CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

泣く女は正直うざい?男の5個の本音とすぐ泣く女の心理


彼氏と喧嘩してすぐに泣く女って、いつの時代も絶えないものですよね。

彼女を泣かしてしまうと、たとえ男性側が正しいとしても、なぜか自分が悪いような気がしてくるのではないでしょうか?

そんな泣く女の心理を理解できるのであればしたいものですよね。

この記事では、泣く女に対しての男の本音とすぐ泣く女の心理をご紹介します。

さらに、男性が取るべき態度、対処法もお伝えします。

これで、すぐ泣く彼女とも上手くやっていけるかもしれませんよ。

涙は女の武器って言うけど…


涙は女の武器、それは誰が言い始めた言葉なのでしょうか。

当たり前かのように言われていることですが、果たしてそれは本当にそうなのでしょうか?

涙は女の武器というのは、本来「女が涙を見せれば、男性が精神的に負担や罪悪感を感じて、泣いた女性優位に物事が動く」ことを、武器と例えて言われてきたのでしょう。

では、女性が目の前で泣いた時、多くの男性はどのようなことを心に思うのでしょうか。

代表的な5つをご紹介いたします。

泣く女に対しての男の5個の本音


男の前で泣く女性は、きっと泣くことで相手の男性を思い通りに動かせる、自分の言うことを聞いてくれると思っているのでしょう。

中には、泣きたくないけど、思わず涙がこぼれてしまったなんて人もいるかと思います。

しかし、毎回喧嘩で泣く女性や、都合の悪いことを言われるとすぐに泣く女性、そんな人達は、きっとそうすることで物事が自分優位に動くことを知っているのです。

しかし、単純に見える男性だって、何も考えずに泣く彼女の言いなりになっているわけではありません。

心の中では色んなことを考えているんですよ。

1.嘘泣きかなと思う


目の前で女性が泣き出した時、嘘泣きなんじゃ、、?と思う男性はかなり多いようです。

特に、いつもすぐ泣く女性や、普段からあざとさが目に見える女性に対してそう思うようです。

普段は滅多に泣かない女性、いつもはっきりものを言ったり、回りくどいことをしないような女性が泣き出せば、「嘘泣きじゃないのか」なんて思う男性は少ないでしょう。

しかし、普段からどこか男性に媚びている印象があったり、裏でグループを仕切っているような計算高い女性に対しては、この涙も計算してのものではないのかと疑ってしまうようです。

普段からそういう風に見えてしまう女性は、ほぼ確実にそういう人間です。

女子の本性には意外にもかなり敏感なのが男性という生き物です。

そんな女子は、たとえ本気で泣いているとしても、嘘泣きだと疑われても仕方ないのかもしれません。

普段からの行いや振る舞いを見直して、信じてもらえるような女性を目指しましょう。

2.大人なんだから


人前でよく泣く女性を見ると、男性は「大人なんだからやめてくれよ、、」というマイナスな感情を抱くようです。

泣くという行為は、小さい頃に誰しもが良くする行為ですが、大人になるにつれて泣かないようになるのが普通なのです。

すぐに泣く女性は、男性から見ると「自分が嫌だと思っていることや、気にいらないということを、言葉ではなく泣くことでしか伝えられない子どもな人間」という風に解釈するようですね。

赤ちゃんの頃は泣くのが仕事ですし、小学生ぐらいまでなら泣いている人がいてもそこまで珍しい光景ではありませんよね。

そして、大きくなるにつれて自分のかんじょうをコントロールする理性が発達して、滅多に人前で泣かなくなるのです。

しかし、そんな成長が見られない泣き虫女子は、はっきり言って男性からすれば痛い人という印象しかないのです。

泣く前にしっかり自分の意見を言うということができない幼稚な人、と思われてしまうのです。

冷たいようですが、ほとんどの人は人前で泣くことに抵抗があるというのも事実です。

幼稚に見られないように、泣かない努力をするのも必要なのかもしれません。

3.泣いて済むことじゃない


泣いて物事が解決すると思っている女性もなかなか多いのが現実です。

でも男性からすれば、泣いても何も変わらないと思っていますし、「泣いて済むことじゃないのに、、」とイライラしているのです。

彼氏と喧嘩した時や、自分のミスを注意された時、すぐに泣く女性っていますよね。

本当に悲しくて泣いている人もいるでしょうが、その心の奥には「泣いているんだから許してよ」という気持ちが見え隠れしています。

そしてそれを男性は見逃しません。

さらに、泣いているとなぜか周りの女性からも男性側が悪いようなことを言われて、「泣いてるじゃん!」なんて責められてしまいます。

そうなると、男性が不憫でなりません。

その男性は、もうその女性と関わりたくないとすら思ってしまうことでしょう。

泣いて済むことではないと女性がわかっていても、泣いてしまっては男性にイライラされてしまいます。

自分の立場悪くしないためにも、何か注意された時などは、涙をぐっと堪えて自分の意見をちゃんと言うようにしましょう。

4.問題解決ができない


泣くということは、その前になんらかの問題があって泣くことになってしまったのでしょう。

ページトップ