あなたの周りには性格が激しい人がいませんか?

きっと多くの方がいるとお答えになるでしょう。

または、そんな人がいたけどもう会わないようにしている。

そんなことが大人になればなるほど、最も多い回答なのではないでしょうか。

性格が激しい人にはたくさん特徴があり、それが性格が激しいと言われることとも言えます。

感情や言動に一貫性がなくて、周囲からすると面倒な人なのですよね。

分かりやすくて助かるという意見もあると思いますが、大半の人はそんな性格の激しい人が嫌だと思います。

あなたはどうでしょうか?周りからそんな風に思われていませんか?

今回はそんな性格が激しい人について「性格が激しい人の13個の特徴」を紹介しています!

自分がそうだと思う人は要チェック。

さらに周りにそんな人がいて、遠ざかりたいなーと思っている人も要チェックです!

性格が激しい人は要注意!しっかりと見極めよう

自分の性格が激しいと思っている人は要注意しましょう!

その激しい性格、周りからめんどくさがられていますよ!

中々性格は変えられないでしょうが、表面に出す出し方は変えることができますよね。

または受け入れてくれる人が現れたり。

しかしそんな人に甘えすぎるのではなくて、受け入れてくれたからこそ、そんな激しい展開にならないようにしていくべきです!

なので、自分がいったいどんな激しい性格を持っているのかしっかりと見極めましょう!

激しい性格のあなた!今これを読んでいるのであればあなたはまだまともでしょう!

しっかりと一緒に読んでいきましょうね♪

性格が激しい人に共通する特徴


それでは実際に性格が激しい人にはどんな特徴があるのでしょうか?

それにはある共通点があり、だれもが納得する特徴もあるのです。

自分は大丈夫かどうか見極めるためのチェックリストでもあるので、自分はそうだと思う人はしっかりと見ていきましょうね!

感情的に物事を考える

まず、基本的な特徴として、感情的に物事を考えるということがあります。

物事を論理的に考えたり、冷静になって現実的に考えたりすることをしないのですね。

人間は感情的になっても良い時があります。

しかし、それはいつもそうではなくて、論理的に考えた方が良いこともあります。

しかし、感情が激しい人は、常に感情的に物事を考えてしまい、むかつく、嬉しい、楽しい、楽しくないといった極端な感情や発言になることが多いのです。

それは周りからしたら、分かりやすいことがありますが、いつもそんな感情で物事を考えてたり、感情的な発言しかしないのなら、めんどくさいですし、一緒にいたくないですよね。

子供ならまだ分かります。

しかし、大人になったあなたがそんな感情的にしか物事を考えられないのであれば、改善する必要は大いにあることでしょう。

唐突的な行動


性格が激しい人は唐突的な行動をとることがあります。

それは良い時もあれば悪いこともあるでしょう。

好きな気持ちが感情的になり、好きな人を唐突に抱きしめたり、キスをしたりすることもあると思います。

悪い時は、感情的になってしまい、唐突に車のスピードを上げたり、唐突に泣き出したり、笑い出したり、そんな唐突なことをしだします。

普通の人からしたらなんでいきなり泣き出したのか分からないくらい、その人の感情的になることが理解出来ないのです。

きっとその人にはその行動などをした理由があるのでしょうが、表現が感情的だとより印象付けることなのですね。

映画やテレビを見て泣く

性格が激しい人はある意味、いい感性を持っているともいえます。

それは映画やテレビを見て泣けることです。

普通の人が涙しないことも感情的な人は涙したりして、周りを驚かすことがあります。

感情移入しすぎたのか、また自分に当てはめて考えているのか、それは悪いことだけではないと思います。

しかしなんでもかんでも泣いていると、すこし薄い人だなという印象も受けられます。

ここというところで涙を流す人は感情的ですが、感情のある人だとも言えるのですね。

もちろん感情的ではない人も映画などを観ていて涙することもあるでしょう。

なので、映画やテレビを観て毎回泣く、泣きまくる人は性格が激しい人だと言えるでしょう。

細かい気遣いができる

性格が激しい人は意外と細かい気遣いができる人もいます。

ささいなことに感情が動くので、細かいことにも気付きやすいのですね。

なので、人より細かい気遣いをすることができて、よく気がつく方だと言われることもあるでしょう。

それは感情的で良くない面もありますが、これは良い面だとも言えるでしょう。

逆に性格が激しい人、冷たい人は細かい気遣いができずにまた、そもそも気づいていないことがあります。

いつも感情的になるのは良くないことですが、細かいことに気がつけたり、また人の気持ちを察してあげられる人はステキだと思いますよ!

感情的な人にはこんなステキな面もあるのですね♪

ここからは少しそんな人を褒めるところも紹介していきます。

料理上手?!

性格が激しい人は料理上手なのでしょうか?

実は料理が好きな人は感情が豊かな人もいます。

その感情を味として料理として表現していることもあるのですね♪

性格が激しい人は何かを表現したいと思っている傾向にあるので、料理などにはもってこいだったりするのです。

自分が作ったものを相手に美味しく食べてもらいたい!

料理ができるって思われたい、もっともっと喜んでもらうぞ!と激しく思うことができるので、美味しい料理を作ることに全力を出せるのですね。

でもそんな人は実際に料理を食べてもらった人が喜んでくれたり、反応がイマイチだと激しく落ち込みます。

または、そんなはずはないと怒り出すことも。

必死だからこそ、リアクションが良くないと最悪だと思ってしまうのですね。

実に才能があるといえばそうですが、やはりここでも感情や性格が激しく出てしまい、めんどくさいなと周りから思われてしまうのです。

しかし、すべての料理上手な人が感情的な人だと言うわけでもなく、割と冷たい人も料理が好きなこともあるのです。

こちらはこんなタイプの感情的な人もいますよといった簡単な紹介になります。

芸術好き

性格が激しい人というよりかは感情が豊かな人は、芸術が好きな傾向にあります。

それは、自分の感情を表面的に、現実に表すことができるからです。

物事や絵画、色彩に感じる心が豊かで、綺麗なものをより綺麗に感じることができるのですね。

有名な画家などは感情が豊かな人が多く見受けられ、激情的な人はこの世に名作をたくさんのこしています。

そんな感情が豊かな人は、様々な感覚を人より持っているため、奇抜な作品を作ったり、とても美しいものを作ることができたり、そんな素晴らしいものも持っているのですね。

自分の夢を持ってる

性格が激しい人は、自分の夢を持っている人が多いでしょう。

何かに憧れたりすることも多く、それを現実に自分がなりたいと思うことができているのです。

将来芸術家になりたい、また将来歌手になりたいなど、特に大きな夢を子供のころに持っていた傾向もあり、それを叶えている人もいます。

そんな夢をまだ叶えていない人も、普段の生活の中でその芸術的なことで、絵を描いていたり、また歌を歌う、聞くことが好きだったり。

夢を日常的に浸透させている傾向にもあるのですね。

好きなものがはっきりしているので、また感情を持って色々なことと向き合っているので、夢をしっかりと持つことができているのです。

それは感情的な人にとって、とても大切な感情だと思います。

周囲から注目を浴びたい

周囲から注目を浴びたいと思うことも、性格が激しい人の特徴です。

表現したいという気持ちが強く、自分の中で感情がしっかりとあるので、それを消化したかったり、周りに見てもらいたかったりするのですね。

基本的に周りからいい風に見られることに快感を覚えることがあるので、唐突なことをして周りの視線を集めたり、感情的になって、周りの注目を浴びようとします。

言い方を変えれば、かまってほしいとも言えますが、注目を浴びたいあまり、よからぬことをしてしまう人もいますよね。

悪いことをして、注目を浴びて満足してしまう、そんな間違った人には、性格が激しい人が多くいるのです。

なので、感情が激しいのは時に良いこともありますが、基本的には普通でいいのではないかと思います。

大切なのはどこで感情を出すかだと思いますし、ここぞという時に感情を出すということを大切にしていけば良いと思います。

感情表現が苦手

性格が激しい人は感情表現が苦手な人が多いです。

笑ったり泣いたりが過度になってしまうそんな人は、周りから感情表現が苦手だなと思われています。

素直に泣いたりするのですが、それがたくさんあり、またその時間が長かったり、激しかったりするので、感情が豊かだがもう少し、ほどほどな感情表現にしてほしいと思うものです。

それは感情表現が上手いように思えて、実はとても苦手なんですよね。

もしくは自分が感情的になることが分かっていたり、それに懲りていたいりすると、泣きたい時に泣けなかったりして、上手く相手に感情が伝わらなかったりするのです。

しかし、そんなことに気が付けてあげられる人もいるので、そういう人はたくさん助けられていることでしょう。

考えすぎて眠れなくなる

考えすぎて眠れなくなるということは誰しもが一度は経験することだと思います。

しかし、性格が激しい人はそれが頻繁に起こったり、その眠れない時間が長かったりします。

頭で考えて、論理的にまとめられる人は、割とすぐに眠れる傾向にありますが、自分の気持ちが納得するまで考えることがあります。

そうすると意外と早く眠れることもありますが、かえって納得がいかず、ずっと考えていて眠れなくなることがあるのですね。

また自分の感情が激しいがために、考え事を感情と共にしていて、夜なのに興奮状態になってしまって、なかなか眠れないことがあります。

性格が激しい人は、感情が激しいことから疲れて本当は眠りたいのですが、なかなか興奮が収まらないといってことがたまにあることでしょう。

神経質

神経質なことも特徴の一つです。

感情が豊かということは感性が豊かだとも言えます。

感性が豊かと言うことは、周りを感じやすく、様々なことを感じてしまう。

つまり、神経質になってしまうのです。

感情的と神経質は対になっている気がしますが、実はセットになっていることもあるのですね。

性格が激しい人は太っているイメージがありますが、神経質な人は痩せているイメージがあります。

しかし、どちらも兼ね備えている、むしろ感情的=神経質な人はどちらの体質でもありえます。

また性格が激しいことから周りから嫌われたり、印象が悪くなっていることがあり、そういったことからも、神経質になってしまうのです。

それは自業自得なことですが、自分のそんな激しい性格をまず変えることも考えてみて良いと思います。

簡単なことではないでしょうが、それでは周りの評価や印象はきっと変わらないことでしょう。

その結果、神経質になることになっているので、根本的に自分を見直した方が良いのですね。

【神経質については、こちらの記事もチェック!】

自己顕示欲が強い

自分を主張することが多く、それを津強く望んでいる。

そんな自己顕示欲が強いことも感情が激しい人の特徴なのです。

こちらは多くの性格が激しい人に共通することで、自分を認めさせたい、そんな自分アピールが激しいのですね。

それはアーティストなどや芸術家の人はもってこいの性格ですが、一般の人がそんな特徴があれば少し痛い時もあります。

周りが求めていないことを顕示してしまうので、いやいや求めてないよと思われることもあるのですね。

分かりやすく言うと、自己顕示欲が強いと今でいうSNSでの主張が激しいですね。

自分の写真をやたらとアップしたり、誰も見ても心地よく思わないようなものをアップしていたり、そんな自分中心のことを主張するのです。

周りがこう思うかなーやすてきに見えるかな?キレイだと思ってもらえると思うなといった客観的な思考がないのですね。

調子が良い時はハイテンション

性格が激しい人の最もと言える、特徴が、調子が良い時はハイテンションだということです。

感情の起伏が激しく、落ち込んでいる時は手が付けられないほどなのですが、調子が良い時はものすごくハイテンションで、なんだろうこの人と思うことでしょう。

いきなりハイテンションになられてもこっちは対応しきれないと思われることもあるのですね。

しかし、本人はしっかりと理由があってハイテンションになっているので、決しておかしいことではないのですね。

それを表に出し過ぎないのが普通で、周りも考えられている人ですが、そうできないのが実に迷惑で残念な特徴です。

また物事の解決が自分の感情論だったりするので、それが解決したら必要以上に興奮したりしてしまうのです。

論理的に物事を考えていたら、それほどハイテンションになることは多くないのですが、感情で動いているので、テンションが上がってしまうのですね。

それは周りから見たら、何があったのかよく分からないことが多く、心の中で一人で盛り上がったり解決しているので、本当に何があったのか分からないのです。

そんな性格が激しい人は、やはり周りからしたら近寄りがたい存在で、いきなり喜んだりするので、つかみどころがない人と距離を取られていることでしょう。

またちょっと危ない人なんではないのか?と思われることもあり、本人は自覚していないけど、テンションが上がり過ぎていて、周りが困惑していたり、引かれていることもありますね。

性格が激しい人は損をする?!

性格が激しい人にはこんな共通する特徴があるのですね。

多くの良くない、周りに迷惑な性格ですが、いい面も少しあったりすることも分かりましたね!

しかしそんな良くないことが多い性格が激しい人は損をするのでしょうか?

これはもう分かっていることだと思いますが、かなり損をしていることでしょう。

まず、性格が激しいと周りがよってきませんよね。

また自分自身も感情的になって良からぬことをいったり、良からぬことをしてしまったり。

ここからはそんな性格が激しい人が損をしていることを紹介していきます!

ぜひ参考にしてみて、同じことにならないように私たちも気を付けていきましょう!

人付き合いが悪くなる

性格が激しい人は基本的に人付き合いが悪くなる一方な傾向にあります。

なんでこうなの!なんでそんなこというの!と感情的なることが多いと、周りも疲れちゃいますよね。

また感情的になって、激しいことを唐突にしたり、周りとトラブルを起こしたり。

それをまた何度も繰りかえすので、感のいい人はまず関わりません。

普通の人もこんなに性格が激しい人は一緒にいたくない、いいことがまったくないと見捨てられていくのですね。

それは実にしょうがないことだと思います。

普通の人からしたら、もっと穏やかに過ごしたいと思うのが一般的です。

そんな穏やかな時を壊してしまう、また作れない人とはいたくないというかいないのが普通の感覚ですよね。

またそんな人にまずいい人はいないだろうと考えるので、関わりと持たないのは最もなことだと思います。

トラブルに巻き込まれやすい

実に多いのが性格が激しい人はトラブルに巻き込まれやすいのです。

というよりも、トラブルを引き起こしているのですね。

そうなんだ。

で終わればいいことを感情的に反論したり、突っ込んでいったりして、必ずと言っていいほど、誰かとトラブルを起こしています。

それは実に損をしていますよね。

争っている時間があればもっと穏やかに楽しく過ごせばいいのに、と普通なら思いますよね?

しかし、性格が激しい人はトラブルなんて気にしないのです。

自分の感情が納得できない人は、なりふりかまわず口論してしまうのですね。

また周りがトラブルを起こしていても、自分に火が着いたら、そこに飛び込んでいってしまうのですね。

そして当の本人たちよりもヒートアップしていたり、余計なお世話だと思われることもあります。

人が離れていくのが手に取るように分かりますよね。

そんなトラブル上等な性格が激しい人は、トラブルを引き起こしたり、トラブルに巻き込まれていったりしているのです。

得することが少ない

まず性格が激しいことで、得することはないのですね。

どんな立場でいても、性格が激しいというのは自分が得ることが少ないのです。

もっとドライでいれば、普通にいい思いをして終われたたところをさらに感情的になって、
物事を複雑にそして感情論に持って行くことがあります。

それは本来得ているものを手放すことでもあり、激しい感情の後に、それを失っていることに気が付くのですね。

実にもったいない性格だと言えるでしょう。

普通な感覚の人からすると、もっと冷静になっていれば得できていたのにと思われています。

例えば仕事でもそこそこで終わっておいて、それを提出したり、まとめておけばいい評価で終わったものが、感情的になったりして、ここはもっとこうだとか、終わらせないことで、本来の物がダメなものになってしまいます。

そうするといい評価であったであろうものも、結局そこそこのものになったり、全く評価されなかったりするのです。

まさに得することが少ないのが性格が激しい人の特徴でもありますね。

性格が激しい人との付き合い方

性格が激しい人は本当に損をしているのですね。

できればそんな人とは関わりたくないものですが、そんな人とも関わらなければならないことがあります。

それは仕事だったり、学校だったり、いくつかの機械があることでしょう。

あなたもそんな性格が激しい人を周りにきっと知っているのではないでしょうか?

ここからは、そんなめんどうな性格が激しい人との付き合い方について紹介しますよ!

どんな風に付き合っていけばいいのか、どこに気をつければいいのかを知って、そんな人と一緒に損することを避けましょう!

落ち着く

まずそんな性格が激しい人と関わらなくてはいけない場合は、自分が落ち着くことを大切にしましょう。

いきなり怒られたり、悲しまれたりして、感化されてしまうとそこからグダグダになってしまいます。

その感情が心地悪くないのであれば自然と落ち着いた気持ちでいられると思いますが、基本的に嫌な感情を持つことでしょう。

そこで自分も熱くならないことです。

あっなんか激しくなってきたぞっと思えたら、落ち着いていようと静かに思ってみましょう。

性格が激しい人は周りも同じように激しくさせようとしてくることがあるので、まず流されないように気を付けましょうね。

基本的に性格が激しい人の感情に同調したときは、さらにその人が興奮したり、落ち込んだりするので、同情の余地なし。

と思いましょう。

それではあなたも興奮してしまったり、悲しい気持ちに引き込まれるので、実によくないことです。

さらにそれをしていて安心していたり、平気に思っている人、そんな性格が激しい人は最悪だと自覚してほうがいいでしょう。

感情的にならない

先程の復唱になりますが、そんな人を相手にしていると気が付けば自分も感情的になっていることがあります。

そうならないためにも冷静を心がけてください。

同じように感情的になってしまってはいけません。

その人が勝手に感情的になっているのを冷静に対処したり、会話をしたりしましょう。

熱くなっている人を見て、この人スイッチ入ったなーくらいに思えたらグッドです!

ここはあえてドライな気持ちでいましょうね。

こんな人になりたくないなーと軽蔑する、または関心を持たないことが大切ですよ!

感情的にあなたもなってしまったら相手の思うつぼです。

性格が激しい人はそんな激しい感情になってほしいと、相手にも思っているのです。

実に迷惑なことですよね。

そんなペースには私たちは巻き込まれない、同じように感情的にならないように気をつけましょうね!

機嫌が悪くなるときの分析をする

性格が激しい人は変化が激しくつかみどころのない感じがしますが、実は意外と単純だったりします。

そんな人の機嫌がいつ悪くなるのかを分析することもおすすめですよ。

実際そんな人の分析を何で自分がしなければと憤りを感じると思いますが、あなたが健やかに仕事や学校に通うためにも、不本意ですが必要になっているのですね。

なので、この人いつ機嫌が悪くなっているのかな?と分析をしてみましょう。

そうすると機嫌を悪くさせなかったり、そろそろ悪くなるなという時に距離を置けたりします。

また現に機嫌が悪くなった時の対処を知っておけば、緊急的にそれを実施して、落ち着いてもらうことができます。

実にめんどくさくて、勝手に感情的になっていてよと思いますが、賢い人はそれをしているので、あなたもあなたの為にしてみましょうね。

決してその人の為ではないのですよ!

距離を置いて付き合う

そうですね!そんな人とはまず距離を置いて付き合いましょう!

そもそも深入り無用な人です。

一緒にいる価値もないですし、あなたが損することばかりです。

ほどほどの距離を置いて、しっかりとした仕事場の仲間を作り、学校でも友達を作ってみてくださいね。

また遊ぶ時もそんな人とは遊ばずに、遠慮しなくてもいい、いい意味で一定でいてくれる、変わらない友達といましょうね。

さらっと流す

性格が激しい人は、ずばっときついことや、刺さることを言ってきがちです。

しかし、そんな時さらっと流しましょう。

そんな言葉に価値や重みもないですし、温もりもないのです。

また激しい感情でこられてもさらっと流しましょう。

こうだから!と説得したり、その感情に付き合っているあなたの時間がもったいないです。

そんな人に使う時間や体力、またお金にはなんの価値もないですし、無駄なのです。

相手の本心を理解する

もし性格が激しい人と密に関わらなくてはいけない時には相手の本心を理解しましょう。

実は周りに迷惑をかけてしまったりしている人にも、本心というものがあったりします。

それは少し同情することもありますが、大抵は、知らないよそんなものと言えることです。

または自分勝手な自分の事だけを考えている本心だったりします。

しかしそれを逆手にとれば、どうすれば良いかが分かってくることでしょう。

この人どんな心なのかということも、めんどくさくて不本意ですが、理解してあげましょう。

諦める

性格が激しい人と関わりを持つときは、もう自分の意見や楽しいことができるということをあきらめた方が良いかもしれません。

諦めなければ、どんどん嫌な思いやあなたが傷ついてしまうからです。

つまり関わらない方がいいのです。

その人はそんな人なのです。

なので、もしそんな人と付き合っていたことがあるのであれば、もっと心の広い人と付き合いましょう。

その人との時間を楽しくいましょう。

そんな人と一緒にいる必要はありません。

期待はしない

性格が激しい人にはまず、何事も期待はしない方がいいでしょう!

何かを頼んだり、こうしてくれるかなと思ったところで、結局感情的になって、ことを成し遂げないことが大半です。

そんな人の言葉は信用できませんし、あてにはなりません。

なので、期待はまずしないでいいでしょう。

それに、変わることもほぼないでしょう。

変われる人は相当な思いをして変わっている人もいます。

しかしそれはごくわずかで、希少な人でしょう。

まず、できる、してくれる、変われる。

無理だと思っていいでしょう。

取り合わない

取り合わない。

関わらないのが一番です。

そんな人にかまっている時間は私たちにはないのです。

そもそも取り合いたくないので、取り合うことはやめましょう。

しかし、性格が激しい人は取り合わない人を追い詰めたり、許さなかったりする、そんな卑劣な外道なことをしてくる人が確実にいるので、最低です。

そうなったら周りの人に助けてもらいましょうね。

きっとあなたの力になってくれる人がいると思いますよ!!

性格が激しい人は世の中にたくさんいる!(まとめ)

いかがだったでしょうか?

冷静な人が多いとされている日本ですが、そんな性格が激しい人は世の中にはたくさんいるのです!

しかもそれは様々なところに平気でいるので、実に邪魔でやっかいなものです。

しかし、それを思っているのはみんな同じです。

そんな人には関わらないようにして、健全な人と過ごしていきましょうね。

性格が激しい人についてはよく理解できたと思うので、あなたもそんな人には一線を引いたり、適度な距離を意識しましょう!

また自分の健全さを改めてしることができたなら、より自分らしく自信を持って行きましょう♪