パフォーマンス力の高い人って、人をすごく惹きつける力がありますよね?

仕事でも、プライベートでも自分を表現する力がないと、なかなか大勢の人の中で注目してもらうことができないうえに、人の心を動かすことが難しいでしょう。

他の人の心に訴えるようなパフォーマンスができたら、もっと自分のことを見てもらえて、言うことや語ることに注目してもらうことができるようになりそうです。

パフォーマンス力が発揮されたり、試されたりする場面というのは、音楽とか芸とか、演技などに携わっている人だけでなく、仕事だったり、あるいは合コンなどのプライベートの状況の中でもありますよね!?

あなたも、パフォーマンス力に優れている人になりたい!って思いますか??

それならば、パフォーマンスが上手い人たちの特徴を知ることで、ヒントが得られるかもしれませんよ♪

この記事では、その特徴について詳しくご紹介していきたいと思います。

️パフォーマンスの上手い人になろう

みなさんは、これまで自分のパフォーマンス力の無さにがっかりしたことがありますか?

もしかしたら、自分の周りにパフォーマンス力に優れている人がいて、その人がみんなの注目をいっきに持っていってしまったために、自分という存在が一切隠れてしまった・・・という経験をしたことがあるかもしれません。

あるいは、何か演劇とか音楽のイベントなどで、ひときわキラキラと輝いて、心に訴えるようなパフォーマンスを見せてくれた人に感動して、憧れを持つようになったこと尾あるかもしれません。

”パフォーマンス”というと、人に何か見せる際に人目を引くこと、心を動かすことのために必要とする表現力というイメージがありますよね。

あと、「パフォーマンスがいい!」という言葉をよく聞くときには、あるものの性能とか効率がいい、ということを意味することもあります。

いずれにしても、パフォーマンスがいい、とかパフォーマンスが上手いということは、つまり相手の心に訴えることができているということです。

何か人目を引こうとするときに、相手の印象に残ること、相手の感情までも動かすことができないと、成果や結果は得られませんね。

相手に響く素晴らしいパフォーマンスをするために


それで、相手に響くような素晴らしいパフォーマンスができたらいいと思いませんか??
自分を表現したり、良さをアピールしたりするときに、相手にそれがしっかりと伝わるような仕方でできるなら、もっともっと注目を集めることができるはずです。

つまり、パフォーマンス力に優れている人というのは、見せる力を持っているということですよね。

そして、仕事においては効率がよく、人の期待にまさに応え、さらに期待以上の働きを見せることができる人もいます。

でも、パフォーマンス力というのは、どうしたら磨くことができるのでしょうか?

パフォーマンスが上手い人の特徴を知ろう

パフォーマンスがもっと上手くなって、人の心の響くような仕方で自分を表現したりアピールすることができるようになるためには、そのコツを知ることが必要だと思いませんか?
でも、なかなかそのコツというのが自分で見つけるのが難しいんですよね。

そこで、パフォーマンスが上手い人の特徴を探してみるのはどうでしょうか??

きっとあなたの周りにもパフォーマンスが上手い、と思う人がいることでしょう。

こんな風に自分もできたらいいのにな・・・と思うお手本のような人がいるかもしれません。

そんな、目標とか憧れを持てる人たちの、自分の見せ方というものを分析することによって、自分のパフォーマンス力を引き上げることができるかもしれませんね!

️パフォーマンスが上手い人の18個の特徴


パフォーマンスをするときには、人目を引かないといけません。

では、どうしたら人の目をくぎ付けにするような、魅力的で、心に響くようなパフォーマンスができるのでしょうか?
パフォーマンスが上手い人の、18個の特徴を調べてみましょう♪

声が大きくよく通る

まず、これが大きくよく通るだけで存在感が違いますよね。

ミュージカルなどでも、美しく心まで響いてくる声を持っている人は、人を感動させることができます。

遠くまでよく響く、美しい声をしている人の話し方は、ちょっと一般の人の話し方とは違うことにお気づきかもしれません。

何か、人に伝えたいと思うなら、その人に”聞かせる”ことができなくてはいけません。

聞かせるためには、よく聞こえる声で話す努力をしなければいけないんですね。

音楽や演劇など以外にも、例えば、どんなに内容が素晴らしいプレゼンテーションをするとしても、声が小さくて聞き取りにくいと、それだけで興味が薄れませんか?

聞こえない、聞こえにくいことをあえて聞こうとするほどの、もともとの興味があるならば別ですけど、普通は聞こえづらいことにイライラしてしまったり、それだけで関心が無くなってしまうことがあります。

声が小さい、ということにはいろいろな原因があるでしょう。

ストレスがかかったり、緊張してしまうと声帯が固くなって声が出なくなります。

しかし、ボイストレーニングなどで声を大きくすることや、よく響く声を手に入れることができます。

ボイストレーニングでは、口、鼻、のど、声帯の動きなどを学ぶことができ、単に口から音を出すというのではなく、音を頭に響かせるような声の出し方を学べるようです。

よく、腹から声を出すように!と言われますけど、腹から声を出すとはいったいどうゆうことなのか?とよくわからない方も、トレーニングを受ければ声の出し方が変わって、声の質や声量が全然ちがうものになるでしょう。

いつも大きな声で話すということではなく、その場にあったボリュームで、気持ちを声に乗せて、こまかい変化も上手に表現できるように話すことができるようになるなら、他の人の心にまで到達するような話し方ができるようになれますね。

体全体を使う

パフォーマンスをする時には、体全体を使って表現します。

人に、何かを伝えたい場合やこちらに注目してもらいたい場合、自分の口だけで語っている人よりも、体を使いながら全身で伝えようとしている人とでは、伝わり方が違ってきますもんね。

自分の中では体を使っているつもりでも、体を使って表現することに慣れていない人は、自分が思っているよりも、たぶん、動きが小さかったり、ちまちましたような印象を受ける動き方をしていることがあります。

パフォーマンスをが上手くなるために、体幹トレーニングも必須といわれています。

体幹の筋肉が鍛えることによって、全身の筋肉を上手に使えるようになってきます。

つまり、体の動かし方が上手くなるのです。

スポーツをされている方でも、体幹を鍛えることを基本とされている方は多いでしょう。

体幹の筋肉が強くなると、体全体が安定して、衝撃を受けてもそれを吸収することができるようになります。

そして、疲れにくい体になるので、試合全体を通してベストなパフォーマンスをすることができるわけです。

さらに、バランス感覚や姿勢がよくなることで、美しく体を動かすことができるようになります。

確かに、何事も軸がしっかりとしていないと、頑張って動かしてみてもよれよれとしたり、ふらふらしてしまいますよね。

それでは、人に見せる最高のパフォーマンスはできません。

体の軸を鍛えるなら、手足を上手に使うこと、しなやかさや、強さ、バランス感覚を持つおとができて、もっと体全体を使ったパフォーマンスができるようになりそうですね。

構成を上手に練る

プレゼンテーションや、何かの発表をするときなどには、ストーリーの展開の仕方や構成を練る必要があります。

つまり、パフォーマンスの組み立てです。

あのスティーブ・ジョブズのプレゼンは、多くの人の注目を集め、それを聞く人の心を虜にしますよね。

彼は「三幕構成」と呼ばれている作劇法を応用したかたちでプレゼンを行っていたようです。

三幕構成というのは、脚本を作る際の構成方法なのですが、3つの部分にストーリーを分けていきます。

第一幕としては、ストーリーが始まりとして「設定」が明らかになります。

主人公はだれで、何を目的としているストーリーが展開されていくのかということが見る側にわかるようになっています。

そして、第二幕として、「対立」が生じます。

主人公の前に何かの障害が起きたり、対立する存在があらわれます。

敵対者や、障害物と主人公が衝突するようなシーンです。

そして、第二幕の最後には、主人公が絶体絶命の状況に追いやられます。

最後の第三幕に入ると、ストーリーは「解決」に入ります。

第一幕で明らかになった目的が達成できるのか、という点が取り上げられ、解決に入ります。

この各幕へのストーリーの移行というのは、ターニングポイントでつながりを持たせる音が多く、主人公が何か行動を起こすことによって、ストーリーに違った方向性を持たせるわけです。

この三幕構成は、第一幕:第二幕:第三幕=1:2:1の比での時間配分が基本となっているようです。

このような構成の仕方は、映画やゲーム、ドラマ、ドキュメンタリー番組などにも使われています。

そして、仕事でのプレゼンや何かの記事を書くときなどにも、応用されているわけです。

このようなストーリー展開によって、単なる資料や情報も物語性を持たせることができ、人々に魅力的に提供することができるわけです。

確かに、プレゼンが上手な人というのは、情報提供の構成の仕方が上手だと思いませんか?
同じ情報を提供されるのでも、ストーリー性があり、物語の軸が最初にはっきりと理解でき、さらに対立ともいえる何かの障害が起こり、それをどう解決するのか、という点があることによって、その話に引き込まれて、ちゃんと話が完結するわけですね。

パフォーマンスを上手くなるためには、構成の上手な練り方も勉強するといいんですね。

ユーモアを交える

自分のパフォーマンスに、人々を引き込むために、ユーモアも大事になるようです。

一般に、全く面白くない話、全く面白くないパフォーマンスというのは飽きてしまうことがありませんか?

面白さなんて必要のないパフォーマンスももちろんあります。

でも、多くのパフォーマンスの中には聴衆が笑えるポイントが構成の中に組み込まれていることが多いです。

どうしてユーモアが大事なのでしょうか?
笑うことにより、聴衆やパフォーマンスをしている人と一体感を持つことができます。

そして、感情が動くことによってよりそのパフォーマンスに対して愛着などを持つことができます。

そして、なんと米国では会社役員や重役の立場の人の91%もの人が、ユーモアのセンスがキャリアアップに必要だ、と考えていました。

そして84%の人が、ユーモアのある人の方がよりいい仕事をすると思っていました。

それで、ユーモアのセンスや、遊び心というのは仕事のパフォーマンスにも影響することがわかります。

プレゼンやスピーチをするときなどにも、内容を正確に伝えるということももちろん必要ですが、それ以上に楽しませる話し方をする人の話というのは、もっと聞きたくなるし、内容に説得力も増します。

ただ単に自分の知識や技術を披露するというパフォーマンスというのは、とかく一方的で、聴衆との一体感がうまれにくいものですが、ユーモアを交えることにより聴衆の緊張をほぐしたり、こちらの世界やストーリーに引き込むことができるようになります。

初対面の人と話すときにも、ユーモアを発揮することによってその人との壁を取り除いて、距離を近づけることも可能です。

まあ、単に笑いを取るということだけで、さむ~いギャグを言って、聴衆を引かせてしまっては元も子もないですけどね・・・。

見えないところでも努力する

パフォーマンスが上手い人というのは、もとから上手というわけでもないようですね。

見せ方、表現の仕方というものを常に研究しているのです。

人を惹きつける構成の仕方を勉強したり、自分の体の使い方や声の出し方など、一つ一つを努力しているのです。

それで、見えるところではその努力の結果が出ているだけであり、その時だけ上手くやっているわけではないでしょう。

上手くできている、ということはその背後に結果の伴う努力の積み重ねがあるのです。

それで、パフォーマンス力に優れている人は、自分の伝え方、見せ方、動き方というものが相手にどうとらえられるか、ということを常に考えているところがあります。

日常の中でも、何が人を惹きつけるのか、どうしたら人の心を動かすことができるのか、効率のよい方法は何か、ということを考えながら仕事をしていたり、練習をしていたりします。

常に頭を使っているわけですね。

なので、とかくパフォーマンスというのは人に見せるものなので、見えるところだけに目が行きガチですが、見えないところでの努力、つまり裏での努力こそが、人を惹きつけるパフォーマンス力をアップさせるといえるでしょう。