アラサーと聞いて「あ~あ、アラサーの年齢になってしまった」と思いますか?

アラサーはお姉さんというよりもオバさんという域に達してしまう、
でもそれは自分自身の思い方につきること。

アラサーになると何が変わるんだろう

10代は若いと言われますが10代も良いことばかりではありません、例えば「ゆとり世代」「これだから最近の10代は・・・」とマイナス的な捉え方もあります。

職場にしても「経験者」の枠に入ることはできない。

しかし年齢を重ねて歩いてきた道で30代前後になりアラサーの年代になると
経験が重なり実績となり武器になる。

ボディーも10代にはない大人女性の魅力ができるものです。

アラサーはけしてマイナスなことばかりでなく、むしろ一番美味しい時期かもしれません。

人間の感覚なんて個々に違うものですからアラサーをマイナスとして受け止めるか、
アラサーをプラスに受け止めるかで今後のアラサー生活が変ると思います。

アラサーってそもそも何よ?

よくテレビでもアラサー芸人とかアラサー女優とか紹介される場合があります、アラサーは30代前後の女性をイメージする方が多いですが、アラサーは女性に限らず男性も含まれていることです。

アラサーはどちらかと言えばプラスよりもマイナス的な自虐的言葉な気もしますよね?
10代とカラオケに行った時に年代がもろに分かる、10代の子から「へぇーその歌知りません、誰が歌っているんですか?」なんて聞かれたときに
「私アラサーだからさ、当時~~は流行ったのよ」と笑ってごまかす。

ジェネレーションギャップのときによく使われる言葉ですよね!

その他にも「肌ピチピチで元気だよね、アラサーに見えない」「え?アラサーって何なの?」と思わず感じちゃいますよね、「アラサーとは思えない」って。

アラサーは世間では「オバちゃん?」と思われている方もいる一方で、「アラサー好きだわ」と若い10代には感じることができない大人の魅力を維持する方もいる。

「around thirty」の略


around thirtyはアラウンド・サーティーのことを言います。

聞こえはカッコイイけれど30歳手前のことで、
実はaround thirtyは2005年11月頃に創刊した女性雑誌「GISELe」主婦の友社から
生まれた言葉らしいですね。

具体的な年齢を示すことをせずに30歳前後のことを伝える・・・オブラート的な言葉です。

基本的に27~33歳までをaround thirty(アラフォー)と言われています。

ちなみによく耳にするaround forty(アラフィフ)は37歳~43歳までを言い、around fiftyは47~53歳を言うそうです。

こうなると大人の年代ばかりを耳にしますが、実は17~23歳もaround twenty(アラトゥエ)という言葉があるそうです。

28歳からという意見が一般的

アラサーは基本的に27~33歳と言われますが、「いやいや27歳はまだ若いでしょ。

28歳からがアラサーじゃない?」という意見も多い。

27歳が何故にアラサーじゃないかと言えば27歳は26歳という勝手なイメージ、まだ経験的にも若いところがある、完璧とはいえない25~27歳枠みたいなもの。

大人だけれど完璧な大人ではないことで27歳まではアラサーとは言わない、それは女性からの意見が多いです。

「私はまだアラサーではない」女性は自分自身のことを1歳でも若く思われたいもの。

しかも「アラサー」の枠に入れられることに抵抗がある。

男性からすると27も28歳も別に変わらないという意見が多いですが、やはり男女で「アラサー」の言葉には温度差があるのかも。

でも、25歳からという意見も

「28歳どころか25からアラサー」そんな意見もチラホラあります。

その理由に四捨五入すれば25~34歳以下もアラサーと考えるそうです。

さすがに女性からすると「25歳はアラサーじゃない!」という声が聞こえてきそうですが、25歳も立派な大人ですからアラサーと言われても、おかしくはないですよね?

アラサーは大人の女性ということですが、どうしても女性陣にはアラサーは嬉しくな言葉。

ま、さすがに四捨五入すれば25~34歳以をアラサーという意見は、少し強引な気もしますね。

自虐ネタ的に「もう私なんて四捨五入すればアラサーだからさ」という女性はいますが、第三者から「あなた四捨五入すればアラサーでしょ」と言われたらカチンときそうですね。

アラサーになると何が変わるの?

アラサーはイマイチ、褒め言葉じゃないイメージの方が多いですよね。

それは何故でしょうか?
30歳前後の年代ということで体調的に様々な変化が起ることが原因、例えば体力的、肌、年代臭、そして自分自身の年齢を胸をはって言えなくなってきたこと。

キャリアを積めば積むほど責任ある仕事をまかされてしまうことのプレッシャー、アラサーになると自分自身では大きく変化を感じないとしても、周囲の見る目や接し方が変化するのです。

体力がなくなる

たとえば10代~20代前半はオールでお酒を飲み明かしても数時間寝れば復活、そんな生活を週に3日しても平気なものでした。

しかし30代前後のアラサーになると死ぬほどオールが辛いと思いませんか?

あの10代~20代前半のパワーはどこに行ったのでしょうか?と思うほど、1日オールでお酒を飲んだら翌日は1日中死んでいるように爆睡をしています。

「もう二度とオールなんてするものか!」そこまで思うほどダルさが抜けない、それが30代前後のアラサーの体力なのです。

最近、友達とショッピングに出かけても1時間に1回はカフェに行っていることありませんか?
アラサーになるほどカフェが好きになる。

カフェでお茶しながら何時間も語らう方がウロウロ繁華街を歩くよりも楽しい!
自分から体力を極力使わないようになる、それが30代前後のアラサーです。

肌に張りがなくなる


肌は、ある一定の周期で生まれ変わる話を聞いたことありますよね、肌のターンオーバーと呼ばれるものは年代で周期が変ってきます。

例えば10代なら約20日で生まれ変わりますが、20代になると約28日で生まれ変る。

では30代になると・・・なんと約40日ですよ!
40日と言えば1ヶ月を余裕で過ぎているじゃないですか。

ちなみに60代は約100日・・・・
この肌のターンオーバーは実は25歳を超えた頃から急激にトーンダウンすると言われています。

あくまで40日は自然の状態での話で肌の状態が悪ければ40日を上回ります。

肌が生まれ変るスピードが遅くなることで潤いを無くし弾力を失ってきますよね、そうすると「ほうれい線」「シワ」「シミ」などにも悩まされて結果的にオバ肌になって行きます。

肌に関しては仕方ないこと・・・と思っている方も多いですが、肌の張りをなくしてしまう原因は基本的に夜更かしや角質ケア、日焼けなど長年の積み重ね!

せめて、肌の張りをなくしたくないと思うならば、10代、20代前半からしっかりとケアしておくことが大事ですね!

体臭がやや気になる

年代臭があることを御存知でしょうか?
例えば10代の体育部が電車内に一気に乗ってきたら独特の臭いがしますよね?

それも年代臭ということになります。

10~20代は基本的に汗が原因ですが、30代の体臭は少し違う!

30代の体臭は10代よりも臭いが強くなります。

それは食べた物を体内の酵素が処理していますが、30代になると体内酵素の分泌量は急激に減ってしまいます。

そうすると肉や脂などが処理できず体の腐敗は進み体臭となってしまいます。

体臭が汗だけと思ったらダメ。

30代になったら体内の中から改善して行かないと根本的な体臭は治りませんよ。

是非、エチケットには気をつけたいですね!

20代から「おじさん」「おばさん」と思われる

アラサーは褒め言葉ではないという理由のヒトツに「おばさん」「おじさん」と思われてしまうことが原因です。

とくに23歳や24歳など10歳も年齢が離れていない20代の年代から
「おばさん」や「おじさん」呼ばわりされるから余計に腹が立ちますよね。

女性は2歳上でも「全然年上だから・・・」と一線を引きたがりますよね、ですから24歳にしてみれば「24歳と28歳は全然違う、28歳はアラサー」を主張、何故、「おばさん」「おじさん」と言われるのか?

それは立場的にも先輩や上司にあたる年代がアラサーだからではないでしょうか。

立場的に支持をすることもあれば指摘や怒ることもあるでしょう、悪口ではないけれど立場が違うことでアラサーと年代で分けることも多くなるのでは?

多少の体力の違いはあるにしても、体力面でアラサーは「おばさん」「おじさん」と呼んでいるわけではないのです。

立場的に偉そう・・・イコール「おばさん」「おじさん」と皮肉を交えてワケれいるのかも知れません。

20代のようなミスが許されなくなる

20代前半であればミスをしても「すいません」と舌を出して謝れば済むことかも知れませんが、アラサーの年代だと「すいません」と舌を出すことは許されない。

と言うよりも出来ない立場にいることが多いですよね?

指導する立場がミスすると結構大きな問題に発展することがありますし、それに基本的にミスが少ないからこそ1回のミスが目立ってしまいます。

普段からミスしている若い年代あれば仕事に不慣れな部分や経験不足なことで
ミスは起こりますし、世の中は大目に見てくれます。

しかし、アラサーとなると経験者扱いになることで「どうして?珍しいミスだね?何かあった?」と逆に心配されてしまうこともあります。

もちろん人間ですからミスだって当然しますが、アラサーになるとミスしてはいけない雰囲気になっていることがありますよね。

はしゃぐことが恥ずかしいとみなされる

これは自分自身が「私は30歳だし、はしゃぐ年齢ではないから」と決め付けているのかも?

楽しいときは誰だってはしゃいでも良いと思いますが自分自身でセーブしてしまっている。

周囲が「いい年して、はしゃいでみっともない」と思われてしまいそう・・・
はしゃぐイコール学生のようなノリをイメージしてしまいますよね。

はしゃぐことが許される年代は学生まで、社会人になったらダメ!
ましてアラサー世代がはしゃぐなんてありえない。

と思ってませんか?
日本は特に大人イコールはしゃがない!はしゃぐことイコール子供だからです。

大人といえるアラサーがはしゃぐなんて恥ずかしいこと。

たしかに度を越して迷惑をかけている「はしゃぐ」は
アラサーと言うよりも社会人として恥ずかしいものですよね!
でも程ほどにはしゃいでいたら、それは「はしゃいでいる」とは言えないこと。

はしゃぐことは無邪気なことでもあります、無邪気に喜ぶ姿であれば、まだアラサーだって可愛いと思いませんか?

言葉は捉え方でイメージも変わりますよね。

理想のアラサー男子像

アラサーと聞くと女性のイメージが強いですよね、しかし男性もしっかりとアラサー枠があります。

女性のアラサーと違ってアラサー男子はイメージが良い、女子のアラサーはオバさんのようなイメージですが、男子のアラサーは若いイメージも残しつつ仕事がバリバリできるイメージ。

例えば仕事ができる、良い意味で大人、収入がある・・・などなど、男として最も魅力的な年代と言えるのです。

男女平等社会と世の中は言いながらもアラサー女性よりも
遥かに世の中はアラサー男子には優しいかも知れません。

一人で仕事がバリバリこなせる

28歳~34歳と言えば仕事で責任ある立場になることも多いですよね、正直、男性の19~21歳は会社に就職しても役に立つことがない。

逆に19~21歳であれば女性の方が臨機応変に対応できることが多く差がでますよね、ですがアラサー男子の年代に突入すると仕事の面白みも分かってくる。

ココがアラサー男子とアラサー女子の逆転場というところですね!
アラサー女性は同じように仕事に責任ある立場になりつつも、結婚したい願望も同時に強くなります。

それだけに仕事が面白いとも感じなくなる、むしろ自分よりも若い子が入社してくることに
少なかれ気分も良くない。

しかしアラサー男子になると彼女よりも仕事に夢中になることも多く、仕事の楽しさが分かることでバリバリと仕事をこなせるようにもなる年代がアラサー男子と言えます。

部下の管理もきっちりこなせる

28~34歳と言えばベンチャー系企業であれば社長もいるような年代、一般的な企業でも中間管理職など何らかの役職を負かされる。

後輩も入ってきてカッコイイ仕事のできる先輩、付き合いの良い先輩を演じることができることがアラサー男子です。

アラサー女子は自分よりも若い同性の後輩を煙たく感じますが、アラサー男子は自分より若い同性男子を可愛い後輩や部下と感じる方も多いですね!
仕事をバリバリとこなす先には管理職が待っている。

その結果、部下の管理を任される立場になることで初めて男として脂がのっていると言える。

アラサー男子は彼女がいても仕事に集中しすぎることでプライベートも仕事化していることが多い。

逆にプライベート充実して彼女中心のようなアラサー男子であれば、仕事に魅力を感じてないから責任ある管理立場になっていないことが多いですね!

やはりプライベート充実と仕事も充実とどっちも手に入れることは、アラサー年代には難しいことですよね。

分別ある大人である

「あの頃は若かったな・・・」そんな風に感じる年代がアラサー世代です。

とくに若い頃は大学のサークルで一気したり無茶苦茶することもありましたよね、しかし「明日がある」「仕事がある」と身に染みて感じる28歳~34歳のアラサー男子は10代や20代初期のような無茶苦茶をしなくなる。

それは少し寂しさを感じることですが、分別ある大人になることです。

しかしながら一部では若い頃が抜けないまま、「大人になんてなりたくない」そのようなやんちゃな行動を起こしてしまうアラサー男子もいますが一般的に成長すれば分別ができる大人です。

その背景にも「責任ある立場」という会社の影が大きいと言えます。

28歳~34歳であれば既婚者の方や子供がいる方もいます、であれば更に「若さゆえ」の行動はできないと実感するでしょう。

だからこそ、アラサー男子は大人でカッコイイと女性からも人気ある年代だと言えます。

10代の頃が男子は女子よりも子供じみているだけに、アラサー世代になるとカッコ良さが引き立つのかも知れませんね!

年収は300万以上

仕事が楽しい、仕事をバリバリこなすことができれば管理職にもなる年代、それは当然に収入に反映するものです。

手取り25万以上の給料はアラサー男子であれば一般的に多い、収入が逆に少なければ仕事なんてヤル気も起きないものです。

給料、ボーナスを含めて年収が300万以上になることで生活にも余裕が見える、だからこそ世帯を持つことも描くことができる。

世帯を持たないにしても収入があることで車を購入したり趣味に生かすことができるもの。

若い頃は彼女と割り勘や御馳走してもらうこともあったと思いますが、アラサー男子になれば年収も増えて彼女と割り勘や御馳走してもらうこともなくなります。

世帯を持つにしても、趣味に生きるにしても年収がないとできないことですよね。

だからこそアラサー世代の男子は楽しい年代と言えるのかも知れませんね!

理想のアラサー女子像


「オバさん」と言われがちなアラサー女子ですが、さすがに28歳~34歳をオバさんと言うことは厳しすぎる。

女子自身もアラサー年代になっても憧れ像があるもの、またアラサー女子に魅力を感じる男子から見たアラサー像があります。

例えば大人の年代でありつつもガッツリと大人ではない、程よく若さが残っているからこそ可愛らしさが残っている。

この2点が残っているアラサー女子は基本的にオバさんではないですし、同性からも人気がある年代です。

アラサー女子は悪い方向と良い方向に分かれることがあります。

やはりアラサーは魅力的な年代ですから良い方向に進みたいですよね!

少々大人びている

男子、女子から憧れるアラサー女子は美しいもの、それは外見的にということよりも内面全体からでる美しさがあります。

キャピキャピと騒いでいるような女子は10代で卒業、社会人の男性から見ても少し落ち着いた雰囲気のアラサー女子は魅力を感じます。

同性から見ても「なんだかカッコイイ」と憧れる存在ですね。

通勤電車で静に読書をしているアラサー女子や一人でランチする姿も少し大人びている。

大人びているアラサー女子は職場の服装が実にわかりやすいですよね、
全体的に落ち着いた色を好み、少し高いヒールにミニ丈よりもミモレ丈を選びはじめる。

派手な茶髪よりも栗色や黒髪が似合うアラサー女子は良い意味で大人びている存在ですね!
様々な人と出会う場面が多くなるアラサー女子は服装も高感持てるファッションを選びます。

でもかわいらしさは残っている

ちょっと大人びているアラサー女子のファッションですが完全に大人ではない、ちょっとした時の笑顔が子供っぽくかわいらしさが残っている。

そこに男子はキュンと来るのでは?
少し「はしゃぎたい」「大人になりきれない」それがアラサー女子ですよね、女性は何歳になってもかわいいしぐさが残っているものです。

とくに28~34歳がアラサーと言えど長い人生の中では、まだまだ若い世代です、完全に大人になりきるには早すぎる。

何歳になってもかわいらしさが残っている女性は魅力的ですね、28~34歳のアラサー世代にかわいらしさをプラスすればモテ年代だと思います。

お姉さんとして年下から慕われる

姉御肌としても人気がでる、ある意味貫禄があるアラサー女子。

若い新入社員を煙く感じる一方で可愛いと感じるアラサー女子も多いですよ。

若い社員を「私が同じ年代のときは、もっと効率よく動いていたわ!」と感じるか?
「私もドキドキして戸惑った頃があったのよね」と大きな器で後輩を見れるかがカギ。

ここで卑屈に考えるようでは「オバさん」マイナスのアラサーにまっしぐらですが、プラス方向に大きな器で考えることができれば後輩からも慕われることができます。

アラサーと言っても20歳離れている年代ではない、だからこそ少し年上の「お姉さん」として年下も慕うワケです。

どうせ年齢を重ねて行くなら年下から憧れる、慕われるアラサーになりたいですよね?
年下に慕われるアラサー女子を同年代や年上が見ても素敵と感じるはず。

卑屈に考えてもイライラすることは多いですしプラスになることはありません、自分自身の為にも「お姉さん」として年下から慕われるアラサー女子を目指しましょう。

同い年からも認められる性格の良さ

同じ年代からも認められる性格まで達することができれば
パーフェクトアラサー女子だと思います。

同年代の女子は意外と敵対心を燃やすことも多いですが、同年代だからこそ分かることも多い。

「アラサー世代は・・・」自虐的なネタで笑い合えて盛り上がることができる、それも同年代だからこそでは?

お互い張り合っても意味がないと思いませんか?

たしかに同年代でありながらも既婚者で幸せオーラ全快だとしても、様々な悩みはありますし、仕事人間だとしても自由な時間はある。

個々に悩みがあり、個々に必ず違う幸せはあるものだということです。

細かいことを気にしない、自分らしい楽しみを持っているアラサー女子であれば、同じ年からも認められる性格の良さと言えます。

同じ歳からも認められるアラサー女子は無敵ですよね!

アラサーなら合コンよりネットで出会いを!

仕事人間のアラサー年代かも知れませんが、やはり家に戻れば寂しさを感じることもありますよね。

それはやはりパートナーがいる方がいいかも・・・

既婚までは望んでいないけれど心の隙間を埋める恋人的な存在はほしい、恋人のような存在がいることで少し潤いもでて人生もより楽しいと思えるかも知れません。

とは言っても今いる職場や現状で出会いを探すことは難しい方も多い、仕事に追われていると婚活する時間もなかなか持てない。

金銭的には少し余裕があるけれど・・・
そんなアラサー世代が恋人探しとしておすすめがネット!
合コンでチマチマとお金と時間を費やすよりも
上手にネットを利用した方が確実に自分好みと出会うことができるかも知れません。

アラサーは色々忙しい


やはり管理する立場や責任ある仕事をこなすようなアラサー年齢は
合コンと日にちを決めても急なトラブルや仕事が舞い込んで来る可能性は大きい。

金曜日の仕事終り18時や19時なんてガッツリ仕事してますけど?と言うアラサー世代、深夜に帰宅することも多いですよね。

そんな中で土日を合コンにあててしまうと「土曜日位はゆっくり寝かせて」と思ってしまいます。

自分自身で決めた合コン日であっても当日になると気分が乗らないこともありますよね?
合コンが義務のような感じになってしまうことで面倒と感じてしまいます。

なんとなく気分ものってきた土曜の深夜に
ラフな部屋着でパートナー探しできたら嬉しいことですよね。

暖かい部屋でリラックスしながら恋人を探せることがネットです。

ネットで探せば時間を有意義に使うことができる、これは身体は疲れないし、意味ある時間だと思います。

お金に余裕があるから定額も大丈夫

アラサー世代は10代とは違って収入面でも安定していますよね、だからこそ「無料」で恋人探しをする必要がありません。

やはり無料であればセキュリティー面で心配なことがありますよね?
ネットで恋人探しをしない方のポントは基本的に「ネットは危ない」という認識が強いのかもしれません。

また、1通送ることに課金する制度であれば信憑性も微妙ですよね?
とくにセキュリティーや安全性はお金に変えられないものがありますから信用性あるサイトで恋人探しをしたい。

長いスパンで恋人をしっかり探したいと思っているのであれば、定額タイプの出会い系がおすすめです。

定額タイプであればセキュリティー面も安心感が強く、サイト運営歴も安定してるところが多いです。

アラサーになったら、ちょっぴり大人のやり方を


アラサー世代になると少し大人の出会いを求めてもいいのかもしれません。

たしかにメールだけで終わらせることもありですが、
最終的に素敵な人と出会えたらゴールまで辿りつきたいですよね。

合コンはノリが大事ですし、一瞬一秒が大事なところがあります、
その日の為にヘアスタイルやファッションにお金をかけますよね。

実際に会ってみて気合入れた合コンのわりに「違う・・・」ことも多くありませんか?

アラサー世代の毎日は恋愛だけに時間を費やすことができないほど忙しい、できれば時間は無題にしたくないものです。

だからこそ頭を使って能率良く出会いを求めることが大事だと思います。

事前に趣味や外見が合ってこそ、おしゃれして気合を入れる価値がある。

仕事で満たされない部分を埋める為の存在を見つけたり、自分のライフスタイルにマッチした相手を見つけることが大人の出会いと言えるのでは?

アラサーになったら無駄のない出会い、無駄のない時間、無駄のない恋愛をしたいですよね。