男性と女性は永遠に理解し合うことのできない心理があると言われています。

男心を理解するのは女性には難しいですし、女心を理解するのは男性には難しいことでしょう。

だからこそ、多くのラブストーリーが作られて、さらにそれが好まれるわけですが、

実際に自分の恋愛がどうなるのか分からない時には、男どころが分からなくてひどく悩みを抱えてしまうこともあるでしょう。

例えば、男性にとっての「女友達」と「彼女候補」の違いは、女性には理解するのが難しいかもしれません。

どんなに仲が良い友達でも、彼女にはならない女性が男性にはいるようです。

それでは、その違いはどこにあるのでしょうか。

また、本当に「女友達」から「彼女候補」になることはできないのでしょうか。

また、彼氏の持っている「女友達」は本当に危険な存在ではないのでしょうか。

男性にとっての「女友達」と「彼女候補」の様々な違いについて詳しくご紹介します。

男性が「女友達」だと思う人の特徴は?

男性が「女友達」だと思ってしまう人の特徴には、どのようなものがあるのでしょうか。

女友達はあくまで友人なので、恋愛関係になることはありません。

男友達と同じように、どこまで行っても恋愛の意味では平行線であり、恋をするわけがないと男性自身が信じることができるような友人です。

男女間では友情が成立するはずがないとも言われていますが、全く恋愛に関係ない友人には、どのような人が選ばれるのでしょうか。

何でも話せる

まず、何でも話すことのできる女性は女友達に含まれやすいようです。

自分の格好悪いところも含めて、何でも悩みを話すことができるので、友人として付き合いやすいということが挙げられます。

一方で、何でも話すことができるので、逆に恋愛対象に入りません。

悩みを相談して、その話に共感してくれる女性は良い友達にはなれますが、男性は好きな人に対して積極的に格好悪いところを見せようとはしない生き物です。

何でも話して、自分の悩みもさらけ出しているということは、逆に恋愛対象ではなく、ただの女友達だと思っているということになりますね。

恋愛相談にのれる


女性側の恋愛相談に乗ることができるというのも、男性にとってはただの女友達である証拠だと言えるでしょう。

普通は、好きな人の恋愛相談に乗ることなどできるはずがありません。

それが、女性側の恋愛相談に乗ることができるということは、女性に対して気持ちがないということです。

友人として純粋に幸せになってほしいと思っているからこそ、恋愛相談に対いて親身になれるということだと言えるでしょう。

元カレの話をよく聞いていた

元カレの話をよく聞いていた男性も、その女性のことは恋愛対象に入れられなくなります。

その理由としてはいくつかのものが挙げられます。

まず、「別れてからボロクソに言われる」と言うようなことが分かっている場合には、男性は怖くて、その女性のことを好きになることができません。

特に、男性に元カレの愚痴を言っている女性は、男性が自分の身に置き換えて話を聞いていると考えて良いでしょう。

何かあって別れたときに話のネタにされてるのか、と考えると、自分はそんな目に遭いたくないと考えてしまうのです。

また、過去の恋愛の話を聞くことで、相手がどのような恋愛をしているのかが分かってしまうというのも難点ですね。

特に、別れた恋人のことを話しているときには、失敗談ばかりを聞くことになります。

自分が恋愛でどのような失敗をしたかと言うことを話していると、聞いている男性は「こんな恋愛をするような人を恋人にしたくない」と思うのです。

そのため、過去の元カレのことばかり話している女性は、恋愛対象には含まれないと考えた方が良いでしょう。

気軽に連絡できる

気軽に連絡してくる男性は、自分に対して気がないと考えて良いでしょう。

男性も、好きな女性を相手にしているときには、連絡をするのに勇気が必要となります。

断られたらいやだというようなことを考えていると、そう簡単に気軽に声を掛けられるものではありません。

ですが、恋愛対象としてどうとも思っていない人相手には簡単に声を掛けられるでしょう。

忙しいからと断られても、心が傷つかないからです。

相手が異性であっても、男性の友人を飲みに誘っているのと同じような気軽さで連絡をしているので、好きな人相手に連絡をするときのようなドキドキ感がありません。

あまりに気軽に連絡を取ることができる相手だからこそ、何も感じないということもあるのかもしれませんね。

腐れ縁や幼馴染

腐れ縁や幼馴染の相手と恋に落ちるというのは良くある話です。

実際に、そうして恋に落ちてそのまま結婚までしてしまう男女がいないわけではありません。

ですが、幼馴染や腐れ縁の場合には、そこにいるのが当たり前になってしまい、わざわざ、恋愛対象のくくりに入れる必要がなくなってしまっているということもあります。

また、長いこと付き合ってきているからこそ、相手の粗が分かっており、

友人としては気軽に連絡を取ることが可能であっても、恋人としてはお互いに嫌だと思っていることも多いでしょう。

恋愛漫画の王道のような腐れ縁ですが、そう簡単に恋に落ちることができるわけではありません。

小さいころからお互いを見て育ってきたからこそ、「この人のこの欠点は許せない」「こんなやつとは絶対にお付き合いしたくない」「今更、この人とするのは無理だ」というような気持ちになってしまうのです。

お互いのことを分かっているからこそ、家族的な感覚になっている人もいるかもしれませんね。

こうしたタイプの人とは、お互いに恋人ができて、そこにお互いがいることが当たり前ではなくなってしまったときに、恋に落ちることもあります。

ですが、そういったタイミングでお互いの大切さを再認識できなかった場合には、一生お互いが恋愛対象に入ることがないというようなこともあるかもしれません。

ガサツだけど良い奴と思える

ガサツだというのは、女性としての魅力を損ねると言っても過言ではありません。

女性らしい優しさや柔らかさと無縁の相手には、恋愛感情を抱くことができないという男性も少なくないので。

男性らしい考え方ではありますよね。

女性の中では多少のがさつさは許されますが、男性から見ると、「女性なのに」と思ってしまうのです。

近くにいる男友達と変わらない言動をされると、友人としては良くても、女性としてはがっかりだということになるかもしれません。

ただし、相手が良い人であれば、ガサツであるのは、友人づきあいするのには問題ありません。

男友達と付き合っているようなものだと思えば、何も気になることはないでしょう。

ただし、恋愛対象には入らないだけです。

男性が「彼女候補」だと考える特徴は?

ここまでは男性が「友人」だと捉える女性の特徴についてご紹介しました。

それでは、男性が「彼女候補」だととらえる女性にはどのような人がいるでしょうか。

「彼女候補」は「女友達」とは違って、男性が恋愛をしても良いと思えるような女性のことを言います。

つまり、異性として意識することができる人のことを言うのです。

それでは、男性が彼女候補だと考えることができる女性の特徴にはどのようなものが挙げられるのでしょうか。

色気を感じる

女性としての色気を感じるときには、女友達として扱えないという男性は少なくありません。

女性としての色気は、男性に性欲を抱かせるに十分な条件です。

友情と性欲は同居しないものなので、色気を感じる女性が「恋愛感情を全く抱かない女友達」になることはないでしょう。

色気は、言動から感じることもありますし、肉体的な魅力であることもあります。

ただ、特に、セクシーな体つきをしている女性のことは、友人としての目では見れないという人が多いようですね。

守ってあげたいと感じる


女性らしいたおやかさを持った人は、男性は本能的に守ってあげたいと感じるでしょう。

この本能的な「守ってあげたい」気持ちは恋愛感情に繋がります。

ただの友人ならそんな気分にはならないかもしれませんが、自分の身を賭しても守ってあげたいと考えるのならば、それは、本能的に相手を恋愛対象に入れているということです。

相手を家族や妻として守ってあげたいと思っている気持ちにも近いからです。

悪いところが見当たらないと感じる

悪いところが見当たらない場合には、取り敢えず恋愛対象に入れるという考え方の人もいます。

異性と言うだけで、恋愛対象に入れる第一の条件を満たしていると考えるのならば、他に欠点がなければ、恋愛対象から外す必要もありません。

こう考える男性は、原点方式で女性を見ているので、少しでも粗が見つかった場合にはすぐに恋愛対象から外してしまうというようなこともあるかもしれませんね。

どういう人が彼女「対象外」になってしまうのか?

どのような人が彼女候補の対象外になってしまうのでしょうか。

どんなに仲が良くても、「こういうところがある限りは絶対に無理」という人もいるでしょう。

それでは、どんなに仲が良くても友人から発展することができない特徴を見てみることにしましょう。

好きな男性の前で、以下のような態度を取ってしまっている場合には、すぐに言動を改める必要がありますね。

ムードを感じない


一緒にいてもムードを感じない女性相手には恋愛ができないと考える男性も少なくありません。

男性は女性よりもムードや雰囲気を気にしない人も多いですが、やはり、男女としてお付き合いをするにあたって、

あまりにもムードがない女性とは恋愛関係になる気持ちが盛り上がらないということもあるでしょう。

例えば、静かに語り合って恋愛感情を温めるところで、酒に酔っぱらって下品になり、雰囲気をぶち壊すような女性とは付き合うことができません。

男性側も、恋愛感情を温めるためには、ある程度のムードや雰囲気が必要なのです。

友人としてお付き合いをする場合なら、そんなムードはできない方が楽でしょう。

ですが、友人から彼女候補へと昇格したいと思っているときには、相手の男性との雰囲気を大事にできないようでは、恋愛対象外になってしまいます。

何でも言い合える仲

何でも言い合うことができるというのは、夫婦になる人となら良いのかもしれません。

また、お付き合いを始めてしばらくたってからは、そういった何でも言い会える仲になっていることが望ましいでしょう。

ですが、恋愛を始める前の甘酸っぱい期間には「何でも言える」「何でも知っている」状態はそぐわないでしょう。

恋愛関係になるときには、男性は少し女性の前では格好つけたいものなのです。

自分を格好よく見せることで、相手から褒めてもらいたいと思っているのです。

女性が、付き合いたてや、付き合う前の男性の前ではオシャレをして可愛いと思ってもらいたいと考えるのと同じです。

ですが、何でも言い合える仲の女性相手では、格好をつけることもできません。

情けないところも知られています。

要するに甘酸っぱい雰囲気にはならないのです。

そのことが、恋愛関係になることを不可能にしている原因の一つだと言えるでしょう。

ペラペラとよくしゃべる

ペラペラと良くしゃべる女性のことは、男性は恋愛対象に含めにくいと言われています。

それは、男性も自分のことを話したいと思っているからです。

好きな女性の前では自慢話をしてしまう男性もいるでしょう。

自分のことを知ってほしいという気持ちが男性にもあるのです。

一方で、相手の女性がたくさん話をしているときには、男性は自分が話をすることができません。

女性の話を面白いと思っていたとしても、自分が何も話すことができない状態では、相手の女性に自分のことを知ってもらうことができないのです。

よくしゃべる女性を相手にしているときには、完全に「面白い話を聞きに来た」状態になってしまっている男性がほとんどです。

もし、男性に恋愛対象に含めてほしいと思っているのなら、喋りたいという欲を少し抑えて、相手にとっての良い聞き手になる努力をすることも大切です。

女友達から彼女にランクアップするにはどうしたら良い?

彼にとっての女友達であることは分かっても、彼女候補、そして彼女にランクアップしたいという人もたくさんいるでしょう。

彼にしとって、異性として意識されるためにはどのようなことをすれば良いのか知りたいという女性も多くいるはずです。

それでは、どのようなことをすれば、彼に異性だと意識してもらうことができるのでしょうか。

友人としての親しみはあるのですから、そこから恋愛に繋げるためにはあと一歩です。

彼にドキッとしてもらえるように、いくつかのポイントを押さえた言動をしてみましょう。

ふと見る時にドキッとする仕草をつくる

女性には女性らしい仕草があります。

これは、男性から見て絶対に自分にはできないもの、女性らしさの象徴のように思えるでしょう。

例えば、髪を掻き上げる動作であったり、綺麗な指先を滑らかに動かすような動作は、女性特有のものであると言えます。