CoCoSiA(ココシア)

お前って言う男性の12個の心理。不快感を感じた時の対処方法もご紹介!


お前と呼ばれる機会って日常生活の中であまりありませんよね。

だからこそお前呼ばわりしてくる人に出くわすとびっくりするもの。

対等な関係性ではないと思ったり、力を誇示されているような気持ちになって不快感を感じますよね。

お前って言う人は、どのような気持ちでそう呼んでくるのでしょうか。

今回の記事では、お前って言う男性の12個の心理についてご紹介します。

「いちいち指摘するのも疲れたから」と諦めてしまっている人もいるかもしれませんが、お前呼ばわりされると自尊心もどんどん傷ついていくもの。

お前と呼ばれた時の対処方法もご紹介しているので、不快感を感じている方はぜひ参考にしてくださいね。

「お前」と呼ぶ男性に対する、女性の4つのリアクション


あなたの周りには、あなたのことを「お前」と呼ぶ人はいるでしょうか?

おそらく、一人や二人くらいはぶっきらぼうに…いや、乱暴な言い方で女性だけではなく同性に対しても「お前」と発言する方がいるのではないでしょうか。

「お前」という言葉を日頃から使っていて、さらによくかかわりを持つ人たちも「お前」という言葉を使っていると「お前」という言葉を使うことが当たり前になっている可能性があります。

そのため、「お前」と言われたところで何も感じないこともあるんですよね。

しかし、ほとんどの人々は日常的に「お前」という言葉を使いません。

相手の名前を呼ぶか、もしくは「あなた」と呼んだり、「ねえ」と声をかけるでしょう。

つまり、「お前」と相手のことを呼ぶのは一般的に考えるとあまりよくないことであり、誰もが不快感を感じやすいものです。

そんな一般的な意見をふまえたところで、「お前」と呼ばれたことのある女性たちはそのことに対してどのような気持ちを感じたことがあるのか気になりますよね。

ここでは、まず女性たちが「お前」と呼ばれることに対してどのような気持ちを抱いているのかをお伝えします。

キュンキュンするタイプ

「お前」と男性に呼ばれることによって、胸がキュンキュンしてしまう方もいます。

このように感じる人の多くは、たいてい受け身体質であることが多いです。

もっというとMっ気(いじめられたり、言葉で囃し立てられるのが好き)であるものです。

そのため、日常的に「お前」と呼んでくれる人がいない中において「お前」と呼んでくれる相手には特別視で見てしまうんですよね。

信頼関係を築けていないものの「お前」と呼ばれることで、まるで自分や人生そのものを引っ張って行ってくれるタイプなのではないかと感じてしまうのです。

それはいわゆる錯覚ですが、そのために「お前」とたった一言言われるだけで相手の男性に恋に落ちてしまうこともあります。

特になにも感じないタイプ

「お前」という言葉は日常的に使う言葉ではないとお伝えしました。

しかし、この世界の中には一般的に…日常的に毎日「お前」という言葉を使っている方々もいます。

そのような人たちが周りにいる中で成長したり、そのような言葉を使う仲間としか出会わない場合には相手を「お前」と呼ぶのが当たり前だと思っているケースもあります。

つまり、「お前」と呼ぶのも呼ばれるのもいつものことで慣れているので、お前と呼ばれたとしても一切何も反応することがないんです。

それに他の人たちが「お前」と呼ばれたことによって「ひどい呼ばれ方をした!」と被害者になっているのを見ても、同情する気すら起きません。

彼らにとって「お前」と呼ばれることや呼ぶことは当たり前になっています。

自分も「お前」で返すタイプ

「お前」という言葉を使う機会もないし、誰かにそのようなあだ名で呼ばれることもない…そんな中で「お前」と呼ばれることで相手に反発心を抱いてしまう人もいます「お前」という言葉は、相手が自分を見下していると判断するからです。

そのため、相手よりも下の立場になってやるもんかという気持ちで、自分も相手のことを「お前」と呼び返す人もいます。

つまり、「お前は何してたの?」と相手に質問されたのであれば、「〇〇だよ。お前はどうなの?」といったイメージです。

相手のことを見下して「お前」と使っている人に対して、「お前」と使うことで対立しているんですね。