解釈というと何だか硬い言葉のようにも感じ取れますが、歴史を遡るとこの解釈という言葉は、古代ギリシャに解釈術という言葉が用いられていたことからも、古くから使用されていた言葉だという事が見て取れるのです。

しかし、最近ではこの解釈という言葉が、理解と意味を混同して用いられることが多く、しっかり意味を理解できていない大人が増えている様です。

そこで今回は正しい解釈を理解する上でも、解釈についてご紹介いたします。

️解釈ってどういうこと?

まず初めに解釈についてご紹介する前に、解釈意味について知らなければ、おそらく本当の意味での理解というのは難しいでしょう。

そこでまず解釈の意味についてご説明します。

解釈の意味


解釈の意味の中には、文章に関する解釈だけではなく、人間の身ぶりや表情をはじめ、習慣や制度、宗教や学問、芸術等を「何が、何を、どうする」といったように、方法論として取れ得て理解する事を言います。

ですので、例えばAという目的の為にAをどのようにして、Bをどのように用いてどうするのかという様に文法として理解をできていなければ解釈とは言えないという事なのです。

意味・内容を解きほぐし明らかにすること

解釈の意味の中には、意味や内容を解きほぐして明らかにする事を解釈というという様に、解釈について書かれています。

このような書き方をするとかなり複雑な言い回しになるため難しく捉えがちですが、そんなに難しく考える必用はありません。

また、自分なりに考え理解する事とも書いてあり、理解と解釈をごちゃまぜにしてしまうのには、このような事が原因なのかもしれませんね。

意味・内容を説明すること

意味や内容を説明する事となっていますが、この様に書いてしまうと少々難しく聞こえてしまいますよね。

そこで簡単に説明をすると、例えば、百人一首という物があります。

この百人一首の中で自分が気になる物を一つ選びその歌が詠まれた背景や、情景という物を理解して歌の持つ意味や内容という物を説明できて初めて、解釈ができていると言えるのです。

自分なりに考え理解すること

また、解釈という物は、自分の言葉や知識を持ってするため、人によっては少々意味が違ってきます。

しかし解釈という点で見ると、その解釈には間違っていようが、正しかろうが解釈として成立してしまいます。

例えば、仲の悪い人から褒められたとしましょう。

しかし、この場合人によってはこの人の行為の意味を善意として解釈する人も居るでしょうし、褒めたのでは無く嫌味として受け取ってしまう人も居る事でしょう。

この様に受け取り方によって人それぞれに善意にもなれば悪意にもなってしまうというのが、解釈という物なのです。

解釈は何に対して使うのか


解釈という言葉は、言葉を用いる対象があるため、その対象以外には利用する事はあまりありません。

また、その対象は幅広く、種類も豊富なのですが、必ずしもその物が意味を持つような事などに対しての物となってきます。

ここからは、解釈を使う対象についてご紹介致します。

言葉

言葉という物は、発したとおりの言葉の意味として取られることは少なく、度々違う意味の言葉として解釈されがちです。

例えば、子供が騒いでいる際に、「うるさい」と言っても、「うるさい」としかとらえないでしょうから、声のボリュームを一瞬下げますが、徐々にボリュームが元に戻ってしまいます。

これは子供たちは悪くありません。

「うるさい」と言われただけで「静かにしろ」とは言われていませんもんね。

しかし大人であれば「うるさい」と言われた場合に、言葉の持つ別の意味を解釈するので、「うるさい」というを言葉を伝えるだけで、静かになってくれます。

これは言葉の解釈の典型的なパターンであり、おそらく皆さんが日ごろ行っている解釈という物でしょう。

文章

文章にも言葉と同様に色々な解釈があります。

最近では良く聞くのが無料の通話アプリLINEでのやり取りによる、文章の解釈の違いによるやり取りです。

特に私が危険だと感じる文章が、「私は、大丈夫です」という物です。

話の流れで解釈すると様々な解釈ができる文章であるため、多くの方が使ってしまいがちなのですが、この大丈夫ですという言葉は、表情と声と文章を使って初めて相手に伝わるものなのです。

しかしこれを文章だけに頼ってしまうと思いもがけないトラブルに遭遇してしまいます。

例えば、友人からの誘いを断る際に「大丈夫」と断ったとしましょう。

しかし友人は「その日は付き合えるよ」という意味で解釈してしまったとします。

断った貴方は勿論待ち合わせの場所には表れず、友人は待ちぼうけをくらってしまいます。

そうする事で信頼関係にひびが入ってしまう事も考えられるのです。

ですので、断る際には「大丈夫」という曖昧な文章ではなく、はっきりとした意味のある文章でで断る事が大切でしょう。

言動

言動とは、発言と行動という様な意味の言葉です。

この言動にも多くの解釈があります。

というのも本人はそんなつもりじゃ無かったにも関わらず、言葉が足りない為に誤解を生んでしまう事があります。

言動とは相手の発言や行動に対して使う言葉なのですが、例えば良く言動が不審な男が逮捕されたという様なニュースを耳にするかと思います。

この様に言動という場合には相手の発言や行動で、自分の発言や行動に用いる場合には言行と言う言葉が相応しいでしょう。

ちなみに良く私の父がやるのが、「子供を早く寝せなさい」と私に言うのですが、寝せようとすると子供とじゃれ始めます。

これでは早く寝かしつけようにも言った本人がじぇれているので寝かせる事はできませんよね。

このような場合に言動が違うという様に使用します。

身ぶり

身にも色々な意味が存在しているため、人や国によって全く違った物になっています。

というのも良くあるのが、親指を上に向けたgoodの意味を持つとされている物は、アメリカや日本では通じますが、イランなどでは、あいてを侮辱する意味があるらしく、絶対に使ってはいけません。

良く身ぶり、手ぶりで会話ができたという事がありますが、国によって違いがあるため、間違った解釈をされれしまうという事もあるようです。

表情

日本人はどこの国の人たちよりも相手の顔色を伺う事に長けている民族だと言われています。

しかし、表情というものは、喜怒哀楽を表してはいますが、表情を面に出すのが苦手な人も居ますよね。

例えば、楽しいのに、楽しそうに見えないという様な、場合には、相手に楽しくないの?とは聞けませんから、あの人は楽しくないんだと勝手に解釈をしてしまいます。

しかし、勝手に自分が解釈しただけですから、相手は多いに楽しんでいるのです。

この様に表情の解釈には度々誤解という物が付きまといます。

出来事

歴史的な出来事については、多くの人たちが自分なりにその頃の時代背景や、政治の側面、当時の文献等の手がかりから、多種多ような解釈をされています。

修行などで習うのはその中でも一番可能性の高い物を学習するようですが、必ずしも学者の人たちの解釈という物が正解だとは限らず、何年かに一度、修正がされているようです。

習慣

習慣という物は個人でも違いますし、都道府県毎でも違います。

また世界に目を向けてみると、国によってまた民族によっても違っているのです。

その様な違いのある習慣を、自分なりの解釈ではなく、しっかりと理解する事の方が大切と言えるでしょう。

何故なら、解釈は自分なりに答えを決めるものであるため、必ずしも正解だとは限らないのです。

例えば、子供たちはこの習慣の中で、自分たちで解釈して物事を覚えるため最初は間違いをおこし易くそれをしっかりと正しい方向へ導くのが親の責任と言えるものなのです。

制度

制度については、皆さんそれぞれ解釈が違うと思います。

一番身近な、物で言うと信号機があるのですが、この信号機、「赤は停まれ」「黄色は◯◯」「青は◯◯」
と解釈されているはずです。

◯◯の中に入る物は何でしょうか。

おそらく、バスや運送業の運転手さんは「黄色は(も)停まれ」と解釈していませんか。

しかし、多くのドライバーの方が「注意」と解釈しているように見受けられます。

黄色は「停まれ」が正しいのです。

更に多くの人が「青は進め」と解釈していませんか、良く信号待ちをしていると、前方の車が進まない為に警笛を鳴らしている車を見かけますよね。

おそらく多くのドライバーの方が間違った解釈なんだろうなと思うのですが、「青は可能であれば注意して進んでも良い」なので、進みたく無ければ進む必要はありませんし、クラクションを鳴らすのは間違いだと言う解釈の人も居る様なのです。

確かに、青信号は「進め!」ではなく「進んでも良い」となっていますので、間違った解釈で運転をしないようにしましょうね。

宗教

宗教は世界中に溢れています。

そして宗教活動への解釈も人それぞれです。

何故勝手な解釈がされているのか、それはやはり宗教が信者以外には、しっかりと理解されるにまでには活動がなされていないからなのでしょう。

しっかり理解をされていれば間違った解釈はされる事は無いのです。

例えば、仏教や信教、キリスト教等の世界的にも信者が多く、身近な宗教であればどのような解釈をしていても間違えた解釈はしないでしょう。

しかし、日本のその他の宗教や、世界のその他の自分たちとはあまり馴染の無い宗教に関してはほぼほぼ間違えた解釈をしてしまうのです。

これは、知識が乏しい故なのかもしれませんね。

学問

学問の中での解釈とは、理解へ導くための物だと言えるでしょう。

というのも、答えは1つかもしれませんが、その答えを導き出す方法は複数存在するという事と、解釈し教える事によってより理解が深まるという効果も生まれます。

例えば、数学でなかなか公式が覚えられない子が居たとしましょう。

この場合、公式の使い方を理解できていないのでは無く、使うタイミングや公式を使う意味を解釈できていない若しくは間違えた解釈をしているという可能性があります。

しかしその場合少し解釈について教える事で理解するという事ができるようになるのです。

芸術

芸術作品は、作品の制作された背景や情景という物を見ていくことで、作者の政策過程での心
の変化という物を解釈できるのです。

しかし、解釈できたからと言ってその答えが正しいとは限らないので、人に語るよりも自分の中での作品の評価という意味で持っていても良いのかと思います。

作品に触れて、解釈して初めて作者の思いが理解でき、更には作品に愛着が湧くのです。

️解釈と理解の違い

解釈と理解というと同じ言葉のように感じますが全く違うのです。

人の話を聞いても、解釈だけをしていると本当の意味が伝わっていないなんて事もあります。

例えばその逆で、解釈はできてないけど、言っている事は理解できた何て事ありますよね。

勝手な解釈で仕事をして失敗をするのではなくしっかりと理解をしてやらないから失敗するんだ何て怒る上司も居ますので、やはり「解釈」と「理解」別物の様です。

では、この「解釈」と「理解」とはどのようい違うのでしょう。

理解の意味

物事を理解するって言いますよね。

理解するって言葉で言われても何となくは分かるけど、どういう事かと効かれると説明が付きませんよね。

確かに理解と言いうのはとても説明が難しいかもしれません。

しかし、「解釈」と「理解」の違いをしっかりと理解するためにも、「理解」とは
どのような事なのかをしっかりと理解していきましょう。

【理解の意味や使い方については、こちらの記事もチェック!】

物事の道理や筋道が正しくわかること

理解をしていると、何をするのしても、しっかりとした事が説明ができると思います。

もし仮に、今から何か本を読んで、その読んだ本に書いてある事がしっかりと理解ができていれば、感想文を書いたり、人に教える事もできるのではないでしょうか。

単にこの本は面白い、この本は泣けたという様な感想しか出ないのであればそれは理解とは違った物だという事です。

例えば、ほんの物語の中盤位になって自分の解釈で、主人をめちゃくちゃ良い人に下とします。

しかし読んでいくにつれて、人間的な部分も出てきて、かなり人間臭い作品だったとしましょう。

この場合解釈をした時点では前半の主人公を見て本当の主人公象を理解していなかったと言えるのではないでしょうか。

この様に、たとえ現実の世界であっても、自分は昨日嬉しい事があり、友人に話したところ、自慢話だと言われた経験は誰にでも荒はずです。

これは、相手が貴方の嬉しいという感情は理解せず、前後の文脈や会話の中で、単に貴方の態度や話し方について自分が感じたままに出した答えつまり「解釈」だと言えるでしょう。

人間は難しい生き物で、相手の会話の中に、自分の経験値や感情を居れ脚色してしまう事で、相手の気持ちを理解しにくくする技を持っている為、貴方の嬉しいという気持ちを理解できず「自慢」だと解釈してしまうのです。

意味・内容をのみこむこと

理解とは、解釈の後にあるものではないでしょうか。

というのも、解釈は、自分の経験や体験などを元に自分で納得して出す答えだからです。

更にその答えと相手の話の端々にある言葉の意味や内容を、

照らし合わせ間違っている場所を発見して噛み砕きのみこむ事で、その話の内容が理解できるようになるのです。

いうなれば、解釈は「仮説」と同じような意味を成すものだだという事なのです。

勿論仮説はしっかりと、検証されて答えになっていくのですが、この検証し導き出した答えが「理解」なのです。

理解には正解がある

理解とは、言ってみれば算数の様なものでは「ないでしょうか。

というのも、自分の経験や知識を使って行う解釈は間違っていることがありますが、必ずしも答えは一つではありません。

一方算数である、理解はというと、答えは複数存在する事は無く、解釈したものを検証して導き出すために、必ず正解と言う物が存在してしまうのです。

例えば、相手の気持ちを解釈した状態でzドバイスをしてしまうと何とも奇天烈な事をアドバイスしてしまいます。

しかし、しっかり理解してアドバイスする事で良いアドバイスという物はできるのです。

1つの的を得る為に必要な答えそれが理解なのです。

ですが、人の気持ちを読み取るのには、少々経験も必要なため、一朝一夕でできるものではありませんよね。

つまり、何が言いたいかというと、人の気持ちを理解しようとする気持ちがまずは、大切だなのです。

解釈は自分なりの答えを出す

理解は、政界のあるものだとお伝えしましたが、では解釈はなんなのでしょうか。

平たく言えば解釈とは自分なりに答えを出してみるという事、すなわち国語の様な物です。

というのも、国語は算数と違ってどちらかというと、感性が物を言います(漢字は別ですが)ので、物語を読んで感じた事を書きなさいという問題がある場合に、答えは10人居れば10通り存在している為、答えは1つだけでは無いのです。

感じたことを書く、これこそが「解釈」という物なのですが、自分の気持ちや経験によって導き出した答えが解釈なのです。

ですので、解釈には体調や、その時の感情によって良くも悪くも変化を遂げるという2面性があるのです。

そのことから、解釈とは自分の中で完結の出来る、非常に人々にとって都合の良い物だと言えるのではないでしょうか。

ですので、人の感情や気持ちは解釈するという事は間違いが起きてしまう原因となり得ると言っても過言ではないでしょう。

️解釈の使い方

自分の中で完結できる解釈ですが、実際には、どのように使うの事ができるのでしょうか。

社会人にもなって解釈という言葉の使い方を知らなければ恥を書いてしまう事だって十分に考えられます。

そうなってしまわない為にも、正しい解釈の使い方を知っておく事が大切なのです。

この本の解釈を述べる

本についての解釈を述べると言う際には、本に対しての内容の理解は必要ありません。

そんな事をしたら間違うかもと思われると言う方も少なくは無いでしょう。

しかし、それで良いのです。

というのも、解釈は理解ありきの言葉では無いので、自分が感じ思ったことを述べるだけで大丈夫です。

ですので言ってみれば、国語のテストの答えと同じですよね。

「上の文を読んで答えなさい」的な質問では、みんなが正解になっているのに、答えがバラバラだという様な問題がありました。

これはおそらく、理解というよりも、同じワードが出てくるレベルの解釈で良いという物だったのでしょう。

自分の感性でかき上げるという物の中で、同じ様な物が私は読書感想文では無いかと思います。

読書感想文も自分が思った事を思ったように書いていきますから、解釈さえできていれば噛んっ単に作成する事は可能という事なのです。

しかし、仮に本について論文を書く際には理解が必要なため解釈した事を述べてもダメですので注意が必用なのです。

というのも、論文を書く際には、個人的な意見も確かに必要ですが、個人の感情出だした答えというフワフワした物よりも、しっかりとした本に関する知識等を一緒に説明する必要があるため、その場合には理解が必用で、今回の思った事を述べるのであれば解釈さえできていれば良いという事になります。

そのように解釈できる

「その様に解釈できる」と使い方は、曖昧な書き方をしてある、文章について自分での見解を見出した時に使う事が多いようです。

どういうことかと言うと、Aという事象について書いてある文章なのだろうけれどAという事象については触れていない様な時です。

また拡大解釈という時には「その様に解釈できる」と使う事もあるようです。

例えば、日本の現在の憲法では、侵略を目的とした戦争はできなくなっています。

あくまでも自衛が目的では無いと攻撃をしません。

これは皆さんもご存知の通りだと思います。

しかし、どのラインからが自衛になるのかの線引きってされていませんよね。

この場合、判断はその時の防衛省や内閣などに委ねられているのでしょうが、個人底な解釈を言えば、日本を将来脅かす恐れがある国で、完全に敵意を剥きだしにして挑発行動を繰り返しているような場合には、将来的な国内への攻撃から自衛するという解釈ができるため、攻撃をしてしまう様な事が起きてしまうかもしれないのです。

(戦争を助長している訳ではありません)

この様に、憲法という様な大切な文章であっても、しっかりと線引きがされていない為に、防衛省が攻撃を指示した際に「線引きがなされていないので、その様に解釈できる」と言ってしまう事も十分考えられますよね。

その様な事にならないとは言い難い物を感じますね。

解釈を間違える

解釈とは、それぞれの感情や考え方によって変わるものですから、しっかりと考えて解釈をしなければ間違えて解釈をしてしまう事になりかねません。

というのも、感情論等に頼っていては、本当に大切なものが何なのかという事を見落としてしまうという事になってしまうのです。

その為間違った解釈をしてしまうと、周りの人に迷惑が掛かるなどの弊害も出てきます。

また、相手がいるのであれば、相手の感情を考えていない勝手な解釈ではあいてを傷つけてしまう事もあり得るのです。

例えば過去に旅行会社が旅行業法の解釈を間違えるという事がありました。

それは、自治体主催の子供ツアーが相次いでキャンセルになるというものでした。

これは、旅行会社が旅行業法の解釈を間違えたのが原因でした、自治体の主催ですから、営利目的では無いので、反復性や不特定多数に対する募集でない事が原因だった様なのですが、この事で、子供たちは勿論、自治体や観光庁などにも迷惑が掛かったのです。

このような事にならない為にも、解釈をする際には、しっかりとした判断が必要なのだという事がお分かりいただける事でしょう。

自分の良いように解釈する

解釈は自分の感情や自分の気持ち、経験等から導き出されるものですから、中には自分の良いように解釈している人が多いようです。

特にその事が顕著に出ているのが、放送法に関する解釈ではないでしょうか。

というのも、放送法64条を消費者側もNHKの代理人もお互いに都合よく解釈しているようで、良く言われるのが「放送法の64条に受診装置を設置した際には受信料を支払わなければいけないと定められています」という物ですが、これは自分の良いように解釈しているだけで、64条には契約の義務は定めてあっても支払いの義務は書いてありません。

あくまでも受信料というのは契約によって支払いの必要が出てきますが過去にNHKの受信料を義務化できないかと言った会長が居たことから契約は義務でも支払いは義務では無いと解釈できるのです。

また消費者側も、見てなければ払う義務はないと言っている人がいるようですが、テレビを見るために置いたら契約の義務があるので、見てませんは通用しないのです。

この様に人は時に自分の良い方に解釈してしまう為、間違っていても間違っていないと思ってしまうのです。

この件はどう解釈すれば良いか

社会人になると、上司から言葉足らずの仕事を回される事もあります。

そんな時に一番考えてしまうのがどのように解釈したら良いものかという事です。

というのも、説明がしっかりしていない為、解釈しようにも解釈できない様な時が必ずあるもので、その様な時には、もう一度確認をする事が必用だと言えるでしょう。

解釈の違いによって怒られてしまうよりは、解釈ができるまで聞く方が後々面倒ではありませんし、勝手な解釈でと言われる事もありません。

様は、上司も勝手な解釈をしている事があるので上司のせいにしてしまえば良いだけの話なのです。

しかし何だかんだと言っても、最終的に解釈するのは自分なのですから、目の前にある情報と、周りの環境を考慮して解釈しても良いのかもしれませんね。

意味を捻じ曲げて解釈する

これは、自分の良いように解釈するのと同じような事なのですが、この場合は少し違い、事実を捻じ曲げてしまうという点で、全く別物と言っても良いでしょう。

この様になってしまう理由としては、自分が正しいという気持ちが念頭にあるという事なのです。

例えば、算数で1+1が2になるという事は誰もが知っている事なので曲げようがありませんが、現実には、事実と異なった事を報告してしまう人が居たり、文章で掛かれている報告文が事実とは違うように受け取られてしまう事もあるのです。

例えば、煙草を吸ってはいけないけれどIQOSならば吸って良いという若者がいたり、パン屋さんで支払いをするんだからと言って先に食べてしまうという様な事をする人が居ます。

勿論買い物をするのだから、支払いをして食べるのが普通の解釈ですし、タバコがダメならばたばこの派生したIQOSを吸ってはいけないのは当然の事なのですが、その様な事実を曲げた解釈により多くの人に迷惑が掛かってしまう事が多々あるようです。

️解釈を意味を正しく覚えよう

しっかりとした解釈をするためには、まず解釈がどのような物なのかを知る必要があるでしょう。

というのも解釈という言葉に隠されている言葉やその関係性のある言葉をしっかりと意識する必要があり、自分の気持ちや体調によっても変化するものだという事を知っておく必要があるのです。

また、理解という言葉の前に来る言葉が解釈であり、自分の言葉や知識、経験則によって解釈してことについて納得し、更にそれを頭の中で、検証したりする事で理解に代わっていく物だと言えるでしょう。

社会人として、自分の感情に流されてしまいそうになる事もあるかもしれません、しかし今目の前で怒っている事の側面を見る事によってより正確に物ごとを解釈していけるのでは無いでしょうか。

例えばそれは、日常的な生活の中において、子供が親の言葉を解釈し、言葉で表現できるようになるような物なのかもしれません。

間違った解釈は人に迷惑を掛けてしまい、人を傷つける事があるとしっかりと肝に銘じておきましょう。

そして、理解が必要な場面で、解釈という言葉を使ってしまう事が無いようにしましょう。

必要な場面で必要な言葉を正しく使ってこそスマートな大人という物です。

ですので、誰かの話や気持ちが絡む様な事柄に関しては、理解をし、そそ他の場面ではしっかりと解釈をする様にしていけば周りの人たちとも良好な関係を築いていけるのかもしれませんね。

最初は使い分けるのにも少し戸惑うかもしれませんが、慣れてくると意外と簡単だったりもしますので、最初は意識をしていきましょう。