CoCoSiA(ココシア)

解釈とはどういう意味?使い方を紹介します

解釈とはどういう意味?使い方を紹介しますのイメージ写真
解釈というと何だか硬い言葉のようにも感じ取れますが、歴史を遡るとこの解釈という言葉は、古代ギリシャに解釈術という言葉が用いられていたことからも、古くから使用されていた言葉だという事が見て取れるのです。

しかし、最近ではこの解釈という言葉が、理解と意味を混同して用いられることが多く、しっかり意味を理解できていない大人が増えている様です。

そこで今回は正しい解釈を理解する上でも、解釈についてご紹介いたします。

️解釈ってどういうこと?

まず初めに解釈についてご紹介する前に、解釈意味について知らなければ、おそらく本当の意味での理解というのは難しいでしょう。

そこでまず解釈の意味についてご説明します。

解釈の意味

解釈の意味を解説している女の子
解釈の意味の中には、文章に関する解釈だけではなく、人間の身ぶりや表情をはじめ、習慣や制度、宗教や学問、芸術等を「何が、何を、どうする」といったように、方法論として取れ得て理解する事を言います。

ですので、例えばAという目的の為にAをどのようにして、Bをどのように用いてどうするのかという様に文法として理解をできていなければ解釈とは言えないという事なのです。

意味・内容を解きほぐし明らかにすること

解釈の意味の中には、意味や内容を解きほぐして明らかにする事を解釈というという様に、解釈について書かれています。

このような書き方をするとかなり複雑な言い回しになるため難しく捉えがちですが、そんなに難しく考える必用はありません。

また、自分なりに考え理解する事とも書いてあり、理解と解釈をごちゃまぜにしてしまうのには、このような事が原因なのかもしれませんね。

意味・内容を説明すること

意味や内容を説明する事となっていますが、この様に書いてしまうと少々難しく聞こえてしまいますよね。

そこで簡単に説明をすると、例えば、百人一首という物があります。

この百人一首の中で自分が気になる物を一つ選びその歌が詠まれた背景や、情景という物を理解して歌の持つ意味や内容という物を説明できて初めて、解釈ができていると言えるのです。

自分なりに考え理解すること

また、解釈という物は、自分の言葉や知識を持ってするため、人によっては少々意味が違ってきます。

しかし解釈という点で見ると、その解釈には間違っていようが、正しかろうが解釈として成立してしまいます。

例えば、仲の悪い人から褒められたとしましょう。

しかし、この場合人によってはこの人の行為の意味を善意として解釈する人も居るでしょうし、褒めたのでは無く嫌味として受け取ってしまう人も居る事でしょう。

この様に受け取り方によって人それぞれに善意にもなれば悪意にもなってしまうというのが、解釈という物なのです。

解釈は何に対して使うのか

解釈は何に対して使うのか考えている女の子
解釈という言葉は、言葉を用いる対象があるため、その対象以外には利用する事はあまりありません。

また、その対象は幅広く、種類も豊富なのですが、必ずしもその物が意味を持つような事などに対しての物となってきます。

ここからは、解釈を使う対象についてご紹介致します。

言葉

言葉という物は、発したとおりの言葉の意味として取られることは少なく、度々違う意味の言葉として解釈されがちです。

例えば、子供が騒いでいる際に、「うるさい」と言っても、「うるさい」としかとらえないでしょうから、声のボリュームを一瞬下げますが、徐々にボリュームが元に戻ってしまいます。

これは子供たちは悪くありません。

「うるさい」と言われただけで「静かにしろ」とは言われていませんもんね。

しかし大人であれば「うるさい」と言われた場合に、言葉の持つ別の意味を解釈するので、「うるさい」というを言葉を伝えるだけで、静かになってくれます。

これは言葉の解釈の典型的なパターンであり、おそらく皆さんが日ごろ行っている解釈という物でしょう。

文章

文章にも言葉と同様に色々な解釈があります。

最近では良く聞くのが無料の通話アプリLINEでのやり取りによる、文章の解釈の違いによるやり取りです。

特に私が危険だと感じる文章が、「私は、大丈夫です」という物です。

話の流れで解釈すると様々な解釈ができる文章であるため、多くの方が使ってしまいがちなのですが、この大丈夫ですという言葉は、表情と声と文章を使って初めて相手に伝わるものなのです。

しかしこれを文章だけに頼ってしまうと思いもがけないトラブルに遭遇してしまいます。

例えば、友人からの誘いを断る際に「大丈夫」と断ったとしましょう。

しかし友人は「その日は付き合えるよ」という意味で解釈してしまったとします。

断った貴方は勿論待ち合わせの場所には表れず、友人は待ちぼうけをくらってしまいます。

そうする事で信頼関係にひびが入ってしまう事も考えられるのです。

ですので、断る際には「大丈夫」という曖昧な文章ではなく、はっきりとした意味のある文章でで断る事が大切でしょう。

言動

言動とは、発言と行動という様な意味の言葉です。

この言動にも多くの解釈があります。

というのも本人はそんなつもりじゃ無かったにも関わらず、言葉が足りない為に誤解を生んでしまう事があります。