あなたは何かを行動したり、何かを発言したりするときに自分一人だけだと行動することができない人間だと思いますか?

日本人に関しては比較的、内向的な性格をしている人間が多いです。

世界を見た時に日本人と海外の人間を比べるとやはり自己主張なども日本人は少ないように感じられます。

だからこそ内向的な性格の人間が多くなり、行動したり発言したりするときに一人だけだと恥ずかしいと感じたり、一人では出来ないと自信がなく考えてしまいやすくなります。

だからこそ自分に自信がなかったり、自分の意見が少数派になるのではないか?ということに不安を抱えている方はたくさんの人間、つまり味方を集めようとします。

味方を集めるということは良いことではありますが、味方を集めることによって派閥ができて、その派閥があるからこそ争いを巻き起こしてしまうという悪一面もあります。

だからこそ派閥争いなどに巻き込まれてしまったら面倒な事になったり、嫌な思いをしたりする事が多くなってしまいます。

出来る事ならこんな面倒な事に巻き込まれたくないですよね。

そこで今回は派閥をテーマにして、派閥づくりが好きな人間の特徴についてご紹介して生きます。

派閥争いに巻き込まれたくないのであれば、派閥づくりが好きな人の特徴を知り、関わらないように距離を空けられるよう活用してください。

あなたの周りにも派閥はありませんか?

今あなたの周りには様々な派閥が作られていませんか?

世の中の存在している様々な物事を細かく観察してみると、様々な派閥が存在していることがお分かりいただけるはずです。

例えば、私たちが幼い年齢から通うことになる学校に関してもたくさんの派閥が存在しています。

仲の良いグループで常に集まって、常に行動を共にしたりすることで、気づけばそれが派閥になっているということはよくあることです。

それがいくつもできて学校全体を見ると無数の派閥が存在しており、時にはその派閥同士が争ったりするようなことが起きます。

そしてこのような状況は学校だけに限定されるものではありません。

社会に出てからもたくさんの派閥などは存在しています。

今自分が勤めている会社もたくさんの派閥が存在している可能性があります。

それ以外にも主婦をつとめている方の中にはママ友の派閥が存在していたりする事などもあると思います。

時には派閥が二大勢力になっていたりすると、どっちの派閥に属しているのかということを聞かれたり、どちらかの派閥に属さなければいけないと迫られたりするような場面もあると思います。

このようなことに無関心の方からすれば、何を馬鹿な事言っているんだろうと思うかもしれませんが、当事者たちからすれば大切な問題になります。

派閥に属さなければ時にはいじめられてしまうこともあったりするかもしれません。

そのようなことを考えてみると派閥争いに巻き込まれたり、派閥に属するということは時には面倒ごとを引き起こされてしまう厄介な存在になり得るのです。

派閥とは?

そもそも派閥の定義とは一体何なのかと考えた時に、派閥とは「組織内において利害で結びついた人々によって形成する集団」という意味を持っています。

少し難しい言葉かもしれませんが、先ほど述べたような例を考えてみると良い意味が分かりやすいと思います。

例えば、組織内といえば難しいですが、先ほどの例では「学校」「会社」「ママ友」などが該当する組織です。

その中で利害で結び付いた人々であると判断するとわかりやすいはずです。

利害関係というと友達付き合いは除外されるような印象を受けるかもしれませんが、一般的に使用される例としては政党内での派閥などといった使い方が主なのです。

ちなみにこのような使い方をする場合は一般的に私たちが認識している派閥という言葉の使い方と少し異なっており、同じ政党の中でもいくつか派閥があり、意見が食い違っている時などに使用されたりする事が多いです。

つまり、わかりやすく言えば政党の中の小さな政党という言葉で表現するとわかりやすいかもしれません。

このように一般的に使用されているただのグループという意味での派閥という言葉とはちょっと印象が違う、利害関係をメインで考えた派閥という使い方もあるという事を理解してください。

派閥づくりが好きな人の特徴

派閥を作る人間には派閥を作りやすい特徴が存在していることが多いです。

派閥を作る人間はどの場所に行ったとしても必ず派閥を作るようになります。

何なのかと考えるとそれは派閥を作る性格をしているからだと判断することができます。

では、派閥を作る人間はどのような性格や特徴を持っているのかと考えると、ある程度共通した考え方や性格をしている人間が多いことが判明しています。

この考え方や性格を特徴づけて把握しておくことによって、自分の身の回りにいる人間って派閥を作りやすい人間を特定することができるようになります。

派閥を作りやすい人間を特定することによって、必要以上に派閥争いに巻き込まれたり、深い人間関係に入る前に離脱することも可能になります。

このスキルを会得しておくことによって沢山のストレスがかかってしまうことから距離を置くことができるようになります。

それは自分自身を大きなストレスから身を守る大切なスキルとなって役立てることができます。

なので派閥争いに巻き込まれたくない方は派閥作りが好きな人の特徴をよく知って、上手な立ち回りをするきっかけとして役立ってください。

1.一人では自信が無い人

まずはじめにご紹介する派閥作りが好きな人の特徴は一人では自信を持てない人間ということです。

これはかなり日本人には多い性格であると判断することができます。

冒頭でもご紹介したように、自分に自信を持っていない人間ほど自分の周りに味方を作って安心感を得ようとします。

確かにたくさんの味方が自分を取り巻いていれば安心できるかもしれません。

どんな状況であっても自分の味方がいる場合と自分の見方が全くいない場合では前者の方が圧倒的な安心を得られるからです。

しかし、それは良いことでもあり悪いことでもあります。

根本的な問題を指摘するのであれば、自分に自信がなければ自分に自信を持てるために努力を行えば良いだけの話なのです。

その努力を行うことができないから自分の周りに味方を置いて安心感に浸るというのは、自分の成長から逃げ続けている人間が行うことです。

自分に自信がある人間ほど派閥を作ろうとはせず、自分の信念を貫こうとします。

自分の信念を貫こうと努力出来る人間は魅力的であり、派閥を作ろうとせずともし自然と人が集まってきます。

なので本当に自分に対して自信が持てるように努力している人間はたくさんの人が認めて人が集まってきます。

だからこそ無理に派閥を作ろうとはせずに、自分自身が努力して魅力的な人間になった方が効率も良いですし、自分自身の考え方も前向きになります。

なので、自信がない人間ほど派閥作りをしようとする特徴を持っていると断定することができます。

2.自分というものを持っていない人

自分というゆるぎないものを持っている人間ほど派閥作りをしようとせず、自分というものを持っていない人間ほど派閥作りに没頭する特徴を持っています。

なぜなのかと考えた時に、やはり自分というものを持っていない人間は自分を信じることができないからです。

確固たる自分というものを持っている人間は自分に対して自信を持っている人が多いです。

だからこそ周りの意見を気にしたりせず、自分の意見を主張することができるようになるはずです。

しかし、自分というものを持っていなければ常に身の周りの誰かの影響を受けたり、自分の意見というものを持たないで生活している可能性がとても高いです。

なので、簡単に言えば意見や行動がブレブレになってしまうということなのです。

だからこそ自分というものを持っていない、ブレる人間は自分に自信を持つことができず、形だけの自信を持つために自分の派閥を作ろうとするのです。

3.人の噂話や悪口をよく言う


あなたの周りに人の噂話が好きな人間だったり、人の悪口を言うことが好きな人間はいませんか?
大抵、職場でひとりくらいはこのような性格をしている人間が存在しています。

このような性格をしている人間は大体の場合、派閥を作ろうとしたりすることが多いです。

なぜ人の噂話や悪口を言う人間が派閥を作ろうとするのかと考えた時に、そもそも人の噂話や悪口を言う人間は劣等感が強い人間が多いです。

劣等感を感じない、自分に対して自信を持っている人間は強い精神力を持っている場合が多いです。

それは自分に自信があるからこそ、周りからの影響を受けることが少なく、周りの発言によって必要以上に傷つけられたりしないからです。

しかし、自分に対して劣等感を持っている人間は自信を持てないので、ちょっとでも自分の気に入らない発言を聞いたりすることで劣等感を感じて、自分を守るためにその人間の悪口を言ってストレスを解消したり、自分を保とうとしているのです。

結果的に見れば人の噂話や悪口を言う人間は自分に対して自信を持てない人間であると判断することができます。

なので、自分に対して自信を持っていない人間は派閥を作りやすくなるので、人の噂話や悪口を言う人間は派閥作りをする特徴に該当するということです。

4.目立ちたがり

周りの人間よりも目立ちたいと思う感情が強い人間ほど派閥を作ろうとする特徴を持っています。

人は誰しもが周りの人間から認められたいと思って生きています。

だからこそ自分のことに対して共感してもらったり、人から自分の存在を認めてもらうことに関して幸せを感じることができるはずです。

しかしその感情や欲求が他人よりも強い人間が存在しているのも事実です。

このような人間は派閥を作って、自分という存在をより認めてもらったり、自分が目立つことによって優越感に浸りたいという目的を持っている場合が多いです。

派閥を作ってたくさんの人間が自分のそばにいるということに関して強い安心感を感じたり、それが自分が存在している意義だと感じる人間もいるので、それだけならまだましかもしれません。

しかし、時には自分よりも目立つ存在に対して苛立ちを感じたりして、その派閥の人間に対して自分よりも目立っている人間が悪い存在であるということを伝えたりする事があります。

そうなると様々な問題が生まれやすくなりますので、派閥争いに巻き込まれたり、無駄な争いが起こってしまいます
だからこそ、この手のタイプの派閥にはあまり関与しない方が良いです。

そして、これらの事から結論としては目立ちたがりな人間は派閥を作りやすいと特徴づけることが出来ます。

5.他人に厳しい


他人に対して必要以上に厳しい人間に関しても派閥を作りやすくなります。

なぜ他人に対して厳しい人間が派閥を作りやすくなるのかと考えた時に、人によりますが自分に対して自信がなかったり劣等感を抱えていることによって、自分以外の人間に対して強く当たってしまいやすくなる場合が考えられます。

なので、自分に対して自信がない人間は自分の周りに仲間を集めて、自分の自信のなさをカバーしようと行動します。

だからこそ、他人に対して厳しい人間は派閥を作ろうとする特徴を持っていると考えられます。

しかし他人に厳しい人間の中には自分に関してもものすごく厳しく考えてる人間も存在しており、そのような人間は自分に厳しくあるからこそ自分に対して自信を持っている人間もいますので、必ずしも他人に厳しい人間が派閥を作ろうとするのかというと該当しない場合もありますので、あくまで一つの特徴としてとらえるようにしてください。

6.裏切り物に非常に厳しい

派閥を作りやすい人間の特徴の一つとして、自分に対して裏切るようなことをする人間を決して許さず、非常に厳しい態度をとるという特徴が存在しています。

なぜ裏切る行為をすることによって必要以上に厳しい態度をとるのかと考えると、自分に対して自信のない人間や劣等感を抱えた人間である可能性が高いのです。

自分に対して自信がなかったり劣等感を抱えている人は、自分に対して裏切ったりする行為により、不安を感じるようになります。

自分に対して自信を持っている人間は裏切った人間に対しても優しく接することが出来ますし、許容性が高い場合が多いです。

しかし、自身がない人間は不安に感じて、自分自身に対してさらに自信がなくなってしまいやすいです。

なので、自分の自信の無さを補う為、そして二度と裏切るという行動を防ぐために必要以上に威圧したりする行動を行います。

だからこそ裏切り者に非常に厳しい人間は自分に自信がない人間であり、積極的に派閥を作ろうとする特徴を持っていると考えることが出来ます。

7.臆病

臆病な性格をしている人間も自分に対して自信がないことが多いです。

自分に対して自信を持っている人間は臆病な性格をしているわけがありませんよね。

自分に対して臆病な人間ほど自信がなく、自分の周りにたくさんの人間を置くことによって一定の安心感を保っているということが判断できます。

なので、臆病な人間は自分の派閥を作って自分の自信を補おうとしていると判断できます。

自分の派閥を作ったところで自分の自信につながるわけがありません。

本当に強い自信を持ちたいのであれば、自分の弱さを受け入れ、それを乗り越える努力を行わなければいけません。

臆病な人間で派閥を作ろうと行動している姿を見れば、自然と距離を空けるようにした方がよさそうですね。

8.仲間の言うことには何でも賛成する

仲間の言うことに関しては何でも賛成するような、いわゆるイエスマンの人間は派閥作りを行いやすい特徴を持っています。

なぜ仲間の言うことを全て賛成する人間が派閥を作りやすいのかと考えると、派閥を作る人間は自分と同じ考えを持っている人間が身の回りにいることで安心感を覚えています。

逆を言えば、周りと違う意見を自分が持った場合に主張することができなかったり、その状況を不安に感じたりする人間であると捉えることができます。

なので自分に対して自信を持っていないからこそ自分の意見を主張することが怖いのです。

しかし、周りの人間と同じ意見にすることによって主張の違いをなくすことができ、仲間だから同じ意見だと自分に対して言い訳をする事で自分自身を保とうとしています。

だからこそ派閥を作るような人間は、自分の身内の言うことに関しては何でも賛成したりする可能性がとても高いのです。

9.優れている人をこき下ろす

優れている人をこき下ろすような人間も派閥を作ろうとする特徴を持っていると言えます。

なぜ優れている人をこき下ろす人間が派閥を作ろうとするのかと考えると、優れている人間に対して行うということがキーポイントです。

自分よりも優れている人間に対してより劣等感を感じたり、不安を感じたりするような人間ほど優れている人間に対して厳しく当たったり、優れている人間を否定しようとしたりします。

これらは全て自分自身がその人間に負けていると認識していることによって感じる自信の無さから来ています。

大抵の場合は自分よりも立場が下の優秀な人間に対して目の敵にしていることが多いです。

結局自分に自信がなく、自分の不安な気持ちを立場を利用してうまくカバーしようとしているだけの行動であり、自分に自信がないからこそ周りに派閥を作ってそれを補おうとしているのです。

なので優れている人をこき下ろす人間は派閥を作ろうとする特徴を持っています。

10.出世コースに乗りたがる

出世コースに乗りたがるような人間も派閥を作ろうとします。

なぜなのかと考えた時に、出世欲が強い人間は人からの評価を人一倍気にしていたり、自己顕示欲が強く、ナルシストの一面を持っていることが多いです。

人一倍周りの評価を気にする人間は自分に自信がないからこそ他人の評価をより気にしたりするようになります。

そして、自己顕示欲が強い人間は目立ちたがりであり、物事の中心になろうとします。

そしてナルシストな人間は自分さえよければ後はどうでも良いと考えて、自分中心の考え方や発想を行うようになります。

こうして隠れた根本的な部分を考えてみると、自分に自信がなく、目立ちたがりで、自分中心の物事を考え方となるとやはり派閥を作ろうとする人間の特徴に該当します。

なので、出世コースに乗りたがる人間は派閥作りの特徴を持っていると捉えることが出来ます。

派閥づくりに関わらないためには?

派閥作りが好きな人間からすれば積極的に派閥を作っている人間と関わりたいと思うかもしれませんが、自分に自信がある人間であったり、そもそも派閥を作ることに興味がなかったりする人間からは面倒な事でしかありませんよね。

派閥を作ってる人間だけで勝手にしてよ、と思う場合もあると思いますが、世の中うまくいかないことも多いです。

例えばすでにいくつかの派閥が存在しており、その派閥のどこかに所属しなければいけないと周りから迫られるようなこともあるかもしれません。

突き放すことができれば良いかもしれませんが、時にはたくさんの人間が派閥に属しており、派閥に属さないという選択をすることで自分に対して被害が被ってしまう可能性も十分考えられるからです。

なるべくなればこのようなことは避けて、普通に生活をしたいですよね。

そこでここからは派閥作りに関わらないための方法についてご紹介していきます。

派閥争いがめんどくさい、派閥に興味がないと感じている人間はこれからご紹介する方法を身につけて、より快適な生活を送れるように役立てるきっかけとして活用してください。

1.誰もが認める特技や技術を持つ

まずはじめにご紹介する派閥作りに関わらないための方法は、誰もが認めるような特技であったり技術を身につけるという方法です。

なぜ誰もが認めるような特技や技術を身につけると派閥作りに関わらないようになれるのかと考えた時に、誰もが認めるような特技は技術を身につけることによって、周りの人間から自分の存在を認めやすくさせることができます。

どんな人間でもみんなが驚くような特技や技術を持っていれば人が集まってくるようになりますし、人気が出ますよね。

そうすることによって無駄な派閥争いに巻き込まれずに済みますし、魅力的な人間になればなるほどその人間に対して悪い気持ちを持つような人間は少なくなります。

人気者の悪口を言う人間は大抵の場合その人気に嫉妬して、劣等感を誤魔化すために悪口を言っている可能性がとても高いです。

しかしそのような人気者の人間に対して悪口を言ったところで誰も耳を傾けたりすることはないと思います。

なので、誰もが認める特技や技術を持って周りの人間を認めさせることができれば、どこの派閥に属さなければいけないというくだらない問題に巻き込まれずに済むようになるはずです。

2.自分の信念を強く持つ

自分自身の信念を強く持って生きることが派閥作りに関わらないひとつのポイントになり得ることができます。

なぜ自分自身の信念を強く持てば、争いに関わらないのかと言いますと、自分自身の信念を強く持つことによって周りの人間の言動であったり行動で自分の心をかき乱されることが少なくなるからです。

自分の信念を低く持っている人間や、そもそも信念を持っていない人間ほどブレやすくなります。

なので自分自身の信念を強く持てば周りの人間に左右されることない本当の強さを兼ね備えることができるようになります。

本当の強さを兼ね備えることができるようになれば、派閥争いなどの面倒なことに関わらないようになれるはずです。

そうなることによって、心の奥底では派閥争いに関わりたくないと思っている身の回りの人間が集まってきて、本当の仲間ができるようになるはずです。

なので自分の信念を強く持てば派閥争いに関わることなく、本当の仲間を作ることが可能になるのです。

3.食事などに誘われても行かない

派閥争いに関わらないためには自分自身の行動に関しても工夫することが求められます。

具体的には、派閥に属してる人間から食事に誘われたりした時にきっぱりと断る勇気を持つということです。

派閥争いを繰り広げているような環境に身を置いていると、自然と自分の派閥に入らないかと勧誘されたり、食事に誘われて自分の派閥に属することを強要されたりすることが多くなります。

気の弱い人間であれば複数の派閥の人間から一気に迫られると、首を縦に振ってしまう人もいるため、派閥争いに関わりたくないのであれば必ず食事なのに誘われても行かないようにする工夫が必要です。

食事の誘いを断るということに関して引け目に感じてしまう方がいるかもしれません。

しかしそれは自分を守るための行為であって、必要以上に自分自身が気にすることではありません。

しかし今後の人間関係などをできる限り壊したくないと思うのも当たり前の感情なので、食事を断る際にはなるべく相手に失礼のないような差し障りのない断り文句を事前に準備しておけば人間関係を壊さずにその環境を避けることができるはずです。

4.相手の話に賛同しない

派閥争いに関わりたくないのであればむやみに相手の話に賛同したりしないようにしなければいけません。

なぜ相手の話に賛同してはいけないのかと考えた時に、相手の話に賛同して行くことによって様々な話に関しても賛同しなければいけない状況を作ってしまいがちになったり、一度賛同した事によって周りからの勧誘などが激しくなる可能性があります。

しかし相手の話に対してきちんと自分の意見を明確に持った上で賛同しなかったりすると、相手も勧誘してこようとする隙を見つけられなくなります。

なので、結果的には派閥争いから抜け出す事が出来、変なしがらみを持つ必要もなくなります。

なので相手の話に対してきちんと明確に自分なりの意見を持って付き合うようにしなければいけません。

面倒だからといってハイハイ言っていると、都合の悪い状況になるかもしれませんよ。

5.自分のやるべきことをブレさせない

必要以上に派閥争いに関わらないようにするためには自分が本来行うべき事をきちんと理解して、それに熱中することも良い対処法の一つです。

自分が置かれている環境によってやらなければいけないことは様々だと思いますが、例えばビジネスの場面で派閥争いに巻き込まれることを防ぐのであれば、自分が行っている業務に集中して取り組むことが一つの予防策になるはずです。

どんな人間であったとしても、業務に集中して取り組んでいる人間に対しては話しかけづらい雰囲気になります。

なので集中している姿を周りに見せることによって、必要以上に話しかけられる隙をなくすことができるようになります。

隙がなければいつまでも話変えられる事はありませんし、それでも隙を見付けられた場合はきちんと断ったり、他のやるべき事を持ち出したりして回避するようにすれば勧誘されることは少なくなりますよ。

派閥ができやすい人たち

派閥に関しては、派閥ができやすい人が存在しています。

もちろん派閥を作るのが好きな人間であったり、派閥に属していないと不安に感じる様な人などの性格面もありますが、それ以外の要因も様々存在しています。

では、派閥ができやすい人たちにはどのような要因が存在しているのかということをこれからご紹介していきます。

これを知っていれば、事前に気を許すことなく該当項目の話をすることができると思いますので、ひとつの注意点として受け取れるようにしてみてください。

1.考え方が同じ

何事に関しても考え方が同じ人間同士だと派閥ができやすくなります。

そもそも派閥とは何なのかと考えた時に、何かしらの共通点を持った人間同士で派閥を組みやすくなります。

それを踏まえて考えてみると、物事の考え方や受け止め方が同じような人間が同じ思想になり得るので、派閥が生まれやすいという事になります。

これは派閥の基本原理でも示されている通り、かなり多い事例だと判断できます。

2.卒業した学校が同じ

自分が卒業した学校が同じである場合、その人間と派閥を作りやすくなってしまいます。

人間は何かしらの共通点があることによってお互いの距離感が一気に縮まるようになります。

つまり共通点があればあるほど相手と打ち解けるまでの時間が短くなり、お互いの信頼性が高まりやすくなります。

なので全国にたくさん存在している学校の出身校が同じだった場合、親近感がわきやすく、そこで派閥が生まれやすくなります。

3.年齢や世代が同じ

これは若い世代の方はあまりあてはまらないかもしれませんが、社会人になって自分の年齢と違う人間と関わったりすることが当たり前になった状態で、後であった人間が年齢や世界が同じような人間だった場合、より親近感を感じやすくなりやすいです。

なかなか社会人として関わる人間で自分と同じ年齢の人と出会うことは少ないですよね。

なのでそうなった時に希少価値が高ければ高いほど親近感も高くなりやすいのです。

その結果、その人間同士で派閥が生まれやすくなり、気づけば派閥が形成されていたということが考えられます。

まとめ

世の中にはたくさんの派閥が存在しており、時には派閥争いに巻き込まれることも多々あると思います。

自分の身の回りには派閥が存在していないので、そんな危機感を感じる必要はないと考える方もいるかもしれませんが、いつ自分の身の回りに派閥が生まれるかはわかりません。

そうなった時に危機感を持っていないと派閥争いに巻き込まれて嫌な思いをしてしまうかもしれません。

なので、自分は関係ないと思わずに、いざ自分がそのような状況になったらどのように行動すれば良いのかという危機感を常に持った上で、今回ご紹介した特徴から面倒なことを避けるための自分なりの工夫を編み出してみてください。