暮らしが豊かであるかどうかは、数値で表すことは難しいと思います。

あの人は豊かな暮らしをしていると見える時、何を基準にそう思うのかを考えてみます。

すると、まずは充分なお金を持っている資産家であることを考えます。

充分なお金があるから、高級住宅に住んで高級自家用車を持ち、高価な装飾品や洋服を身に着けている。

海外旅行にも良く出かけるようだとかの噂も多いのです。

こういう状況を豊かな暮らしをしていると呼ぶのです。

しかし、豊かな暮らしができるほどのお金に余裕がなければ、暮らしを豊かにできないのでしょうか?暮らしが豊かになるというのは、そういうことではないのです。

どんな人でも、暮らしを豊かにすることができるのです。

では、暮らしを豊かにするとはどういうことでしょうか。

それをここで一緒に考えてみたいと思います。

暮らしを豊かにするためのテクニック8選

暮らしを豊かにするには、お金があることに越したことはありません。

お金に余裕があると、当面の暮らしに豊かさは生まれます。

一時的な満足感や優越感も大きいのです。

では、お金があれば、お金で豊かな暮らしを実現すればみんな幸せになれるのでしょうか?幸せになるとは、そんな単純なことではありません。

暮らしを豊かにする重要な要素とは、決してお金だけではないのです。

地位や資産や現金をたくさん持っている人は、誰かに奪われるのではないかとか、誰が奪いに来るのかなどと疑心暗鬼になって、不安な毎日を過ごすこともあるのです。

これでは、見かけとは異なり暮らしは豊かではないと思います。

莫大な財産を持っている人は、年を取っていずれその財産を妻や子どもたちに相続させるのです。

しかし、いざその時になると、実の子供以外に認知した子どもも現れてきたり、妻とは浮気や女遊びにより相続について揉めていたりすることは多いようです。

兄弟間の財産相続の場合が、お金の大小係わらず最も揉めやすく長期化することが多いようです。

弁護士に依頼して決着をつけるのですが、このような醜い事態になることは、決して暮らしを豊かにすることにはならないのです。

このような相続する財産がほとんどなくても、暮らしを豊かにすることができるのです。

生活の質を上げて、平穏な心を持って明日への希望がある生活こそが、豊かな暮らしと言えると思います。

ではあなたが希望に満ちた豊かな暮らしをしていくために、どんなことを実行したら良いのか、具体的に考えてみました。

1.断捨離をする


断捨離(だんしゃり)とは、最近話題になった言葉です。

自分の持ち物に対する執着心を捨てて、不要だと思うものを思い切って減らすことです。

例えば、下駄箱の中を見てください。

最近ほとんど履いたことがない、中途半端な靴が何足もあるはずです。

いつかは履く機会があると信じているのですが、1年以上履いた記憶が無いものがあるはずです。

しかも、下駄箱の中央の取り出しやすいところに鎮座していることもあるのです。

普段よく履く靴は、かわいそうに下駄箱に入れてもらえずに、外に放り出されたままです。

良く履くのでいちいち下駄箱に入れて置けないと言うかも知れませんが、せめて帰宅して外出する予定が無ければ、きちんと入れてあげるべきです。

ちょっと精神論になって脇道に外れましたが、言いたいことは不要なものが堂々と居座っていることに気が付くべきなのです。

ほとんど履かない靴は捨てて、大事な靴は奥にしまい、よく履く靴などは取り出しやすいところに置いておくのです。

その靴のスペースはキッチリと確保しておいて、夜に帰宅するとその場所に並べるのです。

キチンと整理されている靴を見ると、心も落ち着くものです。

それと、多いのが衣料品です。

毎年何着かを購入しているなら、古くてほとんど着ない服を捨てるべきです。

時間がある時に、引き出しやクローゼットの中身を取り出して並べると、驚くほどたくさんの不要な衣服が判るはずです。

不要なものを思い切って捨てて、整理してみてください。

このように物への執念を捨てて不要なものを減らし、あなたの生活の質の向上や心の平穏を求めることを断捨離と言うのです。

不要なものを捨てて新しい物を取り入れることで、あなたの運気も向上するのです。

必要最低限の物と暮らす

今の時代は、モノがいろいろと溢れています。

家庭用品は多量に生産して価格を下げているため、以前よりはお安く購入できていると実感しているはずです。

今や定番になった百円ショップもあちこちにオープンして、手軽に立ち寄って買うことができます。

百円ショップの商品も、中にはこれでも百円かと感動するような商品も見つけるのです。

このように、必要なものを安く買うことができるようになったことも、持ち物が増えて来た要因になっています。

昔は高額商品で手が出せなかったような電化製品も、通販や特売などで手が届く価格になっていることもあります。

最近の通販を利用すると、即日に発送してくれるサービスも多いので、早ければ翌日には手元に届くのです。

こんな便利な世の中ですから、通販にはまった人は、どんどん購入してしまうようです。

こんな事情もあってか、家庭には様々なものが溢れているのです。

すると、どんな現象が起こるかと言えば、部屋には雑然とモノが溢れていて整理ができない人が増えて来るのです。

このような人は、意外とモノに対する執着心が強くて、使わないのにいつまでも側に置いておきたいし、部屋がモノで溢れかえっていて落ち着かない、情緒が不安定になるなどの問題を抱え込んでしまうのです。

このような性格の人は多くて、引き出しの中やタンス、クローゼットの収納術に関する書籍も多く出版されているのです。

モノがいっぱいの部屋で暮らしていると、何だか心が落ち着きません。

これは、その人の心の中と同じで、頭の中にも余分なことが消されずに残ってしまっているのです。

この残ったものが心に影響してストレスとなって現れて来るからです。

モノが多すぎるとストレスが増えてきます。

さらに問題なのは、部屋の溢れたモノを目にすることで、視覚的にも影響を与えて脳がうまく集中できなくなるのです。

勉強したリ何かを覚えようと努力をしても、いろんなものに気が散ってしまって、集中力が落ち込んでいるのです。

次に、何か新しいモノを購入しても、置き場所に困ってしまいます。

何かを片付けて移動してから置いても、片付けたモノの置き場に困るのです。

そして、何かが必要になっても、「あれはどこにしまったのだろう?」とわからなくなってイライラしてしまうのです。

結局、見つかった時にはもう後の祭りとなってしまうのです。

探すのに時間がかかり、結局は効率が悪くなるのです。

占いの世界では、雑然とした部屋に住んでいると、運気が悪くなるという説もあります。

そして、何より大事なことは、部屋の整理ができない汚部屋女子と言われる適齢期の女性は、男性から敬遠されるという現実です。

仕事や学校から帰ると、服やコートをそのままベッドの上にポイッと放り投げて置いておくことです。

これでは、恋愛中も日頃の区切りがつけられずに、何ごともポイッと置いておく習慣がついてしまうと、恋愛も停滞してしまうデメリットがあるのです。

必要なモノと当分使わないものを区別し、よく使うモノを身近に置いておくのです。

頭の中も整理できるし、気持ちもスッキリして生きる意欲も溢れてきます。

さらに究極の整理術としては、用途によってさらにモノを選別し、必要最低限のモノに絞り込むことも可能なのです。

ある意味、無駄のない生活ができるのです。

2.何事も目標を立てる


車を手に入れた時に、友人を誘ってドライブに行ったことがあるはずです。

彼女がいると、もちろん彼女を誘ってどこかにドライブに行くことを考えたはずです。

もしもまだ彼女がいない時には、素敵な女性を見つけるために車を利用しようと思ったはずです。

また、有名な史跡を巡りたいとか、全国を旅行して回りたいと思っていた人は、車で回る方が効率的なので車の購入の目標を立てたのです。

このように、車を購入してあそこに行きたいとかの目標を立てて生活することは、イキイキとした毎日を過ごすことができるメリットがあるのです。

目標を立てることがどれだけ大切かは、いろんなことからわかってきます。

先ほどの車の購入の件でも、目標の大切さが分かります。

車を手に入れて友人とドライブに行くことになっても、行く目標を設定していないと大変なことになるのです。

ただ目標もなく車を走らせるだけでは、時間の無駄とも言えます。

若い時には、無駄を承知でウロウロすることも多いようですが、齢を重ねるとそんな無駄は精神的にも良くないようです。

車のこと以外でも、生活に目標を持たないと、生活に感動がなくなって心もネガティブになってしまいます。

大きな目標でなくても、来週に友人を集めてパーティーをする目標を立てるとか、秋に家族で旅行に出かける目標を立てるとか、身近なことでも構わないのです。

それを目標にすることで、毎日が楽しくなったり考え方もポジティブになって行くのです。

仲間や家族との会話も増えるし、愚痴や喧嘩も少なくなります。

目標までの期間は、充実した時間を過ごすことができるのです。

何事にも目標を立てることは、気持ちもイキイキとして、豊かに暮らせるのです。

成功しやすい

目標を持つということは、常にそのことを頭に描いて行動するので、一生懸命頑張るのです。

気持ちも前向きになり、少しぐらいの困難が立ちふさがっても、それを越えていくエネルギーが生まれるのです。

目標を持つと成功しやすいのです。

3.1番嫌なことから取り組む

自分の嫌なことが頭に残っていると、いつまでも気持ちが後に引きずられます。

スッキリとしないままに生活をしていることになります。

これは、ストレスを生み出して心に蓄積していくのです。

何気ない会話をしていても、残された嫌なことが頭をよぎり集中できないのです。

効率も悪くなり、失敗やミスも増えます。

ではどうすればよいのでしょうか。

答は一番嫌なことから取り組んで、処理してしまうことです。

取り組みに時間がかかったりエネルギーを使ったりしますが、嫌なことから目を反らせずに片付けてしまうのです。

誰でも、嫌なことは後回しにしたいものです。

朝起きてから今日一日の予定やヤルことを整理しますが、そこには嫌なこともあるはずです。

やらなければいけないことはよく知ってはいますが、やはり嫌で気分が乗りません。

部屋の整理や掃除もそうです。

片付けるのもおっくうになるのです。

しかし、嫌なことはサッサと先に取り組みましょう。

サッサとやってしまう方が、心も気分も晴れて楽しくなります。

嫌なことが終わってしまうと、あとは時間を自由に使えますし、楽しいことを計画しておくとさらに毎日が充実するのです。

その後のことを効率よく行うことができる

頭の中も部屋の中も、余分なモノや嫌なことが残されていると、スッキリしないので効率が悪くなります。

嫌なことが処理されたり片付けされていると、その後のことも、効率的に行うことができます。

上手く運ぶことが期待できます。

4.笑顔でいる

日本人はおもてなしが上手と言われています。

お客さま相手の商売では、接客係は絶えず笑顔で接してくれます。

そして、「笑う門には福来たる」ということわざのように、笑顔が素敵な女性には、幸福が訪れるとも言われています。

笑顔には、このようなすごい効果もあるようです。

さらに笑いと健康の関係でも深い繋がりがあるようです。

それは、笑顔で過ごすことによって、免疫力がアップするそうなのです。

この免疫力というのは、科学的に検証されているものです。

つまり、身体の外から侵入してくる細菌やウイルスなどの病原体から身を守るための仕組みです。

これはNK細胞(ナチュラル・キラー細胞)とB細胞と呼ばれる免疫細胞です。

人間は、笑顔によってこれらの免疫細胞が増加することが明らかになっています。

ひとつの医学療法として、がん患者に漫才を見せて大笑いをさせていると、NK細胞が増えて働きが活性化されたという報告もあります。

また抗体を作り出して身体を守る働きがあるB細胞も増加し、これらの二つの免疫細胞の増加によって、健康を増進させることもできるのです。

アトピー患者でも、笑顔が治療に役立つそうです。