いま若者たちを中心に大人気のグループバンド、「KANA-BOON」(カナブーン)をご存知ですか?

10年前に結成されたばかりで、メジャーデビューは8年前と、まだグループとしては若手に入るバンドですが、あっという間にヒット曲を次々と生み出し、爆発的な人気を誇るようになったグループなんです☆

KANA-BOONの楽曲は、耳に残る心地よいリズミカルなテンポの曲と、胸に突き刺さるようなメッセージ性の高い歌詞が持ち味となっていて、多くの若者に支持されている理由となっています。

彼らの楽曲は、次々と映画やアニメの主題歌、またCMにも起用されており、きっと耳にしたことのある方も多いのではないでしょうか。

たとえば、映画だと「BORUTO-NARUTOTHEMOVIE」や「グットモーニングショー」がありますし、「すべてがFになる」や「NARUTOーナルト疾風伝ー」といったアニメのオープニング曲にも起用されました。

資生堂の「ANNESA」のCMタイアップ曲に起用された事もあります。

まさにスターダムを一気に駆け上がってきたグループバンドだといえますね☆

️KANA-BOONの名曲「ないものねだり」

たくさんのヒット曲がある彼らですが、その中でも代表曲の一つとして「ないものねだり」を挙げる方もいるのではないでしょうか?

「ゆらゆらゆらゆら~♪」というノリの良い、陽気なリズムとメロディでおなじみの楽曲です。

PVもとても印象に残るもので、発売されると同時に再生回数がとんでもない数を記録しました。

若者の間では知らない人はいないだろう、というくらい人気が出た、KANA-BOONを代表する曲と言っても過言ではないくらいの名曲となっています。

KANA-BOONとは


KANA-BOONは2008年に同じ高校の軽音部に通っていたメンバーで結成されました。

KANA-BOONというバンド名は、ギター担当の古賀隼斗が命名したそうです。

おもしろいネーミングですよね☆ 

バンド名を決めようとなった時に、その当時流行っていたインターネットスラングの「ブーン」が古賀さんや他メンバーでブームになっていてそれを使用しようと思いついたのだとか☆ 

「◯◯ブーン」にしようとなり、そこに昆虫のカナブンを思いついたそうです。

「KANABOON」という表記がジャニーズの「KAT-TUN」と似ているね、ということで間にハイフンを入れ、「KANA-BOON」に決まったそうですよ。

結成後、地元のライブハウス「三国ヶ丘FUZZ」を拠点としてライブ活動を本格的にスタートさせます。

地元のオールディーズファンを中心として、どんどん人気が高まりライブハウスのチケットはソールドアウトになるほどだったとか☆

その後、2012年に行なわれた全国規模のメジャーオーディション「キューン20イヤーズオーディション」でなんと4000組の応募者の中からグランプリに選ばれ、その直後に「ASIANKANG-FUGENERATION」のフロントアクトを務めたことで、あっという間に人気となりメジャーデビューへと至りました。

4人組のロックバンド

そもそもKANA-BOONというグループはどんなメンバーで構成されているんでしょうか。

どのような音楽ジャンルのグループなんでしょうか。

KANA-BOONは4人のメンバーで構成されているロックバンドです。

ベースのメンバーは初期に結成された時から途中で入れ替わり、今の4人で構成されています。

彼らの場合ロックといっても、インディーロックやオルナティヴロックのような、独自の音楽性を持ち合わせた楽曲を提供する、アーティスティックなバンドです。

シュールな雰囲気もかけ合わせながらも、リズミカルで陽気なポップス調の音楽がとても印象的です☆

PVも毎回楽しませてくれる映像が多く、俳優や女優さんを起用したり、エキストラが多いのもとても特徴的です。

大阪の堺市で育つ


KANA-BOONのメンバーは全員が大阪の堺市というところで生まれ育ったようです。

歳も全員が1990年~1991年に生まれた同い年の同級生です。

現在のベース担当の飯田さんは別ですが、初期のベース担当も含めた全員が、ほぼ堺市よりにある、大阪府立和泉総合高等学校の出身のようです。

その学校の軽音楽部内で結成されました。

この和泉総合高等学校は、彼らが拠点にしていたライブハウス「三国ヶ丘FUZZ」からも電車でひと駅のところに位置していたそうなので、音楽活動を行ううえではうってつけの環境だったことが分かりますね☆

KANA-BOONのメンバー

谷口鮪

・本名:谷口 俊寛(たにぐち としひろ)
・芸名:谷口 鮪(たにぐち まぐろ)
・生年月日:1990年5月3日生
・担当:ボーカルとギター

KANA-BOONの楽曲の全ての作詞・作曲は谷口さんが一人でやっています。

芸名の鮪…なぜまぐろなのか気になりますよね(笑)

初代のベース担当だったメンバーから、「まぐろを正面から見たような顔だね」と言われて、それ以来ニックネームがまぐろになったのが芸名として使う由来なのだとか☆

確かに言われてみれば、まぐろに似てるような…似てないような(笑)

それはさておき、このKANA-BOONの人気は谷口さんの才能が大きく影響しているといっても間違いではないでしょう。

彼はすでに中学校の卒業文集で、「17歳でインディーズデビューし、20歳でメジャーデビューする!」と書いていたそうです!

本当にその公言通りに夢をかなえていったということですから、ただの漠然とした夢ではなくてハッキリと目指す未来があり、それに向かって着実にかなえていった才能あふれる人なのでしょう。

彼のアーティストとしての才能は、歌詞で表現される、心に響く強いメッセージ性や表現力からも分かります。

まさにカリスマ性を備えているアーティストと言えそうです◎

古賀隼斗

・本名:古賀 隼斗(こが はやと)
・生年月日:1990年6月29日生
・担当:ギター、コーラス

古賀さんがKANA-BOONのメンバーになったきっかけは、幼なじみだったドラムの小泉さんから一緒にやらないか、と誘われたことがきっかけだったそうです。

彼は社会人になって、他のメンバーがフリーター生活をしながらバンド活動をする中で、ひとりサラリーマンとして就職しました。

その理由がとっても感動的!!

それはKANA-BOONとしてのバンドの運営費用を稼ぐためだったそうです(;∀;) 実際バンド活動の運営費用はすべて彼が負担してくれていたのだとか☆

なかなかできることじゃないですよね!古賀さんの、バンドへの熱い想いが伝わってくるほっこり感動エピソードです◎

飯田祐馬

・本名:飯田 佑馬(いいだ ゆうま)
・芸名:めしだ ゆうま(漢字は本名と一緒です)
・生年月日:1990年6月27日生
・担当:ベース、コーラス

彼は最初にやめたベース担当に引き継いで、KANA-BOONに途中加入したメンバーです。

ちょうど大学生活がうまくいっていない時に、谷口さんからメンバーに入らないか、という誘いの電話をもらって加入することになったそうです。

なんでも厄払いで神社に行った帰りの出来事だったとか(笑)

彼は少し前に違うことでも話題になりましたよね☆ 女優の清水富美加さんが発売した本の中で不倫相手として名前が暴露され、記者会見をしたことで一時話題になりました(笑)

不倫ということで名前が挙がったという事は、彼には奥さんがいるんですね~一般人という事ですが、たとえ有名になっても奥さんだけをこれからは大事にしていって欲しいです☆

小泉貴裕

・本名:小泉 貴裕(こいずみ たかひろ)
・生年月日:1991年1月8日生
・担当:ドラムス

バンドを組みたいと考えていた谷口さんから最初に声をかけられたのが、たまたま隣の席だった小泉さんだそうです。

誘われるままに軽音楽部に入ったわけですが、それまでに特に音楽を聴く習慣も、楽器を弾いた経験もまったくなかったのだとか☆

じゃあなんでバンドに加わろうと思ったんだろう…と思いましたが、断り切れない性格だという事で合点がいきました(笑) 幼なじみの古賀さんもメンバーに引っ張ってきて結成に至ったということなので、メンバーの関係性や絆も強そうな感じがしますよね◎

️そもそもないものねだりとは?

KANA-BOONのメンバー構成や、結成のいきさつ、バンド名の由来については少しお分かりいただけたでしょうか。

さて、彼らの名曲「ないものねだり」に戻ってみましょう☆ そもそもないものねだりという言葉には、どんな意味があるんでしょうか。

まずはないものねだりの意味とか、どんな使われ方をすることがあるのかを調べていってから、KANA-BOONの「ないものねだり」のストーリーや良さを知ることにしてみましょう。

ないものねだりの意味

ないものを欲しがること

「ねだる」という言葉を漢字で書くと、「強請る」となります。

“強く請う”という言葉のイメージからすると、無理に願う事や望むことが関係しているように思います。

実際に「ないものねだり」を辞書で引いてみると、「持っていないものを無理を言って欲しがること」とあります。

自分がすでに持っているものをさらに欲しがる人はまずいないと思います。

また、少し努力すれば手に入るものであれば、他の人に「ねだらなくても」良いのではないでしょうか。

ということは、ないものねだりという言葉には、自分では努力せずに、あるいは他力本願な気持ちで安易に自分の持っていないものを欲しがる気持ちが意味合いとして含められていると感じます。

実現できないことを望むこと

さらに、「ないものねだり」にはどんなに自分が望んだとしても実現できないようなことを望む気持ちも含められています。

無くて当たり前のことであったり、手に入らないような、明らかに無理だと分かる願望や注文をすることもそうでしょう。

持っていないものや、手に入らないと分かっているものほど余計に欲しいと望んでしまうのが、「ないものねだり」なのかもしれません。

ないものねだりの例

では実際に、ないものねだりをするどんな例があるかを見てみることにしましょう。

ないものねだりをするという事がどんなことかがある程度理解できると思います。

後身長10cm欲しかった

自分の力では絶対にどうしようもできないけど、つい欲してしまうものの中に「あと10センチ身長が高かったらな~」とか「あと◯センチは身長欲しかったんだよな」という願望があるかもしれません。

伸びた身長はこれ以上縮めることも、伸ばすこともできないわけですから、こうしたお願いはただの「ないものねだり」になってしまうと言えます。

こうした身長のコンプレックスは女性よりも男性の側に多いかもしれません。

男性は長身の方がうらやましいと思われることが多いからです。

女性で長身の人が「あと10センチ低かったら…」と思うこともあると思いますが、その長身を生かした仕事や、活躍できる場もたくさんありますから必ずしもコンプレックスにはなりません。

背の小さい女性が「あと10センチは欲しかったな」と思うことがあっても、小さい女性を可愛らしいと思う男性は多いです。

そう考えると、「あと10センチ身長が欲しかった」と、コンプレックスに感じているものでないものねだりをしてしまうのは、男性の側に多いと言えるかもしれません。

いずれにしても、身長はどんなに努力しても、たとえ牛乳をいっぱい飲んだところで伸びるわけではありませんから(笑)、ないものねだりをしていることになるのでしょう。

イケメン・美女に生まれたかった

これもよくある「ないものねだり」かもしれません。

自分の容姿にコンプレックスを感じ、近くにいるカッコイイ人やきれいな人と自分を比較して、「あんな顔に生まれたかった」「もっとカッコよかったら、あるいは可愛かったら、素晴らしい人生になっていたかもしれない…」などと考えてしまうのです。

生まれつき父親と母親の遺伝子を受け継いだ容姿は、変えることができない、仕方のない現実です。

整形などをする人は別として、もともと自分には持っていないものをどんなに望んだとしても、それはただの「ないものねだり」で落ち込んでしまうだけかもしれません☆

勉強しないで合格したい

学生の人であれば一度は思う事ではないでしょうか。

勉強漬けの毎日が嫌で嫌で、「あ~勉強しないでも合格できたらいいのに」と思ってしまうことがあるかもしれません。

勉強もせずに楽に合格するなんて絶対に不可能だと分かっているんですが、無理な願望だと分かっていてもつい思ってしまったり、自分で努力せずに手に入らないかと考えてしまうのも「ないものねだり」の特徴です。

個人的には受験の時に、ドラえもんのポケットの中にある、「暗記パン」とか「どこでもドア」を使ったり、タイムマシンで受験をひとっとびできたらこんな楽なことはない…なんて思ったものですが(笑)

こうした実現不可能なことを望む感情も「ないものねだり」だったのかな、と思いました。

安物に高品質を求める

私たちは何かの商品を購入する時に、その価格に見合ったものを求めると思います。

100均で売られているものに高品質や高性能を期待することなんてないのではないでしょうか。

500円で買った洋服が、使って早いうちに襟とかが伸びたとしても、500円だから仕方がないと思いますよね?

もし価格が安いものに対して高性能や高品質を求めるとしたら、それは無理な注文や要求です。

もしそんなことを求めるとしたら「ないものねだりもいいところだ」と言われてしまいますよね☆

このように、無理だと分かりきっている当たり前のことを欲したり、願うことは「ないものねだり」と言えます。

自分にも何か才能があれば…

音楽やスポーツ、勉強などにおいて才能が秀でている人を見ると、「自分にも何か才能があったら人生もっと変わってたのかもしれないのにな…」などと考えてしまう事は誰にでもあることかもしれません。

無理と分かっていても、ついつい求めてしまうのが「ないものねだり」なのでしょう。

もちろん才能のある人は、遺伝的な要素も関係してはいますが、何の努力もせずに今の才能があるというわけではありません。

「同じような才能が欲しい」と本気で思うならば、ただいいなあ…うらやましいなあ…と思っているだけでなく、それなりの努力を積み重ねることが大切になってきます。

努力もせずに手に入るものはない、ということです。

もっとスタイルが良ければ…

「ないものねだり」の中には容姿だけでなく、スタイルへの願望もありますよね。

「あの人のようにもっとスタイルが良かったら…」と思ったことのある女性の方は多いのではないでしょうか。

スタイルも自分ではどうしようもできない部分もあります。

ダイエットしてお腹周りや足回りを痩せて細く見せたり、胸を大きく見せる努力も多少はできますが、たとえば憧れるモデルさんや女優さんと同じようにはなれないのが現実です。

「ないものねだり」だというのは分かってはいるけれど、つい憧れてうらやましく感じてしまって望んでしまうということは、きっと誰にでもあることなんでしょうね☆

もっと優しい恋人が欲しい

自分の彼氏あるいは彼女に満足していない時、うまくいってない時、あるいは他のカップルが幸せそうに見える時には「もっと優しい恋人が欲しい」なんて「ないものねだり」をしてしまう事があるものです。

ケンカして嫌な気持ちになった時や、相手が自分に対して冷たいと感じる時は特にそのように感じて、相手に対して「もっと◯◯してよ」と求めることもあるでしょう。

ないものねだりしてばかりじゃ始まらない

いずれの場合であっても、ただただ「ないものねだり」ばかりして、訴えたり、要求したり望んだとしても何も始まりません。

ただ自分のストレスが溜まったり、叶えられないことに対して不満やねたみが募るだけかもしれません。

自分の持っていないもの、あるいは事柄に対して、「いいなあ、うらやましいなあ」とか「自分も欲しいなあ」と思うのは当たり前のことですが、もし本当に自身や何かを変えたいと思うのなら、心の中で願う以上のことが必要になってくると言えます。

願うなら其れ相応の努力が必要

どんなに容姿のカッコいい人やきれいな人でも、スタイルの良い人でも、あるいは才能のある人であったとしても、何の努力もしないで今の結果を味わえているわけではありません。

頭の良い人も、一生懸命勉強したので、良い学校に行ったり、成功した仕事を得ることができています。

欲しいと思うものを、なんの努力もしていないうちからあきらめたり、努力もせずに手に入れようとして無理な行動に出るのは間違っています。

人と同じようにはできなくても、自分を変えたり、努力をすることでそれなりに結果を生み出すことはできるのです。

️KANA-BOONの「ないものねだり」

「ないものねだり」を聞いてKANA-BOONというバンドの存在を初めて知った方も多いはずです。

この楽曲は2013年にリリースされたミニアルバム「僕がCDを出したら」の中に収録されていた曲で、発売されると同時にあっという間に人気となり広まるようになりました。

この曲は恋人関係にある男女の話しが描かれており、PVでは彼女役として岸井ゆきのさんという女優さんが起用されています。

そのストレートな表現の歌詞と、耳に残るサウンドやリズムやテンポで、疾走感や躍動感あふれるサウンドとなっており、夏フェスやライブでも必ず歌われる、テンションMAXになれること間違いなし、の名曲です☆

「ゆらゆらゆらゆら…」で有名

「ないものねだり」の曲の中でも特に耳に残るのは、サビの部分で歌われる「ゆらゆらゆらゆら~」というところです。

一定調のリズムで刻まれるテンポで非常に歌いやすいですし、つい口ずさんでしまいます。

曲の中で「ゆらゆらゆらゆら~」というフレーズはなんと16回も歌われています。

フルで聞いたら頭から離れなくなってしまう、非常に中毒性の高い曲であると言えるでしょう。

カラオケでも人気の曲

リズムに乗りやすくて、歌いやすい曲なので、夏フェスやライブで盛り上がる曲として歌われるのはもちろんのこと、カラオケでも盛り上がれるおすすめの曲としてとても人気があります◎

友達みんなで、または恋人同士でも一緒に歌えて楽しめちゃいそうですよね♪ 

つい頭と体を縦にふってしまいそうな、一定のテンポで刻まれるリズムがとても心地よいです。

歌詞を好きなように変えて、替え歌で楽しむこともできると、若者たちがカラオケに行くと必ず歌いたい曲に含まれている人気曲なんですよ♪

一度は聞いたことがあるのでは?

ユーチューブなどで「ないものねだり」をぜひ聞いてみてください♪ どこかで一度は聞いたことがある曲だと思います。

「ないものねだり」のPVの再生回数も半端ない数を記録していますし、若い人の間では特に、知らない人はいないくらい有名な楽曲です♪

ないものねだりのストーリー

では、KANA-BOONの「ないものねだり」はどんなストーリー構成になっているのでしょうか。

どんな風に「ないものねだり」しているんでしょうか。

恋人同士のカップルがそれぞれに、相手に対して持っている感情が見事に描かれています。

多分付き合った経験のある人や、いま恋人がいる人の中には、「あ~分かるわかる」とついうなずいてしまうような出来事や場面かもしれません。

ちなみにこの曲は、その後もストーリーが続いていく長編恋愛ものになっていて、「ないものねだり」が第一部、「1.2.steptoyou」という曲が第二部、最後の第三部は「生きてゆく」という曲の中で、それぞれ同じ男女の恋愛模様や感情が描かれていきますので、気になった方はユーチューブなどで、動画も一緒にぜひ見てみてください☆

すれ違っているカップル

この曲はリズミカルなテンポの曲に合わせて、とある中華屋さんの料理人が小刻みにテンポよくチャーハンを炒めているところから始まります。

美味しそうなチャーハンやそのリズムとは裏腹な、ある二人のカップルのすれ違いの様子が見事に描かれています。

お互いに相手にないものを求め合って、責め合っている二人はせっかく美味しそうな料理が並べられているのに全然楽しそうではありません。

彼女の方は彼氏を責めるように時折にらみつけていますし、彼の方にいたっては彼女と目を合わせようともしません。

心がすれ違っていき、「ゆらゆらゆらゆら」と二人の心が離れ離れになって、すれ違っていく様子がハートの紙に書かれた心が吹かれていったり、花びらが一枚一枚無くなっていったり、ケーキのろうそくの火が濡れて消えていく様で描かれています。

曲の2番では、公園のような場所で二人は座っていますが、すでに近くに座っていないことからも心のすれ違いの距離が分かります。

彼女はスマホばかりいじって、自分の話しを聞いていない様子の彼に対してあきれたような笑いを浮かべます。

しかも自分が大嫌いなタバコを彼が吸い始めた時には、その顔は怒りに満ちた表情に変わっていきます。

最後のサビの部分では、すでに二人は一緒には歩いてはいません。

彼が走り去り、彼女は去っていくところで終わってしまいます。

お互いの不満が綴られている

歌詞を見てみると、彼氏の方も彼女の方も、お互いに不満を抱いている様子が綴られています。

たとえば彼女の方は、彼氏がいつもわがままで子供みたいだ、と不満を感じています。

また、デートをしている時に他の美人な女性を見ることに嫉妬していることも分かります。

「私の話しを全然聞いていない」という不満も感じているようです。

それに対して彼氏の方も、彼女がいつもないものねだりばかりする、と言います。

自分だってカフェの店員の男性がタイプじゃないか、といった事や、ドーナッツ屋に連れていってやろうと思ったのに…といった不満があるようです。

カップルが互いに相手に対して「ないものねだり」をして不満を感じたり、言い争いをしてすれ違っていく様子が綴られている曲です。

️若者の間でないものねだり動画が流行ってる?

実はいま若者の間で、KANA-BOONの「ないものねだり」の曲に合わせて演技をする動画がとても流行っているようです。

モデルの藤田ニコルさんが、紗蘭さんと一緒に動画を撮ってツイッターに乗せた事もありますし、WOMBの専属モデルのたくぽんという男性も動画をアップしました☆

芸能人の間でも「ないものねだり」の人気が広がるほど、影響力が半端ない楽曲、またはPVだったようです。

KANA-BOONのないものねだりに合わせて動画をつくる

KANA-BOONの「ないものねだり」の曲に合わせて、オリジナルの踊りや動きで動画を撮り、発信することが若者の間で流行っています。

KANA-BOONの歌は恋人同士の恋愛模様を描いた曲ですが、中には、恋人がいないいわゆる「非リア充」と呼ばれる人の気持ちを歌った替え歌までもが作られました☆ 

恋人がいないことを嘆いた感情をラップ調でうまく曲に乗っけています。

「浮かれているカップルを簡単に別れさせる方法」を考えてみたり、「狭い歩道を歩くカップルの真ん中を走り去りたい」などと、幸せいっぱいのカップルをねたんだりうらやむ気持ちを素直な感情で表現した、なんともユニークな替え歌です(笑)

「ないものねだり」のサビのいちばんの特徴でもある「ゆらゆらゆらゆら~」の部分を「イチャイチャイチャイチャ~」と歌うなど、本家の歌の特徴をきちんととらえてアレンジされています。

カップルや友達同士で演技をする

この「ないものねだり」に乗せて歌ったり、踊ったりする動画は、カップル同士で演技をするのが主に多いですが、仲の良い友人同士で思いっきりふざけながらやっている動画もたくさんあります。

カップル同士の演技だと、拗ねてみせたり怒って見せたり、頭を小突いてみたり…とカップルらしく可愛らしく、ほほえましい動画がたくさんありますが、友人同士(特に男同士)で演じている「ないものねだり」は、結構本気で突っ込みを入れてみたり、動きも激しいものがあったりと、それぞれ面白くする工夫がされています。

別の曲とつないでアレンジを加えたものや、一人で二役やっているものまで、それぞれ違った「ないものねだり」を見れたりして、見ている側も思わず笑ってしまうような楽しい動画がたくさんアップされていますよ☆

様々なSNSに投稿する

スマホやタブレットなどを使って撮った動画を、ツイッターなどのSNSや、中高生に大人気の動画投稿サイト「ミックスチャンネル」(ミクチャ)などに乗せる人が増え、どんどん拡散されていったようです。

ミックスチャンネルでは、若い中高生の女の子たちから絶大な人気を集める「まこみなちゃん」がアップしたのを見たことがある方もいらっしゃるかもしれません。

他にもLINEのスナップムービーや、Vineにアップしている人もたくさんいます。

動画がどんどんと投稿され、拡散することで、ますますKANA-BOONの「ないものねだり」の人気も高まっているようです!

今はアーティストが出した楽曲をただ聞いたり、カラオケで歌ったりするだけでなく、曲に合わせて動画を自分で撮ってアップするという楽しみ方もあるんですね~☆

️ないものねだり動画、あなたもやってみては?

さてさて、いかがでしたか?

カップルの恋模様を描いた、KANA-BOONの「ないものねだり」は曲や歌詞自体も頭に残る、テンポよく刻まれたリズミカルなものであったり、よく分かる!と思わず納得してしまうような、男女の感情や気持ちがよく表現されている曲です♪

PVも最後まで観たくなるような、ストーリー性の高い内容ですし、ないものねだりをまねた動画を自分で作ってSNSにアップする楽しみ方もあるようですね☆

ないものねだり動画、あなたも近くにいる恋人や、仲の良いお友達とやってみるのはいかがでしょうか。