真っ赤な服を着て、髪はソバージュ?で、太い眉毛が特徴の、平野ノラさんが最近大人気ですよね!
大きな電話機を肩から下げて、「しもしも~?」と電話に出ているのが、印象的ですけど、彼女はつまりはバブルネタで、一躍大ブレイクを果たしたわけで、今若い世代にも大人気です。

でも、今の若い世代の人、バブルってどんなものだったか本当に知っていますか?
今とは全然違ったファッションを着て、なんだか大胆でど派手な印象はあるかも言しれませんが、その時代、今の日本では考えられないことが起きていたこと、知っていますか?
もう、今の若い世代からすると、バブル期は一つのネタでしかないわけですけど、その時代を知っている人からバブルあるあるを聞くと、「本当にそれが数十年前の日本!?」って驚くことでしょう。

なので、これからバブル期には当たり前?だった、今からでは考えられないバブル期あるあるをご紹介してみたいと思います。

若い世代はびっくりするだろうし、バブル期を生きてきた人たちからすると、かなり懐かしく、あの頃の日本はすごかった!と、日本の過去を思い出すことでしょう!
では、バブル期あるある17選、&ってかバブルって何!?について、見ていきましょう♪

バブル時代のあるある17選

バブルネタで大ブレイクした平野ノラさんの登場で、今かなりバブル期についてのネタが盛り上がっていますね!
テレビ番組などでも、一晩中ディスコで踊りあかしたというエピソードを語る女優さんとか、とにかくボディコンスーツに身を包んで男を落としまくったということを懐かし気に語る、今やもうけっこういい歳になっているタレントさんとか、ものすごいゴールドの腕時計をはめていたと自慢する芸能人とか・・・バブル期あるある(自慢?)を語っている様子をよく見ます。

なんだか、バブル期ってすごく明るくて日本がくるっているほどの高いテンションでみんながはじけていた、という印象がありますけど、でも実際にバブル期を経験していない人からすると、ちょっと想像がつかないところ、ありますよね?
バブル期を生きてきた人たちからすると、そのバブル期の日本と、その後のバブル崩壊した後の日本について、いろいろと思い出し、あの頃の日本のすごさ、というか尋常じゃない様子を思い出し、今ではちょっと考えられない日本の経済感覚について語ってくれることでしょう。

そして、そのバブル期から日本人が学んだことなどは、今の若い人たちもきっと学校などでも勉強するところですね。

バブルがどのように始まって、どのように崩壊してしまったのかは、ひとまず置いておいて、まずは、そんな日本のバブル期にはどんなことが巷でおこなわれていたのか、バブル期あるあるを見てみましょう!

1. 飲み屋のお姉さんがお客さんにBMWを買ってもらった


飲み屋のお姉さんたちは、あの頃どれだけお客さんからプレゼントをもらっていたことやら・・・。

というのも、バブル期にはコンパニオンをしていたお姉さんたちなんか、お客さんにタバコを買ってきてと頼まれると、まず一万円を渡されて、そのお釣りは全部チップとしてもらえたようです。

チップは万札、それがバブル期の当たり前。

そんな中、飲み屋のお姉さんたちは、お客さんから高級外車をプレゼントされることもあったようです。

あるお姉さんは、お客さんにBMWの車を買ってもらったそうで、バブル期で人気だったといえばBMWの3シリーズだったようです。

それは別名”六本木のカローラ”とまで言われていた車で、ピカピカでスタイリッシュなその車を乗り回している人にとにかくみんな憧れていました。

バブルを象徴するような車で、当時新車を買うとなると500万円以上だったようです。

そのようなプレゼントを簡単にあげられちゃう、なんて、バブル期のおじさまたちはどんだけ羽振りがよかったんだ!と驚きますね。

だから、かなり人気の飲み屋のお姉さんたちなんか、もう駐車場いっぱいに高級車を持っていたらしい。

いろいろなお客さんが、プレゼントしてくれるから乗りこなせないほど、ただの持っていたり、そんな高級車もらうことすら珍しいことでもなかったみたいですね。

今じゃあ、みんな不景気のせいで財布のひもが固いから、高級車をプレゼントしてもらうなんて、よっぽどのホステスさんじゃないとありえなさそうです。

他にも車をもらったというバブルあるあるでは、今もなおバブル時代のネタ?で人気の女優の田中美奈子さんも、バブル期に俳優の渡哲也さんから車、それもガルウイングをプレゼントしてもらった、というエピソードを過去にお話ししておられました。

共演者だった時に、劇中に使用されていたその車を見て、田中さんが「いいな」と発言しただけで、その車をプレゼントしてもらったそうです。

すごいですね。

ガルウイングって、ドアの開閉が上に開く、カモメの翼みたいになるあれです。

かなりカッコイイですよね!
ランボルギーニとか、メルセデス・ベンツが有名ですね。

最近ではあまり見ませんけど、とにかく存在感はすごいですよね。

一度乗ってみたいものです・・・。

さらに、ゴルフコンペなどでも、高級外車が景品となっていたなど、とにかく高級外車だって簡単にプレゼントできちゃうような世の中だったのですね!
ちなみに小さなスナックでもバイト代は時給5000円くらいもらえたそうです。

それも、お客さんには料亭に連れて行ってもらえたり、クラブに連れて行ってもらったり、帰りには何十万円かの足代をもらえたりもしたそう。

ありえない。

2. 数千円で買った株が何十倍もの価格に跳ね上がった

バブル期と呼ばれる次期には、株価がとにかく急上昇しました。

日経平均の推移を見てみますと、バブル期と言われる1985年ごろには、とにかく急上昇していることがわかります。

つまり、その時に株をしていた人達は、ものすごい勢いで価格が跳ね上がり、なんともともと数千円で買った株が、何十倍もの価格になる、ということを経験しました。

高値で売れる場合、資産が一気に何倍にも膨れ上がったのです。

そんなことが起きたら皆さんどうします?
とにかく、株で儲けたいと思いますよね?
だから、そのころは借金をしてでも株を買うことを進められていたそうです。

それだけではありません。

不動産の価格だってものすごい高値になりました。

得に大都市では不動産の株価は10倍にまで膨れ上がったこともあったようです。

このように株式や不動産などで、とにかく資産が膨れ上がり、毎年お金がジャンジャン自分のところに入ってくるなんて考えたら、とにかく豪遊したくなりますよね。

それで、そんな株でとにかく資産が何十倍にもなった人たちが、高級外車や高価な家や家具などを持ち、飲んで遊んで、ゴルフして、というような生活をしていたんですね。

しかし、その株価の上昇には終わりが来るので、そのうちに株価の大暴落というものが起きます。

なので、バブル期に株で儲けてそれで終わった人はいいのですが、バブルがはじけた時に自分ではどうしようもないほどの借金地獄に陥ってしまった投資家さんたちもいますよ。

3. 数億円の腕時計でも結構売れた


みなさんは、今いくらくらいの腕時計を着けていますか?
自分のお気に入り、自分へのご褒美として数万円~数十万円の腕時計をつけている人もいますけど、バブル期にはどのくらいの値段の腕時計をみんなつけていたと思いますか?
なんと、お金持ちは数億円の腕時計を身に着けていたそうです!
数億円!?
ちょっと想像がつきませんね。

どれだけダイヤモンドなどの宝石やら、なんかがついているのでしょう??
今でも、芸能人や社長さんなんかは数百万円の腕時計をされている方もいますけど、数億円って・・・。

規模が違いすぎますよね。

腕時計って、今でもその人の経済状況をよく表すアイテムで、多くのマニアの人にも人気で高級腕時計を集めている方はたくさんおられます。

でも、数億円の腕時計を持っている人がどのくらいいるのか。

数億円とまではいかなくても、みんなボーナスが出るとギッラギラの新しい腕時計に買い換えていたそうです。

ギッラギラというのも、ダイヤモンドがいっぱいついているブランド物の腕時計だから。

高卒の新入社員でもボーナスを最初から50万円はもらえたらしいし、25歳くらいになると一度に100万くらいはもらえたらしいです。

別の会社の人は、一番最初のボーナスで150万円をもらえたので、お金を稼ぐのって簡単なんだなと感じたそうです。

普通の人でもそんな風なら、社長さんとかいい会社の人や株で儲けている人なんか、数千万、そして億単位の腕時計くらい買えちゃったんですね。

腕時計に数億円を出せるなんて、ある意味怖い時代です。

ちなみに、なんと約60億円という腕時計があるのですが、こちらはすべてファンシーダイヤモンドで埋め尽くされた、それはそれは輝きがものすごいアイテムがあります。

あと、トータルで152.95カラットのダイヤモンドが使用されている約48億円の腕時計なんかもあるんです。

これも所せましとダイヤモンドで一面埋め尽くされているんです。

普段ではつけられるようなものではありませんけど、バブル期にはそのようなダイヤモンドがいっぱいついた腕時計を買える人たちがいっぱいいたんですね!

4. 歯の詰め物にダイヤモンドを入れている人がいた

バブル期には歯の詰め物にダイヤモンドを入れている人がいた!?
そんな、なぜ?どういった理由で!?
バブルを知らない世代にとったら、ちょっと意味不明な行動なのですが、歯の詰め物にもダイヤモンドを使うほど、とにかくお金が余っていたということでしょうか?
歯の詰め物といえば、メタルインレーという金属製のものや、レジンやセラミックが一般的ですよね。

金属製のものを詰めている人も、笑ったときにそれが見えて、口元が目立つことがありますけど、ダイヤモンドを詰めるって、どれだけ笑顔に輝きをプラスしたかったのでしょうか?
ダイヤモンドというものが、今ほど”高価なもの”という意識が薄れていたのかもしれません。

でも、じつは今でも、自分の歯にダイヤモンドを着けることができるそうです。

でも、それは詰め物としてではなく、”グリル”と言われる歯のアクセサリーで、よくヒップホップで有名な人たちがファッションの一つとして、前歯などにダイヤモンドをしきつめていたりするようです。

笑うとキラッではなくて、ギラッッと光るので、かなり目立つし、ちょっと怖いですよね。

それに、グリルは金属がベースとなっていて、そこからアレルギー反応が出てしまったり、最近が繁殖しやすくなって衛生的にはあまりおすすめできないようですよ。

あと、一粒のダイヤを歯に埋め込むこともできるみたいなので、スマイルにダイヤモンドの輝きをプラスしたい人はチェックしてみてください♪

5. 高級シャンパンがどんどん開いた

バブルといえば、高級シャンパン!
特に、バブルを象徴するシャンパンといえばドンペリでしょう。

ドンペリとは、世界的に有名なシャンパンで、高級クラブなどでもよくシャンパンタワーなどで使われていますよね。

フランスで造られているそのシャンパンの希少なものは、一本20万円~30万円くらいするらしです。

一本30万。

一般人はそんなシャンパン一生に何本飲む機会があるでしょう??
しかし、バブル期にはそのような高級なシャンパンが、どんどんと飲み明かされていたようです!普通に。

なんてもったいない。

今では、一本30万円のボトルなら、ゆっくりと味わって飲みたいと思うところですが、その時代はそれが普通。

高級クラブでは、ものすごい高級なお酒を開けて、クラブのママと一緒に飲むだけでいっぱい100万円だったらしいです。

高級なボトルを開けて、さらになんと100万円のチップを配るというお客さんがいたらしいです。

そして、その時代の女性たちに人気だったのが、ピンドンコンというカクテルでした。

ピンドンコンとは、ピンクのドンペリとコニャックを合わせたカクテルで、若い女の子たちはみんなそれを頼んでいたようです。

すごく高級なカクテルをぐびぐびと飲んでいたのですね。

実は、最近景気が回復されてきたということもあり、世界的にシャンパンの売り上げがアップしているようです。

日本でも、バブル期を彷彿とさせるようなスイーツやシャンパンの見放題のお店なども増えているようなので、バブル期分を味わいたい方は、シャンパンが飲み放題のホテルやお店を見つけてみてはどうでしょう?