ノーブラ、と聞いてどのようなことを思い浮かべるでしょうか。

ある程度の年齢を超えてしまうと、ブラジャーをして外出することが当たり前になってしまって、ノーブラが許されるのは家の中だけだと思っているのではないでしょうか。

女性の身だしなみの一つとして、化粧とブラジャーは当たり前のようにしなければいけないものだと思っている方もいるでしょう。

実際に、ブラジャーしないことのデメリットには色々なものが挙げられてきました。

ブラジャーしなければ胸が垂れてしまうなどもそれに当たるでしょう。

そのため、世の中の女性たちはブラジャーをして外出することが当たり前だと思ってしまっているのです。

ところが、最近では、実はノーブラが流行していることを知っていましたか?これはどうしてなのでしょうか。

ノーブラがデメリットばかりだと信じてきた人には信じられないかもしれませんが、実はノーブラにはメリットもたくさんあるのです。

このノーブラのメリットとはどのようなものなのでしょうか。

また、やはりノーブラではダメだという意見にはどのようなものがあるのでしょうか。

同じ女性ではあってもなかなか話し合うことのない「ノーブラ問題」ですが、これに対する色々な意見や主張をまとめてみました。

世の中のノーブラ事情について見てみることにしましょう。

️ノーブラ、試したことある?

 誰でも、ブラジャーは面倒くさいと思ったことがあるのではないでしょうか。

着け始めのころはブラジャーを身に着けることを忘れてしまったということもあるでしょう。

ブラジャーを吐けなくて良い男性を羨ましいと思った人もいるかもしれませんね。

女性の身体は面倒くさくできており、その一つがブラジャーのいる生活なのです。

そこで提案ですが、ノーブラでの生活は考えたことがありますか?もちろん、家の中ではブラジャーを着けないという方もいるかもしれませんが、外出時にもノーブラで出かけることはできますか?そうすることができれば楽だと思っている方も多いでしょうが、実際にするにはデメリットのことも考えて躊躇ってしまうという方も多くいるかもしれません。

意外とアツいノーブラ事情


 ノーブラにはデメリットがたくさんある用に教わって来ましたよね。

ですが、そこにメリットがたくさんあるとしたらどうでしょうか。

そもそもブラジャーは安いものではありませんし、洗濯も面倒くさいでしょう。

買い替えるときにも何となく店に入りにくいし、ブラジャーに関しては面倒くさくて嫌なことばかりだと思っている方もいるでしょう。

そんなデメリットよりも、ノーブラのメリットの方がずっと大きいのなら、ノーブラに踏み切るのも悪くないと思えるかもしれませんよね。

そのように考えた方が多いのか、実は、ノーブラ事情というのはとてもアツいのです。

色々な主張がされていますし、その中にはノーブラのメリットを主張する意見もたくさんあります。

女性にとっては面倒くさいものであるブラジャーが必ずしも良いものではないという意見は、聞いてみるだけで新鮮で面白いかもしれません。

️ノーブラのメリット11選

 これまで、ノーブラにはメリットがないといわれてきましたが、そんなことはないのです。

ノーブラにはいくつかのメリットがありますし、それは、それまで考えられてきたノーブラのデメリットを覆すほどのものがあるのです。

それでは、ノーブラのメリットにはどのようなものがあるのかを見てみることにしましょう。

ノーブラのメリットが分かれば、楽なノーブラでいる方がずっと楽ですよね。

じょせの負担を減らすべく、世の中にあるノーブラのメリットについて調べてみました。

これを読めば、ブラジャー絶対必要派の方も少し意見が変わるかもしれませんね。

ノーブラのメリットは楽になるというものが多いですが、自分の身体にとっても負担が減るというものも多くありますよ。

バストアップ


 ノーブラで過ごしているとバストのサイズが下がってしまうということを聞いたことがありませんか?ですが、実は、ノーブラで過ごしている方がバストアップのためには良いということも最近では言われているのです。

ブラジャーで過ごしているよりもバストアップができるというのは、貧乳の方にとっては朗報ですよね。

確かに、ブラジャーをしていると綺麗に胸の形が出ますから、貧乳の方でも胸の大きさを気にすることなく洋服を着ることができるという利点はあります。

ただし、本当に自分の胸を育てることができるのなら、そちらの方が良いと思う方も多いのではないでしょうか。

バストアップのための筋肉がつく

 バストアップのためになるという理由の一つには、バストアップのために必要な胸の筋肉がつくというものがあります。

ブラジャーをしているときには、常に胸が保護されているような状態にあります。

よく考えてみると、いつでも守られている状態ではなかなか成長することができませんよね。

少しくらい自分の力で胸の形を保とうとして筋肉がついた方が、胸が大きくなるとは思いませんか?あまり甘やかしていると成長のためにはならない、というのは子どもを育てるときと同じです。

たまには、可愛い子を旅に出してやった方が、その子が大きく育つことができるようになるのです。

バストの形がキレイになる

 バストの形が綺麗になるというメリットもありますよ。

これは、バストアップするのと同じような働きによって起こります。

バストの形を保つためには、胸の周りの筋肉や人体がしっかり働いていることが大切です。

ですが、ブラジャーをして常に胸が重力から守られている状態では、筋肉も靱帯も働く場所を失ってしまうのです。

失ってしまって、重力に勝とうとするような強さが失われてしまうのです。

その点では、ノーブラで過ごしている方が、しっかりとバストの形を保つことができるでしょう。

常に胸の脂肪を重力に晒していることで、重力に打ち勝とうとする力が出てくるのです。

これもやはり、強く育てるためには、ときには突き放さなければいけないということと同じだということになりますね。

肩こりが軽減する

 肩こりが軽減するという特徴もあります。

ブラジャーをしているときには、常にブラジャーを肩で支えているので、胸の重さやブラジャー自体のひきあげる力が肩にかかってしまい、肩が凝ってどうしようもなく疲れてしまうということもあるでしょう。

家に帰ってブラジャーを外してみると、肩こりがようやく楽になったということがあれば、肩にかかっていた負担が少なくなるからです。

ノーブラの生活をしているときには、常にこの負担から解放された状態にあるので、肩に掛かる大きな負担がマシになるでしょう。

もちろん、胸が大きい人は、肩に負担がかかっている状態だということは変わりません。

ところが、肩にさらに大きな負担をかけるブラジャーが亡くなったことで、少しでも負担が減ることになりますから、少しはましに感じるのではないでしょうか。

冷え性が軽減する

 胸のあたりには血管がたくさんあります。

このあたりが常に締め付けられていると、なかなか血流が良くなりません。

血流が滞ってしまう状態にあると、それは必然的に冷え性へとつながりますよね。

女性の中には冷え性の方が多いといわれていますが、それは、常に胸を締め付けるようなブラジャーをつけているからなのかもしれません。

ノーブラ生活をして、血流が悪くなるようなことを避けていれば、少しは冷え性が改善するかもしれません。

特に冬は服が厚くなっていますから、ノーブラ生活には最適な時期だといえますよね。

そんな時期にノーブラで過ごしていれば、冷え性も改善されて冬を楽に過ごすことができるようになるかもしれません。

ストレスフリーになる

 ブラジャーをしているだけで随分とストレスに感じてしまうということもあるのではないでしょうか。

ブラジャーをしていると、呼吸が辛くなりますし、それだけで肩が凝ってしまうこともあります。

これを外していることで驚くほどストレスフリーになるのです。

ブラジャーを外しているだけでこれほどまでの解放感を感じられるのか、というほどにストレスがなくなるのではないでしょうか。

血行も良くなりますし、手足の冷えも随分と楽になるでしょう。

そして、肩の凝りも楽になるはずです。

これらの結果を受けて、自分の中のストレスがだいぶ楽になるということもあるでしょう。

こうしてストレスから解放されることは、バストアップにもつながるようですね。

ストレスがかかった状態では、なかなかバストも育たないようですが、ストレスから解放されると、女性ホルモンがどっと出てくるということもあるようです。

暑い日も蒸れない

 ブラジャーをつけていることでストレスに感じることがあるとすれば、それは特に夏に起こるでしょう。

夏はとても熱くて、さらに、日本の夏は蒸しています。

湿気が多く、じめじめして嫌な空気になりますよね。

そんな日にブラジャーを付けているのは大きなストレスにはなりませんか?ブラジャーは着けているだけでストレスですが、そこに熱さまでプラスされると、女性であることが嫌になってしまうこともあるかもしれません。

ですが、ノーブラ生活ではそのようなストレスがないのです。

胸の谷間のあたりに汗もができてしまうというようなこともなくなりますよ。

肌質がキレイになる

 ノーブラで生活をしていると、肌質が綺麗になるということもあるようです。

これもやはり、血行と関係があります。

また、胸の辺りにはリンパも集まっていますから、これが締め付けられた状態だと、身体の中の老廃物がなかなかは遺失されない状態になってしまいますよね。

そこを解放してあげることで、身体の中の老廃物がきちんと排出されていて肌がきれいになるのです。

肌荒れに悩んでいる人は、ブラジャーの所為だということも十分にあるのかもしれませんね。

PMSが緩和する

 PMSに苦しんでいる方は、その症状のひどさの一端を担っているのがブラジャーという可能性もありますね。

ブラジャーは当たり前のことですが、胸のあたりを締め付けることとになります。

この辺りには血管がたくさんありますから、締め付けていることで血流が悪くなってしまうこともあるのです。

特にサイズの合わないものなどをつけているとき、身体にあまり会わないものをつけているときなどは、それが顕著に出てしまうでしょう。

そして、血流が悪くなったことによって体が冷え、生理痛も重くなってしまうのです。

PMSは血流と深い関係がありますから、ブラジャーを取り去って、快適に過ごしているとPMSの症状が緩和するということもあるかもしれませんね。

もし、昼間にPMSの症状が重いということがあれば、ノーブラ生活を試してみるのも良いかもしれません。

ブラジャーばかりが原因というわけではありませんが、それが原因の一つになっている可能性は十分にあります。

呼吸が楽になる

 これは当たり前のように思えることですが、ノーブラ状態で過ごしていると、呼吸が楽に感じる人が多いようですね。

ブラジャーはどうしても自分の胸を締め付ける構造になっています。

胸は肺にも近いところにありますから、ここを締め付けていると呼吸が辛く感じてしまうことが多くなるでしょう。

ブラジャーを取り去った時の呼吸の落差を考えると、ノーブラ生活の心地よさは想像できるのではないでしょうか。

いつでもブラジャーを撮った瞬間の気持ち良さを感じることができているというのは、快適な生活だと思えるでしょう。

もちろん、体に合ったブラジャーをしているときには、それほどこ急の辛さは感じないということもあるでしょう。

最近ではあまり絞めつけないブラジャーも出てきています。

ですが、身体に纏わりついて、多少なりとも締め付けているそれを取り去った生活は、思っているよりもずっと開放感にあふれたものとなりますよ。

深い睡眠が取れる

 深い睡眠がとれるというメリットもあるようですね。

ブラジャーを付けていることで、締め付けられて体調が悪くなってしまうと、なかなか良い睡眠をとることができなくなってしまうものです。

また、昼間にノーブラ状態であった場合には、きちんと胸の形を保つためにも、ナイトブラはは着けるという工夫をする必要が出てきます。

昼にノーブラで過ごして、夜にはブラジャーを付けるということになりますね。

このナイトブラですが、実は良い睡眠のためにはとても良いものとなるのです。

最初はナイトブラをつけていると、何となく違和感があって落ち着かないということもあるでしょう。

ですが、最近のものは締め付けない構造になっていますので、逆に胸に良いことをしているという意識が、不安のない眠りを運んでくれるのではないでしょうか。

また、ブラジャーをつけているという感覚そのものが習慣化してしまえば、「眠るときにはこの感覚」という感覚的なスイッチのようなものになり、すっと眠りに入ることができるようになるかもしれません。

彼氏が喜ぶ

 ノーブラの利点の一つとしては、彼氏が喜ぶということがあるかもしれませんね。

自分の胸のためのメリットではないですが、自分の恋人が喜んでくれるというのは素直に嬉しいという方もいるでしょう。

服の中に手を入れればすぐに胸に触れることができるというのは、男性にとっては魅力的なものです。

ブラジャーは女性にとってはおしゃれの一つかもしれませんが、それを邪魔に感じてしまうときも男性にはある、ということをを考えると、彼氏を喜ばせるためにもノーブラ生活というのが良いかもしれません。

また、ノーブラの状態というのは、胸が大きい人では特に、男性から見ると分かってしまうものです。

ノーブラ状態で過ごしている彼女は、着衣の状態であったとしてもエロく見えるのです。

なかなか彼氏を誘うことができないような人は、ノーブラで過ごしてみることで、彼氏を誘ってみるのも良いでしょう。

ノーブラには様々なメリットがありますが、彼氏がいる人にとっては、関係性を深めるためにも良い方法なのかもしれませんね。

ただし、男性の中には、女性が下着のオシャレをしていることを喜ぶ人もいます。

彼女がノーブラ状態で歩いているのを好きではないと思う人もいるでしょう。

自分の選択に自信がない方は、彼氏に好みを聞いてみるのも良いかもしれません。

️ノーブラ生活の注意点

 ノーブラ生活にはやはり注意も必要です。

ノーブラにはメリットがたくさんあることが分かりましたが、何事にも絶対にデメリットはつきものなのです。

ノーブラ出居ることは楽なことがたくさんあっても、やはり注意点を守っていなければ、自分の胸に悪いことも出てくるでしょう。

ノーブラ生活は楽である分だけ、以下にあるような注意点をきちんと守って過ごすようにしてください。

この注意点を守るのは、ノーブラになれてしまうと面倒くさいものではあります。

ですが、やはりブラジャーにはブラジャーなりのメリットもありますから、下記に挙げるような注意点やデメリットは我慢しなければいけないのかもしれません。

下記に挙げるような注意点とメリットを天秤にかけて、どちらの方が良いかを決めてみても良いでしょう。

運動時はノーブラはNG

 運動時には胸がたくさん揺れてしまいますよね。

これは揺れているときに痛みを感じてしまうことが多くなりますから、あまりお勧めしません。

運動時にはノーブラにはしないで、必ずブラジャーをするようにしましょう。

どうしてもブラジャーをしたくないという方は、スポーツブラのような、つけていても居心地が良いものを探してみると良いでしょう。

運動量が多いと分かっている日にはノーブラなどの冒険はしないようにしてくださいね。

ノーブラに適しているのは一日中座っているときのような動きの少ない日です。

クーパー靭帯が伸びる

 胸の向きを維持するために必要な器官がクーパー靱帯と呼ばれるものです。

綺麗な胸の形を支えるためにはこのクーパー靱帯を大切にする必要があるのです。

ところが、激しい運動時などに胸が大きく揺れてしまうようなことがあると、このクーパー靱帯が伸びてしまうのです。

これが伸びると、綺麗な形のバストに保つことができなくなってしまうので注意が必要です。

クーパー靱帯を大事にするためにも、あまりバストが揺れることがないように、運動時にはしっかりとブラジャーを付けて保護してあげてくださいね。

1度伸びたら戻らない

 クーパー靱帯の怖いところは、一度伸びたりキレたりしたら元に戻ることがないということです。

つまりクーパー靱帯が伸びて胸が垂れてしまった場合には、もう二度と上向きの綺麗な胸に戻すことができないというところでしょう。

そのため、絶対に若いころからクーパー靱帯を伸ばすようなことがないように気を付けていなければいけないのです。

ブラジャーを着けずに生活するメリットはありますが、綺麗な胸を保つためには、胸が膨らんで来たら運動時にはブラジャーで守ってあげる必要がありますね。

つけなさすぎは胸が垂れる

 ブラジャーを着けずに生活することにはメリットがありますが、あまりに付けずに過ごしていると、胸が垂れてしまう原因となります。

着けずにいてもそう簡単に垂れることはありませんが、全く胸を育てることをしていないと、それはそれで胸が垂れてしまうのです。

特に胸のサイズが大きな人の場合には、きちんと胸を矯正しておくことも大切です。

服によってはブラジャーを身に着けるなどして、あまり胸が垂れないように加減を考えることが必要です。

ノーブラは楽ですしメリットもありますが、いつでもしていて良いというわけではありません。

時にはブラジャーの生活に戻って、胸が垂れないような生活を工夫する必要があります。

乳首浮き・乳首透け

 ブラジャーをしているときでも気になるのが、服に透けてしまうことですよね。

ブラジャーをしているときに気になるのはブラジャーの線の透けですが、ノーブラの場合には、気になるのは乳首や乳輪が透けて見えてしまうことです。

これが透けて見えてしまうと、まるで痴女のようになってしまいますから、絶対に透けないような服を選ぶことが大切です。

また、乳首が浮いてしまうこともありますので、あまり体にぴったりくる服を着るのは避けた方が良いでしょう。

薄い布地の場合にも不安が残りますから、ニットなどの厚くて色の濃いものを選ぶと良いかもしれません。

また、中にカップ付きのキャミソールなどを切るのも良いかもしれませんね。

恥ずかしいことにならないように、出かける前には自分の姿をきちんと鏡に映して確認してみて下さい。

胸元から胸が丸見え

 ノーブラの状態では胸元が丸見えになってしまう可能性が高くなります。

胸元を押さえることができませんから、外から見えてしまうかもしれないというのは本当に怖いですよね。

胸元を押さえるような服を着た方が安全かもしれませんね。

また、あまり前かがみにならない方が良いかもしれません。

胸元が見えないように襟ぐりが深い服を選ばないなどの工夫をする必要もあるかもしれませんね。

少なくとも、ノーブラ状態で襟ぐりの深い服を着てしまうと痴女のようになってしまう可能性が高くあります。

あまり恥ずかしいことにならないように、ノーブラをする日は服を選ぶようにしてください。

もしくは、胸元が気にならない服を着るときにノーブラにした方が良いでしょう。

いつでもノーブラが良いというわけではないのです。

乳首が擦れると色素沈着に

 ノーブラ状態では、常に乳首と服が擦れている状態にあります。

歩いて胸が揺れたりすると、さらに強くこすれるでしょう。

乳首はとてもデリケートな器官なので、あまり強くこすれてしまうと、簡単に色素が沈着してしまいます。

乳首などの部分は人に相談するのが難しいですから、一度色素沈着で色がついてしまうと、それをなかなかとることもできずに困ってしまうでしょう。

その点では、ブラジャーをしているとあまり擦れずに済みますから、それほど色がつかずに済むでしょう。

こうしたデリケートな部分はあまり色が濃いと恥ずかしいと感じてしまう人が多いものですから、乳首がこすれない方法を考えた方が良いかもしれませんね。

乳首に痛みが出る

 ノーブラで過ごしていると、乳首に痛みが出てしまうということもあるようですね。

乳首はデリケートな部分ですから、些細な刺激で立ち上がってしまいますし、痛みを感じてしまうことも良くあります。

ブラジャーをしていると胸を支えることができますから、揺れないために乳首がこすれることもないでしょう。

ですが、ノーブラの場合には乳首を保護することができません。

また、ブラジャーで支えることもできませんので、揺れるたびに服がこすれてしまうこともあるでしょう。

服は必ずしも柔らかな素材でできているわけではありませんから、ノーブラ状態では痛みを与えるほどに刺激的になってしまっている可能性も高いでしょう。

胸自体には開放感があって良いかもしれませんが、痛みが出ている状態ではノーブラを続けることはできませんよね。

貧乳に見える

 ノーブラのデメリットとしては貧乳に見えるというものがありますね。

最近のブラジャーはふかふかしたパッドが入っているため、貧乳の人でも胸があるように見えるのです。

ところが、ノーブラではそういった効果がなくなってしまうので、貧乳に見えるというデメリットはあるでしょう。

特に、元から貧乳だという人は、胸がなくなってしまったように感じる人もいるかもしれませんね。

ブラジャーは胸を支えるという役割だけではなく、胸を綺麗魅せると言う効果もあります。

それがなくなってしまったことで貧乳に見えるのが嫌だという人も多いでしょう。

胸が元々ない人にとっては、ブラジャーは胸を作るためには絶対的に必要なのです。

胸の偽装ができなくなってしまうという点では、絶対にブラジャーは外すことができないという女性も少なくないでしょう。

おやすみ時はナイトブラ

 いつでもノーブラ状態では、育乳ができない状態になってしまいます。

常に重力に負けている状態ですから、いつか胸が垂れてしまうでしょう。

また、バストサイズをうまく保つこともできなくなってしまうかもしれません。

そんなときには、しっかりとナイトブラを付けて寝るようにしましょう。

寝ているときなら、慣れてしまえば気にならなくなりますし、胸が横に流れるのを防ぐこともできます。

胸の形を整えることもできるようになりますし、綺麗な形、理想のサイズの胸を作りたいと思っている方なら、昼間に作っているよりもナイトブラを付けている方が楽で効果的なのではないでしょうか。

お休みの時のナイトブラは最初はなかなか慣れないかもしれません。

ですが、慣れてしまえば当たり前のようにつけることができるようになりますから、まずは楽に付けられるものを探して試してみることにしましょう。

️ノーブラは意外とメリットがたくさん!

 いかがでしたか?
 今まではノーブラで外出することが信じられないと思っていた方も、ノーブラのメリットを見ると何となくノーブラ生活をしてみたいと思ってしまうのではないでしょうか。

ノーブラには色々なメリットがあり、それは精神的なものもありますし、肉体的なものもあります。

やはりブラジャーをしていると息苦しいこともありますから、それを取って生活をすることができるというのはとても楽ですよね。

ブラジャーも安いものではありませんし、節約にもなって良いかもしれません。

ただし、何事にも悪い面というのはつき物であり、ノーブラで生活をするのなら、胸が垂れてしまうことや乳首の痛さなどに気を付けなければいけません。

男性の視線が気になってしまうということもあるのではないでしょうか。

また、今までブラジャーを着けることが当たり前だと思っていた人にとって、ノーブラで生活をするというのは、逆にとてもハードルが高いものになります。

ブラジャーを着けていなければ落ち着かないと思ってしまう人もいるでしょう。

ノーブラで過ごすことはとても体に良いと言こともありますが、やはり恥ずかしいという気持ちが前面に出てしまうと、それだけでノーブラのメリットを感じられなくなってしまうということもあります。

自分でメリットとデメリットを比べてみて、もし挑戦できそうならしてみると良いのではないでしょうか。

自分の胸の大きさにも関係があると思いますし、絶対的にノーブラでなければいけないというわけではありません。

ただし、同じように、必ずしもブラジャーを付けなければいけないというわけでもありませんから、メリットがたくさんあるノーブラ生活に切り替えてみるのも良いかもしれませんね。

自分の身体や胸とうまく付き合うことができれば良いですね。