私たちの身の回りにはたくさんの物が存在しています。

今あなたがいる場所で周りを見渡してみてみるとたくさんの物が存在しているはずです。

例えば外にいるのであれば、自然の草木や石、人が作ったビルや電線などがあるかもしれません。

もしも部屋にいるのであればたくさんの家庭用電化製品が存在していたり、普段使っているものがあるかもしれません。

私たちの身の回りにはたくさんの物が存在しておりたくさんの物に囲まれて生活をしています。

そんな物の中多く該当するものとして金属製品が存在すると思います。

今ではたくさんの物に金属が使われています。

例えば私たちが身に着けているアクセサリーには金属が含まれています。

そしてそれ以外にも普段身に着けているもので鞄などのバッグには金具が取り付けられている場合などもあります。

このように、考えてみれば金属は私達の生活を豊かにしてくれるとても大切な物であるという事に気が付くはずです。

金属がある事によってたくさんの便利な身近な物が存在しているのです。

また、時には私たちが飲んでいる飲料水などにも金属などが含まれている事もあります。

便利な生活だけではなく、私たちの健康にとっても大切な物であるという事がお分かりいただけると思います。

今回はそんな身近なものにたくさん含まれている金属をテーマにして、金属にはどんなものがあるのかという事をご紹介していきたいと思います。

️金属ってどんな種類があるの?

あなたの身近に存在している金属を思い浮かべてみてください。

おそらく様々なものが存在していることがお分かりいただけると思いますが、意識して初めて気がつくような物も中には存在してると思います。

中にはとても以外のものに金属が含まれている可能性もあるからです。

では私たちの身近によく使用されている金属にはどのようなものがあるのかと気になる方もいるかもしれませんね。

金属と一言に言っても金属の種類はとてもたくさんの種類が存在していますので、なかなかすべてのものを把握している方はいないと思います。

しかし私たちの生活を便利にしてくれている金属についてはある程度知っておいた方がさまざまな面で役に立つかもしれません。

そこから新たな発見があるかもしれませんのでこの機会にどのような金属の種類が存在しているのかということを把握してみましょう。

金属とは


そもそも金属がどういうものを指し示している言葉なのかという定義についてあなたは正しく理解していますか?
人によっては仕事柄金属についてとても詳しい方がいるかもしれませんが、一般的にはなかなか金属についての知識を身につける機会はあまりありませんので、正しい定義などについては理解している方は少ないかもしれませんね。

なのでまずは金属がどのような定義を持っているのかということを考えていただく必要性があります。

そもそも金属の定義は「特有の金属光沢を持ち、熱や電気をよく通し個体の状態で展性、延性に富んでおり、加工が容易な物質の総称」と言われています。

少し難しい言葉が連なっていますので分かりにくいかもしれませんが、まず特有の金属光沢を持っているという事はお分かりいただけると思います。

身近にある金属を探してみて確認してみてください。

一般的な性質のものと金属を比べるとあからさまにその性質は違いますよね。

金属は特有の光沢を持っていますので一目でこれが金属であるということかお分かりいただけると思います。

そして熱や電気をよく通すということもある程度一般的な常識として知られています。

では展性、延性とはどういう意味なのかと考えた時に、展性は「物質が圧力や打撃によって破壊されることなく箔に広げられる性質であり、一般的には柔らかい金属がこの性質に富んでいる」と解釈されており、延性は「物体がその弾性の限界を超えても破壊されずに引き伸ばされるような性質」の事を指し示しています。

なので、柔らかければ当然加工が容易であり、物質が伸びる性質などであれば当然加工がしやすいということになるので、加工が容易な物質の総称として認識することができます。

だからこそ私たちの身近な金属は様々な格好をされて様々な商品に装着されていると考えることができるのです。

逆に加工ができないような金属は身近な商品としてなかなか利用することが難しくなりますので目に触れるも当然少ないと考えることができます。

️金属の種類一覧

基本的な金属という言葉の意味についてわかりいただけたところで、ここからは具体的に金属がどのような種類が存在しているのかということについてご紹介していきたいと思います。

あなたが今思いつく限り金属の種類を考えてみてください。

おそらく考え着いたとしてもかなり一般的に知られている金属ぐらいしか思いつかないと思います。

しかし世の中には自分自身で考えている以上にたくさんの金属が存在しています。

中にはこれって金属だったの?と初めて知るようなものなども該当する場合があると思いますので、自分の知識をより深めるきっかけと思って金属の種類について自分なりに考えてみてください。

そして世の中に存在している金属の種類を把握した上であなたの身近にはどんな金属が使われているのかということを考えながら商品を見てみたりすると新しい発見があると思いますので積極的に自分の知識としてインプットしてみてください。


まずはじめにご紹介する金属の種類は金です。

あなたが思いつく金属の種類を考えた時におそらく金は必ず思い浮かべていたのではないでしょうか。

金属といえば金というくらい有名な物質であり、元素記号はAuです。

そして金に関しては原子番号が79の元素としても知られています。

高校生の時に原子番号などについては勉強した方もたくさんいると思います。

金に関しては常温常圧の下での単体では人類が古くから知っている固体金属として存在しています。

金に関してはかなり特徴が存在しており柔らかく可鍛性があり、さらにある程度重さが存在しており光沢のある黄色をしていることでも有名です。

金といえば綺麗な光沢でたくさんの方が欲している金属だという事は周知の事実だと思います。

そして金に関しては先ほどご紹介した金属の性質でもある展性と延性に富んでおり、かなり薄くまで伸ばすことが可能になっています。

つまり金は様々な金属の中でもかなり加工が容易になっている金属であると理解することができます。

人によっては金がどのようにして採取されるのか気になる方もいるかもしれませんが、基本的に金は熱水鉱床として生成されて、そのまま採掘されるか風化の結果生まれた金塊や沖積鉱床として採集されています。

よく金を発掘するために昔の人が川などで砂をかき集めてはざるにかけて砂金を発掘していた描写を見た事がある方も多いと思います。

あのようにして砂金などを発掘して販売されていました。

そしてこれまでご紹介していた性質も関係して金は多くの時代と地域で貴金属としての価値が認められている金属として知られています。

装飾品として人類に利用された最古の金属でありながら今現在においても金は世界的に価値が高いものとして存在し続けています。

ちなみにあまり知られていませんが金に関しては一般的に金色と呼ばれる光沢がある黄色い色味なのですが、粒子状にすると黒色やルビー色に見える場合があり、時には紫に変色する場合もあります。

現在では金は様々な物に加工してあり重量によってその価値が決められており、資産のひとつとしての保有する選択肢として資産家から人気を集めています。

次にご紹介する金属の種類は銀です。

銀も比較的金属の中では思いつきやすい鉱物になると思います。

銀は原子番号47の元素であり元素記号はAgとなります。

銀は室温における電気伝導率と熱伝導率そして可視光線の反射率は何も金属中の中で最大となっています。

光の反射率が貸し料金は勝手98パーセント程度とかなり高いことからその特徴として美しい金属光沢を有しているとして知られてます。

それが理由もあり現在では様々なアクセサリーなどの商品に銀が使用されています。

いわゆるシルバー製品と呼ばれているのですが大和言葉では白銀(しろがね)とも呼ばれています。

延性及び展性にかなり富んでおりその性質は先ほどご紹介した金に次いでいます。

1gの銀は約2200mの線に伸ばすことは可能であると言われているほどなので、想像以上にかなり伸びるという事でも知られています。

貴金属の中では比較的格変化しやすい金属であると言われており空気中にイオン化合物が含まれていると表面に硫化物が生成され黒ずんでくることでも知られています。

なのでシルバー製品のアクセサリーを持っている方は使用しているとだんだん黒ずんでくるようになります。

なので大抵の場合シルバー製品を購入した場合は専用のポリッシュなどを渡されてそのポリッシュで磨くことによってその黒ずみを除去することが可能になっています。

またその性質から硫黄化合物やヒ素化合物などの毒を混入された場合に生じる変色でいち早く異変を察知することができるので、以前から支配階級や富裕階級の人間に重宝されていたとされています。

身近にはかなりたくさんのシルバー製品が探してみれば存在すると思います。

先ほどご紹介したアクセサリーなどの金属製品のほか、先ほどの支配階級の話でもスプーンやナイフなどがシルバーで作られているというのは有名な話です。

次にご紹介する金属の種類は銅です。

銅は原子番号が29度元素である元素記号はCuです。

道に関しては英語でカッパーと呼ばれており、時にはブロンズと呼ばれたりすることがありますがこちらは間違いでブロンズは本来であれば青銅を意味している言葉です。

いわゆる表彰などをされた時に銅メダルなどが贈呈される場合にブロンズメダルと呼ばれたりしているのですが、これは青銅を扱っているからブロンズとなっているので、銅を使っているというわけではないので勘違いしないようにしてください。

道に関しても単結晶の銅は柔らかく電気伝導度および展性と延性がかなり高い金属であるとも知られています。

なので先ほどご紹介した金と銀に関してとかなり共通した性質であると捉えることができます。

その証拠に周期表に関しては金と銀と同じく11族に属する遷移金属あると知られていません。

銅は室温において純粋な金属の中で二番目に高い電気伝導性および熱伝導率を有していることでも知らせています。

そしてどうに関しては他の金属と同じように他の金属と接触したりすることによって電気腐食を起こすことでも知られています。

なので取扱いを行う際には注意して扱わなければいけない性質としても知られています。

脳に関してはどのような製品が存在するのかと考えた時にかなり歴史が存在しており、先史時代から使用されていた金属であるという事でも知られています。

なので道の使用に関しては少なくとも1万年の歴史が存在しており紀元前9000年前の中東で利用され始めたと推測されております。

なぜならばイラク北部で紀元前8700年前と年代決定された銅のペンダントが出土されていることから、これが確認される最古の銅であると言われてます。

そして今現在においての銅で作られている商品はたくさん存在しており、例えばアイスクリームスプーン、タンブラー、コーヒーポット、フライパンなどでも使用されているなど日常的に使用するキッチン家具などで多く使用されています。

次にご紹介する金属の種類は鉄です。

鉄腕原子番号26の元素で元素記号はFeとして知られています。

あまり知られていませんがなんと太陽や他の天体にも豊富に存在しており地球の近くの約5%を占めると言われています。

元々穴に関しては日本語で鈍いくろさの発色から「くろがね」と呼ばれていました。

鉄に関してはかなり昔から利用されており、道具を作る溶剤として石器時代があったり青銅器時代に続く石器時代を形成しており地球人類においての文明の基礎を築いたともいわれている有名な金属になっています。

金属を語る上で鉄の存在は欠かすことができない存在となっているのです。

現在においても最も重要でありかつ身近な金属元素の一つとして知られており産業革命以降ますますその重要性はましているとされています。

様々な存在する器具や工具であったり構造物に使われたりしています。

炭素などの合金元素の添加によってより硬い鋼となる事で知られており、そこから様々な商品を材料として利用されています。

実は純粋な鉄に関しては白い金属光沢を測っていることで知られており、先ほどご紹介したくろがねとは少し印象が違うかもしれませんね。

しかし、イオン化傾向が高いため湿った空気中に関しては簡単に錆が生じることでも知られており、そのため見かけ上黒ずんだり褐色に変化したりすることでも知られています。

しかしながら純度が高い鉄に関しては高いイオン化傾向持っている事でも知られています。

鉄に関しては私たちが普段使用しているネジ、そしてフライパンなどのキッチン用品でもたくさん使用されており、身近な存在には鉄が豊富に使用されていると考えることが出来ます。

そして月に関しては私たち人の体にとっても大切な必須の元素であり、鉄分をもしも欠いてしまいますと血液中の赤血球数であったりヘモグロビン量が低下して最終的に貧血などを起こすとされています。

なので食品にはほうれん草やレバーなどで鉄分を補えるので積極的に摂取する必要性があります。

次にご紹介する金属の種類は鉛です。

鉛は原子番号が82番の元素であり元素記号はPbです。

鉛に関してはサビで覆われた表面は鉛色と呼ばれる青灰色になっています。

人類の文明とともに広く使われてきた代表的な重金属であるとも知られており主に名前の硫化鉱物である方鉛鉱の形で産出されています。

鉛の性質に関しては比較的錆びやすくすぐに黒ずんでしまうということでも知られており参加するとともに表面に酸化皮膜が形成されるため腐食がないように進みにくいということでも知られています。

そして多く無機塩が水に溶けない性質であるため水中でも腐食されにくいという性質を持っています。

鉛に関しては地球の近くにおけるなまりの占有率は約8ppmと推定されており、これは決して多くはないとされています。

なので先ほどご紹介した鉄と比べるととても少ない数字であると判断することが出来ます。

しかしながら硫化鉱物として広く存在しているので採掘及びセイレンが比較的容易であることからそこまで価値の高い金属ではなく、亜鉛と同様に安価な金属としても知られています。

鉛に関しては先ほどご紹介したように水の中でも腐食されにくいという性質などが利用されていることから、様々な金属製品に積極的に取り入れられて使用されています。

例えば部屋と部屋の間の防音設備のひとつとして鉛シートが存在しており、鉛シートを使用することによって音を通さないように使用されていたり、もしくは銃の弾丸などでも使用されていたりするなどで知られています。

亜鉛

次にご紹介する金属の種類は亜鉛です。

亜鉛は原子番号30の金属元素である元素記号はZnとして知られています。

亜鉛は光沢を有しており反磁性を示す青みを帯びた銀白色の金属です。

亜鉛に関しては地殻中の存在はかなり高いとされておりその存在比は全元素中の中の24番目として知られています。

あれは少なくとも紀元前4000年前からどうとの合金である黄銅(真鍮)として使用されてきた歴史を持っています。

実際に古代ギリシア人はキプロス産の亜鉛化合物について過去の文献で記述をしていると知られています。

ちなみに日本国内における金属亜鉛の精錬に関しては1889年に黒鉱の処理から開始されてという事でも知られています。

亜鉛の具体的な使い道に関してですが、亜鉛単体ではなく亜鉛と他の金属を合わせて合金にすることによって先ほどご紹介した真鍮などに変化させて使用する場合が多かったりします。

もちろんそれ以外でも様々な場合に使用されており、医薬品や化粧品などでも使用されたり、電池などにも使用されていたりする事でも知られています。

また亜鉛に関しては私たちの体においても必須の元素であり、酵素の構造形成および維持に必須であるとも知られています。

亜鉛に関してはもしも欠乏してしまうと貧血が起きてしまったり人間の体の精子が減少してしまったりするなどの影響が訪れます。

それ以外にも人間の舌の味蕾と呼ばれる味を感知する部分が影響し味覚障害を引き起こす場合がありますので積極的に摂取していただきたい元素としても知られています。

白金

次にご紹介する金属の種類は白金です。

白金は原子番号78の元素で元素記号はPtとして知られています。

学術用語としては白金が正しく表示されているのですが、現在の日本の日常においてはプラチナと呼ばれたりすることが多い金属でも知られています。

単体に関しては白い光沢を持つ金属として存在しており科学的に非常に安定しているため私たちが普段身近に所有している装飾品に多く利用される場合もあります。

そして酸に対して強い耐食性を示しており金と同じく王水以外には解けないことで知られてます。

ちなみに勘違いされやすいのが装飾品としてよく使用されているホワイトゴールドという金属ですが、これはあくまで金をベースとした合金であり単体である白金とは全く違うものであると認識してください。

元々白金は古代エジプトにおいても使用されている金属として知られておりこないエジプト第18王朝時代にファラオの装身具としてわずかながら利用されていたかと思っています。

そしてその使用は現在においても受け継がれており、先ほどご紹介したようにアクセサリーなどとして現在でも幅広く使用されています。

現在では金と同じように貴金属としてよく取り扱いされており価値の高い金属製品として認識されています。

黄銅

次にご紹介する金属の種類は黄銅です。

黄銅は銅と亜鉛の合金であり特に亜鉛が20%以上のものを指し示している言葉である別名として「真鍮」と呼ばれています。

適度な強度を持っており、さらに展延性を持つ扱いやすい合金として約350年ほど前から広く利用されるようになったと知られています。

なぜ比較的歴史が短いのかと考えた時に以前主流だった還元法では単体を得ることができなかったことが理由として知られています。

一般的にはどうが65%そして亜鉛が35%のものを指し示しており、それが基準になって様々な形態が存在しています。

一般的に亜鉛の割合が多くなるにつれて色が薄くなっていき少なくなるにつれて赤みを帯びる性質を持っています。

これまでご紹介してきた特性が良い理由により最近では紙幣の印刷機などの精密機械であったり水洗便所の給水管、そして金属模型などに広く利用されていることが知られており、それ以外にも私たちが一般的に使用している効果である五円玉に関しても使用されていることで知られています。

なので黄銅に関しては私たちの身近に特に存在している金属であると考えることが出来ます。

炭素

次にご紹介する金属の種類は炭素です。

炭素は原子番号6の元素であり、元素記号はCとして知られています。

炭素はカーボンと呼ばれており、非金属元素としても知られています。

炭素に関しては炭素結合で有機物の基本骨格を作っており全ての生物の構成材料であると知られています。

人体の乾燥重量の2/3は炭素であるともいわれています。

これはどういうことかと言いますと、わたしたちの身体におけるタンパク質そして脂質そして炭水化物に含まれている原子の過半数が炭素であるということを示しているからです。

またそれだけではなく世の中に存在しているエネルギーは原料として使用されている石油、石炭、天然ガスなども私たちの活動と密接に関わる元素として考えることができます。

また炭素の特徴としては炭素原子同士の共有結合に関しては非常に硬いことでも知られており、それが作る簡単において自然物としては最も硬いことで知られているダイヤモンドから最も柔らかい部類に入るグラファイトと呼ばれる金属まで幅広い形態やどう思っていると知られています。

炭素に関しては商品として利用されている場合もあれば、燃料として使用されている場合などもあります。

なので一般的には石油や天然ガスなどを加えた炭素資源は燃料として使用されており、それ以外には車の材料として使われていたり、ゴルフのクラブなどにも使用されていたりするなど様々な加工が行われています。

アルミニウム

次にご紹介する金属の種類はアルミニウムです。

アルミニウムは原子番号13で元素記号はAIです。

銀に似た外見を持っていることでも知られており、しかしかなり重量が軽いこともあり軽銀と呼ばれていることもあります。

アルミニウムに関しては私たちの身近な存在としてかなり知られており、私たちが使っているお金である硬貨の1円硬貨に関してもアルミニウムを使用しています。

なので他の硬貨と比べた時に1円硬貨に関してはかなり軽いことが分かると思います。

もちろんそれ以外にもアルミサッシなどにもアルミニウムが使用されています。

アルミホイルなどを使って料理をしたりする方もたくさんいると思いますので私たちの身近においては必ず必要になる金属である捉えることができるのです。

そしてアルミニウムに関しては銀白色の金属であり常温常圧で良い熱伝導性や電気伝導性を持っており加工性がかなり良いことでも知られており軽量である為広く様々な商品に変換されています。

アルミニウムに関しては好物であるボーキサイトを原料として生産されているのが一般的です。

ボーキサイトに関しては赤色をしている形になりますがこれは中に多量の鉄分が含まれているからでありアルミニウム自体は先ほどご紹介したとおりに銀に似た外見を持っているので特有の光沢を持っています。

意外と関係がなさそうな金属も思わぬ所で私たちの身近な商品に使用されているという事に気付くととても金属に対する感謝の気持ちが湧いてきますよね。

ナトリウム

次にご紹介する金属の種類はナトリウムです。

ナトリウムは原子番号11であり、元素記号はNaです。

一般的にはナトリウムと呼ばれていますが日本の工業分野においては曹達(ソーダ)と呼ばれている事でも知られています。

ちなみにナトリウムは毒物及び劇物取締法により劇物に指定されているので危険な物質としても知られています。

なぜここまで危険な物質なのかと言いますと非常に反応性の高い金属であることが知られており酸や塩基に犯された場合、水と激しく反応することでも知られており、その後水酸化ナトリウムに変化しもしもこれを素手で触ってしまうと手の表面による水分と化合して水酸化ナトリウムとなって皮膚を侵してしまうことで知られているからです。

しかしながら私たちの生活を豊かにしてくれる使い方もなされており、例えば高性能自動車エンジンの排気バルブのステム内部に封入し熱伝導を向上させる用途に使われたりする場合もありますし、高速増殖炉の冷却材としても用いられたりしています。

それ以外にも風力発電のエネルギー貯蔵に利用されたりするなど様々な分野で活躍してくれている存在であるという事も知っておいてください。

カリウム

次にご紹介する金属の種類はカリウムです。

カリウムは原子番号19の元素で元素記号はKです。

一般的にカリウムと呼ばれていますが医学・薬学や栄養学などの分野に関しては英語であるポタシウムという名前で使われている場合もあります。

カリウムに関しては様々な利用方法が存在しており場合によっては肥料で使われたりすることもありますし、食品添加物として使用される場合もあれば火薬として使用される場合もあります。

まだ生物にとっての必須元素として教えられており神経伝達で重要な役割を果たしてくれる存在になっています。

なので私たちの生活にとってはやはり欠かすことができない存在であるということでお分かりいただけると思います。

特に食品添加物として使用される場合に関しては、高血圧を抑えるためにナトリウムの摂取量を制限している人々によって食塩の代替として塩化カリウムが使われたりする場合があります。

そして昆布、わかめ、ひじきなどの海藻類に関しても多く含まれる事でも知られています。

マグネシウム

次にご紹介する金属の種類はマグネシウムです。

マグネシウムは元素番号12で元素記号はMgとして知られています。

マグネシウムに関しても人を含む動物や植物の代表的な必須元素としても知られていませ。

マグネシウムに関しては空気中で加熱をすることによって炎と強い光を発しながら燃焼をすることでも知られています。

なので子供の頃に理科の実験などにマグネシウムを燃やした経験がある方はたくさん存在していると思います。

マグネシウムに関しては合金することによって優れた性質をもちかなり需要が延びていることでも知られており、安価になればプラスチックを代替する可能性もあると言われています。

またそれ以外にも肥料や食品添加物、医薬品として使用されており、食品に関してはゴマやアーモンド、ひじきなどの海藻類に多く分泌されている事でも知られています。

なので私たちが普段口にしている食品の中にはマグネシウムが含まれているという事になります。

️身近にも金属製品は色々!

今回は金属をテーマにして様々な金属についてご紹介していきました。

金属は様々な種類があり今回ご紹介したものはその中の一部にしか過ぎません。

様々な金属があるだけで私たちの生活を豊かにしてくれているということは今回ご紹介した金属だけを見ても明白だと思います。

様々な金属製品が私たちの生活を豊かにしてくれ様々な恩恵を与えてくれているということを十分に理解した上で、さらにその他に存在している身近な金属についても知っていただけると様々な知識としての引き出しが身に着くと思いますので、これをきっかけに色々勉強してみてください。