なにかあるとずっと気にしてしまう、眠れないくらいに考えてしまうという人もいるかもしれません。

そんな人のためにいくつかの気にしないため方法や考え方をご紹介します。

この記事の目次

️気にしがちな性格を直したい

気にしがちな性格の人はネガティブな考え方をしてしまったり、人の言うことをすべて真に受けてしまう人が多いのではないでしょうか。

特に他人の目を気にしてしまう人は、物事に対しても敏感になりやすいのです。

性格なので仕方ない部分もありますが、いつも気にしていては精神的にも疲れてしまいますよね。

今回はそんな性格をちょっとでも変えることができるように、様々な方法をご紹介します。

️気にしないための15個の方法・考え方


気にしてしまうということは、何か必ず原因があるということです。

その原因に対してどの様に思うのか、また普段の姿勢や考え方などを改善することにより、気にしないようになれるのではないでしょうか。

では、具体的にはどのような方法があるのかご紹介していきます。

自信を持つ

自信を持つというのはとても大事なことです。

例えどんなに気になることがあっても、自分に自信があれば気にならなくなります。

気にするというのは不安なことがあったり、心配なことがあるからこそ気になるのです。

自信を持って行動したり、これだけは譲れない考えというものを持ちましょう。

自分に自信を持つだけで心配なことや不安なことはなくなるはずです。

姿勢を正しくする


姿勢は基本的にどの行動に対しても影響するものであり、姿勢が悪いと体調を崩したりと体に悪影響があります。

そして、姿勢を正しくするだけで、いつもより前向きな考えをすることができるようになります。

気持ちの持ち方としては関係が無いようにも思えますが、実は体というのは人の心とも繋がっているので、とても大事だということを覚えておきましょう。

前を向く

何かがあっても前を向いて歩み続けるという心が大切です。

とにかく前だけを向くというのはとてもポジティブな考えにさせてくれる行為です。

気になってしまうというネガティブな考えを取り除いてくれるはずです。

前を向くということは簡単なようで難しいことかもしれませんが、心掛けてみてください。

考える時間を作らない

考える時間を作らないというのも1つの方法です。

これはとても単純なことですが難しいことでもあります。

ですが、何も考えない思考というのは時に人を楽にさせることができます。

考える時間を作らないようにするには、予定を詰め込んで忙しくするといいでしょう。

友達と遊ぶ時間を作ったり、趣味や仕事など何でもいいので、とにかく余計な事を考える時間を減らすのです。

目の前のことにだけに集中して、楽しいと思える時間を増やしていきましょう。

ポジティブ変換をする

全て物事というのはネガティブであるか、ポジティブであるかということに分けることができます。

自分にとってどちらなのかを考えるのが人です。

「めんどくさいからしない」「興味があるから積極的に行動をする」というように、仕事でも同じことが言えるのではないでしょうか。

その時にポジティブに変換できれば、「何もかもできる気がする」という考えになりますよね。

それは失敗を恐れず、挑戦をしていくという気持ちに切り替わるのです。

ポジティブに変換をするということは、難しいことや気になることがあっても「大丈夫だろう」という前向きな気持ちにすることができます。

ネガティブな考え方を持つのではなく、ポジティブな考えで仕事などをしていくと捗りますよね。

気になることがあっても前向きに捉えてみてはいかがでしょうか?

「まあいっか」と言う

「まあいっか」という言葉は少し適当なように思えますが、実はとても良い言葉なのです。

どんな事があっても「まあいっか」と言うだけで気が少し楽になりますし、問題を解決していこうという気持ちにも繋がると思います。

気になることがあると常に考えてしまい、ネガティブな考えになってしまうことが多いと思います。

ですが、その様な状態の時に「まあいっか」と自分に言い聞かせるだけで、気持ちの持ちようが変わってくるのです。

「まあいっか」と思う時はどんな時に思い浮かびますか?

それと同じように気になるようなことも「まあいっか」で済ますことができれば、気にしないで生活ができるのではないでしょうか。

積極的にコミュニケーションをとる

積極的にコミュニケーションをとるというのは大事なことです。

コミュニケーションというのは人と接することであり、人と話しをすることでもあります。

コミュニケーションをとるというのはとても大事なことであり、自分の成長にも繋がることができるのです。

気になることもコミュニケーションを取り、相談をしてみるなど様々なことで解決できるかもしれません。

心配なこと、気になることがあるのなら積極的にコミュニケーションを取ってみてください。

口角を上げる

口角を上げるというのは気持ちを前向きにさせることができます。

口角を上げるとどんな時でも前向きな気持ちになりませんか?

心配なことや辛いことなどがあっても、気にしていても仕方が無いという気持ちにもさせてくれます。

姿勢と同じように、口角が下がっていると、周りから見られても「何かあったのかな?」と思われてしまいます。

そんな時に口角が上がっているとやる気があるという風にも見られると同時に、自分自身が「頑張るぞ」というポジティブな気持ちにさせてくれるのです。

友達に相談する

友達に相談をするというのは気にしないためには一番の方法だと思います。

相談をするというのは今の自分の不安なこと、心配なこと、気になることを相手に言うということです。

心配なことを誰にも相談しないと余計に心配になったりしますよね。

一人で抱え込んでしまい、ストレスが溜まるという人もいるのではないでしょうか。

そんな時に友達に相談をすることができると、気が楽になるのではないでしょうか。

きっと友達はちゃんと聞いてくれるでしょうし、友達に言うことでスッキリできるかもしれません。

愚痴を吐き出すような感じで相談をするのも良いでしょう。

嫌なことは出し切ってスッキリするというのはとても大事なことです。

気になることがあるという人は、1人で考えこまずにまずは友達に相談をしてみてはいかがでしょうか。

客観的に考える

客観的に考えるというのも大事なことです。

気になることに直面をしてしまうと主観的な考えになってしまいますよね。

そんな時に客観的な考えることで、違った見方ができるはずです。

客観的な考え方というのは、その物の見方を変えてくれる力があるので、悩んでいるときはとても重要なことなのです。

いつも一定方向からしか物事を見ていないという人は、時には視点を変えてその気になることや心配なことに対して考えてみてはいかがでしょうか。

そうすることで今までとは違った見方ができて、心配や気になることが無くなるかもしれません。

お笑い動画を見る

お笑い動画を見るというのも気にしない方法の1つです。

人にとって「笑う」というのはとても楽しいことですよね。

お腹を抱えるくらい笑うと、今までの不安などを全て忘れられるかもしれません。

お笑い動画などは様々な人の「ツボ」というものを抑えているので、自分にあったお笑い動画を見てみてはいかがでしょうか。

楽しい時というのは気になることを考えさせずに、明るい考えしか出てこなくなるのです。

お笑いというのはその様な力もあるので、是非お笑いにも頼ってみてください。

楽しいことだけ考える

楽しいことだけを考えるというのも大事なことです。

嫌なことや気になることというのはずっと考えてしまい、更にネガティブな考えにも繋がることが多いでしょう。

ですが楽しいことだけを考えるようにすると、そのネガティブな考えを変えることができるのです。

例えば昔面白かったことや、これからの楽しみというものにだけ考えるようにしてみてください。

それだけで人というのは嫌な気持ちから離れることができます。

楽しいというのはそれほど人に影響を与えてくれるものであり、とても良いことです。

どんな時でも楽しいことを考えられるような人になると、気になることや心配なことがあっても大丈夫という前向きな考えになり、楽しく生活をしていけるのではないでしょうか。

思いっきり泣いてスッキリする

気になるというのは心配することだけではありませんよね。

例えば怖いものや、経験したくないものでも気になったりするものです。

そんな時は思いっきり泣いてスッキリしてみてはいかがでしょうか。

泣くというのはストレスの軽減にもなります。

思いっきり泣いてみると、翌日はスッキリするという人も多いのです。

泣くというのはそれほど効果が高いものです。

寝て忘れる

嫌なことがあれば寝て忘れる方法もおすすめです。

寝るというのは人にとって大事なことです。

睡眠不足になると悪循環を生んでしまいます。

そんな時には、ぐっすり寝れる環境で寝るということが大事になるのです。

嫌なことがあるから逃避をするというのではなく、一旦落ち着くという考えです。

そして翌日になったら、何で気にしていたんだろう?と一度頭をリセットして考えることができます。

寝て忘れるというようなことは実はとても良い方法でもあるのです。

ずっと気にしてしまうという人は、一度ゆっくりと眠ってみてはいかがでしょうか。

そんなに他人は自分を気にしていないと理解する

物事ではなく、自分に対して気にしてしまう人もいるのではないでしょうか。

例えば喧嘩をしてその後仲直りをしても、その相手はまだあの喧嘩のことを根に持っているのではないかというような考えです。

心配になりますよね。

ですが、他の人というのはそこまであなたのことを気にしていないのです。

相手も自分のことを考え、自分も自分のことを考えているという状態かもしれません。

相手はそこまで自分のことを気にしていないと考えると、少し気持ちが楽になるのではないでしょうか。

️気にしがちな人の10個の特徴

気にしがちな人というのは性格が似ている部分があります。

例えば心配性である、深く考えてしまう、ネガティブに捉えてしまうなど様々あるでしょう。

ですがその性格というのは簡単には変えられないですよね。

その性格を知ってどの様にするのかというのが今後の課題になるのではないかと思います。

ではどの様な人が気にしがちな性格なのか見てみてましょう。

1、心配性

気にしがちな人は心配性である人が多いでしょう。

例えば明日の準備をしたとしても、当日になって何度も確認をしてしまう、出る前にも確認してしまう、出た後は鍵をちゃんと閉めたかどうかなど、心配しすぎてしまう人もいると思います。

ですがこれは裏を返せばとても良い性格だと思うのです。

それほど注意深いと取れることもできますよね。

ですが心配しすぎると疲れてしまいませんか?

自分のためにも適度な考えを持つようにすると良いでしょう。

2、悩みを抱えがち

悩みがあるというのはその事に対してずっと考えてしまう状況です。

悩みがあれば、それが解決しない限りそのことを数ヶ月、数年の間ずっと考えてしまうという人もいるのです。

悩みを抱えているのであれば、誰かに相談をしたり解決に向かうような方法を取らなければなりません。

言いにくいことかもしれませんが、友達や家族などに相談をしてみてはいかがでしょうか。

3、深刻に考えてしまう

何に対しても深刻に考えてしまうという人も、どうしても一つのことを気にしがちです。

例えば友達から「気にしなくてもいいよ」と言われると、余計に気にしてしまうというようなことはありませんか?

相手は本当に気にしなくてもいいと思っていることなのに、その言葉には何か他の意味があるのではないかと深く考えてしまうのです。

そうなるとそのことが気になって考えすぎてしまうのですよね。

ですが深刻に考えるというのも悪い性格ではありません。

重点的に一つのことを考えるというのはとても良いことです。

ですが全てその様に考えていると頭がパンクしてしまいますよね。

そうならないためにも、考えることと考えないことのメリハリをつけるようにすると、ストレスフリーで生活ができるのではないでしょうか。

4、ネガティヴ

「もしこの様なことがあったら…」とニュースを見てネガティブな考えが出てしまい、ずっと気にしてしまうという人もいるのではないかと思います。

ネガティブな考えというのは考えれば考えるほど悪い方向に思考が回ってしまいます。

どんなに良いことがあっても運が良いだけと思う人もいるかもしれません。

ネガティブな考えというのは人を悪循環にさせるものなので、ついネガティブに考えがちだという人は、ポジティブさを持って行動をするように心掛けましょう。

5、自信がない

自信が無いということは、それほど自分にとって不安が大きいということになります。

自信がないというのは誰にでもある感情ですが、その感情が大きい人ほど心配になることも多いので、気にしないためには自信をつけるようにしましょう。

6、他人の目を気にする

他人の目を気にしてしまう人は、自分の行動が他人からどう思われているのかを常に考えてしまうのではないでしょうか。

自分の意見を言う時も、相手にどう思われるか、嫌われてしまうのではないかと気になって本当のことがなかなか言えません。

もし言えたとしても、夜寝る前に「あんなこと言わなければよかった…」とネガティブな感情が渦巻いて眠れなくなってしまう人もいるでしょう。

人の目を気にしすぎると本当の自分を見失ってしまいます。

他人は他人なんだと割り切って、自分と向き合い、自分をもっと大切にしてください。

7、落ち込みやすい

落ち込みやすい人というのは、自分が失敗をしてしまったことをずっと引きずってしまう傾向があります。

落ち込むことは悪くありません。

ですが、思いっきり落ち込んだ後は前に進んでいかなければ何も変わりません。

落ち込むと同時に反省をし、今後の行動を前向きに考えられるようになるといいですね。

8、引きずりがち

嫌なことや悲しいことがあると引きずってしまう人もいるでしょう。

もちろん誰でも引きずることはありますが、あまりにも長いこと引きずってしまえば、その嫌だった出来事ばかりを考えてしまいます。

そうなれば、ポジティブな考えは浮かんでこなくなり、ネガティブなことばかり考えてしまいます。

そして、ネガティブなことを考えるようになると、また嫌なことが起きやすくなってしまうのです。

引きずりがちな性格というのはとても辛いと思いますが、先ほど言ったポジティブな考えや客観的に考えることで抜け出すことができるでしょう。

9、真に受けやすい

軽い冗談でも全て真に受けてしまうという人もいるでしょう。

真に受けるというのは相手を信じるということであり、良いことですが、逆に嘘だとわかったり冗談と言われるとその事をずっと気にしてしまうのです。

相手を信じるというのはとても良いことですが、真に受けすぎないように気をつけることが大事になるでしょう。

10、自意識過剰

あまりに気にしすぎてしまうと、自意識過剰だと思われてしまうこともあるでしょう。

嫌われていると思ったり、避けられていると感じてしいても、もしかしたら相手はあなたのことを何とも思っていないかもしれません。

他人が何を思っているのかは本人にしかわかりませんよね。

それを勝手に想像して決めつけてしまうのはやめましょう。

勝手な妄想は自分を苦しめることになるだけで、誰にも良い事はありません。

それならもっと楽しいことや前向きなことを考えてみませんか?

️気にしないことはストレスフリー

日々の生活で気にすることはとても多く、考えたり悩んだりすることも多いと思います。

ですが、気にしないというのはストレスフリーに繋がるということを忘れないようにしましょう。