私たちが日常で何気なく使っているフレーズや言い回しの中にも、実は知っているようで何となくしか意味が分からない、なんていうものも多かったりするのではないでしょうか。

当たり前のように使われている言い回しだったり、テレビや本などで見聞きするフレーズを自分も無意識のうちに使っていたり…。

でも「どんな意味?」と聞かれると、正直はっきりとは分からない言葉も結構あるものです。

普段使いとしては使わないものもあるかもしれませんし、漢字が難しくて読めなかったり書けない、なんていう言葉も意外とあるんじゃないでしょうか。

それでも社会人になると、ビジネスにおいて文章を書いたり、さまざまな書類の作成をする機会も増えるので、正しい言葉の使い方や、その基本的な意味などは覚えておきたいものです。

ここでは、何気なく耳にしたことはあるものの、イマイチ意味をはっきりと説明できない人も多いかもしれない、「驚愕」というワードの意味や使い方について深く掘り下げていってみようと思います。

️驚愕ってどういうこと?

「驚愕」というワード、初めて聞いた方もいるでしょうか。

なんて読むか分かりますか?これは「きょうがく」と読みます。

「驚く」という言葉はよく使われますし分かると思いますが、「愕(がく)」って何?って思いますよね(笑) 「愕然(がくぜん)とする」という言い回しにもこの「愕」という漢字が使われています。

では「驚愕」という言葉にはどんな意味があるんでしょうか。

どんな時に使われるフレーズなんでしょうか。

驚愕の意味

驚愕(きょうがく)という言葉をネット辞書で調べてみると、「非常に驚くこと」「大きな驚き」と出てきます。

実は「愕」という漢字も、音読みすると「がく」ですが、訓読みすると「愕く(おどろく)」と読みます。

「驚く」と「愕く」が二つくっついた言葉で、おどろいた様子を強調した言葉となっています。

特にこの「驚愕」という熟語は、突然の事件や衝撃的な事実など、思いもしていなかった事や予想もしていなかった出来事に直面した時の“おどろき”の感情表現として使われています。

それは、「驚く」という漢字は「びっくりする」とか「動揺させられる」という意味で使われるのに対し、「愕く」は「予想外のことに慌ておどろく」とか「思いがけないことにあって、落ち着きを失う」という意味で使われていることからも理解できるでしょう。

予想しなかった出来事に遭遇したときの感情


「非常に驚いたり」「とても驚く」感情は物事の良し悪しに関わりなく、とにかく予想もしていなかった出来事に遭遇したり、見聞きした時に感じるものです。

つまり「驚愕」という熟語は好ましい感情として使われることもあれば、好ましくない気持ちの時にも使われるということです。

予想もしていなかった状況に遭遇して非常に驚いた時の感情を表す表現としては他にも、「目の玉が飛び出るほど」とか「わが目を疑った」「目を見開くほど」といったものや、「腰を抜かしそうになった」、「心臓が止まるかと思った」、「肝をつぶす」などという体の一部を使った表現の仕方もあります。

また、「びっくり仰天する」とか「ぶったまげる」「おったまげる」「愕然とする」という表現でも表すことができるように、とにかくあまりに意外過ぎたことや突然過ぎた状況や出来事に、衝撃を受ける感情を読み取ることができると思います。

とにかくびっくりしたとき

あまりに驚いたり、とにかくびっくりさせられた時の心理状態は、とても動揺させられたり驚きあきれることもあるかもしれません。

もちろんびっくりさせられる状況は、常に嫌な感情や経験によるものというわけではなく、好ましい経験による場合もあります。

いずれにしても、「驚愕」という言葉はこうした、びっくりするという感情を表す時にぴったりな表現としても使われます。

たとえば、驚愕の意味には「言葉を失った」とか「言葉も出ないほど驚いた」、「啞然とした」、「絶句した」といった声も出ないほどの驚きが含まれています。

他にも、「動揺を隠せない」とか「衝撃を受けた」、「唖然とした」「血の気が引いた」「度肝を抜かれた」「茫然自失となる」といった表現でも表わされることもあるでしょう。

️驚愕の使い方


驚愕という言葉が意味する感情については、何となく理解できたでしょうか。

では実際に、どんな時にこの「驚愕」という熟語は用いられているのでしょうか。

実は意外とこの「驚愕」というワードは、色々な場面において使われていることが多いことに気づくかもしれません。

話し言葉の中ではそれほど使用しないワードかもしれませんが、書き表される文章の表現の中に含まれていることが結構ある、という事が分かると思いますよ☆

それでは、驚愕のさまざまな使い方に注目して見ることにしましょう。

驚愕の事実

今まで知らなかった、衝撃的な事実について判明した時や、知るとちょっと怖くなってしまうような真実について説明しようとする時に、「驚愕の事実」というフレーズが使われることがあります。

「驚愕の事実を突きつけられた」とか「驚愕の新事実が判明した!」なんて言い方をするでしょうか。

たとえば、とある有名人や人気の著名人が、女性として生活していたのに実は男性であることが判明した!とか聞いたら、予想もしていなかった事にかなり衝撃を受けますよね。

また、友人や知人のあり得ない行動や真実について知って、あまりに衝撃を受けた時に使ったりすることもあります。

いずれにしても、予想をはるかに超えていたり、想像できないほどの事実に直面した時に使うことのできるフレーズと言えます。

私はひどく驚愕した

あり得ないと思う事を実際に目の当たりにした時、また、まったく予想もしていなかったことが自分の身に起きた時、その衝撃の度合いや動揺している様子を表わすのに「私はひどく驚愕した」と使うことがあります。

それはたとえば、これまでとっても元気だった父親や母親など、家族が突然に亡くなってしまった知らせが届いた時などに、「突然の訃報に私はひどく驚愕した」という言葉で感情を表現するかもしれません。

この場合の感情としては、愕然としている様子や、あまりの突然のことに気持ちがついていかず、事実を受け入れられない、動揺した感情を表わしていると言えます。

あっけに取られて、あまりのショックを受けたり、呆然とした状態で気が抜けてしまう、茫然自失の状態を表現するのに適切な使い方と言えるでしょう。

飛び込んできたニュースに驚愕した

たくさんの犠牲者を出すほどの災害や事件、あまりに残酷過ぎる犯罪が起きて、そのニュースを見聞きした時に、その突然飛び込んできたニュースに「驚愕し」震撼させられることがあります。

この場合は「我が目を疑う」とか、「血の気が引いた」というような、衝撃や精神的なショックの気持ちを表わすのに適切な言い回しと言えるかもしれません。

他にも、大好きなアイドルや俳優や女優さん、芸能人が結婚したニュースを知った時に抱く「腰を抜かしそうなほどの驚きやショック」の気持ちを表現する際にも、「驚愕した」と使うことがあります。

金額の高さに驚愕した

「日本一高い◯◯ 驚愕の□□円!!」とか、「驚愕の買い取り価格!なんと◯◯円!!」といったキャッチコピーやフレーズを、店頭広告やテレビコマーシャル、ネット広告などで目にすることありませんか?

ある品物の価格が、想像をはるかに超えて非常に高い時や、逆にコストパフォーマンスが良いものに対して、その価格を強調するために「驚愕の~」といったキャッチフレーズが使われることがよくあります。

思わず呆れてしまって、開いた口が塞がらないような気持ちや、目を見開くほどの衝撃を表す表現としてふさわしいかもしれませんね。

個人的にとっても「驚愕させられた金額」は、「一粒ウン万円」で販売されている、さくらんぼやブドウといったフルーツがあると知った時で、あまりに衝撃を受けたのを思いだしました(笑)

彼の突然の行動に驚愕した

自分の周りにいる知り合いが、思ってもみなかった行動や言動を突然取り始めた時は、たいていショックを受けるものです。

ショックを受けるということですから、その行動のほとんどは印象よく感じられるもの、好ましいものではなく、むしろ逆にあり得ないと感じてしまうものであるという事でしょう。

それは特に、自分が今付き合っている彼が、普段とは違う一面を見せたり、急に豹変した時に「驚愕させられる」ことがあるかもしれません。

「こんな人だとは思わなかった」と感じるような行動を自分が取られたり、または見てしまった時に、心の落ち着きや平静を失ってしまう衝撃的な感情を表わすのに最適な表現と言えるかもしれません。

驚愕の色が見える

不意打ちにあって唖然としたり、呆然とする様子や愕いた表情を表わす時の表現として使われるのが、「目に驚愕の色が浮かぶ」とか「驚愕の色が見える」といった言い回しです。

“目に~色が見える”という表現からすると、動揺している心の揺れや驚きの感情がもはや隠せない状態で、表情や見た目に表れてしまっている様子が見て取れるでしょう。

「血の気が引く」とか「顔色が青ざめる」といった状態や、目を見開いて呆然としている様子や、凍り付いた表情になっている人を表現するときに、「彼女の目に驚愕の色が浮かんでいるのが見て取れた」といった使い方をするかもしれません。

あまりの驚愕に放心状態

人はどんな時に“放心状態”になってしまうでしょうか。

ショッキングな光景を目にした時や、ビックリしすぎて現実と受け止められない時、あまりに衝撃的な場面に出くわした時にそうなってしまうかもしれません。

放心状態になっている時の別の表現としてふさわしいのは、たとえば「口がポカンとしている」とか「言葉を失う」、あるいは「呆れてモノが言えない」とか「開いた口が塞がらない」状態と言えるかもしれません。

あるいは「フリーズする」とか「呆然と立ちすくむ、あるいは立ち尽くす」といった茫然自失になっている状態もそう言えるでしょう。

言葉にならないほどの驚きや衝撃を受けた時、またはどう対応して良いか、次にどんな行動をすればよいか分からないほどのショックを感じた時の表現として、「あまりの驚愕に放心状態になってしまった」なんて使い方ができるかもしれませんね。

この後、驚愕のラスト!

「この後、驚愕のラスト!」とか「驚愕の最終回!!」といったフレーズ、きっと一度は誰もが見たことがあるんじゃないでしょうか。

ドラマとかバラエティー番組、映画で、よりインパクトのある表現をして観る人々の興味や関心を惹きつけたい時、ワクワクドキドキした気持ちで最後まで見て欲しい時などに使われることがよくあります。

映画の宣伝や広告でこのキャッチコピーを見たり、テレビでコマーシャルに入る前にこうしたフレーズを見ると、「最後どうなるんだろう」ってとっても興味が湧きますよね♪

実際にそのラストが想像していたストーリーとはまったく違うラストであったり、思いもよらなかった結果になった時は、「本当に驚愕のラストだった…」と感じるのではないでしょうか。

ラストがハッピーなものになるか、最悪な結果となったかに関わらず、いずれの場合でも多くの人の予想を裏切る内容であったり、想像や超えた展開に対して、こうした使い方がされることがあります。

️驚愕に伴う感情

「驚愕」という言葉のさまざまな使い方があることが分かっていただけたでしょうか。

私たちは日常いろいろなシーンで「驚愕」させられることがあるという事です。

非常に驚かされたり、大きな驚きを感じたり、それに伴って唖然とさせられたり、呆然となったり、動揺させられることもあるという事が理解できます。

そして「驚愕させられる」状況のほとんどは、突然自分の身に降りかかったり、予想もしていなかった出来事に遭遇したり、あまりに意外過ぎる場面や状況の時に感じることが多い感情であることも分かりますね。

では、人は「驚愕させられる」時にどんな感情を抱くのでしょうか。

「驚愕」する時には私たちはそれに伴ってさまざまな感情を共に感じるようです。

そしてそれは嫌な感情であることもあれば、逆にプラスに働く幸せな感情であることもあります。

驚愕には2つのパターンがある

驚愕に伴う感情はネガティブなものと、ポジティブなものと、2つのパターンがあるということです。

ショッキングな辛い状況に遭遇した時は、悲しみや怒りといった感情を共に感じるでしょうし、逆に感動的で素晴らしい出来事に接した時には、驚嘆させられて喜びや幸せを感じることがあるでしょう。

これから「驚愕した」時に感じるさまざまな感情について取り上げていきます。

まず考えるのは“ネガティブな感情”です。

驚愕に伴うネガティブな感情には「怒り」「悲しみ」「恐怖」「混乱」「緊張」といったものがあるようです。

一つ一つ見ていきたいと思います。

驚愕のネガティブ感情

怒り

頭をガーンと殴られたような、あまりに衝撃的な出来事に直面したり、ショッキングな場面に遭遇すると、その衝撃やショックが強ければ強いほど怒りの感情に変わっていくということがあります。

愕然とするようなショッキングな状況に遭遇すると、ほとんどの人は深く心を傷つけられたと感じるものです。

その傷ついた感情をどのように受け止めたらよいか、どうしたら解消できるのか、分からなくなってしまいます。

「なんで私だけがこんなつらい目に合わないといけないのか」なんていう感情も沸き起こってくるかもしれません。

そうすると、そうした傷ついた自分を守ろうとする感情が働くようになります。

それはある場合には、自分にこうしたつらい気持ちを味わわせた対象に対しての強い怒りとして表れてくることがあるかもしれません。

たとえば、すごく信頼していた友人から裏切られた時や、とても大切にしていた恋人から理不尽な理由で一方的に別れを告げられた時、あまりの突然の衝撃的な出来事に茫然自失の状態になってしまうでしょう。

その強い動揺や衝撃を少しでも和らげて、自分の身を守ろうとして、それはやがてその友人や恋人を恨んだり、強い憎しみの気持ちへと変化していくことがあるかもしれません。

その強い怒りの感情が、自分の身を守ろうとするように働くということなのです。

悲しみ

自分の大切な家族や愛する人が突然亡くなった時などは特に、驚愕すると同時に悲しみの感情を強く味わうものです。

思いもよらなかった愛する人の死に直面すると、その時はただただ呆然とした状態になってしまうでしょう。

死んでしまった現実を受け止めることができず、何も考えられなくなったり、あるいは感じない状態が続くかもしれません。

それは怒りの時と同じで、自分を守ろうとする感情が働くからです。

一時的に感情にふたをすることで、あまりにショッキング過ぎる出来事から目を背けようとするのかもしれません。

でも時が経過していくとともに、愛する人がもういない、という現実に嫌でも気付かなければいけなくなっていきます。

いつも一緒に行なっていた日課を一人でこなす時や、二人でよく行っていた大切な場所に行く時などに、「ああ、もうあの人はいないんだ」という現実を嫌でも受け止めなければいけなくなってしまうでしょう。

その現実にぶつかる時に、どっと悲しみの感情が押し寄せてきて、涙が止まらなくなったり、あまりに悲しすぎて一人で生きていく自信がない、とまで感じてしまうかもしれません。

耐え難い感情を何かの対象に怒りとしてぶつけてしまう、ということさえあるかもしれません。

このように驚愕する出来事に遭遇すると、時間の経過とともにさまざまな感情が押し寄せてくるということがわかるでしょう。

恐怖

「驚愕する」ことと「恐怖を感じること」は感情としては似ているように思うかもしれませんが、これはまったく別の感情で、やはり驚愕と連動して味わうものであると言えます。

驚愕するというのは、まったく予期していなかったことや、あまりに突然のことに面した時に感じる驚きや衝撃や動揺のことです。

その時は、ただただびっくりするだけで、何も考えられないかもしれません。

しかし、そのびっくりさせられた出来事や、衝撃を現実として認識して受け止めた時に、やがてそれが恐怖へと変化することがあります。

たとえば、自分が一人で暮らす家に帰宅したところ、家の中に泥棒が入っていて遭遇したとします。

最初に感じるのは、その予想もしていない場面にただただ「驚愕して」しまいます。

でもそれが泥棒だと次に認識した時に、その驚愕は一気に恐怖へと変わっていくでしょう。

このように、恐怖という感情が伴うこともあるという事が分かります。

混乱

自分がまったく予期していなかった事に遭遇したなら、きっとその事実を受け止めたり、整理して考えられるようになるまではしばらく時間がかかるでしょう。

もちろん驚愕するようなショッキングな状況を経験したり、見聞きするといちばん初めは「頭が真っ白になって何も考えられない」とか「言葉が出ないほどの放心状態」になるものです。

でもその次にくる感情として、「いったい何が起きているのか理解できない」とか「何が何だかよく分からない」といった混乱した気持ちが襲ってくることもあるでしょう。

混乱するとは、「物事が入り乱れて秩序を無くすことや、整理がつかなくなる」状態を指していますから、起きている現実を冷静に受け止められるまでには多少の時間がかかることもあるかもしれません。

緊張

自分で予測を立てていた事を行なう時であっても緊張を感じることがあります。

予想もしていない場面に遭遇したら、なおさら緊張するのではないでしょうか。

たとえば、一人暮らしの彼氏の家に招かれて、ウキウキして出かけていったら実は彼のお母さんが待ち受けていた、なんていう状況だったら、それはかなり「驚愕させられる」場面です。

その衝撃や動揺の感情の後には、緊張も付いてくることでしょう。

緊張というのは、ただ心臓がドキドキ・バクバクするだけではありません。

人によっては冷や汗が止まらなくなったり、顔が引きつったりするかもしれないですし、手足の震えが止まらなかったり、声が震えたり、うわずった話し方に表れるかもしれません。

顔色が青ざめたり、逆に赤面してしまう人もいるでしょう。

このように驚愕の感情は、緊張が表情や、顔や体の異常という形で表れてくる場合もあるという事が分かると思います。

驚愕のポジティブ感情

驚愕させられるのは、いつもマイナスで嫌な場面や状況ばかりではありません。

「嬉しいサプライズの知らせに驚愕させられた」なんてこともあるように、ポジティブな感情が伴うこともたくさんあるのです。

では次に驚愕に伴うポジティブな感情の幾つかを取り上げて考えていってみましょう。

それは、「喜び」「笑い」「安堵」そして「好奇心」といった感情です。

それらの感情が「驚愕する」ことにどのように関わって引き起こされていくのかを考えていきたいと思います。

喜び

驚きが喜びに変わる瞬間に遭遇したことはありますか?「え~うそでしょ?!」といったような、驚きと喜びが入り混じったような感情を味わった経験は、意外とほとんどの人があるのではないでしょうか。

たとえば、「まったく想像もしていなかった二人が結婚することになった」とか、「結婚のけの字もなかった子供が、結婚したい相手がいると言ってきた」時には、意外過ぎる出来事にびっくり仰天するかもしれません。

が、次の瞬間それは「おめでとう!」という喜びの感情にとって代わります。

奥さんから「待望の赤ちゃんができた」という知らせを聞いた時にも同じような感情を味わうことでしょう♪

他にも、友人からサプライズでお祝いを計画してもらった時や、恋人や伴侶から思いがけないプレゼントをもらった時などにも、突然の事や予想外の出来事に「驚愕」しながらも、それは心から喜びを感じられる、素晴らしい時間になるに違いありません。

笑い

私たちはさまざまな場面や状況で「笑い」ます。

笑うことは、自身の感情や体験したことに伴って生じるものであると言われています。

ということは、「驚愕した」体験をした時にも笑いという形で感情が現れることもあるという事です。

嬉しい時や楽しいと感じている時はもちろん、心から笑うものです。

先に取り上げた喜びを得られる経験を味わった時にも、きっと笑顔も自然と出てくることでしょう。

でもそうした時だけでなく、あまりに悔しい時や呆れてしまう場面の時にも、笑うことがあります。

「もう笑うしかない」ような、衝撃的な出来事に遭遇することもあるかもしれません。

さらに、極度の緊張を味わったり、ストレス状態に置かれた時にも、「なぜか笑いが止まらない」という時があります。

これはストレスや不安を和らげようとして、自分を守ろうとする感情が働くからです。

いずれにしても、笑うことは心身にも良い影響を与えます。

笑うことは自律神経のバランスを整えるのに不可欠であるとも言われています。

なぜなら、笑うことによって副交感神経が優位に働き、それがストレスの解消やリラックス状態を作り出すからです。

また、免疫をアップしたり、血圧を下げたり、心臓にも良い影響を与えるなど、笑うことは体の健康にもとても良いという研究結果も報告されています。

良くも悪くも、予想外の出来事に驚かされた時こそ、笑い飛ばすことで「驚愕」をいつもポジティブにとらえられたらいいですよね◎

安堵

安堵(あんど)するという言葉には、「心配事が無くなり、安心すること。物事がうまくいってホッとすること。緊張から解放されて、胸をなでおろす」といった意味があります。

非常に驚かされることを見聞きした時でも、その事実によって安心材料ができたことによって、後から安堵の気持ちが出てくることがあるかもしれません。

たとえば、「結婚のけの字もなかった子供が、結婚すると突然言ってきた」時は、腰を抜かすほどの衝撃を受けたり、びっくりするかもしれませんが、ずっと将来どうするのか心配してきた子供がようやく地に足を付けて、身を固めてくれる決意をしてくれたことに親としてはホッと、胸をなでおろすのではないでしょうか。

このように、驚愕する出来事の後に「安堵感」を感じられる場合もあるということが分かると思います。

好奇心

自分には直接関係がないことならなおさらのこと、びっくり仰天する内容を見聞きしたらさらに好奇心が湧いてくることがあるかもしれません。

新たな発見を次々にする科学者は、たいてい驚きの体験や経験が、学ぶ意欲を掻き立てて、好奇心へとつながっていったことが結果として表れてくることが多い、と言われています。

つまり、驚きと好奇心は密接に関わっていることがあるということなのです。

「この後、驚愕のラスト!」とか「驚愕の最終回!!」というキャッチフレーズに私たちが興味を惹かれて続きをぜひ見たい、と思うのも、やはり好奇心を掻き立てられているからにほかなりません。

驚愕した後にじわじわ感情が移行する

驚愕する際には、怒りや悲しみや混乱といった、ネガティブな感情が伴うこともあれば、喜びや笑い、安堵感のようなポジティブな感情に変わっていく場合もあるということが分かりました。

いずれの感情の場合でも共通して言えることは、驚愕すると同時にそうした感情が出るわけではなく、少しずつさまざまな感情が湧き出てくるという事です。

「驚愕する」ということは、好ましい場合であってもそうでない場合でも、とにかく予想もしていなかった事に対しての驚きの感情を表しています。

その驚きの後で、驚かされた事実を受け止めたり認識することで、さまざまな感情が生まれてくるようになるのです。

ある場合にはずっと後で、かなりの時間が経ってから沸き起こるものもあれば、一瞬にして感じるものもあるでしょう。

その抱いた感情をなかなか解消したり、無くすことができない場合もあるかもしれません。

それほど「驚愕させられる」というのは、自分に強い衝撃や影響を与えるほどの感情であるという事が分かっていただけたのではないでしょうか。

️驚愕を正しく使おう

「驚愕する」という言葉を日常で、話し言葉の中に含める人はなかなかいないかもしれませんが、その時に感じた衝撃や動揺やショック、さらには驚きを表わすのに、とても最適な表現とも言えるかもしれません。

驚愕はちょっとした驚きやびっくりした気持ちを表現するものとしてはふさわしくありません。

「驚く」と「愕く」、ふたつの“おどろく”が合わさった言葉からも分かるように、言葉にならないほどの強い驚きの感情を表現したい時に使われるものです。

さらに、突然生じた出来事や、まったく予想もしていなかったことに対して感じる衝撃や驚き、ショックに関連して用いられる表現でもあります。

漢字の意味や、どんな場面や状況で使用するのがふさわしいのかをよくみきわめて、この「驚愕」という熟語も正しく使用するようにしたいものです。

ビジネスにおいての文章作成で用いる際には特に、言葉の意味や正しい使い方をしっかり学んで使用することは、あなた自身への信用度合いにも影響してくることなので、しっかり押さえておきたい分野の一つと言えます。