CoCoSiA(ココシア)

キツネ顔な人の12個の特徴。有名人で言えば誰?


私たち人間は人それぞれ遺伝子が違いますので、それに伴って私たちの外見などは大きく変化しています。

自分以外に自分と見た目がそっくりな人間というのはなかなか存在しないですよね。

世の中に存在する人を隅々まで探せば、自分と見た目が似ている人は見つかるかもしれませんが、たとえ見た目が同じだったとしても、自分の体の特徴的な部分などはそっくりな可能性は低いですし、そもそも見た目があくまで似ているだけで全く同じという人間は存在するはずがありません。

たとえ一卵性双生児だったとしても、初めて見た時は区別がつかないかもしれませんが、ある程度の時間を共にすれば若干の見分けがつくぐらいの違いは存在してるはずです。

それを踏まえて考えてみると人それぞれ顔が違うのは、自分を表すひとつの個性として存在していると考えることができます。

世の中を見渡せば様々な顔をしている人が存在していることがすぐにわかるはずです。

そのようにして人の顔をじっくりと観察していくと、時々その人の顔が何かの動物に例えられるようなことに気づいたりする場合があります。

一般的によく世の中で聞く言葉としては、小動物顔、犬顔、猫顔、リス顔などという言葉を聞いたりするようなことがあると思います。

そんな顔の種類の中にはたぬき顔とかキツネ顔といった動物なども存在しています。

そこで、今回はキツネ顔をテーマにして、キツネ顔の人の特徴、そしてキツネ顔の有名人をご紹介していきたいと思います。

️動物でパターン化する人の顔

あなたの周りにその人の顔を動物で例えることができるような人は身近にいますか?

意外と自分の周りにいる人の顔をよく観察してみると、その人の顔を動物に例えたりする事が出来たりします。

私たち人間の顔がある程度決まっているように、動物についてもある程度基本的なパターンについては決まっていることが多いです。

それを踏まえて考えてみると、私たちの顔の一部分が動物の顔の一部分と極端に似通っている場合が存在しています。

例えば、鼻が必要以上にとがっている事で、何かの動物の鼻と一致して見えるようになったり、目がまるっきり動物の目と似ていたりするような場合などがあります。

このように、動物の特徴的な一部分と人間の特徴的な一部分が似ていることによって動物を連想させやすくなってしまい、まるでその動物のような顔をしている錯覚をしてしまったりするのです。

これが私たちが相手の顔動物のように判断することができる人の理由であると考えることが出来ます。

️キツネ顔な人の12個の特徴


今回ご紹介するのはキツネのような顔をしている人の特徴について詳しくご紹介をしていきたいと思いますが、あなたにとってキツネ顔というのはどのような顔だと思いますか?

動物にはそれぞれ特徴が存在しています。

それを踏まえて考えてみると、キツネの特徴を考えてみれば、おのずとキツネ顔の特徴などが想像できるようになるはずです。

なかなか私たちは野生のキツネに出くわしたりするようなことはないと思いますので、よっぽどキツネが好きだったりしなければ細かい特徴などを把握するのは難しいかもしれませんが、ある程度キツネの外見をわかればすぐに把握できるような特徴もたくさんあります。

あなたの身近にキツネっぽいな…と思えるような人がいれば、その人の顔を想像しながらこれからご紹介する特徴を考えてみてください。

当てはまるものがたくさんあれば、その人は紛れもなくキツネ顔ですし、もしもあなた自身が当てはまればあなたがキツネ顔であると証明する事も出来ますので、自分自身を客観的に見ながら特徴を確認してみると面白いと思いますよ。

目が細い

まずはじめにご紹介するキツネ顔な人の特徴としては目が細いということが挙げられます。

なぜキツネ顔な人の特徴が目が細いのかと考えた時に、もし可能であればキツネの画像をみながら確認してみてください。

キツネの画像を実際に見てもらえればわかると思いますが、キツネは一般的に目が細い生き物です。

写真によってはキツネの目がぱっちりしてるような場合もあったりしますが、一般的にはキツネは目を細めてみたりすることが多かったり、鋭い目つきの場合が多いです。

さらには、ある程度飼いならされているキツネならば優しい目をしていたりすることが多いのですが、野生のキツネを撮影している写真であればあるほど目が細くなり、眼光が鋭い場合がほとんどです。

これらの特徴を踏まえてみるとキツネは目が細い場合が多いので、キツネ顔の人の特徴としては目が細い人が該当すると考えることができるのです。

しかしながら、気をつけていただきたいのがただ目が細いとキツネに見えるというわけではないのです。

これからご紹介するいくつかの特徴などが重なることによってキツネの顔っぽく見えたりするようになるのであり、ただ目が細いだけではキツネには見えないので、その点は注意しながら判断してみるようにしてください。

そして、目が細いという事を相手に伝える場合は相手が嫌な気分になってしまう場合などがありますので、その点にもある程度注意をするようにしてください。

つり目


キツネ顔の人の特徴を考えた時に、該当するのはつり目である場合が多いということです。

なぜキツネ顔の人の特徴としてつり目が存在しているのかと考えた時に、これに関してもキツネの画像をよく見てみればわかると思いますが、キツネの目はつり上がってる場合が多いのです。

先ほど触れたように野生のキツネは眼光が鋭かったり、ギラギラした目をしていることがとても多いです。

このような野生のキツネに関してはほぼ目が細くつり目である場合が多いです。

それを踏まえて考えてみると、キツネらしい目つきをしているのは目が細く、さらにつり目である場合がとても多いのです。

なので、キツネ顔の人の特徴を考えると、つり目である場合がとても多く、つり目だとキツネ顔っぽく見えるようになると捉えることができるのです。

先ほど飼いならされている優しい目をしたキツネもいるとお伝えしましたが、このようなキツネに関してはパッチリ丸い目をしていたり、目がつり上がってるのではなく目尻が下に下がっていたり、横になって普通の目をしている場合が多くなります。

それによってまったく相手に与える印象などは変わってくるようになります。

なので、ただ目が細いだけでキツネの顔をしているわけではなく、目が細く、つり目のセットになったりすると、よりキツネらしさが醸し出されるようになるということなのです。

もしもあなたの身近にキツネ顔の人がいると思うのであれば、おそらくその人の顔がつり目で目が細かったりするような場合が多いと思います。

それはこれらの特徴が該当している、キツネ顔に見えるようになるからなのです。

鋭い眼光

顔にどのような特徴があればキツネ顔に見えるようになるのかと考えた時に、キツネ顔に見える特徴の一つとしては鋭い眼光が特徴の一つであると考えることができます。