CoCoSiA(ココシア)

可愛い子供の13個の特徴(続き4)

わがまま駄々っ子

わがまま駄々っ子があまりにもひどいと可愛い気が無いなと思ってしまうでしょう。

わがままが酷くデパートでほしいおもちゃが買えず、床に寝っころがり駄々をこねている姿などを見ると、周囲の人も大変そうだな、可愛い気が無いなと思ったり、子供って面倒だな、うちの子はいい子だなと思う事があるでしょう。

ママも我が子だと言えど、我がまま駄々っ子が酷過ぎると時に「もういやだ!かわいくない!どうしたらいいの!」と思ってしまうこともあるでしょう。

我まま駄々っ子は根気よく付き合い、自制心をもてる子供に育てていかなければ、どんどんエスカレートして、わがままは通るもの駄々をこねれば何とかなると思ってしまうでしょう。

メイクやヘアカラーをしている

メイクやヘアカラーをしている子供は可愛いと思う人もいるでしょう。

しかし、中には可愛い気が無いと感じる人もいるのです。

子供らしさがかんじられないという事で、可愛い気がないと感じてしまうのですね。

昔のほうがメイクやヘアカラーを始める年齢は遅く、現代では幼稚園児、小学生の内からメイクやヘアカラーをする子供が増えています。

昔のイメージが強い人からすると、可愛い気が無いと思われてしまいがちですね。

年齢に応じた身なりは可愛いさに大きく関係するのでしょう。

子供には子供の良さがあるのですね。

サンタさんとか信じない

サンタさんとか信じないという子供。

とても現実主義ですね。

しかし、大人からすればサンタさんを信じ、真剣に待っているという姿をみるとかわいらしいなと思いますよね。

可愛い子どもと一緒に暮らしたい

やはりどちらかと言えば、我が子は可愛い子供に育ち、穏やかに育児をし、多くの人に可愛いがられる子どもであってほしいですよね。

しかし、可愛い気のない子供ではなく可愛いらしい子供に育てるためにはどうしたら良いのでしょうか。

又は、現在可愛い気のない子供をかわいらしい、子供らしい子供に育てていくためにはどうしたら良いのでしょう。

可愛らしい子供を育てるためには

素直で純粋で子供らしく、やさしく聞き分けの良い子供を育てるためにはいくつかのポイントがあります。

そのような可愛らしい子供にはある共通点があり、SQ「社会的指数」が高いのです。

この社会的指数を高めるためには、親の働きかけでかなり高まりますよ。

まずは表情豊かに関わりましょう。

子供らしい笑顔をなくさない為にも重要です。

また今日起きたうれしかった出来事などを親に自分から話す子どもであるためも、表情豊かに接する事はとても大切です。

嬉しそうな時は一緒に喜び嬉しそうな表情で会話をする、悲しんでいる時、さみしそうなときは、一緒に悲しそうな表情で寄り添いましょう。

親が表情豊かであると、子供も表情が豊かで可愛い気のある子供が育ちます。

続いてスキンシップを取りましょう。

スキンシップを取ることで、自分が愛されている、人に優しくすることを学びます。

また人との関わり方も親とのスキンシップで学んでいくでしょう。

例え子供が素っ気なかったり、一緒に楽しんでいないそぶりを見せていても、照れ隠しや関わり方が良く分らない状態なのでしょう。

根気よく一緒にたくさん遊びましょう。

絶対的な安心感を親が与えることも大切です。

人に優しく周囲の事を信じ、素直に生きている子供には安心感が必要です。

いつでも自分は大切に思われている自信をもっている子供になります。

そうすることで、可愛い子供に育ちます。

一番近くで大きな愛情を与えられるのは親です。

ママとパパはたくさんの愛情を伝え絶対的な安心感を与えてあげましょう。

更に長時間のテレビ視聴たDVD視聴、ユーチューブ視聴は避けたほうが良いです。

人間と人間との会話、スキンシップを感じるよりも、機械的で一方的な会話を聞くだけと言う状態を続けると、人間と上手く関わることが出来なくなってしまったり、優しさや人を思いやる気持ちが衰退してしまいます。

またドラマなどを見ることで、子供らしくない憎たらしさのある言葉を覚えて使ってしまうこともあります。

できれば親子の時間を大切に、動画視聴の時間には注意が必要です。

可愛らしい子供を育てるためには、相手のすごいところを見つけ褒めてあげられる、人を尊敬することが出来る、人から学ぶことが出来る人間に育てる事が大切です。

そのためには親がそのような姿を見せ、そのような接し方をすると良いですね。

可愛い気のない子供を可愛い気のある子供に育てるためには?

意地悪な子供、嘘を付く子供、わがままっ子駄々っ子、純粋さが無い子どもに育ってしまう原因はいくつかあります。

嘘をついたり意地悪をしたりする子供は、自分の事、自分の立場を守ろうとしているという原因があります。