CoCoSiA(ココシア)

平常心を保つための9個の方法(続き3)

感情など喜怒哀楽もありますが、平常心を保つにはコツというものが必要になります。

平常心を保つというのは人それぞれですが、例えば嫌なことがあるとそのことを忘れたいと思い、別のことを考えたりしませんか?

他にもカラオケに行ったりストレスなどを解消するために趣味に没頭したりとあると思います。

平常心を保つというのはそれと似たようなことであり、平常心を保つ方法というのもあるのです。

最初は難しいと思うことも多いですが、そのコツさえしっかり掴めば慌てているときや不安なことも平常心を保つことができるようになります!

慌てることで行動に違いが出たり、失敗をしたりするというようなこともあるかもしれませんが、少しずつ平常心を保つことを心がけるだけでもプラスの方向に行動することができるので、そのコツを抑えるようにしましょう!

️平常心を保つ9個の方法

平常心を保つ方法としては様々あります。

人により効果は様々ですが、一番は自信を持つことです。

慌てていても「大丈夫だ」と言い聞かせることも自分の平常心を保つことができますし、何よりも落ち着くことができるので、まずはその方法を試してみてはいかがでしょうか?
平常心というのは、どんな事があってもその心を保つことでマイナスの方向ではなくプラスの方向に働きかけることができます。

仕事で慌てたり、何か不安なことがあったりすると物事に集中することはとても難しいですよね。

ですが1つのことに集中することで平常心を保つということもできます。

例えば1つのことに集中するというのは仕事でも良いですし、趣味でも良いですし、その1つのことを集中して作業などをすることにより、平常心を保つということもできるようになるのです。

方法は様々あると思いますが、どんな方法があるのか詳しく見てみましょう。

一旦深呼吸する

一旦深呼吸をするというのは自分を落ち着かせることができる唯一の方法でもあります。

深呼吸というのは自分を落ち着かせる行為の中では一番のことであり、ひとまず考えを落ち着かせたり、その場の空気に飲まれないようにするというようなことでも深呼吸というものは大事になります。

特にスポーツをしている人などでは試合での緊張や、練習の時に試合の緊張感を出すといったことで深呼吸をしてその空気に入り込むといったようなこともあります。

自分を見つめなおすという意味でも深呼吸をする人は多く、それと似たような意味合いでは座禅などが良い例でしょう。

精神を落ち着かせるという意味でも深呼吸というのはとても大事になるのです!一旦深呼吸をして落ち着いて話す、試合に臨むということをすれば平常心を保つのにもとても有効的になるのです。

自信を持つ

自信を持つというのは人により差が激しいですが、平常心を保つためにはとても重要なことです。

自信という言葉は文字通り「自分を信じる心」です。

不安なことがあったり、嫌なことがあって逃げ出すというようなこともありますが、その時に「自分ならできる」という気持ちがとても前向きな思考にしてくれてポジティブになることができます。

また自信があると、どんなに慌てていてもその事に関してはミスをしないという自信にも変わることができるのです。

仕事で早めに納期を仕上げれなければならないという時でも今日中に終わらせる気で仕事に取り組んだり、自信を持つことで行動にメリハリをつけれるようになります。

平常心というのは普段の心をどんな時でも出すというようなこともありますが、平常心のメリットというのは自分に自信を持って行動ができるというのと繋がるのではないでしょうか。

自信を持つというのは行動に大きく影響を与えてくれます。

平常心を保つためにも自信を持つことから始めてみてはいかがでしょうか?

大丈夫と心に言い聞かせる

大丈夫と心に言い聞かせるというのは、少し深呼吸に似たような行動になりますが、自分自身に言い聞かせるという行為も大事なことです。

これをすることにより、平常心を保つこともできるようになるでしょう。

大丈夫と言い聞かせることで、自分は今慌てているという認識から、それでも慌てていても大丈夫、何とかなるという気持ちに切り替えることで、心を落ち着かせることができるのです。

その時に大丈夫だ、と言い聞かせてからよく深呼吸をする人がいますよね?

その深呼吸にたどり着くまでの行為として大事なのが、この「大丈夫と心に言い聞かせる」ということなのです。

平常心を保つには慌てていたり、不安が常にあると平常心を保つことはできません。

まずは大丈夫だという意思を持つことがとても大事になるので、よく慌ててしまい空回りなどをしてしまうという人は、まずは自分に言い聞かせて、心を落ち着かせるようにしましょう。

最初は不慣れだと思いますが、それを繰り返すことで平常心を保つことができ、今は何に集中するべきなのか、どうするべきなのか、自分にあった行動は何かなどを考えることができるようになると思います。

1つのことに集中する

1つのことに集中するというのは平常心を保つ方法としては一番簡単なことです。

ですがこれには少しデメリットもあります。

1つのことに集中するというのは仕事でも良いですし、趣味でも良いでしょう。

何か1つの物事に集中して取り組むという方法は一番平常心を保つことができます。

趣味などであれば平常心というより楽しみの方が増えるのではないでしょうか?ですがこれには先ほども言ったようにデメリットがあります。

それはその平常心をその物ごとをしている時にしか保てないという点です。

何かに集中をするというのはそれ以外のことを考えないということになります。

1つのことに集中をその時にできたとしても、その時間が終わった後にまた慌てたりすることになるという状況になるのです。

なのでこの方法を使う場合は、仕事中やどうしても外せない用事などがある時に使うと良いでしょう。

とりあえず目の前のことに集中をする!という時に、この方法を使うことで平常心を保つこともできるようになります。