CoCoSiA(ココシア)

フィクションの面白い小説17選


みなさん、最近面白い本を読みましたか?
本が好きな人は一週間に何冊もの本を読みますよね。

大人気テレビ番組のアメトーーク!でも、「読書芸人」として読書が趣味の芸人さんたちが登場して、たくさんの本をおすすめしてくれていたりします。

最近は、スマホでいろんなゲームができるからあまり本を読まなくなった、という人もいるかもしれませんが、本を読むとリラックス効果とストレス解消効果があるようです。

持ち歩くのがめんどくさいという方も、電子書籍もあるのでスマホがあれば、いつでも簡単に隙間時間に本の世界に没頭することができますね。

さらに、本を読むと頭がよくなるともいわれますよね。

本の内容から学ぶことはもちろん、本を読むことで脳が活性化されるのです。

国語力がアップして、語彙も増えるので知的な話し方をすることができるようにもなるそうです。

だから、頭のいい人は本を読むのが好きな人が多かったり、趣味が読書だったりするそうですね。

それに、日常では毎日があまり変わり映えしないかもしれませんが、小説などの世界は自由で、自分を異世界に連れて行ってくれます。

普段の日常からちょっと気持ちを遠ざけてくれるので、すごく心地よくホッとできる時間になったりもしますね。

自分がそこにいるかのように想像することによって、想像力が豊かになりもっと人生が楽しくなるかもしれません。

じつは、ある研究によると趣味として読書を楽しむと学校の成績もアップするようです。

その調査では何十万もの高校入学試験を対象にしていて、学校の勉強と趣味の読書の時間を両方取っている生徒は成績はよい成績を取ることがわかったそうです。

そこで今回は、「あ~最近本を読んでないな~」という人にも、隙間時間や自分のホッとする時間に読書をしたいという方にもおすすめの、世界観にドはまりできるフィクション作品を一挙にご紹介しちゃいましょう♪

この記事の目次

️フィクションの面白い小説17選

みなさん、本って毎年どのくらい出版されているかご存知ですか?
じつは、一年間に約70000冊もの新刊が発行されているらしいんです。

つまり、一か月に約6000冊、そして一日にすると約200冊ということになります。

すごいですよね。

出版社もじつは4300社以上もあるんです。

だから、本屋さんにはいつも新しい本が並んでいて、本を読むことには終わりがないように思いますね。

その中で有名な賞を受賞したりするって凄いことなんですね。

ピースの又吉さんはじめ、多くの芸能人たちも小説を書くようになっています。

今回は特に、フィクション小説の中で面白いとおすすめされている本をご紹介していきたいと思いますが、フィクション小説とは架空の出来事を描いた物語のことです。

つまり創作された物語なんですね。

そして、ノンフィクションとは史実に基づいていたり、記録に基づく実話を描いた作品になります。

フィクション作品の面白さは、現実とはちょっとかけ離れた世界観だったり、自由な展開が楽しめるところでしょう。

恋愛小説

まずは恋愛小説をご紹介します。

恋愛小説って、女性が読むものというイメージがあるかもしれませんが、男性にも人気なんです。

自分の恋愛経験と照らし合わせながら読んだり、自分が経験したことのないような恋愛に心を揺さぶられたり、自分の恋愛観に大きな影響を受けたり・・・。

自分と主人公を重ね合わせて、登場人物とのすれ違いに切なくなったり、ドキドキしたりと感情にもいっぱい働きかけてくれることでしょう。

得に最近人気で話題となっているれない小説はこちらです。

【恋愛小説が読めるサイトは、こちらの記事もチェック!】

君の膵臓を食べたい

こちらの作品は、2016年に本屋大賞第2位を獲得していて、きっとタイトルを目にしたこと、聞いたことがある人が多いのではないでしょうか?

「キミの膵臓を食べたい」なんて、もうタイトルからしてけっこう衝撃的ですよね!?

一見するとミステリー??って思ってしまうくらいのタイトルなのですが、青春小説だと知ってなおさら興味がわきませんか?

通称「キミスイ」って言われていて、大阪府在住の佐野よるさんの青春小説です。

最後、とにかく泣ける!!と話題のすごく切ない恋愛小説となっています。

なので、ラストを読むときは一人で家にこもって読んだ方がいいかもしれません。

登場人物は膵臓の病気を抱える余命わずかな少女と、クラスメイトの男子です。

あ~なんだよくある話か、と思った方もいるかもしれませんが、そんなものではありません。

この作品を読んだ時、このタイトルが重くのしかかってくるでしょう。

人として、愛することとか人を認めることとかいろんな素晴らしい気持ちを思い出させてくれる作品だと思います。