CoCoSiA(ココシア)(旧:生活百科)

精霊とは何?昔の人はどうして信じてたの?


あなたは迷信めいた事を信じていますか?
人によっては全く信じていないという方もいればある程度信じると考えている方もいるかもしれませんね。

私たちは様々な文化の中に生きており人によってはそういった文化を大切にしていきている方もたくさん存在しています。

例えば私たちの文化の中には厄年などが存在しています。

人によっては必ず厄年の前、つまり前厄や本厄、後厄には必ずお祓いに入っているという方もいるかもしれませんし、人によっては全く信じていないのでそう言ったことはしないという方もいるかもしれません。

それと同時に人によっては占いを信じているか占いを全く信じない方がいるのも同じです。

何を信じるかということは全て自分の価値観におけるものであり、人から強制されたりして信じるようなものではありません。

しかしなんとなく世の中にはありえないようなことでも信じてみたくなるようなことはたくさん存在しています。

なんとなくパワースポットに足を運べば力がみなぎってるような気持ちになる方も存在するのもそれと似たようなことであると考えることができます。

そのような存在の中には精霊という存在があります。

人によっては馬鹿げていると考える方がいるかもしれませんが、人形に人の命が宿ると言われているように精霊についても昔からその存在は伝えられているものになります。

今回は精霊をテーマにして精霊について詳しくどういう意味を持っているのか、どういう存在なのか、そして昔の人はどのようにすれを信じていたのかということなのについてもご紹介していきたいと思います。

️精霊って何者?

あなたは精霊とは何者なのか詳しく説明することができますか?

おそらく世の中に存在している大部分の方はこれまでで精霊という存在がどういうものなのかということについて真剣に考えた経験は少ないと思います。

スピリチュアル的な事に関してあるけど信頼している方は精霊について考えたことがあるかもしれませんが、一般的な日常生活を送っている中でなかなか精霊について詳しく知れるようなきっかけは存在していませんので、知らないのも無理はありません。

しかしながら精霊という存在はその昔からその存在が伝えられてきたものであり、一つの文化であると考えても間違いもありません。

では私たちにとって精霊とはどういう存在なのか、そもそも精霊とはどういう意味を持っているものなのかということについて今回は考えるきっかけとして受け止めて頂きたいと思います。

この機会にスピリチュアルな存在に関して興味を持っていただければ幸いですので、興味がない方もどういう存在なのかということについて基本的な概念を知ってみてください。

精霊とは

様々なものに宿る超自然的存在


まずは精霊という言葉がどのような意味を持っているのかということについて簡単にご紹介していきたいと思います。

精霊という言葉に関してはまず「様々なものに宿る超自然的存在」という意味を持っています。

様々なものに宿る超自然的存在と言われても具体的にぱっとイメージすることはできないかもしれませんね。

なので一つ一つ考えていただきたいので、まずは様々なものを考えてみてください。

世の中に存在している様々なもの、つまり例えば草木、そして動物、そして私たち人、そして無生物、そして人工的に作られたもの、世の中には様々な物であふれかえっていると思います。

今あなたが存在しているその場所から360度様々な景色を見渡してみてください。

おそらく様々な景色を見渡すことによってたくさんのものが目に映ると思います。

その目に映る様々なものがいわば先ほど説明した「様々なもの」に該当するのです。

では超自然的存在とはどういうことなのかと考えた時に、「自然界の法則を超えた理論的に説明のつかない神秘的な存在」という意味を持っています。

つまり簡単に説明するとすれば、「世の中に存在するすべてのものに宿る神秘的な存在」という意味で解釈することが出来ます。

この意味を把握していただければかなりスピリチュアルな存在であるということがお分かりいただけると思います。

そしてこの言葉から想像するに考え着くのは、「魂」であると考える事も出来ます。

先ほどご紹介したように人形やぬいぐるみには魂が宿ることがあると言われている説があります。

例えば子供の頃からずっと犬のぬいぐるみを可愛続けていれば、その犬のぬいぐるみには魂が宿るということです。

信じていない人もいるかもしれませんし信じている人もいるかもしれません。

精霊とは基本的な意味としてこのような意味を持っているのです。

死者の魂

次に精霊という言葉がどのような意味を持っているのか考える時に、「死者の魂」という意味を持っていると考えることが出来ます。

これに関しては意外と信じてる方がかなり多かったりする場合があります。

人間というのは不思議な生き物で説明のつくような現象だけを信じるのではなく、時と場合によっては説明がつかないような、論理的に説明ができないような現象に関しても信じてしまう場合があるのです。

日本人であればたくさんの方が漫画やアニメなどを楽しんでいると思いますが、そのような漫画やアニメなどに関しても説明がつかないようなことでも実際にそうであるかのように解釈している、または表現している漫画やアニメなどのたくさんあると思います。

それと同じように私たちの日常生活においても説明がつかなくてももしかしたら…と思わせてくれるような事はあったりします。

一般的なサイクルとして私たちはある程度の寿命を生きた後に死んでしまい、肉体は自然と滅んでいきます。

しかしながら肉体が滅んでも魂は存在していると考えられ、その魂が自然に天国へ行けるようにお坊さんなどの職業も存在しています。

そのように考えると私たちが一般的に行っている日常的なことの中にもそれが自然に行われているということが理解しておかなければいけません。

なぜならば魂の存在を信じていないのであれば葬式などを行う必要性はないからです。

少し難しい話になりましたが、精霊とは死者の魂も意味合いに含まれているという事をこの機会に理解しておいてください。

万物の根源をなすとされる不思議な気


次にご紹介する精霊という言葉がどのような意味を持っているのかということに関しては「万物の根源はなすとされる不思議な気」という意味を持っています。

ページトップ