優雅な人ってどこか美しい印象を与えるし、それだけで華やかなイメージを感じることがありますよね。

それに比べて自分はガサツで、なんだかいやなぁ・・・なんて気持ちを感じたことがあるのではないでしょうか?

もしも、少しでもあなたが”優雅な人”になりたいと思うのであれば、ぜひとも優雅な人のマネをしてほしいんです。

この記事では、優雅な人についての特徴をご紹介しています。

また、優雅な人になるために今日からできるアドバイスもしていますので、きっとあなたも優雅な人になれることでしょう。

いつもガサツで落ち着きのないといわれているあなたが優雅になれば、周囲の人たちの目線が変わることは間違いありません。

だって、優雅な人ってそれだけでその場の雰囲気をよくしてくれるのですから♪

この記事を読めばあなたも優雅な人に一歩近づくことができちゃいますよ♪

優雅な人ってどんな人?

あなたは”優雅な人”ときいて、どんな人を思い浮かべますか?

なかには、落ち着いていてどこか華やかな印象がある、お金持ちだ、とか思い浮かべるかもしれないですね。

たしかに優雅な人には華やかな人が多いです。

それに”ユウガ”という響きからも、どこか洗練されているような、美しい、華やかな印象を感じることができるのではないでしょうか?

ここでは、優雅な人とはいったいどんな人のことをいうのかをご紹介します。

読んでいるうちにきっと”これこれ!”と感じられるはず。

また、今のあなたの雰囲気とはかけ離れていてもまったく問題ないですよ。

だって、あなたは今からでもいくらでも変わることができるんですから。

優雅な人は雰囲気がある?


優雅な人ってどこか雰囲気があるんですよね~!

雰囲気とは、「コレ!」といって表現するのは難しいのですがなぜかその人の周りだけは空気がまったりしていて、それでいて身のこなし方も美しくて、話し方もきれいで。

おまけに身だしなみまで美しく、華やかにしている人が多いんですよね。

あなたの周囲には、優雅な人だなぁと思う人はいますか?

男性であれば、よりダンディにみえますし、女性であればとても落ち着いているきれいな印象を与えているはず。

そんな優雅な人ですが、どんな雰囲気があるのでしょか?

ちゃちゃっと確認しちゃいましょう。

余裕があって魅力的

優雅な人ってどこか”余裕”があるんですね。

なんていうのでしょうか。

話していてわかる、だとか一緒にいてわかる”余裕”なのではなく、その人からにじみ出ている余裕さなんです。

そのため、その優雅な人をみているだけでこちらまでなだか上級階級の世界に来てしまったかのような安らぎを得ることとができます。

皮肉ばかり言ってしまう人にとっては、「なんであんなふうにいつもゆっくりしてられるのよ!」なんて非難の対象になることもあるのですが。

また、その余裕がとっても魅力的なんですよね。

だって、人っていつかは”落ち着きたい”とどこかで感じているものですから。

それを手に入れているのが優雅な人という感覚があり、それにゆっくり身をこなすのでそこにもまた好感度を得ることができちゃうんです。

人ってね、実は激しい動きをしてる人よりもまったりする動きをする人に好感をもちやすいようになっているんです。

そのため、女性のなかでも”まったり”だとか”癒し系”がもてるような仕組みになっちゃってるんですね。

そのため、優雅な人は余裕というところにその”まったりさ””時間のゆっくりさ”を感じることができ、私たちは魅力を感じてしまうのです。

華があって穏やか


次に余裕があるだけではなく、とっても華やかな印象を与えます。

人は華やかに感じるのは、高級な洋服を着ているからだとか、きれいな髪形をしているだとかそうやってイチャモンをつけがち。

しかし、本物の優雅な人というのは、どんなに安いお洋服を着ていても、ちょっと髪の毛がのばしがちになっていても、優雅さはなくなりません。

もう体からにじみでてしまっているんですよね。

それはその人の”華やかさ”として、周囲の人は認知しています。

華やかな人というのは、華やかな服装をしなくても、メイクをしなくても華やかのままなんです。

また、それに自分が華やかであることを自覚してないことがほとんど。

「いつもあなたって華やかよねっていわれるけれど、そんなことないのよねぇ。

あるものしか着れないのに」なんて思っていたりします。

でもそのコメントまでもがとっても優雅なんです。

ずばり穏やかなんですよね。

ゆっくりまったり時間が流れている。

本人はとてもあせっているんだけれども、周りから見たらまったくあせっているように見えないんです。

いつも穏やか。

すぐに怒りませんしね。

そういう人と一緒にいると、なんだか自分まで時間が待ったり流れるような気がして安心できませんか?

それも優雅な人の魅力のひとつなんです!

優雅な人の10個の特徴

今、優雅な人ってどんな人なのかを簡単にふたつだけご紹介しましたね!それだけで「優雅な人ってこんな人なのかぁ」と全体像をつかめた方もいらっしゃるかもしれません。

それは、きっと身近に優雅な人が存在したことがあるからでしょう。

しかし、身近に優雅な人と思える人がいなかったり、まったくそのような人が存在するような世界でいきていないとそれだけではイメージしがたいものがあるのではないでしょうか。

そうすると、先ほどだけの知識だけで優雅な人になろうとするとちょっとムリがあります。

なぜならば、イメージをしっかりできていないためにあなた自身に落とし込むことができないからなんですね。

優雅な人になるのは、まずは優雅な人がいったいどんな人なのかを知っておくことがとっても大事!

オシャレもそうですが、「こういうイメージになりたい」と思うからその希望に沿って買い物もするし、美容院にもいくはずです。

それとまったく同じなんです。

相手をしれば、あなたもそれになれちゃうんです!
では、さっそく優雅な人の特徴を10個ご紹介していきますよ~☆ぜひ、頭の中で優雅な人を作り上げながら読み進めてくださいね♪

1.言葉遣いが綺麗

優雅な人は、何があっても怒りたくなるようなことがあっても言葉遣いがきれいです。

というか、言葉遣いはきれいにするものだと育てられている傾向がとても高いです。

反対に幼いころから両親が汚い言葉(「てめぇ」「おめぇ」「くそやろう」)を使っていると、どうしてもその子供までもが当たり前にその言葉を使ってしまいがちなんですよね。

しかし、優雅な人は違います。

ご両親からすでにきれいな言葉を使用していたのです。

優雅な人にとって「きれいな言葉遣い」というのは当たり前のこと。

また、私たちは汚い言葉を聴くとちょっと怖くなってしまいがち。

幼いころから汚い言葉を使う人に囲まれているのであれば、まったくそのように感じられませんがある程度きれいな言葉を使用している人の家庭で育った方にとっては、かなりの苦痛になってしまうんですよね。

そのため、私たちはきれきな言葉遣いを使う人に好感がもてるようになっているんです。

あなただって初対面の人に「てめぇ」なんていわれたら、ゾッとしませんか?

「この人あたま大丈夫なのかな?」なんて思ってしまうネスよね。

でも優雅な人はちがう!いつでもきれいな言葉遣いですし、それも早口ではなくゆっくりと聞き取りやすいように話してくれるんです。

イギリスやフランスの王室の再現どらまや映画などがありますが、そのなかで貴族たちが早口で話しているところを見ることはできません。

なぜならば、ゆっくり話すことこそが優雅だからなんですね。

普段から綺麗な言葉遣いをしているのが分かる

優雅な人は、普段からきれいな言葉遣いをしているのがわかります。

なかには、きれいな言葉を使おうと必死になっている人もいますが、そういう人というのはどこかでボロが出やすいんですよね。

なれない会話になると汚い言葉がでてしまうようになるからなんです。

それに比べて優雅な人にはそういうことがない!だって、もう”その人のものの言葉”として使われているからなんです。

そこに安心感を覚えることもできますから、私たちは優雅な人に好印象をもちやすいんですよね☆

2.周りをよく見ている

優雅な人は周囲をよく見ています。

自己中心的な性格とは、正反対の性格をしていると想像しやすいでしょうか?

もちろん自分のこともきっちりやるべきことはやっているし、好きなこともこなしているのですが周囲への目も同時にきらびやかせているんです。

あなたは、それができていますか?

優雅な人って”やさしい”性格をしているように感じられるのは、あなたを含めた周囲の人についていつでも気にかけているからなんですね。

自然に気遣いができる

そのため、誰かが何かを求めているのをすぐに察知できます。

そして「やってあげなきゃ!」なんて思うことなく、自然に気遣いができちゃうんですよね。

人って「人に何かしてあげたから、何かをしてもらえる」と見返りを求めがちですが、優雅な人にはそれがありません。

なぜならば、自然に気遣いができちゃうからなんですね。

たまにおせっかいと思われることもありますが、呼吸をするのと同じくらい自然に気遣いできるのってとっても魅力的!

3.食生活がしっかりしている

優雅な人は、いつでもどんなときでも食生活だけはしっかりするようにしています。

そのため、ランチを共にすると手作りの健康的なお弁当をみることができることも。

食生活をしっかりさせていないと体力をもつこともできませんし、それに誰かに気遣いできるほどの余裕をもつこともできないもの。

また、優雅な人というのは「ただ食べられればいい」というのではなく、「心が豊かになれるものを食べたい」と思っています。

そのため、会食が好きな方も多いですね。

なかには、食事というのは本当に食べるだけの場所だとかそういう機会としか思っていない人がいますが、そういう人とはちょっと性格が合わないことも。

しかし、優雅な人というのは基本的にやさしい性格をしていることが多いので相手にあわせがち。

食べる物や時間もしっかり管理している

優雅な人は食べるもの、時間をしっかりと決めて生活をしています。

一人暮らしだったり、一人で食事をすることになると「残り物でいいや」だとか「昼は食べなくていいか」「簡単なものにしよう」と思ってしまいますよね。

しかし、優雅な人はそうではないんです。

一汁三菜にこだわっているのであれば、毎食そのような形式で食べます。

また、こだわりが強いんですよね。

「毎回の食事に納豆はかかせない!」だとか「お魚は絶対に食べたい!」なんて。

それは、ただのわがままではなく体のことを考えているからこそ。

そのため、優雅な人と食事を共にするようになれば、食事に関して疎かった方は食事を好きになるかもしれません。

4.表情が柔らかい

この世界には、どうしてそんなに表情がいつもかたいの?という人と、優雅な人のように表情が柔らかい人がいます。

顔がこわばってしまうのは、何か悩みを抱えていたり、いやなことを感じているからなんですよね。

あなたは、今でも顔がこわばっていませんか?

もしもこわばっているのであれば、深呼吸をして肩の力を抜いて口角をキュッとあげてみて!

どうして優雅な人が柔らかい表情をしているのかというと、いつでも変な目で世界をみていないからなんです。

多くの人が世界や現状に不満を感じてしまうのは、そこに悪い要素を感じてしまうから。

優雅な人はたとえ、そのように感じることがあってもすぐにポジティブな観点に切り替えることができちゃうんです。

心が素直で綺麗

ずばり、優雅な人はとても心がきれいなんですよね~♪また、素直。

それって人として最高の性格をしていると感じませんか?人って大人になっていくうちに本当の素直な気持ちを表現するのが怖くなってしまったり、きれいな心で世の中の出来事を見ることができなくなってしまうものです。

その原因はいやな出来事にでくわしたり、人に裏切られたり・・・などさまざまでしょう。

優雅な人だってときには、誰かに裏切られたこともあります。

それでもうらまないんです。

人を恨めば自分が苦しくなることを自覚しているので、その気持ちに素直にしたがって心の向きを軌道修正できます。

また、何に対しても”きれいな目”で世界をみているのでいつもキラキラした瞳をしていることも。

5.感情表現が豊か

優雅な人って一見、自分の意見をすべて主張しないように思われがちです。

しかし、そんなことないんですよね。

優雅な雰囲気をただよわせているから、強く主張しているように見えないだけなんです。

実は、優雅な人ってとっても感情表現が豊かなんです☆だって、自分の心にいつでも素直にいたい人ですから、それは当たり前のことですよね。

素直に感情を表に出せる

さきほどもお伝えしましたが、私たちは大人になるにつれて自分の意見や感情を表に出すことは悪いことだと思うようになります。

そして本当の気持ちを伝えることが怖くなってしまうんですよね。

しかし、優雅な人はちがいます。

どんなに不利な状況であろうと、自分の感情を素直に表現することができるんです。

そのため、自分の性格を出すことができない人にとってはちょっとうらやましい存在でもあるんですよね。

また、この世界では自分の気持ちを外に出すことが怖くなってしまっている人がいるために、早くに自分の意見を主張したものが勝利・成功する傾向もあります。

優雅な人を目指す機会に、あなたも自分の感情に素直になって感情を外に出してみてはいかがでしょうか?

6.話がスムーズにできる

優雅な人って、どこかまったりとお話するような印象を感じていませんか?たしかにまったりお話しするのですが、あまりにも不自然なまったりさではありません。

通常の会話は、誰とでも行うことができるんです。

その話し方にも優雅さを感じることができるので、話しているだけで自分までもが優雅になった気分になれちゃうんですよね。

早くもなく遅くもないちょうど良いスピード

あなたは、どれくらいのスピードで話しますか?なかには、それって絶対にききとれないよね!

なんて思えるくらいに猛スピードでお話をする方もいます。

反対にどうしてそこまでゆっくり話すの?逆に聞きづらいヨ…なんて思ってしまう人もいます。

しかし、優雅な人は早すぎず、遅すぎずでも優雅さを感じられる速度で話をしてくれるんです。

そのため、話をしている相手はその絶妙な話し方のスピードに安心感を感じてしまうことも。

7.一つ一つの動作に気品がある

優雅な人は、他人と同じことをしていてもひとつひとつの動作が優雅なんです。

気品を感じることができるんです。

そのため、とても華やかな印象を与えることができるんですよね。

落ち着いていないとひとつひとつの動作を優雅にし、気品ある振る舞いを行うことはできません。

そのため、ここにも優雅な人の心の余裕をかいまれるんです。

あなたは、ひとつひとつの動作が激しくなっていませんか?誰も見ていないように感じているかもしれませんが、見てますよ~!

自然な仕草や所作が優雅

優雅な人はもとから、自然と行動や所作・仕草が美しいんですよね。

それはやはりご両親のおかげかもしれませんし、本人がガサツな人から卒業するためにがんばってきたからなのかもしれません。

そのように自然に美しい動きをすることができるので、見ているだけでウットリできちゃうんですよね♪

反対にガサツな人は、見ているだけで気持ちが悪くなります。

また、優雅に動作を行うのでモノをやさしく扱い、モノを長持ちさせる傾向もあります。

8.姿勢が良い

優雅な人は、姿勢がとってもいい!猫背だとか、足組だとかしません。

姿勢がいい人ってそれだけで印象がよくなるもの。

なぜならば、姿勢が悪いとだらしない印象を与えてしまうからなんですよね。

また、姿勢がよい風にとりつくろっている人は疲れると同時にその姿勢を崩すことになり、「ああ、つくっていたんだな」とばれてしまいますが、優雅な人にはそれがありません。

普段からだらしない生活をしていない

なぜならば、普段の生活からだらしないことをしていないからなんです。

自分の決めた時間には起きますし、食事もするし、やるべきことはこなす。

それだけでもだらしない性格にはならないんですよね。

だらしない人って自分の決めたことにもだらしない傾向がありますから。

そして、誰もみていない普段から姿勢をよくしていることがほとんどなんです。

たとえば、自動車の背もたれを後ろにさげすぎるのは好きではありません。

そうなっていたとしても直立に近い感じで座り込みます。

いつでもどこでも誰も見ていなくても姿勢がよいのです。

それって腹筋を同時に鍛えることができているので、人がみている場で姿勢をよくしていても疲れることがないんですよね。

”習慣”になっているんです。

9.器量が大きい

優雅な人は、”器が大きい”んです。

そのため、寛大な人と思われていることもよくあります。

器の大きい人って、なんでも許可してくれるし受け入れてくれるような気がしませんか?
ずばり、優雅な人はそれができる人なんですね。

余裕があって、性格もおおらか

どうして器が大きいのかというと、もともとの性格がおおらかだということもあります。

元の性格がおおらかであると、小さなことはきにしないんですよね。

反対にいつでも神経質にしている人というのは、ちいさなことにも過敏に反応してしまうものですが・・・。

そのおおらかさというのは、にじみ出る余裕を生み出すんです。

また、優雅な人はいつでも自分の主張をはっきりと表現しますし、やりたいことはやっています。

やっていないようにみえて、自分を満たすことは行っているんです。

それは、優雅な人の”余裕”をうむんですよね。

あなたは余裕がありますか?

もしもないのであれば、もしかしたら自分のやりたいことだとか自分のことを後回しにしてしまって、”やらねばならないこと”だけしかできていないのかもしれません。

それは、知らぬ間にあなたの心を苦しめて、余裕をなくしてしまっているんです。

いつもあせっている状態になっているんですね。

10.柔軟に対応できる

優雅な人は、いつでも柔軟な対応をすることができます。

生きていれば、自分が想定していなかったような出来事が起きてしまうものです。

そんなとき、あなたはどうしていますか?「どうしてこうなるのよ!むかつく!」と怒るでしょうか。

優雅な人というのは、そうしません。

もしかしたら心のなかでは反発しているかもしれませんが、その事実を受け入れ、そして柔軟に対応するんです。

まるでスポンジのような、こんにゃくのような、粘土のようなそんな人なんですね。

そのため、いろいろなことを任せれやすいのですが自分の主張をしっかり持っているし表現できるので、できないことはできないとしっかりと断ることができるんです。

頭の回転も速く、臨機応変に動ける

柔軟な人というのは、一貫して同じ特徴をもっているものです。

それは、頭の回転が速いということ。

頭の回転が速ければ、何か予期しないことがおきたとしてもそれをすぐに情報処理することができちゃうんですよね。

今は、やらなくちゃいけないことがほかにあるのかもしれません。

それでもまた別に新しくやらなくちゃけないことができたとなると、そちらも同時に処理していかなくちゃいけなくなりますよね。

優雅な人は、あせっている雰囲気をだすことなく、というか実際にあせることなくそれらをすんなりと「終わらせることができちゃうんです。

その身のこなし方さえも、優雅なんです。

カッコイイですよね~!

優雅な人になるために!

これまでに優雅な人の特徴をご紹介してきました!あなたにあてはまるものはありましたか?

もしかしたら、ひとつもなくて「やっぱり私は優雅な人にはなれないんだ」なんて落ち込んでいる方もいるかもしれませんね。

しかし、そうやって落ち込む時間がむだです!

あなたでも優雅な人になることはできるのです♪ここでは、優雅な人になるために今日からやっておきたいことをあなたにお伝えしていきます☆

まずは、これからご紹介することを生活の中に落とし込んでいってください。

そうすれば、自然とさきほどご説明したような優雅な人の特徴をあなたも持ち合わせウことができるようになるはずですよ!

読むだけではなく、”実践”こそが大切!まずはやってみましょうよ。

最初からあきらめるのではなく☆

お手本となる人を決める。

あなたの周りには、優雅な人っていますか?優雅な人になりたい!といってもなかなかイメージしにくいものがありますよね。

なんとなくのイメージはあるけれど、先ほどの特徴だけではしっかりとイメージできていないことも。

そのまま優雅な人を目指したってあなたは、ちょっと違う道に進んでしまうかもしれません。

だからこそ、あなたのお手本になる人物を決めておくべきなんです♪お手本がいることによって、「あの人だったら、このシーンでどのように振舞うかな?」「ふるまっていたかな?」なんて思いだしながら、あらゆるシーンに対応できるようになるんですね。

最初のうちは、そうやって「あの人だったら~」と思い起こすかもしれません。

しかし、何度か行っていくうちにそれがあなたのものとなり、自然と振舞えるようになるんです。

身の回りの人や芸能人

もしも身の回りに優雅な人がいるのであれば、できる限り身の回りの人をお手本にしてみてください。

友達や上司、または隣の部署にいるあの人かもしれません。

その人に「お手本にさせていただきます!」なんて宣言する必要もないので、勝手にお手本にさせてもらっちゃいましょう。

しかし、身近には優雅な人がいない場合もありますよね。

そんなときには、芸能人を参考にしてみて☆芸能人はそのキャラを作っているかもしれませんが、お手本にするにはそれでもかまいません。

普段の生活を見直す

あなたは、毎日規則正しい生活を送っていますか?優雅な人というのは、規則正しい生活をしているし、食事にもこだわりを持っていることが多いです。

そのこだわりこそが”優雅な人生”を作り出しているんですよね。

今はもしかいたら仕事をしたくないかもしれません。

でも本当はそこをやりこむと決めているのであれば、自分の決めたことはきちんとやる。

そうすることであなた自身に自信がつくようになるんですよね。

まずは、睡眠・食事を見直してみて。

時間管理から食事管理まで

特に時間管理は、大きな要素になります。

時間の使い方によって、あなたの中に心の余裕さがうまれるかどうかが変わってしまうからなんですね。

あまりにもつめつめに時間を使い込むのではなく、少しのゆとりを調整しながらやるべきこと、やりたいことのリストを作りましょう♪

ダラダラと時間をすごすのも気持ちがいいかもしれませんが、自分で決めたとおりに動けたと実感できたときにはそれ以上の達成感を味わうことができるものなんです。

また、食事管理も行うことによって、むだな脂肪をつけさせず動きたいときにすぐに動けるようになりますよ。

内側から変えていく

食事管理を行うと、あなたのカラダの内側からかわっていきます。

また、それだけではなく自分自身であらゆるシーンに意識しながら、自分の内側を変えるようにしてみましょう。

たとえば、いつもならさぼっていたかもしれないことをやってみる。

そうすると心の持ちようが変わります。

また、これは苦手だなぁなんて思っていることがあれば、その苦手意識にとらわれずにやってみる。

思っていたよりもスムーズにこなせることってあるんですよね。

その結果として、自分に自信がもてるようになって、他人になにをいわれようと動じない自分になっていくことができるんです。

他人の一言一言が気になってしまうのは、自分に自信がない証拠。

それって自分にとっても失礼なんですよ。

一番自分を信じてあげられたり、自分をわかってあげることができるのは自分だというのに、自分で自分を裏切ってしまっていることになるからです。

それは自信喪失にますますつながっていってしまいます。

だからこそ、自分がきめたことはやりぬく姿勢をもって。

性格やカラダの内側から改善していく

そのように少しずつでも自分の苦手なことを克服することによって、かなり性格が改善されます。

また「自分はこういう性格だから、これはしない」なんて決め付けないこと。

そうやって決め付けるから、変われないんです。

決め付けはあなた自身で取り除くことができます。

人によっては、「周りからこういう人だと思われているから、これができない」なんて思っている方もいますね。

それもまったく関係ありません。

あなたがやりたことをやればいい。

どうして他人にあなたの人生をジャマされなきゃいけないのでしょうか?

数十年たって、あなたが「あれをやっておけばよかった。」なんて後悔したとしても、それらの人は責任をとってくれません。

過去に戻してくれないんです。

「あっそ」くらいにしか思わないでしょう。

あなたの心はあなたが変えることができるんです。

絶対に変われます。

自分を信じてあげて。

外見も大事

性格をみなおしていきましょう、とたった今お伝えしましたね。

しかし、外見もとっても重要です。

優雅な人はなにを身に着けていても優雅に見えるかもしれません。

しかし、そこにいきつくまではさまざまな優雅な人生を送ってきたからなんですよね。

あなたは、これから優雅な人の完全体になっていくひと。

だからこそ、身だしなみには誰よりも気をつけるようにしましょう。

また、そうしておくことでちょっとした”優雅さ”を誰かが拾ってくれやすくなり、「ああ、優雅な人になれたんだな」と実感できることになるはず。

清潔感のある服装や体の手入れなど

優雅な人は、清潔感のある服装を身に着けていることが多いです。

ちょっと使い込んだ洋服や靴であっても、きれいにピカピカにして使っているんですよね。

まぁ、それはモノを大切にする性格だからなのですが。

あなたも優雅な人になりたいのであれば、今以上に身だしなみに気をつけてみて♪シワがよってる服であれば、アイロンでシワをのばす!それだけであなたの気持ちがかわります。

また、カラダの無駄毛や乾燥肌などをほうっておいていませんか?それもNG。

自分を大切にしてあげてください。

自分を大切にすることで、あなたの心の余裕がうまれるんですよ。

うそのようですが、本当の話なのでためしてみて。

まとめ

今回は、優雅な人になる方法をお伝えしてきました♪

いかがでしたか?

優雅な人は、身近にいると「遠い存在」のように感じてしまいがちですが、そんなことないんです!

あなたもちょっとした心構えの変更によって、優雅な人になることができるんです。

また、あきらめずに継続することも大切ですし、誰かから「君って優雅な人だよね」なんていわれてすぐに優雅な人の特徴やなるための方法をやめてはいけません。

永遠に行ってください。

そうすると自然にそのような行動や所作ができるようになり、本物の優雅な人になれますよ!