CoCoSiA(ココシア)

タンクトップの女子ウケと男子ウケはどう?気になる気持ちを解説します


ファッションに関して関心が高いのは比較的女性の方が多いですが、最近では男性でもある程度ファッションに関して意識が高い人が多いです。

たくさんのお洒落なブランドが存在するという事もそうですが、外見が人に与える影響力の高さもあり、身だしなみを整える事で社会的な信頼にも繋がるからです。

人は第一印象がとても大事であり、第一印象は大体10秒程度で決まると言われています。

なので、言葉を交わす前から判断できる要素であるファッションは当然磨いておくに越したことはありません。

外見から得られる好印象が後々のコミュニケーションを取る上で良い効果を与える事もあるので、人間関係にまでその影響は及んでくるからです。

しかしながら、ファッションの難しい所は相手からの評価が人によって違うという事です。

同性からはいいねと言われても、異性からはあまり良い目で見られない場合などもあります。

今回はそんな賛否両論別れやすいファッションアイテムであるタンクトップについてご紹介します。

ファッションでタンクトップを愛用している人や、時々タンクトップを着ているという方には必見の内容です。

タンクトップはもう古いの?

普段からファッションの中にタンクトップを取り入れてる方はタンクトップを着ていることに関して、特に抵抗も感じていない方が多いと思います。

特に夏場などの暑い時期に関しては男性はタンクトップ1枚で外に出たりする人も時々見受けられます。

タンクトップが廃れているというわけではありませんが、タンクトップ1枚でのファッションコーディネートにかけるのは年々減ってきている様に感じます。

どちらかと言えばタンクトップ1枚よりもその上にシャツを羽織ったりTシャツを着たりなど重ねて着る場合が多くなっています。

タンクトップに関してはかなり賛否両論が分かれるアイテムでもありますので、ある程度周りからの視線を考えている方は1枚では出かけないという暗黙のルールを感じています。

しかしながらタンクトップが古くなっているのかと言われればそうではなく、古くなっていると感じるのは、コーディネートの仕方や使用頻度が少なくなっているからこそ古いと一方的に感じられるだけです。

着こなし方次第で生かすも殺すも自分次第なので、古くなっているという事ではありません。

タンクトップとは?

そもそも普段からタンクトップを着ない方やファッションに関して疎い方にとっては、タンクトップという言葉がどんな衣類を指し示している言葉なのか定義がわからない方もいると思います。

タンクトップが周りの人に与える印象をご紹介する前にまずはタンクトップという衣類がどういうものなのか簡単にご紹介をしていきたいと思います。

ファッションに関して疎い人はこの機会にちょっとずつファッションを勉強するきっかけづくりとして、まずはタンクトップの意味を理解していきましょう。

名前の由来

まずタンクトップの名前の由来ですがタンクトップは20世紀初頭の競泳用水着でやるタンクスーツの上部、いわばトップの部分に似ている事からタンクトップという名前が命名されました。

元々タンクと言う言葉は水やガスなどを溜めるものを意味している言葉であり、タンクスーツと言う名前のタンクはプールのことを指し示している言葉です。

なのでその意味を含めてタンクするという言葉がプールの中におけるスール、つまり競泳用水着という意味を持ち合わせています。

競泳用水着に関しては学校のプールなどで見かけたことがあったり、テレビなどでオリンピックの中継などで水泳選手が身につけているのを見かけたことがあると思いますので想像するのが難しくないと思います。

形の特徴


タンクトップの名前の由来が20世紀初頭の競泳用水着であるということを理解いただいたところでタンクトップの形に特徴ついてご紹介します。

競泳用水着の上の部分を想像してみればある程度形はわかるかと思いますが、その他にも細い定期であったり特徴などは存在していますので、改めてタンクトップの形の特徴についてそれぞれ項目別にご紹介していきます。

1.袖が無い

まずはじめにご紹介するタンクトップの形の特徴は袖がないということです。

タンクトップの形状は先ほどご紹介したように競泳用水着の上の部分に似ていることから名づけられているので、当然水の中で泳ぐ競技なのでそれがあれば邪魔になるのでそれはカットされています。

水泳は自分の腕を大きく動かして自分の体を移動させるために水をかきだす動作を行う必要があるので、袖をなくしています。

なので競泳用水着の上の部分をそのまま考えてみるとそれがないことは想像着くと思います。

逆を言えば袖が有るか無いかによってその服の事をタンクトップと呼んでいる方も多いと思います。

しかしながら袖がない服のことはノースリーブと呼んだりするので若干ながら細い差があるので、その点は注意が必要です。

2.襟が無い

次にご紹介するタンクトップの形の特徴は襟がないということです。

競泳用水着の先ほどの例を考えてみたらわかる通り、当然ながらプールの中で泳ぐのに襟があれば邪魔になってしまうので襟はありませんよね。

なので、そのままの形を考えると競泳用水着のようなUの字のネックを想像される方も多いと思います。

タンクトップに関してはある程度前面部がぱっくりと空いているタイプの物が多いので、Uの字が綺麗に映えます。

タンクトップに関しては女性が着たりする女性用タンクトップは、ある程度デザインが特殊なものがあったりしてバリエーション豊かなのですが、男性が着ているタンクトップに関しては全て同じ様な形で存在しています。

しかし、広く一般的には男性が着ているタンクトップを基準として考える方も多いと思います。

3.シンプル

次にご紹介するタンクトップの形の特徴はシンプルであるということです。

実際に販売されているタンクトップを見かけたことがある方はわかると思いますがとにかくシンプルです。

世の中には様々な衣服が存在していますが、タンクトップに関しては形自体もどこのブランドでもそこまで大きく変わることはありませんし、タンクトップ自体の形がシンプルめなものが多いので、シンプルな印象を与えることが多いです。

カラーに関してもホワイトやブラックやネイビーなど、ある程度単色の色使いを用いられている場合が多いので、ごちゃごちゃしていない印象を与えることが出来るアイテムです。

そもそも形自体もシンプルなので、その点も相まってよりシンプルな印象のアイテムとして印象づくられます。