CoCoSiA(ココシア)

平常心を保つための9個の方法(続き2)

悲しみや落ち込み

悲しみや落ち込みというものは不安や恐怖とは違い、日常の様々な所であると思います。

例えば「電車に乗り過ごした」「見たいドラマが録画できていなかった」となると落ち込んだりしますよね?その時に顔によく出たりするとういう人も多いのではないかと思います。

顔によく出る人はとても感情が豊かであると同時に、その様なことがあると平常心を保つことができずに、行動に影響しやすい特徴もあるのです。

ずっと1日中その事について悔やんだりすることもあるのではないでしょうか?悲しみや落ち込みというのはずっと心に残ってしまうことが多いのが特徴です。

そういう時に平常心を保つと聞くと難しいと感じる人も多いのではないでしょうか。

悲しみや落ち込みというのは自分にとってじんわりと引きずってしまうことが多いので、普通の状態になれないという人もいると思います。

平常心というのは時には保つというようなことが難しいと感じるところでもあるのではないでしょうか?

怒りや戸惑い

怒りや戸惑いというのは平常心に戻るということがとても難しい感情の1つでもあります。

例えば何かに対して自分にとっては信じられないほど怒りを感じるということが人生で1度はあるのではないでしょうか?許せない!というようなこともあると思います。

その時に平常心でいられるかと言われると誰もが平常心になれないと思うのです。

それほど怒りや戸惑いというものは人に影響を与えるものであり、普段ではしないような行動をしたりする時もあるそうです。

ですがそういう時にこそ平常心というものを保たなくてはいけません。

戸惑うことに関しては大丈夫ですが、怒りに関しては誰かにぶつけるというものではなく、1度平常心を保つことが何よりも大切になります!戸惑うことの場合は、焦らずに落ち着こうという心を持つだけで安心するようになる傾向がありますが、怒りの場合は少し厄介なことになる場合もあります。

怒りや戸惑いなどもあるとは思いますが、何よりも平常心を心がけるようにしましょうね。

ネガティブな感情が頭を駆け巡る

慌ててしまうとなる時にとてもマイナス方向の考えをしたりすることが多くありませんか?ネガティブな思考になりがちなるというのは誰にでもあります。

慌てているときに「仕事を失敗するのではないか」「自分にはできないのだろうな」という考えが浮かんでしまうとネガティブな思考になっている可能性があります。

直ぐに拭いたいと思っていても中々拭えなかったり、ずっと頭の中を駆け巡る状態になることが多いですよね?こんな時にこそ平常心を保つことも大事になるのです。

マイナスな方向を考えてしまうと常にマイナス方向になるのでもっとポジティブな考えを持つということも大事なのです。

「慌てているけど自分ならばできる」というようなポジティブ思考があれば人というのはどの様なことに対しても積極的になり、成功しやすくなるのです。

ネガティブに考えてしまうという人は、もっと前向きに物事を考えるようにしましょう。

「どうせ無理だ」と思っていてもまずはやってみないと解らないことが多いですよね?挑戦をする機会を増やすことで平常心を保つこともできます。

是非ネガティブな感情が頭を駆け巡り、平常心を保てないという人は挑戦をするという気持ちを持つと良いのではないでしょうか。

それで無理なのであれば仕方の無いことなので割り切るというのも1つの対処方法だと思います。

冷静に落ち着いて対処できるようにするには

冷静に落ち着いて対処できるようにするには様々な工夫もありますが、何よりも大事なことがあります。

それは「考える」ということです。

平常心を保てない人というのは、その事があって怖い、不安、怒りなどを感じてしまうので、それについて考えることを放棄している状態になるのです。

そうなると考えられなくなり、平常心を保とうと思っていても保てなくなり、ずっと怖いや不安などの考えしか浮かばなくなるのです。

冷静に落ち着いて対処をするにはその状態になったとしても、まずは一息つくことが大切です。

熱くなっていると物事が考えられなくなるという状態から、とりあえず落ち着くという考えに持っていかせることが大事なのです。

落ち着いて対処できるようにするというのはとても難しいことですが、冷静に考えるということが大事になるのです。

平常心を保つことを考える!

平常心を保つことを常に考えることが大事になります。

例えば「どんな事があっても平常心を保つぞ!」という意識をすることで、仮に慌てたり不安になったりしても「大丈夫だ」という考えになるのです。

これを最初に思っているのとそうでないのとでは、気持ちの持ち方も違ってきます。

最初に思っていれば後々にその様なことがあっても対処することができますが、仮に唐突にきてしまうということになって、慌ててしまったり不安になってしまうと、直ぐに平常心を保とうという気持ちではなく慌てるという気持ちしか考えが出てこなくなるのです。

その様な時にこそ、平常心と言われると難しいと思いますが、普段と変わらない心を常に持っておくというのが大事なことになるのではないかと思います。

最初は難しいと思いますが、1度や2度で変わらないので、意識を持ち続けるということ、継続をして平常心を保つことを考えると、普段と変わらない心で物事に接することができるのではないかと思います。

平常心とは普段と変わらない心

平常心とは普段と変わらない心です。

感情を持たないというのでは違います。

言うのであれば、平常心というのは普段の自分を常に出すということです。

何があっても感情を持たずに「無」にして行動をするというのが平常心では無いということを覚えておくようにしましょう。

普段と変わらない心というのは、普段の自分を常に出すということです。

慌ててしまうから感情を持たないようにするというのは間違えになるので注意をするようにしましょう。

平常心を保つにはコツがいる

平常心を保つと言われるとどの様なことを思い浮かべますか?例えば平常心というのは普段と変わらない心を保つということです。