男性に生まれてきてよかったと思う男性は過半数を超えるとアンケートの答えをみると男性は男性という性が結構気にいっていることがわかります。

女性はというと女性に生まれたから男性では味合うことのできない幸せを経験することができるという声も聞こえてきま
す。

男女が対等の社会になったと表向きには言うものの全く同じではないし、相変わらず男性社会が世の中を動かしていることは皆承知しているはずです。

女性の前では格好つける男性、家族を背負って競争社会の中で仕事に向きあう男性、映画の題名ではないですが男は結構つらいはずなのに、大半の男性が生まれ変わっても男性でという、男性自身が幸せを感じるときとはどんな時なのか。

男性が感じる幸せの瞬間を探ってみましょう。

男性が幸せを感じる12個の瞬間

男性が幸せを感じる瞬間の多くの場合はやはり異性である女性との関係が一番多くの場面となります。

自分が好きなタイプの女性と恋人として過ごす時間は生きていて最高に幸せな時であることは間違いありません。

しかし男性には仕事という生きていくためにやらければならないことがあります。

日々仕事に命を掛けて、そして時に失敗して挫折しそこから這い上がって成功を収め経済的にまた名誉的に自分の存在を周囲に知らしめ高めることができるのです。

この仕事で自分の存在を認められることの充実感を男性は絶えず追い求めています。

幸せを感じる最大の瞬間といえるでしょう。

1.仕事で成功した時


男性にとって仕事とは生きがい、なにを差し置いても最優先されるもの、自分そのもの生活のためのものと認識の仕方はまちまちかもしれません。

恋人に「デートの時間も取れないの!」とクレームを受けても「仕事なんだからしょうがないじゃないか」と男性は反論します。

子供の学校の行事があっても仕事で急用があれば、会社に出勤して仕事を優先します。

「仕事なんだから」は男性にとって錦の御旗のような存在になっています。

また仕事を生きがいにしている男性は仕事ができる人になると女性からの見る目が変わってくることを必ず意識しています。

仕事で成功するとはどのような場合を指すのでしょうか。

営業会社であるならば自分の売上予算を達成して評価されること、毎年自分の営業成績を伸ばすことで同期や先輩を追い抜いて会社で昇進しつづけていく。

上席の役職を得てその席から見渡す光景に達成感を覚えない人はいないでしょう。

利益だけではなく、取引先から感謝される人との繋がりが広がっていく時の充実感も仕事での成功の一つでしょう。

さらに自分の作品が世に認められて有名になった時の満足感は個人一人で作り上げる苦悩を経験すれば言葉では表せない感激が生まれるでしょう。

仕事での成功した時の幸福感は男性が日々の生活の中で繰り広げられた生き様の証ということできます。

男性にとって仕事は自分そのもの

会社など組織の中での仕事をもちろん自分の生きがいと思って取り組んでいる男性はたくさんいますが、自分で会社を立ち上げた起業家や芸人や作家など個人が事業主である場合は大組織の中での仕事とは全くちがった意識が存在しています。

24時間365日自分の会社や自分個人の事業を考えない日はないでしょう。

そうしないと成功を見ることはないからです。

会社であれば、自分が仮に失敗してもだれかがフォローしてくれることもあります。

人事異動があれば前の失敗を取り返すチャンスもあります。

でも会社は同じ社員との競争があります。

昇進していけばいくほど上の席数は絞られていきます。

同然だれかが振り落とされることになります。

振り落とされないためには、毎日、毎日の積み重ねが結果ものいうことになります。

だから仕事を忘れることもこともなければ、命をかけてもやり遂げるという男性が存在しているのです。

2.料理を女性に作ってもらった時

男子厨房入るべからずの例えどおり男性は女性に美味しい料理を作ってもらった時は多分女性が女性同士で料理を作りあって食べる時より断然感激しているはずです。

男性でも料理が好きで自分で料理する人、人に振舞う男性が増えていますがそんな男性でも料理の上手下手とは関係なく女性に料理を作ってもらった時の幸福感が格別となります。

一流のシェフや料理人でも家庭では一切料理を作らず、奥さんの手料理を毎日食べているという人が多いという事実が物語っています。

外食するよりも断然嬉しい

生まれた時から全て外食で育った人はいないはずです。

母親や祖母が作ってくれた料理を子供の時は食べて皆育っています。

もちろん高級レストラン、料亭、寿司屋などで食べる贅沢な料理は口福感を味わさせてくれます。

しかし子供の頃に覚えた味覚、食感は一生忘れることはありません。

女性に料理を目の前で作ってもらった時、それは高級食材を使ってなくても、多少味のバランスがずれていても、料理のライブ感と手作りの味わいが絡まって美味しさとその感動は倍増するのです。

女性は好きな男性にはまずは料理を作ってあげることが大切ポイントですね。

自分の好きな料理を作って欲しい

女性に手作り料理を作ってもらったら男性は嬉しさに感激すること間違いなしですが、さらに大事なことは男性の好きな料理を作ってあげることです。

当然といえば当然ですが女性が作ってくれる料理の味を期待してしまう男性ですが、自分の好みのメニューを作ってくれたらなおさら最高な気分です。

彼との何気ない普段の会話で彼の好物をチェックしておくことも大切です。

作る女性はこの料理を今日食べたくないと思っていても男性の好きな料理をあえて作ってみることです。

好きな料理を作るには普段の会話やデートでの食事の時の好き嫌いをチェックしましょう。

細かい話かもしれませんが、カレーライスが好きな彼だとします。

でもカレーにはいろいろなレシピがあります。

野菜のごろっと入ったカレーや野菜が全部溶け込んださらさらカレールーがあり、もちろん甘口や辛口があります。

意外と女性はカレーだったらなんでもいいと自分の家庭のものをそのまま作ってあげたりしますが、もしかしたら彼は女性が作ったカレーと違うタイプのカレーが好きだったりするすることがあります。

男性が好きな料理には男性特有のこだわりが必ずやあります。

そこのところまで気がついて本当に好きな料理をつくることができたら男性は料理の腕前以上に女性に好意を向けることでしょう。

好みの料理であれば多少見てくれや味が少しずれてしまってもきっと喜んでくれることは間違いありません。

3.美味しいものを食べている時

男性の多くは仕事を何より大切して、仕事の成功に快感を求めてます。

が同時に仕事でうまくいった時は自分が好きな美味しいものを食べ幸福感を味わうものです。

高級店で贅沢なメニューをして普段あまり食べることのない料理を味わう時に男性は生きている実感を味わっているのです。

もちろん好きな女性と一緒であればなおさら楽しい時間になるところですが、実は男性は以外に自分ひとりで美味しいもの食べているとき、つまり他の人に制約されないで食べる時に幸せを感じています。

TVの人気番組となった「孤独のグルメ」まさにそれを物語っています。

主人公が好みの店構えを選んで、自分が今食べたいメニューをだれにも束縛されずに好き勝手に食べたい分注文します。

そこまでの状況がすでに美味しいものを食べる充実した時間の大半を決めてしまっていると言っても過言ではありません。

でてくる料理は美味しくないはずがありません。

男性一人めしは正に至福の時間なのであります。

4.趣味を楽しんでいる時


鉄道マニアは少年期に乗り物が大好きで大人になっても鉄道から離れられない。

将棋は強くないけれど将棋を指すのに嫌と思ったことがない。

野球の試合は公園の草野球でもつい見入ってしまう野球好き。

男性には周囲から見るとなぜそんなにのめりこむことができるのかといった趣味を1つや2つ必ず持っているものです。

なんの得も利益もないの時間を費やす男性の志向に女性があきれる場合があります。

男性の趣味には奥深いものがあります。

カメラや鉄道、将棋など趣味の世界に浸っている時間

三度の飯より好きな〇〇をしている時は時間が経つことを忘れてしまう。

それほど男性が持つ趣味は仕事最優先の人でも仕事に劣らず譲れない存在です。

幼少期の男の子はいろいろ人の影響を受けて育ちます。

趣味を持つ切っ掛けもそういった年嵩の人たちがなにか好きなものに熱中している姿を見て影響を受けたり、教えてくれたりして好きな趣味を見つけ出していきます。

従って男性の趣味は幼少期に作られることが多く、大人になるころは既に年季が入っているのです。

思い入れもことさら強いのです。

この好きな趣味に浸っている時間は正に至福の時といっていいのでしょう。

熱中すると集中力が高いので、あまり声をかけないで

好きな趣味に没頭しているときは時が経つことを忘れてしまいます。

たとえば趣味が将棋の人は将棋をしている時は何時間たっても苦にしない人がいます。

もっともプロ将棋は1局が1日かがりで1手指すのに1時間も考えることもあります。

好きでないとできませんよね。

趣味に没頭している時は、ほかのことは何も考えていないし、回りの声が聞こえていません。

だから好きなことに熱中しているときはあなたがどんなに大変なことが起こって声をかけても反応がなりかもしれません。

男性が趣味に熱中する時は一生で一番集中力が高まっているときなのです。

5.ゆっくりお風呂に入っている時

美味しい食事と同様にお風呂にゆったり入っている時間ほど男性が幸せを感じる時はありません。

仕事でエネルギーを使い果たし、ひとりゆっくり湯船に使っている時間はなにも考えずにいられる唯一の時間でしょう。

男性が幸せを感じる瞬間です。

帰宅後のお風呂は至福の時間

女性は長い風呂が好きな人が多いおゆですが、男性はカラスの行水などといって短い時間で風呂に入る人がいるかもしれませんが、家に帰ってからのお風呂は毎日入っていてもその時間は一日の疲れを癒す至福の時間なのです。

自分の好きな湯加減で顔だけだして湯船にすっかり身を沈めていると今日いやなことがあっても気分を変えて見つめ直しリセットすることができるのです。

お風呂好きの男性は休みの日夕方明るい時間に風呂に入ることをこの上ない幸せを感じる人がおります。

いつもは働いている時間だけど、休みの日は明るい時間にお風呂に入る非日常を楽しんでいるようです。

たまに日帰り温泉でも

家庭で毎日入る風呂は一日の疲れを癒す場ですが、外の温泉はまた違った楽しみを味わうことができます。

温泉の広々とした大きな湯船に体全身でつかるともう頭の中は空っぽになり最高の気分に浸ります。

また露天風呂は外気温に触れ、青い空を見上げての温泉につかっていると、時間の経つのを忘れてしまいます。

温泉に入っているときはだれからの拘束をうけることない開放的な空間にいることを男性は好むのです。

さらに温泉はもちろん他の男性も皆裸です。

裃を除いてというわけではありませんが、皆一人の人として自分をさらけだすような場所は温泉以外他にはあまり見つかりません。

日帰り温泉で気分一心、リフレッシュがとても大事な時間となるのです。

6.好きな女性と一緒にいる時

一人何も束縛されずに時間を過ごすことに開放感を味わう男性ですが、女性といる時はまた違った幸せ感を味わいます。

男性は好きな女性と一緒いるときは相手の女性も自分に好意を持ってくれているから楽しい時間になるのです。

好きな女性とは自分の好みが備わっている女性であり、性格も自分が気苦労しないような相性のいい女性といいます。

ですから一緒にいる時になんにも精神的な苦痛がない気持ちが和らぐ時間なのです。

7.自分が女性にモテていると感じた時

「人生には3回モテキがやってくる」というウワサがあるといいます。

異性に急にもてる時期をモテキということですが、男性が女性にモテるといことは男性にとって格別な快適感を味わうことを意味します。

容姿がカッコいい、ハンサムだらか年中もてるということではなく十人並のスタイルの人でもモテる時期には複数の女性から不思議なくらい好意を持たれることがあります。

普段どおりで以前と自分が特別なことをしているわけではなく、でも女性から好意を寄せられるのです。

また好意を持っていた女性にアプローチしたら相手からいい返事が返ってくる状況になります。

それは偶然と人は言うかもしれませんが、実はあなたのことを周囲が見ていて、仕事も前向きに取り組んでいたり、友達や仕事の仲間と誠意を持って接していることがあなたへの好感に繋がり、女性も頼もしい男性と思うことからモテることになるのでしょう。

普段からの姿勢が大事ですね。

8.休みの朝、ゆっくり寝ている時

ウークデイは学生にしてもサラリーマンにしても自営業の人も皆それぞれ忙しい日を送っています。

ゆったりヒマに見える学生でも、授業が終わったらバイトで夜まで忙しく働いたり、次のデートのアイディアを考えたり結構やることが詰まっていますよね。

社会人でしたら尚更ですね。

だから1週間にある1日、2日の休みにゆっくり寝ていられる時間は正に至福の時間と言えるでしょう。

毎朝目覚ましに起こされる憂鬱な時間を味わうことなく朝を過ごすことは得も知られぬ心地よさを感じられずはいられません。

もし毎朝起きる時間に自然と目を覚ましてしまっても、再び眠りにつける二度寝は男性ならずも快感を味わうことでしょう。

9.彼女と一緒に寝ている時

毎日の画一的な仕事や忙しい生活パターンで疲れの溜まった心身を癒しを与ええてくれるのはなんといってもあなたの彼女でしょう。

仕事で嫌なことがあったり、どうしても成果が上がらないむしゃくしゃした時でも、彼女の笑顔に自分への好意、お互いの気持ちが通じていると感じる時、日々の疲れを全て忘れさせてくれます。

さらに彼女とのデートで旅行へ行って、一日中一緒にいるとき、そして彼女と一緒に夜を過ごす。

あなたの傍らでなにも不安のない寝顔の彼女があなたに持たれ寝入っているとき男性には物理的な欲望に満足するのではない、心の満ち足りた気分に浸ることになります。

大切は人を守ることとあなたに寄り添ってくれる女性がいることへの満足感に満たされることでしょう。

10.病気で彼女や奥さんに看病してもらっている時

普段は自分が健康で多少の無理が重なっても大丈夫と思っている世の男性は結構多いはずです。

男は無理を跳ね返してこそ成功すると。

でも人間の生身の体は時に故障してしまうことがあります。

こうなると男性は急に弱気になってしまいます。

熱が下がらず朦朧としているとき、負傷して体の自由が効かないときに女性に看病してもらうとこの上ない安心感に包まれます。

一人暮らしの時の心細さを強烈に覚えているはずです

一人気まま一人暮らし独立した証のように親の束縛から離れて一人暮らしに憧れる男性は多いものです。

そんな自由な暮らしは孤独と背中合わせです。

病気になったときだれも助けてくれる人ないなければ最悪亡くなってしまうことだってあるのです。

そんな一人暮らしの孤独、寂しさを経験している男性は病気になったとき女性から看病されることに特別な感激をもつものです。

特に地方から都会に出てきている一人暮らしの男性にとっては強烈な印象としてその時の女性が心に残ることでしょう。

11.彼女や奥さんがニコニコしながら自分の話を聞いてくれている時

どんなに自分の好みの女性にしても大恋愛の末結婚した奥さんでも自分に対して不満、文句を並べて歪みあう状況では100年の恋も冷めてしまうものです。

一方相手の女性が自分の話を受け入れてくれる、関心をもって聞いてくれる時、それは男性が幸せを感じる確実な場面の一つです。

時に自慢げに知識をひけらかしたり仕事の成果の自慢を語る時、それを笑顔で聞いて受け入れてくれる女性が目の前にいることは男性の心を心底満ちたりたものにしてくれているのです。

12.彼女や奥さんが自分の趣味に付き合ってくれている時

男性が自分の趣味没頭している時男性はこの上のない幸せを感じているが、もちろん一人でできる趣味やマニアックな趣味の場合は一人で過ごすことが心地よいかもしれません。

でもその趣味を彼女や伴侶が理解してくれ、その時間を付き合ってくれたらさらに幸せ度の指数はうなぎのぼりとなるでしょう。

男性は自分の趣味は子供の頃からの自分が好きでやってきたことなので、友人がその趣味を否定しても一切気にせず自分のものとして守ってきたものでなのです。

だからたとえ彼女や奥さんにももともと理解してもらおうとしていません。

もちろん恋人なるきっかけは共通の趣味が高じてなんて話もないわけではありませんが。

でも大方は女性には理解できないと男性が勝手に思い込んで自分の世界が趣味であることが多いでしょう。

従って理解してくれるはずものないと思っている趣味に付き合ってくれた時、また理解を示してくれた時は男性は相手を見直すことでしょう。

仕事で疲れている男性は、いつも幸せを求めている!

今の社会での毎日の仕事は心身ともに疲労の蓄積の連続です。

朝満員電車に1時間も2時間も揺られ、職場についたら仕事の山と格闘し遅くまで残業して夜中に帰宅します。

毎日毎日の仕事は家族を守り、会社を支えているわけですが、一方でその疲れを癒す場面を一瞬でも感じることを男性はいつも求めています。

男性の基本的な特徴とは?

男性は自分の存在を認めてもらいたいということが根本的な特徴であり、全てはここから派生しているとのです。

そして人間社会の異性である女性を好きになり、好きになられたいとの気持ちが動物的な本能として今も息づいていると思えます。

また他の男性との関係ではやはり種(しゅ)を残すという自然の摂理からも他を排除していく、つまり競争に負けない力を持ちたいということがいろいろな行動にでてくるのです。

そしてそれが成就されると幸福を実感することになるのです。

1.自尊心が強い

男性でプライドをもたない人はまずいないでしょう。

子供ころからクラスメートにスポーツ万能で学業優秀なスーパースターがいて、周りも自分も自分より優秀だと口では認めていても、なにを競争しても負けてしまうようなことがあります。

でもそれでも男性のそのスーパースター君より違うものを持っていると心のどこかで思い続けているのです。

ですから男性が一番の憤りを持つ時はやはりこの自尊心を傷つけられた時でしょう。

2.他の男に負けたくない

プライドの強い男性は他の男性には負けたくないのが当然といえば当然です。

仕事で同僚に出世で遅れをとることは許されないことであるし、それだけではなく経済的にもどれだけ成功したかで比較することはもしかしたら女性よりも嫌らしいくらいかもしれません。

でも他の男に負けたくない気持ちを仕事の壁を乗り越える原動力になり、家庭を守っていく強い気持ちになっていくのです。

この行動が社会の発展の一要因になっていることはたしかでしょう。

そして様々なジャンルで歴史的な偉業を達成する男性はその道の才能に恵まれたこともありますが、やはり負けず嫌いであることがそれをやり遂げるための大きな支えであることは間違いないでしょう。

3.綺麗、可愛い女性が大好き

美しい女性を男性のだれもが憧れるものです。

もちろん男性それぞれの好みのタイプは細身であったり、ぽっちゃり型だったり、きつね顔、たぬき顔などなど千差万別であることは間違いありません。

でもそんなタイプはいろいろあっても最終的には綺麗で可愛い女性を自分の恋人であったり伴侶にしたいと思っているのです。

それは自分の恋人が綺麗な女性であることで自尊心を満足させ、他の男性より優位に立っているいう深層心理が働いていることも間違いありません。

男性の女性を選ぶ基準は男性ならでは理由がるのです。

4.こだわりが強い

自分が気に入った物、趣味、嗜好にこだわるのも男性の特徴です。

こだわりといっても車は外車でないと気がすまないとか、マンションではなく一戸建てでないと絶対住まないとか、友人の結婚式には絶対この服装に決めているとかありとかあらゆる場面で人によってこだわりをもっているでしょう。

もちろん女性にも同じようなこだわりをもっていることがたくさんあります。

でも男性の場合のこだわりの強さは時にハンパないぐらいのこだわり方をもっていることがあります。

例えば木造2DKのアパートに住んでいるのに、持っている車はBMVを持ち続けているような不釣り合い極まりないのですが外車でないと収まらない。

男性のこだわりの特徴は多くが理屈や合理性からかけ離れていてもそのこだわりを守っていることではないでしょうか。

冷静に合理的に考えてみればそこは変えてみてもいいような場合でも男性はゆずらないし譲れないことがあります。

ちょっと子供じみているかもしれませんね。

5.頑固

こだわりの強いところと似て非なるものが頑固さでしょう。

これも男性の特徴的なものでしょう。

だって昔から頑固おやじとはいうが頑固おばさんとはいいませんよね。

人の話、意見を聞くけど自分の主張は絶対まげない。

自分がこうと決めたら絶対に譲らない人。

良い方向にでも意地になってやらない人。

良し悪しではなく意固地になっている人。

という言動が頑固の特徴でしょうか。

昔は近所に頑固なおやじ、爺いがいたものです。

そういう人は町内会でなにか決めようとしても自分はその意見に賛成しない。

周りが皆同意しても一人でも反対する頑固者がいたものです。

こうなるともう厄介物扱いにされてしまうようになってしまいます。

でも一方でなにか昔からの伝統を残していきたい、景観を残していきたいといった時に経済性を優先して近代化してしまう時一人頑固者の反対意見が後々になって貴重な伝統を受け継いいってありがたがられることもあります。

一概に頑固さが悪いとは言い切れないところもあるのではないでしょうか。

6.甘えん坊

家庭では子供と同じくらい親父が母親にも奥さんにも日常生活で甘えているとよく聞きます。

大の大人が実は甘えん坊なんですね。

彼女と出会った頃は潔く、正義感があって
それなりにクールで格好よかった男性も結婚して、子供が生まれて実の母と同居している
ケースなどは30代や40代になって甘えの言動がでてくるのです。

奥さんに自分の仕事のつらい時嘆いて理解してもらいたい、悩んでいることを母や奥さんに相談するなど頼ったりしてきます。

一方、毎日仕事でつらいからなのか、一人で過ごす時間を欲しがったりします。

サラリーマンが居酒屋で「今日から1週間家内が実家に帰っていて家に帰っても一人なんだ!」と楽しそうに話をしている場面に遭遇します。

いろいろ細かいことを言われたくない甘えん坊の性格が滲みでてきてますね。

年を重ねてもこの傾向はあまりなくなることはないでしょう。

7.マザコン気質

いうなれば男性はいくつになってもマザコン気質が抜けないということになります。

女性は結婚すればやがて子供ができむしろ子供への愛情が大きく女性の性格を変えていくことになります。

でも男性は会社でバリバリ働く30代から50代の働きざかりになるとむしろマザコン気質が湧き上がってくるのではないでしょうか。

日経新聞の「私の履歴書」という名を残した企業経営者やスポーツ、文化の一流の成功者の自伝を1ケ月に渡り毎日掲載するコラムがありますが、このコラムの編集担当によると、「大体一流の経営者、成功者の自伝では母親への思い、感謝、ふれあいを記事の多くに書く人が多い。親父がでてくることはあってもそれほどページをさくことはすくない」とどこかの記事で書いてました。

何万人の従業員の会社経営者であっても世界でトップの勝負をしてきたアスリートでも母親への思いは人生を振り返ると大きな存在であることがわかります。

有名人でなくてもマザコン気質は男性だれしも持っているものです。

なにかあると母親に相談する、母親の意見にばかり従う、自分の子供たちを母親と仲良くさせるなどなどマザコンの言動は多岐にわたります。

会社入社式に母親が一緒に来るなんていうこともあります。

が男性にとっては母親は小さい時から自分を育て、躾てくれ、社会の生き方の基本を教えてくれる存在なのです。

だから男性は母親からの愛情を忘れることができないのでしょう。

愛情を持った男性は他の人にも同様に愛情を与えることができうる人でもあると思えます。