CoCoSiA(ココシア)

マニアックだなと思った趣味25選


趣味は誰にでもあるものですよね。

大抵は、読書や映画鑑賞といったものでしょうか?

しかし、世の中とは広いもので、他人にはまったく理解できない趣味を持っている方もいます。

今回のテーマはそんな「マニアックな趣味」についてです。

周りにしてみれば「それの何が楽しいの??」ということも、本人にとっては至福の時間を与えてくれるものです。

無趣味な人もけっこういるようですが、趣味は多ければ多いほど、それがどんなものでもいいことだと思います。

時間を持て余し、だらだらと過ごすのは非常にもったいない時間の使い方です。

たまにはいいと思いますが、人間の時間は限られてますから、できれば有意義に使いたいものです。

例えどんなにマニアックな趣味でも本人にとっては深い価値があるものです。

️周りにいない?マニアックな趣味の人

あなたの周りにはいますか?

「どういうきっかけでそれが好きになったんですか?」というレベルの趣味をお持ちの人が。

もしかしたら言い出しにくくて誰にも言ってないだけかもしれません。

マニアックな趣味を持っている人とはつまり一般的趣向とややずれた感覚を持っている人が多いので、その趣味自体は理解できなくても、その人自身が、とても興味深い人間かもしれません。

️マニアックだな…と思った趣味25選


それでは、マニアックだなと思った趣味25選をご紹介していきます。

コケ栽培

たしかに「趣味はコケ栽培です」と聞いたら、マニアックな趣味だと思うかもしれません。

ですが、苔のテラリウムや苔玉など、小さな緑を楽しむ人が増えてきています。

他にも盆栽に使うなど、和の心の演出としてコケを栽培することもあります。

あの深い緑や神秘的な雰囲気が、和のわびさびを表現してくれるようです。

写経


写経とは、経典を書き写すことです。

マニアックではありますが、最近では、心を落ち着かせることができる趣味として人気が出てきています。

古くは仕事として存在していたようです。

信仰として「この経典を書き写して理解すれば、幸せになれますよ」という言い伝えもあったそうで、仏教を広めるための儀式のようなことだったみたいですね。

写経は筆ペンと写経用紙があれば気軽に始めることができ、あまりコストがかかりません。

またストレス解消を目的として始める人もいるんだそうですよ。

家系図作り

家系図作りもなかなかマニアックな趣味ですよね。

戸籍を遡って自分の家系図を作っていくのですが、なんと200年前ぐらいまでは戸籍から調べることが可能なんだそうです。

それ以前の先祖のことを調べるとなると、文献調査や現地調査などを行うことになるため、時間もかかります。

ですが、徹底的に調べ上げ家系図を作り上げることができたときには、とてつもない達成感を味わうことができるのではないでしょうか。

国旗の暗記

世界中の国旗を暗記するという趣味を持っている人も、マニアックと思われるかもしれません。

よく知られている国の国旗は多くの人がわかると思いますが、小さな国の国旗をすぐに答えられる人は少ないのではないでしょうか。

国旗を暗記するだけでなく、国旗の由来やその国の歴史などに興味を持つ人も多いようです。

ネットを使えば国旗を全て見ることができますし、国旗のアプリもあるので、気軽に始めることができる趣味です。

百人一首暗記

これも国旗並みに気力が必要な趣味ですね。

かなりマニアックではありますが、これは和歌という作品ですから、もしかしたら小説を読む感覚で好きで読んでたら覚えてしまった、ということもごくまれにあるのかもしれません。

和歌や俳句といった昔の創作物は遺産としても、内容にも非常に大きな価値があるものです。

西洋における詩同様ですね。

今となっては学者さん達の専売特許となっているかもしれませんが、美しい意味に誘われて趣味が百人一首という人は、いても何も不思議ではありません。

千年以上も昔に創作されたものに心奪われるというのも、なかなか神秘的ですよね。

砂鉄収集

砂鉄とは、岩石中に含まれる磁鉄鉱などが、風化の過程で母岩から分離し、運搬過程で淘汰集積したものです。

小学生の頃、自由研究で磁石を使って砂鉄を集めたという人もいるのではないでしょうか。

砂鉄は公園の砂場や砂浜などで採取することができます。