私たちは大人になると社会人になり、生きるために必要なお金を稼ぐために仕事を行わなければいけません。

もちろん、お金を稼ぐ事だけが仕事をする意義にはなりませんが、お金がなければ生きることはできない為、大多数の方がお金を稼ぐために働いているのは否めません。

社会人になると、これまで自分が生きてきた生活環境とは一変し、様々な厳しいことが待ち受けています。

人によってはその生活環境の変化が耐えられず、仕事を辞めてしまうような人も多く存在しています。

社会人になると、学生の時とは違って様々なシビアな面に直面し、理不尽な事などもたくさん経験するようになります。

だからこそ、しっかりと自分に与えられた仕事を管理し、ミスがないように努めなければいけません。

しかし、社会人になると様々な予定なども入ったり、タスクも多様化したりすることが予想されますので、全てを管理するのはとても大変です。

それでも、忘れていました、で話が通りません。

そこで、スケジュールを管理するのに便利な手帳の出番です。

あなたは手帳を積極的にビジネスシーンで活用していますか?
今回は手帳をテーマにして、手帳のおすすめの使い方などをご紹介していきたいと思います。

手帳を使っているけど、間違った使い方、正しい使い方が出来ていない人はたくさんいます。

今よりも効果的に手帳を使う事が出来る技はたくさんありますので、手帳を上手に使いこなせていない人は参考にしてください。

手帳を使っていますか?

社会人になると、手帳を使っている人はかなりの割合で存在しています。

人によっては学生の時から手帳を使って自分のスケジュールを管理していたという人がいるかもしれませんが、大体の方が社会人になってから初めて手帳を使い始めるパターンが多いです。

今や、手帳はビジネスシーンにおいて絶対に持っておかなければいけない必須のアイテムとして知られています。

なぜならば、ビジネスシーンにおいて相手から大切なことを聞いたり、相手と約束をしたりするときには必ず自分の手帳やスケジュールに書き込む必要性があるからです。

なので、社会人になると手帳を活躍するという利用シーンが多くなるからこそ、手帳が必要になります。

きちんと相手との約束や話した内容を覚えている人間であれば問題はないかもしれませんが、人間は基本的に忘れてしまう生き物です。

しかし、相手との約束を忘れてしまうということは失礼極まりありません。

一気に自分の信頼を貶めてしまう行為になってしまう可能性がありますので、そうしないためにも手帳を使って自分のスケジュールを管理したり、自分のタスクを管理するなどの活用方法をするのが原則となっています。

しかし、手帳を使ってはいるものの、いまいち自分なりに手帳をうまく使いこなせていないと感じている方はたくさん存在しています。

しかしそれはしょうがないことです。

なぜならば、人によって手帳の取り方は違い、上手な人と下手な人に分かれてしまうからです。

学生時代にノートを取ったりする事があったと思いますが、手帳の取り方が下手な人は大腿ノートの取り方なども下手な人が多いです。

そのような方は大体、使い方を勉強したり、工夫していない方がほとんどです。

しかし、自分なりにちょっと意識を変えれば見やすい手帳の書き方などが身に着けられるので、手帳の使い方が下手な方でも安心してください。

ちょっとした工夫を守れば各段に手帳の使い方は上手になります。

スマホで済ませている人も多い


最近ではスマートフォンを持っている人がかなり多くなっていますので、スマートフォンを手帳代わりにしている方もたくさんいます。

スマートフォンでも手帳のアプリなどが提供されていたりして、かなり高性能なものなどもたくさんありますので、ヘタに自分で手帳を取るよりも分かりやすく、管理しやすくすることが出来る場合もあります。

また、最近はかなり高性能のタスク管理アプリなど提供されており、複数人でアプリに登録することによってグループを作ったりしてタスクの共有をすることができるようになる場合もあります。

この世のアプリを使用することによって会社の中でチームが設定されている場合はチームでタスクを共有することができますので非常に便利です。

なので、上手に使えばチームワークをこれまで以上に向上させられる使い方が出来るようになります。

ただ、スマートフォンを使って手帳を取っている場合は、自社での内容くらいであれば問題ないかもしれませんが、自社以外の企業の方との場ではあまり適していません。

なぜなら、相手と打ち合わせなどをしている時にスマートフォンなどでカチカチ予定を入力したりしていると相手にとっては失礼な気持ちにさせてしまう可能性があるからです。

なので、きちんとした場以外ではスマホで済ませて、それ以外は手帳にする、などの使い分け等が出来るのが一番の理想です。

アナログだからこその魅力がある

スマートフォンを手帳代わりにするのもとても魅力的ではありますが、手帳はアナログだからこその魅力が存在しています。

決められた文言を予測変換でスマートフォンで入力していたりしてもなかなか記憶に刻まれるようなことはありません。

自分自身の手で考えながら文字を書き記して行くことによって、自分の記憶により深く刻むことができ、ミスを防げるようになる場合もあります。

また、スマートフォンの手帳などに関しては、決められた操作や工夫方法しか行うことが出来ない場合が多いですが、現実の手帳などはより細かな工夫をすることが出来るようになります。

例えば文字の大きさに関しても自分で考えて書く事によって、内容によって使い分けたりする事が出来ますので、パっと見た時に工夫をこなす事も出来ます。

スマホならば文字の大きさもおそらく統一されたりするので、細かい工夫が難しいですよね。

このように、アナログだからこその魅力というものがいくつも存在しています。

なので、スマートフォンの手帳かアナログの手帳、どちらが自分にとって良い選択なのかということをよく考えて選ぶことが後悔しないポイントになり得ます。

手帳の使い方おすすめ6選


手帳は使い方によって見やすさが格段に変わってきます。

なぜならば、手帳を工夫して記入することによってわかりやすさも上がれば、自分の抱えている問題・スケジュールをすぐに把握することもできるようになるからです。

では、手帳をどのようにして使えばいいのかと考えた時に、手帳のおすすめの使い方はいくつか存在しています
そのポイントさえ踏まえれば、誰でもきれいに手帳を記入することが出来るようになります。

なので、ここからはそのおすすめの使い方のポイントをいくつか項目別にご紹介していきますので、手帳の使い方が下手だと嘆いている方は参考にして、上手に手帳を記入することができるように日常生活に取り入れてみてください。

1、予定の種類によってペンの色を変える

手帳を上手に使うためには、手帳にスケジュールを書き込む際に種類によってペンの色を書き換えたりすることがおすすめです。

なぜ予定の種類によってペンの色を変えると綺麗に使うことができるのかと考えた時に、便の色を変えることによってその色を見ただけでどういう予定の種類なのかということがすぐにわかるようになるため、スケジュールの把握が一目見ただけでしやすくなるのです。

なので、予めどういう予定はどういうペンの色を使うということを頭の中に決めておけば、綺麗に手帳を使いこなせるようになるはずです。

しかし、人間は忘れる生き物なので、どういう予定の種類がどういう色だったか忘れてしまう可能性もあります。

その時には、予め手帳のどこかにどういう色はどういう予定の種類なのかということを決めておけばすぐにわかるようになると思いますので、書いておくようにしてみましょう。

そうすることによってきちんと予定の種類によってペンの色を使い分けることができるようになり、結果的に手帳を上手に使うことができるようになるということです。

5色くらいがベスト

予定の種類によってペンの色を変える際には5色くらいがベストな使い分けになります。

なぜ5色なのかと考えた時に、5色程度だとペンの色を用意するのも楽ですし、あまりにも少なすぎるとどうしても使い分ける時に不便に感じたりする場合があります。

また、多すぎるのもペンの色を増やさなければいけないですし、全ての種類を暗記すること自体が少し難しくなったりする場合もあるので、だからこそ5色程度で使い分けるようにした方が見やすく継続して使うことが出来ます。

色はどうしても自分の中で連想させるイメージを持つことができやすいので、種類を見分けるのにとても優れています。

例えば一般的に考えると、赤色の色を見た時には重要、危険、注意などの連想があると思います。

なので、自分にとって重要な事だった場合には赤の色を使ってみたり、完全に自分のプライベートなことを書くのであればその反対の青色で書いてみたりするなどして工夫するだけで、色の印象で使い分けなども簡単にできるようになりますよ。

自分の手帳が後から見返した時に、見にくいと感じている方はこのように色で使い分けて工夫してみてください。

2、シール等で自分だけのアレンジを加える

ちょっとした工夫で手帳を上手に使うためにはシール等で自分だけのアレンジを加える事もおすすめです。

なぜシール等でアレンジを加えると上手に使えるようになるのかと考えた時に、シールなどを使うことによってたら文字を書くだけよりも格段に手帳を見やすく記入することが可能になるからです。

例えば、先ほどはペンの色を使い分ける事で手帳が見やすくなるとお伝えしましたが、見方を変えて考えてみると全て黒一色に書いたとしても、重要なところだけ赤いシールを貼るようにしてみれば、それだけで簡単に区別化することができるようになるのです。

もちろんシールだけに頼らずにペンで色を変えてみても良いとは思いますが、シールを使うことによって応用することもできるということを理解してください。

また、シールの中にはかなり利便性の高いシールなどもたくさん存在しています。

シールに直接書き込むができるようなものもあったりしますし、立体的でおしゃれなシールなどもたくさんありますので、その時の気分によって手帳をデコレーションしてみるとさらに楽しい気分になってスケジュール管理が楽しくなるはずです。

手軽なのはデコレーションテープ

手帳を上手に使うために出来る工夫の中で、大きく活躍することができるテープの種類としてはデコレーションテープが存在してます。

デコレーションテープという言葉を聞いたことがない方は、どのようなテープなのか予想がつかないかもしれませんが、デコレーションテープは自分の様々な日常性活を表現しているようなアイコンがたくさん記載されているシールです。

例えば、友達と一緒に食事をしたりするようなことがあると思いますが、そのような時にはデコレーションテープの中のイベント項目の食事アイコンのシールをはれば、それだけで視認することが出来る利用になります。

また、会社で飲み会があったりする時には同じように、飲み会を表すビールのアイコンのシールを貼り付けることによってすぐに見分けがつくようになります。

このようにして、あらかじめ用意されているアイコンを自分のスケジュールと合わせて貼り付けることによって、手帳をさらに見やすくすることができるようになります。

なおかつ、デコレーションテープに関しては一般的に可愛いデザインのものがたくさん存在していますので、女性の方なのは可愛いデザインが好きな方も多いと思いますので、楽しみながら手帳を記入していくことができるようになります。

手帳を記入することが楽しくなれば、手帳に記入している内容なども覚えられるようになりますので、ミスを防ぐことにもつながります。

なので、シールなどで自分だけのアレンジを加える際にはデコレーションテープなどを積極的に使ってみると楽しい気分で作業を進められますよ。

3、手帳と向き合う時間を作る

手帳を上手に使うためにはきちんと手帳と向き合う時間を作ってあげることが大切です。

なぜわざわざ手帳と向き合う時間を作らなくてはいけないのかと考える時に、そもそも手帳は今自分が抱えているスケジュールをすぐに確認することができるようにするためのアイテムなのです。

なので、何度も自分のスケジュールを確認することを想定した上で手帳に記入をしているのです。

だからこそ必要がなくても手帳と向き合う時間を積極的に作って、手帳を見返すような癖を見つけることが大切です。

そうすることによって、自分の記憶の中から大切なスケジュールが漏れてしまうことを防ぐことができるようになるからです。

何かあったら手帳には書くけど、後から手帳を見返すようなことはないという方はかなりたくさんいらっしゃるはずです。

しかし、それではわざわざ手帳に書く意味がありません。

毎日、一度は手帳を見返す時間を作り、それを習慣化させるなどして工夫して向き合う時間などを作るようにしてください。

これを癖づけることによってさらに自分のミスを少なくすることができ、自分のスケジュールやタスクを完璧に把握できるようになれるはずです。

4、簡単な日記帳として使う

手帳をより上手に使うためにはただ自分のスケジュールやタスクを記入するためのツールとして使うのではなく、簡単な日記帳として使うことによって新たな使い方の可能性を見いだすこともできます。

手帳の種類によってはただスケジュールやタスクを記入する以外にも、日記として使えるような手帳が存在しています。

このようなタイプの手帳を購入して使用することによって、簡単な日記帳としても兼用することが可能になります。

本来の日記帳ことしっかりしたことを書かなくても良い分、気軽に継続して続けられるというメリットを得ることもできます。

そして、日記を書く事によって様々なメリットを得られるようになります。

具体的には、毎日日記を書くことによって文章能力を向上させることができるようになりますし、その日に起こった自分にとって印象の大きい出来事を詳しく残すことも可能になります。

そうした内容を後から一気に読み返したりすることによって、自分がどのように物事の考えているのか、自分がどういうパターンの思考・行動をしているのか、という事を理解する事につながり、時には自分の欠点や間違っている点などを把握できるようになります。

そうすることによって、自分自身を成長させることにつなげさせるメリットを得ることができます。

たった少し考えてもこれだけ多くのメリットを得ることができるようになりますので、手帳を最大限上手に使うためには日記を書くことができるようなタイプの手帳を購入してみるとおすすめですよ。

5、取り敢えずのメモは付箋で管理

手帳を書くときにどうしても悩んでしまいがちなのが、ボールペンなどで手帳を記入する場合には、後から予定を消したりするときに手帳がぐちゃぐちゃになってしまって、見栄えが悪くなり管理しにくくなるという点です。

消せるボールペンなどを購入しておけば問題はないかもしれませんが、なかなかそこまで気が回らないのも事実です。

しかし、そのような場合でも手帳を上手に使うための対処法は存在しています。

例えば、まだ決定事項ではないにしても、そうなることが予想される、もしくは濃厚なスケジュールに関しては直接手帳に書き記すのではなく、付箋などを一緒に携帯することによって付箋に書いて貼るようにすれば、曖昧なスケジュールにもうまく対応することが可能です。

もしもそのスケジュールが取り消しになった場合は付箋を剥がして捨てるだけで、綺麗に管理することが可能になります。

なので、手帳と一緒に簡単な付箋なども合わせて購入しておくことによってより上手に手帳を使うことができるようになります。

付箋などは比較的安価で購入することが出来ますし、一度購入すれば大量の付箋がついてきますので、何度も買ったりする必要性はありません。

なので経済面において困るような事はありませんので、安心して付箋を購入して使用してください。

6、プライベートと仕事・学校の予定は別々に

ある程度経済面に余裕がある方であれば、出来る限り手帳自体を使い分けるようにするということも手帳をより上手に使う為のポイントです。

なぜ手帳を使い分けるようにすれば、手帳が上手に使えるようになるのかと考えた時に、例えば一つの手帳に自分のプライベートのことや仕事のことなどを書いたりしているとどうしても手帳で書き記せるスペースが埋まってしまう可能性があります。

手帳の種類によっては1日の記入範囲が狭い手帳などのあるため、同じ日にスケジュールが重なってしまうと全てを書けない可能性があるのです。

付箋を貼って多用するようにしても良いですが、ごちゃごちゃになってしまいやすく、見落としが発生してしまうようになり、本来の手帳の使用意義が薄れてしまう自体になります。

なので、経済面に余裕があるのであれば、プライベートの専用の手帳、そして仕事専用の手帳、学生の方であるならば、学校用の手帳などといったように別々の手帳を携帯するようにしておいてください。

そうすることによって、必要以上にペンの種類を使い分けたり、付箋をたくさん貼ったりする必要性はなくなり、手帳ごとに確認しておけばすぐに予定を確認することができます。

また、手帳を使い分けることによって、こまめに手帳確認する癖も身に付けることができるようになります。

そうすることによって、見落としやミスをさらに防ぐことにもつながりますので、手帳を使い分けて上手に記入するというポイントを念頭に置き、上手に手帳を書けるようにチャレンジしてください。

手帳の魅力

人によっては仕事において手帳を使ったりすることがない人も多いでしょうし、スマートフォンを使って全て管理しているから手帳なんて必要ないと思ってる方がいるかもしれません。

確かに、職種によっては手帳がそこまで必要ない職種も存在しています。

工場などで勤めてるような方であれば、コロコロとスケジュールが変わったりするような事もそこまでないと思いますし、社外の人間と会ったりするような機会も立場によっては少ないため必要ないでしょう。

しかし、いつ何が起こるかわかりませんし、仕事に関係なかったとしても、仕事の延長線上のイベントであったり、プライベートの予定などに関しては手帳を持っておけばすぐに確認することが出来ますので、無いよりもあった方が利便性が高くなるのは確実です。

そこで、改めて手帳を使うことによる魅力についてここからいくつかご紹介していきます。

もちろん絶対に使わなければいけないというルールがあるわけではありませんので、強制されるようなことではないかもしれませんが、手帳の魅力を知って、手帳を使うことでどういう可能性を得ることができるのかということを理解した上で判断してみても遅くはないと思います。

なので、手帳に興味がない、これまで手帳を使ったことがないという方にこそ確認していただきたいポイントですので、手帳の魅力を確認してみてください。

中期的な視点に立てる

手帳の魅力としては中期的な視点で物事を確認することができるということです。

なぜ中期的な視点で物事を観察できるようになるのかと考えた時に、紙ベースの手帳だからこそ、より分かりやすくなるというメリットが存在しているのです。

例えば、自分の頭の中で考えるということは論外として、もしもスマートフォンなどのスケジュール帳でスケジュールを管理している場合は、どうしてもスマートフォンの画面で表示をすることになりますので、一つ一つの画面を全て合わせてみるということが難しくなります。

つまり、当月だけのスケジュール、翌月だけのスケジュール…と単月でのスケジュールしか視認することが出来ない場合が多いです。

自分の頭の中で考えるとなおさらすべてのスケジュールを繋げて考えるのは無理です。

しかし、紙ベースの手帳であればパラパラとめくることによってすぐにその前後のスケジュールなどと照らし合わせながら物事を確認することができるのです。

つまり、今自分がどういう状況に至ってどういうスケジュールを抱えているのかということを確認しながら、その前後のスケジュールに関しても確認をすることができるようになりますので、関連したスケジュールなどをつなげて考えやすくなります。

つまり、そのスケジュール単体だけを見るのではなく、その延長線上にどのような未来を描いて行動すればいいのかということなども考えながら確認することができやすくなります。

なので中期的な視点に立つことができ、よりスケジュールを細かい部分まで確認しやすくなりという魅力があるのです。

バッテリー切れの心配がない

手帳の魅力の一つにはバッテリー切れなどを心配する必要性がないということも大きな魅力になります。

これはなぜかと考えた時に、紙ベースの手帳であるならばそもそもバッテリーを活用せずに使用することができるので、いつでも好きな時に手帳を取り出して記入することができます。

しかし、スマートフォンなどの手帳管理アプリなどでスケジュール記入を行っている場合は、スマホのバッテリーが切れているとそもそも使用することができません。

なので、バッテリーを常に確認しながら手帳を使用することになるので、面倒ですし、バッテリーが切れているとそもそも手帳の役割を果たしてくれないので、全く使えない状況になってしまいます。

このようなデメリットを考慮してみると、やはり紙ベースの手帳を使った方が明らかに安心感が違うという魅力を得ることが出来ます。

なので、バッテリー切れの心配がない手帳は魅力的であると考えることができます。

データが消える心配がない

バッテリーが切れてしまうと手帳としての機能が果たせなくなってしまう弱点があるスマホの手帳管理アプリですが、それ以外にも最大の弱点が存在しています。

それは一体何かと考えた時に、スマホの種類によってはデータが消えてしまう心配があるということです。

それはなぜかと考えた時に、例えば防水機能がないスマホを使用していた場合に、もしもスマホを落として水の中に入ってしまった場合はスマホが壊れてしまう可能性があります。

そうなった時に、これまで記入してきた手帳のデータなどが全てなくなってしまう可能性があります。

もしも直近で大事な予定が入っていたとしても、それを忘れてすっぽかしてしまう可能性があるのです。

そうなってしまうと例え事故だったとしても、信頼関係が揺らいでしまう可能性が生まれます。

一度失った信頼関係を取り戻すのはとても大変です。

これは仕事を行っている社会人からしてみれば大きな損害に繋がります。

なので、必ず復元できるようにバックアップを取っておくか、紙ベースの手帳を使ってそもそもその弱点をなくすようにするなどの工夫が求められます。

なので、そのような最大の弱点がない紙ベースの手帳はやはり魅力的であるという事に繋がるのです。

アプリのように使い方を覚えなくて良い

紙ベースの手帳の魅力としてはやはり簡単に使うことができるということです。

どうしてもスマホの手帳管理アプリを使っている場合は、人によっても操作が複雑に感じる可能性が生まれます。

特に年齢が上の方に関しては、スマホの基本的な操作自体がよくわかっていない場合もありますので、複雑な操作ができないのでどんなに利便性が高いアプリだったとしても、不便に感じてしまいやすくなります。

どうしても使いたいのであれば、操作方法を覚えればよいだけの話ですが、手帳を書くのにいちいち操作方法を覚えなくてはいけないのは逆に効率が悪いですよね。

そうなるのが嫌なのであれば、やはり昔ながらの紙ベースの手帳を使用する方がサクサクか記入できるようになります。

なので、圧倒的に紙ベースの手帳の方が使いやすいという結果になる可能性もありますので、スマホの操作に慣れていない方は紙ベースの手帳を使うようにしてください。

使用できるシーンが多い

紙ベースの手帳の方が圧倒的に使える場面は多くなります。

なぜ使える場面が多くなるのかと考えた時に、例えば、相手との立場によってはスマートフォンでメモをしたりすることができない場合もあるかもしれません。

例えば、お偉いさんと打ち合わせなどをしている時に、年齢が上の方であれば当然スマートフォンなどでメモをしたりする事に対して理解できない方がいるかもしれません。

その方の前でスマホを取り出してメモをしたりするのは失礼です。

話が終わった後にすべてスマホに記入すれば問題ないかもしれませんが、その時に決めた事や取り付けた約束を、時間が経っても綺麗に覚えられるのであればの話です。

覚えられないのであれば、その場で記入する必要性があります。

また、バッテリーが切れた時は使えないですし、スマホ禁止の場所では使えないので、使える場面が圧倒的に狭まります。

なので紙ベースの手帳の方が魅力的だということです。

自分ルールを作って楽しく手帳を使おう!

手帳を上手に使うことが出来なくて悩んでいる方でも、ちょっとした工夫をすることによって綺麗に手帳を使うことができるようになれるはずです。

今回ご紹介した上手に使えるポイントを日常生活で複数個取り入れていただくだけで、これまでの手帳よりも格段に見やすく使っていただけるようになります。

日常生活で自分が取り入れやすいと感じたポイントを自分ルールとして今後利用してもらえると楽しく手帳と向き合うことが出来ますので、一つ一つの作業にも意義を持って、楽しく行えるようにしてみてください。