希薄な関係という言葉をご存知でしょうか?この希薄な関係という言葉は簡単に言うと冷たい関係、疎遠な関係という意味です。

希薄な関係というのはどの様な時に使われますか?例えば彼氏や彼女と喧嘩中のカップルは今は希薄な関係になっているのではないでしょうか?あまり連絡などを取らないでいて疎遠になってしまうというような人もいるのではないかと思います。

ですがこの希薄な関係というのはとても辛いものですよね?相手にとってもそうですし自分にとっても同じことが言えると思います。

冷めたりしていて相手を遠くから見ていたり、親しみなどが無いという状態にもなってしまうのがこの関係の特徴です。

お互いがどの様にして良いのかも解らず距離を置いてしまうというようなときにもこの様な表現が多いと思います。

ですがこの希薄な関係というのを好転させるための方法があるのです。

カップルや夫婦関係などを良好にすることもできます。

恋人と仲良くなってもう一度よりを戻したいと思う人もいますよね?そんな方法を今回はお教えしたいと思います。

希薄な状態に今なっているという人がいるのであれば、それはとても危ないです。

そのまま放置にしてしまうと場合によっては悪いことになりかねません。

ではどの様なことをして好転をさせればよいのか食わしく見てみましょう。

️希薄な関係ってどんな関係?

希薄という言葉を聞いてどんな状態か解らないという人もいるでしょう。

簡単に言うのであれば少し冷めているというような間柄を希薄な関係と言います。

例えば好きな人や仲の良い友達に対して希薄な関係という言葉は使いませんよね?ですが例えば、喧嘩をしてしまって距離を置いているというときになった時はその瞬間から希薄な関係になったと言えるようになるのです。

希薄というのは物事に対して興味や関心がどんどん薄れていったりするようなことを言います。

例えば相手との喧嘩をして気になるけれど少し距離を置くというようなときにも希薄な関係という言葉を使うのです。

基本的にはこの言葉は、他の表現も多くありますが、例で言うのであれば疎遠な関係という言葉が一番しっくりくるのではないでしょうか。

また冷たい関係という表現でも良いでしょう。

相手に対して距離を置いていたり、全くもって興味がない関係のことを希薄な関係というときもあります。

相手と自分は無関係だと思っている人はまさにその様な関係になると言えるのです。

希薄とは


希薄というのは様々な意味合いがあります。

今回の場合は希薄な関係という意味で使うので、気持ちが弱いという意味で使いますが、他にも様々な意味を持っているのです。

例えば濃度や密度が薄いという時に希薄という言葉を使います。

いわゆる理科や科学などの実験でも「希薄な物」という形でこの言葉を使われることが多いです。

ですがそれは専門的にやっている人がよく使う言葉であり、普段皆さんが使う言葉では「希薄な関係」というような人に対して使う意味合いが多いのではないでしょうか。

希薄という言葉だけでも意味が様々あるのでその意味を覚えて、正しい使い方をするようにしましょうね。

濃度や密度が薄いこと

濃度や密度が薄いことを希薄という言葉を使う時があります。

これは理科や科学の実験、または何かを調査する際にも使われる言葉であり、こちらの意味であまり使われないことが多いです。

「酸素が希薄だ」というような、酸素が薄いという意味でも使われることがありますが、基本的にはこちらの意味で使うことは少ないでしょう。

ある要素の乏しいこと

ある要素に乏しいという意味も持ちます。

これはいわゆる何か問題があるという時に「意識が希薄だ」という表現で使うことが多いです。

こちらの意味は何かの物事に対して少し劣っていたり、足りないというときに使われることが多いです。

例えば「人口が希薄だ」という表現があるとすれば、人口がどんどん減ってきているという表現にも変わるということになります。

よく論文や小説などではこの様な表現をすることが多いです。

意味を間違えて捉えないようにしましょうね。

物事に向かう気持ちが弱いこと


物事に向かう気持ちが弱いということで希薄という言葉を使います。

普段私達が使うような「希薄な人だ」という表現や「希薄な関係」というのはこちらの意味がとても強いです。

例えば何か物事をする際に「希薄な人だ」となれば、その物ごとに対して関心が無い人なのだという表現で捉えることができるでしょう。

希薄という言葉は類語も多くあり、疎遠という言葉もありますが、希薄という言葉は基本的には人や事柄にも使うことが多いので、使い方を間違えないようにしましょうね。

意欲などの弱いこと

意欲などが弱いということでもこの言葉を使います。

「希薄な空気」というような表現をすれば意欲が弱い雰囲気ということになります。

この意味では基本的に人に対して関する表現で使うことが多いです。

物というものに関して使うことはあまりありません。

「希薄な物」というような表現になる場合は、「関係せいが薄い物」という意味で捉えられてしまうので、決して「意欲などが弱い物」という意味で解釈をしないようにしましょう。

希薄な関係とは?

希薄の意味でもたくさんありますが、では希薄な関係というのはどの様な関係だと思いますか?例えばうわべだけの関係というのは希薄な関係になるのではないでしょうか?相手にあまり興味がなく、話を適当にあわせたり、直ぐに話し終わったりとする人がいると思いますがその様な関係はうわべだけの関係になるのではないかと思います。

また関心がないという意味があるので、共有するものが少ないという関係で使われる時もあります。

例えば人間関係などでもそうですが、プライベートをあまり話さないという人がいますよね?相手には必要最低限のことだけを教えて、他のことは話さないという人もいます。

その様な人は、本人がただ堅いというのではなく、希薄な関係だと言えると思うのです。

希薄な関係で悩まされる人は多いと思います。

ですが具体的にどの様になるのか解らないという人も中にはいるのではないでしょうか?では希薄な関係というのは具体的にどの様な関係になってしまうのか見てみたいと思います。

うわべだけの関係

例えば会社などで働いている時に、上司や同僚の人達と会話をすることがあります。

その様な人に、うわべだけの付き合いで接しているというようなことはありませんか?うわべだけの関係というのは、相手に興味や仲良くなりたいと思っていないが、仕事の関係上やその今の状態を保つために関係を続けているというような状態のことを言います。

軽く言うのであれば、仕事というのは会話や付き合いがないと仕事が無くなったり評判が悪くなったりすると思います。

その様なことにならないために、うわべだけの関係を保つという意味で使われることもあるでしょう。

うわべだけというのはこの様な表現をするのですが、希薄な関係もこのような意味に近いものがあります。

当たり障りのない関係

当たり障りのない関係というのも1つあるでしょう。

当たり障りの無いというのは、特にそこまで悪い影響を与えないという関係です。

良くもなく、悪くもなく、何も無い状態の関係というのを当たり障りのない関係という風に言います。

この関係も希薄な関係に近い意味あいがあり、相手のことに対して特に必要以上に聞くことがなく、最低限に抑えて会話をしたりするというような時に使うことが多いでしょう。

よく「当たり障りのない会話」というものがありますよね?これは相手に対して無害であり悪い影響も与えない会話という意味であり、興味が無いという状態の時に使用する表現でもあります。

当たり障りのない関係というのは希薄な関係と意味が似ていますよね。

相手に対して興味が無くなっていくということもあるでしょう。

その様な状態の時は希薄な関係になるということなのです。

共有するものが少ない関係

共有するものが少ない関係でもあります。

例えば友達、家族、親友というのには基本的に自分のことを相手に共有することが多いです。

「昨日この様なことがあった」「昨日はこんな出来事があってこれを貰った」というように相手に自分の情報を言ったりすることが多いです。

ですが共有するものが少ないというのは必要以上に相手に対して自分のことを言わないという意味になります。

希薄な関係というのと似ていますが、こちらの場合は相手に自分の手の内を明かさないという意味で使うことが多いです。

ですが希薄という意味では似ているのでこの様な表現を使っていることもあるでしょう。

踏み込まない関係

必要以上に踏み込まないというのも希薄な関係の一部です。

必要以上に踏み込んでしまい、相手のプライベートを知ったり、情報を知ったりするというのは基本的に親友や家族にしか話さないと思います。

親友や家族には今自分がどの様な状況なのかということを話したがる傾向があるのですが、踏み込まない関係、希薄な関係になってしまうとその逆になり、自分の情報を一切言わない分、相手からの情報も聞かないということが多いです。

よく相手が喋るという友人もいたりするとは思いますが、その様な状況になりそうな時には既にこちらから「予定があるから」と言ってその場を去るということが多いです。

プライベートなどもそうですが無理に踏み込むということが無いような関係ということにもなるので、仮に夫婦などでこの様な関係になってしまったら危ないです。

よく考えて行動をするようにしましょう。

️希薄さが問題になる関係

希薄になるというだけで問題になるという関係があります。

それは夫婦の関係や恋人の関係は特に希薄になってしまうと、とても辛いのではないでしょうか?この2つは好きな相手、愛する相手と疎遠になってしまう、興味が無くなって関係が薄れてしまうという事にもなり、最悪の状況になってしまうと離婚や別れると言ったことになりかねません。

そしてこの希薄な関係というのは職場でもあったりします。

上司と希薄な関係になってしまったということもあるでしょう。

仕事を失敗しただけでそれ以来何も話すことが無くなったという人もいるのではないでしょうか?希薄さが問題になってしまうという関係は多くありますが、具体的にどの様な関係に影響を及ぼしてしまうのか見てみましょう。

もしかして今でも希薄な関係になりつつあるという人もいるかもしれません。

夫婦の関係

夫婦の関係というのは希薄な関係になってしまうととても危ないです。

結婚をして子供がいるという家庭であればなおさらです。

夫婦というのは常に2人で一緒にいることが多いので、その分ストレスや不満などを抱えることが多いでしょう。

ですがそれがエスカレートしてしまうと、何も喋らない、相手をしないという状態になります。

子供がいる前ではうわべだけの付き合いになってしまい、子供がいない時は一切口を話さないという家庭もあったのではないでしょうか?それが原因でそのまま離婚をしてしまったという人もいるのではないかと思います。

希薄な関係というのは家庭を崩壊させてしまう恐れがあるので、一番なってはいけない関係の1つです。

希薄になればなるほど、家庭が一気に崩壊していき、そのまま離婚となったり、独身に戻るというような事になりかねません。

もし今その様な状態になっているという家庭がいるのであれば、後に話す好転をさせるための11個の方法というものがあるので、そちらを試して関係を元に戻すようにしましょう!まだ諦めたりしてはいけませんよ!

【夫婦関係を100点に保つためには、こちらの記事もチェック!】

恋人の関係

恋人の関係も希薄になってしまうと危ないことになります。

よく遠距離恋愛などをしているカップルが「自然消滅した」というような言葉をすると思います。

これはお互いが連絡を取らずにそのまま自然と別れたという意味であり、これはまさに希薄な関係が続いた結果であるとも言えます。

中には喧嘩をして希薄な関係になってしまい、他の人のことが好きになったというパターンもあるでしょう。

ですがそれは希薄になった影響で心が変わったとも言えます。

その状態が続くというのは、どんどん相手に興味が無くなるということになるので、「好きだったけど今は」というような過去形になってしまうのです。

よく付き合っている人がころころ変わったりするという人がいますが、その人は直ぐに希薄になってしまうというタイプの人なので、一途になるというようなことがあまりありません。

また直ぐに喧嘩をしてしまうというタイプの人も希薄な関係になりやすいです。

注意をするようにしましょうね!

職場の関係

職場の関係で希薄になってしまうと、場合により仕事ができなくなるまで追い詰められたり、ストレスを抱え込んでしまい病気になるといった問題があります。

職場の関係というのは、仕事をするうえでは大事なことであり、工場などの流れ作業が良いですが、事務や人と関わる仕事を主にしている人にとってはとても大きなダメージになるのです。

また、仕事を失敗してしまい上司から怒られ、希薄な空気になるというようなこともあります。

これが一番職場で仕事をしていて危ない状態になると言えるでしょう。

希薄な雰囲気になってしまうと、その上司ともそうですが周りの人でさえその様に思ってしまうことが多くなります。

それを回避するには積極的に動いて気持ちを切り替えることが大事になります。

ですがそう簡単にはできませんよね?ですが必ず振り向いてくれる人が出てくるので、それまで粘るように仕事をしてみてはいかがでしょうか?

友達の関係

友達との関係が希薄になるという言葉をよく聞くと思います。

この様な関係になった場合の原因というのは、喧嘩が主な原因でしょう。

よく学生の頃は悪い噂などが流れてしまうと、その人とあまり遊ばなくなるというようなことが多いと思います。

実際にはこれは問題となっていて今でもニュースなどに取り上げられることが多いです。

この状態は希薄な状態になっていると言ってもいいものであり、その状態が長く続いてしまうとその本人が耐え切れなくなるというようなケースがあります。

友達の関係というのは何かがきっかけで離れたりすることがありますが、希薄な関係を維持してしまうと、そのまま友達では無くなるということにもなるのです。

せっかく今まで仲良く遊んでいたりしたのに、希薄な関係になり、今現在でも連絡を取っていないという人もいるのではないでしょうか?その様なことにならないように注意をすることが必要になるのです。

家族の関係

家族との関係で希薄な関係になってしまうというのは問題になってしまいます。

よく家族とあまり喋らずに生活をしているという人もいるのではないかと思いますが、それはまさに希薄な関係になっているということになるのです。

家族というのは何年経っても変わらない家族であり、実家暮らしをしているという人は毎日会うようなことが多いと思います。

ですが家族の関係が希薄になるというのは、会話が無くなるということであり、家族との繋がりがどんどん薄れていってしまうのです。

会話をあまりしないでこの様な関係が続いてしまうと気まずくなったり、直ぐに部屋に戻ったりとするようになるのではないでしょうか?よく反抗期をしてしまう子供には多いことだと思います。

その場合は直ぐに戻るのですが、今でも続いているという家庭があるとすれば、それは問題になると思います。

ご近所の関係

ご近所の関係で希薄になるというのは、いつも話などをしていたのにも関わらず、どんどんその関係性が薄れてしまうということになるのです。

例えば近所の人達とよく話しをしていたという人は、情報などが得られなくなり、孤立している状態になってしまうということにもなります。

何か原因があってその様な状態に急になるということであれば、その原因を突き止めることが大事になるでしょう。

特に問題なのが夫婦関係と恋人関係

この希薄な関係という問題で特に大きな問題になるのが夫婦関係と恋人関係です。

この2つは自分と相手との関係がとても親密な状態であり、幸せだと思う状態から急に離れてしまうということになるからです。

同棲をしている、結婚をしているという状態からいきなり希薄な関係になってしまうと、家庭が崩壊してしまったり、家から出て行くというようなことにもなりかねません。

この様なことになる前に予め注意をしておく必要があります。

好転させるための11個の方法について書くので、参考にしてみてはいかがでしょうか?

特に男女間での希薄さは問題になりがち

男女間の間での希薄さは問題になりがちなのです。

夫婦や恋人などはそうですが、男女お互いに持っている意見というものは違います。

例えば男性の方ではこの様な考え方をするというのに対して女性はこの様な考え方を持っているということになります。

良い例はお金を割り勘するのかどうかでよくもめたりすることがありますよね?お互いの価値観というものが違うので、そこから言い合いや喧嘩になり疎遠や希薄な関係になるというようなことになることが多いです。

️希薄な関係から好転させるための11個の方法

希薄な関係から好転させるための11個の方法についてお教えしたいと思います。

希薄な関係というのは相手に興味が無いという状態なのでまずはそこから治していくという必要があるのです。

仮に喧嘩で希薄な関係などになったという場合は、愛情表現をしたり、声をかけたりすることで相手も振り向いてくれるようになると思うのです。

今希薄な状況になっている人や、自分の性格上希薄な関係になりがちだという人は、今からお教えする好転させるための11個の方法を参考にしてみてはいかがでしょうか?

相手に興味を持つ

相手に興味を持つというのはとても大事なことです。

希薄な関係の状態は相手に興味を持たない状態でいるということなので、相手を知るということは何よりも大事になります。

少しでも相手のことに興味を持つようになると、もっと相手のことを知りたくなるようになるはずです。

例えば趣味や好きなことに関してはずっとその時間が続いたら良いのにと思ったりしますよね?その様な感情が人に対しても出てくるようになります。

相手に興味を持つというのはいきなりでは難しいと思いますが、積極的に視野を広めてみてはいかがでしょうか?

相手の話を聞く

相手の話を聞くというのも1つの好転させる方法です。

相手の話を聞かなければ相手との関係は良好に保つことができなくなります。

基本的に関係というのは相手と接するという意味なので、相手が話しをしているのに対して興味が無いと思っていても聞いてあげるようにしましょう。

そしてその人の話だけではなく、いろいろな人の話を聞くということが、希薄な関係から逃れる方法にでもなるのです。

自分の話を積極的にする

自分の話を積極的にするというのも希薄な関係を好転させることができます。

相手に自分のことを知らせないという状態になるのも良いですが、相手との関係を保ちたいという気持ちがあれば、自分の話しを積極的にしていく必要があるのです。

情報の共有というのは相手を信用している証であり、相手もその話をちゃんと聞いてくれるようになります。

自分はあまり話さないというタイプの人でも、相手に積極的に話しをしていく努力をするようにしましょう。

そうすることで相手との関係を好転させることもできるのです。

笑顔を向ける

笑顔を向けるというのは何よりも大事なことです。

例えばいつも暗い顔をしてしまうと、ネガティブな人だなと思われてしまっても仕方ありません。

興味が無いと思われたり、こちらから友達などになろうとしてもいつも暗いと心配されてしまったりする可能性もあります。

希薄な関係というのは相手に興味がなく、繋がりなどが弱いということでもありますが、笑顔というのは相手も笑顔にさせる力があるのです。

共通点を修復のカギにする

相手との共通点を探すということも大事です。

例えば自分と相手が喧嘩をしているという時に、まずは何をすべきなのかを考える必要があると思います。

仮に喧嘩をしているというのであれば「お互いに謝る」ということが必要になるのです。

そして共通点を探してみてはいかがでしょうか?例えば話題でも良いですし、喧嘩のことでも良いです。

お互いの共通点を修復のカギとして話題にしたり、話し合いなどをしてみてください。

また希薄な関係から友達などになりたいという人はお互いの趣味などを見つけるというのも良いでしょう。

共通の趣味というのは相手も盛り上がることは間違いないです!積極的に話をしつつ、お互いの共通の趣味に話すというのは希薄な関係を簡単に断ち切ってくれますよ?

相手の変化に気づく

相手の変化に気付くということも大事です。

相手がどの様に思ってしまったのかを考える必要があります。

例えば喧嘩をしている時というのは必ず原因というものがあってその原因を自分の立場から考えるのではなく、相手がどの様に思っているのかというのを考える必要があるのです。

そこにはちょっとした変化があるはずです。

例えばいつもと少し違っていたり、何か原因があると考えるようになるので、相手の変化には気付けるようにしましょう。

ちょっとした声かけを大事にする

ちょっとした声かけを大事にするというのはとても重要です。

これは相手との関係が弱ければ弱いほど、是非実践をするようにしましょう。

仮に相手がどんな態度などを取っていても、希薄な関係の現状をどうにかしたいということであれば、まずは声をかけるところから始まります。

そこから更なる対策をするという形になるので、声かけというのは希薄な関係を治す始めにするべきことになるのです。

連絡をマメにする

連絡をマメにするというのも希薄な関係を好転させる1つの方法です。

例えば今ではLineなどがあると思います。

SNSなどを使い連絡を取るというようなこともあるでしょう。

連絡をマメにするというのは相手との関係を保つ意味でもとても良いことです。

急に連絡を途絶えてしまうと、そのまま連絡しなくなるというようなことになりかねません。

遠距離恋愛などではこのパターンが多いと言えるので、連絡はマメに取るようにしましょう。

隠し事をしない

隠し事をしないというのも大事です。

相手との関係性があまり無いので、その分自分のことは言わない、隠し事が多いという人がいるのではないでしょうか?その様な状態になると希薄な関係になってしまうのも無理はありません。

隠し事というのはそれだけ相手に警戒をしているという意味でもあり、相手も自分のことを警戒してしまうことになるため、お互いがその様な状況になり希薄な関係になるといったこともあるのです。

愛情表現をする

愛情表現をするというのは希薄な関係を好転させる方法の1つです。

愛情表現をするというのは夫婦間や恋人に対して使うということが多いと思いますが、愛情表現というのは人により違うと思います。

思いをどの様にして伝えるかというのもそうですが、何より相手を安心させたり、関係性を強くしてくれるものです。

どんどん連絡などをしなくなってきたということになればそれは愛情表現をすることで、また希薄な関係から元に戻るのではないかと思います。

【愛情表現については、こちらの記事もチェック!】

感謝の気持ちを伝える

感謝の気持ちを伝えるというのも希薄な関係を好転させる方法の1つです。

感謝の気持ちというのは普段一緒にいるという人達に対して言うことが多いと思います。

家族や恋人、相方に対してというように、感謝の気持ちが無いという状態が続くと、希薄な関係になりお互いが不安になってしまうようなことにもなるのです。

感謝の言葉というのは、日頃の思いをこめて言うものであり、どんな状態の時でも相手に伝える必要があります。

喧嘩の時でも自分の思いを伝えるとき、仲直りしたりする時に「ごめんなさい」ということもありますが「ありがとう」と言うようになると、相手も今の関係から抜け出したいと思うはずです。

感謝の気持ちはとても重要なことなので、好転させたいという人はオススメのことです。

️希薄な関係を改善してより良い関係を築こう

希薄な関係というのは誰とその様になるかでその度合いが違います。

特に恋人や夫婦間では離婚や別れるといったことになりかねません。

希薄な関係になっているというときは改善してより良い関係を築くことが必要になるのです。

今どの様な状況か一度確認をしてみて、希薄な関係が続いていると思うのであれば、是非好転をさせるようにしましょう。

そうすると元の関係に戻れたり、より良い関係になれると思います!諦めないことが大切です!頑張りましょう!