CoCoSiA(ココシア)

顔のほくろの場所にはどんな意味が?場所別に解説します


あなたは自分自身のことを正しく把握できていると自分で思いますか?

自分のことぐらい自分が把握できていないでどうするんだと感じる方もいるかもしれませんが、意外と自分自身のことはわかっているようでわかっていない場合が多かったりします。

例えば、自分自身の内面の部分に関しては自分が一番分かっているように感じがちですが、客観的に見たあなたが全く違う可能性もありますし、意外と周りがあなたの本心について気づいていたりする可能性もあります。

自分ではこう思っていたと思っていても、自分の本当の本心は嘘をついていて、実はまったく違っていたということも十分考えられます。

それは外見も同様です。

自分で外見を想像していても、実際に客観的な目線、つまりカメラなどで撮影した自分を見たりすると、以外と自分が想像していたよりも違って見えるという事などはよくある事です。

とても不思議ですが、自分自身を見る時には一般的に鏡などで見たりする事が多くなるので、周りのように360度から見たりすることが出来ない為、イメージが偏ってしまいがちになるのです。

だからこそ、自分自身の体であっても、ふと様々な角度から自分の体を確認した時に、自分の体にこんな特徴があったんだと気づいたりする場面が時々訪れたりします。

今回はそんな自分の身体の中でも、気づきにくい存在であるほくろをテーマにして、ほくろの場所には存在している意味についてご紹介していきます。

自分の体の知らないところにほくろがあったという経験をした事がある方はかなり多いのではないでしょうか。

そんなほくろですが、場所によっては意味が存在しています。

その意味を理解する事で、もしかしたら本当の自分を見付けられるようになるかもしれませんよ。

この記事の目次

ほくろの場所に意味があるって知ってましたか?

あまり自分のほくろに対して注意深く場所を観察したり、自分の体のどの場所にほくろがあるのかということを正確に把握したりすることが少ないと思います。

なぜならば、先ほども触れた通り自分の体を確認する際には鏡を見て自分の体を確認したりすることが多くなります。

自分の体の正面にだったり、自分の顔にあるほくろであればある程度場所を把握することができるかもしれませんが、それ以外の場所となるとなかなか注意深く観察しなければ分かりづらかったりするのです。

そもそも、自分の体のほくろを注意深く観察しようという気持ちになったりすることは基本的に少ないですよね。

正面から見えない場所に関してはどこにほくろがあるのか把握していない人のほうが多いかと思います。

だからこそ、注意深く自分の体を隅々まで観察してみると、思わぬところにほくろが見つかることもあります。

そして自分の体にほくろがある場所によっては、様々な意味を持っているといわれており、いわゆるほくろ占いという形で自分の性格や考え方を当ててくれるという事が話題になっています。

占いを信じていない人からすれば興味がないかもしれませんが、意外とこのほくろ占いが当たるということで話題になっているんです!

興味がある方は自分の顔のほくろの位置を確認して、具体的にどういう特徴があるのかということを当てはめて考えてみると面白いと思いますよ。

あなたのほくろの場所はどこ?


これまで自分のほくろに対して注意深く確認をしていなかったなら、自分の顔を鏡で見るときに、注意深く自分の顔を確認してみてください。

自分の顔を確認していくうちに、もしかしたら思わぬところにほくろがあるかもしれません。

その他の場所によって様々な特徴が占うことができますので、自分の顔にあるほくろを一通り紙にでも書き記してみてください。

それぞれの場所ごとに細かく占いができますので、本当の自分はどういう人間なんだろうと思うのであれば、是非確認してみてください。

そもそもほくろってなんでできるの?

そもそもなぜほくろができるのかと考えた時に、ほくろはメラニン色素を含んでいる細胞であるメラノサイトが皮膚の一部に周りよりもより高い密度で集まっていることによって生じるものになります。

つまり、メラニン色素は黒い色になるので、それが積もってできたメラノサイトが結集しているからこそ黒くなっているという事になるのです。

別の言い方では母斑細胞とも呼ばれています。

一般的にほくろに関してはその名前の通り黒色の点になっている場合が多いのですが、ほくろによっては黒色ではなく青色に見えたりする場合もあったりします。

この場合に関しては皮膚の深い部分でメラノサイトが集まってしまっている場合が考えられます。

なぜほくろという名前になっているのかと、元々は母親の胎内にいる時についた糞でははくそと呼ばれていたのですが、それがだんだんと変形してきてははくろ、そしてほくろという名前に変化していったそうです。

基本的には自分の体に害をもたらすようなものではないのですが、場合によっては、ほくろが急激に大きくなったりして体に異常をきたしたりする可能性などもあるので、そのような場合には医療機関への診療が必須だと言われています。

また、ほくろの場所にほくろの大きさによってはコンプレックスになってしまったりする可能性もあったりしますので、現在ではレーザー治療などでほくろを除去したりすることも可能になっています。

とはいえ、ほくろも魅力の一つになるうる存在なので、ほくろの魅力を改めて理解した上で、ほくろの場所の意味も考えてみると、より自分の個性として受け入れられるようになると思いますよ。

顔のほくろの場所の意味

顔の細かい位置によってそのほくろが持ってる意味は全く変わってきます。

例えばおでこにほくろがあっても、若干上についていれば全く意味が違うものになる場合もありますし、若干下の場所にほくろがついていればまた別の意味があるのです。

細い場所で意味が違うからこそ、自分自身の特徴細かく把握することができるようになるのです。

私たちの手が人によって違うように、私たちの顔も人によって違いますし、どこにほくろがあるのかということも人によって全く違うようになります。

自分のほくろの場所を知ることによって自分の運命を読み解くこともできるようになるのがほくろ占いなので、場合によっては自分の人生を左右するかのような大切な特徴を見つけることができるかもしれません。

そこで、ここからは顔のほくろの場所に基づく意味を詳しくご紹介していきます。

自分の顔のほくろの位置を確認しながら、どういう特徴があるのか確認してみてください。

ちなみに、余談としてほくろには二種類存在しており、色が黒く、艶があり膨らんでいる生きぼくろと、色が薄くて平らになっている死にぼくろの2種類が存在しています。

これらによって良い水戸丸井水戸に分かれてしまう可能性もあったりしますので、その辺りも注意しながら自分のほくろを確認してみましょう。

おでこのほくろ


まずはじめにご紹介するほくろの場所はおでこです。