アラサーと聞いて「あ~あ、アラサーの年齢になってしまった」と思いますか?

アラサーはお姉さんというよりもオバさんという域に達してしまう、
でもそれは自分自身の思い方につきること。

アラサーになると何が変わるんだろう

10代は若いと言われますが10代も良いことばかりではありません、例えば「ゆとり世代」「これだから最近の10代は・・・」とマイナス的な捉え方もあります。

職場にしても「経験者」の枠に入ることはできない。

しかし年齢を重ねて歩いてきた道で30代前後になりアラサーの年代になると
経験が重なり実績となり武器になる。

ボディーも10代にはない大人女性の魅力ができるものです。

アラサーはけしてマイナスなことばかりでなく、むしろ一番美味しい時期かもしれません。

人間の感覚なんて個々に違うものですからアラサーをマイナスとして受け止めるか、
アラサーをプラスに受け止めるかで今後のアラサー生活が変ると思います。

アラサーってそもそも何よ?

よくテレビでもアラサー芸人とかアラサー女優とか紹介される場合があります、アラサーは30代前後の女性をイメージする方が多いですが、アラサーは女性に限らず男性も含まれていることです。

アラサーはどちらかと言えばプラスよりもマイナス的な自虐的言葉な気もしますよね?
10代とカラオケに行った時に年代がもろに分かる、10代の子から「へぇーその歌知りません、誰が歌っているんですか?」なんて聞かれたときに
「私アラサーだからさ、当時~~は流行ったのよ」と笑ってごまかす。

ジェネレーションギャップのときによく使われる言葉ですよね!

その他にも「肌ピチピチで元気だよね、アラサーに見えない」「え?アラサーって何なの?」と思わず感じちゃいますよね、「アラサーとは思えない」って。

アラサーは世間では「オバちゃん?」と思われている方もいる一方で、「アラサー好きだわ」と若い10代には感じることができない大人の魅力を維持する方もいる。

「around thirty」の略


around thirtyはアラウンド・サーティーのことを言います。

聞こえはカッコイイけれど30歳手前のことで、
実はaround thirtyは2005年11月頃に創刊した女性雑誌「GISELe」主婦の友社から
生まれた言葉らしいですね。

具体的な年齢を示すことをせずに30歳前後のことを伝える・・・オブラート的な言葉です。

基本的に27~33歳までをaround thirty(アラフォー)と言われています。

ちなみによく耳にするaround forty(アラフィフ)は37歳~43歳までを言い、around fiftyは47~53歳を言うそうです。

こうなると大人の年代ばかりを耳にしますが、実は17~23歳もaround twenty(アラトゥエ)という言葉があるそうです。

28歳からという意見が一般的

アラサーは基本的に27~33歳と言われますが、「いやいや27歳はまだ若いでしょ。

28歳からがアラサーじゃない?」という意見も多い。

27歳が何故にアラサーじゃないかと言えば27歳は26歳という勝手なイメージ、まだ経験的にも若いところがある、完璧とはいえない25~27歳枠みたいなもの。

大人だけれど完璧な大人ではないことで27歳まではアラサーとは言わない、それは女性からの意見が多いです。

「私はまだアラサーではない」女性は自分自身のことを1歳でも若く思われたいもの。

しかも「アラサー」の枠に入れられることに抵抗がある。

男性からすると27も28歳も別に変わらないという意見が多いですが、やはり男女で「アラサー」の言葉には温度差があるのかも。

でも、25歳からという意見も

「28歳どころか25からアラサー」そんな意見もチラホラあります。

その理由に四捨五入すれば25~34歳以下もアラサーと考えるそうです。

さすがに女性からすると「25歳はアラサーじゃない!」という声が聞こえてきそうですが、25歳も立派な大人ですからアラサーと言われても、おかしくはないですよね?

アラサーは大人の女性ということですが、どうしても女性陣にはアラサーは嬉しくな言葉。

ま、さすがに四捨五入すれば25~34歳以をアラサーという意見は、少し強引な気もしますね。

自虐ネタ的に「もう私なんて四捨五入すればアラサーだからさ」という女性はいますが、第三者から「あなた四捨五入すればアラサーでしょ」と言われたらカチンときそうですね。

アラサーになると何が変わるの?

アラサーはイマイチ、褒め言葉じゃないイメージの方が多いですよね。

それは何故でしょうか?
30歳前後の年代ということで体調的に様々な変化が起ることが原因、例えば体力的、肌、年代臭、そして自分自身の年齢を胸をはって言えなくなってきたこと。

キャリアを積めば積むほど責任ある仕事をまかされてしまうことのプレッシャー、アラサーになると自分自身では大きく変化を感じないとしても、周囲の見る目や接し方が変化するのです。

体力がなくなる

たとえば10代~20代前半はオールでお酒を飲み明かしても数時間寝れば復活、そんな生活を週に3日しても平気なものでした。

しかし30代前後のアラサーになると死ぬほどオールが辛いと思いませんか?

あの10代~20代前半のパワーはどこに行ったのでしょうか?と思うほど、1日オールでお酒を飲んだら翌日は1日中死んでいるように爆睡をしています。

「もう二度とオールなんてするものか!」そこまで思うほどダルさが抜けない、それが30代前後のアラサーの体力なのです。

最近、友達とショッピングに出かけても1時間に1回はカフェに行っていることありませんか?
アラサーになるほどカフェが好きになる。

カフェでお茶しながら何時間も語らう方がウロウロ繁華街を歩くよりも楽しい!
自分から体力を極力使わないようになる、それが30代前後のアラサーです。

肌に張りがなくなる


肌は、ある一定の周期で生まれ変わる話を聞いたことありますよね、肌のターンオーバーと呼ばれるものは年代で周期が変ってきます。

例えば10代なら約20日で生まれ変わりますが、20代になると約28日で生まれ変る。

では30代になると・・・なんと約40日ですよ!
40日と言えば1ヶ月を余裕で過ぎているじゃないですか。

ちなみに60代は約100日・・・・
この肌のターンオーバーは実は25歳を超えた頃から急激にトーンダウンすると言われています。

あくまで40日は自然の状態での話で肌の状態が悪ければ40日を上回ります。

肌が生まれ変るスピードが遅くなることで潤いを無くし弾力を失ってきますよね、そうすると「ほうれい線」「シワ」「シミ」などにも悩まされて結果的にオバ肌になって行きます。

肌に関しては仕方ないこと・・・と思っている方も多いですが、肌の張りをなくしてしまう原因は基本的に夜更かしや角質ケア、日焼けなど長年の積み重ね!

せめて、肌の張りをなくしたくないと思うならば、10代、20代前半からしっかりとケアしておくことが大事ですね!

体臭がやや気になる

年代臭があることを御存知でしょうか?
例えば10代の体育部が電車内に一気に乗ってきたら独特の臭いがしますよね?

それも年代臭ということになります。

10~20代は基本的に汗が原因ですが、30代の体臭は少し違う!

30代の体臭は10代よりも臭いが強くなります。

それは食べた物を体内の酵素が処理していますが、30代になると体内酵素の分泌量は急激に減ってしまいます。

そうすると肉や脂などが処理できず体の腐敗は進み体臭となってしまいます。

体臭が汗だけと思ったらダメ。

30代になったら体内の中から改善して行かないと根本的な体臭は治りませんよ。

是非、エチケットには気をつけたいですね!

20代から「おじさん」「おばさん」と思われる

アラサーは褒め言葉ではないという理由のヒトツに「おばさん」「おじさん」と思われてしまうことが原因です。

とくに23歳や24歳など10歳も年齢が離れていない20代の年代から
「おばさん」や「おじさん」呼ばわりされるから余計に腹が立ちますよね。

女性は2歳上でも「全然年上だから・・・」と一線を引きたがりますよね、ですから24歳にしてみれば「24歳と28歳は全然違う、28歳はアラサー」を主張、何故、「おばさん」「おじさん」と言われるのか?

それは立場的にも先輩や上司にあたる年代がアラサーだからではないでしょうか。

立場的に支持をすることもあれば指摘や怒ることもあるでしょう、悪口ではないけれど立場が違うことでアラサーと年代で分けることも多くなるのでは?