あなたは、「乙女」と聞いて何を思い浮かべますか?

星座のおとめ座、ロマンチックな雰囲気の女性、年齢を重ねてもいつまでも少女のように若々しい気持ちでいる人、男性なのに女性のように可愛らしい雰囲気を持った人を「乙女のようなメンズ」ということで「オトメン」と呼ぶこともありますよね。

しかし、実際のところ「乙女な人」ってどいういう人のことを言うのでしょうか?

乙女な方の特徴はどんなものがあるのでしょう?

今回はそんな素朴な疑問を元に、「乙女な人の13個の特徴」について、ちょっと研究してみたいなと思います。

あなたの周りには「乙女なひと」はいますか?

また、あなた自身は「乙女」に憧れていませんか?

乙女な人に当てはまる、13個の乙女あるあるをみていきましょう。

乙女な人ってどんな人?

そもそも、乙女な人ってどんな人のことを言うのでしょうか?

イメージ的には「愛らしい」とか「可愛らしい」「メルヘンチック」というようなイメージが適切ですよね。

その言葉のイメージから、「とちおとめ」(イチゴの品種)や、「乙女ごころ」(お米の名前)、「乙女餅」(宝塚市の銘菓)など、人に対してだけでなく、商品名に用いられていることでも何となくイメージがわかりますよね。

また、乙女に対しては「よく妄想している」というイメージも無いでしょうか?妄想というと語弊があるかもしれませんね。

空想と言った方が良いかもしれません。

乙女は常に空想して夢を見ているという印象があります。

このように、どこか浮世離れしたような、お嬢様、純粋な女の子というような、純真無垢な若い女性に対して「乙女」と思う傾向があります。

乙女とは?

乙女の語源ですが、「乙」というのは昔は「復つ」と記載して「おつ」と読み、「若い」という意味がありました。

しかしこの場合は、実は若い男性を意味していました。

乙という漢字が使われ出したのは後の話なのです。

つまり、「乙(若い)女(女性)」として使用されるようになったのですね。

また、有名な日本文学「源氏物語」の第21巻のタイトル名として「おとめ」というのが使用されています。

源氏物語の主人公、光源氏の息子、夕霧の元服や、夕霧と夕霧の恋人である雲井の雁との恋の行方、光源氏の居住であった六条院新築の様子などが描かれている巻となっています。

辞書的な意味

「乙女」は、辞書で調べるとどういう意味として紹介されているのでしょうか?

goo辞書によりますと、「年の若い女。また、未婚の女性。むすめ。しょうじょ。処女。」とあります。

また乙女にはもうひとつ意味があり、「五節の舞姫」を示す場合もあるとのことです。

ようするに、若い未婚の女性であり本来の意味は未だ性の経験がない女性のことを意味するようですね。

性の未経験女性のことを、「処女」と言いますが、「処女」とかいて「おとめ」と読む場合もあります。

もうひとつの五節の舞姫ですが、これは「五節の舞をまう舞姫」のことを指します。

公卿・国司の子女の中から、新嘗祭では四人、大嘗祭では五人の未婚の少女に踊らせたことから、これも広い意味では前者の乙女の意味と同等に取れますよね。

乙女な人の特徴13選

それでは、ここで、乙女な人の特徴を13個挙げて見ることにしましょう。

これを知ることで、乙女の生態というか、乙女ってどんな人なのかを把握することができますし、人間関係に役立てることができるのではないでしょうか?

「乙女ってどんな人なのか?」ということを、特に知っておくべき事柄では無いかもしれませんが、ここにたどり着いた方は、乙女ってどんな女性を指すのだろう?と疑問を抱かれたからだと思います。

どんなことでも自分の疑問を解決するのは素晴らしいことですよね。

では、今からさっそく、「13の乙女の秘密」を紐解いていくことにいたしましょう。

照れ屋さん


乙女な人は、基本的には照れ屋ではにかみ屋です。

乙女という言葉に対してあまり「でしゃばり」とか「目立つ」というようなことは想像できませんよね?乙女な方は、基本的には空想好きで一人で自分の世界に浸ることが好きな方が多いので、いつも夢見がちです。

また、恋に恋するタイプも多く、男性経験もさほど豊富でないため異性から声をかけられたりすると、照れてしまいます。

顔を真っ赤にしてうつむいて・・・というシュチュエーションが考えられますが、そこもまた乙女な方の特徴でもありますね。

このような行動が、男性の中には「可愛らしい」「清楚である」と思い、ついつい守ってあげたくなるタイプと認識し、本人はさほど恋愛経験は無いまでも、実は持てるタイプかもしれませんね。

意外とツンデレ

乙女な方は、意外とツンデレな部分があります。

ところで、ツンデレってご存知ですか?

ツンデレとは、「普段はツンとした態度を取っているくせに、好きな人と二人きりになるととたんにデレデレ甘える」というような、天の邪鬼のような感じの人のことを言います。

この言葉は、もともとはゲーム用語でした。

それを一般の人も使うようになりましたが、言葉ができたのが2002年くらいですから、まだ新しい用語です。

好きな人と二人きりになると誰しも自分が自分で無くなってしまう部分はあるのではないでしょうか?

乙女な方には、あまりツンデレなイメージは無いかもしれませんが、好きな人の前とそうでない人の前でそんなにも態度が変わるのでしたら、そういう意味ではとてもわかりやすい性格であると言えるでしょう。

【ツンデレの特徴は、こちらの記事もチェック!】

一途

乙女な方には、一途な性格の人が多いです。

浮気者の乙女さんというのはピンと来ませんよね。

一途な人って結構がまん強い方が多いのです。

どんなことがあっても、この人と決めた人を思い続けるわけですから。

ですので、たまに恋愛においては相手から「重い」と思われることもあるでしょう。

しかし、一途というのは、乙女な方の良いところでもあります。

男性は女性から一途に愛されたら悪い気はしませんよね?確かにあまりにも激しい愛情だとちょっと・・・と思うこともあるでしょう。

一途な性格と言うのは、言いかえれば真面目なのです。

乙女な方は、恋愛においてだけでなく何に対しても愛情を持って真面目に誠実に接して行く。

そんな感情があるのではないでしょうか?

オシャレさん

乙女スタイルと言うのは独特ではありますが、いわゆる乙女ちっくな服装をよくされています。

これは実はとても着こなしが難しいのです。

女性だからと言って全員に似合うわけではありません。

乙女な方はこの独特のスタイルを維持するために、日々おしゃれ研究に余念がありません。

乙女な方は、着るものだけでなく持っている小物などにも気を使いますし、自宅にある家具や家の雰囲気にもとてもこだわって過ごしています。

自分の好きなものに囲まれている時、乙女な方はとても幸せな気持ちになります。

また、何事にも楽しむ姿勢もありますので、おしゃれも思いっきり楽しむというスタンスがあるのでしょう。

可愛く愛らしいオシャレは、乙女の得意技なんです。

恋愛体質


乙女な方は、もともとが恋愛体質。

それは男性に対してだけでなく、物や動物に対しても「恋愛感情」に似たものを抱いていることがあります。

つまりは「愛」なのですが、自分がこれと思ったものに対して愛情を抱く、という傾向があります。

ですので、常に何に対しても恋愛しているのかもしれません。

恋愛体質によって、自分のテンションもアップしますし、常にドキドキしていられます。

気持ちに刺激を与えると言うことは、ずっと若々しくいられるということですし、彼女の周りはなんだかピンク色のオーラが見えるような気持ちになります。

恋愛体質と一言で言っても、辛い恋愛を常に経験している人は乙女とは言いません。

乙女は、いつも幸せな恋愛を続けているのです。

恋に恋をすることも

乙女な方は、恋に恋していることに気が付くことがよくあります。

つまり、特定の男性に対して恋愛感情を抱いていて、「この人と一緒にいたい」「この人と恋愛したい」と思っていても、いざカップルになると、「ちょっとイメージが違う」「こんな人だと思わなかった」と興ざめしてしまうケースです。

これは、乙女あるあるで、乙女さんが恋愛する時のよくある傾向から言えることです。

誰しも人が人を好きになった時に、その人の悪いところは見ないようにする、見ても自分自身で相手の悪いところを言い訳してかばうということがあると思います。

例えば、相手が極度のマザコンであるのに、「母親を大切にするなんて、なんて優しいんだろう」と都合よく変換してしまうということです。

乙女な方は、一般の方よりもこの傾向がつよく、相手の男性に対して自分の理想でまず着飾らせてしまうのです。

それで、実際に付き合うことになれば当然その衣装は乙女さんが着せたものですので、相手の男性はその衣装が合わなければ脱いでいき、乙女の理想を剥がして行ってしまいます。

ここで、乙女さんは「私はこの人を好きになったのではなく、【恋愛】をしたかっただけなのかもしれないと気づくのです。

少女漫画好き

乙女な方は、二次元の世界が大好き。

自分の空想にひたったり、自由にものを考えるのが好きだからです。

また空想の世界では、どんな場所にも行けますしどんな時代にタイムスリップすることも可能です。

また、漫画家自体が乙女体質であることが多く、自分の空想を漫画で表現するのですから、これはもうぴったりの職業であると言えるでしょう。

漫画は小説と違って絵が脳にダイレクトに入って来るので、空想に繋がりやすいです。

乙女な方は、少女マンガに出てくる素敵な男性に「こんな人と恋愛したい」「こんな人がいればいいのにな」と日々空想を楽しんでいます。

もちろん現実的にはそんな人はいないのですが、これが乙女の楽しみ方なんですね。

恋愛ドラマや映画が好き

少女マンガが好きという点でも言えるように、乙女な方は映画やドラマも大好きです。

とりわけ恋愛をテーマにした甘く切ない世界は、乙女の方の描く理想の世界感であることが多く夢中になります。

ドラマや映画は、実際に俳優さんが演じますので、よりリアルに感じることができ、乙女の方も錯覚を味わうという楽しみも増えます。

「乙女」という言葉の前に、よく使われる「恋する」という言葉。

「恋する乙女」なんて使い方をよくされますよね。

このように、乙女にとって恋をすることは、大げさに言えば生きて行く上で欠かせないことなのです。

少女マンガを見る時もそうなのですが、恋愛ドラマや映画を見る時も、乙女さんは主人公の女性に自分を当てはめて観るのが好きです。

まるで疑似恋愛をするような感じです。

こういう楽しみ方もありですよね!

イケメン好き

乙女さんは、イケメン好きです。

もちろん好みは人それぞれですので、あくまでも乙女な方にとってイケメンかどうかということになりますが、だいたい世の中で言われている「イケメンランキング」上位の方が多いでしょうか?

好みのタイプがイケメンということですね。

乙女な方は、漫画や小説、テレビドラマ・映画などいわゆる2次元の世界感で生きていることに至福を感じています。

ですので、好きになる男性もまずは顔をみて好みかどうかを判断し、恋愛が始まります。

ようするに一目ぼれしやすいということですよね。

ただし、イケメンでも性格が問題ある人も多いので、2次元の世界に浸っている乙女にしてみれば、「あれ?思っていたのと違う」というようになるのかもしれません。

理想がいつも高い

乙女はとにかく理想が高いです。

それは、自分の理想が少女漫画や映画・ドラマなど男性として完璧な男性が、理想になってしまっているからです。

現実を見据えている女性は、漫画は漫画、映画は映画というように、楽しみ方をわけています。

しかし、乙女な女性は空想と現実を混同している場合があります。

例えば好きになった人が自分の好きな俳優さんに似ていたという場合、その男性に対して自分の理想をかぶせてしまうのです。

いわば理想の押し付けですね。

理想が高いのは構わないのですが、自分にぴったりの男性を見つけるのはなかなか難しいのかもしれません。

いつまでも「乙女」でいるわけにもいかないですし、難しいところですね。

事前にデートプランを立ててる

乙女な方は、誰か好きな人ができたらここに行ってみたいとか、一緒にこれを食べたいというような計画を密かに立てています。

ですので、誰か特定の人、お目当ての人がいなくても「もし恋人ができたら」と言う空想の元、デートプランを立てています。

乙女さんにとっては、これも楽しいことのひとつ。

趣味と言ってもいいでしょう。

恋愛は往々にして片思い期間が一番幸せであると言いますよね。

乙女さんもそれをわかっている部分はあるので、片思い期間、恋人探し期間をとっても大切に過ごしているのです。

実際に恋人ができたら、自分が立てていたデートプランは叶わないかもしれませんし、そこにいきつくまでに破局なんてこともよくある話なので、プランがおじゃんになることもあります。

なかなか好きな人ができない

乙女さんは理想が高いというお話しをしました。

また空想好きであることもお伝えしましたが、それゆえになかなか「この人」と言う人が現れないのが現状です。

この人良いなと思う人がいても、なかなか声をかけられなかったり、想うだけで終わってしまうということもあります。

ですので、なかなか好きな人ができないというよりは、恋人ができないと言った方が正解でしょうか。

夢見る夢子さんなので、いつか王子様が迎えに来てくれると思っているところがあり、自分から積極的に出会いを求めにいくようなことはあまりしません。

映画やドラマのようにある日さっそうと理想の男性が、自分の前に舞い降りるということをどこかで期待して待っているからかもしれませんね。

料理上手

乙女な方は、家事全般が得意です。

料理も結構上手な人が多いんですよ。

しかも、味付けだけでなく見た目にもこだわります。

お弁当のふたをあけて歓声があがるなんてこともしばしば。

きっと恋人になったら男性が喜ぶお弁当を作ってくれることでしょう。

料理上手でもありますし、料理がお好きなのでいつもどんなものを作ろうか考えています。

休日は料理の研究をしたり、自分がなっとくのいく料理ができあがるまで熱心に勉強したりもします。

乙女な方は一途というお話もしましたが、何に対しても一途なんでしょう。

乙女さんが作るお料理は、乙女ちっくな華やかな色合いで、目でも口でも楽しめるような料理を作られる方が多いです。

乙女な行動を知ろう!

では、乙女な方は日頃どういう行動をしているのでしょうか?興味ありませんか?乙女な女性は、自分像というものもプロデュースしています。

どういう自分でありたいか、どういう自分であるべきかを考えた時に「乙女」というキーワードが出てくるのです。

中には、自分は乙女ではない。

乙女ちっくなことは嫌いであると言う人もいるでしょう。

カッコいい女性に憧れている女性は、間違っても乙女になりたいとは思いませんよね。

いろいろな形があって良いと思いますし、どういう女性になりたいか思い描くのは自由です。

ここでは、乙女ってどういう行動をとっているのかを知ることで、乙女な人との人間関係の築き方がわからない、どういう意味でこういう行動を取るのかわからないという人のための参考になればいいと思っています。

デート前はワクワクして寝れない

誰でもそうでしょうけれど、乙女の方は特にデート前はワクワクして眠れないという特徴があります。

結局一睡もできなくて徹夜してしまったなんて人もいるでしょう。

でも、乙女な方はそういう自分も決して嫌いではありません(笑)

デート前のわくわく感や、ドキドキ感は乙女な方にとっては何よりのご褒美でもあり、楽しみです。

もしかしたら実際のデートよりも、このワクワク感の方が大切な時間かもしれません。

デートの前日は、布団に入っても何度も起きあがって着て行く服をチェックしたり、小物をチェックしたりと余念がありません。

こういう準備が乙女にとってはたまらなく嬉しい瞬間なのでしょうね。

準備万端なはずなのに、いつまでたってもなかなか納得できない。

そんな感じなのではないでしょうか?

キスする時はいつもドキドキする

キスするとき、ドキドキしないのならそれはもう恋愛ではありませんよね。

ここでいう「キスする前のドキドキ」は、乙女はいつも新鮮な気持ちで恋愛を楽しめるという事例です。

恋人と会うときは、ずっと長く付き合っていたとしても最初の気持ちを忘れずにいれるということですね。

これは乙女の方が恋愛に対して一途であること、恋愛自体を楽しみたいと思っていることの表れです。

乙女な方は、恋愛体質ではありますが一方で恋愛上手というわけではありません。

そのあたりが矛盾しているかもしれませんが、恋愛経験が豊富というわけではないのです。

ですので、乙女の方にとっては手を繋ぐことすら毎回ドキドキです。

それなのにキスのシーンになろうものなら、もうドキドキで心臓が爆発しそう!と思っているのです。

いつでも彼に甘えたい

乙女の方は、基本的には甘えたさんです。

また、女性は甘やかせてもらうものであるという持論もありますので、男性を甘やかせるという意識はあまりありません。

かといって、したたかな甘え上手という意味ではなく、上手に甘えることができます。

本当は甘えたでなく、自分で何でもできるのに男性の前でだけ甘える人っていますよね。

でも、乙女な方は男性の前だけでなく、ベースが甘えん坊な方が多いので、特に自分をつくることなく好きな人の前でも自然体でいることができます。

作り笑いや、作り甘えはどうしてもボロがでてしまいますし、本人も取りつくろうことに疲れてしまいますが、乙女の方は恋愛の駆け引きが苦手なので自分を偽ることはありません。

頭の中が彼でいっぱい

乙女の人は好きな人ができて、その人がめでたく自分の恋人になったら、その瞬間から寝ても覚めても頭の中は彼のことでいっぱいになります。

たいていの恋愛はそうかもしれませんが、だんだんと気持ちも落ち着いてくるのが普通です。

でも、乙女さんは、彼のことを好きでいる間はずっと好きが持続します。

自分のことよりも彼のことを考えることが幸せなのです。

また、一人でいるときには彼に会いたい気持ちが募って涙してしまうこともあります。

まさに少女漫画の世界ではないですか!

こんなに愛されているなんて相手の男性はとっても幸せなのではないかな?と思いますが、考えようによっては「重い」と思われてしまうかもしれませんね。

別れ際はいつも寂しい

少女漫画などのシーンで、彼とのデートが終わって帰宅し、別れ際に「離れたくない」なんて言いながら目に涙を浮かべて彼の洋服の裾をぎゅっとつかむ・・・などというのが、定番になっていると思いますが、乙女の方の頭の中はまさにそんな感じなのです。

実際に少女漫画のシーンのようにするわけではないのですが、別れ際はまたすぐに会えるのがわかっていても、とてつもなく寂しいのです。

これが恋愛に対して慣れているとか、軽いお付き合いができる女性であれば、そこまでの気持ちになることはないでしょう。

しかし、乙女な方は違います。

ほんの数時間わかれているだけでも耐えがたい寂しさにさいなまれてしまうことになるのです。

彼氏のためになにかに一生懸命になる

乙女な方は、一途ですから常に彼のために何かできることは無いかと考えています。

あまりに一生懸命になるあまり、相手の彼から鬱陶しがられたり、会うのを控えようなんて言われてしまうこともありますが、乙女な方にはそのあたりの限度というか加減がわかりません。

また、彼からちょっと頼まれたことについては徹底的に調べて役に立てるように頑張ってしまいますし、最悪の場合はお金を工面したりもします。

周りの意見は無視して「自分がやりたいからやっているだけ」と、そんな自分に酔っていることも確かにあります。

そんな乙女な彼女を騙す彼もいますので、注意が必要です。

もしあなたの周りに恋に盲目になっている乙女な方がいらっしゃったら是非話しを聞いて止めてあげて下さいね。

彼氏からの連絡を待っている

乙女な女性は、自分から彼に連絡をすることはあまりありません。

ですので、常に彼氏の方から連絡があるのを待っています。

今は、スマホや携帯がありますので、昔と違って気軽に連絡が取れる時代にはなりましたが、それでも自分から連絡を取ることはしません。

もしかすると、女性の方から誘うなんてはしたないと思っている、昔の考えな乙女さんもいるかもしれませんね。

男性側からすれば、彼女から連絡してくれればそれは嬉しいですし、自分からだけしか連絡をしないと、もしかして嫌われているのかな?と思ってしまうこともあります。

でも、基本的に乙女な女性は何に対しても「受け身」です。

ですので、自分から連絡したりしないで、いつまでも待っているというところに美学を感じているのかもしれません。

趣味など彼好みに合わせる

あなた色に染まりたいというのではないですが、彼氏一筋な乙女さんたちは、彼の好みに趣味などを合わせようとします。

一緒に楽しめますし会話も弾むからです。

例えば聞いたことが無い音楽なのに、彼がその人のファンだというのがわかれば興味が無くても聞いて話しを合わせようとします。

他には、乙女の趣味からはほどとおい、釣りなどについて行ったり、野球も興味がなくても彼氏が興味があれば一緒に観戦したりと、それはそれはもう献身的に彼氏に尽くします。

もちろん自分の趣味もおろそかにすることはありませんが、彼氏の趣味のお付き合いを優先します。

ですので、彼氏と別れた時に厄介なのです。

もともと全く興味が無かったことにお金をかけてしまったのですから、その場合はなんとも切ない結末になりますよね。

恥ずかしくてなかなか下の名前で呼べない

乙女な方は、彼氏に対してなかなか下の名前で呼べないというぴゅあな一面があります。

でも、彼氏にしてみれば、下の名前で呼んでもらった方が特別感があって嬉しいですよね。

特に男女の関係に無い友達同士でも、普通に名前で呼び合ったりする人はいますが、乙女はそうはいきません。

しかし、これもまたなんとも新鮮で良いのではないでしょうか?

彼氏の方も、なかなか下の名前で呼んでくれなかったのに、ある日突然呼ぶようになってくれたら、喜びは倍増しますよね♪

乙女な方が男性に対して、いくら好きであっても恋人であっても、気軽に下の名前を呼ぶことは大冒険なのです。

このあたりの乙女な気持ちをどうぞわかってあげていただきたいと思います。

決して敬遠しているから、本当は好きじゃないというようなことではありません。

彼以外の他の人なんてどうでもいい

これはちょっと大げさかもしれませんが、特に男性については彼氏以外は興味がありません。

というより、興味を持ってはいけないと思っています。

乙女な方は浮気は絶対にしません。

もし彼氏以外に好きな人ができれば、それは浮気じゃなく本気です。

ですので、好きになった彼氏に対して、他の男性と話すと彼氏が気を悪くしてしまうとか、自分で自分が許せないというように、貞操を立てているようなところがあるのです。

このことから、彼氏が他の女性と仲良くしていると怒りはしませんが、物凄く悲しみます。

自分に魅力がないのだろうか?とか、彼氏に対して何か不手際があったのかもしれないと真剣に悩みます。

乙女な方とお付き合いするにはそれなりの覚悟が必要なのです。

彼優先になる

乙女な方は、とにかく彼氏ができると彼氏優先になります。

自分のことはもちろんですが、何よりも彼氏のことに対して一番にしなければ自分の気がおさまりません。

自分のことよりも彼氏優先である自分が好きなのです。

女性はこうあるべきという乙女概念のようなものがあるのかもしれませんね。

ところが、彼氏にしてみればそれはちょっと重荷になって来るケースが多いです。

自分のことを優先してくれるのはとてもありがたいけど、かといって自分は彼女優先にはできないこともある。

乙女な方は、見返りを期待することはありませんが、される方はフィフティーフィフティーな関係を望みますよね。

ですので、あまりにも自分優先にする彼女に対しては、だんだんと距離を置こうとしてしまうのです。

恋する乙女になっていませんか?(まとめ)

いかがでしたでしょうか?

お読みいただいて周りに「乙女」はいると感じましたか?

それとも、ご自身が実は乙女さんだったとか?

女性が乙女心を抱くのは決して悪いことではありません。

いつまでも可愛らしく清楚でありたいという希望を持って日々生活することはとても良いことだと思います。

しかし、現実を見ないで恋する乙女になりすぎてしまっていて、自分を見失ってはいけません。

自分自身をしっかりと見据えて、素敵な恋愛を楽しんで下さいね!