人にとって笑顔とはとても大切なものですよね。

そして相手を笑わせることが上手い人達がいます。

テレビに出る「お笑い芸人」がその顕著な例ですが、彼らはもちろんネタを作り、稽古を経て、作品をもって視聴者を笑わせます。

このポイントで笑わせるという、緻密な計算の元で成り立っているプロの技ですね。

お笑い芸人を見てると「おバカだなあ」と誰もが思うでしょうが、もちろん彼らは「おバカ」を演じているだけです。

その裏では血のにじむような、創作と稽古を積んでいます。

人を笑わせるという行為は、とてつもないエネルギーと素早い頭の回転が必要です。

そしてお笑い芸人ではなくても、一般人でも人を笑わせることが上手い人はたくさんいます。

今回はそういった笑いを取るのが上手い人の特徴をご紹介します。

笑いを取るのが上手い人ってどんな人?

笑いを取るのが上手い人は、「人を笑わせたい」というのが根本にあります。

具体的にそういった人達はどんな特徴を持っているのか、探っていきましょう。

笑いを取るのが上手い人の特徴


笑いを取るのが上手い人の特徴を知ることで、あなたも笑いを取れる人になれるかもしれません。

いつも笑顔

他人を笑わせるためには、自分も笑顔でいなくてはいけません。

仏頂面してクラスの端でポツンとしているようでは、クラスを笑いで支配することはできません。

笑顔でいるということは、好感度を上げるとともに、その場での「存在感」も高めてくれます。

さらに言えば、他人に対しての敷居も低くし、円滑なコミュニケーションにも役立ちます。

相手からすれば、ブスっとしてる人より笑顔で明るい人の方が話しかけやすいですよね?

笑顔でいることというのはいいことだらけなのです。

周囲を笑いで包むということは、その場における自分の「立ち位置」というものが非常に重要なので、存在感や好感度が高いことは必須条件とも言えます。

例えば職場で、無口で無表情の男性がいたとしましょう。

つい彼は普段の立ち位置を忘れてしまい、ふとした拍子で、「笑いをとるネタ」を言ってしまいました。

周囲は「面白い!!」ではなく「え?どうしたのこの人?」と不審がるでしょう。

この人は、立ち位置として「ネタ」を言えるポジションに立っていない為、どんなに面白いことを言っても周囲を笑わせるということができません。

この立ち位置を維持する為の第一歩が「笑顔でいること」になるでしょう。

リラックスできる雰囲気


話しかけやすいなど、他人に対しての敷居が低い人、という意味ですね。

当然好感度も高いです。

きっと誰もが経験したことがある一瞬だと思いますが、集団でいる時、ほんの一瞬だけなぜか会話が止まる時がありますよね?

その時、普段から笑いをとることに長けた人がいると、その場にいる全員は、その凍り付いた一瞬を壊してくれることをその人に期待します。

なぜかその人を見たり、意識したりなど、気まずい一瞬の破壊をその人の笑いに託すのですね。

この人ならこの一瞬の雰囲気を何とかしてくれると、無意識で思ってしまうのでしょう。

つまりそれは、その人が常日頃から、コミュニケーションや笑いなどで、雰囲気を変える能力を持っていると、周囲が理解してる証拠です。

そして、こういった人に対して相手はリラックスしながらコミュニケーションをとれるので、よく相談されたりもします。

その相談が暗い内容でも、うまく笑いを挟みながら応対するので、相手の心も軽くなったりします。

こうして文章で表すと、笑いに特化した人は本当にすごい才能を持っていると、驚かされますね。

緊張状態を作るのが上手い

温和な雰囲気でコミュニケーションをとることが可能な人でも、笑いに関しては「獲物を狙うハンター」のように感覚を常に研ぎ澄ましています。

脳裏に浮かんだネタをどんなタイミングで言うか?その言い方は?今の相手の心理状態は?など、常に状況分析を行っています。

これは自分が発言した時、最も効果的になるような状態を作る為です。

例えばです。

楽しく会話してる最中に、突然会話を止めたとしましょう。

相手は不審がり、動揺しますよね。

普段とは違う真剣な表情をし、相手の動揺をさらに誘います。

「え?どうしたの突然?」

何か言われると思い、相手は緊張しています。

そこで、貯め込んでいた笑いのネタを出すのです。

こうした笑いを効果的にする状態を彼らは意図的に作り出すことができます。

先手先手で、その場がどう転がっていくか予測しているということですね。

笑わせられる側は、会話を始めた瞬間からもうすでに彼らの術中にはまってるというわけですね。

興味や好奇心を刺激する

笑いに特化した人は状況を支配して笑いを投下するのですが、もちろんその為には、個人分析も欠かせません。

相手はどんなことに興味があって、どんな話を積極的に聞くか?など、常日頃からリサーチしています。

その相手の趣向に合わせ笑いを提供するのです。

個人個人の趣向が連なって集団が形成されるわけですから、集団を笑いで支配するためには、この個人に合わせることも必須条件と言えます。

ユーモアなセンス

どんな分析能力があってもこれなくして人を笑わせることは絶対にできません。

ユーモアなセンスは、生まれ持った特質ではなく後天的なものかもしれません。

日々の中で培われていく才能です。

周囲を笑わせたいと考えてる人は、様々な媒体からユーモアエッセンスを吸収します。

テレビや本、自分が面白いと思った相手など、至る所にアンテナを張り、めまぐるしいスピードでそれらを吸収していきます。

この時における彼らの吸収力は尋常ではありません。

「こうなったら自分はさらに面白くなれる」という貪欲かつ明確なイメージを彼らは持っています。

それと同時に「こうなったら周囲は自分のことを笑ってくれる」というイメージも持っています。

自分のことと同様、もしかしたらそれ以上に相手の心理も研究しているわけです。

本来それらは途方もない情報量になるのですが、彼らにとっては呼吸するようなものですから全く苦痛も困難も感じません。

それを日々、四六時中行っています。

ごく自然に吸収、発散してるので、気付いた時には彼はもうユーモアを持っている人と認知されています。

周囲を笑わせることが得意な人は、常に他人の心理も考えていると言えます。

それは相手のことを自分のように感じることができる才能です。

好感度が高いのは必然ですね。

【ユーモアがある人の特徴については、こちらの記事もチェック!】

サービス精神がすごい

その場を笑いで支配するためには彼らは時として手段を選びません。

常識的に考えると、非常に面倒なことも平気でします。

これもまた笑いに特化した人の大きな特徴です。

そこまでして笑わせたいのか?という疑問を持つほど、彼らのサービス精神は旺盛です。

そうです、彼らはそこまでしても笑わせたいのです。

その場を笑わせずにはいられないという強迫観念にも似た心理です。

自分一人だったら面倒でやらないことでも、他人が笑ってくれるなら平気、というよりむしろ望んでそれをやります。

川辺でバーベキューをしてる集団がいたとして「ここで川に飛び込んだら、確実に笑いをとれる!!」そう思ったのなら彼は迷わず飛び込みます。

そして風邪をひいたりします。

服が濡れて風邪をひいてしまうリスクはその瞬間頭の片隅にもありません。

野生の勘みたいなものですね。

もしそこまでして大した笑いがとれなかった場合…、彼は眠れなくなるほど、反省と後悔に襲われるでしょう。

【サービス精神については、こちらの記事もチェック!】

話し上手、聞き上手

さっきも書きましたが、ユーモアセンスを得る為に彼らは日々研究しています。

ユーモア、つまり人を和ませたりするセンスですから、当然会話能力も高くなければいけません。

よく喋り、よく聞きます。

どちらか一方に偏ってもいけません。

自分だけが話す、相手だけが話すでは、いずれやってく笑いのタイミングに備えることができないからです。

自分もよく喋り、その場を導いていきます。

相手の話をよく聞き、相手の心理を分析します。

会話の雰囲気を良好に維持しなければ、笑いが不発に終わりますから、スムーズな会話、対等なコミュニケーションは、使命とも言えます。

プロのお笑い芸人で実は人見知りという人もいるようですが、彼らの笑いは「努力によって創作されたもの」ですから、実際の会話能力などはあまり関係ないのかもしれません。

普段はあまり面白い人ではない、という芸人さんがいると、プロフェッショナルの創作はすごいと感心してしまいます。

人間が好き

その場を笑わせようと努めている人は、人間を愛している人が多いです。

性格も優しい人が多いようです。

それは普段から人間観察と状況研究をしているからだと思われます。

誰か特定の人、ではなく、総合的な「人間」というものに興味を持ち、常にアンテナを張り、人の心を明るくしたいと願う。

これはもう「愛」と呼べるものではないでしょうか?

そして、その姿勢は真剣です。

どんなにおバカなことをやっても、真摯な姿勢で取り組んでいます。

人の心を明るくするためなら何でもするという気概は、尊敬せざるをえません。

頭の回転が速い

状況を素早く分析し、笑いを提供するためには一瞬の迷いもあってはいけません。

常に相手の先を行く洞察力、その場の判断力、相手の心理の理解力など、笑いへと導く為に、その脳はいつもフル回転しています。

決してユーモアセンスがない人は頭の回転が遅い、というわけではありませんよ。

脳というのは使っていないとどんどん退化していきます。

情報を脳内で瞬間的に処理するには、それ相応のトレーニングが必要です。

そのトレーニングを彼ら笑いに特化した人達は自然かつ永続的に行っています。

どうやったら人の心を明るくすることができるか?

対人関係において、永遠の命題ともいえる謎に挑戦し続ける彼らの脳は、常人より素早く回転しているのはいうまでもありませんよね。

余計なプライドがない

プライドというのは、人間にとって必要なものですが、時と場合によっては、邪魔にもなります。

妙なプライドを誇示する人間は鼻に付きますよね。

邪魔になるプライドを仮に持っていたとしても、笑いをとる為にはそれらは不必要です。

相手に嫌がられれば、もう笑いをとれる状況ではないからです。

そうして彼らはあっさりとそのプライドを捨てます。
注意深く自制心を働かせ、プライドのコントロールを行っているわけです。

自尊心というものは、誰もが持っています。

そして時と場合によって変化するものです。

なので余計なプライドがないというよりは、余計なプライドに変化させないといった方が適切ですね。

それは自制心のなせる技なのでしょう。

無茶振りにも対応する

サービス精神の一環として、無茶な要求にも彼らは応えます。

逆に無茶な要求をされるとお笑い魂に火が付くのかもしれません。

あるある話で「えー!!そんなことやるわけないじゃん!!だってそんなことしたらさあ…」といった瞬間にやるあれですね。

お約束のような行動です。

雰囲気に困ったときなどはぜひ彼らのお笑い魂に火をつけてあげて、その場を乗り切りましょう。

彼らは絶対に期待に応えてくれますから。

ギャップがある

表向きおバカな言動で、周囲を笑わせる彼らですが、その裏では綿密に観察、研究、そして実践という段階を経ています。

その姿は真剣そのものです。

そのプロセスにおいては一切の笑いはありません。

笑いに至る道は自分だけが歩く過酷で険しい道なのです。

それは産みの苦しみとも言えます。

もし仮にその裏の姿を見れば、いかに彼らが努力し、戦い、アンテナを張り続けているのかが分かるでしょう。

とはいえ、そんな姿は公では絶対に見せることはないでしょう。

もし男女二人きりで、そんな真剣な姿勢がちらりとでも見えたのなら、恋に落ちることもありそうですね。

情報通

アンテナを張り続けていると、勝手に情報が入り込んできます。

世の中のこと、クラスのこと、職場のこと。

情報を得る為にアンテナを張っているわけではなく、分析と研究の結果、このアンテナに引っかかってしまうのでしょう。

なので、どこからそれ聞いたの?と質問されても、本人は応えられないこともあるようです。

確かに…なんでこれ知ってるんだろう…どこで聞いたんだっけ?

興味があるのは情報ではなく、笑いなので、笑いに活かせない情報は彼らにとってあまり価値のあるものではないのでしょう。

オーバーリアクション

目立たせるためにわざとリアクションを大きくするのは常套句ですよね。

一つの小さな笑いを大きく見せるためには演出も必要です。

視線を自分に集中させてから一気にお笑い爆弾を投下します。

派手に爆発し、さらにリアクションもオーバーにすれば、爆発の余韻はさらに深くなるというものです。

ただし、この余韻に味をしめ、調子に乗ってオーバーリアクションを続けると、周囲は免疫をつけオーバーをオーバーと感じなくなります。

ボキャブラリーが豊富

これもまた普段の研究によってアンテナに引っかかってくるものですね。

ボキャブラリーでの演出は会話での笑いをとるための、特に高度な技術です。

小説でも文体やリズムが大きく物語に影響しますよね。

これと同じで多彩なボキャブラリーによって、その会話に「特異性」を付与し、リズムで会話自体を押し出します。

例えば、ひどく間抜けな会話の内容を「ジェントルメン風」に語るなどの演出ですね。

これには高度な技術が必要ですが、それもまた日々の研鑽によって培っていますから、彼らにはお手の物です。

【ボキャブラリーを増やすには、こちらの記事もチェック!】

声が大きい

オーバーリアクションともとれますが、少し違います。

声が大きくないと、単純に聞こえず面白くても笑ってもらえません。

そのため、声を張り上げて笑いを取るように意識しているのです。

お笑い芸人でも声が大きい人が多いですよね。

たまにボソッと言う一言で笑いを取る人もいますが、ほとんどの人は声が大きいのではないでしょうか。

積極的に動く

動作によって人の目を引き付けることも大切な要素ですね。

とにかく目立たなければいけませんから。

声の大きさ、動作などは、笑いを起こすための予備準備、みたいなものです。

トークだけではなく、動くことによって、相手の視線を奪います。

当然これも戦略の一つです。

場合によってはそのまま行動のみで笑いを巻き起こすことも可能です。

彼らの胸にはこの二言が深く刻まれています。

ポジティブ&アグレッシブです。

テレビをよく見る

テレビから学ぶことも多いですね。

プロのお笑い芸人からはきっと多大なる栄養をもらっているでしょう。

ボキャブラリーや間、動作など、もしかしたら夜な夜な真似て、吸収してるかもしれません。

もちろんそれが現実的に有効な時はそこまで多くはないでしょう。

お茶の間にむけて作った創作と、現実的に笑わせることは全く意味が違います。

もちろんそんなことも彼らは考慮しています。

これは使える時にきちんと抜くために、その刀を研いでおく、というもはや職人ともいえる姿勢の一環ですね。

話し方のトーンを意識する

会話で笑わせるための高度な技術その2ですね。

ボキャブラリーを駆使しただけでは、効果的とはいえません。

トーンを意識し、相手や状況によってそれを意図的に使い分けます。

簡単な例だと、話しはじめは控えめに話し、オチでは声を張るなどですね。

もちろんこれは初歩的な技で、多種多様なトーンを彼らは身に着けています。

恐ろしいことにそれら高度な技術も彼らは無意識のうちに体得しています。

決して考えて演出してるわけではなく、面白くするために単純に必要だからそうしてるだけ、という天才的嗅覚をもっているのです。

そこまでされたら周囲は笑うに決まってますね。

笑いが上手い人って実はこんな人

具体的な特徴は概ね今書いた通りですが、その裏では、長く険い道を歩いていることもまた事実です。

もはやアーティストともいえるお笑いに特化した人達。

その実態とはどんなものなのでしょうか。

一匹狼

彼らは特定の人の笑いを望んでいるわけではありません。

空間を笑いで支配したいと考えています。

誰かにむけてはいないというその心は意外と孤独なものです。

自分一人で研鑽し、研究分析を重ねる日々には誰の存在もありません。

そしてどんな場所においても、意識は「空間」に向けられているので群れることを嫌います。

いつも同じ人に笑いを提供することは彼らの意志に反します。

それは彼らの成長が止まることを意味しているのです。

同じ人相手では物足りないのですね。

孤高の戦士、それすなわち笑いを追及する人の姿なのです。

とてつもない努力家

具体例の中で書いてしまいましたが、日々の中で彼らはとてつもないアンテナを張り、分析、研究、吸収を行っています。

これはまぎれもなく努力です。

人を笑わせるために人生を賭けているといっても過言ではありません。

真面目で誠実、孤独な努力家、人の心を明るくするための道は生半可なものではありません。

もし身近にそういう人がいた場合、逆にこちらからも観察してみるとそれがよく分かるでしょう。

人が持つカリスマ性、というのは、こういう部分で磨かれているのかもしれませんね。

お笑い芸人で例えると・・・

テレビで見かける姿は面白く、周囲を爆笑で支配するプロ中のプロの人達がいますよね。

松本人志

お笑いだけではなく、映画監督としても活動しています。

それだけで、笑いというものに対して違った角度で見ているのが伝わりますよね。

お笑いというものを深く考察し、アーティストとして表現する希代の天才芸人と呼べる人でしょう。

明石家さんま

とにかく話術において誰の追従も許さないほど異次元レベルの技術を持った人ですね。

マシンガントークでその場を圧倒的に支配します。

もちろん相手の話もうまく引き出します。

その上でさらに自分のトークで場を支配しますね。

「笑いの帝王」という異名がふさわしいかもしれません。

雨上がり決死隊

上記のお二人とは違うアプローチで笑いを追求していますよね。

バラエティ番組の企画力が豊かで、数多くの人気番組を排出しています。

個の力を押し出して空間を支配するというよりは、空間そのものを作ってしまう能力に長けているように思えます。

役者としても活躍し、演技力も俳優に劣らないほどの技術を持っていますよね。

笑いを取るのが上手い人になって場を盛り上げよう!

笑いでその場を明るくする人は輝いて見えます。

いきなり笑いを取れるようになるのは難しいかもしれませんが、笑いをとるのが上手い人の特徴を真似してみてはいかがでしょうか。