私たち人間は人それぞれ遺伝子が違いますので、それに伴って私たちの外見などは大きく変化しています。

自分以外に自分と見た目がそっくりな人間というのはなかなか存在しないですよね。

世の中に存在する人を隅々まで探せば、自分と見た目が似ている人は見つかるかもしれませんが、たとえ見た目が同じだったとしても、自分の体の特徴的な部分などはそっくりな可能性は低いですし、そもそも見た目があくまで似ているだけで全く同じという人間は存在するはずがありません。

たとえ一卵性双生児だったとしても、初めて見た時は区別がつかないかもしれませんが、ある程度の時間を共にすれば若干の見分けがつくぐらいの違いは存在してるはずです。

それを踏まえて考えてみると人それぞれ顔が違うのは、自分を表すひとつの個性として存在していると考えることができます。

世の中を見渡せば様々な顔をしている人が存在していることがすぐにわかるはずです。

そのようにして人の顔をじっくりと観察していくと、時々その人の顔が何かの動物に例えられるようなことに気づいたりする場合があります。

一般的によく世の中で聞く言葉としては、小動物顔、犬顔、猫顔、リス顔などという言葉を聞いたりするようなことがあると思います。

そんな顔の種類の中にはたぬき顔とかキツネ顔といった動物なども存在しています。

そこで、今回はキツネ顔をテーマにして、キツネ顔の人の特徴、そしてキツネ顔の有名人をご紹介していきたいと思います。

️動物でパターン化する人の顔

あなたの周りにその人の顔を動物で例えることができるような人は身近にいますか?

意外と自分の周りにいる人の顔をよく観察してみると、その人の顔を動物に例えたりする事が出来たりします。

私たち人間の顔がある程度決まっているように、動物についてもある程度基本的なパターンについては決まっていることが多いです。

それを踏まえて考えてみると、私たちの顔の一部分が動物の顔の一部分と極端に似通っている場合が存在しています。

例えば、鼻が必要以上にとがっている事で、何かの動物の鼻と一致して見えるようになったり、目がまるっきり動物の目と似ていたりするような場合などがあります。

このように、動物の特徴的な一部分と人間の特徴的な一部分が似ていることによって動物を連想させやすくなってしまい、まるでその動物のような顔をしている錯覚をしてしまったりするのです。

これが私たちが相手の顔動物のように判断することができる人の理由であると考えることが出来ます。

️キツネ顔な人の12個の特徴


今回ご紹介するのはキツネのような顔をしている人の特徴について詳しくご紹介をしていきたいと思いますが、あなたにとってキツネ顔というのはどのような顔だと思いますか?

動物にはそれぞれ特徴が存在しています。

それを踏まえて考えてみると、キツネの特徴を考えてみれば、おのずとキツネ顔の特徴などが想像できるようになるはずです。

なかなか私たちは野生のキツネに出くわしたりするようなことはないと思いますので、よっぽどキツネが好きだったりしなければ細かい特徴などを把握するのは難しいかもしれませんが、ある程度キツネの外見をわかればすぐに把握できるような特徴もたくさんあります。

あなたの身近にキツネっぽいな…と思えるような人がいれば、その人の顔を想像しながらこれからご紹介する特徴を考えてみてください。

当てはまるものがたくさんあれば、その人は紛れもなくキツネ顔ですし、もしもあなた自身が当てはまればあなたがキツネ顔であると証明する事も出来ますので、自分自身を客観的に見ながら特徴を確認してみると面白いと思いますよ。

目が細い

まずはじめにご紹介するキツネ顔な人の特徴としては目が細いということが挙げられます。

なぜキツネ顔な人の特徴が目が細いのかと考えた時に、もし可能であればキツネの画像をみながら確認してみてください。

キツネの画像を実際に見てもらえればわかると思いますが、キツネは一般的に目が細い生き物です。

写真によってはキツネの目がぱっちりしてるような場合もあったりしますが、一般的にはキツネは目を細めてみたりすることが多かったり、鋭い目つきの場合が多いです。

さらには、ある程度飼いならされているキツネならば優しい目をしていたりすることが多いのですが、野生のキツネを撮影している写真であればあるほど目が細くなり、眼光が鋭い場合がほとんどです。

これらの特徴を踏まえてみるとキツネは目が細い場合が多いので、キツネ顔の人の特徴としては目が細い人が該当すると考えることができるのです。

しかしながら、気をつけていただきたいのがただ目が細いとキツネに見えるというわけではないのです。

これからご紹介するいくつかの特徴などが重なることによってキツネの顔っぽく見えたりするようになるのであり、ただ目が細いだけではキツネには見えないので、その点は注意しながら判断してみるようにしてください。

そして、目が細いという事を相手に伝える場合は相手が嫌な気分になってしまう場合などがありますので、その点にもある程度注意をするようにしてください。

つり目


キツネ顔の人の特徴を考えた時に、該当するのはつり目である場合が多いということです。

なぜキツネ顔の人の特徴としてつり目が存在しているのかと考えた時に、これに関してもキツネの画像をよく見てみればわかると思いますが、キツネの目はつり上がってる場合が多いのです。

先ほど触れたように野生のキツネは眼光が鋭かったり、ギラギラした目をしていることがとても多いです。

このような野生のキツネに関してはほぼ目が細くつり目である場合が多いです。

それを踏まえて考えてみると、キツネらしい目つきをしているのは目が細く、さらにつり目である場合がとても多いのです。

なので、キツネ顔の人の特徴を考えると、つり目である場合がとても多く、つり目だとキツネ顔っぽく見えるようになると捉えることができるのです。

先ほど飼いならされている優しい目をしたキツネもいるとお伝えしましたが、このようなキツネに関してはパッチリ丸い目をしていたり、目がつり上がってるのではなく目尻が下に下がっていたり、横になって普通の目をしている場合が多くなります。

それによってまったく相手に与える印象などは変わってくるようになります。

なので、ただ目が細いだけでキツネの顔をしているわけではなく、目が細く、つり目のセットになったりすると、よりキツネらしさが醸し出されるようになるということなのです。

もしもあなたの身近にキツネ顔の人がいると思うのであれば、おそらくその人の顔がつり目で目が細かったりするような場合が多いと思います。

それはこれらの特徴が該当している、キツネ顔に見えるようになるからなのです。

鋭い眼光

顔にどのような特徴があればキツネ顔に見えるようになるのかと考えた時に、キツネ顔に見える特徴の一つとしては鋭い眼光が特徴の一つであると考えることができます。

先ほど若干触れましたが、野生のキツネを実際に見たことがある方はすぐに理解できると思いますが、野生のキツネは厳しい自然の中で生きていますので、当然ながら飼いならされたキツネとはまったく違って目つきが鋭い眼光になっていることがとても多いのです。

温室育ちで、何もしなくても餌をもらえるような環境で育った動物と、生きるために必死になって獲物を刈らなければいけない世界で生きている弱肉強食の野生のキツネでは、目を比べた時に全く違う目をしているようになるのです。

これは考えてみればしょうがないことであり、人間に関しても暖かい家庭で育った人間は優しい目をしていることが多かったりしますし、厳しい環境の中で生きてきた孤独な人間などは眼光が鋭かったりすることなどが多いです。

それを踏まえて考えてみると、キツネの最大の特徴を考えてみるとやはり鋭い眼光が該当すると考えることが出来ますので、キツネ顔の特徴としては鋭い眼光があるかどうかという事が判断基準になると思います。

人間でも鋭い眼光をしているような人っていますよね。

怖いというだけはなく、なんとなくクールな印象を与えられるようなかっこいい系の目といえばわかりやすいかもしれませんね。

可愛い系よりもクールな美人系統である事が想像できると思います。

シュッとした輪郭

キツネ顔の特徴を考えてみた時に、特徴だと考えられるのはシュッとした輪郭が該当する基準になると判断することができます。

なぜキツネ顔の特徴がシュッとした輪郭に該当するのかと考えただけに、キツネに関しては輪郭が他の動物と違ってシュッとしている場合が多いのです。

一般的に考えてみるとキツネに似ている動物としては犬が想像されやすいと思うのですが、犬と比べてみてもキツネは輪郭がかなりシャープになっていることが多いです。

そもそもあまりキツネが飼いならされていないということもあり、野生の中で生きているため、しっかりとしたシャープなラインになりがちだという事と、鼻なども高くつき出ているような輪郭になっていますので、余計にシャープに見えやすいという事も関連しています。

なかなか太って輪郭がまるまるとしたキツネを見たりするようなことは基本的にはありませんよね。

それを踏まえて考えてみると、人間の顔に関しても同様にシュッとした輪郭をしている人間はキツネ顔の特徴に該当すると考えることができますので、キツネ顔はシュッとした輪郭だと該当すると判断することが出来ます。

人間の顔の形はある程度決まって存在しており、一般的には卵顔、面長顔、丸顔、ホームベース顔、逆三角顔とに分けることが出来、この場合は逆三角顔をしている場合はキツネ顔の定義に満ちていると考えることが出来ます。

色白

キツネ顔の特徴を考えてみると、キツネ顔の特徴に該当する場合は色白であるという事も該当しています。

なぜ色白であるとキツネ顔になるのかと考えてみると、そもそキツネ自体が色が白かったりすることが多いということが関係している理由になります。

一般的にキツネに関しては全体的な色は茶色いことが多いです。

他の動物で例えるならば茶色の柴犬などを想像してみると色のコントラストがよりわかりやすいかと思います。

しかしながら、キツネに関しては鼻から胸にかけて真っ白な毛に覆われている場合が多いですし、寒い地域に住んでいるホッキョクギツネに関しては真っ白な色になっているということでも知られていますので、それを踏まえて考えてみるとどちらかといえば色が白かったりすることの方が多い印象を持ちやすくなります。

キツネはさまざまな地域に出没しますが、寒い所に出没したりすることが多かったりしますので、それを踏まえて考えてみると雪国に生息している→雪国に生息しているという事は色が白い、という事がより自然に考えられるようになるのです。

それを踏まえて考えてみると、色が白いという事はキツネ顔をより助長させる要因になると考えることが出来、キツネ顔の人は色が白い特徴が該当すると考えることが出来るのです。

あなたの周りにもしもキツネ顔っぽいと感じているような人がいるのであれば、肌の色を確認してみてください。

恐らく肌の色は色白で綺麗な肌をしている場合が多いと思います。

逆に、キツネ顔なのに色が黒いということはあまり多くはないと思いますので、そのことを踏まえて考えてみてもキツネ顔の特徴はやはり色白の人が多いと捉えることができると思います。

高くて細い鼻

キツネ顔の特徴を考えた時に、該当する特徴の一つとしては高くて細い鼻が該当すると捉えることが出来ます。

なぜ高くて細い鼻がキツネ顔に該当するのかと考えた時に、キツネの鼻の特徴としては細長くて、とがっている鼻になっているからです。

キツネは見た目では犬とかなり似ているように感じますよね。

犬も犬種によってはその特徴が該当しますが、見比べてみると鼻が異様に細長くて高くなっている事が多いのです。

そして考えてみると、キツネ顔の特徴としては高くて細い鼻が該当すると考えることが出来るのです。

おそらく、キツネ顔っぽいなと感じる人の鼻は高くて細くなっていることがかなり多いはずです。

逆に鼻が丸まっていたり、鼻の高さが低いようなお団子のような花になっている人はどのようにしてもキツネ顔には見えない場合が多いです。

そもそも鼻はあまり意識されていない場合が多いですが、顔の中心にあるパーツでもありますし、それだけ注目度や顔の印象を形成付けるパーツとして高い影響力を誇っています。

それを踏まえて考えてみると、鼻の形が全く違う場合に関してはそもそもに似ていると感じない傾向が多いと思いますので、キツネ顔だと判断する場合は鼻の特徴などはクリアしている事が多いと考えられます。

そうなると、キツネ顔と判断される方の大部分は必ずこの特徴をクリアしていると考えることが出来ます。

薄い唇

キツネ顔の特徴を考えた時に、キツネの顔を想像してみると薄い唇がキツネの顔特徴になっているということが分かるはずです。

キツネの顔を想像してみると、どちらかといえば口がシュッとしているような印象を与えるていると思います。

それを踏まえて考えてみると、人間の唇が薄い方がよりキツネ顔演出しやすくなるのです。

逆に考えてみて唇がぽってりしてるような厚い唇をしている場合は、あまりキツネ顔の印象を与えることができなくなると思います。

それを踏まえて考えてみると、キツネ顔の特徴としては薄い唇をしている人が該当しやすいと考えることができるのです。

つり上がった眉

キツネ顔の特徴を考えてみると、キツネは眉毛がつり上がっている場合がかなり多いので、つり上がった眉毛が特徴的であると考える事も出来ます。

キツネに関しては相手に対してクールな印象を与えることがとても大きいです。

それを踏まえて考えてみると、眉毛に関しても相手に与える印象を大きく操作する効果が存在しており、眉毛がもしも垂れ下がっているような場合になると、困り眉になってしまいますので、相手に対して弱い印象なども与えやすくなります。

つまり、可愛らしいような印象などを与えやすくなるので、キツネとはかけ離れたイメージになってしまうのです。

なので逆につり上がった眉毛を想像してみると、クールで強気なキツイ印象を与えられるようになりますので、よりキツネらしさが演出されるようになるのです。

それを踏まえて考えてみると、つり上がった眉毛はキツネ顔の特徴であると考えることが出来ます。

美形が多い

キツネ顔の特徴を考えた時に大体の場合に当てはまる特徴としては美形が多いということが該当します。

なぜキツネ顔の特徴として美形が多いのかと考えてみると、そもそもキツネ顔として考えられる顔は可愛い系よりも美しく、綺麗である事の方が多いのです。

なぜならば、先ほどまでにご紹介した特徴でもある切れ長のつり目であったり、高い鼻などもそうですが、顔が整っている場合によく見られる特徴になるのです。

外国人に関しても、一般的には顔が整っている人が多いとされていますが、それは鼻が高い事により顔が整っているように見えたりするからなのです。

それを踏まえて考えてみると、鼻が高いだけで顔が整っているように見えるということは美形が多いという事であり、結果としてはキツネ顔の特徴は美形が多いという事が成り立つようになるのです。

さらに、キツネ顔をしている人は先ほどご紹介したように、肌が色白であることが多いのです。

肌が色白であるということは、肌がより美しく見えやすくなる場合が多くなり、肌が美しく見えるということは、肌自体が綺麗である事が多いという事になります。

肌が美しく、さらに綺麗な整った顔立ちというだけで気品あふれる顔になる可能性はとても高くなります。

なので、顔が整っている事がさらにキツネ顔の特徴になると考えることが出来るのです。

おそらくあなたの周りにいるキツネ顔の人は美人やイケメンである事がかなり多いと思います。

その結果、異性からモテるような人などが該当する場合が多いです。

なので、人からキツネ顔だと言われた事がある方は異性から魅力的だと思ってもらえる可能性がとても高いと思って間違いないと思いますよ。

少しキツイ印象

キツネ顔の特徴を考えた時に、該当する他の特徴としては、相手に対して少しキツイ印象を与える人も該当すると考えることができます。

なぜキツネ顔の人は相手に対して少しキツイ印象を与えてしまうのかと考えた時に、そもそも顔自体が可愛い系よりも美人な顔をしているため、私たちの潜在的な判断としては性格がキツイ印象を受けやすくなるのです。

可愛い顔をしている人は性格も可愛いらしかったり、優しい印象を受けたりすることが多くなると思うんですが、美しい人綺麗な人ほど相手に対する印象などはキツイ印象を与えやすくなります。

それを踏まえて考えてみると、優しい印象よりも少しキツイ印象、ツンッとした印象を与えやすくなるので、それがキツネ顔の特徴であると考えることが出来るのです。

しかしながら、私たちの顔は不思議なことに自分の性格を表しやすくなるとも言われており、自分の顔がキツければキツイほど実際に性格などがキツかったりする場合が多くなります。

なので、実際に文句をすぐに言ったり、相手に対して怒りっぽかったりするような特徴を持っている場合が多くなります。

そういった事もあり、キツネ顔の人は相手に対してキツイ印象などを与えやすく、それがキツネ顔の特徴になると考えることが出来ます。

しかし、これは必ずしも連動しているわけではないので、優しい性格の人でも該当する場合がありますので、決めつけるような事はしないようにしてください。

頭が良くクール

キツネ顔の人の特徴を想像してみると、該当するひとつの特徴としては頭が良くてクールであるということが想像できます。

なぜキツネ顔の人は頭が良くてクールな特徴を持っているのかと考えた時に、そもそもキツネ顔の人は相手に対してキツイ印象を与えやすいとお伝えしました。

なので、実際に性格がキツイ場合が多かったりするのですが、性格がキツイ場合はそれに比例して相手に対してキツく発言をする分、自分に対してもきっちりしている人だったりする場合が多いのです。

それに、見た目も相まってよりサバサバして行動的な印象なども与えやすくなるのです。

自分に対して厳しかったり、自分に対してきっちりしているような性格をしている人は様々な面において優秀な成績を出したり、優秀な結果を残しやすくなるようになります。

それを踏まえて考えてみると、キツネ顔の人は頭が良くてクールな人が多い印象になるので、キツネ顔の特徴の一つとして考えることが出来ます。

キツネ顔の人で天然でほんわりしているような人だとなんだかイメージが違って見えるようになりませんか?
そうした内面の部分までも加味した上で私たちは動物っぽいという事を判断しているようになるのです。

実際に嵐の大野君がナマケモノっぽいと言われているのは、大野君がふんわりとしている性格をしている事が由来しています。

そう考えると内面もその動物に近づく大切な要素であると考えることが出来るのです。

体は細身

キツネ顔の人の特徴を考えてみると、キツネ顔だと判断される人はまず体型が細身である可能性がとても高いです。

なぜ顔の判断をするのに体型まで加味して考えるのかと想像した時に、そもそもキツネ自体が痩せている体型をしている事が多いからなのです。

想像してみるとすぐにわかると思いますが、キツネの体型に関しては痩せて、スラっとしている場合が多いのです。

今までキツネを見たことがある方で、ずんぐりむっくりしている様なキツネの姿を見たことがあるという方は決して多くないはずです。

ずんぐりむっくりしているような体型を考えてみれば、それはたぬきなどの印象の方が強くなってしまいがちになると思います。

そう考えてみると、たとえ顔がキツネっぽかったとしても、体型などがキツネの体型ではないような印象になるとまるで違う印象になると思います。

そう考えると体型はキツネ顔を形成する大切な要素になり得ると判断できるので、身体は細身という事はキツネ顔の特徴の一つであると考えることが出来ます。

️キツネ顔の芸能人といえば

キツネ顔の特徴を踏まえて考えてみると、あなたの身近にもキツネ顔の顔をしているような人がたくさんいると思いますが、簡単に想像していただきやすいように、ここからはキツネ顔の芸能人についてご紹介していきたいと思います。

芸能人の中にはキツネ顔だとすぐにわかるような特徴を持った顔をしている人がたくさんいますので、これを踏まえて考えてみるとすぐにキツネ顔の特徴が頭に浮かびやすくなると思いますので、キツネ顔がいまいちわからないという方は参考にしてください。

️キツネ顔の男性芸能人

まずはキツネ顔をしている男性芸能人についてご紹介していきます。

これまでにご紹介してきた特徴を持っているイケメンの男性芸能人についてピックアップした方をご紹介していきますので、キツネ顔の特徴を踏まえながら確認してみてください。

及川光博

キツネ顔の特徴を持った男性芸能人として、及川光博さんが該当しています。

及川光博さんは1969年10月24日生まれの48歳で、檀れいさんと結婚していることでも知られている俳優、ミュージシャン、シンガーソングライターです。

及川光博さんのルックスを確認していただければすぐにわかると思いますが、色白で切れ長の細い綺麗な目をしており、眼光の鋭い、いわゆる典型的な美形の顔をしていると考えることができます。

目自体も細く、唇なども薄い事でも知られていますので、まさにキツネ顔の特徴を満たしている顔だと判断することが出来ます。

なので
及川光博さんはキツネ顔の男性芸能人であると判断することが出来るのです。

綾野剛

キツネ顔の特徴を持った男性芸能人の中には綾野剛さんも該当すると考えることが出来ます。

綾野剛さんは1982年1月26日生まれの35歳で俳優として活躍している著名人です。

綾野剛さんはどちらかといえば色白で目が細いことでも知られています。

切れ長の鋭い眼光をしており、スッとした鼻も特徴的でクールな美形としても知られています。

なので、キツネ顔の特徴を満たしてるので、綾野剛さんはキツネ顔だと判断することが出来るのです。

長谷川博己

キツネ顔の男性芸能人を想像した時に、該当する人物として長谷川博己さんが考えられます。

長谷川博己さんは1977年3月7日生まれの40歳であり、俳優として活躍している男性芸能人です。

長谷川博己さんのルックスを見てもらえればすぐにわかりますが、長谷川博己さんといえば特徴的なのは切れ長の一重の目です。

高い鼻も特徴的で、色白だという事もありキツネ顔の特徴を十分満たしている顔だと考えられます。

美形という事で知られ、年齢よりもとても若く見られる事もあり、たくさんの女性のハートを掴んでいるまさにイケメン俳優として認識することが出来ます。

️キツネ顔の女性芸能人

キツネ顔をしている女性芸能人もたくさん存在しており、男性芸能人と同様にやはりどこか気品あふれる顔立ちをしている事も多いです。

男性と女性というだけで同じキツネ顔でも若干の違いが存在していますので、その点も含めた上で確認してみると面白いと思いますので、比較しながら確認してみてください。

田中麗奈

キツネ顔の女性芸能人を考えてみると、田中麗奈さんが該当すると考えられます。

田中麗奈さんは1980年5月22日生まれの37歳であり、女優として活躍している女性芸能人です。

田中麗奈さんは外見を確認してみると、色白でやや吊り上がった大きな目をしているのが特徴的です。

細い目ではないのですが、きちんと眼尻が上がっているようになっていますので、キツネ顔の特徴を満たしていると考えることが出来ます。

さらに、眉毛に関してもつり上がっているような形をしていますので、受ける印象として、黙っているとキツイ印象を相手に与えてしまいがちな雰囲気でもあります。

なので、まさに典型的な気品あふれる美しいキツネ顔だと考えることが出来ます。

北川景子

キツネ顔の女性芸能人を想像してみると該当するのは北川景子さんだと考えられます。

北川景子さんは1986年8月22日生まれの31歳であり、女優として活躍していましたが、現在が歌手のDAIGOさんと結婚し、妊娠を発表しています。

北川景子さんがなぜキツネ顔なのかと考えると、まず色白であるという点と、北川景子さんは眉毛がつり上がっていますので、黙っているとキツイ印象になりますが、それと同じくらいとてつもなく綺麗な顔立ちをしています。

これも高い鼻が影響しており、目に関しても若干眼尻が上がっているのが特徴的です。

北川景子さんは唇に関しては薄めではなく、厚めの唇をしており、その点ではキツネ顔の特徴とは離れていますが、それ以外の部分がしっかりと特徴づけられていますので、キツネ顔に近いと判断することが出来ます。

なので北川景子さんはキツネ顔であると考えられます。

️一見近づきがたいけど優しい人も多いキツネ顔

キツネ顔はやはりその特徴からキツイ印象を受けますので、最初こそ近寄りづらい雰囲気を醸し出しています。

しかしながら、あくまでそれはルックスによる印象なだけであり、内面が絶対にそうだとは限りません。

実際に話しかけてみる事で、優しい内面を持っていたという事などもあると思いますので、見た目だけで判断するのではなく、きちんと相手の内面まで見据えた上でかかわるようにすると良い関係性を作る事が出来ると思いますよ。

身近にいる近寄りづらいキツネ顔の人にこそ積極的に関わり、良い関係性を築いてみてください。