現在26歳女性の皆さん、そしてこれから26歳女性になろうとしている皆さん、今どんなお悩みを抱えていますか?

仕事?恋愛?結婚?子育て?今後の人生?

20代も後半になると、色々な悩みが出てくるものです。

そんな皆さんも、20代前半の頃には分からなかった、アラサー女子特有のお悩みがそろそろ理解出来てくる頃ではないでしょうか…?

そんな悩み多き26歳という年齢は、女性にとってすごく大事な時期なのだそうです。

一体、どういう事なのか…?
”26歳女性のあるある”と一緒にご紹介していきますね。

26歳女性必見!あるあるをまとめてみました

26歳女性ともなれば、大人の女性としての自覚も少しずつ出てきて、意識や物事の捉え方なども徐々に変わってくるもの。

すると、今までは考えた事もなかった悩みが次々と発生し、「他の26歳女性はどう考えているのだろう?」と疑問に思ったり、「こんな悩みを抱えているのは私だけ…?」と不安になってしまう事もあるのではないでしょうか。

もし、他の26歳女性も自分と同じ悩みを抱えていると知れば、その不安も少しは軽くなると思いませんか?

そこで、26歳女性必見の”26歳女性に共通するあるある”をまとめました!

️26歳独身、これからの人生どうしよう

26歳って色んな意味で微妙な時期。

20代前半女性と26歳女性とでは、「これからの人生どうしよう…」というセリフの重みも、全然違ってきますよね。

25歳になったばかりの頃は、気持ち的にも20代前半の頃と変わらない様な気がしていたけど、26歳になった途端に周りや自身の変化に気付き始め、20代後半の重みをガッツリと自覚してしまう…なんて女性も多いのではないでしょうか?

26年間生きていれば人生経験も少しずつ増え、価値観も変わってくるもの。

現在の自分の在り方や、今後の生き方を考えた時に、漠然とした焦りや不安を抱く女性は少なくないのでは?

特に26歳独身女性ともなると、今までは何となくでしか考えられなかった、将来(特に結婚)の事が急に現実味を帯びてくるものです。

ですがこれは、今の自分を見つめ直し、今後の人生を考え直す良い機会でもあります。

多少の不安はあるかもしれませんが、あまりネガティブに捉えずに、自分の本音を知る事が大切ですよ。

婚活か、それともキャリアを選ぶか


婚活かキャリアか、という選択も26歳女性がぶつかる悩みの1つでしょう。

どちらも選べれば苦労しませんが、やはり実際は、どちらか片方に絞らないと難しいですよね。

特に25歳を過ぎた辺りから、周りの友達や知人が次々と結婚していくという現象が起こります。

26歳と言えば、まさに結婚適齢期。

結婚している友達からの幸せオーラはもちろん、身内からの「良い人いないの?」「結婚はまだなの?」などの質問攻撃は、独身女性にはかなりのダメージでしょう…。

「しばらく恋をしていない」という女性も、「彼氏はいるけど、結婚のけの字も出ていない…」という女性も、周りが結婚の話題で盛り上がっている時に、自分だけついていけないのは、あまりにも虚しいですし、精神的にもかなりキツイはず…。

そういう事もあって、特に26歳という年齢は本格的に婚活をするか悩むタイミングだと思います。

それに、婚活をするなら少しでも実年齢が若い方が確実に有利ですし、出産や子育てに関わる年齢や体力を考えても、出来るだけ若い内に済ませた方が楽なのは明確です。

つまり、このタイミングを逃せば、かなりの高確率で晩婚&高齢出産は確定となってしまいます。

別に晩婚や高齢出産が悪い訳ではありませんが、結婚するまでに周りから色々言われたり、出産や子育ての際にかかる負担はかなり大きいと覚悟しておいた方がいいでしょう。

しかし、このタイミングで結婚をする事が自分にとって本当に幸せなのか、もよく考えてみて下さい。

「周りが結婚しているから」「今の内に婚活しないと結婚出来ないかも…」と焦って結婚しても、それで失敗してしまえば意味がありませんよね?

それに、「結婚しても今の仕事を続けたい」とこちらが考えていても、相手の希望(「家庭に入って欲しい」「実家の仕事を手伝って欲しい」など)や仕事の都合(転勤など)があれば、それも考慮しなければなりません。

結婚して子供が出来れば、自分の為に使える自由な時間は確実に減りますし、周りに子供の面倒を見てくれる人がいたり、運良く空いている保育園がない限り、子育てと仕事の両立はかなり厳しいでしょう。

仮に数年の育休を取るとなれば、キャリアもそこでストップしてしまいます。

仕事が充実していて、それが今の生き甲斐となっているとか、将来その仕事で絶対に達成したい目標があるのなら、晩婚&高齢出産または一生独身を覚悟で、キャリアを選ぶのもアリかもしれません。

婚活かキャリアか、女性にとって究極の選択とも言えますが、どちらを選ぶにしろ後悔のない様にしっかり考える必要がありそうですね。

26歳は人生のターニングポイント

26歳という年齢は今後の人生について考える1つのタイミングでもあります。

特に女性は男性と違い、結婚をするかしないかで人生が大きく変わるもの。

結婚後に退職しないにしろ、一度休職してしまえば、復帰後も以前と同じ立場で同じ様に仕事が出来るとは限りません。

それに、相手の仕事の都合や相手の家族と同居で転勤や引っ越しなどがあれば、今の職場で働く事は難しくなるでしょう。

ですが、このタイミングでの結婚を逃せば、晩婚or一生独り身になる可能性は高いですし、一生独身なら老後の心配もありますし、それなりに貯蓄も必要になります。

このタイミングで婚活を始めて無事ゴールインすれば、周りに余計な事を言われる心配もありませんし、友達とも結婚生活や子育ての話で盛り上がる事も出来るでしょう。

何より、好きな人との結婚は女の幸せでもありますよね。

とは言っても、26歳と言えば仕事も軌道に乗り始めて、職場での立場も新人から中堅社員へと変化する時期。

大きな仕事もこなせる様になり重要な役職に付く人も多く、仕事のやりがいや楽しさが分かってくる頃でもあります。

それから仕事に限らず、何かを新しく始めたいと考えているなら、今の内に行動すべきです。

それが結婚後や歳を取ってからでも出来る事なら別ですが、少しでも若い内にやっておいた方が有利になる事もありますよね?

進学や就職と同じで、この26歳というタイミングで何を優先するかで今後の人生が決まる、と言っても過言ではありません。

揺さぶる様な事も沢山言ってしまいましたが、あまり周りに惑わされず、自分の本当の気持ちと向き合ってみましょう。

”何が自分の為になるのか”、”今後どう生きていきたいのか”をよく考えてみて下さい。

️共感の嵐!26歳女性に共通するあるある19選

26歳女性には特有の、気持ちの変化・悩み・行動の特徴があるものです。

そこで、26歳女性に共通するあるあるを19個、厳選してみました!
きっと、「わかる!」「私もそう!」と共感してしまう事間違いなしです。

「あるあるorない」か、是非ジャッジしてみて下さいね。

26歳女性に共通するあるある1:アラサーを自覚できない

26歳と言えば一般的にはアラサーの仲間入りだと思われているけど、アラサーを自覚出来ない26歳女性も多いのでは?
周りから「アラサーだね」と言われたり、自分で「私アラサーだから」と言っていても、どこか他人事の様に感じている所があるのです。

アラサーを自覚出来ないせいで、「イタい」と思われてしまう言動を無意識で取っている26歳女性も少なくないのだとか…。

例えば、「私だって負けてない!」とでも言うかの様に、若い子と無駄に張り合ったり、「後輩達の若いノリにも付いていけるよ」アピールなのか、やたらハイテンションで振舞っているけど、無理しているのがバレバレだったり…。

若い時のファッションやメイクを引きずって、過度な若作りの様になっていたり、一人称が「下の名前+ちゃん付け」だったり、LINEのメッセージやSNSで小文字(ギャル文字)を多用していたり…挙げたらキリがありません。

…ドキッとした方は、これから気をつけた方がいいですよ?

上の様な”イタい女”にならない為にも、そろそろアラサーとしての自覚と落ち着きを持ち、年相応の言動を心がけた方が良いかもしれませんね。

26歳女性に共通するあるある2:27歳への重みがすごい

年齢を気にする女性は多いですが、特に25歳を超えた辺りから「もう歳はとりたくない!」と思う人が多いのではないでしょうか?

まるで20代の終わりをカウントダウンしている様で、歳を重ねる毎に1歳1歳の重みもどんどん増していくんですよね…。

大人の女性達がしきりに年齢を隠したがったり、20代後半の女性に「おばさん」と言ってはダメな理由が、子供の頃は本当の意味では分かっていなかったと思います。

ですが実際にその立場になってみると、女性達の気持ちが痛い程分かりますよね…。

20代前半の頃は「30歳なんてまだまだ先だよね〜」なんて思っていたのに、気付いたらもう26歳です。

…27歳の自分、想像出来ますか?

26歳になった時も微妙な気持ちだったかもしれませんが、27歳になる時はもっと複雑かもしれませんね。

26歳女性に共通するあるある3:20代前半の子を羨ましく思う

アラサーを自覚出来ない26歳女性も、20代前半女子を見てその若さを羨ましく感じる事はあるのではないでしょうか?

20代前半は女性にとって、仕事にプライベートに一番充実している時期とも言えるかもしれません。

お肌にはハリやツヤがあってメイクも映えますし、ボディラインが綺麗なので色んな服を着こなせて、オシャレがすごく楽しく感じるんですよね。

しかも、自分磨きをすれば目に見えて魅力的になっていきますし、若いというだけで男性からもチヤホヤされます。

少しダイエットをすれば体型も元通りになるので、食事にそこまで気を遣わずに、あまり抵抗なく好きな物が食べられますし、体力があるから仕事終わりや休日に友達と夜遅くまで遊ぶ事も出来ますよね。

そんな20代前半女子の内から溢れ出る若さの輝きは、26歳女性にとって何よりも眩しいものではないでしょうか。

20代前半の頃は、まだ将来の事をそこまで深刻に考えていないので、躊躇いなくお金や時間を遊びや娯楽の為に使ったり、恋をするにも本気で結婚を考えている訳では無いので、素直に出会いや恋愛を楽しめるのです。

将来への不安よりも、「今を楽しむのが大事!」という思いが充実オーラと共に全面に滲み出ていて、そこまで深刻な悩みもなさそうに見えるからこそ、羨ましいとも感じるのかもしれませんね。

しかし、「いいなぁ…。」といくら羨ましがった所で、20代前半に戻れる訳ではありません。

26歳女性には26歳なりの良さだって沢山ありますし、これからは若さではなく、”大人の魅力”を武器に素敵な女性を目指していきましょう。

26歳女性に共通するあるある4:トレンドが理解できなくなる


雑誌やテレビで推されている、アイテム・ファッション・メイクなどを見て、「これって、本当にトレンドなの?」「良さが分からないんだけど、私の美的感覚がおかしいの?!」と思った事はないでしょうか?

この様にトレンドが理解出来なくなるのも、26歳女性のあるあるの1つです。

厳密には、可愛さ全開を狙った若い子のセンスに共感し辛くなり、大人女性向けのトレンドは自分には大人過ぎ(26歳にしては地味?)だと感じてしまう、というのが正しいかもしれません。

特にファッションやメイクに関しては、20代前半女子と30代女性と26歳女性とでは、トレンドへの感じ方はそれぞれ違うと思います。

10代や20代前半の内は「トレンド」という肩書きに弱く、例え好みじゃなくても、とりあえず流行に乗っているといった女子が多いです。

若い子向けのトレンドは、可愛さや若さを全面に出し、より目立つ様に奇抜で個性的な物が好まれる傾向がありますよね。

30代女性になるとトレンドよりも、”より自分に似合う物”を重視する傾向があり、一見地味だけど上品で落ち着いている物を好みます。

アラサー向けのトレンドも万人ウケを求めた感じで、奇抜さや個性の主張はあまり激しくありませんよね。

26歳女性の場合は、若過ぎるのも痛く見えてしまうし、大人過ぎるのも逆に老けて見えてしまうので、ピンポイントで共感出来るトレンドは少ないと言えるのです…。

26歳女性に共通するあるある5:どんな雑誌を読めばいいのか迷うことが多くなる

これは、先程の「トレンドが分からない」という話にも共通する事だと思いますが、26歳という中途半端な年齢の場合、どんな雑誌をチョイスすれば良いのかも悩み所だと思います。

「今まで読んできた雑誌は何か合わなくなってきたし、大人っぽ過ぎるのも背伸びしている感じだし…年相応の雑誌って何だろう?」と感じて、色々な雑誌を読み漁り余計に迷走してしまう人も多いのではないでしょうか?

26歳女性なら、そろそろアラサー向けの雑誌に切り替えても良いかもしれませんね。

それを機にファッションやメイクをガラリと変えるのも面白いかもしれませんが、「今までのテイストを取り入れたい!」考えている人は、今まで読んでいた物と似た傾向のアラサー向け雑誌を選ぶのが無難でしょう。

「ファッションの好みが変わってきた」という人は、フェミニン・カジュアル・モード・ガーリー・ナチュラル・コンサバなど、今の自分が好きな&似合うテイストを考えてから、雑誌選びをした方がスムーズなはずですよ。

26歳女性に共通するあるある6:カラコンやネイルが恥ずかしくなる

10代や20代前半の頃は普通にしていたカラコンやネイルが恥ずかしくなるのも、26歳女性のあるあるでしょう。

若い頃は、着色直径が大きくフチもくっきりしているカラコンで、でか目を強調するのが基本だったかもしれませんが、26歳となった今は、そのやりすぎ感や不自然さに気付いて途端に恥ずかしくなるものなのです。

色も同じで、ブラックやブラウンなどの自然な色ならともかく、ブルー・グレー・グリーン・ピンクといった、少し特殊な色のカラコンはコスプレ感満載で、26歳女性がするにはちょっと微妙かもしれませんね。

周りの同年代女性もどんどんナチュラル志向になっていくので、その中でカラコンを付け続けていると浮いてしまう可能性も…。

それからネイルもそうですね。

昔は派手で目立つデザインが可愛くて仕方がなかったと思います。

爪も出来るだけ伸ばして沢山デコって…ていうのも若い頃は普通だったでしょう。

ですが26歳となった今、そういう派手なネイルをしていると、「料理とか家事をしない女性なのかな?」と思われてしまう可能性が高いですし、もし職場にして行ってしまえば「いい歳して、マナーも知らないのか…」と幻滅されてしまう事も…。

そういうリスクに気が付いて急いでシンプルなショートネイルに変えるのも、26歳女性のあるあるかもしれませんね。

26歳女性に共通するあるある7:メイクやファッションが迷走する

自分に似合うメイクやファッションが分からなくなって、取り敢えず片っ端から色々と試してみる…なんて26歳女性も多いはず。

ずっと同じブランド店を愛用しているなら、きっと今が変え時なのでしょう。

年相応のメイクやファッションを意識すると、余計に分からなくなってしまうかもしれないので、こういう時は自分に合うメイクやファッションを研究してみた方が良いかもしれませんね。

自分ではどうしても分からない時は、友達に相談してみたり、お店のスタッフにアドバイスをもらったり、プロに指導してもらうサービス(メイクやファッション専門の講座やレッスンメニューがありますよね)を利用してみるのもオススメですよ。

ファストファッションか、ハイブランドか

コーディネートをファストファッションにするか、ハイブランドにするかでも悩みますよね。

ファストファッションは流行も入っていますし、何より経済的という魅力があります。

ですが、周りに「それどこのブランド?」と聞かれた時に、正直言葉に詰まりそうですし、答えたら答えたで、「あっ…そうなんだ…」みたいな微妙な反応をされると、こちらも居た堪れないですよね。

勘の良い人なら「安物だ」とすぐに分かるでしょうし、ファストファッションで固め過ぎてしまうと「ケチ」「安っぽい」などの悪い印象を与えかねません。

一方ハイブランドは、「大人な女性」「デキる女性」といったイメージもあるでしょう。

しかし、何万もする服や何十万もするバックや小物で全身を固めていたら、「どんだけお金使ってんの?」「ファッションにしかお金の使い道が無いのかな?」「浪費家?」なんて思われてしまうかも…。

ファストファッションかハイブランドのどちらか、と片方に絞るよりも、両方をバランス良くコーデに取り入れるのが無難なのかもしれません。

26歳女性に共通するあるある8:遊び方の変化

26歳女性になると考え方だけでなく、遊び方にも変化が出てきます。

友達と遊ぶにもお互いに仕事が忙しかったり、結婚していたり子供がいると、予定が合わなくてなかなか会えない事もあるのでは?

そうなると、頻繁に遊びに行くメンバーは固定化(大体が時間に融通が効く独身女性)されて、遊び方も毎回お決まりのパターンになっていくもの。

皆さんも身に覚えがありませんか?

飲み会がきつくなる

以前は平日や休日とか関係なく、連日飲んでも全然平気だったのに、26歳にもなると飲み会がきついと感じる…なんて人も少なくないはず。

少し飲んだだけで胃もたれや二日酔いに襲われたり、前より量が飲めなくなったり、お酒が抜けにくくなっていたり…歳を重ねると、そういう体の変化も出てきますよね。

昔は友達と飲みに行くのに飲み放題を付けるのが当たり前(しかも大量に飲む)だったのが、今は1〜2杯飲めば満足してしまう26歳女性も少なくないでしょう。

インドア派になる

休みの日は友達と遠出したり、趣味のスポーツを楽しんだり、1日中ウインドウショッピングで歩き回ったり…というのは少し前まで話。

今は1人で家で過ごす方が多いし、例え外出してもカフェなどの屋内でまったりとする方が良いと感じた時も、26歳という年齢を実感する瞬間かもしれません。

アウトドアも良いですが、次の日に疲れが残るのが嫌だったり、外に出るのが何となく億劫に感じたりするんですよね。

アウトドア派からインドア派になる理由は年齢の他にも、1人で過ごす楽しさを覚えてきたから、というのも挙げられます。

若い内は1人で過ごすのがつまらなく感じて、友達や恋人を誘って外出する事も多いのですが、1人で家で過ごす楽しさを知ると、「別に外に出なくても、自分の好きな事は出来るし…」なってしまうのです。

さらに恋人もインドア派だとデート場所も、お家・カフェ・カラオケ・映画・温泉など、自然と屋内に限られてきますよね。

26歳女性に共通するあるある9:一人で行動することに抵抗がなくなる

26歳女性にもなると、大抵の楽しい事は一通り経験しているものです。

大勢の友達とワイワイ騒いだり、恋人と色んな場所にデートや旅行に行ったり。

そうやって、誰かと一緒に様々な経験をしてきたからこそ、1人で行動する事に抵抗がなくなる=1人でも大抵の事は楽しめる様になる、とも言えます。

1人ランチ・1人ショッピング・1人旅・1人カラオケなど、他人と一緒の時と違い、余計な気を使わなくて済むので、「予想以上に楽しい!」と病みつきになってしまう女性も少なくないのだとか。

26歳女性に共通するあるある10:女子→女性へと呼び方が変わる

26歳になると周りからも、「女子」ではなく「女性」扱いされる事も多いでしょう。

確かに20代前半女子と比べたら、色々と違う所はあるかもしれませんが、そうやってハッキリと区別されると少し複雑ですよね…。

ですが、自分でも「女子」というワードを使って良いのか、思わず考えてしまう事もあるのでは?

26歳女性に共通するあるある11:後輩には積極的に奢りたくなる

26歳になれば後輩もそれなりに増えますし、新人教育を任される立場にもなりますよね。

そんな後輩とご飯に行った時などに、積極的に奢りたくなるのも26歳女性のあるあるではないでしょうか?

後輩に奢りたくなる理由は様々だと思います。

例えば、大きな仕事を皆で乗り切った時とか、後輩に良い事があった時とかは、「今日は私が奢るからいいよ!」というのも珍しくないでしょう。

その他にも、「後輩が良い子で思わず奢りたくなる」「後輩と仲良くなりたい」「後輩にとって良い先輩でありたい」「先輩風を吹かせたい」といった理由もあるかもしれませんね。

ただ、あまりにも頻繁に奢っていると、後輩の方も先輩に奢られる事が当たり前になって、有り難みを感じなくなったり、「何か裏があるんじゃないか…」と疑われて警戒されてしまう事もある様なので、奢り過ぎには注意しましょう。

26歳女性に共通するあるある12:体力の低下に気付き始める

「最近、すぐに疲れるし疲れが溜まる様に…」なんて感じでいませんか?
実は体力のピークは25歳と言われており、そこからの体力は落ちる一方なのだそうです。

これは、「遊び方に変化が出てくる」という話にもリンクしている部分がありますが、体力が落ちる事で「恋も遊びも仕事も全力で!」というのは難しくなります。

「寝てる時が一番幸せ」「休みの日は時間の許す限り寝ていたい」と感じる様になるのも、この位の年齢からかもしれませんね。

26歳女性に共通するあるある13:スキンケアを研究してみる

「25歳はお肌の曲がり角」とも言われますが、26歳にもなると思わぬ肌トラブルが多発する事もあります。

例えば、肌にたるみやしわが出てきたり、ハリやツヤがなくなって化粧ノリが悪くなったり、見覚えのないシミが出てきたり、しっかりケアしているのに肌荒れが起こったり…。

因みに、これは年齢のせいではありません。

年齢に伴い肌質も変わっていくので、今までと同じスキンケアを続けていると、今の肌に合わなくなってきて肌トラブルの原因になってしまうのです。

そんな肌トラブルがきっかけで、スキンケアを研究する26歳女性は多いのではないでしょうか?

「肌に良さそうなものを色々つければOKかな?」と思っている人も多そうですが、スキンケアは基本的にシンプルな方が、肌に余計な負担がかからなくて良いです。

保湿はもちろんですが、ダメージ対策もしっかりしておくと良いかもしれませんね。

26歳女性に共通するあるある14:刺激より安定を求める

若い頃は何に対しても、刺激を求めていたと思います。

前は「遊びも恋も仕事も、刺激がなければつまらない!」と感じていませんでしたか?

ですが、26歳になってある程度落ち着いてくると、刺激よりも安定を求める様になるもの。

特に恋愛においては、「ワクワクドキドキで溢れた恋愛よりも、長続きする恋愛をしたい」「理想の彼氏の条件も顔より、性格・仕事・貯金などを重視してる」という26歳女性も多いかもしれませんね。

恋に理想や夢を見ていた頃と違って、将来の事(結婚)をより現実的&真剣に考える様な年齢になったからこそ、恋愛の価値観も変わったのでしょう。

26歳女性に共通するあるある15:表に立つことよりも裏で頑張る

例えば接客業において、新人の時は自分の実力を認めてもらおうと、ガムシャラに頑張ったり、自分から積極的に接客して上司にやる気をアピールしていく事もあったかと思います。

ですが、26歳になると表に立つ事よりも、裏で上司のサポートをしたり、後輩のフォローに回る機会の方が多くなります。

そうやって、縁の下の力持ち的な役割に徹する26歳女性は多いのではないでしょうか。

26歳女性に共通するあるある16:相談する側からされる側に

以前までは先輩に相談する側だったのが、後輩から相談される側になるのも26歳女性あるあるですよね。

「私ももう若手じゃないんだな〜」と、しみじみ実感してしまいそうな瞬間ですが、相談をよく受けるという事は、それだけ後輩から慕われている証拠です。

それに、そんな後輩の相談に乗れるという事は、それだけ仕事をこなしてきて経験や分かる事が増えた=自分が成長した証でもあります。

26歳女性に共通するあるある17:両親の気持ちがふつふつわかってくる

歳を重ねる毎に両親の気持ちが分かってくるのも、あるあるの1つでしょう。

一人暮らしを始めて家事の大変さを知り、仕事をしてお金を稼ぐ事の大変さを知り、小さい頃から口うるさく言われていた事も、自分が大人になった時に苦労しない為だと気づいた時には、両親の偉大さに頭が上がらなくなりますよね。

同じ立場にならないと気付けない事って、案外沢山あるんです。

仕事の大変さだって想像するのと、実際に経験するのとでは天と地の差ですよね?

きっと結婚や出産をしたら、さらに両親の気持ちが分かると思いますよ。

26歳女性に共通するあるある18:オールは絶対しない、できない

若い頃は飲み会オールやカラオケオールは当たり前だった人も、26歳になると「オールは体力的にも精神的にもキツいし、絶対出来ない…」というのが本音ではないでしょうか?

仮に仕事で徹夜をしようものなら、体力は既に限界寸前、お肌はボロボロ、なんだか体調も悪い…なんて事態にもなりかねません。

この歳になると、睡眠や健康がいかに大事かが身に沁みるもの。

やはり、若い頃の様に夜更かしはせず、美容と健康の為にも夜はしっかり寝なくちゃダメですね。

26歳女性に共通するあるある19:いきなり貯金しだす

26歳独身女性で貯金なしは流石にマズいです。

仮に貯金額が少なくても、将来に不安を感じて本格的に貯金をし出す26歳女性は多いのでしょう。

結婚の予定があるなしにしろ、これから生活していく分や何かあった時の為に貯金はしておきたい所ですよね。

️26歳は大事な時期

”26歳女性に共通するあるある20選”はいかがだったでしょうか?
「思ったより共感出来るものが多かった」「他の26歳女性も自分と似た様な悩みを持っていると知って安心した」という方もいるのでは?

年齢を重ねれば見た目だけではなく中身も変わってくるものです。

それを実感する1つのタイミングがちょうど、今の時期なのかもしれません。

自分の変化を自覚する時というのは、自分を見つめ直すきっかけにもなります。

それにより、今までは気が付かなかった悩みにぶつかったり、今後の生き方をより真剣に考える様になるのでしょう。

女性にとって26歳というタイミングは、そうやって自身と真剣に向き合う瞬間でもあるからこそ、大事な時期だと言えるのです。

後悔のない20代を送ろう

「20代も後半に入ったばかり!」なんて悠長な事を考えていると、20代はすぐに過ぎ去ってしまいます。

実際、皆さんも20歳になってから26歳になるまで、あっという間に感じませんでしたか?

それに、月日の流れは歳を取る毎に早く感じるものです。

20代の内にしか出来ない事やしておきたい事があっても、「まだ26歳だし…」と暢気に構えていれば、何も出来ないまま30代に突入してしまい、「あの時、やっておけば…」と一生後悔する事にもなりかねません。

そんな事態を避ける為にも残りの20代、悔いのない様にしっかりと送りましょう。

【みんなが20代でやっておけば良かったと思っていることは、こちらの記事もチェック!】

️26歳の女性こそ光り輝け!(まとめ)

ここまで26歳女性について色々と見てきましたが、26歳が女性にとってどれだけ重要なタイミングなのか分かって頂けたでしょう。

「このタイミングが大事」とか「人生が決まる」なんて言われると、「今の内にちゃんと決めなきゃ…」「正しい選択をしなくちゃ…」と余計に不安になってしまうかもしれませんが、26歳なんてまだまだ若いですし、例え失敗したとしてもやり直しだって出来るので大丈夫です。

それに、現時点で完璧なプランを立てたとしても、今後の人生がそのプラン通りにいくとは限りませんし、27歳になったらさらに考え方が変わるかもしれません。

26歳の内に色々と真剣に考えておくべきなのは事実なのですが、その時の選択を過信するのは良くないかもしれませんね。

このターニングポイントで、皆さんがどんな選択をしたとしても、それは十分に考えてきちんと納得出来る答えを導き出した結果だと思います。

あとは自分を信じて突き進んで下さい。

最後になりますが、26歳という人生のターニングポイントにいるからこそ、自分らしく生きるべきです。

26歳女性の皆さん、今こそ光り輝きましょう!