彼女のツンデレって自分にだけデレてくれる瞬間がとっても可愛いですよね。

常に甘ったるい態度よりもレア感があるし思わずときめいてしまいます。

そんなツンデレ女子が彼女になったらデレが見たくて毎日可愛がってしまうもの。

そんな彼女たちの魅力に迫ってみましょう。

ツンデレ彼女がかわいい!萌える!

ツンデレ女子ってなんであんなに可愛いんでしょうか。

狙ってやってるなっていうのがわかったとしても、それはそれで可愛いし、天然なら「しかたがないなぁ」と思えて可愛いし、猫みたいな性格に振り回されても可愛いからまぁいいかと思ってしまいます。

ツンデレ彼女に見られる傾向

ツンデレ彼女の言動にはいくつかの傾向がみられます。

ツンツンでもデレデレでもない独特な態度の示し方ですが傾向さえわかれば付き合う側も混乱せず「あっツンデレモードだ!」と思えばいいので取扱いやすくなります。

付き合ったら冷たい

男性は付き合えた瞬間はテンションがぶっちぎっている状態ですが、女性は概ねまだそこまで盛り上がってはいません。

これはツンデレには限らないことで、付き合ったばかりの頃の女性は「長く付き合えるかしら」「相性はいいかしら」「彼に嫌われるようなことをしないようにしなくちゃ」と色々と不安を抱えているものです。

しかし付き合いが数か月に及ぶと多くの女性は安心感を得てデレデレモードに入っていきます。

しかし性格上ツンデレの彼女はデレデレモードが控えめで、ここぞという時にしか見せてくれません。

本人の中では「好き」が大爆発していることもあるのですが、それを全身で表現するのがすごく苦手で、隠したいがためにまったく逆のツンツンした行動に出てしまいます。

これが冷たく見える理由ですが、彼氏の方がしつこいくらい構ってあげると鬱陶しいフリをしながら口角は上がっているという可愛さを目にすることができます。

連絡は非常にシンプル

連絡もハートマーク炸裂の可愛いメールを出すのは抵抗があるので他の絵文字や顔文字すらない、飾り気のないメッセージを送信します。

ただ送信する直前は言葉を見直して、これ読んでどんな風に思うかな、誤解されないかなとたくさんチェックしています。

その姿がもう可愛いのですが彼氏が目にする機会がないのが寂しいところです。

悩みに悩んだ結果、感情を乗せたメッセージが恥ずかしすぎて用件しか送ってこないという結果になることもあります。

本当は「会いたい!デートしたい!寂しい!」と思っているのに何か理由をつけないと恥ずかしいので「○○の映画が見たい。

土曜日暇?」と送ってしまうのです。

その実、映画なんてどうでもよかったりします。

たまに寂しくなって夜に電話してくることもあるのですが、長話したいわけではなく声が聞きたいだけで、あんまり喜んでいるのも知られたくないので何かと用があるフリをしたり素っ気なく切ったりします。

素直にYesと言えない

感情を出すことがどうにも恥ずかしい気持ちがあるようで、何かと斜めの発言をしたり素直にYesとは言わずに条件を提示したりします。

信頼しきった相手には素直に言えることもあるのですが、それ以上に好かれたい気持ちが強いと本心を示して嫌われるよりわざとちょっと嫌われそうな態度をとってしまい、嫌われることをしてるんだから嫌われてもしかたないという風に防御してしまうわけです。

不器用すぎて損することもしばしばあります。

ただ、そんな気持ちを理解してくれる彼氏が「もう、本当は嬉しいくせにー」とか茶化してくれると怒ったような顔をしながら喜びます。

嫌われる態度すらも愛してくれる彼氏にゾッコンになっていくので、付き合いが長くなるとデレるポイントが増えていきます。

言葉がきつい

照れ隠しがいきすぎて言葉がきつくなるときもしょっちゅうです。

手をつなぎたいなと思っているときにドンピシャで手をつないでくれると「顔に出てたのかな…恥ずかしいな…」と思ってしまい「バカ!人前なんだからやめてよ!」とか言います。

それで手を放すと寂しそうな表情がよぎるので、彼氏としては大変ですがまぁ可愛い範疇です。

ツンデレ彼女自身、言葉がきつくなってしまうことに悩んでいることが多いです。

全然本心じゃないのに口から飛び出した言葉が相手を傷つけてしまったり、大切な人と距離が開いてしまった経験がたくさんあるので、自分でもやめたいのです。

でも気が動転するとつい言葉が出てしまい、自己嫌悪に陥って1人になるとかなり落ち込みます。

2人きりになったら妙に積極的

恥ずかしいという気持ちがツンデレにさせるので人目がなければ関係なくなるタイプも多いです。

本当は彼氏のことがめちゃくちゃ大好きで、いつでもどこでも一緒にいたいくらいに考えていることがあります。

この場合、外では考えられないくらい自宅ではデレデレで甘い声も出すし人懐っこくじゃれてくるし、ちょっとでもスマホを見ようものならふてくされるしで、これはこれで大変です。

友達には彼氏の話しを滅多にしない

彼氏のことを話すこと全般を惚気話だと捉えているので自ら彼氏のことをべらべらしゃべったりするタイプではありません。

それに、彼氏の魅力は自分だけがわかっていればいいとも思っています。

彼氏のことが大好きだし魅力もたくさん知っているけど、それを誰かに話して彼氏の魅力に気づいては欲しくないという乙女心です。

それに、彼氏の話をするとそれを自分がどう思っているか、どんな接し方をしているのかまでバレてしまうのがたまらなく嫌なのです。

そんなことは彼氏と自分とだけがわかっていればいいじゃないか、つっこんでこないでくれよと考えるので、恋愛の話になると人のことは冷静になって聞きますが、自分のこととなると素早く逃げ出します。

彼氏が思う!ツンデレ彼女の魅力とは?

傾向を見るだけでもかなり可愛い部分が見られましたが、彼氏から見るとさらに可愛い魅力が満載です。

キュンキュンすること間違いなしなツンデレ彼女の魅力を12個ご紹介します。

今彼女がいない人は思わずツンデレ彼女を探したくなってしまうかもしれません。

1、ギャップがたまらない!

ツンデレはギャップ萌えの代表格。

いつもは強気なのに虫が出ると叫び声をあげてしがみついてくるなど、そんなやつおるんかと思えても現実に存在しているんですね。

急に女の子らしい部分が見れるとコロッと落ちてしまう男性が多いです。

萌えるギャップにも色々あります。

付き合うまでや友達がいるときはハンサムな格好をしているのにデートの時は可愛い服を着ている、いつもどこか不機嫌そうなのに笑顔がめちゃくちゃ可愛い、手をつなぐと「手を離して」という癖に全然つながないと拗ねる、手料理を褒めると「黙って食べなよ!」というのにまた好きなものを作ってくれるなど、挙げたらキリがないほど萌えポイントがちりばめられています。

女性のギャップ好きに萌える男性は約9割!

9割とはまたすごいですね。

自覚していなくても何かしら感じたことがあるということでしょう。

たしかにツンデレ以外のギャップも含めると、恋に落ちる瞬間はどれもギャップがある気がします。

たとえば、仕事がとってもできるキャリアウーマンタイプの女性が実は誰よりも女の子らしく家事能力に長けていたり、ほんわかしてそうに見えた女性がしっかりもので頼りになったり、ギャルが礼儀正しかったりなどです。

ただ、ギャップで幻滅するということもあります。

清楚なファッションに身を包んでいるのにガサツ、言葉づかいが丁寧なのに食べ方が汚い、普段はポジティブなことばかり言っているのにお酒に酔うと悪口ばかりなど、良いイメージが先行しているのに悪い所があるとショックが大きいです。

これは普段からまじめな人がハメを外すのがNGなのに不良がちょっと良いことをすると評価される構造に似ています。

2、自分にしか見せない表情がある


ツンデレの彼女はデレを見せる人が限られていて、家族か恋人くらいしかその表情を知りません。

人前ではツンツンキリキリしているくせに、寝起きがふにゃふにゃで可愛いとか、比喩的ですが嬉しいことがあったときに尻尾を振っているのがわかるような仕草を見せるとか、照れ隠しを必死にしようとしていても目がキラキラして頬が赤くなって口角まで上がっちゃっているのは可愛くてしかたがないです。

本人はバレてないと思っている、隠し切れていると思い込んでいるのがまた魅力ある部分といえます。

優越感にひたれる

自分以外誰も知らない彼女の表情というのは一種の優越感を与えてくれます。

誰にでも笑顔を振りまく女性より、ツンデレの方が彼女にとって自分が特別な存在であることが実感しやすく独占欲が満たされます。

3、不器用な性格が放っておけない

最初こそ扱いに困っても微妙な表情の変化や嬉しい時の態度がわかってくると、彼女のことを理解できるのは自分だけ、助けてあげなきゃと思うようになります。

精一杯強がっているけど本当はしたいことがいっぱいあったり発言に後悔していることがわかるからです。

本当に強い人は強がったりはしません。

弱いところを見せても本質的には負けないという自信があるため、あけっぴろげな姿勢になります。

一方、本当は弱い人こそ強がるもので、これは小型犬の方がキャンキャン吠えるのと同じです。

言ってみればツンデレの彼女は小型犬なので優しく扱ってあげなければいけません。

また、扱い方をわかってくれる男性といるとツンデレ彼女は安心します。

自分できついことを言っているくせに後悔しまくっているので「大丈夫、わかってるよ」と理解してなだめてくれる大人の男性が大好きです。

彼氏になればだんだんとこのことがわかってきますから、彼女の笑顔を見る機会が増えてますますハマっていくでしょう。

しょうがないなと許してしまう

ツンデレ彼女の彼氏になる人は、彼氏であり良き父のような存在になりがちです。

ツンツンされても「今日もわんぱくだな~」と微笑ましく思えるようになり、笑顔が多いと「ごきげんだな~」と嬉しく思えたりします。

そうしているうちに大概のことは「しょうがないなぁ」と笑って許せるようになります。

ツンデレ彼女のツンツン行動は、試し行動みたいなもので、どこまでやっても愛してくれるか不安であれこれやっているだけだったり、照れ隠しなだけなので、根本的に彼氏を傷つけたい、迷惑をかけて困らせたいという思いではありません。

それが理解できれば大人の対応で乗り切れるはずです。

何度も記載している通り、ツンデレ彼女は彼氏が大好きなので、あんまりひどいことを言ったりやったりしたときには「そういうのはダメだよ」と言ってあげれば素直に聞きます。

4、気まぐれなところがいい


彼氏が可愛がってくれることがわかるとツンデレ彼女は気まぐれな言動が多くなります。

ツンデレになる女性は長女あるいは長女的に振舞わなければならなかった幼少期を過ごしていることが多いです。

弟や妹、病気がちな姉や兄の世話で大変な親を気遣って、自分の欲望を抑えていた節があります。

そうして色んなことを我慢しているうちに感情表現が下手になってしまった結果がツンデレです。

そんな彼女が無条件に愛してくれる彼氏をみつけると、子供らしく振舞えなかった幼少期を取り戻すように甘え始めます。

素直に思ったことを言い、やりたいことをやって、気まぐれに彼氏を巻き込みます。

でもその時は本当に楽しそうな顔をしていて、無邪気に笑っているので可愛いと思う男性は多いでしょう。

自分にだけ心を許して自由に振舞っているという特別感もたまりません。

5、ミステリアスな部分に惹かれる

付き合いが長くなればとてもわかりやすい性格のツンデレ彼女ですが、付き合い始めはとてもミステリアスで攻略のし甲斐があります。

どうやったら心を開いてくれるのか、何が好きで何が嫌いかなどを分析していくのは楽しい作業です。

そういったことがわからないうちから付き合うという時点で何かしらの魅力を彼女に感じているということです。

それ以降は開拓していくたびに魅力がどんどん見つかっていくので、関係がマンネリ化しづらいというメリットもあります。

何を考えているかわからない女性は追っかけたくなる

ツンデレではない彼女なら、したいことも食べたいものも、嫌いなことも愛情も言葉でわかりやすく伝えてくれます。

しかし、ツンデレ彼女は彼氏が察することで理解を深めていく方法をとらなければなりません。

恋愛に発展しやすいのは言葉でわかりやすく伝える女性ですが、恋愛の長続きという点ではツンデレ彼女の方が上手くいきます。

わかりやすい女性を相手にすると安心感を得るまでの期間が短く、恋における安心感は年を経ればそれこそが幸せであることに気づきます。

しかし、まだ遊び盛りの若い人にとっては物足りないと感じる要因になります。

ある程度の恋愛経験を重ねない限り男性は追いかける恋愛を好む傾向があり、追っているうちは余裕がないので目移りしている暇がないというのが理由にあげられます。

6、実は恥ずかしがり屋

ツンデレの原因はほとんどが羞恥心です。

先ほども紹介した通り、ツンデレ彼女は長女であることが多いので「お姉ちゃんでしょ!」とたびたび言われることによって、誰よりも大人でなければならないと刷り込まれています。

しかし、子供が身に着ける大人らしさというのはとても偏っていて、本当の意味で大人になどなれるわけがなく、自分の心を押し殺すこと、他人の顔色を伺って正しいかどうかを判断することに注力するようになります。

そうなると、自分の感情を表に出すよりも先に正しい選択肢を選ぶゲームが延々と続く日常になっていきます。

間違った選択をすると恥ずかしいと思うようになり、また世間で言われるところのマナーや節度を重んじるようになります。

そのため、人前でキスやハグをすることはツンデレ彼女にとっては恥の極致であり、手をつないでいる姿すら他人の目が気になってしかたありません。

付き合いたてから甘えるのも、子供のころすら大して甘えてこなかったので、どの程度甘えていいものかもわかっていないし、甘えたことのない自分が甘えることで「イメージと違った」と言われて振られてしまうのではないかと不安に思っています。

強がっているのがバレバレ

頼りになる自分でいなければならない、勝手な行動をしてはならないという刷り込みは大人になっても消えることはありません。

しかし、大人の世界は子供の時以上に大変なことがいっぱいあって、本当はもう1人では抱えきれないくらい悩んだり戦ったりしています。

そんな時にできた彼氏というのはツンデレ彼女にとって心の支えです。

それでも好きになってくれた時の自分の姿が強がっている時だと思っているので、寄り掛かりたい気持ちを引っ込め、努めてサバサバ振舞おうとしたり、姉御肌を気取ったりします。

でもそんな強がりは長いこと一緒にいればすぐわかります。

「無理してるなぁ」と思うことが増えていき、嫌われたくないと頑張っている姿は可愛いと思えますが、時には頼ってほしい、相談してほしいと思うこともあります。

そんな時も、ただそばにいてあげるだけで安心したような顔をしてくれるので、また可愛いわけです。

7、意外と面倒見がいい

長女気質でツンデレの場合は面倒見がいいです。

意外な母性を発見してまたギャップ萌えすることもあるでしょう。

また、このポイントはツンデレなのか単に性格が悪いのかの見極めポイントでもあります。

よく「ツンデレ=気まぐれ」みたいに言われますがこれはちょっと違っていて、いわゆる猫タイプの女性は自分の欲望のままに好き勝手やり、相手が都合よく動いたときだけ「褒めてつかわす」という性格です。

女王様ともいえます。

それで、このタイプがきついことを言ったりヒドイ行動に出るときはガチで悪意があります。

面倒見なんていいわけがなく、たまに見せる優しさをギャップに感じるというのは、DV後に抱きしめられて感じる優しさと酷似していて洗脳に近いです。

素早く逃げるのが無難です。

一方、照れ隠しのツンデレ彼女はそういうものではないので、明らかに自分より弱い人、世話をしてあげなければいけない人に対してはとても優しく面倒を見ます。

その相手は自分が弱さを見せて不安にさせてはいけない弟や妹のようなもので、その人たちに対してきつい言動はとりません。

ツンデレ彼女がきついことを言ったり弱みを見せたりするのは、あくまでそれを許してくれる人、そのような自分を知られても壊れない関係性にある人だけですから、ここはよく見極めましょう。

8、一緒にいても飽きない

付き合えば付き合うほど心を開放していくツンデレ彼女は攻略しがいがあって飽きることがありません。

まだこんなドアがあったのか、という感じで新たな発見にあふれています。

ツンデレ彼女もまた心から落ち着ける彼氏に対して感謝の心を持っているので、一見辛辣なやりとりに見えても当人同士はすごく幸せというカップルになりやすいです。

よくSNSですぐ別れるカップルと長続きするカップルのLINE比較画像などがありますが、これが近いです。

たとえばすぐ別れるカップルのやりとりは「今何してる?」「○○くんのこと考えてた!」「俺も!」という脳から汁でも垂れてんのかなってくらい甘々なやりとりですが、ツンデレ彼女の場合は「今何してる?」に対して「うるせぇ」です。

ここまでひどくないにしても「寝てた」とか「何も」とか素っ気ない返信が多いでしょう。

一見全然ラブラブじゃないけれども、とても自然なやりとりだし重さが全くないので束縛を感じず気分よく付き合うことができます。

あるいはよくある台詞で綺麗な打ち上げ花火をみながら「お前の方が綺麗だよ」なんて男性がこっ恥ずかしいことをいってもすぐ別れそうなカップルなら「もう~~○○くんもかっこいいよっ」とか言うものですがツンデレ彼女はただ拳を打ちつけてきます。

むしろ可愛いです。

9、嘘が下手ですぐにバレる

ツンデレ彼女はとっても不器用なので一度心を許してしまった相手に対して再度閉ざすことがヘタクソです。

そのため、彼氏相手に嘘をつくことなんてできません。

彼氏でもない人に対しては相手を気遣って嘘も方便として使い分けられるのですが、それは完全に心のスイッチをオンにしているときだけで、仕事とかそんなに仲良くない人を相手にしている時に限られます。

彼氏に嘘をつこうものなら声はうわずり目が泳ぎ、顔を背けるなどするため非常にわかりやすいです。

面白いくらいヘタクソなのでおもわず笑ってしまうほどです。

そうすると赤面して殴ってくるのですが、ただの照れ隠しなので可愛さ満天です。

しかもつこうとした嘘自体、お腹が減ってるのに減ってないと言うとか、お金がないと言ってたのにケーキを買っちゃったとか、とってもくだらないものばかりです。

外見からはわからない素直さがある

ツンデレ彼女と付き合うと、しばらくすると尻尾がついているんじゃないかと思うほどに感情がわかりやすくなります。

装おうとしている顔や仕草が感情に全然追いついていなくて、とても素直だということがわかってきます。

「うるさい!ばか!死ね!」というあまりに辛辣な言葉でも全くそんなこと思ってないくせに、というのはすぐわかるし「死ねはだめでしょ」と注意するとシュンとして謝る姿など可愛いものがあります。

10、本当は一途

本当は、というか確実に一途です。

浮気みたいな態度は絶対にとりません。

強いていえば「あんたなんて全然好きじゃない」「仕方なく一緒にいてやってる」などと言うことはありますが彼氏以外の男性のことなんて少しも見ていません。

たまに強がって「私だってモテるんだから、あんたじゃなくてもいいんだからね」なんてことを言ってみるものの、自分がモテているかどうかがわかるくらい他の男性と接触することもまずないし、そもそも彼氏がいる女性に近寄ってくるような男性のことを信用してもいないので浮気の疑いはほぼ0です。

ところが、ツンデレに見えてツンデレじゃないタイプの女性は浮気性です。

先ほどの女王様タイプとはまた違って、ツンデレじゃないくせにツンデレキャラを演じている最強小悪魔女子という生き物が世の中にはいます。

こいつは浮気をします。

この生き物にとってツンデレはモテるための手段にすぎず、ツンデレが好きそうな男を落とすためになりきっているだけなので、次のターゲットとなる男性の前ではキャピキャピ系女子にもお姉さん系女子にも素早くキャラ変更をします。

間違えないようにしましょう。

付き合っている期間が長い

ツンデレ彼女を攻略したいという男性の欲望と、心を開いて安心を得たいというツンデレ彼女の思いは一致しやすいので付き合う期間は長くなる傾向があります。

お互いに一途に想い合うために自然とこの関係が成立するわけです。

また、ツンデレ彼女が限りなく心を開いて甘えだす頃にはもう2人とも、どちらかが欠けている日常が考えられないくらい一緒にいるので結婚までいく可能性はとても高いです。

そして、どんなに心を開いてもそれを見せるのは家の中だけなので、夫婦になってもデートで人目があれば恥じらいを感じる少女らしい可愛さを持続して楽しむことができます。

11、表情がわかりやすい

彼氏に対して嘘をつけないのと同じように表情を取り繕うのもヘタクソになるのでとてもわかりやすいです。

ツンデレ彼女も子供ではないので大人としての社会活動の中では、嫌な客にも笑顔で接することもできれば後輩を叱るときに厳しい表情にすることもできますが、彼氏に対しては照れ隠しすら表情が崩れてしまいます。

彼女の表情が豊かになったなと思えたら、それは心を許してくれたという証です。

達成感もありますし、まだ見ぬ表情があるかもしれないと思えるのでこれからの付き合いにも期待大です。

また、ツンデレ彼女自身、自分がこんなに表情が豊かだったんだということがわかって驚いている場合もあります。

今まで押し殺そう、隠し通そうとしていた感情が表に出ることによって、それまで感じていた閉塞感もなくなり、ずっと生きやすくなるので性格が少しずつ温和になるなどの変化もみられます。

繊細で愛情豊か

もともと心の奥底では繊細な感情が渦巻いており、誰よりも深く後悔したりしています。

そのため、自分の心と向き合っている時間は他の人よりも長く、熟成されている状態です。

それを表に出せなかったので上手いこといっていなかっただけで、彼氏の存在によって引っ張り出されるようになると、とても愛情豊かで繊細な側面を見せてくれます。

繊細だからこそ臆病になり感情表現を露骨にできていないということを、しっかりわかってあげられる彼氏ならツンデレ彼女が隠している深い愛情に気付くことができるでしょう。

そして、その愛情はとても純粋なものなので彼氏のことを癒してくれるはずです。

12、たまに甘えてくるのがたまらない!

ツンデレの良さはここに凝縮されています。

付き合いの過程で甘えてくれるようになればもう彼氏にぞっこんの状態で、甘えた声もだせば抱き着いてくることもあるし、人通りが少なければ手をつなぐことをねだったり、褒めてもらおうと一生懸命頑張ったりします。

子供っぽい甘え方も多々ありますが、どれも「好き」が存分に伝わってくるものばかりで思わず甘やかしてしまいたくなる可愛らしさです。

絶対他の男になんか譲ってやりたくないと感じますし、ここまで攻略できたんだという達成感もたまりません。

ところがどっこい、これに気をよくして「こいつはもう俺から離れることはないから遊んでやるぞ」と考えるのは大間違いです。

ツンデレ彼女は心を開いたらわりと開きっぱなしになるのですが、それは相手を信頼しきっているからです。

それなのに相手が不義理行ったとなれば急速に全てのドアを閉め始めます。

また1からやり直しどころか、ズバッと「サヨナラ」を言われておしまいです。

しかも、その裏切りは彼女にとってトラウマにもなりかねず、あまりにヒドイので浮気は絶対しないであげてください。

ツンデレ彼女って最高!

大事にすればするだけ可愛くなっていくツンデレ彼女は最高です。

一見ややこしそうでも、こんなにも純粋でわかりやすい女性はいません。

自分だけが気づける彼女の表情などで独占欲も存分に満たされます。

また、ツンデレ彼女の心の開き度合で2人の歴史も感じられますし、信頼が手にとるようにわかることは喜びを与えてくれるでしょう。

付き合い出してからもラブラブになるまでは少し時間がかかりますが、その後に待っているのはどんなカップルにも負けない幸せな毎日ですから、ツンデレ彼女にじっくり向き合ってみましょう。