今回は可愛い子供の特徴についてご紹介いたします。

子供って本当に可愛いですよね

子供って本当に可愛いですね。

自分の子供、友人の子供、その辺で見る子供可愛いと思う瞬間に出会うことがあるでしょう。

なぜあんなに可愛いのでしょう。

子供には大人には無い可愛いさがありますよね。

可愛い子どもは見てるだけで癒される

可愛い子供は見ているだけで癒されますよね。

なんとなく疲れていたり、落ち込んだ時も子供の姿を見るとぼーっと眺めてしまい、癒されるという事もあるでしょう。

小さな手、ツルツルの肌、ぷにっとした感じ等、抱きしめたくなる可愛さですよね。

しかし中には憎たらしい子どもも…

しかし、中には見ていると憎たらしい子供もいませんか?

なんとなく子供なのにイライラしてしまう、子供らしい可愛さが感じられない時ってありますよね。

可愛い子どもの13個の特徴

では、まず初めに可愛い子供の特徴を13個紹介していきます。

なんとなく可愛いなと思う瞬間はあるものの、どんな特徴があるから可愛く見えるのか詳しく見ていきます。

一体どんな子供はかわいいと感じるのでしょうか。

1.純真無垢


子供は純真無垢だと言えます。

純真無垢の意味としては、心が清らかで嘘や偽り等を知らず、心がけがれていない様子を指します。

大人になるにつれ様々な経験を積み、様々な人と付き合っていく中で、どんどん人の悪の心を知ったり、ずるい考えが思い浮かぶようになります。

その悪の心は多くの人が裏に隠し表には出さないようにしているはずです。

しかし、中にはその悪の気持ちを表に出して生活している人もいますし、人の裏の悪の気持ちを読んでしまったり察してしまうようになり、生活の中で人間との関わりに疲れてしまうこともあるのですね。

そんな中で、その悪の気持ちを知らず穢れのない子供を見ていると、癒されるのです。

子供の純真無垢な行動はたくさんありますが、例えば誰に対してもすぐに心をオープンにし、人懐っこいですね。

また、人を嫌うという事を知らず、悪く言えば騙されやすかったり、信じ込みやすいのです。

大人が冗談で言ったことを信じてしまう子供は多いですよね。

更に自分が見つけた物、目指す場所にはすがすがしいほどどんどん突き進み、楽しい時は気持ちよいほどに笑い、泣きたい時は泣いて、そんな姿が癒される純粋さなのでしょう。

2.キュンとする笑顔

子供の笑顔は癒されますしキュンとしちゃいますよね。

子供の満面な笑みは裏のない素敵な笑顔です。

子供の笑顔は大人の頑張る活力にもなるくらいの力があります。

その笑顔の虜になり、子供が笑っているところを見ると自分も幸せな気持ちになるという方も少なくないでしょう。

3.元気に走り回る

子供はとても元気ですね。

いつまでも元気に走り回り疲れを知らないほどです。

いつまでも元気に走り回る姿を見ていると大人も元気をもらい頑張ろうと思えてくるほどです。

また笑顔で楽しそうに走っている姿を見ていると自分も運動を一緒にして楽しみたくなってきますね。

子供は冬の寒い時期でも元気に走り回るほどの元気、すごいですよね。

4.すやすやと眠る

子供のすやすやと眠る寝顔は天使ともいえるほど癒される姿ですね。

普段は言う事を聞かない時や元気すぎてうるさい時もありますが、寝ている姿は赤ちゃんのように小さく見え、あどけなさもあり、ギューっと抱きしめたくなる可愛さです。

すやすやと寝息をしてゆったりと寝ている隣にいると、自分も眠くなってしまうほど癒される時間を過ごせますね。

眠くなり一緒にゴロゴロしているときに目がトロンとして眠りそうになりながらも見つめてくる姿も可愛いです。

5.一生懸命

子供は一生懸命です。

出来ない事を諦めずに何度でも何時間でも一生懸命頑張ったり、出来なかったことが出来るようになるスピードも早いですね。

自分で頑張るという一生懸命な気持ちが大きいため、大人に手伝われてしまうと泣いてしまうほど悔しがる事もあるほど一生懸命です。

小さい子供が歩けるようになり、一生懸命靴を履いて外を歩く姿、一生懸命走る姿、玩具を一生懸命積み上る姿、靴を一生懸命自分ではこうとする姿など、真剣なまなざしで一生懸命取り組んでいるのです。

その姿はとてもかわいらしく、一生懸命さに心が動かされます。

6.ぬいぐるみといつも一緒

ぬいぐるみが大好きな子供っていますよね。

そのぬいぐるみが無いと泣いてしまったり、いつもギュッと大切そうに抱いている姿はとても愛おしい姿に見えますね。

ぬいぐるみを一緒に布団に入れてあげて寝たり、自分が食べるお菓子を食べさせてあげたり、よしよししてあげる姿も小さなお母さん、おねいちゃん、お兄ちゃんのようで可愛いです。

7.ご飯を美味しそうに食べる

子供が美味しそうに食事をする姿、とても可愛いですね。

自分の食欲が湧いてくることもあるでしょう。

周りを気にせず一心不乱な姿も可愛いです。

口の周りを気にせず汚し、モリモリがつがつ食べる姿は本当に癒されますね。

それが自分の作ったものであったら、よりうれしくかわいらしく見えるでしょう。

更に自分が好きな食べ物を食べたときに幸せそうな笑顔と幸せそうな顔もとても可愛く、もっともっと食べさせたくなってしまいますね。

8.聞き分けが良い

例えば「仲良く遊ぼうね。」「貸してあげようね。」「一緒に行こう!」などと言う声掛けに対して「うん!」「はーい!」などと言って聞き分けよく行動してくれる子供も可愛く感じるでしょう。

子供は自分の欲しいもの、したいことをどうしても貫きたい、やりたいという気持ちが抑えきれない子も少なくありません。

その姿も可愛いと感じる人もいるでしょう。

しかし、そのわがまま、傲慢な行動が続くと、大人もイライラしてしまったり、可愛いと感じる気持ちが軽減してしまうこともあるのですね。

その点、聞き分けが良いと可愛いと思う気持ちが大きくなり、色々なことを教えてあげたくなったり、どんどんお話したくなることでしょう。

9.ときに寂しそうな顔を見せる

子供が時にさみしそうな顔を見せる時、ギュッと抱きしめてあげたくなるほど愛おしく見えますね。

純粋な心を持っているからこそ、さみしそうな顔に大人の心に突き刺さるほど悲しいきもちがひしひしと伝わってきます。

例えば好きなおもちゃが壊れてしまったときや保育所に送る間際、夕暮れにさみしくなってしまったのかさみしそうにしているときなど、不意にさみしそうな顔を見せるのですね。

そんな顔を見ると笑顔になって欲しい、元気を与えたいと思いますよね。

さみしそうな顔に癒されるのではなく、寂しそうな顔から笑顔に戻った時の安心している顔などに癒されますね。

10.今日あったことを嬉しそうに話す


保育所や幼稚園、小学校などで離れる時間があるときに、大人は知らなかった出来事を嬉しそうに話している姿をみると、良かったね。

と思ったり、嬉しい気持ちが伝染してきますね。

小さければ小さいほど、自分が感じた嬉しいことを思い出しながら一生懸命言葉足らずの言葉で伝えようとする姿も理解してあげたくなりますし、可愛いなと思いますね。

11.ママとパパが大好き!

ママとパパが大好きだという子供はほとんどですね。

ママとパパが大好きだという子供の嘘偽りやなく、見返りを求めない愛は見ていて本当に素敵です。

保育所でママやパパと離れる時に泣いてしまう、迎えに来た時の笑顔、とっても大好きという気持ちが溢れていますね。

また、大きくなって言葉で気持ちを伝えられるようになり、「ママ大好き!」「パパ大好き!」などと伝えている姿、伝えられた時にとてもかわいらしいなと思いますね。

子供がママやパパが好きだという気持ちは本当の無償の愛の形ですね。

12.買ってもらったおもちゃを大事にする

欲しかったおもちゃを買ってもらい、大事に使っている姿はとても可愛いですし、また買ってあげたくなってしまうほどですね。

そのため、友達にとられたり、貸してと言われると嫌がってしまうこともありますが、それほど大切にしているのだという気持ちが伝わりますね。

大人は自分でお金を稼げるようになってしまうと、壊れたらまた買えばいいやと言う気持ちが生まれる人も少なくなく、ものを大切にするという気持ちが薄れてしまうことがあります。

しかし、大人に買ってもらったものを大事にする姿は見習わなければいけませんね。

13.ありがとうやごめんなさいが素直に言える

ありがとうやごめんなさいが素直に言える事もは純粋そうでかわいらしく見えますね。

しかし、中にはありがとうやごめんなさいと言う言葉が恥ずかしかったり、なかなか言えない子供もいます。

素直に言葉に出して言えるようになるととても良いですね。

やっぱり一番は我が子であること

子供の友達、友人の子供、甥っ子姪っ子など可愛いと思うでしょうが、やっぱり我が子が一番かわいいでしょう。

自分は子供が生まれても世界で一番かわいいとは思わないだろうと思っていたかもしれませんが、やっぱり自分の子供が出来ると一番かわいく思えるものなのですよね。

うちの子がこの世で一番可愛い

うちの子がこの世で一番可愛いと思いますよね。

心情的に見れば我が子が一番かわいいでしょう。

しかし、客観的に見ることが出来ている人は、自分的には我が子が一番かわいいけれど、他者から見ればそうではないかも・・・と思うことが出来るので、周囲の人に言葉にして「我が子が一番かわいいわ!」なんてことは言わないでしょう。

中には自分の子供が一番かわいいと周囲の人にゴリ押ししてしまう人も少なくなく、そういった親は親バカという総称を付けられてしまうこともありますね。

それでもやっぱり心の中では我が子が一番と思っている親御さんは少なくないはずですよ。

可愛い気のない子どもの特徴

可愛い子供の特徴をご紹介しましたが、続いて可愛い気のない子供の特徴をご紹介します。

妙に悟ってる

妙に悟っている人が多いとされている「さとり世代」という言葉があります。

このさとり世代の大人の特徴としては、欲がない、興味がないことにはとことん興味がない、気の合わない人とは無理に付き合わないというような特徴があります。

このように子供なのに妙に悟り、無理なことは早めに諦める、興味のないことには無駄な時間を使わない、などという子供らしい好奇心が少なかったり、あきらめが早い子供は可愛くないなと思われてしまう事があります。

妙に動揺せず肝が据わっているともいえますね。

言葉遣いが大人びている

言葉使いが大人びている子供はとても素晴らしいともいえますが、子供らしさが無く憎たらしく感じたり、可愛くないと感じてしまうことがあるでしょう。

例えば大人の女性に「その服素敵ですね」「大変そうですね」「余計な事しないでください。」などとかなり大人びている言葉を使います。

子供なのにすごいなーと思い笑ってしまう大人もいますが、ムカッときて可愛くないなと思ってしまう大人も少なくないでしょう。

生意気だなと思う事もありますね。

しかし、そのような言葉は、子供ならではのなんでも大人の真似をしたがることが原因で、ママたちの会話を聞いて真似している可能性が高いですね。

素直じゃない

素直じゃない子供も可愛くないと思う事がありますね。

美味しいものを食べさせ「美味しい?」と聞くと絶対に美味しいとおもっているはずなのに「まあまあ。」「普通」などと返してくる子供ですね。

また、素直じゃないため、ありがとうやごめんなさいが言えないという子供もいます。

本当はうれしいクセに無表情を貫く、素直じゃない子もいますね。

ひねくれているなととらえられてしまうこともあるでしょう。

普段から我慢することが多く、感謝の仕方や喜び方が知らなかったり、恥ずかしがり屋の子供が素直ではないと感じられてしまうことが多いです。

子供が素直ではないという事は、心の底からひねくれた考えを持っているなどと言うわけではなく、自分の感情を示すことが恥ずかしかったり、感情を上手く表すことが出来ない子が素直ではない、可愛くないと思われてしまうのですね。

プライドが高くて偉そう

プライドが高くて偉そうな子供は可愛くないですね。

プライドが高くて偉そうな子供と付き合っていると可愛くないな、イライラするな、疲れるなと思ってしまうことでしょう。

しかし、プライドが高い偉そうと感じてしまうのは大人の目線だからこそで、実はプライドが高いのも偉そうなのも人との関わり方が良く分っていないだけである可能性もあります。

どうしたら相手に上手く自分の気持ちを伝えられたら良いかわからず、ごめんなさいを伝えたくても上手く伝えられない、お友達に嫌われていても自分がどうしたら良いかわからないという事で、プライドが高い、偉そうと思われてしまうのでしょう。

大人に対してもどう対応したら良いかわからず、照れ隠しなどがプライドが高かったり偉そうに見えてしまっているのかもしれません。

中にはプライドが高く偉そうな自分のママやパパの真似をしている子供もいますね。

文句が多い

文句が多い子供は、可愛くないと思われてしまいます。

例えば、一生懸命作った食事に対して「食べられないよ~これ嫌い。」「食べたくない」などと言う文句を言ったり、片付けなさいという言葉に対して文句をダラダラと言い行動しなかったり、宿題に対しての文句、お友達の文句、欲しいものが手に入らないという事への文句など、様々なことに対して文句を言ってしまうのです。

しゃべれないうちからも気に食わなければものを投げる、ご飯をひっくり返すなどと言う文句が見られることもあるでしょう。

自分の思い通りに行かないことが気に食わず、いじけたり泣いたり怒ったり、我慢したり自分の気持ちを自分で整理することが出来ないのです。

小さいうちから人の悪いところにばかり目が行き、文句を言ってしまっていると、大人になってからも大変です。

あまり人の文句を言わないように改善したり、自分の欲望を我慢するべき時もあると言う事を知らなければいけません。

甘やかし過ぎた結果、文句を言えば何でも自分の思い通りになると思っている場合もありますね。

嘘をつく

嘘をつく子供は可愛くないと感じることがあるでしょう。

嘘は悪いことであるという気持ちはありますし、嘘をついてはいけないと子供に伝えるからこそ嘘をつかれてしまうと怒りたくなったり、可愛い気がないと思ってしまうことがあるのです。

しかし、子供は嘘をつくことに対して悪いことだと知りながら、嘘をついているときは、自分の罪悪感から自分を守ったり、ママを悲しませたくないという優しい気持ちから、嘘をついている場合もあります。

そういった場合の嘘は自分の子供であれば可愛いなと思う事もありますね。

しかし、嘘をつく子供は周囲の人からの信頼を失ったり、嫌われてしまうこともありますね。

意地悪をする

意地悪をする子供をかわいいとはあまり思えないという人が多いでしょう。

ましてや自分の子供に意地悪をされれば、より可愛い気がない子供だなと思ってしまうのではないでしょうか。

しかし、自分の存在を認められたり、注目を集めるために、わざと意地悪をして自分を目立たせているという場合もあります。

また、子供が意地悪になるのは大人の真似をしている場合も少なくありません。

自分のママやパパ、その他の周囲の大人がしていた意地悪を自分のお友達にしてしまっている場合がありますね。

わがまま駄々っ子

わがまま駄々っ子があまりにもひどいと可愛い気が無いなと思ってしまうでしょう。

わがままが酷くデパートでほしいおもちゃが買えず、床に寝っころがり駄々をこねている姿などを見ると、周囲の人も大変そうだな、可愛い気が無いなと思ったり、子供って面倒だな、うちの子はいい子だなと思う事があるでしょう。

ママも我が子だと言えど、我がまま駄々っ子が酷過ぎると時に「もういやだ!かわいくない!どうしたらいいの!」と思ってしまうこともあるでしょう。

我まま駄々っ子は根気よく付き合い、自制心をもてる子供に育てていかなければ、どんどんエスカレートして、わがままは通るもの駄々をこねれば何とかなると思ってしまうでしょう。

メイクやヘアカラーをしている

メイクやヘアカラーをしている子供は可愛いと思う人もいるでしょう。

しかし、中には可愛い気が無いと感じる人もいるのです。

子供らしさがかんじられないという事で、可愛い気がないと感じてしまうのですね。

昔のほうがメイクやヘアカラーを始める年齢は遅く、現代では幼稚園児、小学生の内からメイクやヘアカラーをする子供が増えています。

昔のイメージが強い人からすると、可愛い気が無いと思われてしまいがちですね。

年齢に応じた身なりは可愛いさに大きく関係するのでしょう。

子供には子供の良さがあるのですね。

サンタさんとか信じない

サンタさんとか信じないという子供。

とても現実主義ですね。

しかし、大人からすればサンタさんを信じ、真剣に待っているという姿をみるとかわいらしいなと思いますよね。

可愛い子どもと一緒に暮らしたい

やはりどちらかと言えば、我が子は可愛い子供に育ち、穏やかに育児をし、多くの人に可愛いがられる子どもであってほしいですよね。

しかし、可愛い気のない子供ではなく可愛いらしい子供に育てるためにはどうしたら良いのでしょうか。

又は、現在可愛い気のない子供をかわいらしい、子供らしい子供に育てていくためにはどうしたら良いのでしょう。

可愛らしい子供を育てるためには

素直で純粋で子供らしく、やさしく聞き分けの良い子供を育てるためにはいくつかのポイントがあります。

そのような可愛らしい子供にはある共通点があり、SQ「社会的指数」が高いのです。

この社会的指数を高めるためには、親の働きかけでかなり高まりますよ。

まずは表情豊かに関わりましょう。

子供らしい笑顔をなくさない為にも重要です。

また今日起きたうれしかった出来事などを親に自分から話す子どもであるためも、表情豊かに接する事はとても大切です。

嬉しそうな時は一緒に喜び嬉しそうな表情で会話をする、悲しんでいる時、さみしそうなときは、一緒に悲しそうな表情で寄り添いましょう。

親が表情豊かであると、子供も表情が豊かで可愛い気のある子供が育ちます。

続いてスキンシップを取りましょう。

スキンシップを取ることで、自分が愛されている、人に優しくすることを学びます。

また人との関わり方も親とのスキンシップで学んでいくでしょう。

例え子供が素っ気なかったり、一緒に楽しんでいないそぶりを見せていても、照れ隠しや関わり方が良く分らない状態なのでしょう。

根気よく一緒にたくさん遊びましょう。

絶対的な安心感を親が与えることも大切です。

人に優しく周囲の事を信じ、素直に生きている子供には安心感が必要です。

いつでも自分は大切に思われている自信をもっている子供になります。

そうすることで、可愛い子供に育ちます。

一番近くで大きな愛情を与えられるのは親です。

ママとパパはたくさんの愛情を伝え絶対的な安心感を与えてあげましょう。

更に長時間のテレビ視聴たDVD視聴、ユーチューブ視聴は避けたほうが良いです。

人間と人間との会話、スキンシップを感じるよりも、機械的で一方的な会話を聞くだけと言う状態を続けると、人間と上手く関わることが出来なくなってしまったり、優しさや人を思いやる気持ちが衰退してしまいます。

またドラマなどを見ることで、子供らしくない憎たらしさのある言葉を覚えて使ってしまうこともあります。

できれば親子の時間を大切に、動画視聴の時間には注意が必要です。

可愛らしい子供を育てるためには、相手のすごいところを見つけ褒めてあげられる、人を尊敬することが出来る、人から学ぶことが出来る人間に育てる事が大切です。

そのためには親がそのような姿を見せ、そのような接し方をすると良いですね。

可愛い気のない子供を可愛い気のある子供に育てるためには?

意地悪な子供、嘘を付く子供、わがままっ子駄々っ子、純粋さが無い子どもに育ってしまう原因はいくつかあります。

嘘をついたり意地悪をしたりする子供は、自分の事、自分の立場を守ろうとしているという原因があります。

自分の安心できる場所、自分の存在を確かめる、守るために嘘をついて自分を守ったり、意地悪をして自分の立ち位置を確保しようとしています。

意地悪をして自分のほうが優位である立場、自分の事を嘘偽りで固めようとするのです。

また、親の真似をしている場合もあります。

親が何気なく使ってしまった言葉や意地悪な言動行動を真似してしまうという場合があるのです。

親の事を信じているため親がしている事は正しいことなのだと思い真似してしまうのです。

可愛い子供に育ってほしいと思うのであれば、自分の行動や言動を見直してみると良いですね。

子供の意地悪には意味が無いことが少ないのです。

自分の気持ちが通らない、自分の思い通りにならなかった、などというなにかしらの意味があって行っているのです。

その為、意地悪をした時に「なぜこんなことをするの?」「辞めなさい」などと頭ごなしに叱ったり、問い詰めるのは良くありません。

ただただ問い詰めたり頭ごなしに叱ってしまうと、自分だけが悪い子なんだ、自分の気持ちは我慢しなければならないのだと思い、子供らしく自分の気持ちを素直に表現する事が出来なくなってしまいます。

プライドが高く生意気な子供と思われるようにもなってしまうでしょう。

意地悪をしてしまうと相手は傷つくということ、結局は自分もやるせない嫌な気持ちにさいなまれてしまうということ、意地悪をするとどうなるかなどをしっかりと説明してあげることが大切です。

そうすることで純粋で子供らしい素敵な気持ちを取り戻してくれるでしょう。

また、いいことをした時、自分のわがままを我慢した時は褒めて下ましょう。

ここまで出来るようになったという事をしっかりと評価したあげることで、これはして良いこと悪いことと言う判断が自分で出来るようになります。

また、日々の日常の中でお手伝いをしてくれたり、何か助けになることをしてくれた時は、どんなに些細な事であっても「ありがとう」の言葉を忘れずに伝えましょう。

何かされた時はありがとうを言う、どんな時にありがとうを言うのか、ありがとうは恥ずかしい言葉ではないという事を身を持って伝える姿を見せることが大切です。

そうすることで、子供は周囲の人にもしっかりとありがとうを伝えることが出来るようになりますよ。

更に愛情を持って接しましょう。

可愛げのない子供だなと思う子を目の敵にしたり、非難するのはやめましょう。

どんどんヒートアップしてしまいます。

優しく包み込むように接してあげることで、人に優しく出来るようになります。

可愛げのある子供は可愛げのない子供に意地悪をされる?

可愛げがあり素直で子供らしい子供は、残念ながら意地悪をしてしまう可愛げのない大人びている子供にいじめられてしまうケースもあります。

又は影響されてしまうこともあるしょう。

しかし、そんな時「あの子とは関わらないで」などと言うのは間違いですよ。

子供は大切なお友達を親が嫌ったという事で親の事を嫌ってしまったり、逆に相手の子供に意地悪をしてしまうようになることもあります。

ではそんな時親はどうしたら良いのでしょう。

自分の子供の良いところを、可愛い気のあるところを守りたい・・・。

親は絶対に味方でいてあげましょう。

貴方は正しい、自分は味方であるという事を伝えるのです。

また自分は相手の真似をしない、自分が正しいという強い信念を持たせることも大切です。

相手の子がしていることは悪いことと伝えるのではなく、どうして悪いのかを伝えて、同じことをしないように子供が気づくように教えてあげることが大切です。

また、我が子を守るために相手の子供を貶すことは避けるべきことなのですが、自分の子供を守るためには、第三者である担任の先生などに伝え、間接的に伝えることが大切です。

子供はとても可愛いですね。

すべての子供が素直で純真無垢な心を持っているはずです。

しかしどこかで人間の心の裏や悪を知ることが有るでしょう。

しかしそれでも子供のような素直で純粋な心を忘れずに生きている大人も多くいます。

純真無垢が残る大人に育つようにも、子供の時に親がしっかりと教えてあげたいですね。

また、日々の生活の中で忘れかけてしまっている純粋な心を子供を見て学ぶ事も大切ですよね。

子供を見て癒されながら、子供に寄り添い楽しい日々を送りましょう。