あなたは、「おじさん!」と言われてショックを受けたことはありませんか?

若かりし時代の自分と比べて、おじさんになったな・・・。

と思う事はありませんか?

しかし、男性のほとんどの方は、自分の年齢よりも若く見られた方が嬉しいですよね。

実は、おじさんと呼ばれたり、思われたりするのは、年齢のせいだけではないのです。

おじさんと言われる男性は、おじさんの特徴に当てはまっているから、おじさんと言われてしまうのです・・・。

おじさんの特徴、知ってる?

おじさんの特徴というものを知っていますか?

自分がおじさんになったなーと感じる時、若い男性と自分を比べておじさんになったと感じますよね。

おじさんになったかなっていないかは、自分におじさんの特徴が当てはまっているため、おじさんに見られてしまうのです。

おじさんの特徴を知ることが出来たら、その特徴を改善することで、若々しい男性に見られるようになるでしょう。

一般的におじさんの年齢とは?

あるサイトで、女性が「おじさん」と思う男性の年齢境界線はいくつかという討論がされていました。

35歳以上、40代、という意見が多い中、「容姿による」「雰囲気による」「人それぞれ」という意見も多く挙がっていました。

おじさんと言われる男性は、問題なのは年齢ではなく、容姿や雰囲気等なのではないでし
ょうか。

40代くらいがおじさん

現役女子大生へのアンケートで、一番多かった答えは、40代からがおじさんという意見だったのです。

40代はアラフォーという言葉で括られることもあるため、おじさんというイメージが強いのでしょう。

子どもから見たら30代もおじさん

子供からの目線だと、30代でもおじさんですよね。

大人になってからの30代は、まだまだ若い気がしますが、子供のころの気持ちを思い返すと、30代は見た目も落ち着いてきているため、おじさんに見えますよね。

50代でも見た目が若いとおじさん

年齢を聞いた時に50代という答えに驚くことがあります。

見た目的には40代半ばから後半くらいに見えるからです。

なぜ、50代でも実際の年齢によりも、若く見えるのでしょうね。

でもおじさんは年齢だけじゃない!

実際に、芸能界などの多くの人に見られるお仕事をしている男性は、35歳ではまだまだ若々しく、若者と何ら変わりなく見える人が多いですよね。

また、40代、50代でも「おじさん」とは呼び難い人が多いのです。

要は、おじさんかおじさんではないかという問題に、実際の年齢はあまり関係ないと考えられますね。

おじさんの特徴22個

これから、おじさんの特徴について、紹介したいと思います。

もし、自分に当てはまる項目が多ければ、おじさんと思われてしまっている可能性が大会ですよ・・・。

実際におじさんと言われてしまっている男性も多いのではないでしょうか。

しかし、当てはまる項目を知ることで改善することができますよね。

是非自分と照らし合わせながら確認してみてください。

1. いつも顔が疲れている

女性が疲れた顔をしていると、あれ?あの人老けたかな。

と思いますよね。

あなたも同じように見られていますよ。

疲れた顔はドッと老けて見えてしまいます。

疲れた顔に見えるポイントの一つとして、シワやほうれい線が関係します。

女性が肌のスキンケアをするという事は一般的な世の中ですが、実は男性も肌のスキンケアをした方が良いのです。

毎日の洗顔の後に化粧水をつけるだけで、しわが増えにくくなります。

乾燥してしまうとしわは増えやすくなりますが、十分な潤いを肌に{与えていることで、肌にハリが生まれ、しわが増えにくくなりますよ。

また、特に疲れたなと感じた日は、オイルや乳液を活用し、ほうれい線に沿って下へ下へとツボがあるので、押していきましょう。

スッキリとした顔で翌日が迎えられますよ。

目元が疲れているなと感じた場合は、寝る前にホットアイマスクで疲れを取りましょう。

タオルを塗らし、電子レンジで30秒ほど加熱すれば、ホットアイマスクが作れます。

タオルの上から優しく押すようにマッサージすると、より疲れが取れますよ。

2. 体力がなくなってきた

若いころと比べて体力がなくなってきたなと感じることがあるでしょう。

実際に、30代以降はどんどん筋肉量が衰えてきてしまいます。

しかし、筋肉が落ちで行くことを老化のせいにして諦めないでください。

体を鍛えると意気込むのではなく、筋肉が衰えないように少し歩こう、エレベーターを使用せず階段を使用しよう、という心掛けだけでも、筋肉及び体力の減少は食い止めることができます。

3. ビール腹

ビール腹から連想するのは、おじさんですよね。

おじさんだからビール腹になるという事ではないのですが、やはり年を重ねた男性のお腹がビール腹になっていると、やっぱりおじさんっぽいなと思ってしまいます。

ビール腹は単なるビールの飲みすぎではなく、内臓脂肪が蓄積された結果です。

ビールだけが原因なのではなく、そのほかの食べ物も原因となっています。

内臓脂肪を落としたいと、運動を取り入れる方も多いでしょう。

しかし、内臓脂肪はなかなか落ちにくいという意見が多いのです。

内臓脂肪が落ちにくいのではなく、消費カロリーが摂取カロリーを上回らない為、内臓脂肪が減らないのです。

年を重ねると、基礎代謝が低下する為、摂取したカロリーを溜めこみやすくなってしまいます。

運動量を若い頃よりも取り入れなければ、ビール腹は解消できません。

ビール腹を解消する一番手っ取り早い方法は、食事の内容を見直し、摂取カロリーを調節しましょう。

4. お酒が残るようになった

加齢とともにお酒が翌日まで残りやすくなったと感じませんか?

それは思い過ごしではなく、事実です。

肝臓が負担に耐え切れなくなってきている証拠なのです。

飲み会の翌日、ピンピンして出社してくる社員に、自分だけ二日酔いの姿を見せてしまったら、おじさんと思われてしまいますよね。

翌日にお分けを残さないようにするためには、飲んでいるときのお酒との付き合い方が大切です。

肝臓の負担をできるだけ減らしてあげることにしましょう。

空腹時にアルコールを摂取してしまうと、アルコールは満腹時の3倍近くのスピードで、肝臓に吸収されます。

肝臓は一気に吸収したアルコールを分解するために、多くの負担を抱えます。

お酒を飲む前に、食べ物を食べてからアルコールを摂取するようにしましょう。

また、アルコールを飲むときは、アルコールだけを飲むのではなく、アルコールと同じくらいの量のチェイサー「水」を飲むことをおすすめします。

若い頃とは違う自分を把握し、飲めるお酒の量を調節する事も大切ですよ。

翌日までアルコールを引きずらない、スマートな飲み方をする方がかっこいいですよね。

5. 胃もたれする

胃もたれは年を追うことで受ける洗礼と言えますね。

年を重ねると、胃液の分泌量が減ってしまうのです。

胃液の分泌量が低下するという事は、食べたものの消化に時間がかかり、胃もたれが引き起こります。

胃もたれせずに美味しい食事を楽しむためには、咀嚼回数を増やしましょう。

たくさん噛んで食べることで、唾液の分泌量が増え減った胃液の働きを、唾液がカバーしてくれます。

胃もたれするからと食事の誘いを断ったら、おじさんだなと思われてしまいそうですよね・・・。

しかしたくさん噛む、というだけで食事を楽しむことができますよ。

6.物忘れが増えた

人間は加齢とともに物忘れをしやすくなってきます。

認知症ではなく、正常範囲での物忘れは、誰しもおこりうるものなのです。

認知症でない場合、自分が物忘れをしやしすくなっていることに自覚しているはずです。

もし、周囲の人から物忘れが激しいとい言われているが、自覚がないという場合は、専門機関へ、相談してみてください。

自分で自覚がある場合、そのまま放置してしまうと、家族や職場、友人から、おじさんになったなと思われたり、おじさんと言われたりしてしまいます。

おじさんと言われない為に、物忘れをするようになったなと思う方へ、対処法を紹介しますね。

正常範囲内の物忘れが激しくなる原因として、ストレス・寝不足・疲れが考えられます。

年を重ねると、家族や仕事内で、重大な責任を負う事も多くなってきますよね。

ストレスを溜めない為にも、ストレスを発散する場を設けるようにしてみましょう。

趣味を見つけたり、美味しい物を食べたり、好きな本を見つけて読むのも良いですね。

忙しい時間の中で、自分の好きなことをしてゆっくりと過ごす時間を自分に作ってあげてみてください。

また、寝不足や疲れも物忘れの原因である場合が多いのです。

たまには悩みや考え事を辞めて、十分な休息を取りましょう。

毎日の単調な生活は、物忘れをより加速させてしまいます。

自分が楽しめることを見つけてみてください。

物忘れをしない為に、大切なことは、メモを取っておき、目に付く場所に置いておくのも良いですね。

7. 加齢臭が気になる

加齢臭は、周囲の人におじさんと思われてしまう要因です。

加齢臭は親父臭と称されることもあり、周囲の人にとっ気分が良い臭いではありませんね。

では、加齢臭は何歳くらいからし始めるのでしょうか。

男性の場合、中年と呼ばれる40歳くらいからが一番皮脂の分泌量が多いのです。

皮脂は時間が経ち、酸化すると加齢臭のもととなります。

という事は、40歳くらいからは、加齢臭がし始めるという事になりますよね。

加齢臭がし始め男性へ、対処法を紹介します。

汗をかいたら着替える、汗ふきシートを活用するという事も大切ですが、仕事中などの忙しい中、何度も着替えたり拭いたりしていられませんよね。

更に、加齢臭を消すためにと、香水や匂い付の消臭スプレーを使用している場合は、やめましょう。

加齢臭に良い匂いを混ぜても、嫌な臭いに変わり、周囲の人からおじさんと思われることに変わりはありません。

余計に臭いおじさんと思われてしまうこともあるでしょう。

何かの香りで打ち消そうとするのではなく、加齢臭は根本的に抑えることができますよ。

食生活

若い頃は肉や揚げ物などを毎日食べても、加齢臭がしてくるなんてことはありませんでしたよね。

しかし、加齢とともに正しい食生活を心がけなければ、加齢臭の原因となってしまいます。

加齢臭のしない体を造るためには、野菜に多く含まれている抗酸化物質を体内に取り入れることが大切です。

抗酸化物質を摂取していない体の皮脂は酸化しやすくなります。

具体的な抗酸化物質は亜鉛・カテキン・ビタミン類・ポリフェノール・βカロチンになります。

牡蠣や大豆、緑茶やウーロン茶、ブロッコリー・ケール・アーモンド・トウモロコシ等々・・・。

食事生活の中に取り入れてみてください。

また、人によっては30代くらいから、加齢臭がし始める人もいます。

なぜ30代から加齢臭がし始めるかというと、生活に問題があります。

早くから加齢臭がし始める原因としていくつか挙げられます。

・食生活が乱れ、ジャンクフードや油の多い食事が多い。

・ストレスが溜まり、心身ともに疲れている。

・飲酒の回数屋量が多い。

・タバコを吸う。本数が多い。

これらの生活を続けると、加齢臭がしやすくなります。

改善できることなので、できるだけ加齢臭の原因を取り除いた生活をすると良いでしょう。

喫煙は30代の加齢臭にも40代以上の加齢臭にも当てはまることなのですが、タバコの成分は体内のビタミンを破壊してしまいます。

抗酸化物質が破壊されてしまうという事は、加齢臭を加速させてしまいますよね。

加齢臭とタバコ自体のニオイも混ざり、嫌な臭いになってしまいます。

出来れば臭いの為にも健康のためにも、禁煙できると良いですね。

8. 白毛が生えてきた

白髪は年をとるにつれ男性に限らず男女ともに増えてしまうものですね。

白髪染めを使用し、染めるのも良いのですが、白髪が増えたら染め直す、染め続けるという事は、大変で面倒くさいですね。

この際、思いきって白髪を楽しむという選択肢もあるのですよ。

染める方法も良いと思うのですが、芸能人など人に見られるお仕事をしている方でも、白髪があってもかっこよく見える男性結構います。

ただただ白髪を放置してしまうと、おじさんと見られてしまいますが、白髪をシブくかっこよく見せるためには、スタイリングが鍵となります。

白髪をかっこよく見せる方法を紹介します。

まずは美容室へ出向いてみましょう。

トレンドの髪型を見てみると良いです。

その中から、ショートヘアの髪型を選びます。

ショートヘアは白髪を一番かっこよく見せてくれます、ロングやミディアムの白髪が似合う人は少ないのです・・・。

また、髪が長いとスタイリングも大変で、高度な技術を要します。

白髪をかっこよく見せるためには、スタイリングも重要です。

ショートヘアなら素人でもかっこよくスタイリングしやすいので、美容室で自宅で出来るスタイリング方法を教えてもらうと良いですね。

白髪でも髪型とスタイリングで一気に若々しくなります。