイトのデザインを行うことの専門家と言った感じになっています。

ただ、この資格を持っていないウェブデザイナーも多く、資格に価値を持たせることが課題になっています。

ウェブデザイン技能検定国家試験を受ける

受験条件は1~3級までそれぞれで違いがあります。

3級はウェブ系の仕事に従事している人であれば、誰でも受験することができます。

2級からハードルが高くなります。

まず、3級を合格しているもの、3級を合格していない場合は、2年以上の実務経験、大学を卒業していることなどです。

1級になると7年以上の実務経験もしくは、大学卒でかつ3年以上の実務を有するものとなっています。

合格率は年々上昇していて、平成25年度以降は50%を超えています。

18.建築士

住居や新しい建物などを建てる地域は日本中でいっぱいあります。

そんな時に活躍しているのが、建築士です。

主に、建築物の設計および工事の監理などを行って、安全な建物を正確通りに作る責任を持った資格と言えます。

建築会社や住宅メーカーで働きたいと言う方はこの資格を取得するのが最適かと思います。

建築士国家試験を受ける

建築学の専門分野を大学や専門学校で学んでいる場合は実務経験期間を短縮できるので、建築士を目指す人は、最初から建築学を学べる大学や専門学校に入るのがベストです。

仮に建築学を学んでいない場合は、実務経験を通してまず二級建築士を取得し、さらに実務経験を積んで、1級建築士を獲得しないといけないので、最短で11年の時間を有すると言われています。

19.ヨガインストラクター

日本では民間でこのヨガインストラクターを資格として発行している所は多いですが、この資格を持っていなくてもヨガインストラクターを名乗ることができます。

つまり、ヨガを覚えてしまえば、名乗ることができるのですが、真のヨガインストラクターは、世界で最も知名度の高い、「全米ヨガアライアンス」が認定するヨガインストラクターを取得される方が多いです。

ある意味、もぐりかプロかを見極めるには、この「全米ヨガアライアンス」を知っておくことが大切です。

【ヨガインストラクターになるためには、こちらの記事もチェック!】

全米ヨガアライアンス資格をまず取る

この全米ヨガアライアンスを取得するには、実は合格は100%保障されているので、ご自身が諦めなければ問題ありません。

しかし、語学力に自信がないと言う方もいらっしゃると思いますが、実はこちらの資格ですが、日本でも受講が可能です。

つまり、日本語でOKです。

取得するには、認定されたスクールや講師から200時間もしくは500時間の講義を受講すればいいだけです。

つまり、気合いが大切なのです。

20.臨床検査技師

医療に携わる資格であり、国家資格で、かなり専門的な分野になっているので、こちらの資格を持っているとあなたでないと無理と言うような感じになっています。

主に、病院などの医療機関で臨床検査を行う技術者です。

臨床検査技師国家試験を受ける

この資格の試験を受けるには、臨床検査の養成課程を置いている学校を卒業しないといけません。

つまり、断固たる決意がないといけないのです。

突然やりたいと思っても取得できる資格ではありません。

ほとんどの人は、高校の時あたりかたこの資格を取ろうと考え、そのような大学に進学されます。