あなたは目が笑っていないと言われたことはありませんか?

自分ではあまり気にならないのに、良く目が笑ってないねと言われている場合、やはり気になってしまいますよね。

そこで目が笑っていない人の特徴や例えばこんな有名人は目が笑っていないという情報をご守海しますので、是非ご自分と照らし合わせてみてください。

また、目が笑っていないという事が相手に与えてしまう影響や目が笑っていると思ってもらえる練習法なども合わせてご紹介いたします。

参考にしてみてください。

目が笑ってない人の特徴

まずは目が笑っていない人の特徴です。

目が笑っていない人はどのような特徴、共通点があるのでしょうか。

基本的に目が死んでいる

目が笑っていない人は目が死んでいます。

目が死んでいるとは、死んでしまっているかのように覇気がないという意味です。

生気や輝きも感じられず、目が濁っていたり力が無いのです。

原因としては、疲れていたり気持ちが沈みがちだと、まぶたが降りがちになってしまいます。

するとひとみはまぶたの陰になってしまうため、目が真っ黒に見え力が無く死んだような目に見えてしまうのです。

また、うつむきがちだと黒目に光が反射せず黒目が協調され死んでいるような力のない目になってしまいます。

笑う表情が一定


目が笑っていないと良く言われる人は、笑う表情が一定であることが多いのです。

笑う表情が一定と言う事は、目が心から笑ったときの形になっていないのです。

本当に心から笑っているときの目の形は三日月型になるものです。

目尻も下がります。

しかし、目が笑っていないと言われる人は口元だけの形が変わり、目の形が変わらないのです。

そのため目が笑っていない、作り笑いだと言われたり感じられてしまいます。

口元だけニヤリとしている

口元だけがニヤリとしてしまっている状態も、目が笑っていないと言われてしまう原因です。

こちらも笑う表情が一定という事と似ている部分がありますが、いくら口元をにこっとさせたところで、目の形が変わっていなければ、笑っているようには見えないのです。

不気味な笑いに見えてしまいますよ。

またニヤリとしているときは口角が上がり切っていない為、顔全体が引きつり不自然に見えてしまうのですね。

目を開いたまま笑っている

目を開いたまま笑っているのも不自然で、目が笑っていないと思われるでしょう。

いくら大笑いをしたところで、通常大きく笑ったときは目がクシャッとなるのにも関わらず、目が開いているままだと、心から笑っているようには見えません。

目の奥に闇が感じられる

目の奥に闇が感じられると思われる原因としては、作り笑いをしていることが原因です。

本当に笑っているように見えないことが、闇を抱えていると連想させてしまいます。

笑っていないように見えることでやみを感じると思われるのですね。

顎が上がっている

顎は姿勢が猫背になってしまっていると上がってしまいます。

前に出るという表現のほうが分かりやすいかもしれません。

猫背になることでアゴが上がり、まぶたが瞳に覆いかぶさって見える部分が多くなり、目が笑っていない、目が暗く見えてしまうのです。

逆に姿勢が良く、顎が引かれていると瞳が大きく見え、目が輝いているように見えます。

より良い表情を撮るために集合写真などを撮影されるときに「顎を引いてください」と言われるのですね。

姿勢が猫背になると顎が上がりますし、姿勢を良くすると顎が下がりますので試してみてください。

口と目が同時に動いて笑う

実は人間は自然と目が先に笑ったり、口が先に笑ってしまうことがあるのです。

目が先に三日月型になってきて口元が笑い出す、口元が緩みだしてから目が三日月形になるというように、微妙なずれが生じるのです。

しかし、どちらか一方が形を変えなかったり、口元と目が同時に動くときは作り笑いであると言えます。

そしてそれは人間は自然と作り笑いかどうかという事を本能的に判断できるため、目と口が同時に動いているという事を本能的に見極めているのです。

という事は作り笑いは見破られてしまっているという事ですね。

不自然な時に笑ったりする


特に笑どころもなく、笑う場面でもない時に不意に笑ったときに怪しいなと思われますし、そういう時は笑いをこらえようとしていたり、口だけがニヤリとしてしまうため、目が笑っていない、何か企んでいるのか、怪しいことを考えている、しているのかなどと思われてしまいますね。

深く話を聞いてない

深く話を聞いていない時は、その話に興味を示していない為、目が死んでいるように見えます。

好きな人や興味の話をされると、人間は瞳孔が開き目が大きく見開き輝いているように見えるのです。

しかし、興味のない話や興味を示していないような深く話を聞いていないと、瞳孔が開くことが無く、目が死んでいる、目が笑っていない、暗い目線に見えてしまいます。

また、話を聞きながら無意識に他の事を考えていたり、その考え事が辛い出来事の場合も目が笑えていないかもしれませんね。

目が笑ってない有名人

目が笑っていないという人がどんな状態なのか、目が笑っていない有名人を代表としてあげますので、確認してみてください。

堀北真希

堀北真希さんは目が笑っていないと良く言われていますね。

実は目が笑っていない芸能人ランキング1位になったことも・・・。

お人形さんのような大きな瞳が特徴ですね。

なぜ目が笑ていないと思われやすいかという理由ですが、目があまり動かないからでしょう。

演技中でも目が笑っていないと言われてしまうほどです。

喜怒哀楽が無さそう、バラエティに出ているときも笑っていないと言われます。

しかし、人気は高く人気女優でしたが、惜しむ声の中俳優山本耕史さんとの結婚を機に芸能界引退となってしまいましたね。

10代最後の大冒険!ヨーロッパ3か国自転車200キロの旅と言う堀北真希さんのDVDではよく笑っていたという事で、ファンの中では昔は良く笑っていたのに、どんどん目が死んでいった。

芸能界で何か深い傷がついたのではないかなどと言う憶測も飛び交っています。

現在は一児の母となった堀北真希さんですので、優しい瞳がむけられている女性になっているのではないでしょうか。

三船美佳

目が笑っていないランキング第2位は三船美佳さんでした。

もともと歳の差婚だった髙橋ジョージさんとは、おしどり夫婦として幸せそうな三船美佳さんでしたね。

しかし、急に離婚の話題が出て、離婚し一時来TVなどでもかなり取り上げられていました。

そんな三船美佳さんの笑顔は業務用笑顔だと言われてしまっています。

本気で笑っていないような気がする、ワザとらしい、仮面笑顔だ、笑顔しか見せず笑顔が嘘っぽい、業務用笑顔での優等生発言に虫唾が走ってしまうなどと言う意見もあります。

本当にいつも笑顔な明るい方なのかもしれませんが、離婚した時も笑顔でTVに出演していたため、悲しんだり怒ったりする表情が無いことで、より業務用笑顔と言われるようになったのでしょう。

上重聡

上重聡さんは日本テレビのアナウンサーですね。

スッキリで司会を務めていたものの、降板となってしまいました。

理由はあまりに話さないからだったとか・・・。

その後お昼の番組ヒルナンデスの司会に抜擢されたものの、抜擢後初の放送では自虐ネタ「こんな私を拾ってくれてありがとうございます」などと挨拶しました。

それもそのはず、有力スポンサーから無利息で巨額融資をしてもらったり、超高級車を譲り受けていたという情報が出回り、非難されていたからです。

無利息・無期限でお金を貸すという事が許されているのなら贈与税などが無いという事になってしまうし、脱税しているのではないかと言う疑惑もあがっています。

法律に関わることだ、逮捕されてもおかしくない、今後メディアにどう顔向けするんだなどとも言われていますね。

実際どうだったのか分りませんが、世間のイメージは大きく変わりましたね。

その一件もあったことで、世間からは胡散臭い、被害者面するな、笑顔がひきつっているなどと言われています。

うすら笑顔を浮かべているのに目が笑っていなくて違和感がある、不自然などとも言われています。

仕事仲間である芸能人やアナウンサーなどからも、心を入れ替えて頑張るしかない、自分が下悪いことを理解していない、世間知らずだ、などと厳しい意見もあります。

今後上重聡さんが心を入れ替えて頑張ってくれると良いですね。

また、自分がしたことの重大さに気づいた上重さんの心も少し心配ですね。

心から笑える日が来ると良いと思います。

有吉弘行

有吉弘行さんは目が笑っていない芸能人ランキング5位でした。

実は目が笑っていない人ランキングは有吉さんとマツコデラックスさんが視聴者の悩みに答えるというマツコ&有吉の怒り新党という番組で放送されたのです。

有吉さんは自分がランクインしていたことに対して若干ムスッとし、「わかる。今までの積み重ねだからね。細菌は心無いとまで言われる」とコメントしました。

それに対してマツコデラックスさんのフォローが入り、「ちがうんだよ。この人は本当の心を出したら傷ついてしまう。本当はやさしいんだぞ」と言ってもらっていました。

有吉さんはTV出演中は毒舌なコメントを吐き、毒舌、心ないなどと言われていますが、実は舞台裏、楽屋などではしっかりと挨拶をして律儀だという噂もあるのです。

あんなにも毒舌なことを吐いても共演者からNGが出なかったり、機嫌を損ねることが無いという事は、陰では人一倍気を遣い、優しい人なのかもしれませんね。

その結果、自分の気持ちを押し殺すこともあってか、目が笑っていないように見えるのかもしれませんね。

中居正広

中居正広さんも、目が笑っていないと言われます。

よく笑っているイメージですが、目は笑っていないように見えるのですね。

元々日本を代表する人気アイドルグループSMAPのリーダーとして活躍していました。

アイドル業に留まらず、司会業、プロデュースなどの面でも活躍し確固たる地位を築いている方です。

元ヤンキーと言う説もあり、実は内心ではキレているのではという意見もありますが、これほど大きく活躍している中居さんですし、グループをまとめるリーダーとしても活躍している方なので、そう簡単に普段からキレるという事はないのではないでしょうか。

中居さんは目が大きいので、笑っていてもあまり目が三日月型にならず見開いているため、笑っていないように見えてしまうのでしょう。

しかし、グループ解散について様々な憶測も混ざった情報が行きかっていますが、本人はグループ愛が強く、解散したくなかったのでは?という事からも、それ以来闇を抱え、目が笑っていないのではとも言われていますね。

香取慎吾

香取慎吾さんは中居さんと同じく日本を代表する人気アイドルグループの一員でしたが、解散いらい目笑っていないどころか笑顔も少なくなっていると言われています。

なにか闇を抱えているのではないかなどという憶測が飛び交います。

もしかしたら思い過ごしかもしれませんが、グループ解散の原因が何か闇の原因となっているのかもしれませんね。

石塚英彦

いつも笑顔なのになぜか嘘くさい、危険なにおいがするなどと言われています。

目が笑っていない、腹の中では何を考えているかわからないなどとも言われていますね。

他にもこのような方が・・・

みのもんた・宮根誠司・村本大輔さんなども目が笑っていないと言われています。

目が笑ってない人のデメリット

では目が笑っていないという事で、どのようなデメリットが考えられるのでしょうか。

実は損してしまっているかもしれませんよ。

本当に笑っているように見えない

不自然な笑顔、ひきつっている笑顔は本当に笑っているように見えません。

その為、この人何か闇を抱えているのかな、本当はこの人に嫌われているのかななどと思われてしまいます。

また、話が面白くないのに笑っているのではないかと気を遣わせてしまうこともあります。

怖いなと思われてしまうこともあるでしょう。

一緒にいても心から楽しめない

本当に笑っていない、目が笑っていないという人は、一緒に居ても心から楽しめないと思われてしまいます。

相手は自分が楽しい時に、相手も楽しめているかなと気にするはずです。

そんな時笑顔が不自然だと楽しめていないのではないか、無理に笑っているのではないかと相手を心配させてしまい、相手も心から楽しむことが出来なくなってしまいます。

また、楽しませたい、喜んでほしいと思って準備したり頑張っても、不自然な笑顔、目が笑ってい無いのに笑っていると、本当は楽しくもなければうれしくもない、よろこんでいないのだなと相手をがっかりさせてしまうこともあるのです。

その結果、相手に気を遣わせてしまうことにもなります。

気を遣って笑ってくれているのだなと思われてしまうので、相手も気を使わせないようにと気を遣ってしまい、お互いに付き合っていると疲れる関係にもなってしまいますね。

悲しい顔でもそう見えない

悲しい顔をしていても、普段から目が笑っていないと、本当に悲しいのかな、本当はどう思っているのだろうと気持ちが読めなくなってしまいます。

悲しい顔をしていてもいつも悲しそうだから大丈夫かなと思われてしまったり、逆に本当に笑っていても実は悲しいのかなと思われてしまいます。

気持ちが読めない人になるのですね。

なんとなく信用できない

目が笑っていない人はなんとなく信用できないと思われてしまいます。

笑っていても笑っていないように見えて疑わしい、悲しいそうなのに笑っている、怒っていそうなのに笑っていると、どんなことを考えているのか分らなくさせてしまうのです。

そのため、どんなことを考えているのか分らない為、信用することが出来なくなってしまうのですね。

一度信用されなくなってしまうと、信用、信頼を取り戻す事はかなり難しくなってしまいます。

裏表がありそう

目が笑っていないと、裏表がありそうだと思われてしまう事もあります。

本心が読み取れない、普段何を考えているかわからない、本心を笑顔で塗り隠そうとしてるように見えるので、表では笑顔でいい人でも、裏では何を考えているかわからないなと不安に思われてしまうのです。

その結果、対人関係では壁ができ、心を開いて接することが出来る人が居なくなってしまいます。

親しみを持ちにくい、とっつきにくいと思われてしまうこともありますね。

人と深く仲良くなるという事が出来ていないのではないでしょうか。

目が笑っていない人の心理は

目が笑っていない人の心理があります。

しかし、それは自分でも気づいているかもしれませんね。

本当は笑いたくない

本当は笑いたくない気分、笑えない日も周囲の人に心配をかけないように、気づかれないように無理して笑っていませんか?

場の雰囲気を壊さないようにと無理していることもあるでしょう。

時に社会を生き抜くために本心を隠して笑顔を見せることが大切な事もありますが、この状態が長く続いてしまうと、クセになってしまったり、どんどんひきつった笑顔がこびりついてしまいます。

気を許す相手、普段長い時間過ごす仲間の前ではラフにいられるようになると良いですね。

身体的に疲れている

人間は体が疲れていると心まで連動し疲れてしまいます。

しかし、身体と心が疲れているときは笑顔も不自然になってしまいます。

疲れを感じさせたくないのであれば、その場、その人から距離を置くというのも一つの手段ですので、復活するまでは自分だけの時間、空間をとり、疲れが取れてからまた笑顔で接すると良いですね。

本当は心が泣いている

人間生きていれば、何かしら悲しいこと悔しいこと辛いことがあるでしょう。

そんな時、無理に笑っていても見ている人には無理している笑顔だと気づかれてしまいますよ。

弱みを見せることを恥じていたり、弱音を吐かないでしまう事はとても素晴らしいことですが、時に弱音を吐いて弱みを見せないと、我慢しっぱなしではあなたが困憊してしまいます。

気を付けて下さい。

自然な笑顔を意識しすぎている

目が笑っていない、笑顔が不自然だと良く言われる人は、自分の笑顔に対して直さなければという気持ちが強くなり、自然な笑顔を意識して見せようとしている場合が多いですね。

こだわり過ぎると疲れてしまいますし、逆に不自然に見えてしまいます。

あまり気にせず心もままに笑ってみましょう。

相手に心を開いていない

相手に対して不信感があったり、相手に対して嫌悪感があると、笑顔が不自然になってしまいます。

自分から壁を作ってしまっていたり、拒絶感が出てしまっているのでしょう。

これは自然な反応です。

問題ありません。

しょうがないと言えます。

相手に対してはそのまま現状維持で大丈夫でしょう。

目が笑ってないと言われないためには

では目が笑っていないと良く言われてしまう人はどうしたら良いのでしょうか。

自分で気づいたとしても、自然と目が笑えていない笑顔になってしまっているので、治しようがないと困ってしまいます。

そこで相手に目も笑っている、心から笑っていると思われるようにするためには、努力次第で一気に変わります。

心から笑っているように見える笑顔ができます。

というより自然といい笑顔がこぼれるようになるでしょう。

是非参考にしてみてくださいね。

目を細めて笑う

まず目が笑っていないと言われてしまう人は、目が動いていない、目が見開いてしまっているという場合が多いのです。

また、目が大きいと可愛いという風潮があることからも笑うときも目が大きく見えるように見開いている可能性もありますね。

しかし、笑う時に目を細めるようにするだけで、一気に自然な笑顔に見えるようになりますよ。

最初は自分でも違和感があったり、相手にも違和感が伝わってしまうかもしれませんが、どんどんその笑顔が定着してきます。

笑ったときに目が細まっているかという事を鏡を見て確認し、目を細めた笑顔も鏡を見て行ってみてください。

自分が思っているよりも目は細まっていないことが多いのです。

結構オーバーに細めて良いですよ。

また、目を細めるほどの大笑いではないという場合は、目を三日月形にするように意識すると良いですよ。

瞳が見えないようにしてしまうと良いでしょう。

目の筋トレ

目に余分な脂肪がついてしまっていると、まぶたが落ち瞳がしっかりと見えないので、生き生きとした笑顔、明るい表情が台無しになってしまいます。

その為、目の筋トレをして無駄な脂肪は落としてしまいましょう。

筋トレをすることでむくみもなくなり、たるみも改善できるので、明るく自然な笑顔に近づきますよ。

目にある上眼瞼挙筋と言う部分を鍛えます。

鍛え方としては、まずは人差し指で眉を抑えます。

そして親指で頬骨を抑えましょう。

その状態で目をゆっくりと閉じてください。

この時眉を上げるように気を付けるとより効果的です。

瞳の上の部分が伸びているような感じがしますよ。

その状態を3秒間キープし、ゆっくりともとに戻せば完了です。

これを一日数回するだけで、どんどん目の重みが無くなりすっきりとした明るい目になります。

他にも目をぎゅっと閉じたりパッと大きく見開くというのを繰り返すのも良いですよ。

眉のトレーニング

眉もトレーニングしましょう。

眉を動かしてトレーニングすることで、目の眼輪筋と言う部分が鍛えられ、表情が豊かになり目も笑っている人になれますよ。

眉のトレーニング方法は、人差し指を両方の眉の上に置き、そのまま眉をゆっくりと押し上げるようにします。

そのまま人差し指は眉の動きを抑え、眉はそれに反抗するように上にあげます。

上げた状態で5秒間保ちもとにゆっくりと戻したら完了です。

こちらも一日数回好きな時に行いましょう。

テレビを見ながらなどでもできてしまいますね。

口角のトレーニング

口角が上がり切らないと不自然でくらい笑顔になってしまいます。

口角が自然と普段から上がり着るようにトレーニングをしましょう。

割りばしを前歯ではさみ、そのまま両側の口角をゆっくり上げましょう。

しっかりと上がり切ったら30秒キープします。

そのまま口角をゆっくりと下げ、上げたり下げたりを繰り返してください。

すると口角の周りの筋肉が鍛えられ、きりっとしっかりと口角が上がるようになります。

しかし、このトレーニングはやり方を間違えてしまうと上手く鍛えることはできません。

左右対称にしっかりと上がっていなければ意味が無いのです。

鏡を見ながら左右対称にあがるようにきを付けて行いましょう。

表情を豊かにする

表情を豊かにするためにはもちろん表情筋を鍛えるための目の筋トレや眉・口角のトレーニングももちろん大切です。

しかし、表情を豊かにするためにはそれだけでは少し足りません。

表情はやはり心とも通結しています。

心も豊かにしてあげなければいけないのです。

そのためには、心から楽しいなと思えることをたくさんしましょう。

自分が楽しいと思えることで良いのです。

また、綺麗だと感じるものを見たりするのも良いですね。

心から楽しんだり綺麗だなと思えることを見ることで、当然も自然と輝き自然と笑えるようになります。

自然と心から笑えることをたくさんしてみてくださいね。

作り笑いを減らす

作り笑いを減らしましょう。

作り笑いは自然な笑顔を消してしまいます。

頭で考えて笑う事を辞めてください。

何も考えず笑うのです。

特に意識せずに笑いたい時に笑えば良いのです。

意識しすぎたり考えすぎることはいい笑顔を台無しにしてしまいます。

自然な笑顔は小さい頃はできていたはずです。

逆に作り笑いは小さい頃はできなかったはずです。

だからこそ今の作り笑いばっかりだ、目が笑っていないという人も必ず自然な笑顔を持っています。

意識しなくても自然に笑えるはずなのです。

しかし、大人になると共に心配ごとや悩み事もたくさん増えたはずです。

解決することが第一優先ではあるものの、時にすべてを忘れて笑うということも良いことですよ。

笑った後すぐ真顔にならない

笑った後すぐ真顔になるのはやめましょう。

真顔になってしまうと相手に作り笑いではないか、本当は笑っていないのではないかと思われてしまいます。

笑った後にすぐ真顔になってしまう原因としては、自然と笑顔から真顔になってしまうケースと、自分で制御して笑顔から真顔に強制している場合があります。

自然と笑顔から真顔になってしまっている場合、作り笑いだから本心が出て真顔になってしまったり、すぐに真顔になるという癖がついているのです。

逆に自分から笑顔から真顔になってしまっている人は、笑い終えるタイミングが分らず、早まってしまっているという事が考えられます。

どちらにせよ、笑顔から真顔にするタイミングを変えてみましょう。

笑った後は少し笑顔の余韻を残しておくと良いですよ。

笑うとき意識しすぎない

何度も言ってしまっていますが、笑うときは意識をしすぎないようにしましょう。

意識しすぎると笑顔は凝り固まってしまいます。

人と接する事だけでも人間は疲れを感じるのに、笑顔を意識すればより疲れてしまいます。

相手のための笑顔と考えるのではなく、自分の為の笑顔だと考えるという事を提案します。

自分の為に笑ってみてください。

自分の気持ちを表現するために、自分が笑いたい時に笑いたいから笑うで良いのです。

自分のために笑っていても、周囲の人には笑顔が素敵な人だと感じられますよ。

いつも笑顔でいいね。

笑顔が素敵だねなどと言われることが多くなるでしょう。

そして笑うということは自分の精神安定に繋がったり、免疫力さえもアップさせてくれる力を持っています。

自分のために笑いましょう。

目が笑ってない人はちょっと怖い

目が笑っていない人は人に怖いという気持ちを抱かせてしまいます。

ただ上手く笑えないだけで相手に怖い、何か企んでいると思われていると思われてしまうのは残念ですよね。

逆に人をいい気持ちにさせる笑顔は生まれ持った特技で、意識していなくても本当は心が苦もっつていても自然に見える笑顔が出来てしまう人だっています。

目が笑っていないと言われて傷ついたり気にするという事は、周囲の人の事も考えられる優しい人なのでしょう。

人の意見を気にしすぎず、改善しようと力みすぎず、意識しすぎず、自分の気持ちに正直に生きてみてはいかがでしょうか。