あなたの周りに、「この人は本物だ!」と思える人はいますか?

本物だと思える人は、その言動や行動の全てが他の人よりも輝いて見えます。

また、誠実で誤魔化しのない生き方は、自然と周りの人を引き寄せます。

そんな本物だと思う人が持つ、21個の特徴についてご紹介していきます。

本物の人を見抜く力をつけて、自らも本物の人から良い部分を学びましょう!

”本物”の人になりたい!!

世の中には、「本物らしく見える人」はたくさん存在しています。

例えば毎日残業をしてでも一生懸命に仕事に取り組んでいる人や、勉強に取り組んでいる人。

また、例えば仕事で大成功を収めて、羽振りの良い生活を送っている人や、友人の多い人など。

人は自分以外の人間に対しては、本来持つ性格の内の、一部分しか見せないことが多いです。

そのため、良い面を表に出していれば、当然周りの人からは「出来る人だ」「本物だ」と思われやすいです。

しかし、よくよく相手を観察してみると、相手の至らない部分も必ず見えてきます。

例えば仕事に一生懸命に取り組んでいる人は、実は仕事の効率が悪くていつも残業になってしまうだけであり、また勉強を頑張っている人は、親に言われて仕方なくやっているだけかもしれません。

また、一見羽振りの良い生活を送っているように見える人は、実際には借金まみれの生活をしているのかもしれませんし、友人が多い人も、知り合いの人数が多いだけで、親友と呼べる存在は一人もいないのかもしれません。

私たちが日頃見ている他人の性格や振舞などは、相手の持つ本質のほんの一部分でしかありません。

誰にでも、良い面もあれば悪い面もあります。

しかしだからこそ、悪い面などあってもないように思えてしまうような、「本物の人」になりたい!と憧れてしまうのです。

”本物”の人に共通する特徴21個


「本物に見える」人は世の中にたくさんいますが、本当に「本物の人」というのは、実際には100人に1人いるかいないか、という程度の割合でしょう。

何故なら、本物の人というのは、大抵10人が10人見て「この人は本物だ!」と思えるような特別な輝きを発しているからです。

しかし、そんな人はそうそう身近にはいないでしょう。

仮にあなたの身近で本物だと思える人がいたとしても、多くても1人か2人程度で、それ以上になると恐らく「本物らしく」見えている人の可能性が高いでしょう。

完璧な人間などこの世にはいないように、私たちから見て「本物だ!」と思える人もまたごく少数しか存在していないのです。

では、本物の人にはどのような特徴があるのでしょうか?本物の人に共通する点を以下に挙げていきます。

ありのままの自分を受け入れている

人には誰しも、長所があれば短所もあり、得意なことがあれば不得意なこともあります。

自分でも自分の「良い面」だと思っている部分には自信が持てますし、周囲にもそれを誇らしげに見せることが出来ます。

しかし、自分で「悪い面」だと思っている部分についてはどうでしょうか?恐らく大半の人が、自分でダメだと思う部分は人からは隠そうとすることでしょう。

「出来ない人間だと思われたくない」「弱みを握られたくない」「ダメな奴だと思われたくない」そんなプライドが邪魔をして、開けっ広げに自分の弱点を晒すことは出来ません。

そしてまた、そんな自分の「ダメな部分」を受け入れ難いと感じてしまうのです。

しかし、本物の人は、そんなダメな自分もありのままに受け入れています。

自分の得意な部分はもちろんですが、不得意な部分や短所と思える面でさえも、ありのままに受け入れる心を持っています。

だからこそ、人から短所を指摘されても狼狽えたり怒ったりすることなく、寛容な心で自然に受け流すことが出来ています。

見破られることを怖がってない


見栄っ張りな人、プライドが高い人ほど、自分が周りに見せている「理想の自分像」を見破られることをひどく嫌がります。

例えば周囲に幸せな家庭を築いていると見せている人は、実際には家族の仲が複雑になっていることを必死になって周りの人たちに隠そうとします。

また、仕事で成功を収めているように見せている人は、本当はお金に余裕がなくても生活を切り詰めることで周囲の人に奢ったり羽振りを良くしたりしています。

周りの人たちに見せている理想の自分像とはそのままの意味で、「本当はこうなりたい自分」「周りからこう思われたい自分」の姿なのです。

実際にはそれが出来ない状況なのに、無理に自分の理想像を保とうとしている人ほど、本当の自分を見破られることを怖がっています。

しかし、本物の人は、自分の本性を他人に見破られることを怖がったりはしません。

怖がるどころか、日頃からありのままの自分を受け入れているため、自分のダメな部分も平気で人に晒しています。

そのため、見破られるものなどないといった方が良いでしょう。

見破られることを怖がっている人は、ふとしたことで精神面のバランスが崩れやすいですが、本物の人は怖がる理由がないため、精神状態が常に安定していることが多いです。

基本的にオープン

本物の人は、基本的にはオープンで何も隠すことをしません。

もちろん自分以外の他人の情報までオープンというわけではありません。

あくまでも、自分自身の情報についてオープンなことが多いです。

他人から尋ねられれば、平気で自分の弱点を話してしまう人もいます。

こちらが知りたがったら、年収を教えてくれる人もいることでしょう。

本物の人はベラベラと自分から個人情報をしゃべることはありませんが、聞かれれば特に隠すこともしません。

もし頑なに隠すことがあるとすれば、それはその人を通して他の人の情報まで漏れてしまうような時くらいでしょう。

それほどまでにオープンな性格をしています。

器が大きい

本物の人はいつでもオープンですので、自らの個人情報をしゃべる機会も珍しくはありません。

しかし、無責任に明かしているかというとそういうわけでもありません。

現代ではSNSなどのネットで簡単に個人情報が流出して、拡散されてしまう時代です。

ベラベラと自分の話をすれば、もしかしたらそれがどこかで広がってしまう恐れもあります。

本物の人は、そういったリスクも全て理解している上で、自分のことを話しています。

それは例え自分の話したことで誰かが面白おかしくそれをネットで非難したり、直接批判したりすることがあっても、「そういうこともあるし、自分で発言したことなのだから」と受け入れる覚悟と器の大きさを持っているからこそ出来ることなのです。

また、他の部分でも本物の人は器の大きさが目立ちます。

例えば誰かの過失で自分が被害を受けても、反対に相手を気遣えるような振舞いだったり、理不尽な目に遭っても笑って流せるような余裕だったりと、あらゆる場面で一般的な人たちよりも器の大きさを感じさせることが多いです。

生活水準は上げない

本物の人は、一時の感情に振り回されることはありません。

例えば宝くじで100万円当たったからと言って、興奮して無駄な買い物をしたり、後先考えずに行動したりはしないでしょう。

また、仕事で成功して給料が上がったとしても、必要以上に以前よりも羽振り良く振舞うような真似はしないでしょう。

多少は以前よりも動くお金が大きくなったとしても、周りにもそれを振舞うような真似もしません。

これまで通りの生活水準で、背伸びして水準を上げることもしないでしょう。

その理由として、本物の人のブレない本質が挙げられます。

本物の人は基本的に堅実な人生を送っている人が多いです。

そのため、ちょっとやそっとの変化では、自分がこれまでと大きく変わった行動を取ることはしないのです。

自分の意見を述べる

自分の意見を積極的に述べられる人は多いです。

しかし一方で、それと同じだけしっかりと人の話を聞ける人は少ないです。

人間は基本的にはおしゃべりなので、自分の話を人に聞いてもらいたい、と心の底では考えています。

しかし、聞いてもらいたいと思うのであれば、まずは我慢してでも人の話をしっかりと聞く必要があります。

人とのコミュニケーションを取る上で最も重要かつ基本的なことですが、これが案外出来ていない人が多いです。

自分の意見ばかりを優先して、他人の話には耳を傾けない。

こんな人は、その人自身の意見もきっと真剣には聞いてもらえないでしょう。

本物の人は、大前提としてしっかりと相手の話に耳を傾けます。

相手が一体何をこちらに訴えているのかをきちんと理解して、その上で自分の意見を述べます。

もしも先に相手に意見を求められれば、物おじせずに堂々と自分の意見を述べることも出来ます。

ぶれない芯を持っている

本物の人は、皆ぶれない芯を持っています。

例えば私たちには、「弱者を助ける」という認識が共通してあるとします。

お年寄りに電車で席を譲ったり、困っている人がいれば助けたりと、そういったことを当たり前に出来る人も多いです。

しかし、その共通の認識も場面によっては揺らいでしまいます。

例えばイジメをしている集団がいるとします。

「弱者を助ける」という定義から見れば、その集団に飛び込んで行って、イジメの被害者を助けるべきです。

しかし現実にはどうでしょうか?何のリスクも恐れることなくそこに飛び込んでいける人など、そうはいないでしょう。

また、震災で急いで非難している中、動けなくなって助けを求めている人を、自分の身も顧みずに咄嗟に助けることは出来るでしょうか?状況がひっ迫していたら、他人を助ける余裕などない人が多いことでしょう。

もちろんまずは自分の身の安全を確保するのが最優先ですので、イジメを止めることが出来なくても、他人を助けることが出来なくても、それは仕方がないでしょう。

しかし「仕方がない」と私たちが判断することで、認識と実際の行動にはぶれが生じてしまうのです。

その一方で、本物の人の芯は決してぶれることがありません。

イジメを見つけた時、逃げ遅れている人を見た時、咄嗟の判断で助ける行動に出ます。

それも、自分の身の安全は確保した上で、頭を使って問題を片付けようとします。

例えばイジメの現場を見たのであれば、直ぐにそれを先生に告げる、助けを求めている人がいるのなら、大声で周囲に呼び掛けて、協力して急いで助け出すなど、賢い方法でリスクを回避して行動する能力を持っています。

だからこそ、芯がぶれることなく保ち続けていられるのです。

外からの誘惑に負けない

本物の人は決してぶれない芯を持っていますので、外からの誘惑に負けることはありません。

「今日はサボろうよ」という友人の呼びかけや、「ちょっとだけなら大丈夫」といった甘い誘いにも応じることはありません。

あくまでも自分のペースを保ち、周りに合わせて自分を堕落させることは決してしないのです。

それは、「確固たる自分」を持っている人にしか出来ないことです。

大抵の人は周りに合わせて行動してしまうところを、周囲からどう思われようとも構わずに、自分の信念を貫いて行動しているのです。

ユニークな個性を持っている

本物の人は、イコール完璧な人、というわけではありません。

また、聖人君子というわけでもありません。

むしろ、確固たる自分を持っているからこそ、ちょっと変わったユニークな個性の持ち主が多いです。

例えば、いつも決まった食事のルーティンだったり、服を選ぶ時には決まった色合いでしか選ばなかったりと、その人特有のこだわりを強く持っていることがあります。

それも、こだわりの内容は一風変わったものであることが多いです。

昔から、才能がある人には人間性で普通とはかなりかけ離れたものを持っている人が多いと言われています。

本物の人も、これに通ずるようなユニークな個性を持っていることが多いのです。

生活パターンが決まっている

本物の人は、自分の中での生活パターンが決まっています。

朝は何時に起きて何を食べ、何時に家を出るのか。

仕事を進める内容はその日によって違っていたとしても、帰宅時間や就寝時間はいつも決まっているなど、型にはまったように同じ生活パターンを繰り返している人が多いです。

自由にその日によって生活リズムを変えている人からすれば、一見窮屈そうな生活を送っているように見えるかもしれません。

しかし、当人にとっては決まった生活パターンの方が安心して行動でき、また全ての行動を効果的、効率的に行うことが出来るのです。

そのため、当人はちっとも窮屈だとも、つまらないとも思ってはいません。

むしろ自ら進んで、同じような生活パターンを繰り返しているのです。

会話に深みをもたせる

本物の人は、気取った会話や、中身のない安っぽい会話はあまりしません。

もちろん時には適当なおしゃべりをして心を和ませることはあるかもしれませんが、大抵は何かしら建設的な話をしていることが多いです。

例えば単なるおしゃべりに思えても、相手から巧みに情報を引き出して、情報収集を行っているかもしれません。

また例えば美味しいレストランの話をしながら、そのレストランが出来るに至った由来などをさりげなくレクチャーしてくれたりもします。

本物の人はとても教養があります。

そのため、一つひとつの会話にも深みをもたせます。

しかし、教養があるからといって、自らの知識をひけらかすような真似はしません。

例えそうすることがあっても、相手にそれと悟らせずにする器用さを持ち合わせています。