ちょっと空き時間がある時や、予定していたことがなくなって暇になってしまった時など、つい手持ち無沙汰になってしまいますよね。

予め時間が空くと分かっていれば暇つぶしのものを用意出来ますが、急に手持ち無沙汰になってしまった時にはやることが思い付かず、退屈で無駄に時間を過ごすことになってしまいます。

そんな手持ち無沙汰な時におすすめのやることについてご紹介します。

手持ち無沙汰の状態になった時にやりたいこと

例えば病院で診察待ちの時間や、待ち合わせ場所で人を待っている間など、特にやることがなくて手持ち無沙汰な時ってありますよね。

少し経てばやることがあるためガッツリと時間を使うことは出来ない、けれども少しの間暇になる、そんなことは誰でも日常茶飯事だと思います。

そんなちょっとした隙間時間から、急きょ出来てしまった長い空き時間まで、手持無沙汰の状態になった時にやりたいことや、やっておいた方がいいことをご紹介していきます。

元々空いた時間をぼんやりと何も考えずに過ごすことが好きな人や、周囲を観察するのが趣味という人は特に必要がないかもしれません。

しかし、とにかく時間を無駄にしたくない人や空いた時間を有効活用したい人、手持ち無沙汰が苦痛という人にとってはきっと参考になることでしょう。

基礎基本


手持ち無沙汰な時にやれることをご紹介する前に、まずは手持ち無沙汰という言葉そのものについて確認しておきましょう。

日頃から当たり前のように、そして何気なく「手持ち無沙汰になっちゃったね~」などと口にすることの多い言葉ですが、本来の言葉の意味や、その言葉の類義語について自信をもって明確に、そして詳しく説明が出来るという人は実はそこまで多くはありません。

日常でありふれた言葉であるからこそ、私たち日本人は何となくの感覚として口に出していることが多いのです。

大抵は何もすることがなくて暇という意味合いで使われることが多いですが、場面によっては本来の意味とは違っていることもありますので、この機会にきちんと言葉の意味や正しい使い方を理解しておきましょう。

意味

手持ち無沙汰という言葉の本来の意味は、「何もすることがなくて、間が持たないことやそのさま」または「所在ないことやそのさま」です。

「所在ない」とは「することがなくて退屈なさま」という意味ですので、要するに手持ち無沙汰とは、特にすることがなくて時間を持て余していることを意味します。

急に暇になってしまった時や、待ち時間が長くて退屈している時などに用いられることが多いです。

類義語

手持ち無沙汰の類義語は、「暇を持て余す」や「無聊をかこつ」などです。

他にも単純に「屈託」「退屈」「うかうかする」などの類義語もあります。

「暇を持て余す」という言葉の意味は誰もがよく知る通りですが、「無聊をかこつ」という言葉は聞き覚えがないという人も少なくはないでしょう。

「無聊をかこつ」とは、「することがなくて退屈な生活を嘆く」ことや「不遇な立場に置かれた自分を嘆く」などの意味があります。

後者はまた少し使い方が違ってきますが、前者の意味は手持ち無沙汰と類義語と言えるでしょう。


手持ち無沙汰という言葉は、基本的に暇な状態を示しています。

特に何もすることがなく、また何をすれば良いかも分からない状態ということですので、誰かが「手持ち無沙汰だ」と言っていれば必然的にそれを口にした人は現状暇ということになります。

暇だと公言しているため、それを聞いた周りの人から何か頼まれごとをされたり、お使いを頼まれたりするような羽目になることも少なくはありません。

また、もし自らそう口にしてくる場合には、「暇だから何かすることをくれ」という暗黙の要求であることも多いです。

使い方

言葉の意味さえ分かってしまえば、使い方は簡単です。

要するに自分が暇でどうしようもない時やすることがない時に「手持ち無沙汰」という言葉を使えば良いのです。

また、することがないから誰かの手伝いをしたいという時にも、自ら口にする使い方もあります。

あくまでも現状自分が暇な時にのみ用いる言葉ですので、決して予定が埋まっている時や忙しい時などには誤って使わないようにしましょう。

周囲から「あの人は今暇しているんだ」と勘違いされて、頼み事をされてしまう可能性があります。

手持ち無沙汰な時にやると良いこと19個

ちょっとした空き時間が出来てしまった時や、特にやることがなくて、でも時間を無駄にはしたくない時におすすめのやることをご紹介していきます。

紹介していく内容によってはほんの短時間で出来ることもあれば、一日をかけて行うこともあります。

自分がどの程度手持ち無沙汰かによって、やる内容を考えて行うようにしましょう。

電子コミック

最近ではYouTubeなどの動画再生前の広告や、テレビのCMなどで盛んに電子コミックが紹介されています。

大抵はスマホのアプリでダウンロードする形式になっていて、アプリによっては毎日10分間は無料で取り扱っているコミックを何でも好きに読むことが出来るものもあります。

また、決められた時間やページ数以上にコミックを読む場合には、課金をして読み進めることが出来るようにもなっています。

最初から自分が好きなコミックが決まっていて、いつでもそれを読み返したいという人は単行本を購入した方が安く済む場合もありますが、色んなジャンルの本をなるべくたくさん試し読みをしたいという人には、電子コミックがおすすめです。

無料の時間で試し読みをして、気に入ったら購入するという人も少なくはありません。

また、スマホのアプリ以外でも、パソコンやインターネット上で電子コミックを読むことも出来ます。

最初の数ページ~数十ページの試し読みは無料という場合がほとんどで、数日間読み放題で数百円、もしくは単行本と同価格を支払っていつでもスマホで好きなコミックが読めるといった場合もあります。

どのような形であれ、電子コミックはちょっとした隙間時間に気軽に読むことが出来ますので、手持ち無沙汰な時にはおすすめです。

映画やドラマを観る

空いた時間が1時間以上ある場合には、映画やドラマを観るという手もあります。

ドラマの場合には映画よりも気軽に一時停止や途中で区切りをつけやすく、また再生時間もさほど長くはないため、誰かを待つ間や1時間程度の暇潰しにはもってこいです。

普段は熱心にドラマを観ることはなくても、何かの拍子で時間が空いた時などに、過去に録画しておいたドラマを観たり、リアルタイムで放送されているドラマを観たりして時間を潰すのも良いでしょう。

一方で、映画の場合には一度鑑賞を始めてしまうと、中々途中で休憩を挟むことが出来なかったり、中途半端な状態で切ったりすることが出来ないことがあります。

特に一度始めたものを中途半端な状態にしておけない性格の人では、映画を観始めてしまったがために、本来の予定の時間をオーバーしてしまう、なんてことにもなりかねません。

そのため、映画鑑賞をする際にはなるべく時間に余裕のある時が良いでしょう。

また、最近ではテレビがなくてもパソコンやスマホ、タブレットなどで映画やドラマを観ることが出来ます。

昔よりも気軽に鑑賞出来るようになったため、時間が長く空いた時には映画やドラマ鑑賞もおすすめです。

恋活サイトで出会い探し

出会い系や恋人を探している人の場合には、手持ち無沙汰な時間を有効活用して恋活サイトで出会い探しをするのも良いでしょう。

どの恋活サイトでもまずは自分のプロフィールを登録しなければならず、その作業を手間に感じる人もいるかもしれませんが、一度登録してしまえば後はいつでも好きな時に出会い探しをすることが出来ます。

女性の場合は特に、写真を載せていなくてもプロフィールが登録してあればどんどん男性からアプローチの連絡が入ります。

それこそ、手持ち無沙汰どころか返信をするのに忙しくて大変なほどですので、日々の生活をしながら空いた時間で恋活をしたいという女性にはおすすめです。

男性の場合でも、例えば容姿や収入面など、女性にとって魅力に思える項目があればもちろん女性からのアプローチは多いです。

恋活サイトに登録している人数は、サイトによっても異なりますがかなり多いため、隙間時間で新しい出会いをどんどんしていけるのが魅力です。

アプリゲーム

最近はスマホやタブレットで、実にさまざまなアプリのゲームをダウンロードすることが出来ます。

完全に無料で遊べるものから、アプリ内で課金を行えるものもあり、アプリのゲームによって魅力がいっぱいです。

有名どころで言えばツムツムやグランブルーファンタジー、モンスターストライクや白猫プロジェクトなど、テレビや動画のCMで一度は見たことがあるという人も多いことでしょう。

アクションから謎解き、同じキャラクターを揃えて消していくものなど、ゲームによってジャンルが分かれており、好みもさまざまです。

そしてかなりのアプリゲームの種類があるため、同じゲームでは飽きやすい人でも、次から次へと新しくゲームを始めることが出来ます。

アプリゲームは家庭用ゲーム機よりも手軽で場所を選ばずに出来るため、ちょっとした空き時間や休憩時間、誰かや何かを待っている間などにゲームで遊んだりレベル上げをしたりすることが可能です。

ゲーム好きな人にとっては次々に楽しめる大変良い暇潰しになる上に、ゲームは苦手という人でも画面をタップしていればどんどん物語やバトルが進んでいくためプレイヤーを選びません。

唯一難点があるとすれば、ゲームにはまりすぎてしまうとついつい課金をしてしまうということですが、それも本人が気を付けていれば赤字にはならないでしょう。

パソコンよりも簡単にインストールやアンインストールが出来るのも魅力の一つです。

グーグルストリートビューでぷち旅行

ちょっと手持ち無沙汰になった時には、グーグルストリートビューでぷち旅行気分を味わうのも良いかもしれません。

グーグルストリートビューでは、目的地や大まかな住所さえ入力して検索すれば、世界中のあらゆる場所の映像を観ることが出来ます。

例えばフランスに旅行に行きたいという願望がある人では、エッフェル塔やモンサンミッシェルなどをグーグルストリートビューで観ることで、実際に行ったらどんな感じかを具体的に想像することが出来ますし、もし旅行に行けなくても行ったような気分だけは味わうことが出来ます。

また、博物館や世界遺産の建物などの施設も内部まで観ることが可能なところも多いです。

普段はあまり外へ出かける機会がない人は、空いた時間にグーグルストリートビューでぷち旅行気分を味わうことで気分転換にもなりますし、ちょっとしたストレス発散にもなります。

また、旅行へ出かけるのが趣味という人は、暇な時間に次の旅行先を決めるのに役立てても良いでしょう。

本を読む

昔からある手持ち無沙汰の解消法として、本を読むことが挙げられます。

最近ではスマホやタブレットで電子書籍として読むことも出来ますが、スマホやタブレットの場合には、充電が少ない場合や通信制限などがある場合にスムーズに読書が進められない場合もあります。

その点、紙の本ではいつでもどこでも読むことが可能な上に、周囲から見た時の印象も、スマホを弄っているよりも良いのでおすすめです。

ただしスマホに比べると本そのものがかさばるため、多少の荷物にはなってしまうかもしれません。

それでも、空いた時間にバスや電車の中で、もしくは喫茶店などで読書をするとある種の気持ちの落ち着きを感じられます。

さらにはスマホやタブレットで読書をする場合には、途中でメールの通知や着信があると一々読書を中断したり、画面にお知らせが出るとつい気がそぞろになってしまいがちですが、紙の本の場合には読書だけに集中することが出来ます。

整理整頓

家や会社などにいる時に手持ち無沙汰になってしまった時は、身の回りの整理整頓をすると気持ちがスッキリとして、人によってはちょっとしたストレス発散にもなります。

元々計画を立てたり、物事を順序立てして考えたりするのが好きな人の場合、空いた時間があると今後の予定を立て直したり、自然と身の回りの物の整理をしたりすることが多いです。

そうでない人でも、折角空いた時間がある時に身の回りのごちゃごちゃを軽くでも良いので整頓すると、それだけで何だか不思議と気持ちが晴れやかになるものです。

整理整頓のメリットは、終わった後に「やりきった!」という達成感を味わえるため、気分をポジティブなものに変えたい人にもおすすめの時間潰しの方法です。

部屋

綺麗好きな性格の人は、日頃から気分が乗る、乗らないに関係なく部屋が汚れたら掃除をしていると思います。

しかし、そこまで綺麗好きではない人や、多少汚れたくらいではそのままにしておいて、掃除の機会が来なければ中々掃除をしないという人もいることでしょう。

特にわざわざ掃除をするまでもないなと感じる程度の汚れの場合には、いざ掃除の決意をするのが案外ひと手間かかるものです。

また、いざ部屋の掃除をしようと思う機会は、来客がある時や年末の大掃除の時くらいしか中々訪れないものです。

そのため、日頃はそこまでまめに部屋の掃除をしないという人も多いと思いますが、そんな人にこそおすすめなのが、手持ち無沙汰になった際の部屋の掃除や整理整頓です。

日頃は何かとやることがあり、掃除までやろうという気にはなれない人でも、他にやることがなければそこまで掃除や整理整頓に対して否定的な気持ちにはなりません。

また、最初は渋々始めたとしても、やっている内に自然とこだわりが出てきたり、夢中になって部屋の隅々まで掃除をしていたりもします。

そうして掃除や整理整頓が終わる頃には、ピカピカになった部屋の様子にきっと充実感や達成感を覚えていることでしょう。

カバン

カバンの整理整頓は、時や場所をあまり選びません。

もちろん公共の場でカバンを開けっ広げにするのは抵抗がありますが、ベンチに座っている状態や、そこまで人目につかないような状況であれば、手軽にササっと整理整頓をすることが出来ます。

カバンが常に閉じている状態の人でも、買い物や何かの拍子に開くことがありますが、その際にカバンの中がぐちゃぐちゃでは、それを見た他の人からはだらしない印象を覚えられてしまいます。

また、自分がどこに何を仕舞ったのかが分からなくなってしまい、必要なものを取り出すのに時間がかかってしまうこともありますので、日頃からカバンの中は適度に整理整頓を心がけましょう。

バタバタと忙しい時にはカバンの整理は出来ないかもしれませんが、ちょっとした手持ち無沙汰な時に簡単に整えておくと、それだけで物は取りやすく、また何かの拍子に人に見られても恥ずかしい思いをせずに済みます。

特に公共の場所や、仕事の打ち合わせ先、デートに行く前のちょっとした時間に整理整頓をしておくと良いでしょう。

財布

財布の中身を整えておくことも大切なことです。

買い物をした後で、ついついレシートや領収証を入れっぱなしにしてしまっていたり、ポイントカードが雑多に詰まっていたりする人って、案外多いと思いますが、パンパンに膨らんだ財布の状態は、見た目や迷信的にも良くありません。

面倒臭いから、つい忘れていたからという理由がいつまでも長引き、気付けば財布の中身は無駄なものだらけ・・なんてことにならないように、気付いた時に財布の中身は常に整理整頓しておくようにしましょう。

例えばレシートは不要なものを全て抜いておく、ポイントカードは頻繁に使用するものだけを残し、後は抜いて別のカードケースに仕舞う、大量の小銭は必要な分だけ財布に入れて残りは家に帰った時に貯金箱に入れるなど、気付いた時にいつも財布の中を整理しておくと、直ぐに取り出しやすく、また見た目にもきれいで分かりやすいです。

特にレシートを財布の中に入れっぱなしにしておくとお金が貯まらないという迷信もありますので、気付いた時に抜き取るようにしましょう。

計画を立てる

ちょっと手持ち無沙汰になった時には、あれこれと頭の中で計画を立てると考えも整理でき、また楽しみも増します。

例えば電車やバス、人を待っている間や、会議や授業の合間など、ほんの10分程度の空いた時にでも、小さな計画であれば簡単に立てることが出来ます。

電車に揺られて帰りながら今夜の献立を考えたり、空いた時間に今週末の計画を立てたりなど、必要な計画から自分の楽しみのための計画まで、あれこれと考えるのも暇を潰すには良い方法と言えるでしょう。

仮眠を取る

日頃から疲れが取れ難い人や、睡眠時間が足りていない人などは、ちょっと空いた時間に仮眠をとるのも良いでしょう。

本当に心身が疲れている時には、ほんの数分間目を閉じた状態でいるだけで、すとんと短い眠りに落ちることが出来ます。

あまり疲労が溜まると一気に熟睡してしまって反対に起きられなくなるおそれもありますので、仮眠をとる際にはわざと寝苦しい体勢を取ることもおすすめです。

例えば座った状態で腕を組み、目を閉じる、肘を机に乗せて手に顔を預けるなど、ちょっとした動きがあれば直ぐに目を覚ませるような体勢で眠ると、熟睡せずに済みます。

一方で、もし仮眠を少々長めに取れるのであれば、ふとんの用意が出来ればふとんを敷いて横になり、しっかりと短時間熟睡をとるのも良いでしょう。

仮眠をとることで頭がスッキリしたり、一時でも体の疲労を軽減させたりすることが出来ます。

音楽を聴く

音楽が人の精神に働きかける力はとても大きいです。

昔テレビで音楽と人の精神との関係性を調査しており、あるスケート場で音楽をかけている時の人の動きを観察した結果が放送されました。

スケート場で白鳥の湖が流れていた時には、リンクの上を滑っている人たちの動きは皆ゆったりとしていて、落ち着いていました。

それが、アントニオ猪木のテーマソングに変わった途端に、リンクの上を滑っていた人たちの動きは情熱的で、レースのように激しくなったのです。

このことからも分かるように、人は音楽によって、自分の精神面を容易く変化させます。

悲しい曲を聴くと悲しくなり、明るい曲を聴くと元気になる。

実際にこのような結果が出ています。

それを利用して、時間がある時にはこの後の予定に合わせた音楽を聴いて時間を潰してみてはどうでしょうか?もしこの後仕事でプレゼンがあるのなら、上手くいくように明るく前向きな音楽を聴く、またもしクラシックやコンサートを観賞するのなら、移動時間にもクラシックを聴いて心を鎮めておくなど、今後の行動に合わせて音楽を聴くと、その後の予定も上手くいくかもしれませんね。

掃除

先に挙げた整理整頓と同じく、空いた時間に掃除をすることで、身の回りはきれいになり、かつ充実感や達成感で気持ちを明るくスッキリとしたものにすることが出来ます。

不思議なもので、精神面が落ち込んでいる人の部屋は汚れやすく、また元気な人の部屋は綺麗な傾向があります。

それは、気の持ちようで掃除に対するモチベーションが異なることが大きいですが、汚い部屋のままではさらに心が落ち込みやすく、また綺麗な部屋ではさらに前向きな気持ちになれると言われています。

部屋の汚さと心のネガティブさ、また部屋の綺麗さと心のポジティブは相互に関係性があるとされていますので、時間が出来た時に渋々でも掃除をすることで、もしかしたらあなたの気持ちにも明るい変化が訪れるかもしれません。

不要なものを廃棄

物を捨てられない人っていますよね。

「いつかは使うかもしれない」「思い入れがあって大切で捨てられない」など、物を捨てられない理由はさまざまです。

しかし、いつまでも物が捨てられなくては、身の回りはごちゃごちゃとして、一向に整理が出来ません。

そのため、時には「断捨離」の決意を持って、時間が出来た時には不要なものを廃棄しましょう。

もし思い入れがあるものや、使わないけど何となく大切なものがあれば、廃棄せずにフリーマーケットやバザーなどに出すと、「捨てずに人のために貢献出来た」という気持ちになれますので出品するのがおすすめです。

不要なものを廃棄し始めると、いつの間にか時間が経って効率的に時間潰しが出来ることもあるので、手持ち無沙汰になった時には身の回りの不要なものを整理してみるのも良いでしょう。

自然に触れる

私たちの身の回りには自然がまだまだたくさんあります。

少し意識するだけで、道端や公園、街の至る所にたくさんの自然を見つけることが出来ます。

自然に触れる、と聞くと、わざわざ山や海まで出かけるイメージが強いですが、実際には家の側の公園でも十分に自然とは触れあえます。

よく観察していると、季節によって咲いている草花の種類は違いますし、バッタやカエルなどの生き物も見つけることが出来ます。

自然と触れ合うことで気持ちをリラックスさせたり気分転換になったりするので、急に何もすることがなくなってしまった時には、自分のすぐそばにある自然に目を向けてみて下さい。

ショッピング

友達との約束が急になくなってしまった、または次の予定までまだ少し時間がある、そんな時にはショッピングが良い時間潰しになります。

ぶらぶらと適当に歩いて、ウィンドウショッピングをするだけでも楽しいですし、意外に時間は早く過ぎていきます。

また、いつでも自分の好きなタイミングで切り上げることが出来るため、制限もなく気軽に楽しめるので時間が空いてしまった時にはショッピングがおすすめです。

DIY

DIYとは、「DoItYourself」の略語で、「自分でやる」という意味です。

例えば機械が好きな人が自分でパソコンをカスタムしたり、ログハウスを自分で建てたりと、専門業者ではない個人が自作や修繕をすること指します。

釣りが好きな人が自分で釣り竿を作ったり、絵本を自作して自分の子どもに読み聞かせしたりと、個人で好きなように出来ることが魅力です。

専門の業者ではなくあくまでも個人でやるため、出来不出来は人それぞれです。

しかし、自分の好きなことを自分自身で作ったり、修繕したりする楽しさは何にも代えがたいものがあります。

ちょっと時間が空いた時や、丸一日何もすることがなくなってしまった日などには、あなたもDIYに取り組んでみてはどうでしょうか?

【DIYについては、こちらの記事もチェック!】

情報収集

手持ち無沙汰になったしまった時には、人と話したり新聞やニュースをチェックしたりして、情報収集に努めるというやり方もあります。

仕事や人間関係、私生活に関することなど自分が一番関心のあることや、今後アプローチしていきたいものに関係する情報を収集しておくと、それが後々自分のためにもなります。

何より、空いた時間を使って情報収集をすることで無駄なく、とても効率的に必要な情報を集めることが出来ます。

集めた情報はどれも余すことなく自分のために活用していきましょう。

連絡の返信

メールやラインの返信が溜まってしまっていることってよくありますよね。

忙しくて、または面倒臭くてなど、人によって返信していない理由はさまざまですが、せっかく時間があるのなら、この機会に溜まってしまっている返信をするのも良いでしょう。

会話がダラダラと長引きそうな人の場合には、必要な内容だけを書いて、後は返信があまり出来ないような旨を添えて返信しましょう。

また、それ以外の連絡に対しては、遅くなって申し訳ないということを一言添えた上で返信をすると相手には好印象です。

急ぎの用事以外の雑談のやり取りには返信が面倒になってしまうこともありますが、どうせすることがないという状況の時にはのんびりと返信をするのも良いかもしれません。

SNSチェック

手持ち無沙汰になった時にやる確率がかなり高いのが、SNSのチェックです。

FacebookやTwitter、インスタなど、今やSNSは世界中に広く普及しています。

自分で投稿はしなくても、フォローしている人の投稿を目で追っていくだけでも結構な暇潰しにはなります。

とはいえ、あまりに頻繁にチェックしていると、その内に四六時中SNSをチェックしなければ気が済まないSNS中毒になってしまいますので、やり過ぎには注意しましょう。

あえて何もしない

日頃忙しくしている人や、ようやく手持ち無沙汰になれたという人の場合には、あえて何もせずにぼんやりと休憩してみてはどうでしょうか?外へ出て、のんびりと流れる雲を眺めたり、街並みを何も考えずにただ眺めたり、とくにこれといったことはせずに、時にはまったりするのも良いかもしれません。

忙しい人ほど、時間の流れに追われる生活を送っています。

しかしそんな生活を続けていると、心に余裕やゆとりが持てなくなってしまう恐れがあります。

そのため、時には何もしないような、手持ち無沙汰な時間も敢えて必要なのかもしれません。

手持ち無沙汰な時間を有意義にすごそう

手持ち無沙汰な時間は、一言でいえば「暇な時間」です。

それはほんの5分程度の短い時もあれば、丸一日のように長い時間の時もあります。

その手持ち無沙汰な時間を、もしも有意義に過ごせるとしたら、きっとあなたの人生は今以上により良いものになっていくことでしょう。

空いた時間を使って読書をして知識を増やす、空いた時間で計画を立ててスムーズな行動を取れるようにするなど、その人の選択する行動によって、その後のその人自身が変わってきます。

毎日をせかせかと気ぜわしく送っている人は、時には本当にぼんやりと「暇」な時間を堪能して、心や頭に空白を作ってあげましょう。

また、夢や目標がある人は、空いた時間をそのために使いましょう。

どんなふうに自分が隙間時間を有意義に過ごすかによって、あなた自身の人生は少なからず左右されることになるのです。