CoCoSiA(ココシア)

出世する人の21の特徴(大企業編)(続き3)

しかし、その仕事をあなたに渡してくれたのってあなたではないですよね?

営業さんであっても、顧客の細かい管理は事務に任せているはずです。

どこかで誰かに頼って仕事をしているはずなんです。

だからこそ協調性が必要。

それにトップにたつ人であるならば、なおさら必要なんです。

重役たちはそれをしっかりと見抜いています。

12.前向き

出世できる人・しやすい人というのは、どんなに悪い状況に陥ってしまったとしても前向きに物事に取り組みます。

誰かが「それはもうムリだよ、やめておくべきだよ」なんていったとしても続けるんです。

それで成功することもあれば、失敗することもありますが引きずりません。

もちろん反省はするのですが。

また、その前向きな性格って仕事をしているときだけではなく、仕事を開始する前だとか誰かがおちこんでいるときにもそのような前向きに話しかけてくれるので、周りの人も元気がもらえるんですよね!
前向きな人が一人いるだけでも職場というのは、明るくなるもの。

あなたもそのような存在になってか会社そのものを明るくしてみてはいかがですか?

13.先読みする

会社をひっぱっていくには、今やっていることをがんばるのはもちろんのこと、これからどのようなことを仕掛けていけばいいのかまでも考える必要が出てきます。

そんなときに必要となってくるのが”先読み”の力なんですね。

先読みとは、今度この先どのように変わっていくのか?という未来を予言することです。

その先読みをするからこそ、今すべき行動をはっきりとさせることができるんです。

例えば、冬になれば寒くなるので決まってアウターが売れるようになりますよね。

そうするとファッション業界は、冬になる前にアウターを販売するように作業を進めているはずです。

これはとても当たり前のことですが、このようにして先読みをすることはとても重要なんです。

ぬかりなく仕事ができるようになりますし。

14.雑務も引き受ける

出世できる人は、誰もが面倒くさいと思うような仕事でも気分よく引き受けてくれます。

そのため、とても利用されやすい性質があるのですが、やはり雑務を引き受けてくれる人に悪い印象をもちませんよね。

なかにはいやいや引き受ける人がいますが、そういったこともしないので「会社(その部署)全体の雰囲気をよくしてくれる」存在であることには間違いありません。

そのため、出世後は部下たちを大切にすると期待されます。

15.オンオフの切り替えが上手

あなたは、仕事とプライベートのオンオフってしっかりできているタイプだと思いますか?

もしもそうであるならば、出世できる性質をもっているかもしれません。

なぜかといいますと、出世しやすい人というのは仕事のオンオフの切り替えがとても上手なんですよね。

メリハリある生活をすごしているんです。

そのため、仕事をするときには仕事に一生懸命に取り組むし、プライベートの時間にはなるべく仕事を持ち込まないようにしてます。

そのようにオンオフの切り替えを上手にできているということは、何か余計なものがあったとしてもそれを取り込まずに仕事に没頭できるってことなんです。

その結果として、すばらしい成績を残すんですよね。

また、いつもよりも仕事が終わる時間が早くなるのでプライベート時間を充実させることも。

それって仕事へのやる気を出させてくれるものですから、全体的に良いサイクルができあがるんです。

16.人間関係を大切にする

出世できる人は、出世するために誰かを利用しようとはしません。

世の中にはそのような汚い人間がいますが、そういう人は必ず悪事がばれて謝罪をするハメになります。

それに裏切られた人たちからはもう二度と信用してもらえることも無くなり、そのウワサが広まることで新しい友人ができなくなってしまうかもしれないですね。

しかし、出世できる人・しそうな人というのは、どんな人でも人間関係を大切にします。

会社の上司、部下、同僚はもちろんのこと、学生時代からの友人、そして恋人、さらには会社の清掃係の人や警備員の方も大切にするんです。

挨拶はかかさないし、親密な関係の間柄であればなにかあるごとにささいなプレゼントを渡すことも。

それは相手に気に入られたいからするのではなく、自分がほしいからしているんです。

そのため、関わる人からもとても慕われています。

【人間関係については、こちらの記事もチェック!】