仕事に遅れそうになったり、緊張していたりするという時に落ち着けと思う部分もありますが、何か慌てて行動をしてしまう時にはいかにも普通に魅せようとしたりすることもあるのではないかと思います。

平常心を保つというのは慌てたりしているときにこそ「平常心に保とう!」と思っていても難しいものだと思います。

慌ててしまうとそれ所ではないと考えてしまう人も多いのではないでしょうか。

ですがそんな時にこそ平常心を保つことで落ち着かせたり、周りから見てもカッコイイという人になったりするものなのです。

平常心を保つというのはそれほど難しいことでもありますし、慣れるには多少のコツというものがあるのです。

常日頃何かトラブルなどがあった時に平常心などを保てず失敗をしてしまった、恥じをかいてしまったという人もいるのではないでしょうか?

実は平常心を保つというのはとても難しいことではないのです!

不安などから行動をする場合は焦りもあったりするので、常にその行動に自信というものが無くなってしまいがちですよね。

ですが平常心を保つことで、どんなトラブルにでも迅速に対応をして、仕事などもこなす事ができるようになります!

最初は難しいと思いますが、意識をするだけでも普段とは違った結果になるので、平常心を保つための9個の方法について教えたいと思います!つい最近また失敗してしまったという人でも一度目を通してみてはいかがでしょうか?

️すぐに慌てふためいてしまうあなたに

すぐに慌ててしまって行動ができないという人、焦って何もできなくなってしまうという人もいるのではないでしょうか?

逆に急いで仕事をしようとして失敗を繰り返してしまうという人もいるのではないかと思います。

慌てるということは自然なことであり、誰にでもあることです。

ですがその慌てるというのには様々な原因があるからこそ慌てるという行為が出てしまうのです。

例えば「娘が体調を崩して心配だ」となっているとずっとその事について考えたりしますよね?

体調を崩しているということをその日に知ってしまうと動揺などをして病院に連れて行かなくてはいけないと考えてしまうのが普通です。

ですが会社などは休まれず、奥さんに任せるということもあると思います。

体調が悪いという状態でも心配になるのが親なので、慌てて動揺をしてしまうことだってありますよね。

ですがそんな時にこそ平常心を保つことを忘れないようにするのです。

きっと大丈夫だと言い聞かせる人もいるでしょうし、不安であれば上司に相談をして早めに帰らせてもらうという方法を取る人もいます。

すぐに慌てて行動などをしてしまいがちですが、一旦落ち着くというのが何よりも大事になるのです。

何かあるといつも動揺してしまう


慌てるというのは動揺をしてしまうということにも繋がります。

その内容は様々あると思うのです。

例えば「昨日会社で失敗をしてしまった」と考えているとまた失敗をするのではないかという不安が出てきて、自分に自信が無くなったりします。

他にも喧嘩などをして機嫌が少し悪い状態になり、当たりが強くなるというようなこともあるのではないでしょうか?

何か特別なことがあると動揺というものはしますが、その原因を明確にすることが必要になるのも、平常心を保つことに繋がるのです。

不安などを抱えたり緊張をしたりするというのには必ず理由というものがあります。

その理由をいかにして解決に導くかというものが鍵になるのです。

他のことを考えられないくらいに動揺をしたり、嫌なことがあって物事に身が入らないという状況になることもあるでしょう。

ですが、その時こそいかにして注意をすることが大事になるのです。

焦りや緊張

焦りや緊張というのは周りから見ても気付かれやすい特徴の1つです。

焦りや緊張というのは何かに追われているというものが原因で動揺をしてしまうという可能性が高いです。

例えば「仕事の納期がもうすぐだ!」という焦りや「プレゼンテーションが明日あるけれど…」というような発表などから動揺をしてしまい、行動に出るというようなことがあると思います。

その様なことになった場合にはまず自分だけではない、と考えるようにすることが大事になります。

その様なことを他の人達も経験をしており、納期を急いで仕上げたり、発表前は緊張したりするというのは人として当然のことなのです。

その様な時に平常心を保つことで、焦ってミスをしたりするのではなく、いつも以上のスピードで仕事を仕上げたりすることができるようになったり、極度に緊張をすることなく、リハーサル通りに進行をしたりすることができるのです。

不安や恐怖


不安や恐怖というのはとても人に影響を与えるものであり、全ての行動などに関して仕事が進まなかったり、何もできなくなったりとするような事が多いです。

例で言うのであればお化け屋敷などはとても怖いですよね?自分にとって怖い存在というのは、それが起こるだけでその場で座り込んだり、何も動けなくなるというようなことがあるのではないかと思います。

不安や恐怖というのは常にあるものではなく、苦手なものなどは避けることもできるのです。

なのでお化けが怖いという人はお化け屋敷には入らないですし、飛行機が怖いという人は新幹線で移動をしたりと様々な別の方法を取るのです。

ですがいざ、その怖いものに立ち向かうというのはとても平常心を保てないものだと思います。

怖くて動けないというのは普通のことなのです。

そこで大事になるのが、自分自身に言い聞かせることができるのかということです。

同じような人もいる中で自分だけはとても怖い、でもこれは一時のことだけだと言い聞かせたり、大丈夫だと何回も自分に思い込むというのも平常心を保つコツにも繋がるのです。

不安や恐怖というのはとても人に影響を与えますが、そういう時にこそ平常心を忘れないようにしましょうね。

悲しみや落ち込み

悲しみや落ち込みというものは不安や恐怖とは違い、日常の様々な所であると思います。

例えば「電車に乗り過ごした」「見たいドラマが録画できていなかった」となると落ち込んだりしますよね?その時に顔によく出たりするとういう人も多いのではないかと思います。

顔によく出る人はとても感情が豊かであると同時に、その様なことがあると平常心を保つことができずに、行動に影響しやすい特徴もあるのです。

ずっと1日中その事について悔やんだりすることもあるのではないでしょうか?悲しみや落ち込みというのはずっと心に残ってしまうことが多いのが特徴です。

そういう時に平常心を保つと聞くと難しいと感じる人も多いのではないでしょうか。

悲しみや落ち込みというのは自分にとってじんわりと引きずってしまうことが多いので、普通の状態になれないという人もいると思います。

平常心というのは時には保つというようなことが難しいと感じるところでもあるのではないでしょうか?

怒りや戸惑い

怒りや戸惑いというのは平常心に戻るということがとても難しい感情の1つでもあります。

例えば何かに対して自分にとっては信じられないほど怒りを感じるということが人生で1度はあるのではないでしょうか?許せない!というようなこともあると思います。

その時に平常心でいられるかと言われると誰もが平常心になれないと思うのです。

それほど怒りや戸惑いというものは人に影響を与えるものであり、普段ではしないような行動をしたりする時もあるそうです。

ですがそういう時にこそ平常心というものを保たなくてはいけません。

戸惑うことに関しては大丈夫ですが、怒りに関しては誰かにぶつけるというものではなく、1度平常心を保つことが何よりも大切になります!戸惑うことの場合は、焦らずに落ち着こうという心を持つだけで安心するようになる傾向がありますが、怒りの場合は少し厄介なことになる場合もあります。

怒りや戸惑いなどもあるとは思いますが、何よりも平常心を心がけるようにしましょうね。

ネガティブな感情が頭を駆け巡る

慌ててしまうとなる時にとてもマイナス方向の考えをしたりすることが多くありませんか?ネガティブな思考になりがちなるというのは誰にでもあります。

慌てているときに「仕事を失敗するのではないか」「自分にはできないのだろうな」という考えが浮かんでしまうとネガティブな思考になっている可能性があります。

直ぐに拭いたいと思っていても中々拭えなかったり、ずっと頭の中を駆け巡る状態になることが多いですよね?こんな時にこそ平常心を保つことも大事になるのです。

マイナスな方向を考えてしまうと常にマイナス方向になるのでもっとポジティブな考えを持つということも大事なのです。

「慌てているけど自分ならばできる」というようなポジティブ思考があれば人というのはどの様なことに対しても積極的になり、成功しやすくなるのです。

ネガティブに考えてしまうという人は、もっと前向きに物事を考えるようにしましょう。

「どうせ無理だ」と思っていてもまずはやってみないと解らないことが多いですよね?挑戦をする機会を増やすことで平常心を保つこともできます。

是非ネガティブな感情が頭を駆け巡り、平常心を保てないという人は挑戦をするという気持ちを持つと良いのではないでしょうか。

それで無理なのであれば仕方の無いことなので割り切るというのも1つの対処方法だと思います。

冷静に落ち着いて対処できるようにするには

冷静に落ち着いて対処できるようにするには様々な工夫もありますが、何よりも大事なことがあります。

それは「考える」ということです。

平常心を保てない人というのは、その事があって怖い、不安、怒りなどを感じてしまうので、それについて考えることを放棄している状態になるのです。

そうなると考えられなくなり、平常心を保とうと思っていても保てなくなり、ずっと怖いや不安などの考えしか浮かばなくなるのです。

冷静に落ち着いて対処をするにはその状態になったとしても、まずは一息つくことが大切です。

熱くなっていると物事が考えられなくなるという状態から、とりあえず落ち着くという考えに持っていかせることが大事なのです。

落ち着いて対処できるようにするというのはとても難しいことですが、冷静に考えるということが大事になるのです。

平常心を保つことを考える!

平常心を保つことを常に考えることが大事になります。

例えば「どんな事があっても平常心を保つぞ!」という意識をすることで、仮に慌てたり不安になったりしても「大丈夫だ」という考えになるのです。

これを最初に思っているのとそうでないのとでは、気持ちの持ち方も違ってきます。

最初に思っていれば後々にその様なことがあっても対処することができますが、仮に唐突にきてしまうということになって、慌ててしまったり不安になってしまうと、直ぐに平常心を保とうという気持ちではなく慌てるという気持ちしか考えが出てこなくなるのです。

その様な時にこそ、平常心と言われると難しいと思いますが、普段と変わらない心を常に持っておくというのが大事なことになるのではないかと思います。

最初は難しいと思いますが、1度や2度で変わらないので、意識を持ち続けるということ、継続をして平常心を保つことを考えると、普段と変わらない心で物事に接することができるのではないかと思います。

平常心とは普段と変わらない心

平常心とは普段と変わらない心です。

感情を持たないというのでは違います。

言うのであれば、平常心というのは普段の自分を常に出すということです。

何があっても感情を持たずに「無」にして行動をするというのが平常心では無いということを覚えておくようにしましょう。

普段と変わらない心というのは、普段の自分を常に出すということです。

慌ててしまうから感情を持たないようにするというのは間違えになるので注意をするようにしましょう。

平常心を保つにはコツがいる

平常心を保つと言われるとどの様なことを思い浮かべますか?例えば平常心というのは普段と変わらない心を保つということです。

感情など喜怒哀楽もありますが、平常心を保つにはコツというものが必要になります。

平常心を保つというのは人それぞれですが、例えば嫌なことがあるとそのことを忘れたいと思い、別のことを考えたりしませんか?

他にもカラオケに行ったりストレスなどを解消するために趣味に没頭したりとあると思います。

平常心を保つというのはそれと似たようなことであり、平常心を保つ方法というのもあるのです。

最初は難しいと思うことも多いですが、そのコツさえしっかり掴めば慌てているときや不安なことも平常心を保つことができるようになります!

慌てることで行動に違いが出たり、失敗をしたりするというようなこともあるかもしれませんが、少しずつ平常心を保つことを心がけるだけでもプラスの方向に行動することができるので、そのコツを抑えるようにしましょう!

️平常心を保つ9個の方法

平常心を保つ方法としては様々あります。

人により効果は様々ですが、一番は自信を持つことです。

慌てていても「大丈夫だ」と言い聞かせることも自分の平常心を保つことができますし、何よりも落ち着くことができるので、まずはその方法を試してみてはいかがでしょうか?
平常心というのは、どんな事があってもその心を保つことでマイナスの方向ではなくプラスの方向に働きかけることができます。

仕事で慌てたり、何か不安なことがあったりすると物事に集中することはとても難しいですよね。

ですが1つのことに集中することで平常心を保つということもできます。

例えば1つのことに集中するというのは仕事でも良いですし、趣味でも良いですし、その1つのことを集中して作業などをすることにより、平常心を保つということもできるようになるのです。

方法は様々あると思いますが、どんな方法があるのか詳しく見てみましょう。

一旦深呼吸する

一旦深呼吸をするというのは自分を落ち着かせることができる唯一の方法でもあります。

深呼吸というのは自分を落ち着かせる行為の中では一番のことであり、ひとまず考えを落ち着かせたり、その場の空気に飲まれないようにするというようなことでも深呼吸というものは大事になります。

特にスポーツをしている人などでは試合での緊張や、練習の時に試合の緊張感を出すといったことで深呼吸をしてその空気に入り込むといったようなこともあります。

自分を見つめなおすという意味でも深呼吸をする人は多く、それと似たような意味合いでは座禅などが良い例でしょう。

精神を落ち着かせるという意味でも深呼吸というのはとても大事になるのです!一旦深呼吸をして落ち着いて話す、試合に臨むということをすれば平常心を保つのにもとても有効的になるのです。

自信を持つ

自信を持つというのは人により差が激しいですが、平常心を保つためにはとても重要なことです。

自信という言葉は文字通り「自分を信じる心」です。

不安なことがあったり、嫌なことがあって逃げ出すというようなこともありますが、その時に「自分ならできる」という気持ちがとても前向きな思考にしてくれてポジティブになることができます。

また自信があると、どんなに慌てていてもその事に関してはミスをしないという自信にも変わることができるのです。

仕事で早めに納期を仕上げれなければならないという時でも今日中に終わらせる気で仕事に取り組んだり、自信を持つことで行動にメリハリをつけれるようになります。

平常心というのは普段の心をどんな時でも出すというようなこともありますが、平常心のメリットというのは自分に自信を持って行動ができるというのと繋がるのではないでしょうか。

自信を持つというのは行動に大きく影響を与えてくれます。

平常心を保つためにも自信を持つことから始めてみてはいかがでしょうか?

大丈夫と心に言い聞かせる

大丈夫と心に言い聞かせるというのは、少し深呼吸に似たような行動になりますが、自分自身に言い聞かせるという行為も大事なことです。

これをすることにより、平常心を保つこともできるようになるでしょう。

大丈夫と言い聞かせることで、自分は今慌てているという認識から、それでも慌てていても大丈夫、何とかなるという気持ちに切り替えることで、心を落ち着かせることができるのです。

その時に大丈夫だ、と言い聞かせてからよく深呼吸をする人がいますよね?

その深呼吸にたどり着くまでの行為として大事なのが、この「大丈夫と心に言い聞かせる」ということなのです。

平常心を保つには慌てていたり、不安が常にあると平常心を保つことはできません。

まずは大丈夫だという意思を持つことがとても大事になるので、よく慌ててしまい空回りなどをしてしまうという人は、まずは自分に言い聞かせて、心を落ち着かせるようにしましょう。

最初は不慣れだと思いますが、それを繰り返すことで平常心を保つことができ、今は何に集中するべきなのか、どうするべきなのか、自分にあった行動は何かなどを考えることができるようになると思います。

1つのことに集中する

1つのことに集中するというのは平常心を保つ方法としては一番簡単なことです。

ですがこれには少しデメリットもあります。

1つのことに集中するというのは仕事でも良いですし、趣味でも良いでしょう。

何か1つの物事に集中して取り組むという方法は一番平常心を保つことができます。

趣味などであれば平常心というより楽しみの方が増えるのではないでしょうか?ですがこれには先ほども言ったようにデメリットがあります。

それはその平常心をその物ごとをしている時にしか保てないという点です。

何かに集中をするというのはそれ以外のことを考えないということになります。

1つのことに集中をその時にできたとしても、その時間が終わった後にまた慌てたりすることになるという状況になるのです。

なのでこの方法を使う場合は、仕事中やどうしても外せない用事などがある時に使うと良いでしょう。

とりあえず目の前のことに集中をする!という時に、この方法を使うことで平常心を保つこともできるようになります。

水分補給をする

水分補給というのは常にしていますが、喉が渇いたりすることもあると思いますよね。

平常心を保てない時というのは、焦っていたり、急いでいたりととても疲れることが多いです。

その分身体の負担にもなり、水分がどんどん無くなってしまうこともあるでしょう。

水分補給というのはその疲れを癒すこともあります。

疲れた時にこそ、焦っていたり慌てていたりしている時にこそ水分補給をすると水でも美味しいと感じることがあるのではないでしょうか?

水分補給をするというのは平常心を保つ方法でもお手軽にできる方法です!

常に何かに追われて作業をしている、仕事になると焦ってしまうという人は、まずは水分補給をして落ち着いてみてはいかがでしょうか?

その水分補給をする時間も大切になるのです。

たった数秒でも、一旦落ち着ける環境を作るというのは仕事や他の影響にも響いてくるものです。

平常心を保つときに、普段と同じような行動をしているつもりでも焦りからミスをしてしまうというようなこともあるでしょう。

顔に出てしまうという人もいると思います。

そんな時は直ぐに水分補給をしてみてはいかがでしょうか。

一旦落ち着くということに近いですが、水分補給という行為も大事になるのです。

ポジティブ思考に切り替える

ポジティブ思考に切り替えることは行動を起こす意味でとても重要なことです。

例えばネガティブ思考で行動をするのとでは、やる気や気力に大きく関わってくるのではないかと思います。

嫌なことがあったり、不安なことがあると、他の物事に手をつけれない状況になることが多いですよね。

その結果更に不安になったりするといった悪循環になってしまうことが多いのではないでしょうか?そんな時に「どうせ自分は」と考えるのではなく「自分ならできる」という気持ちを持つことが大事になるのです。

ポジティブ思考を持つことで人というのは行動に自信を持つことができます。

自分ならできるのではないか、自分ならこうして行動をするだろう、という考えがしっかりと出てくるようになり、平常心を保つようにもなるのです。

平常心は普段とは変わらない心なので、無にするということではありません。

ポジティブになるというのは、どんな事でもいつもと変わらず、前向きに行動をすることに繋がるので、平常心を保つ方法としてもポジティブな思考に切り替えるというのはとても重要になるでしょう。

【ポジティブシンキングをするための思考方法については、こちらの記事もチェック!】

人に相談する

人に相談をするというのも平常心を保つ方法の1つです。

これは人に相談をする上で、自分の悩みや不安などを無くすということにも繋がります。

例えば「娘が風邪で寝込んでいる」ということや「実はこの仕事に不安があって」というような悩みや相談などを自分1人で抱え込むのではなく、常に誰かに相談をすることで平常心を保つことができるのです。

慌てていたりしていてもその不安を相談することで自分の身が少し軽くなったりするのではないでしょうか?

「娘さんは奥さんが病院に連れていくならきっと元気になりますよ!」と言われたら自分も「大丈夫だよな」と思ったりすることがあるのではないでしょうか。

人に相談をするというのはそれほど人の影響を受けます。

相手がプラス思考のことを言うのであればこちらもプラスのことになり、その逆のパターンもあるでしょう。

人に相談をするというのは自分の身を軽くするということにも繋がるので、慌てていたりするのではなく、1度相談をして平常心を保ってみてはいかがでしょうか?

良い意味で適当さを持つ

良い意味で適当さをもつというのはとても重要なことです。

適当と聞くと「いい加減」というような発想をすると思いますが、その様な意味ではなく、「適度に当てる」ということなので、常にその事について考えず、とりあえず「なんとかなる」という思考を持つことで平常心を保つことができるようになるのです。

気持ちというのは人に大きく影響を与えます。

平常心を保つときにも自分に言い聞かせたりすることが多いですよね?その時に真剣に「大丈夫だ」と重く受け止めるのではなく、時には軽い感じで受け止めることも大事だということです。

「まあいっか」「なんとかなるさ」

この「まあいっか」「なんとかなるさ」という言葉は実はとても自分自身にとって平常心で保つためには大事な考えになるのです。

例えばどんなに慌てていても「なんとかなる」というポジティブな考えや失敗をしても「まあいっか」と修正をしてどんどんスキルを磨いていくという行為はとても平常心を保つ上では重要なことになるのです。

口角を上げる

口角を上げるというのは周りから見ると平常心を保つように見せている方法の1つでもあります。

口角が上がると顔立ちも通常の表情になり、すんなり物事をこなしているように見えますよね?どんなに慌てていても、平常心があるという風に見せる方法の1つとして口角を上げるというのはとても大事です。

ですが口角を上げている状態でも仕事を多くミスしたりすると、周りから大丈夫かと思われますので注意をするようにしましょう!

【口角を上げることについては、こちらの記事もチェック!】

️平常心があるように見せる方法

平常心があるように見せる方法というのはいくつもあります。

例えばどんなに焦っていても、表情に出さなかったり、無駄に喋らないというのはどんな事があっても冷静に対処をしているのだと周りから思われ平常心を保っているように見せることができるのです。

平常心を保つとどんな事がおきても冷静に対処をしていてカッコイイと思ったりすることはありませんか?

どんなミスでも直ぐに対処をしたり、顔色変えずに仕事をすんなりとこなしたりするという人はクールな印象が強いのではないでしょうか。

時には表情を見せたりすることもあるかと思いますが、平常心があるように見せる方法というのはたくさんあるのです。

表情に出さない

表情に出さないというのは平常心があるように見せる方法の1つです。

これは相手から慌てていたりしていても顔色を変えないことで、冷静に対処しているのだと思わせることができます。

内心はとても焦っていても、とりあえず落ち着いて対処すれば表情に出なくても平常心で仕事をこなすことができるでしょう。

無駄に喋らない

焦っているから喋ってしまうというのはよくあることです。

ですがその話をどこまでするかというのが大事になります。

無駄な喋りが多くあるとその分仕事に集中していないのではないか、怠けているとも捉えられ、悪い印象を与えてしまいます。

無駄に喋らず必要なことを的確に喋り行動をするというのは周りから見てもクールな人だと思われることになるでしょう。

そのためにもお喋りというのは控えるように心がけてください!

ゆっくり喋る

早口で喋ると何を言っているか解らなかったり、慌てていると思われても仕方ありません。

そんな時にゆっくり相手に喋ることで、平常心を保つように見せることもできます。

胸を張り姿勢を良くする

胸を張り姿勢を良くするというのも平常心を保つように見せる方法の1つです。

背筋を伸ばしていたり、姿勢を良くするという人はどんな時でもその状況を崩しません。

特にスラッとした立ち姿を見るだけでカッコイイと思う人もいるでしょう。

周りからの印象というのはその時の姿勢を大きく見られます。

だらけていると平常心を保てていない人だと思われることが多いので、胸を張り、姿勢を良くするようにすると、平常心を保っているように見られることでしょう。

視線を一定にする

視線を一定にすることでも平常心を保つように見せることができます。

慌てていると目が泳いだりすることが多いですよね?そういう時には目線を一定にして、あたかも平然とするように心がけるようにしましょう。

作り笑顔

作り笑顔も平常心を保つ方法の1つです。

無表情では硬いと思われたりしますが、どんな時でも「大丈夫だよ」と笑って作業を取り掛かれる人というのは焦っていたとしても表情は変わらないので平常心を保てるようになるのです。

️平常心を保てるかっこいい人になろう

平常心というのは無にするのではなく、気持ちを変えないということに近い意味合いがあります。

平常心を保ちながら行動をするというのは、周りの空気に流されたりせず、黙々と自分の仕事をこなし、時には手助けをしたりと、かっこいい人が多いのではないでしょうか。

最初は難しいと思いますが、平常心を保てるかっこいい人になってみてはいかがでしょうか?