あなたは、この地球上に何人の人間が存在しているのか、ご存知ですか?

およそ、70億人超。

米国勢調査局と国連の推察データを見ると、なんと一日に20万人近くの人間が産まれていると言われています。

一年では、おおよそ1億3000万人もの人が産まれ、逆に亡くなる人は、一年に約6000万人がいると言われています。

少子化、少子化と、日本を含む先進国では嘆かれていますが、亡くなる人の数よりも誕生する人の数の方が、多いことが事実。

貧富の格差はあれ、先進医療が発達し、病気による寿命が長引いていることも、全体的な要因の一つであるのかも知れません。

いずれにしても、刻々と、地球の人口は増えていっています。

そんな、たくさんある人の数の中で、同じ日本に生まれる確率とは?

また、その中で、出会う確率とは?

考えただけでも、気が遠くなってしまうような低い確率です。

砂浜の砂を、思い浮かべてみてください。

その一粒が、あなただとします。

他の一粒と出会う確率が、どんなに低いものなのかが分かりますよね。

人と人が出会う確率だけで、宝くじの一等が当たるよりも稀な確率であるのに、その更に上があります。

低い確率で出会った人の中で、更に、更に、低い確率。

出会った人を、好きになること。

この世に生まれてきて現在まで、出会ってきた人の中で、好きな人は何人できましたか?

出会った人の全員を、全て好きになれる程、人間は出来たものではありません。

思想の中には博愛主義もありますが、全員を対等に愛するだなんて、聖人君子でもない限りはできません。

普通の人間は、嫌いな人がいて、苦手な人がいて、どうでもいい人がいて、それなりの好感を持っている人がいて、そして、好きな人がいるのです。

自分の「大好き」という気持ちに正直に生きていますか?

好きな人ができるということが、奇跡にも等しいことなのだということを、分かっていただけたでしょうか?

「好き」の感情が自分の中に芽生えると、その感情があることが当たり前のように感じてしまいます。

人間は、新鮮味が薄れてしまうと、大事であることさえ忘れてしまう生き物ですので、それも仕方はありません。

ですが、出来ることなら、せっかくの「好き」の感情を大切にしたいと思いませんか? 大切であることを忘れたままなのは、あまりにも悲しすぎるものです。

自分の中に芽生えた感情を、大切にして生きること。

それだけで、漫然と、なんとなく過ごしていただろう日々が、変わっていくんじゃないかな、と思います。

自分の気持ちに素直に生きると、ストレスが軽くなる

朝起きて、準備をして、会社に行って仕事をして、家に帰ってきて、寝る。

或いは、朝起きて、準備をして、学校に行って勉強をして、帰宅し、寝る。

私たちの毎日は、ある程度の生活パターンが出来上がっていて、同じようなローテーションに沿って、日々の時間を過ごしていきます。

この、大して変わり映えのない毎日を繰り返していると、漫然と、なんとなーく、生きているだけという気持ちになったことがありませんか?

何のために生きているのだろう?

生活パターンの隙間にできる空き時間も、同じようなことばかりを放送しているテレビを、面白味があるのかないのか呆然と見て、

スマホでは薬にも毒にもならないようなコンテンツを見て、呟いては、消費している……。

そうこうしている間に寝る時間がきて、朝起きたら、また同じローテーションに沿って動き出さないといけない。

至極、つまらない日々のように思えます。

何も変わったことがない毎日のようにも思えますが、実は違うんです。

同じローテーションの中に生きていても、常に、私たちの感情は動いているのです。

新たに芽生えた感情、それは喜びであったり怒りであったり。

以前に芽生えた喜びを育てることがあれば、芽生えていた怒りや悲しみを今日は枯らすこともあります。

大きい喜びの時もあれば、小さい喜びのこともありますよね。

そうやって、何もないように見えても、私たちの心の中ではたくさんの感情の動きがあります。

日々の中で、何よりもの変化であり、かけがえのないものです。

芽生えた感情を受けとめた後に出てくるものが、その感情を得てどう思ったのか、自分自身の気持ちになります。

この自分の気持ちの表現をするのは、もちろん我慢をしなくてはならない時があります。

ですが、大切な気持ちであることには間違いがないので、正直になることで、日々のストレスは軽くなるものです。

大好きな人がいるということは幸せなこと

好きな人に出会える確率が奇跡的で、芽生えた「好き」の気持ちが、どんなに大切なものなのか、分かっていただけたかと思います。

奇跡の積み重ねである「好きな人」がいることは、とっても幸せなことです。

好きな人がいるというだけで、なんでもなかった毎日が、途端に華やかになる気がしませんか?

筆者も、恋をした時は、あまり好きではなかった学校や会社にも、行きたくなって仕方がありませんでした。

そして、好きな人との少しの会話で舞い上がったり、落ち込んだり、好きな人の姿が見えるか見えないかだけで、一喜一憂したものです。

好きな人と会えない時間もそうです。

学校や会社で過ごす時間の他、家で一人で過ごす時間では、オシャレに気を遣ってみたり自分磨きに勤しんでみたり、友人との食事は恋バナでキャーキャーと盛り上がったりしました。

何でもなかった日常が、パッと花開いたかのように明るくなったのです。

生活パターンも、ローテーションも、何も変わってはいません。

それなのに、こんなに日々に彩りを与えてくれる「恋」というもの。

好きな人がいるというのは、本当に幸せなことですよね。

ずっと想いを秘めたままなのは勿体無い

人を好きになれることなんて、一生に数えるほどしかありません。

中には、恋多き人もいるでしょうし、中々、人を好きになれない人もいると思います。

ですが、好きになってきた人の数は何人かいれども、本当に大好きだったと思える人は何人いるでしょうか? 一人、二人……という方が多いのではないのかと思います。

本当に大好きだった相手には、臆病になり、奥手になってしまって、あの時ちゃんと伝えておけば良かった。

あの時きちんと言えていたら良かった。

そんな後悔も多いもの。

過去になってから振り返ってみて、今ある「好き」の気持ちを後悔してしまうのは、寂しいです。

せっかくの「好き」の感情、自分の胸の中に閉じ込めておかないで、相手に伝えてみませんか?

女性編!大好きな気持ちを伝えるための、効果抜群な8個の方法

人を好きになることがスゴイことで、大好きの気持ちがあるのは幸せなことなのだ、とお話ししてきましたが、

ここからは、具体的に「大好き」を伝える方法をご紹介していきたいと思います。

文面にすると、好きということを伝えるというと、とても簡単なことのように感じます。

相手に「好き」と伝えればいいんじゃないの? と。

確かに、言葉にしてストレートに伝えることは有効ですし、言葉というものは、とっても大事で、且つ便利なコミュニケーションツールです。

ですが、便利が故の困った点も、言葉にはありますよね。

その時の状況やタイミング、言い方や言葉選び、相手の捉え方などによっては、間違った意味に捉えられてしまい勘違いを生んでしまったり、

伝えたいことの半分も伝わらなかったり……ここでは、言葉にプラスして、行動でも好きという感情を伝えていきたいと思います。

効果的な伝え方を知って、大好きな相手にはキチンと思いを届けたいものです。

1.どれくらい大好きかを、手書きの手紙にしたためる

最近は、パソコンはおろか、ガラケーからスマートフォンに文明は進化し、コミュニケーションツールも多種多様となってきました。

ガラケーでさえ普及していなかった時代は、相手の家に引いてある固定電話に電話をかけて、親御さんが出るのではないかと戦々恐々としていた頃もありましたので、

ガラケーが普及し、メールがコミュニケーションツールの台頭を張った時には、その利便性に感動すら覚えたものです。

ですが、今や時代はスマートフォン。

あれ程、主流だったメールも衰退の一途を辿っています。

好きな人とのやりとりが続く度、メールの件名欄に繋がる「:RE」の連鎖を知らない世代もいるのでしょう。

メールも手軽さを売りとしたツールでしたが、更に手軽なコミュニケーションツールが、昨今はたくさん増えましたね。

自分から発信をしなくても相手の書き込みで近況を知れるSNSを先頭に、文字よりも簡単に送れるスタンプでやり取りができるLINEなど。

スマートフォン上でのやり取りは、常に簡略化されていっています。

確かに、片手の操作で、短文でのやり取りは簡単で便利ですが、きちんと思いの丈が伝わるかどうかについては、疑問を抱くところです。

告白も、お別れも全てがLINEで完結してしまう今だからこそ、ここで、スマートフォンよりもガラケーよりも昔。

手紙で思いを伝えてみませんか?

手紙に思いをしたためると言うと、どうも敷居が高い……。

ですが、文に自分の手で字を書くということは、便箋や封筒を選ぶところから始まり、文章を考えること、文字を綴る手、書き終わった後に読み直すこと、封をし渡すこと……

全てにかけて手間がかかり、ずっと相手のことを考えて行っているものです。

この手間暇と、手書きの文字の味が、相手に思いを伝えるにはたいへん効果的なのです。

何も、便箋なん十枚にもしたためることはありません。

たった一枚で良いのです。

それでも、敷居が高いと思う人は、ポストカードなどのメッセージカードでもいいと思います。

そこに書く文字は短くなれど、そのカードを選び、自らが綴った字はストレートに相手に届くものですよ。

2.男性の目をじっと見つめる

一目惚れの原理って、知っていますか?

人が一目惚れをした時、その相手を7秒ほど見つめてしまうのです。

日本語には、見とれるという言葉がありますね。

この原理は、逆に考えれば、7秒の間、目を合わせていらたら、一目惚れをした時と同じように感じられるのです。

好きな人のことは、無意識に目で追ってしまうものです。

意識をしていなくても、その場に好きな人が居ないかを確認してしまう。

姿があれば、見てしまう。

オフィスに入った時、教室に入った時、好きな人の席に目が向いてしまいませんか?

ふとした瞬間でいい、追っている内に、好きな人と目が合ってしまう瞬間があるはずです。

ビックリして、または恥ずかしくなって、目を反らしてしまうという方、勇気を出して、ジッと好きな人のことを見つめてみましょく。

「こっちを見ているけど、なんだろう?」

そう思わせて、目が合い続けたらチャンスです。

絶対に好きな人は、あなたのことを意識するはずですよ。

3.服装や髪形の乱れを直してあげる

あなたが髪を切った時やネイルアートを変えた時、いつもと違う香水をつけた時など、自分の変化に気付いてもらえたら、とっても嬉しいですよね。

これって、何故嬉しく感じるのでしょう? 普段との違いを気付いてもらえるということは、普段から自分のことを見ていてくれているということです。

だから、嬉しいのですし、気付いてくれなかったら「見られていないのだ」と、悲しくなってしまうのです。

男性でも同じことです。

生活をしていれば、強い風が吹いて髪が乱れてしまうこともあるし、服が乱れたり、ゴミが付いてしまうこともあります。

そんな時、さりげなく髪の毛を直してあげたり、ゴミを取ってあげたりすると、とても好印象なんです。

近くなった距離にドキドキ感も募りますし、キチンと自分のことを見てくれているんだなということと、気が効く女性だということがアピールできます。

好きな人のスーツや制服の裾がめくれてしまっているのを発見した時は、めくれていることを教えるのではなく直してあげましょう。

きっと相手は「え? なに?」と聞いてきます。

そこで、やっと「めくれていたよ」と教えてあげ、会話の糸口にしていきましょう。

4.腕にしがみつく