ゆとり世代は、お花畑世代だといわれます。

頭の中がお花畑なのでしょうか?行動がお花畑なのでしょうか?
私も、ゆとり世代です。

自分を顧みながら、その22個の特徴を考えてみました。

扱いにくい?!お花畑のようなゆとり世代の特徴を知ろう

ゆとり世代とは、よく聞きますが、正確にはどの世代のことをいうのでしょうか?

ゆとり世代とは、ゆとり教育を受けた世代をいうのですが、実は正確な定義がないというのが本当のところです。

小中学校では2002年、高校では2003年から施行されたゆとり教育を受けた世代、と考えれば、現在は13歳から30歳になっています。

また、小中学校において、1980年以降、高校は1982年以降の学習指導要領に基づいた教育を受けた世代という説もあります。

この場合は、現在51歳以下ということになります。

1980年代に、授業時間の削減が行われましたが、学力低下が危惧され始めました。

そして2002年に、それまでの知識偏重から思考力をつけるための学習指導に切り替えようという動きが始まりました。

昔は学校も週休1日だったのですが、休みも多くなりましたね。

ゆとり世代のイメージ


ゆとり世代のイメージに沿って、特徴をみてみます。

とにかく緩い

とにかく緩いといわれます。

何をもって、緩いといわれるのかはよくわからないのですが、緩いかきついかと聞かれれば、緩いですね。

「まっいいか!」という感じで、きちんとすることが苦手です。

ここでいう「きちんと」というのは、几帳面かそうでないかというのではなく、考え方や自分を律するということに関してのことです。

考え方や、社会性が緩いくせに、妙に几帳面な人が多いのも、お花畑さんたちの特徴ともいえます。

人から厳しくされるのも嫌いです。

自分自身にも緩く、人からも緩くされたいという世代です。

私の友人のお母さん、つまりゆとり世代を子どもに持つ母ですが、とても好きなことをしています。

子どもである私の友人はここで書いている、ゆとり世代の特徴をすべて持っています。

頭の中はまさしくお花畑でも、言葉にできない憤りや悲しみをじっと胸の内に秘めている、ように見えます。

抑圧するということは、ものすごいエネルギーが必要ですよね。

エネルギーが外へまっすぐでないからこそ、周りから見ると、緩さにつながっているのかもしれませんね。

教養が低い

ゆとり教育の影響が教養に関して、ここまで影響を与えるとは思ってもみませんでした。

思考力を養い、縛られずに、自由さや独自性のある人間を育てたかったのだとは思うのですが、教養が低い、と感じる人たちをたくさん生みだしましたね。

一般教養がない人が多いです。

「まっいいか」で済ませてしまえると思っているのか、教養などつけても何の役にも立たない、とでも思っているかのようです。

ゆとり教育程度で、教養の高低がでるものだろうか、と思っていたのですが、価値観や、目指すものが、徐々に浸透していくのでしょうね。

教養が低いというより、人間性に深みを感じない、とよくいわれます。

この世の中のことに関して興味が薄いようです。

忍耐力がない


がんばって何かをやり遂げることが、なんとなくダサいと感じている世代が、ゆとり世代ですね。

「努力」という言葉の意味がわからない、とさえ言っている人もいます。

器用で、そこそこできるので忍耐などする必要はない、と思っています。

いまひとつ、最後まで踏ん張ることができないのです。

それまでの日本人にとって、忍耐ほど素晴らしいものはない、という価値観は、すっかり覆されました。

でも、振り子の法則のように、なんでも一方に偏り過ぎたものは、その反動も大きく、もとに戻ろうとするものです。

ゆとり教育も、それまでの日本人のゆきすぎた「がんばり主義」を少し戻してくれる役目があったのではないでしょうか?
歯を食いしばって頑張るということの弊害もあるはずです。

とはいえ、ゆとり世代以上の人たちから見れば、忍耐力がないのは、「けしからん」ということになるのでしょうね。

クリエイティブ

ゆとり教育の目指すところのひとつとして、誰もが持っている、クリエイティブさなのではないでしょうか?
今、人間がやっている仕事の一部、もしくは多くが、将来は人間がしなくてもいいようになる、という話を聞いたことがあります。

形にハマったやり方でできるものは、どんどん機械やコンピューターに任せて、人間にしかできない、クリエイティブな部分が必要になってくるのですね。

ゆとり世代が作りだし、ゆとり世代にぴったりの時代がやってこようとしています。

クリエイティブさと忍耐は両立しないかのようですが、あのビル・ゲイツも、スティーブ・ジョブスも、あそこまで来るまでには、想像を絶するほどの時間と労力を費やしたそうですね。

クリエイティブさには忍耐が不要だというのは、大間違いです。

お花畑のイメージ?!ゆとり世代の特徴とは?

ゆとり世代の特徴って、どういうものでしょうか?
お花畑にたとえられるようですね。

マイペース

まず、マイペースさが上げられます。

ゆとり教育もそうですが、少子化で、1人の子どもに手もお金もかけられる状態でした。

だからでしょうか、ゆとり世代、お花畑世代はとてもマイペースです。

自分がやりたいことだけに目を向ける、自分に興味がないものにはむとんちゃく、というようなところがあります。

自分のペースを崩されるのが、とにかく嫌いなようです。

せかされたり、人と比べられるのを良しとしませんね。

私は以前から、マイペースっていったい何のことをいうのだろう、と不思議でした。

だって、どんな人でも、マイペースなものです。

人のことが気になったり、人と合わせてしまう人だって、ある意味そういう人特有の、その人のペースではないだろうか、と思っていたからです。

どういうペースを選ぼうと、「マイペース」に違いないのに。

でも、あえていうなら、やはり人に合わせることができない、人に合わせることが嫌いだ、という気質が強く出る人を、マイペースというのではないでしょうか?

自分の世界に閉じこもる

マイペースな人というと、人に合わせない、というところがあるだけでなく、だからこそ、自分の世界に閉じこもるところがあります。

自分だけの独特な世界を持っています。

私が以前いた職場に、ゆとり世代の人たちがたくさんいました。

その職場を構成している大部分が、ゆとり世代でした。

おもしろいのが、昼食時間でした。

ある人は、食事がすむと、ひたすら本を読んでいました。

ある人は、ずっとスマホ片手でした。

ある人はお昼休み返上で、ずっと仕事しているのです。

また、ある人は、休憩室にマットを敷いてお昼寝しているのかと思ったら、なんとヨガをしているではありませんか!
食後すぐにヨガなんかしていいの?と聞くと、腹3分に抑えているから大丈夫という答えが返ってきました。

上司が、「お昼ごはんをごちそうするから」、と言っても、行きたくなければ行かないのです。

全員がいかなかったことがあったときには、さすがにこちらが気を使ってしまいました。

スマホの世界、本の世界、ヨガの世界と、自分の世界を見つめているのです。

安定第一!

クリエイティブ、と聞くと、リスクを恐れず、時には無謀なこともやってのけそうな人間像を想像しそうですが、お花畑世代は、なぜか安全第一です。

仕事をする上でも、わりと慎重に取り組みます。

彼らを見ているいと、クリエイティブさと、リスクをとるということとを関連づけていたのは、自分の間違いだったなと思ってしまいます。

クリエイティブさのある人ほど、安全第一主義なところがあるような気さえしてきました。

団塊の世代が今の日本を支えているといっても過言ではないですが、団塊の世代とゆとり世代は、真っ向から反発し合うかのようです。

段階の世代もゆとり世代から、「頭の中はお花畑だ」と揶揄されているようです。

がんばれば何でも叶うと、努力を押しつけて来る!世の中はそんなに甘いものではない、という言葉を発するのはむしろ、若いお花畑せだい、つまりゆとり世代です。

学生時代、勉強もせず、火炎瓶を投げつけて、何でも「反対、反対」と言っていた団塊の世代ですが、なぜか「根性」世代です。

そのがんばりズムこそが、頭の中がお花畑だといわれる理由です。

大家族を経験していないのは、ゆとり世代より少し前の世代でも同じなのですが、ゆとり世代たちの親は、バブルを経験しているものの、本人たちは、好景気の恩恵を受けていないと感じています。

年上の人たちにたしなめられたり、欲しいものをグッとこらえるということを経験していないませんが、かといってよい思いもしていないので、世の中はこんなものという冷めた目をしています。

世の中が不景気にあえいでいるときに成長しているので、ボーっとしているくせに、身を守ろうという意識が働いてもいるようです。

どうしたら損をするのか、また、損をしないのかということを考える賢さがあります。

細かいことは気にしない

マイペースで、自分のことに没頭する気質は、細かいことは気にしないという、気質も合わせ持ちます。

自分の好きなことさへできればいいのです。

細かいことといったらどういうものを指すのでしょうか?

たとえば、身の回りの整理整頓や掃除などもできない人が多いです。

そして、できないことを苦にしないのです。

自分の身の回りにも気を使わない分、人がしなくても気にしない、文句をいわない(自分がしないのですから、文句のいいようがないですが)という好い面にもつながっています。

仕事も、ちょっとくらい期限が過ぎても、気にしない。

ちょっとくらい乱雑になっても気にしない。

というふうにお花畑世代は、細かいことは気にしません。

自分が損をしないとわかったことに関しては気にしないようです。

おおざっぱでです。

働きたくない・・・

お花畑世代に、お金か時間か、と聞けば、間違いなくお金を大切に思っていると答えると思います。

私もその一人です。

でも、その行動は間違いなく、時間のほうが大切だと思っているように見えるはずです。

お金が欲しい、大切だと頭では考えてはいるが、働きたくないのです。

がんばる、ということに価値を見いだせない人たちは、「働きたくない」と思っています。

働けること、仕事があることに感謝をする、といった考えはまったくありません。

できれば働きたくないのです。

良い仕事にありつきたいとか、仕事でドカンと成功したい、という人が、ほんとうに少ないですね。

要するに、苦労していないのです。

でも誰だって苦労はしたくないもので、苦労礼賛というのも、どうなんでしょう?と思ってしまいます。

できれば働かずに、必要なだけお金が入ってくれば最高だと、誰でも少しは思っているものなのではないでしょうか?

でも、そうは言っても、何もしないでお金を得ても、なんだか楽しくないという人、性分に合わないという人もけっこういるのではないでしょうか?

ほんの少しの罪悪感などもあるかもしれません。

ゆとり世代は、そこになんのためらいもなく、「うれしい」と思えるという特徴があるようです。

高度経済成長期やバブル期を過ごした世代にとっては考えられないかもしれませんが、楽ができるのであれば、それに越したことはないのです。

がんばればがんばった分だけ、生活や人生が良くなったという成功体験がまったくないからです。

意外と打たれ強い

意外と打たれ強い、という特徴もあるようです。

ひょうひょうとしたところがあって、ガッツもあまりないようなのに、他の世代にはない、打たれづ良さがあります。

自分が、これって思ったことに対しては、執着心もあるので、その分野においては諦めず、少々打たれても諦めないのかもしれません。

へこたれないといっても、自分が決めたテリトリーの中だけではありますが。

お花畑世代は、意外と打たれ強いといわれる理由をひとつあげるとしたら、多くを求めないからかもしれません。

多くを求めないから、失っても(周囲から見ると、失っているように見えるが、本人は失ったと思っていない)こたえないからではないでしょうか?

プライドが高い

ゆとり世代、お花畑世代は、案外プライドが高いのです。

核家族で育った世代という背景があるようです。

人からどう見られるのかということもとても気にします。

大人になって、社会人になったとき、いきなり上司に叱られると、萎縮してしまったり、プライドが傷つくようです。

欲しいものが手に入らないことを、それを手に入れるガッツに変えるのではなく、プライドが傷つのです。

かっこいいか、かっこわるいか、それも表面上のかっこにこだわります。

SNSは絶対使用している

ゆとり世代の代名詞ともいえるSNSです。

がんばりとは無縁のようなゆとり世代ですが、SNSに関する執着だけはかなりのものです。

スマホ依存、インスタグラム、などはそれ以外の世代には理解に苦しむことです。

人と1対1で関わるのではなく、SNSを通して関わることが好きです。

車を持たない、お酒やギャンブル、異性との交際には興味を示さないのは、SNSというものが目の前にあることで、十分気を紛らわせることができるからというのも一因です。

小さなときから、携帯やスマホ、パソコンに慣れ親しんでいるので、扱いも上手です。

SNSという手段を使って、自分の世界に閉じこもるということもしますし、プライドの張り合いをするようなこともするようです。

マイナス面もピックアップ!

ゆとり世代、お花畑世代のマイナス面をピックアップします。

ストレスに弱い

とにかくストレスに弱いです。

少子化が進んできた世代です。

周囲に甘やかされてきていて、厳しさに慣れていません。

肉体労働もしてきていません。

大人になってから、いきなり赤の他人に叱られたり、注意されたり、そしてノルマを抱えて仕事をさせれると、すぐに根をあげると、会社の上司は嘆くでしょう。

緊張する場面に遭遇すると、体調が悪くなったりします。

がんばるのが大嫌いなので、彼らにとっては、がんばるシチュエーションはすべてストレスです。

指示待ち人間

よくいわれるのが、ゆとり世代で働いている人は、社内でお客様意識で仕事をしているということです。

あちらから指示をくれないのが悪い、という態度です。

それが指示待ちという形になって表れます。

子どもが少ないと、親が子どもをお客様扱いしてしまったからでしょうか?

お花畑世代が新卒で就職し、離職するまでの期間は、平均3年というデータが出ています。

仕事にありつけることに、感謝の念を持つ世代にとっては、何とも情けないというか、はがゆい重いがするデータではないでしょうか?

プライベートを優先する

とにかく、社会や会社など、働いてお金を得る場所で、好い思いをしていないのがゆとり世代です。

いくら頭を下げても、入ってくるお金は一緒なら、下げる意味などないのです。

好い思いをしていないので、そんな場所(職場)を大切にする気持ちもありません。

プライベートをとにかく優先します。

職場には何も期待しない、最低限やるべきことはするけれど、というスタンスです。

でも、これは会社側にとってはネガティブなことかもしれませんが、私は決して悲しむべきことではないと思うのです。

働き過ぎの日本人にとって、こういう傾向へと持って行きたいという意図もあったのではないでしょうか?
職場でよくいわれるのが、飲み会やお食事会の費用は上司や会社が持つから参加しましょう、といっても、ゆとり世代は、時間がもったいないからということで、なかなか参加しようとしないということです。

「弁当男子」や「イクメン」など、昔の男の人なら、けしからんとでもいいそうなことを、自信を持って誇らしくやれる世代でもありますね。

ポジティブな面は?

ポジティブな面を見てみたいと思います。

ITに強い

ITに強いというのは、言わずもがなですね。

幼いころから慣れ親しんでいるからです。

私にとって、ゆとり世代のイメージは、背中を丸めて、スマホやパソコンをのぞき込む姿です。

小さな箱の中に、自分の世界が広がっているともいえるので、覇気はないですが、決して、暗いというわけではないのがわかります。

私の母の時代は、外で走り回っていたと聞きます。

そんなときから、パソコンやら、携帯やらを黙々と触っていたのですから、強くなるのは当然ですよね。

堅実な人が多い

好景気、バブリーという現実を知らずに育っているので、堅実な人が多いようです。

私が以前勤めていた職場に、大学生のアルバイトを数多く雇っていた時期がありました。

アルバイトで得た収入を、確定申告をしているものも見かけましたし、20歳になったので、年金をかけ始めた学生もいました。

彼らの会話を聞いていると、年金をかけるにあたって、自分の人生設計上、年金をかけたほうが得だと思うからだ、というような会話をしていました。

年金制度なんて、将来どうなるかわからないとはいうものの、やはりかけないとまずい、というようなことをいっていて、確定申告にもきちんと行く姿がありました。

そのことを私の母にいうと、それはそれは驚いていました。

私の母の世代の学生は、麻雀にタバコ、というのが当たり前で、よい大学に入れたとしたら、あとはよい会社に入って、終身雇用で安泰という気持ちがあったため、要所要所では必死になるけれど、ひとつの目標が達成されたら、堅実さはなかったといいます。

私もゆとり世代の申し子なので、母の言葉に驚きました。

ゆとり世代は、お金にもシビアです。

【堅実な人の特徴は、こちらの記事もチェック!】

職場に多いゆとり世代の特徴とは?

大人になって、就職をしたゆとり世代が、その職場ではどんな言動をしがちなのか、特徴をあげてみます。

言い訳が多い

まず、言い訳が多いです。

でも、だって、そうはいっても、だけど、それはわかりますが、そういわれても・・・・・・
などです。

もともと、合理的なので、理路整然と言い訳をする人が目立ちます。

プライドが高い世代なので、間違いを指摘されることを好まないというところがあるからなのです。

でも、どんなことでも、経験者からみると、未熟なところがあるのですから、言い訳ばかりをしていると、自分が損をするだけですね。

敬語が使えない

敬語が使えません。

ITに強い世代だということに、やはり関係しているのかもしれませんね。

本を読むということをしていません。

パソコンがない時代の子どもの遊びだけでなく、本屋さんで漫画本の立ち読みをするといったこともしてきていません。

もちろん小説などを読むより、ゲームのほうが楽しいという青春時代を過ごしてきています。

親世代が新聞をとらなくなってきている、ということもあり、家に新聞がないということもあります。

新聞や漫画本と敬語には、なんの関係もないかもしれませんが、日本語の基本、というものに触れていないということがいえます。

マニュアル人間

なんでしょう、ひょうひょうとしていて、とらえどころがないゆとり世代なのですが、とってもユニークだと思うのが、クリエイティブな一面を多分に持っているにも関わらず、職場に於いては妙にマニュアル人間なのです。

マニュアルを与えられていることに関しては、そのとおりできるのですが、それ以外になると、やる気があるのかないのかわからないような態度です。

マニュアルにないからやらなかった、というようなことをはっきり言うこともあります。

逆にいえば、マニュアル通りにやらせると、とても上手くやってくれるという面もあるのです。

それはなぜだろう、と考えてみました。

クリエイティブなのにマニュアル人間だなんて、とても矛盾していると思いませんか?

私が思うのは、型にはまったこと、自分がやっていて楽しいと思えないことに関しては、極端に無気力になってしまうのですが、興味を感じる分野に関してはクリエイティブさを発揮できるのではないでしょうか?

叱られたらすぐに泣く

景気がいい時代を経験していなくて、そういう意味では好い思いをしていないのですが、基本は少子化の影響で、周囲の大人たちから大切にされて育っているので、厳しさがありません。

人に厳しくされるのも大嫌いです。

女子は特にですけれど、中には男子も、叱られたらすぐに泣くという人も存在します。

職場で、議論を戦わせているとき、ヒートアップしだしました。

1人の男性が、かなり攻撃的な言葉を連発し出すと、攻撃されているほうは、じっと聞いていたのですが、だんだん涙目に。

ワンワン泣くのではないですが、悲しみの感情だけでなく、怒りの感情を、声や態度に表現するのは苦手なようですが、涙で表すのでしょうか?

コミュニケーションを取ろうとしない

SNSの申し子なのに、コミュニケーションは取ろうとしません。

SNSでは饒舌でも、人対人のコミュニケーションは苦手なのですね。

何かを尋ねたら、それに対する返事はするけれど、それ以上、会話を膨らませようとはしない人が多いです。

ネット社会の弊害ともいえますね。

だからといって、ネットがない時代へは私たちはもう戻れません。

ゆとり世代の私たちを、なんとか活かそうとしていただいている、私たちより上の世代の方々の気持ちがわかります。

自分の気持ちを理解してもらおうという気持ちがあまりないですね。

理解してもらおうとして、失敗するのを恐れているのかもしれません。

具体的な将来像がない

ゆとり世代の人間から、「どうせ」という言葉が聞こえてきそうです。

ということをいわれたことがあります。

そうなんです、「どうせ・・・・・・」なんです。

良い、好い思いをしてきていないので、つまり成功体験がないので、希望が少ないのだと思います。

よい思いはしてきていないけれど、苦労もしてきていない、という世代です。

もっとずっとよい思いをしてきていない人間、むしろ苦労ばかりの世代であれば、ちょっとしたよい生活や夢のある話を聞くと、なんとかがんばって自分ものし上がりたい、ああいうふうになりたい、って思うものかもしれませんが、それもないのです。

そこそこな状態で、なおかつ成功体験がない、苦労もしていない、となると、惰性で生きることが一番無難でいいと思ってしまうのかもしれませんね。

いったいどんな将来を描けばいいのでしょうか?

実践力には乏しい

そして、ネットの申し子のゆとり世代は、頭でっかちになっています。

知識はねっとから何でも取り寄せられるし、批判精神も持ち合わせています。

でも、いかんせん、成功体験も苦労もしていないので、実践力には乏しいのです。

頭でっかちは、いなめません。

批判精神も大せいです。

表面には出て来ませんが、感受性も鈍くはないです。

一番劣っているのが実践力かもしれませんね。

恋愛面では?

そんなお花畑世代の恋愛面を見てみたいと思います。

草食系が増えてきた

なんといっても、お花畑世代の恋愛の大きな特徴は、草食系だということですね。

車にもお酒にもギャンブルにも興味がない。

そして、恋愛にも興味を示さないです。

とくに男性にその傾向が強いようです。

一昔前の男女は、デートのとき男性が女性におごるのは当然のことだったそうです。

車を持っていない男性は、モテないので、みんないい車に乗ることに一生懸命だったそうです。

今と全然違いますね。

彼女がいなくても、恥ずかしいと思わない、30歳になっても女性と付き合ったことがないという男性もたくさんいます。

自分の世界はネットの中にあるのでしょうか?

女性も男性におごってもらうのが当たり前、という意識がありません。

性同一性障害などが受け入れられるようにも

クールで、合理主義、権威に反発する、お花畑世代は、性同一性障害や同性愛に対しても理解があります。

型にはまるのを嫌うお花畑世代が、新たな道を切り開いてくれたのかもしれませんね。

私は先日、幼馴染のある男性が亡くなっていたとしりました。

彼が亡くなってから、私は彼が同性愛だったと知ったのです。

彼の周囲の人たちは、そのことを理解していたようです。

私は大人になってから、彼とは疎遠になっていたので、全く知りませんでした。

大人になってからも彼と友人関係が続いていたら、どんな話をしたのだろうか、と考えてしまいます。

私は性格がどこか男っぽいところがあります。

彼は優しくて、いつもニコニコしていました。

だから私たちはとても馬が合うというか、気が合うというか、仲がよかったのです。

思春期の頃はきっと、彼も葛藤があっただろうな、と思います。

その頃の私なら、理解してあげられなかったかもしれません。

ゆとり世代はお花畑のようなものではない!(まとめ)

クールで堅実的、プライドが高くて、コミュニケーション嫌いなど、こうして見てみると、ゆとり世代はお花畑のようなものではないですね。