CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

いじられキャラな人の20個の特徴。いじめとの違いも丁寧に解説

あなたはいじられキャラですか?それともいじる側ですか?

いじられキャラの人がいると その場がぱっと明るくなりますし、普段はあまり会話をしない方とも一緒に時間を過ごすことができ楽しい ですよね。

そこで今回は、いじられキャラな人の20個の特徴をご紹介します。

「いじり」と「いじめ」の違いについても解説しているので、いきすぎたいじりをされていると感じている方や、現在しているかもしれないという方は絶対にチェックしておきましょう。

「いじり」は 相手への敬意や尊重 があってこそのもの。

いじられキャラだからといって、過度ないじりはしないように気を付けたいですね。

いじられキャラな人って周りにいるよね!


あなたの周りにはいじられキャラの人はいますか?

もしかするとご自身がいじられキャラではないでしょうか?

ここで注意しておかなくてはならないのが、 「いじる」が行きすぎると「イジメ」になる可能性がある と言うことです。

ということは、もしあなたが他人をいじる方の側の人間であったとしたら、じぶんはいじっているつもりでも、相手にとってそれが不愉快であればそれは「いじられている」とは取らずに「いじめられている」と取ってしまうことがあります。

ですので、自分が加害者になってしまわないように十分注意が必要です。

では、いじられキャラってどういう人のことを言うのか、いまいちわからないという方のために、いじられキャラの特徴をお話ししてまいりましょう。

いじられキャラな人の20個の特徴


いじられキャラとひとことで言っても、さまざまなタイプがあります。

ここでは、誰もがわかるような一般的ないじられキャラにな人についてお伝えしていきます。

いじられキャラとはどういう人のことを言うのかわかっていただけたら、今後の人間関係に役立つこともあるかもしれません。

また、自分はそう思っていなくても 知らず知らずのうちに他人を傷つけている ことだってたくさんあります。

これを読んで頂いて、「もしかしたら相手は嫌がっていたのかもしれない」と心当たりがあるようでしたらすぐに直すべきです。

人は、自分がしたことよりも他人にされたことに対してとても喜んだり、逆に深く傷ついたりする生き物です。

相手の立場になることが円滑な人間関係を築く上で重要なことだと言えます。

1.リアクションが大きい

芸能人でいじられキャラと言えば、出川哲郎さんが有名です。

彼の特徴はどんな感じでしょう?

そう、ずばり「リアクションが大きい」です。

出川さんはリアクション王とも呼ばれています。

もちろん、芸人さんですので、リアクションに関しては「仕事」であり「プロ」としてリアクションしていますが、いじられキャラの特徴のひとつとして、この「リアクションが大きい」というのが挙げられます。

リアクションが大きいことについては、本人が自覚していることもありますし、自覚していないこともあります。

人に「あなたリアクションが大きいね」と言われて初めて気づく場合があります。

自覚している場合は、狙ってリアクションを大きくしているので良いのですが、もし自覚していない場合はリアクションが大きいことを言われた際に、ショックを受けることもあるかもしれません。

リアクションが大きい人は、全てにおいて素直な方が多いですし、何事にも全力でチャレンジしている人が多いので、いじられやすいのかもしれませんね。

自分に「いじられキャラ」要素があるか、診断で見たい人はこちら →

2.つっこまれ上手

いじられキャラな人は、突っ込み上手ならぬ、突っ込まれ上手であると言えるでしょう。

つまり、こちらがどうしても「いじり」たくなる言動や行動をしているから、結果的にいじられキャラになるということです。

突っ込みたくなる人には、2つのパターンが考えられます。

ひとつは、「ボケキャラ」を演じている人、もうひとつは「天然の人」です。

キャラを演じている人は、どう言う風につっこまれるかを想定してボケています。

ですので、乗り突っ込みができる人も多いですし、そのキャラを演じているのかどうかは他人にもわかります。

つまり、こういうタイプの人は実はとても頭が良いのです。

いっぽう、天然キャラの人もつっこまれ上手なキャラと言えます。

天然の人は、キャラクターを作っているわけではないので、どうして自分がそんなにつっこまれるのかわからずにいる人も多いです。

3.声が大きい

いじられキャラについて、リアクションが大きいということを先程述べさせていただきました。

ページトップ