物事が上手くいっている時に、ふとしたことから始まってしまう、ブランクというマイナス要素。

「せっかく努力の甲斐があって順調だったのに悔しいな」と思ってしまうかもしれませんが、実はブランクにはただ悪い要素だけがあるわけではなかったのです。

ブランクがもたらす悪い影響と良い影響。

スポーツ選手・アスリートはどうやって上手く付き合っているのか、ブランクとはどういう意味なのか?

ケースバイケースの許されるブランク期間とはどれくらいなのか?

ブランクの謎に迫ります。

ブランクは良くも悪くも意味のある期間

ブランクという言葉は、通常上手く行っている人が自分の意志に反して、どうしても休む時間を持たなければならなくなる意味とか、強制的に休息を取らざるおえない状況に追い込まれることなど、悪い時にだけ使う言葉だと思っている人が大勢います。

でも、ブランクを取得することで、例えそれが本人の意思とは違っていたとしても、いい結果が得られることもあるんです。

1.ブランクとは?


そもそもブランクとはどんな意味なのかというと、英語では「空白」や「空欄」という意味で使われていて、日本語のように「一時的に休息を取る」とか「一時的に仕事が途切れる」なんて意味には使われていないんです。

1.空白の期間

日本語の「ブランク」だと、多くの人が「空白の期間」という意味で使われていると理解していますよね。

例えば、陸上の長距離選手が怪我をして、自分では望んでいなかったけれどブランク期間ができてしまったとか、仕事命の営業マンが大手との取引でへまをしてしまって即刻クビになり、思いもよらずに仕事を失って、働かない期間ができてしまったとか、そんな風に使う言葉だと理解されていると思います。

2.途切れている期間


陸上の長距離選手が怪我などでブランクに突入してしまうと、場合によってはそれが人生を左右する大きな痛手になることも、またそれが良い転機となることもあるかもしれません。

例えば、その選手が箱根駅伝に出たいと思っているくらい、限られた時間の中で一世一代の大勝負をしている人なら、足首のアキレス腱を切ってしまったとか、膝を骨折してしまったなどの場合は、もうその年の箱根駅伝は出られない、諦めなければならない状況になってしまうかもしれません。

その怪我が大変な状態・複雑な状態になってしまえば、一生走れなくなるとか、選手生命が断たれてしまうこともありえます。

途切れている時間に、上手く自分をコントロールできなくて、イライラする人はブランクを乗り越えられなくて、結果レギュラーから補欠に回り、その後チームを辞めるなんて人もいたりします。

有名なスポーツ漫画といえば、「スラムダンク」ですが、この物語の中で、バスケットができない期間、つまり「ブランク」を上手く過ごすことができなかった三井寿という元バスケットボール選手は、その後ヤンキーの仲間入りを果たすまでに落ちぶれてしまい、挙句の果てには自分が好きだけどできないバスケットボールを楽しんでいる生徒に腹が立ち、自分の学校のバスケットボール部を友達のヤンキーとともに襲撃してしまうという暴挙に出てしまうのです。

三井寿率いるヤンキー軍団の突然の襲撃に、最初はこらえていたバスケットボール部員でしたが、次第にイライラがつのり、最後にはヤンキー軍団に手を挙げてしまいます。

この漫画の主人公・桜木花道や、流川楓、赤城先輩ら、バスケットボール部の選手全員がこの三井寿・ヤンキー軍団にやられてしまいそうでもう後がないという瞬間、閉じていたはずの体育館のドアがあいて、三井寿の元師匠である安西先生がやって来るのです。

その姿を見た三井寿は涙を流しながら「安西先生・・・俺はバスケットボールがしたいです」とやっと本音を伝えることができます。

この三井寿という選手は、スラムダンクという漫画の中のあるキャラクターなので、実在する人物ではありませんが、この三井寿と同じような道を辿ってしまった人や、三井寿のことを知って「俺も素直にならなきゃ」と思って立ち直れた人も大勢いるくらい、若い世代に影響を与えている人物です。

だから何がいいたいのかというと・・・それだけ「ブランク」という期間はスポーツ選手からすれば、とても重要な期間・選手生命を左右し兼ねない危険な時間だということが言えるのです。

その後、安西先生のおかげで復活した三井寿はどうなったのかというと、ブランクになる前の優秀な才能を再び開花させます。

例え彼にブランクがあったとしても、ブランクになる前に彼が努力した技術や実力は、そのまま消えてはおらず、凡人プレイヤーからすれば、到底かなうレベルのものではなかったのです。

しかしブランクをとってしまった三井寿は、全てに問題がなかったのかというと、そうではありません。

問題は「体力がなくなってしまった」「体力が落ちてしまった」という問題が発生します。

これはいくら才能がある人でも、1か月入院してほとんど動けない場合は、筋肉が減ってしまうので、どうしても仕方のないことですよね。

問題は、ここから悔しい思いをしながらでも這い上がることができるのか・・・。

これががブランクをとった人の最大の課題・難題になるのだと思います。

三井寿の場合は、体力を回復させる為の禁煙も、きついランニングも、何度も繰り返すシュート練習も、すべてがまたバスケットボールをやれるという喜びに変わっていきました。

バスケットボールができない苦しみよりも、きつい練習はない!、ブランク期間は彼にとってとてつもなく辛い時間であったことに間違いはありませんが、このブランクがあったこそ、彼のバスケットボールは変わることができるのです。

最近で似たようなシチュエーションになっている人といえば、体操の内村航平選手ですが、内村航平選手は先日、7連覇のかかった試合で、足首を痛めるというアクシデントにあってしまいました。

帰国後の彼は「今まで試合をしている側からすれば、時間はあっという間に過ぎていましたが、見ている方・待っている方はこんなに長かったんだなという
ことに気が付きました」とマスコミにコメントを残しています。

ブランクがあったからこそ、気が付けることがある、試合に出られなかったからこそより「出たい」という思いが強くなる・・・きっと内村航平選手なら、三井寿と同じように、ブランクがあったからもっと上にいけたんだという結果を残してくれる人になると、とても期待しています。

内村航平選手の怪我・ブランクがもっと早く訪れていたとしたら、これまでの彼の偉業は見れていなかったかもしれません。

でも6連覇をすでに果たした今だからこそ、彼に良いチャンスを与えているに違いないと思えるのです。

ブランクを迎えるタイミングというのも、とても重要になってくるということが言えますね。

2.分野によってその期間は様々

ブランクとは、ある一定の期間お休みをとることですが、その期間は分野によって様々な違いがあるようです。

例えば、野球ですが、怪我の具合によっては2週間~3ヵ月程度、お休みを強要されてしまうことがあり、その間は他の選手がレギュラーの座につくことになります。

ブランクは怪我を直す為に必要なことなので、どうしてもそれを変更することはできません。

しかしその間はずっと別の選手が自分の代わりをしていると思うと、焦る気持ちがないわけがないのです。

例えば、それが今メジャーリーグで活躍するダルビッシュ選手だったとしたら、彼くらいの選手はそういませんから、半年くらいブランクがあったとしても、戻ってくれば居場所がないなんてことはありません。

でも、プロ野球選手になることだけでも難しい世界で、数ヵ月間、怪我の為にレギュラーの座を他の選手に渡す、その間には、ずっとそのチャンスを虎視眈々と狙っていた選手が「今度こそこの座を奪ってやる!」と意気込んでいるのです。

怪我は予定よりも早く治る場合もありますが、少しでも無理して早く復帰してしまえば、治りかけたところがまた再発・・・という最悪の結果になってしまうこともあります。

自分と先生とチームのマネージャーさんと家族と、皆で力を合わせて完全に完治させることが重要なのです。

もしも、焦って復帰して再発になってしまえば、その時はもう取り返しがつかないことがほとんどです。

そうなってしまえば、2軍に落ちて、そのまま戦力外通告となってしまう可能性が高いのです。

一流野球選手になれば、シーズンオフを狙ってわざと手術に踏み込む人もいるんだとか。

まだ怪我とまではいかない状況でも、今後怪我をする可能性が高いとか、なんとなく「このひじはまずい状況だな・・・」と診断されれば、怪我を予防してブランクを多く作らない為に、手術に踏み込むというのです。

手術は成功すれば問題ないのですが、万が一失敗すれば選手生命が断たれることもあります。

それでも怪我の前に手術に踏み込む等の決断をするには、頭だって良くないと、そう簡単には決められるものではないですよね。

私はこのような怪我・ブランク・一流の野球選手という一つ一つの要素を繋げて考えてみれば、そこには「人間性」というキーワードが関係してくるのではないのだろうかと考えています。

というのも、一流野球選手というのは、野球の技術だけではなく、その他の色んな要素を備えてこそ、一流野球選手になれるのだと思うのです。

毎年ドラフト会議が行われて、そこでは命を懸けてプロ野球選手になりたいと思っている人が、そしてその家族が「どうか自分がドラフトで選ばれますように」と祈りながらその瞬間を待っています。

選ぶ側からしても、一人一人のバックグラウンドや、選手・家族が家庭を犠牲にしてまでやってきた過程を考えると、「どうにかしてこの子をドラフトに・・・」と思う気持ちが多少なりともあるはずですが、現実、球団がお金を払ってまで育てたい・獲得したいという人を選ぶとなると、そこはシビアになって、実力だけで選ばれてしまうのがつらいところです。

その中でも怪物へと育って行った名選手なのが、ダルビッシュ有、青木宣親、イチロー、田中将大、前田健太、などですよね。

彼らの名前を聞けば、さほど野球のことを知らない人でも「あ~あ~知ってる」となる程の有名人です。

私の世代で有名なメジャーリーガーといえば、松坂大輔選手でしたが、今日本人のメジャーリーグベースボール選手一覧を検索すれば、松坂大輔選手も、もう過去の人になってしまっています。

それ程厳しい野球という世界で、私が注目したいのが「ダルビッシュ選手」なのです。

彼は先日、マウンドにたった試合で、彼からホームランを打った選手から、目を細めるしぐさをされるという差別的アクションを起こされてしまいました。

ただでさえ、ピリピリしている状況、あの時のダルビッシュ選手は、そのチームに移ってからまだたった3ヵ月しか経っていなかったこともあり、「結果を残したい」「チームに貢献したい」という気持ちは人一倍強かったはずなのです。

そこでホームランを打たれ、挙句の果てにはアジア人に対する差別的アクションを起こされてしまう・・・普通なら精神状態を上手くコントロールすることなんて難しいに決まっている状況ですよね?

でもダルビッシュ選手の心は全くと言っていいほど、動じていなかったのです。

彼は試合後に記者から差別的アクションを起こされてどう思いますか?とインタビューされました。

すると彼は「ノーコメント」するわけでもなく、記者の質問を嫌がるわけでもなく、「このことをきっかけにもっと前に進むことができるはずだ。」「彼(差別的アクションを起こした人)は今回のことでたくさんのことを学ぶだろう」とコメントしました。

すると翌日、チームは突然円陣を組み、「今日の試合の勝利をダルビッシュの為に」と温かい言葉を送ったのです。

ダルビッシュはこのチームの行動のおかげで、また記者からインタビューを受けることになります。

その時、差別的アクションを起こした選手は、既にそのことを深く後悔し、「自分はそういう意味ではなかった」と反省していました。

するとダルビッシュは「彼は今回のことで多くのことを学んだようですね。

彼は私にとって尊敬する選手でしたが、そのことは今後も変わりませんし、これからまた試合で対決するのが楽しみです」とコメントを残すのです。

一流野球選手は時として、野球だけが上手ければいいのかというと、それだけでは乗り切れない場面にぶち当たってしまうことがあります。

日本で一流の野球選手になれば、多くの人が「夢はメジャーリーガー」だと口にしますが、

我々日本人はアジア人という枠の中で差別される対象に入ってしまいます。

日本で普通に暮らしていれば、差別なんて別世界の人がされること、くらいに思うかもしれませんが、一歩海外に出れば、黒人が白人に差別されるよりもっと酷い差別、アジア人差別を受ける可能性が出て来てしまうのです。

また、日本では海外から野球選手がやってくれば、手厚くもてなして、やさしく、あれもこれもと教えてあげる体制を整えますが、海外ではそんなことはお金をもらっている本人が自分でやるべきことと一掃されてしまいます。

海外という土地に馴染むこと、そこの食事に馴染むこと、そしてチームメイトと上手くやること・・・メジャーリーガーになる為にやらなければならないことは、野球が上手くできるという以外にも山ほどあるのです。

それ以外にも、もちろん自分の身体をコントロールすること、風邪を引かない、怪我をしない、試合の日には自分の能力をベストに近い状態に持っていく、などなど、その地位を勝ち取ることも難しいのですが、キープし続けることはさらにその上を行く難しさがあるのです。

このダルビッシュはどんな風に普段ブランクと付き合ってきたのか・・・もしかしたら彼のような人は全く怪我をしてこなかったのか?というと、そうではありません。

幼い頃から野球に打ち込んでいるダルビッシュさんは、何度も怪我に悩まされてきました。

例えば今年、左手の親指を打撲してバットが握れないというアクシデントに見舞われました。

このダルビッシュでさえも、「痛すぎてバットが握れない」という状態になっていたのです。

普段からコンディション管理には余念がないダルビッシュ選手は、ベストな体のコンディションを維持する為に、今流行りの糖質制限も実施しています。

あれだけ苛酷な練習をした後でも、炭水化物は控えて、MCTオイルを飲んでいるのだとか。

それでも、「痛すぎてバットが握れない」という状態になってしまうものなのです。

幸いなことに、ダルビッシュ選手は軽い怪我が続くだけで、野球生命に危険が及ぶような状態にはなっていません。

「どうしてなのか?」と気になって調べてみると、ある一つの面白い記事を発見したのです。

それは「肘の靱帯(じんたい)再建術(通称トミー・ジョン手術)」に関する記事でした。

ダルビッシュ選手の友人でもある田中将大投手はヤンキースに入って1年目の時、右肘靱帯の部分断裂で離脱したことがありました。

この状態になると、通称トミー・ジョン手術が必要になる場合があります。

幸いなことにヤンキースの田中将大選手の状態はそこまでではなく、2ヵ月のブランクを持ったものの、短い期間で復帰することができました。

しかしもしこの通称トミー・ジョン手術をしていれば、そしてもしひじにメスを入れていれば、1年以上のリハビリが必要になります。

この大きなブランクは、選手にとって選手生命を危険にさらす要素となり兼ねないのです。

ダルビッシュ選手はアメリカの投手、そして自らの為にも長期のブランクとなるのを避ける為に、中4日のローテーションを禁止し、先発6人制、最低でも中5日が必要だとアメリカの野球界に向けてメッセージを放ちました。

日本からアメリカへ渡った若者は、自らのブランクのことだけでなく、他の選手のブランクについても考え、「中6日なら予防できる」と自らのアイディアを提言してみせたのです。

どうでしょうか?もしあなたが日本の企業で働いていたとします。

自分や同僚にとって良い環境となる為であったら、あなたは潔く「ここはこう変えた方が良い」と提言できるでしょうか?それどころか、そもそも、「他人の為に、会社をどんな風に変えたらいいのか?」なんて考えたことがありますか?

ダルビッシュ選手のこの意見は、なんと、アメリカ球界を動かしてしまいます。

アメリカ球界は投手のローテーションを中5日以上にするようにとガイドラインを変更、このガイドラインの変更にはダルビッシュからの提言が影響したことを認めているのです。

この若者はたった一人で海を渡り、活躍し、差別的アクションを起こされても、尚、自身の意見を堂々と発言することができます。

メジャーリーガーで活躍するような人間はきっと人柄もビッグなんだなということを教えられた一幕でした。

このように、ブランク期間は考え方一つで、短くすることが可能なのかもしれません。

ブランクに陥らない為に、自分で何かを考える、それこそがブランクという問題を考える上で大切なのかもしれませんね。

3.ブランクのデメリットとは?

ダルビッシュ選手のようにブランクをできるだけ回避したとしても、スポーツ選手であれば、どうしてもいつかはブランクに陥ってしまうことがあります。

もしも、スポーツ選手・アスリートがブランクに陥るとどんなデメリットがあるのでしょうか?

1.感覚が鈍る

感覚が鈍るという経験は、スポーツ選手・アスリート以外の人でも経験したことがある人はたくさんいると思います。

例えば、1年間ずっとスポーツジムに通っていた人が、急に1週間風邪を引いて行けなくなってしまったとします。

すると大体2日目くらいで、身体がなまってきて、次第に筋肉が衰えて来るのを感じるはずです。

事実バレリーナにとって筋力は命と言われていますが、たった1日トレーニングを休むだけで、それを取り戻すのに1週間も掛かるのだと言われています。

プロのスポーツ選手・アスリートが怪我で数ヵ月休んでしまえば、怪我以外の場所はなんとか筋トレなどをしてトレーニングが継続できるとしても、怪我した部位はどうしても、怪我を完治させる為に動かすことができなくなってしまいます。

筋力だけでなく、感覚まで鈍ってしまうと、さぁ大変です。

すぐに試合に出れるわけでもなく、筋力を戻しながら、感覚も戻して、また一線に戻らなければなりません。

一流スポーツ選手・アスリートは通常良い面、活躍しているところだけをピックアップされてテレビで放送されていますが、その陰で並大抵でない努力をしているに違いありません。

2.忘れてしまう

ブランクというカテゴリーが当てはまるのはスポーツ選手・アスリートだけとは限りません。

身近な生活の中でも、思わぬブランクが関係することがあるんです。

私は国際結婚をしていますが、普段はシンガポールで生活をしています。

一人暮らしの母が不安がっている理由で、1年の半分は東京に戻って生活をしています。

何度か行き来を繰り返した結果、6ヶ月ごとに、シンガポールと東京を行ったり来たりするのではなく、2~3ヵ月単位で行ったり来たりするのがしっくり来たので、最近ではこのやり方を繰り返し、繰り返し、継続しています。

どうしてこのやり方がしっくり来たのかというと、シンガポールと東京を3度程行き来したくらいの時に、なんだか普段できていたはずのとてもシンプルなことに違和感を感じ始めてしまったからなんです。

その違和感は一体何なのかというと、「人との感覚」や「生活のリズム」のようなものがどうしてもしっくり来ない、常に「自分とは何かが違う」と違和感を感じてしまうのです。

私はしばらくして、海外での生活が私をそうさせていることに気が付きました。

シンガポールは日本と似ている国です。

英語だってそう上手でなくてもある程度は通じます。

人々は親切で穏やか、街は綺麗だしとても発展しています。

日本ほど広い場所ではないけれど、シンガポールの都心はお洒落で、治安もかなり良いのです。

シンガポールの都心は東京の六本木に似たようなところがたくさんあると思います。

外国人がたくさんいて、楽しそうで、活気があって・・・。

シンガポールにいる民族は主に中国、南アジア、そしてインドからの移民で作られています。

そんな多民族の国の治安を良くする為なのか、街の中でゴミをポイ捨てしたら罰金、電車の中で飲み物を飲んでも罰金です。

確か、罰金は5万円くらいだったと思います。

私は始めの内、そのことを全く知らなくて、街で買ったスムージーを飲みながら電車に乗ると、やたらと多くの人が私のことを見てくるのです。

「あれ・・・」違和感を感じながら電車に貼られたある張り紙みたいなものを見ると・・・「電車の中で飲食したら罰金5万円」と書いてあるのです。

日本だったら、電車の中で飲み物を飲んでいる人がいれば、お弁当みたいなものを食べているつわものまでいたりしますよね。

女性の中には電車の中で化粧をしている人もいたりします。

でもシンガポールではそんな人は一切いないし、静かだし、皆もの凄くマナーを守っているのです。

でも・・・本当に日本のように治安が良いのかというと、そうではありません。

電車の中などでは常にひったくりにあった時の対処法や、処罰がどれくらいになるかなどのCMが流れていたり、街の中を夜遅くに女性が一人で歩くことなど考えられません。

厳しい法律があるからこそ治安は維持されていますが、日本のように自分たちからそれを守っているという雰囲気ではないのです。

何度かシンガポールと東京を行き来していると、信じられないくらい日本人としての日本人らしさを忘れてしまうというブランクに見舞われてしまいます。

シンガポールと東京が似ているからこそ、本人はあまり気が付けないのですが、自己主張がやや強めになってしまっていたり、やたらと優しさが主張してしまう時があります。

シンガポールなら隣に座ろうとするお婆さんの荷物がたくさんあったり重そうなら「手伝いますね!」とすぐに手を差し伸べますが、東京ではあまり大袈裟にすると、周囲の視線を根こそぎ持ってきてしまうことになるのです。

その中でも私がシンガポールと東京にいることで、最も違うと感じることは、シンガポールだとリラックスしながら過ごせることも、東京ならなぜかとても神経質になってしまうということです。

東京の人は本当に親切な人が多いし、治安は良いし、多くの人が英語でいうところのマチュアと言った雰囲気で、とても大人らしく振舞っているのです。

しかし、その反面、少し目立つ行動をとってしまうと、急に自分だけが注目されてしまいます。

シンガポールの屋外ならたいていの場所で大きな声で笑うことができますが、東京だと、場所を選ばなくてはなりません。

派手な服装をすると目立つし、なんとなく、皆と同じようにするとか、近所の人に迷惑が掛からないように静かに生活しないといけないとか、暗黙のルールみたいなものの存在が凄く窮屈に感じてしまうのです。

私がシンガポールに行ってから今年で9年目になります。

友人の中には「最近日本語がちょっとおかしいよ(笑)」という人まで出て来てしまいました。

英語はそれ程上手くなっていないのに、とうとう日本語までおかしくなってしまったのです。

昔は、シンガポールに行く前は、日本が完璧に居心地の良い場所でした。

それなのに欲張って海外でも暮らしてみたいと選択したところ、今では世界のどこにも私が100%居心地の良い場所はなくなってしまったのです。

私の人生のブランクは、国際結婚をしてシンガポールに移ってから始まりました。

もちろんシンガポールに行ってからいいこともあります。

でも、失ったもの・取り返しのつかないものもあります。

年々自分が日本人としての日本人らしさを失っているようで、それと反発するかのように、日本人らしい人に憧れてしまうところがあります。

昔は海外の人に憧れていたはずなのに、今は自分の国、日本という国がいかに素晴らしいかということに気が付くことができました。

国際結婚をして得たものと失ったもの、私のブランクは、日本に拠点を戻さない限りもとに戻らないか、もしくは、きっともう二度ともとに戻すことはできないのです。

人生は自分がふと選択したことで取り返しのつかない事態を簡単に作ります。

その人がブランクに陥るか、それともダルビッシュ選手のように上手にブランクを回避してそのままの状態をキープできるかどうかはも、この人生の選択と似たようなところがあって、ブランクを予め予防することもできるけれど、自分の選択次第、過ごし方・考え方次第で、どうしても避けられないものになってしまうような気がします。

世の中には、色んなことを悟ったような、全てを無難に上手く行かせる人間が存在します。

ブランクなんて一度もない、平凡かもしれないけど、結婚して、子供がいて、生きていくに困らない生活があって、健康で・・・若い時には気が付くことができませんでしたが、「ブランクの無い平凡な生活」がどれだけ幸せかということを痛感しています。

私もできればそんな人になってみたかった。

人生の折り返し地点に立って今、ようやくそう思うようになって来たのです。

スポーツ選手・アスリート、仕事、生活、人生の決断、皆さんはどうかブランクをできるだけ避けて幸せに生きて行ってみて下さい!