CoCoSiA(ココシア)

頭がお花畑な人の22個の特徴


ゆとり世代は、お花畑世代だといわれます。

頭の中がお花畑なのでしょうか?行動がお花畑なのでしょうか?
私も、ゆとり世代です。

自分を顧みながら、その22個の特徴を考えてみました。

扱いにくい?!お花畑のようなゆとり世代の特徴を知ろう

ゆとり世代とは、よく聞きますが、正確にはどの世代のことをいうのでしょうか?

ゆとり世代とは、ゆとり教育を受けた世代をいうのですが、実は正確な定義がないというのが本当のところです。

小中学校では2002年、高校では2003年から施行されたゆとり教育を受けた世代、と考えれば、現在は13歳から30歳になっています。

また、小中学校において、1980年以降、高校は1982年以降の学習指導要領に基づいた教育を受けた世代という説もあります。

この場合は、現在51歳以下ということになります。

1980年代に、授業時間の削減が行われましたが、学力低下が危惧され始めました。

そして2002年に、それまでの知識偏重から思考力をつけるための学習指導に切り替えようという動きが始まりました。

昔は学校も週休1日だったのですが、休みも多くなりましたね。

ゆとり世代のイメージ


ゆとり世代のイメージに沿って、特徴をみてみます。

とにかく緩い

とにかく緩いといわれます。

何をもって、緩いといわれるのかはよくわからないのですが、緩いかきついかと聞かれれば、緩いですね。

「まっいいか!」という感じで、きちんとすることが苦手です。

ここでいう「きちんと」というのは、几帳面かそうでないかというのではなく、考え方や自分を律するということに関してのことです。

考え方や、社会性が緩いくせに、妙に几帳面な人が多いのも、お花畑さんたちの特徴ともいえます。

人から厳しくされるのも嫌いです。

自分自身にも緩く、人からも緩くされたいという世代です。

私の友人のお母さん、つまりゆとり世代を子どもに持つ母ですが、とても好きなことをしています。

子どもである私の友人はここで書いている、ゆとり世代の特徴をすべて持っています。

頭の中はまさしくお花畑でも、言葉にできない憤りや悲しみをじっと胸の内に秘めている、ように見えます。

抑圧するということは、ものすごいエネルギーが必要ですよね。

エネルギーが外へまっすぐでないからこそ、周りから見ると、緩さにつながっているのかもしれませんね。

教養が低い

ゆとり教育の影響が教養に関して、ここまで影響を与えるとは思ってもみませんでした。

思考力を養い、縛られずに、自由さや独自性のある人間を育てたかったのだとは思うのですが、教養が低い、と感じる人たちをたくさん生みだしましたね。

一般教養がない人が多いです。

「まっいいか」で済ませてしまえると思っているのか、教養などつけても何の役にも立たない、とでも思っているかのようです。

ゆとり教育程度で、教養の高低がでるものだろうか、と思っていたのですが、価値観や、目指すものが、徐々に浸透していくのでしょうね。

教養が低いというより、人間性に深みを感じない、とよくいわれます。

この世の中のことに関して興味が薄いようです。

忍耐力がない


がんばって何かをやり遂げることが、なんとなくダサいと感じている世代が、ゆとり世代ですね。

「努力」という言葉の意味がわからない、とさえ言っている人もいます。

器用で、そこそこできるので忍耐などする必要はない、と思っています。

いまひとつ、最後まで踏ん張ることができないのです。

それまでの日本人にとって、忍耐ほど素晴らしいものはない、という価値観は、すっかり覆されました。

でも、振り子の法則のように、なんでも一方に偏り過ぎたものは、その反動も大きく、もとに戻ろうとするものです。

ゆとり教育も、それまでの日本人のゆきすぎた「がんばり主義」を少し戻してくれる役目があったのではないでしょうか?
歯を食いしばって頑張るということの弊害もあるはずです。

とはいえ、ゆとり世代以上の人たちから見れば、忍耐力がないのは、「けしからん」ということになるのでしょうね。

クリエイティブ

ゆとり教育の目指すところのひとつとして、誰もが持っている、クリエイティブさなのではないでしょうか?
今、人間がやっている仕事の一部、もしくは多くが、将来は人間がしなくてもいいようになる、という話を聞いたことがあります。