最近カメラにはまっている!スマホの写真アプリだけじゃ物足りない!そんな気持ちを抱いているそこの女子♪あなたのように、スマホのカメラアプリだけでは満足できずにカメラを手にする女性が増えているんです!

そんな女性を「カメラ女子」なんて読んだりします。

世間では、森ガールだとかサブカル女子、カープ女子・・・だとかいろいろと〇〇女子なんていって、そのジャンルの女性をひとまとめにしていますよね!

カメラ女子とは、ずばりカメラが好きな女の子のこと。

あなたももしも少しでもカメラの魅力の虜になっているのであれば、カメラ女子なのかもしれません!

この記事では、カメラ女子とはいったいどんな女性なのかを詳しくご紹介します!そして、カメラ女子が持っている特徴を20個お伝えしていくので、あなただけではなくあなたの身の回りのあの女性がカメラ女子かどうかをチェックする参考になるかも♪

カメラ女子が急増中!?

最近、なにかと首からカメラを提げている女の子をよくみませんか?女の子ということもあれば、女性なんてこともありますよね。

それも小さなデジカメじゃなくって、大きな一眼レフだとかミラーレスカメラを提げている女子がたくさんいるんです!

少し前までは、そんな大きなカメラを首からさげているのは男性にしかいませんでした。

それにそういうゴツいカメラは、男性が持つものだなんていうちょっとした差別的な文化もありましたね。

しかし、そんな差別的文化に負けることなく、自分の「好き」を大切にした女性たちのおかげで女性たちも何も気にすることなく首から大きなカメラを下げることが出来るようになったんです!

でも女性なら小さくてコンパクトなデジカメだったり、スマホで十分じゃないのか、なんて思う方もいるんですよね。

いいえ。

女性だからこそ抱いている、女性だからこそ気づくことの出来る繊細なポイントを写真におさめることが女性たちの「カメラへのこだわりのなかのひとつ」なんです。

もちろん男性カメラマンのなかにも繊細の部分を利用したお写真を撮る方がいますが、女性だってまけません。

それにレフで撮影したお写真をパソコンにいれて、自分なりに好きに加工できるのも女性がはまっているポイント♪また、最近ではインスタグラムやツイッター、フェイスブックなど自分の撮影した写真を発表する場所が常にあるので、「見せる」ために撮影している女性も少なくありません。

スマホでとるインスタ映えの写真をわざわざレフで撮影していることになります。

それだけ写真にこだわりをもつ女性が増えているってことなんです♪

このカメラ女子は、日本人だけではなく外国人にも広まっています。

そのため、外国人観光客をみると女性が大きなカメラを下げていることが多いことにお気づきではないでしょうか?これは、もはや日本だけではなく世界レベルのブームといってもいいのかもしれないですね!

そんなカメラ女子・・・。

あなたは、カメラを持っていますか?もしかしたら「こんな大きなカメラを下げるのは恥ずかしい」なんて思っていませんか?それってもったいない!

今こそ、女性が首からカメラを下げてもおかしいといわれる時代ではないのですから、思い切って好きなだけシャッターを切るべきなんです♪

あなたにしか見えない世界を切り取ることが出来るのがあなたのカメラなのですから。

同じ風景をとったって、人によって全く移り方が違うのも楽しめるポイントなんですよね。

気持ちが現われることもありますから。

そんなたくさんの魅力がつまっているのが”カメラ”なんです。

カメラ女子


カメラ女子は日本だけではなく海外にも普及してきている・・・とお伝えしてきました。

そんな〇〇女子なんてつくぐらいですから、どんな女性なんだ!?なんて気になっている方もいるのではないでしょうか!この記事では、カメラ女子の特徴をお伝えしていますが、その前にカメラ女子とは一般的にどのように言われているのかをお伝えしていきます☆
もしかしたらあなたは今は”自称カメラ女子”かもしれませんが、これをよんだら確実なカメラ女子に変化するかもしれないですね♪

カメラを趣味にする女子

カメラを日常茶飯事に持ち歩き、撮影している女性のことです。

といっても仕事をしているときなどではなく、プライベートで写真をとることを趣味にしています。

どこか観光するときにはもちろんカメラを持っていきますし、観光だけではなくちょっとした散歩に行く時もマイカメラを持ち歩いています♪

あなたは、そんな風にカメラを趣味にしていますか?また「趣味はカメラです」なんて発言しているのであれば、あなたはれっきとした「カメラ女子」!

オシャレに写真を楽しんでいる

さきほどもお伝えしましたが、最近ではインスタグラムやツイッターなどで「きれいな」写真を掲載する女性が増えてきました。

SNS映えする写真を求めて、美しい観光名所だけではなくきれいなスイーツなどのグルメまでさまざまなところまで出かけていきますよね♪そのようになんでもキレイに美しく、そしてオシャレに写るようにカメラのシャッターを切るのがカメラ女子です。

あなたも「この食べ物は可愛らしくオシャレにしよう」だとか「ムーディーな印象にするために、ちょっと暗めにするか」なんて設定しているのであれば、もう確実にカメラ女子!自分のオシャレさを出すことにも、それに目の前にあるものをよりいっそうオシャレに見せることが出来たとき、とてつもない嬉しさや達成感を感じることが出来るんです♪

それはSNSに投稿した後にもらった「イイネ」の数に及びません。

自分における”オシャレさ”を自己満足でかみしめることができるのもカメラ女子といえます。

そんなカメラ女子の特徴とは?


そんなカメラを趣味にしていて、撮影をするときにはオシャレに撮影することを意識しているカメラ女子!しかし、それだけではちょっと「この人がカメラ女子なのか」とはっきりといえることができませんよね。

それにあなた自身も「それだけでカメラ女子なんていわれたらたまったもんじゃないわ」なんてかんじている方もいるかもしれません。

そんなあなたのために!これから、カメラ女子の人がかもし出しているといわれている特徴をご紹介していきます。

あなたは、カメラ女子というとどんな特徴を持っていると想像することができますか?もしかしたら、その特徴はあたっているかもしれません!
次の章でさっそく確認していきましょう♪

カメラ女子の特徴20個

カメラ女子・・・それはカメラに魅了された女性のことをいいます。

といっても、カメラは好きだけれどカメラ女子っていうほど好きじゃない!だとか、いつもカメラを趣味にしているけど「自分がカメラ女子」なんていってもいいの?なんて感じている方もいるのではないでしょうか。

曖昧な境界線になっているからこそ、そのように感じてしまうんですよね。

ここではっきりさせましょう!これから、カメラ女子とよばれている女性の特徴をご紹介していきます♪多く当てはまれば当てはまるほど、あなたはカメラ女子ということができるんです。

さっそく軽い気持ちでチェックしてみてくださいね☆

いつも首からカメラを下げている

さきほどもお伝えしましたが、カメラ女子はいつでも首からカメラをさげています。

そんなに重そうなカメラをかついでどうしたの!なんてつっこみを入れたくなることも。

また最近では、カメラ=黒色という固定概念はなくなってきていますよね。

自分オリジナルのカラーバリエーションで組み合わせることの出来るペンタックスというメーカーもあれば、元からカラー展開されていて自分の好みに合わせたものを選べるようになりました。

そんなカラバリあふれるカメラということもあれば、定番の黒色を下げていることもあります。

なぜ首からカメラをかけているのかというと「いつでも写真を撮ることが出来るようにするため」なんですよね。

カメラ女子は、「イイ!」と思うショットを逃したくないんです。

それにそういう「イイ!」と思えるショットというのは急にやってくるのをしっかり理解しています。

だからこそ、首から下げておき、しかもできることならレンズキャップをはずしている物です。

そのため、カメラ女子と一緒に話しながら歩いていると急に彼女の声がきこえなくなることがあります。

それは会話よりも「撮りたいシーン」に集中し、カメラを向けているからなんですよね。

ちなみに筆者は、カメラ女子の友人と旅行に行った際にはよくこのようなことがあり気づいたら横にいない!なんてことがよくありました(笑)

いつでもどこでも撮影会が始まる

いつも首からカメラをさげているために、どんなときでも急に撮影会が始まります。

下をうつむいていたら「パシャ」、え?っと顔を向けるとなぜだかこっちを撮っている。

そうなんです。

いつでもどこでも撮影会が始まってしまうということは、相手の許可をとることなしに急に撮影し始めてしまうってことなんですよね。

そのおかげで自然体を撮影することができたり、動きのある写真をとることができるのですが。

しかし、一緒にいる人にとって「ええ!?今かぁ!?今なのか?」と思ってしまうこともしばしば。

しかし、そんなときに撮影をしていてくれたからこそ、カメラ女子じゃない凡人には撮影できないようなショットを撮影しているんですよね。

本当にスゴイ。

あなたはどこを見ているの?

景色をよく見ている

カメラ女子さんは、本当にどこを見ているの?なんでその時に教えてくれなかったの!なんていうところをよく見ています。

これは目がいいとか悪いとかそういう問題ではなく、本当に広い範囲で色々なところを見ているんですよね。

その目はまるで獲物を狙うチーターノのよう・・・ではなく、いたって普通です。

本当に普通に会話をしていて、そんな中で神経をはりめぐらせているのでスゴイんです。

景色の中にいる隠れているような鳥だとか、ムシ、小さな見落としがちな花や草木。

そんなところもしっかり見ています。

もしかしたら、カメラ女子は森ガールを越える「自然と調和できる心で対話できる」素晴らしい才能を持っているのかもしれません!まぁ、彼女たちはそんなことを思い浮かべずとも「これだ!」というものにはシャッターを切るんですよね。

人の表情の変化に敏感

カメラ女子は、自然の産物にもよく目を向けていますが被写体になりうる人間の表情も良く見ています。

人ってどんなに嬉しい気持ちだとか悲しい気持ちを隠そうとしても、少なからず表情に出てしまいますよね。

よく顔に出てしまう人もいますが、その正反対の人だって顔にでてしまうことはあるんです。

そんな人のちょっとした顔の変化も瞬時に汲み取り、そしてその人が普段は見せないような表情に対してシャッターを切ります。

それはカメラ女子本人も始めてみた表情だったのかもしれないですし、その被写体になった人自身も「私ってこんな顔するんだあ」と大発見になることも。

そんなちょっとした表情の変化を汲み取ることが出来るので、誰にもとれないようなそのカメラ女子オリジナル写真を撮影することができるんですよね♪

SNSに投稿する写真が綺麗

カメラ女子のSNSって他の人のSNSと違うんです。

まさにインスタ映えさせるために写真を撮っている人もいるSNSですが、カメラ女子の写真はたとえスマホで写真を撮影したものであったとしてもどこか心がこもっていて美しい写真になっているんです。

そのため、多くの人の注目を集めていますし、人によってはそれがきっかけでテレビに照会されることになるなんて人も。

また、SNSは色々な人が見ていますし、日常ではその場所にいけない人もみています。

そんな人にもその場所の情景、気温、空気感などまで伝わってくるのですごいと共感されているのです。

写真のためならアクティブに行動する

写真をとるためだったらどこにでも行きます。

北は北海道、南は沖縄まで。

もっとすごいアクティブなカメラ女子であれば海外まで飛んでしまうかもしれません!カメラ女子は「撮りたい」と思ったら、その衝動を抑えられない人が多いんですよね。

例えば、「あの人に会いたい!」という気持ちを抑えることが出来ないように。

ずばり、その気持ちをかなえるためにさまざまなところまで飛びます。

そのために移したい人がいるのであればオファーします。

いつもは大人しい彼女かもしれませんが、カメラのことになったらものすごい貪欲に切り替わるのです。

カメラグッズをオシャレに揃える

カメラは、首から下げるためのヒモなどをアレンジすることができます。

また、カメラキャップだとか、カメラを入れる専用のバッグだって自分のオリジナルにすることができるんです♪既製品を使うだけでももちろんいいのですが、やっぱりカメラに移る被写体にとてもこだわるカメラ女子ですから、そのカメラグッズまでもこだわるんですよね!
人によっては購入するのではなく、世界で一つだけのオリジナルのものを手作りする人もいます。

オシャレなものに囲まれたら、もっと写真を撮りたい気持ちになれるし、良い写真を撮る良い影響にもなるんです

動きやすい服を着る

写真をとるときには、低めの位置からとったほうが美しく写真をとれることもあれば、右斜め前からとったほうがいいなど被写体によって撮影する角度が全く違います。

そのため、それを考慮してカメラ女子はいつでも動きやすい服装をしているんです。

ヒールのある靴ははきませんし、ほとんどのカメラ女子がスニーカーをはいているんですよね。

それってカジュアルな女性がカメラ女子になっているのではなく、かめら女子になるからこそ動きやすいカジュアルめの服装に変化したってことなんです♪

靴はスニーカーかローヒール

一つ前でお伝えしましたが、カメラ女子はヒールの高い靴を履きません!はくのであれば、動きやすいスニーカーやローヒールのものです。

よくよく考えてみてば、ピンヒールを履いているような女性が首からカメラをたらしているのなんてあまりみかけたことがないのではないでしょうか。

ずばり、そういうことなんです。

それに写真をとるためだったら、ちょっぴり危険な場所にも入るこむこともあるので高いヒールだと命の危険があるんですよね。

それも分かっているので、低めのヒール、または動きやすいスニーカーにしているんです。

その靴も、実はこだwりがあって「カメラをとるときはこの靴!」なんて決めているカメラ女子もいるそうですよ
あなたはどうでしょうか?

リュックやショルダーバッグを愛用

カメラ女子は、いつでもカメラを握れる状態でいなければなりません。

それは、撮りたいシーンを見つけたときにすぐにシャッターを切りたいからなんですよね。

これについては先ほどもお伝えしたと思います。

そのため、リュックだったりショルダーバッグなどの両手があくスタイルをしていることが多いんです。

また、愛用しているためにちょっと傷ついていたり。

そのカバンたちは、カメラ女子と一緒に旅をしてきた、一緒に色々なシーンを見てきた彼女の仲間であり戦友でもあるんです。

だからこそ、カメラ女子のカバンにはたやすくさわらないようにしたいですね。

色彩感覚に長けている

カメラ女子は、色彩感覚に優れています。

というのも、人には見える色の数は限られているといわれていますよね。

男性よりも女性のほうが見える色の数は多いといわれていますが、それえよりさらにもっと深い色だったり普通の女性が見えないような色を察知する力があるんです。

だからこそ人が見つけられないようなショットをみつけることができたり、それをカメラにおさめることができるんです。

もしも、その色彩感覚がなければ普通の人とは変わらない写真をとることになるでしょう。

またカメラ女子には見えるけれど、普通の人には見えない色があるので一緒にいる人はちょっとたまにカメラ女子の頭を心配することがあります。

センスが良い

SNSにアップする写真が美しいなんてことをお話しましたが、ずばりセンスが良いからこそそのように思われるんですよね。

どんなに写真をとるテクニックがあったとしても、その人のセンスがなければ素晴らしい写真にはなりません。

いや、素晴らしい写真になったとしても多くの人の心を奪うような写真にはならないでしょう。

人にはないセンスを出すからこそ、みんな好きになれる写真を撮影してくれるのです。

視点が人と違う

カメラで被写体を撮影するときって、多くの人は一番大きな目的を見ますよね。

例えば、列車を撮影できるシーンであれば、その列車を撮影するはずです。

しかし、カメラ女子はそんな普通の視点を持っていません。

もちろん、そのような普通の視点で写真を撮影することもあるんですが、ほとんどの場合で全く違うところにピントがあっていることが多いんです。

列車であれば、その列車本体ではなく、列車の運転士や車掌、お客さん・・・蒸気機関車であれば蒸気にピントをあわせている、その背景にあたる村や空にピントをあわせていることが多いんです。

それってその列車を目的に撮影しにきた人からみると「いったい何をとってるんだ?」なんて疑問に思うもの。

しかし、カメラ女子なりに「意図」があって「その被写体」を撮影しているんです。

そんなちょっと人と違ったところに着目しているのもカメラを駆使している証拠なのでしょう。

カメラを何台も持っている

カメラ女子は、カメラで写真を撮影するたびにそのカメラの世界に魅了されています。

最初は、普通の人と同じように携帯電話やスマートフォンで撮影していたかもしれません。

しかし、もっときれいな写真が撮りたい!と思って、普通のデジカメ、それでは満足できずにミラーレスカメラ、それも満足できずに一眼レフを持っているなんてことも少なくはないのです。

それにメーカーによって、一眼レフといってもそれぞれに得意な撮影がありますから、自分の撮りたい被写体にあわせてカメラを変えるなんて方も。

海に入るときにキレイに海の生物を撮影するために、防水用の一眼レフを購入しているかもしれないですし、野鳥を美しく撮影するために望遠カメラが強いカメラを持っているかもしれないのです。

カメラといっても色々な種類があり、特徴があるからこそ何台も持っていてもそれでもまだ新しいカメラがほしいし、今持っているカメラだけでは物足りないと感じている人が多いんです。

遊びでもカメラマンに徹する

カメラ女子は、友達との旅行に行く時、クリスマスパーティのときなどもカメラを持参します。

だってカメラがもうスマホのような、サイフと思えるくらいになくてはならないものになっているからなんですね♪本来なら、同世代の友達と遊んでいる時だとか旅行をするときって自分も一緒にうつりたい!思い出に残りたい!と思うのが普通です。

しかし、カメラ女子はどんなときでも特に遊びのシーンであってもカメラマンに徹するんです。

それは誰かにカメラマンをやってよ、といわれたからではなく自分から進んで・・・というか、気づいたらカメラマンになっていることが多いんですよね。

笑顔の友達のショット、いつもはみせない自然な雰囲気の姿をカメラにおさめることができたときとても嬉しく思います。

それにそんなカメラ女子に撮影してもらった写真ってやっぱりどこか”自然体”で撮影されてることが多く、撮影された人も「自分ってこんな顔をしてるんだ」なんていう発見につながることも。

キャラクターへの対応が上手

カメラマンといえば、キャラクターの写真撮影もありますよね。

ディズニーランド、USJだけではなくさまざまなテーマパークがあり、そこには数々のたくさんのキャラクターがいます♪カメラマンは、それらのキャラクターを以下に可愛く、そして美しく撮影するようにそのキャラクターへ指示するのがとっても上手なんです☆普通であれば「わぁーかわいい!」パシャッとするところですが、
カメラ女子は、瞬時にそのキャラクターの良い角度を計算し、そしてキャラクターの中に入り込んでいる人間様に迷惑をかけないように、そして分かりやすいように「こうしてほしい」というのをジェスチャーで伝えることが出来るんです。

それは、撮りたいイメージがはっきりしているからこそ、具体的に指示することができ、またキャラクターの中に入っている人間にもそれが伝わりやすいってことなんですよね。

キャラクターの中に入っている人は、あまり耳が聞こえません。

そのため、「コッチを見て!」なんていわれてもすぐに向けないもの。

だからこそ、こっちを見てくれたときに瞬時に写真をとるのもとても大切なんです!カメラ女子はそれができるのでキャラクターさんにとっても負担になりません。

定番スポットは経験済み

日本だけでも数々の写真スポットというものが存在します。

実は、カメラ女子はそんな定番スポットはほぼ行ってあるんです。

東京都に住んでいるカメラ女子さんであれば、東京都内のカメラスポットはもちろんのこと関東のものであれば、全て行ったことがあるなんて方が多いはず!それは休みのたびに「早く新しい被写体をとりたい!」「きれいなものをとりたい」「旬なものをとりたい」という気持ち、ワクワクが途切れないからなんですね。

それだけカメラに対する情熱がありますし、愛しているんです。

そのため、カメラ女子さんは旅行好きなんてことも。

あなたも旅行にシーンを美しく撮影することにはまっていて、知らぬまに色々な地域の写真を撮影してきた方もいるのではないでしょうか?

こだわりが強い

写真に対するこだわりが強いのもカメラ女子の特徴です!ずばり、「この角度じゃなきゃだめだ」とか植物はこうやってとる、人物を撮るときには絶対にこのモードにする・・・なんてあなたには、なにかこだわりをもっていませんか?
もしもそのような写真に対するこだわりをもっているのであれば、カメラ女子です!カメラで写真を撮影するけれど、どんなうつりでもかまわないし、対象としているものがうつっていればいいと思うような人もいるんです。

それじゃ納得いかない。

それに自分のイメージする形で撮影したい。

そのように感じるからこそ、納得のいけるようなオシャレな写真を撮影することができるんですけどね☆

写真投稿の専用アカウントがある

ツイッター、インスタグラム、ミクシィなどなど・・・あなたには、写真を投稿するための専用のアカウントをもっているなんてことはありませんか?カメラ女子は、自分の写真を対等にみてくれる自分と同じようなカメラ女子だったり、カメラを趣味にしている男性と交流したいと思っています。

だって通常のアカウントの写真を投稿したって、その写真のよさを皆が分かってくれるわけではないんですから。

だったら、自分と同じようにカメラを趣味にしていて自分をカメラ女子として認識してくれる人に見せたい!見てもらいたい!意見やアドバイスがほしい!なんて考えているものなんです。

そんな気持ちを持っていないけれども、ちょっとした「謎の写真家」気取りで写真をアップするようなアカウントをもっているのであれば、あなたはカメラ女子ですね。

だって、カメラや写真にこだわりがない人はそんなアカウントを作ってまで写真をネットにアップロード使用なんて思わないのですから。

自分が撮られるのは苦手

カメラ女子最大の特徴は、なんといっても”自分だけは撮らないで!”です。

いや、撮られるのが嫌いというわけではないんだけれども、これまでに自分が誰かを撮影してきてあまり自分を撮影されるという機会がなかったためにカメラのレンズを向けられることに苦手意識を感じている女性が多いんですよね。

女性といえばカメラを向けられたら一番自分のうつりの良いポージングをするものですし、そのようなポージングを心得ている物なんですがカメラ女子は自分のそのようなものをもっていません。

そのため、撮影されたとしてもどこかひきつった笑顔をしていたり、仏頂面になっていたりします。

あなたの写真ってそういうのが多くないですか?
しかし、自分がカメラを持って自分と他の数人と写真をとるのであれば慣れている人は多いですよね。

それにカメラ女子にとってもらうような、そのような”インカメ写真”ってとっても上手なんです。

普通の人がやると誰かの顔が伸びてしまったり(レンズ効果)、誰かの顔が欠けてしまったりするものですがきちんとみんなの様子を見ることも出来るのできれいに写してくれるんです。

自分だけピンの写真は苦手!でも一緒に写るなら映ってあげてもいいけど・・・?なんていうのがカメラ女子です。