人間には色々なタイプがいます。

その中には、いい人も居れば悪い人も居るでしょう。

どんな基準をもっていい人になるかは人によって違っており、私にとって良い糸があなたにとっていい人だとも限らないでしょう。

また合う・合わないと言った問題もあります。

人ととしては悪い人では無いにも関わらず、自分にはどうしても合わない人と言う事もあります。

その為、その人と一緒に居ると喧嘩が増えてしまったりと争いの原因になる事だってあるかもしれません。

それは、もはや好き切ったいの問題なので、どうする事も出来ません。

子供の頃は『全ての人と分け隔て無く、仲良くしなさい』と言われたものです。

ですが、大人になるとそんな事は言われなくなります。

自分の好きでない人とは仲良くする必要は無いのです。

ですが、仲良くしなくていいからと言って関わらなくて良いかと言えば、それはまた別問題です。

例え、仲良くする必要は無かったとしても関りを止める事は出来ず最低限の繋がりを持つ事はあるでしょう。

その為、自分が好き出はない相手との付き合い方も考えて行かなければならない事もあるのです。

嫌いなタイプには人によっても違います。

はきはきしたタイプが好きな人も居れば、苦手な人も居ます。

それと同じように明るいタイプの人が苦手な人だって居るのです。

そんなタイプを苦手とするのかは、まさに個人に自由である、人にどうこう言われる筋合いの無い事です。

その中でも、特に嫌われるタイプと言うものがいくつかあります。

その中には『圧力をかけてくる人』というタイプも居るかもしれません。

圧力をかけて来るタイプの人間は、自分に
自信を持っている場合が多く、権力ももっています。

その為、多くの力を使って妨害しようとしてきたリする事があるのです。

圧力をかけてくる人は、ドラマの中などにも多く登場してきます。

その為、それらのイメージがを強く持っている方も居るかもしれません。

そんな個性が強い圧力をかけて来るタイプの人間の特徴をご紹介させて頂きます。

その特徴を知る事によって、今後圧力をかけてくる人との付き合いかたをみなす事が出来るかもしれません。

圧力をかけてくる人の16個の特徴

生きて居れば、多くの人と関わる事があるでしょう。

その中には、自分の人生を変えてくれるような素晴らしい出会いもあれば、絶対に忘れる事の出来ないような最悪な出会いもあるでしょう。

人によって、そのタイプは違います。

ですが多くの人が嫌いになるタイプの一つに圧力をかけて来るタイプの人間というものがあります。

圧力をかけて来るタイプの人間を好きになる人は基本的居ないでしょう。

ですが、中にはそんなタイプの人間にくっついて回る人という人も居ます。

それらの人の多くは、本当にその人が好きなのでは無く、その人が持っている権力が好きなのかもしれません。

その力によって、自分にとって良い事があるからこそ、その人の傍に居る。

何てこともあり、人間の汚い部分をマジマジをと感じる事になるかもしれません。

ですが、圧力をかけて来るタイプの人間の力を自分の物にする事が出来る人は、実は賢いタイプなのかもしれません。

周りの人間からは嫌われてしまうでしょうが、自分にとって嫌な事は余りありません。

反対に、その権力に対して真向から戦う事になるタイプの人間は、それによって自分自身に大きな害を出してしまう事もあるでしょう。

権力に立ち向かう勇敢なヒーロー。

ドラマやアニメの世界であれば、それに憧れ共感する人も多い事でしょう。

ですが、実生活の中でそれをしたとしても、誰も褒めてくれない事もあります。

誰も見方になってくれる事すらなく自分自身が悲しい思いをしてしまう事だってあるでしょう。

だからこそ、そうならない為にも圧力をかけて来る人の特徴を知りその人とどう付き合っていけばいいかを自分の中で確率しておく必要があるのかもしれません。

1.自己中心的


圧力をかけてくる大きな理由の一つに、自分の思い通りに物事を進ませたいという物があります。

自分が思った通りの結果を出したい。

人を動かしたい。

そんな思いがあるからこそ、そうなるように圧力をかけて結果を出そうとするのです。

本来、人は自分の思った通りには動いてくれない物です。

例えそれが自分の子供であろうと同じ事です。

ですが、権力がある人はついついその感覚が麻痺してしまうのです。

多くの人が自分の指示に従う事を良い事に、全ての人間がそうなる事が当たり前だと感じてしまうのです。

だからこそ、そうならない人には我慢がならず、圧力をかけたりしてしまうのでしょう。

自分の思い通りに全ての人が動くなど、勘違い以外なにものでもありません。

ですが、会社など多くの組織の中で権力をもっていいる人の場合にはそれぞれ保身の為のもありその人の言う事を聞かざるを得ない場合もあるでしょう。

それは、自分が望んでしている訳では無く、仕方なくそうなっているのです。

ですが、それすらも全てが自分の実力だと勘違いしてしまうのです。

人間のもてる力など、本来はそう大きな物ではありません。

ですが、そこにそれぞれの利害や思惑が入交じる事によって、より大きな物になってしまうのでしょう。

圧力をかけて来る人が、自己中心的なのは今に始まった事ではありません。

むしろ、そういう人だからこそ圧力をかけようなどという短絡的な考えにたどりついてしまうのです。

その為、そうならない為にはその人の目に触れないように過ごす事が一番の方法なのかもしれません。

2.威圧的

圧力をかける事が出来る人というのは、それだけ多くの権力を持っている事を示しています。

例え、圧力をかけたいと思たっとしても、自分にその力が無ければどうする事も出来ません。

何とかして相手の考えを変えたいと思った所で、その方法すら無いのです。

その為、圧力をかける事が出来る人間は、それだけ権力を持っている事の裏返しでもあるのです。

人は、力をもてば持つ程自分の存在を特別なものだと認識してしまいます。

その為『自分は他の人とは違う』という考えの元、他の人を見下すようになる事もあります。

中には、自分の意見は全て正しい物であり他の人の意見を一切聞き入れないと言う事もあります。

さらに言えば、自分の意見とは違う考えの人を排除しようと考える事もあるかもしれません。

排除する方法は様々ですが、相手に対して威圧的な態度を取る事によって相手を萎縮させ意見を変えさせることもあるかもしれません。

同じ立場であれば、それに対して対抗する事も出来たかもしれません。

ですが、相手の立場が圧倒的に上だと分っている状態ではそれに対して対抗する事は難しい部分もある事でしょう。

だからこそ、圧力をかけるという行為にでてしまうのかもしれません。

いかに力を持っていたとしても、相手に対して圧力をかけたり威圧的な態度を取る人には人間的な魅力を感じる事はありません。

その事に気が付く事が出来ない愚かな人が行う行為なのかもしれません。

3.自分は偉いと思っている


人間は、とても単純な生き物です。

少しでも人と違う事があると、自分は特別な人間なのでは無いかと思ってしまうのです。

それは権力を持っている人も同じです。

その権力が、例え自分自身の力で得たもので無かったとしても、権力をもった次点で自分は特別な人間だと勘違いしてしまうのです。

その権力があるからこそ、偉い人間であるとも感じ、他の人と自分じゃ違うのだという思いが強くなるのです。

その結果、自分自身がとても偉いひとなのだという勘違いを起こしてしまうのです。

例えそれは伊会社の中だけに通用する権力だったとしても全てにおいて自分は特別な人間だと感じ人に対して強い態度をとってしまう事になるのです。

人間の価値は、そんなもので決まるものではありません。

例えその人がとても大きな会社を仕切る社長さんだったとしても彼の部下でもなんでも無い人にとってはただの一人の人間です。

ですが、それが分からなくなってしまうのが人間の浅はかな部分なのでしょう。

人の価値は、その人の持つ権力によって決まる物ではありません。

ですが、そう思ってしまう人が大勢居るからこそ、権力を振り回し圧力をかけるような人がでてしまうのでしょう。

4.人を見下す

自分が特別な人間だと思っているような人の場合には、それ以外の人の事を見下す傾向にあります。

『自分は他の人とは違う』『自分は偉いんだ』そんな思いが強ければ強いほど、他の人の事を考える事が出来ず、酷い態度を取ったり見下した行動をしてしまうのでしょう。

それは実にあさはかな人間がする事です。

本当に素晴らしい人間はそんな事はしません。

自分の立ち位置をしっかりと考え奢る事無く冷静に行動する事が出来るのです。

ですが、それをする事が出来ず自分の権力の価値をより強く誇張するような態度を取るかたが、人を見下すような行動をする結果圧力をかけるようなことまでしてしまうのでしょう。

人は、どんな仕事をしていてもどんな生き方をしていたとしても、同じ価値があります。

それはお金を持ってるかどうかなど関係ありません。

ましてや、その人の役職や権力など一切関係な意のです。

ですが、つい人はそういった力を持っている人の方がさも偉いかのように感じてしまうのです。

人の価値は、そういった付加価値で決まる物ではありません。

皆、平等の存在なのです。

ですが、そうは行っても社会はまだまだ冷たくお金持ちや権力を持っている人であればある程より自分の思うような人生を歩みやすいという傾向はあります。

だからこそ、その人自信も勘違いしてしまうのでしょう。

日本は、民主主義の為全ての人が同じような生活をする事は出来ません。

努力したとしても、なかなか結果を得ることが出来ない場合もあるでしょう。

ですが、その状況に自分自身が納得してしまうのでは無く常に向上心をもって行動する事が大事なポイントです。

自分の価値を過剰に評価して、圧力をかけて来る人も居るかもしれません。

ですが、そこで自分自身も納得してしまうのでは無く、不屈の闘志をもつ事によって自分の心を守る事が出来るかもしれません。

5.主導権を握りたがる

圧力をかける事が出来る人というのは、それだけ多くの力を持っている人の事を指します。

多くの方が気に入らないらといって、誰でもかれでも圧力をかける事が出来る様になってしまっては、もはやそれは圧力とは言いません。

限られた人しかする事が出来ないからこそ、特別な事でありより自分を他の人とは違う存在だと勘違いしてしまうのでしょう。

更に言えば、自分の権力を誇示したい余りにどんな事に対しても首を突っ込み自分の思ったっ通りに物事を進めようとする傾向があり、その結果主導権を握ろうとする傾向があります。

主導権を握る事によって全ての出来事を自分好みに変えて行こうと言う事なのです。

こういった人の場合では、自分の周りの事に限らず自分の周りの人すべての人生においても介入してこようとする傾向があり子供などの進路も勝手に決めてしまう事もあるでしょう。

そうした事に対し、反発する事があればそれを圧力をかけて止めようとするのです。

権力をもっている事と、全ての主導権を握る事が出来るという事は全くの別問題です。

自分自身の
行動をよく見直し、その区別が付くようにしておかないとドンドンと孤立した存在になっていく事でしょう。

6.自分の思う通りにいかないとキレる

圧力をかけてくるような人は、基本的にワガママです。

その為、全ての出来事を自分の思った通りにしたいという傾向があります。

確かに、全て自分の思った通りに物事を進めることが出来れば、それほど楽な事は無いでしょう。

ですが、通常であればそれをする事は不可能であり多くの人は出来るだけ自分の思った通りに出来るように努力をするものなのです。

ですが、権力のある人の場合その力を使う事によって自分の意思を貫かせることが出来てしまいます。

そのせいで周りが迷惑しようとも、自分自身が関係ないとたかをくくってしまえばそれで済んでしまう話なのです。

そんな環境で普段生活してしまっていると、それが当たり前になってしまうでしょう。

その為、たまたま自分の思った通りに物事が進まないと切れるなどの迷惑行為を行う場合もあります。

特に周りに居る人間がが、反旗を翻し自分の意思とは違う行動に出てしまった場合には、怒りを押さえることが出来ず切れるのでしょう。

基本的に、全てを自分の思った通りに動かす事など不可能です。

それを望む事自体が間違って居るのです。

ですが、それを勘違いしてしまうのが人間の浅はかな所なのでしょう。

いつの間にか、自分は神様か何かになったような気持になってしまうのかもしれません。

そうならない為には、自分の力を冷静に判断する事が、大事な事では無いでしょうか。