CoCoSiA(ココシア)

解釈とはどういう意味?使い方を紹介...(続き3)

芸術作品は、作品の制作された背景や情景という物を見ていくことで、作者の政策過程での心
の変化という物を解釈できるのです。

しかし、解釈できたからと言ってその答えが正しいとは限らないので、人に語るよりも自分の中での作品の評価という意味で持っていても良いのかと思います。

作品に触れて、解釈して初めて作者の思いが理解でき、更には作品に愛着が湧くのです。

️解釈と理解の違い

解釈と理解というと同じ言葉のように感じますが全く違うのです。

人の話を聞いても、解釈だけをしていると本当の意味が伝わっていないなんて事もあります。

例えばその逆で、解釈はできてないけど、言っている事は理解できた何て事ありますよね。

勝手な解釈で仕事をして失敗をするのではなくしっかりと理解をしてやらないから失敗するんだ何て怒る上司も居ますので、やはり「解釈」と「理解」別物の様です。

では、この「解釈」と「理解」とはどのようい違うのでしょう。

理解の意味

物事を理解するって言いますよね。

理解するって言葉で言われても何となくは分かるけど、どういう事かと効かれると説明が付きませんよね。

確かに理解と言いうのはとても説明が難しいかもしれません。

しかし、「解釈」と「理解」の違いをしっかりと理解するためにも、「理解」とは
どのような事なのかをしっかりと理解していきましょう。

物事の道理や筋道が正しくわかること

理解をしていると、何をするのしても、しっかりとした事が説明ができると思います。

もし仮に、今から何か本を読んで、その読んだ本に書いてある事がしっかりと理解ができていれば、感想文を書いたり、人に教える事もできるのではないでしょうか。

単にこの本は面白い、この本は泣けたという様な感想しか出ないのであればそれは理解とは違った物だという事です。

例えば、ほんの物語の中盤位になって自分の解釈で、主人をめちゃくちゃ良い人に下とします。

しかし読んでいくにつれて、人間的な部分も出てきて、かなり人間臭い作品だったとしましょう。

この場合解釈をした時点では前半の主人公を見て本当の主人公象を理解していなかったと言えるのではないでしょうか。

この様に、たとえ現実の世界であっても、自分は昨日嬉しい事があり、友人に話したところ、自慢話だと言われた経験は誰にでも荒はずです。

これは、相手が貴方の嬉しいという感情は理解せず、前後の文脈や会話の中で、単に貴方の態度や話し方について自分が感じたままに出した答えつまり「解釈」だと言えるでしょう。

人間は難しい生き物で、相手の会話の中に、自分の経験値や感情を居れ脚色してしまう事で、相手の気持ちを理解しにくくする技を持っている為、貴方の嬉しいという気持ちを理解できず「自慢」だと解釈してしまうのです。

意味・内容をのみこむこと

理解とは、解釈の後にあるものではないでしょうか。

というのも、解釈は、自分の経験や体験などを元に自分で納得して出す答えだからです。

更にその答えと相手の話の端々にある言葉の意味や内容を、

照らし合わせ間違っている場所を発見して噛み砕きのみこむ事で、その話の内容が理解できるようになるのです。

いうなれば、解釈は「仮説」と同じような意味を成すものだだという事なのです。

勿論仮説はしっかりと、検証されて答えになっていくのですが、この検証し導き出した答えが「理解」なのです。

理解には正解がある

理解とは、言ってみれば算数の様なものでは「ないでしょうか。

というのも、自分の経験や知識を使って行う解釈は間違っていることがありますが、必ずしも答えは一つではありません。

一方算数である、理解はというと、答えは複数存在する事は無く、解釈したものを検証して導き出すために、必ず正解と言う物が存在してしまうのです。

例えば、相手の気持ちを解釈した状態でzドバイスをしてしまうと何とも奇天烈な事をアドバイスしてしまいます。

しかし、しっかり理解してアドバイスする事で良いアドバイスという物はできるのです。

1つの的を得る為に必要な答えそれが理解なのです。

ですが、人の気持ちを読み取るのには、少々経験も必要なため、一朝一夕でできるものではありませんよね。

つまり、何が言いたいかというと、人の気持ちを理解しようとする気持ちがまずは、大切だなのです。

解釈は自分なりの答えを出す

理解は、政界のあるものだとお伝えしましたが、では解釈はなんなのでしょうか。

平たく言えば解釈とは自分なりに答えを出してみるという事、すなわち国語の様な物です。

というのも、国語は算数と違ってどちらかというと、感性が物を言います(漢字は別ですが)ので、物語を読んで感じた事を書きなさいという問題がある場合に、答えは10人居れば10通り存在している為、答えは1つだけでは無いのです。

感じたことを書く、これこそが「解釈」という物なのですが、自分の気持ちや経験によって導き出した答えが解釈なのです。

ですので、解釈には体調や、その時の感情によって良くも悪くも変化を遂げるという2面性があるのです。

そのことから、解釈とは自分の中で完結の出来る、非常に人々にとって都合の良い物だと言えるのではないでしょうか。

ですので、人の感情や気持ちは解釈するという事は間違いが起きてしまう原因となり得ると言っても過言ではないでしょう。