CoCoSiA(ココシア)

パフォーマンスが上手い人の18個の特徴


パフォーマンス力の高い人って、人をすごく惹きつける力がありますよね?

仕事でも、プライベートでも自分を表現する力がないと、なかなか大勢の人の中で注目してもらうことができないうえに、人の心を動かすことが難しいでしょう。

他の人の心に訴えるようなパフォーマンスができたら、もっと自分のことを見てもらえて、言うことや語ることに注目してもらうことができるようになりそうです。

パフォーマンス力が発揮されたり、試されたりする場面というのは、音楽とか芸とか、演技などに携わっている人だけでなく、仕事だったり、あるいは合コンなどのプライベートの状況の中でもありますよね!?

あなたも、パフォーマンス力に優れている人になりたい!って思いますか??

それならば、パフォーマンスが上手い人たちの特徴を知ることで、ヒントが得られるかもしれませんよ♪

この記事では、その特徴について詳しくご紹介していきたいと思います。

️パフォーマンスの上手い人になろう

みなさんは、これまで自分のパフォーマンス力の無さにがっかりしたことがありますか?

もしかしたら、自分の周りにパフォーマンス力に優れている人がいて、その人がみんなの注目をいっきに持っていってしまったために、自分という存在が一切隠れてしまった・・・という経験をしたことがあるかもしれません。

あるいは、何か演劇とか音楽のイベントなどで、ひときわキラキラと輝いて、心に訴えるようなパフォーマンスを見せてくれた人に感動して、憧れを持つようになったこと尾あるかもしれません。

”パフォーマンス”というと、人に何か見せる際に人目を引くこと、心を動かすことのために必要とする表現力というイメージがありますよね。

あと、「パフォーマンスがいい!」という言葉をよく聞くときには、あるものの性能とか効率がいい、ということを意味することもあります。

いずれにしても、パフォーマンスがいい、とかパフォーマンスが上手いということは、つまり相手の心に訴えることができているということです。

何か人目を引こうとするときに、相手の印象に残ること、相手の感情までも動かすことができないと、成果や結果は得られませんね。

相手に響く素晴らしいパフォーマンスをするために


それで、相手に響くような素晴らしいパフォーマンスができたらいいと思いませんか??
自分を表現したり、良さをアピールしたりするときに、相手にそれがしっかりと伝わるような仕方でできるなら、もっともっと注目を集めることができるはずです。

つまり、パフォーマンス力に優れている人というのは、見せる力を持っているということですよね。

そして、仕事においては効率がよく、人の期待にまさに応え、さらに期待以上の働きを見せることができる人もいます。

でも、パフォーマンス力というのは、どうしたら磨くことができるのでしょうか?

パフォーマンスが上手い人の特徴を知ろう

パフォーマンスがもっと上手くなって、人の心の響くような仕方で自分を表現したりアピールすることができるようになるためには、そのコツを知ることが必要だと思いませんか?
でも、なかなかそのコツというのが自分で見つけるのが難しいんですよね。

そこで、パフォーマンスが上手い人の特徴を探してみるのはどうでしょうか??

きっとあなたの周りにもパフォーマンスが上手い、と思う人がいることでしょう。

こんな風に自分もできたらいいのにな・・・と思うお手本のような人がいるかもしれません。

そんな、目標とか憧れを持てる人たちの、自分の見せ方というものを分析することによって、自分のパフォーマンス力を引き上げることができるかもしれませんね!

️パフォーマンスが上手い人の18個の特徴


パフォーマンスをするときには、人目を引かないといけません。

では、どうしたら人の目をくぎ付けにするような、魅力的で、心に響くようなパフォーマンスができるのでしょうか?
パフォーマンスが上手い人の、18個の特徴を調べてみましょう♪

声が大きくよく通る

まず、これが大きくよく通るだけで存在感が違いますよね。

ミュージカルなどでも、美しく心まで響いてくる声を持っている人は、人を感動させることができます。

遠くまでよく響く、美しい声をしている人の話し方は、ちょっと一般の人の話し方とは違うことにお気づきかもしれません。

何か、人に伝えたいと思うなら、その人に”聞かせる”ことができなくてはいけません。

聞かせるためには、よく聞こえる声で話す努力をしなければいけないんですね。

音楽や演劇など以外にも、例えば、どんなに内容が素晴らしいプレゼンテーションをするとしても、声が小さくて聞き取りにくいと、それだけで興味が薄れませんか?

聞こえない、聞こえにくいことをあえて聞こうとするほどの、もともとの興味があるならば別ですけど、普通は聞こえづらいことにイライラしてしまったり、それだけで関心が無くなってしまうことがあります。

声が小さい、ということにはいろいろな原因があるでしょう。

ストレスがかかったり、緊張してしまうと声帯が固くなって声が出なくなります。

しかし、ボイストレーニングなどで声を大きくすることや、よく響く声を手に入れることができます。

ボイストレーニングでは、口、鼻、のど、声帯の動きなどを学ぶことができ、単に口から音を出すというのではなく、音を頭に響かせるような声の出し方を学べるようです。

よく、腹から声を出すように!と言われますけど、腹から声を出すとはいったいどうゆうことなのか?とよくわからない方も、トレーニングを受ければ声の出し方が変わって、声の質や声量が全然ちがうものになるでしょう。

いつも大きな声で話すということではなく、その場にあったボリュームで、気持ちを声に乗せて、こまかい変化も上手に表現できるように話すことができるようになるなら、他の人の心にまで到達するような話し方ができるようになれますね。

体全体を使う

パフォーマンスをする時には、体全体を使って表現します。

人に、何かを伝えたい場合やこちらに注目してもらいたい場合、自分の口だけで語っている人よりも、体を使いながら全身で伝えようとしている人とでは、伝わり方が違ってきますもんね。