人間はいろいろなタイプの人がいて、それぞれに個性があってとても楽しいですよね。

でも、中には自分が消極的な性格であるために、人からあまり好かれないことで悩んでいる人もいるかもしれません。

誰からも好かれるような明るい元気な性格の人もいますが、一方でネガティブで暗い表情をいつもしていて近づきにくいオーラを出している人もいます。

どうしても物事に対しても人間関係に関しても消極的になってしまう自分がいて、そんな自分を変えたいと思っているかもしれません。

消極的なことが”悪い”わけではありません。

ただ、せっかくの人生だから、できれば楽しく過ごしたいですよね。

では、消極的な人に共通する性格とはいったいどんなものなのでしょうか?

どうしたら毎日をもっと楽しく過ごすことができるのでしょうか??

今回は、消極的な性格の人の特徴14個と、改善策をご紹介していきます♪

消極的な性格の特徴14個

人は生まれ持った性格や、生きてきた環境の中で自分の性格や人格特性が作り上げられていきます。

積極的に物事に取り組んだり、考えたりできる人もいれば、そうすることが難しくて世の中で生きていくことがちょっと辛く思う人もいることでしょう。

積極的な人がいい人、とか消極的な人が悪い人、ということは全くありません。

でも、自分自身が積極的な思考や態度を持つことができるなら、人生がちょっと楽観的になれるような気がしませんか?

生きていく中ではつらいことや試練と思えることがたくさん起きるし、自分の思い通りに進まないことばかりなので、できればその中でもポジティブに生きられるといいですよね。

逆に、消極的な人にとったら人生はかなり大変でつらいことばかりのように感じることがあるのかもしれませんし、仕事も恋愛もうまくいかないことも多いと感じるかもしれません。

では、まず消極的な人というのはいったいどんな性格の持ち主なのでしょうか?
どんな特徴や行動パターンがあるのか見てみましょう。

1.輪に入らない

あなたは人の輪の中に入っていくことに戸惑ったりしますか?

全然そんなことはない、という人もいれば、人の輪の中に入ることが怖いと感じる人もいます。

人の輪に入れないということはとてもつらいですよね。

一人でいる羽目になるし、周囲からも浮いてしまっている存在になります。

本当はみんなの中に入りたいのに、うまくいかなかった経験とかがあるとそれがトラウマになってなかなか一歩が踏み出せないということもあるかもしれません。

一対一なら話せるけど、大勢の中になるとどうやって会話の中に入っていったらいいのかわからない、という人は多いもの。

みんなの早い会話のテンポになかなかついていけなかったり、本当は自分の意見があるのに、「これを言ったら人からどう思われるかな?」「場の空気が変な風になったらいやだな」といろいろなことが気になって話せなくなるかもしれません。

そもそも「みんなで盛り上がりましょう!」みたいなノリが苦手だと、飲み会とか親睦会ってかなり苦痛になります。

そうすると「自分なんてどうせつまらないし、だれからも好かれない」なんてすごくネガティブな気持ちになって、どんどんと人との接触が怖くなってしまうこともあります。

2.自分の話をしない

気持ちが消極的な人は、自分の話をするのも苦手です。

自分のことを自分からいろいろと話すことができる人もいて、みんなを笑わせるノリのいい人ってすごくうらやましくなりますよね。

でも自分は、なかなか自分のことを主張することができずに、結局周りに人から「不思議な人」とか「つかめない」とか思われてしまってがっかりすることもあるかもしれません。

人に自分のあれこれを話すなんて信じられないという人もいます。

家族とか親友とか信頼していて、安心している人には自分の話ができる、という人も、まだよく知らない人が相手だったり、まだ緊張している時には、どうもうまく表現できないという人もいるでしょう。

「私のことを話したってつまらないと思われていたらどうしよう」というような不安があるとなおさら、自分のことを話すのができなくなる時もあります。

でも、人から聞かれないと自分のことを何も話せないとなると、周りの人からは本当の自分をあまり理解してもらうことができなかったり、謎の多い人として会話のきっかけもなかなかつかめない人と思われがちなので、友人を作るが難しかったり、ノリがよくないと誘いが減ってしまうということもあります。

3.行動をしない

ネガティブな人は、自分からなかなか行動しようとしません。

いやなことは言い訳してしないとか、すぐにできないとあきらめる傾向を持っていませんか?
逃げたい時にはすぐに逃げ道を用意しておく、少しの無理もいやだ、というような消極的な姿勢を持っている人もいます。

だから、新しいことにチャレンジするのも苦手かもしれません。

もし失敗したらどうしようとか、まだ起きていないことでもあれこれと妄想して、不安を募らせる人もいます。

消極的な人は、基本的にマイナス面に目が行きがちなので、行動するときにはいろいろと行動しなくてもいい、自分を正当化できるような”言い訳”を探し出すのが得意でしょう。

自分から何かを動かないで待っている、いわゆる”受け身”の姿勢だと、恋愛でも損をすることが多いです。

本当は自分に好意を持ってくれている人に対しても、ちょっと勇気を出してアピールしたりすればうまくいったことも、自分から何もしないのでタイミングを失い、せっかくの両想いのチャンスを逃すこともしばしばでしょう。

恋はタイミングを逃したら次はありません。

なので、行動をしない人はたくさんの自分が願っていることへのチャンスを逃している可能性もあるんです。

4.怖がり

ネガティブな人は、怖がりさんも多いですよね。

だから、当たって砕けろ的な姿勢を持つのが難しいので、なかなか行動できません。

臆病な性格だと、恋愛をしても「断られたらどうしよう」「傷ついたらいやだな」と、うまくいかなかったときのことばかり想像してしまいます。

そうすると、自分からどんどんと攻める姿勢ではなくて逃げ腰になってしまうんですよね。

最初から、何もしないうちから、うまくいかなかったときの事や人から嫌われることを恐れていると、最初の一歩を踏み出すこともできなくなってしまいます。

怖がりというのは、慎重派ということで、物事をちゃんと考えて確認してから行動できるというとてもいい面も持っていますので、一概に怖がりが悪いわけではありません。

でも、あまりにも臆病だと、何かをやる前から悪いイメージばかりが先行してしまうので、
本来の自分の本領を発揮できない時も多くなってしまうでしょう。

5.自信がない

自分に自信がない人も消極的な性格になってしまいます。

「自分なんて・・・」とか、いつも人と比べて自分が劣っていると感じている人は、自分の意見が他の人と違っていると、それを主張できなくなったり、他人に自分の評価までも左右されてしまうかもしれません。

逆に、自分で自分に自信を持っている人は、他人がどういった反応をしようとも自分のスタイルや生き方を貫くことができます。

自分の良さや強みを知っていて、認めているので、自分よりもよくできる人やレベルの高い人が現れても「自分はダメな人間だ」と思うことはありません。

その悔しさを今度は自分の糧として、もっと向上しようと考えることができます。

自分を大切にしていると、他人も大切にしてよい面を認めることもできるんです。

でも、自分に自信を持てない人は、他人の目がとても気になります。

だから、なかなか自分の意見が持てなくて多数意見にあわせようとしたり、他の人が自分をどう評価しているかによって、自分の価値が決まると思ってしまうかもしれません。

そうなると、もし他人があまり自分のことを理解してくれず評価してくれないなら、「自分はダメな人間だ」と思ってしまうので、自分に対しても、世間に対してもネガティブな気持ちになってしまうでしょう。

6.オドオドしてる

自分に自信がない人は、堂々としているというよりも、オドオドしているように見えることが多いですね。

猫背になっていて、いつも申し訳なさそうに歩いていたり、どんと構えているのではなくて、何かをいつも恐れているような感じです。

自分に自信がないと、どう行動したらいいのかわからなくなったり、他人が自分をどう思っているのかがあまりにも気になってソワソワしてしまうこともあります。

対人関係においても、不安感や緊張が強いと、相手の目をちゃんと見て話すことができないときもあるでしょう。

そうすると、その人が本来持っている輝きとか魅力というものが隠されてしまって、あまり魅力的な人として意識してもらえないかもしれません。

そうなると、もっと自分に自信を無くすので、もっとオドオドしたり暗くなったり下をいつも向いているようになってしまうのです。

そして、オドオドした人は不安定な印象を受けますので、あまり信頼してもらえなかったり、何かに怯えているように見えるので、責任感のある人としてはあまり認めてもらえないということもあります。

7.嫌われたくない

あまりにも人の目を気にしている人は、人から嫌われることをすごく恐れています。

それで、八方美人のようになってしまって本心がわからない人になってしまうこともあるかもしれません。

八方美人は、最初は人当たりのいい人として受け止めてもらえるかもしれませんが、そのうち人によって態度や意見がコロコロと変わる人と気づかれるので、信用してもらえなくなります。

そうすると、深くて親密な人間関係を築くことが難しくなってしまい、なかなか親友と呼べる人が見つからないかもしれません。

本来は、人から嫌われたくないし、人にいやな気持をさせたくないがために気を遣っているだけなのに、結局人から信用されなかったり、嫌われてしまうとしたら本末転倒ですよね。

人から嫌われたくないと思ってなんでもいいなりになったり、自分の意見を持たない人というのは、悪い人からその気持ちを悪用されて利用されたりすることもありますので、注意したいですね。

8.友達が少ない

気持ちの上でも行動の面でも消極的な人は、人との関わりもあまり得意ではないので、友達が少ない人が多いかもしれません。

周りはみんな楽しそうにしているのに、自分は独りぼっちな気がして、周りから嫌がられている気がして、もすごく寂しかったりつらく思っている人もいます。

消極的な人は、自己表現が苦手でどうやったらいいのかわからない人も多くいます。

仲良くなろうと近づいてくれた人に対しても、うれしいのに、上手に話せなかったりすると自分が情けなくてもっと暗くなってしまうかもしれません。

そして、その様子は周りの人から見ると、人を遠ざけているような雰囲気を出しているように見えるので、どう接していいのかわからずに距離を置かれたりすることもあります。

人と距離を近づけるのに時間がかかる人もいるし、自分に自信がないからと言って友達ができないわけではありませんが、どうしても理解してくれたり信頼できる人や一緒にいて安心できる人を見つけるのが難しいかもしれませんね。

さらに、自分から話しかけたり、自分から輪の中に入っていくことが不得意なので、おのずと交友関係は狭くなってしまうのです。

9.傷つくのが怖い

人から否定されたり、傷つけられることをとても怖く感じる人は、それだけで積極的な行動がど制限されてしまうでしょう。

恋愛においては自分から告白するなんて、もし断られた時のことを考えると恐ろしすぎるし、もし友人から裏切られた経験がある人は、人を信じることが難しくなっていることもあります。

「また同じような辛い経験をしたらどうしよう」とか「もしもう一度傷つけられたりしたら立ち直れない」と思うと、だれかと親密な関係になることをためらうかもしれません。

傷つくことが怖い人は、本人も知らず知らずに他人と一定の距離を保とうとすることがあります。

深入りして、信頼して、裏切られることが怖いのです。

それで、相手からすると仲良くなったと思ったけどいまいち壁を感じる、というような、こちらを本当に信頼してくれている感じを持つことができなくて、それが原因で親友あるいは恋人になれたかもしれない相手とも、また疎遠になってしまうことがあります。

10.言い訳上手

ネガティブな人は、何かと自分にも言い訳をするのが得意です。

「○○だからしょうがない」「○○だからできないんだ」と、行動しなかったり、うまくいかない現状に言い訳をします。

仕事に関していえば、ミスをしてしまったときにも「○○が悪かったんだ」とか「○○がちゃんとあればできたんだ」と他人や他のことに責任を転嫁しようとするかもしれません。

でも、これって一見自分を慰めているようにも見えますが、自分にとって何の改善にもなっていません。

満足できない状況や、ミスをした現実に向き合って、それを変えようとする努力を自分で妨げていることになります。

それで言い訳ばかりしていると、時間がたっても結局何も向上しないので、自分に自信を持つこともできません。

そして、そのような何もしない、何も改善しようと積極的に自分から行動しない、という姿勢が癖となってしまうと、何事にも率先しない消極的で仕事ができない人になってしまうのです。

11.目線が下向き

ネガティブな人は、基本下を向いていることが多いですよね。

自分に自信がないので胸を張っていませんし、人と目を合わせることも苦手かもしれません。

人の目が気になったり、怖いので、人を見つけることが怖かったりするんですよね。

だから、ちょっとでも緊張したり、怖いと感じるとさっと目をそらしたりするかもしれません。

12.姿勢が悪い

目線が下向きでいると、自然と姿勢も悪くなってしまいますよね。

そして、うつむいて肩をすぼめている状態というでいる人は、臨床的にもうつ病と診断された人の特徴的な姿勢ということなんです。

最近ではなんとスマホをみんなずっと使っていることで「うつむき姿勢」になってしまっていることも多いです。

なんとこの「うつむき姿勢」ですが、この姿勢が感情に影響を与えているそうなんです。

どういうことかというと、あるニュージーランドの研究グループが発表した論文では、うつ病ではない人たち74人を2チームにわけ、一つのチームには首を討つ向かせた状態、もう一つのチームには背筋から頭までまっすぐに伸ばした状態で、ストレスのかかる就職面接を模した面接を受けてもらいました。

そうしたら、なんとうつむいた姿勢でいたグループは偶然以上の確立で、恐怖心が強かったり、自尊感情が低かったり、気分も下がってしまっていたという結果が出たようです。

そして、発言も否定的でした。

あらに、別のドイツの研究者たちはうつ病患者たちを対象にした実験で、うつむいたチームと直立チームにわけ、単語の記憶実験を実施。

そうしたら、うつむきチームは否定的な言葉を直立した状態のチームの人たちよりも多く思い出したんだそうです。

とても不思議な研究結果ですが、私たちの姿勢が精神的にも影響しているというのはおもしろいですよね。

ですから、最初自分に自信がなかったりネガティブになって肩がすぼんでうつむいた状態になってしまっていると、その姿勢事態がもっと感情を否定的にしたり、不安にさせたりして、もっともっと消極的な人にさせてしまうようです。

ですから、落ち込んだ時など「上を向いて歩こう」と言われるのは、あながち間違ってはいなくて、まっすぐに背筋を伸ばすこと自体がストレスに対しての耐性を作る一つの良い方法だったのかもしれませんね。

13.保守的

保守的な人は、新しいことに初めて挑戦することや、転職や転居などの生活環境の変化に対してすごくストレスを感じてしまうでしょう。

それで、仕事などで人事異動があると不安を感じ、新しい人間関係においても仕事内容においてもストレスをとても感じることがあります。

保守的な人は、危機意識が高いのでリスクを伴いものにはあまり手をだしません。

だから、今の現状に少し不満があっても、耐えられないのでなければ今の現状維持のほうがマシと考えることも多いようです。

それで、無難なところで収めたいという気持ちがあるので、仕事においてもプライベートにおいてもあまり変化というものがなく、周りの人から積極性がないと思われがちになるでしょう。

【保守的な人については、こちらの記事もチェック!】

14.マイナス思考

いろいろと消極的な人の性格について調査してきましたが、要は基本がマイナス思考の人ということです。

物事にはプラス面とマイナス面というものがありますよね。

どちらにより注目するかはその人個人によって違います。

同じ境遇にあっている人たちの中でも、笑顔で取り組んでいる人もいれば、いつも文句や不満ばかりを言っている人たちもいます。

それは、その人たちの考え方や見方に違いがありますね。

それで、ネガティブ思考の人はやっぱり物事のマイナス面が自分にとって大きく影響してしまうようです。

そして、「こうなったらどうしよう」とまだ起きていないことを想像するときにも、良い結果よりも悪い結果のほうが先に出てきます。

だから、物事を始めるときにもすごく勇気が必要だったり、悪いイメージが大きいので行動が遅くなったり、できなかったりすることもあるのです。

失敗やミスに関しても、それをとても気にしてしまい、ずっと自分や他人を責めるので立ち直ることが難しいということもあります。

なにかと損な消極的な人

消極的な性格を持っているということは、それだけ慎重に行動したり、物事のリスクをとらえる力がある、ということでもありますよね。

でも、消極的であることによってやっぱりたくさん損をしている部分もあります。

では、どうしてネガティブでいると損をするのでしょうか?

声をかけられない

まず、人の輪に入ることが苦手なので、自分から声をかけることができません。

自分に自信がない人も気軽に声をかけられなくて、友だちを作るのが苦手です。

そして、”受け身”の姿勢が身についてしまっていることが多いので、自分から行動して世界を広げる、ということがあまりできません。

交友関係や仕事でも、やはり自ら主体的に行動することによって、人脈を増やせます。

自分から声をかけられないなら、いつまでたっても一人ぼっちになってしまでしょう。

誘われない

自分から声をかけたり、みんなの輪の中に入っていくことができないと、周りの人からもめんどくさがられてしまいます。

最初は親切なだれかが、声をかけてくれてみんなの輪に入るきっかけを作ってくれたとしても、その後自分でそこに入っていく努力をしないなら、それからはもう誰も声をかけてくれないかもしれません。

自分で他の人に興味を示したり、話しかけたりしないで受け身でいるだけでは、やはり他人もあなたに興味を示してはくれません。

それで、最初は飲み会に誘ってくれていた人たちも、いずれ声をかけてくれなくなっ他、という悲しい経験をすることになるかもしれません。

頼られない

消極的な人は、自分の意見をしっかりと持ちそれを表現することができなかったり、主体的に行動しないので、信頼されません。

ビジネスでも姿勢が悪いと、その人の発言には自信が感じられずに信用されない、ということもあります。

それで、ネガティブな人は不安定な印象を与えるので、頼られることがなかったり、信頼を勝ち得て大きなプロジェクトを任してもらえなかったりする、ということもあります。

本当は力も能力もあるのに、頼られないというのは残念なことではないでしょうか。

暗い人に見える

発言がいつもネガティブで、否定的でな人は”暗い人”と見られてしまいます。

さらに、いつもうつむいた姿勢だったり、目を合わせずにいつも下を向いていたりすると、
暗くてつまらない人に見えてしまうんです。

そして、周りからは近づきくいので自然と敬遠されてしまいます。

落ち着いた人やテンションのあまり高くない人が好き、という人は多いですが、それでもいつも不満とか不平や否定的な人とはだれも一緒にいたくないと思うので、友達があまりできないかもしれませんね。

成長できない

保守的すぎたり、チャレンジ精神がなく、積極的に物事を進めていくことをしない人は、自分を成長させるチャンスを逃していることがあるかもしれません。

毎日同じ、というのももちろんいいことですが、自分のスキルを上げたり、自分の可能性をもっと広げるためには、勇気がいることでもチャレンジすることも必要です。

そして、ミスをしたり失敗したときにも消極的な人はそれを自分を向上するためのチャンスと考えません。

ミスをしたこと自体に執着して、他人や自分をただただ責めて落ち込んで「やっぱり自分はダメなんだ」とあきらめてしまうこともありますが、じつは失敗はそこからいろいろと学ぶためのたくさんのチャンスであることを覚えておきましょう。

新しいものに出会えない

自分から行動しない人は、誰か親切な人がきっかけやチャンスを目の前に置いてくれるまで、何もしません。

そうなると、生活の中ではあまり変化というものが期待できないし、同じ毎日が続いていくだけでつまらなく感じることもあるかもしれません。

やはり自分から何かを仕掛けたり、自分から新たな交友のきっかけを作ったりする積極性があると、自分の世界がどんどんと広がって、新しいものにも出会いチャンスが多くなるのですね。

消極的な人の改善策は?

私たちはだれだってみんな、毎日を頑張って生きています。

みんな自分の人生をできるだけ楽しくて有意義なものにしたいと思っていますよね。

でも、現実は自分の思うようにいくことばかりではありません。

だから、社会という中で毎日闘っています。

消極的な考え方や態度を生まれつき持っている人たちだって、その中で一生懸命生きています。

でも、仕事でも人間関係でもうまくいっている人というのは、やぱり物事を積極的に見ていて、ポジティブな人はいつも笑っているような気がしませんか?

だから、自分の消極的思考をもっと積極的思考へと変えて、今の人生をもっと楽しくすることができたらいいですよね。

自分の今いる状況を変えることは難しいですが、自分自身の性格はちょっとした意識がけで変えることができて、ポジティブになれるなら自分自身がもっと楽になるかもしれません。

では、どうしたら消極的な思考パターンや行動パターンを改善できるでしょうか??

そのヒントやちょっとした心掛けについてチェックしていきましょう。

勇気を持つ

まず一歩だけ進む勇気というものを持つことを目標にすることができるかもしれません。

みんなの輪の中に入っていくこと、人に声をかけること、新しいことに着手すること、やる前には誰でも、相手の反応とか結果ということを考えて不安になります。

でも、いったん一歩を踏み出してしまえば、物事はどんどんと前に進んで行く、ということは多いものです。

行動する前が一番大変で、一旦やってしまえば思っていた以上に簡単にできることもあります。

それで、まずは初めの一歩だけ踏み出す勇気を持ちましょう。

恥を恐れない

「バカにされたらどうしよう」「上手にできなかったらどうしよう」「失敗したらいやだな」という気持ちから、何もできなくなってしまうことがありますが、誰でも最初はうまくできない、ということを覚えておきましょう。

誰でも初めて挑戦する分野や、自分が苦手だと思うことに取り組む時には最初からうまくなんていきません。

でも、回数を重ねたり経験を積むうちに、どんどんと上達することができます。

それで、恥を恐れることなく「まずはやってみる」ということが成功だということを意識して、行動してみましょう。

失敗は学びになると考える

もちろん、失敗したりミスしたり、恋愛でも友人関係でもうまくいかなかった、ということで心が傷ついたり、落ち込んだりすることはあります。

でも、その失敗は学びになります。

どうして失敗したのか、どこが問題だったのか、次はどうしたらもっと上手にできるか、ということに気づかせてくれるチャンスなんです。

これは実際に自分が勇気を出して行動しなかったら、まったく気づかずに今も過ごしていたことかもしれません。

やってみれば、その経験が、例えうまくいかなくても、それを”失敗例”という一つの糧として次に生かすなら、自分にとっての財産になります。

ですから、失敗してもいいんだ、という気持ちでポジティブに取り組みましょう。

世間は意外と優しいことを知る

自分が勇気を出して動いてみたときに、その努力をみてサポートしてくれたり、助けの手を差し伸べてくれる人がいることに気づくこともあります。

消極的になっていたときには、周りのことも批判的になってしまっていたかもしれませんが、いったん勇気を出して頑張ってみると、世間って意外と優しいことに気づいて、人間の温かさがとてもうれしくなるでしょう。

そのような温かさや人の親切に接すると、自分もそのような人にやさしい人間になりたいと感じたり、やってみれば助けてくれる人がどこかにいるんだ、ということで自信をもつこともできるでしょう。

世間が意外にも自分に優しくて味方になってくれる人もいることに気づければ、もっとポジティブになって明るくなれるかもしれませんね。