人から見られて魅力的に思われたいと思うのは人間であれば当たり前の感覚です。

誰しもが美しい自分になりたいと心から望んでいると思います。

なぜならば、美しい自分になることによって周りの人間から注目され認められるようになりますし、どのような場面においても自分の容姿が優れている事によって有利な立場に身を置けるようになるからです。

それぐらい外見という要因は相手にとって大きな影響力を与える武器になりうると考えることができます。

外見が良い人間と外見が悪い人間を比べてみると、本当は望ましい事ではないのですが、残念ながら世の中は不平等だと感じることが多くなると思います。

それくらい外見が良い人間は様々な点において優遇されています。

生まれ持った顔などは変えることができませんので、ある程度限界点は存在するかもしれませんが、美しくなるために行える努力は平等に様々な方法が存在しています。

だからこそ、自分はダメだと諦めずに、美しい自分になれるように努力をして行くことに大きな意味があると考えることが出来ます。

そこで今回はたくさんの方がなりたいと思っている美しい要因である小顔をテーマにして、顔が小さいと言われている芸能人をご紹介していきます。

また、併せて小顔にする方法についても併せてご紹介していきますので、顔が大きい事をコンプレックスに感じている人は実践してみましょう。

️自分の顔の大きさがやばすぎる!

あなたは自分の顔の大きさについて意識をしたことがありますか?

自分の顔について意識をする方はたくさん存在していますが、自分の顔の大きさまで意識をしていたりする人はそう多くはないと思います。

しかしながら、過去に誰かから顔が大きいと言われたりしたことがある方は意識をしているかもしれませんね。

毎日見ている自分の顔だからこそ、ちょっとした違いがあったとしても気づかない場合が多いのも顔が大きい事に気づけていない理由になります。

なかなか相手から指摘されないと気づくことができない顔の大きさですが、顔の大きさは自分自身が想像しているよりも相手に対して大きく影響を与えてしまう要因になります。

顔が大きいと、特に女性の場合は相手からあまり良い印象をもってもらえなくなってしまう可能性もありますので、特に注意をしておかなければいけません。

少しでも自分の顔が昔よりも大きくなったかも?と感じた時に行動をしておかなければ、時すでに遅くなってしまう可能性もありますので、早め早めに対策を行うという事を心がける必要性があります。

気になるけどまぁいいや、と気にしないでいるといつか大変な事になってしまうので、もしも危機感を感じているのならば、小顔になれる方法を実践することをお勧めします。

小顔になれるものならなりたい!


小顔になれるものなら、なりたいと思っている人がたくさんいると思いますが、小顔になるためにはそれなりに努力を行わなければいけません。

気づいたらいつのまにか小顔になっていたということは基本的にはありえません。

そもそも、顔が変化するということはそれなりに何かしらの原因が存在しているから変化していると考えることができます。

顔が大きくなっていると感じているのであれば、まず考えられるのは顔に肉がついてしまっているということですよね。

それ以外にも、自分の顔の筋肉を全く使っていないことによって顔の上に脂肪がたまっているということも十分考えられます。

何かしら自分に当てはまる原因が存在しないかどうか、自分の事を振り返って見つめ直す必要性があります。

それをしなければ、なぜ自分の顔が大きくなっているのかということがわからないですし、原因がわからなければ当然改善点もわからないので、いつまでも問題を放置してしまいがちになってしまうのです。

そして、何も考えずに生活しているから今現在顔が大きくなっていると感じているのに、そに対して何も行わなければ、その延長線上に待っているのはさらなる顔の肥大化です。

なので、少しでも自分の顔が気になる、もしくは小顔になりたいと思っているのであれば、その時点できちんと原因を探り、それに見合った対処法を講じる必要性があります。

後悔したくないのであれば、かならず気付いた時点でどう行動するのかという事が重要だと理解してください。

【顔が小さい人の基準と条件は、こちらの記事もチェック!】

芸能人ってなんであんなに小顔なの?

自分の顔の大きさに悩んでいる人ならば、必ず一度は想像したことがあると思いますが、なぜ芸能人はあんなに小顔なのに、自分はこんなに顔が大きいのだろうか?と想像した事があるはずです。

しかし、この答えはとても簡単な事です。

なぜならば、芸能人はそれなりに小顔になるために努力を行っているからです。

もちろん元々小顔という人もいるかもしれませんが、それはごく一握りの人だと思います。

少なくとも芸能人は一般人と違って見られる仕事をしていますので、それなりに自分の外見について意識を高く持っている方はたくさん存在しています。

私たちがテレビで見る芸能人は、おしゃれなお店に足を運んで食レポを行ったりして、いつも美味しいものだけを食べて辛い努力をしているようには見えないかもしれませんが、陰ではきちんと自分自身を管理して綺麗に見えるように努力をしている人ばかりです。

なので、芸能人はそれなりに努力をしているから小顔を維持していると考えることができるのです。

だからこそ、あなたも顔が大きいと気づいた時点で何かしらの行動を取らなければいけないのです。

そこで問題を放置しないことが美しい自分を手に入れるために一番大切な事だという事に気づいてください。

️顔が小さい3人の芸能人


今現在芸能界で活躍している綺麗な芸能人はたくさん存在していると思います。

その中でも顔が小さくてとても綺麗で、たくさんの方から憧れている女性芸能人も多く存在しています。

そもそも芸能界に存在しているということ自体が、それなりに容姿に恵まれている女性ばかりだと思うのですが、その中でも特に小顔として知られている芸能人についてピックアップしてご紹介したいと思います。

小顔で知られている芸能人を把握し、これからご紹介する芸能人の中で自分が本当に憧れを持てるような存在の芸能人を見つける事で、目標を作り、美意識を高く保てるようにするとモチベーションも上がると思いますので、それをきっかけにして自分磨きを頑張ってみてください。

目標を持つ方が絶対に効果を得やすくなりますので、まずは憧れの芸能人を見付ける事から始めましょう。

桐谷美玲

まずはじめにご紹介する顔が小さい芸能人は桐谷美玲さんです。

桐谷美玲さんは元々ファッションモデルとして活躍しており、現在は女優業、そしてニュースキャスターも行っているマルチな才能を持っている女性芸能人です。

SEVENTEENなどの雑誌で専属モデルなどを行っていた事もあり、とても美しいスタイル、ルックスをしているのは誰もが知っている事なのですが、なんといっても桐谷美玲さんは顔がとても小さいことで知られています。

桐谷美玲さんの写真を見たことがある方はお分かりになると思いますが、顔が小顔であることがすぐにわかります。

同じモデルの女性と比べてもさらに顔が小さかったりする位なので、ありえないほど小顔出るという事がお分かりいただけるはずです。

ちなみに、私たち人間の一般的な顔の大きさに関して、全頭高は女性は22.89cm、男性は23.87cmだと言われています。

そして過去の情報ですが、雑誌に掲載されていた桐谷美玲さんの顔の大きさを比較してみると、桐谷美玲さんの顔の大きさが18.5cmだと言われています。

この数字からも圧倒的に顔が小さいという事がお分かりいただけるはずですよね。

平均よりも相当少ない数になっており、圧倒的小顔なのです。

しかし、身長自体は163cmと女性の中でも特に小柄というわけでもないので、当然骨格も左右している事実ではありますが、運だけだとは考えにくい、美しく保たれたルックスであると考える事が出来ます。

真木よう子

次にご紹介する顔が小さい芸能人は真木よう子さんです。

真木よう子は現在は女優として活動を行っており、過去に若い子として活動したこともあるマルチな才能を持っている女性芸能人です。

今では映画やテレビドラマ、そしてCMなどに引っ張りだこな超人気女優ですが、そんな真木よう子さんは芸能界の中でもトップクラスを誇っている子が小顔として知られています。

気になる方は真木よう子さんの写真を見ていただければわかるのですが、顔がとても小さい事がすぐにわかるはずです。

真木よう子さんはかなり細身でもありますので、あまり肉などが付いていないという事もあり、余計に小顔に見られやすいということもあるのかもしれませんが、それにしてもありえないほど小顔なのです。

子供と写ってる写真なども存在しますが、その写真では子供と顔の大きさがそこまで変わらないくらいの映りにもなっていますので、一般的な平均の顔のサイズよりもだいぶ小さいという事は明白です。

テレビドラマでもモデルの役柄を行ったこともあり、やはりモデルであってもおかしくないほどのスタイルの良さである事も小顔という要因が大きく影響していると考えることが出来ます。

芸能界の中でも小顔として認められている真木よう子さんの魅力を知り、美容に対するモチベーションを上げていただければ幸いです。

観月ありさ

年齢を全く感じさせない美しさを保っている子顔の女性芸能人として観月ありささんが存在しています。

観月ありささんは女優、歌手、モデルとして活躍しており、現在40歳という年齢でもありながら相当な小顔、そしていつまでも美しいルックスが保たれている女性として知られています。

芸能人であれば小顔であるのはそこまで違和感を感じないのかもしれませんが、観月ありささんに至ってはすごいと言われているのがなんと身長が169cmもあるという点です。

一般的な身長よりもかなり高い身長をしていることがお分かりいただけるはずです。

そしてその身長があるからこそ股下84cmの美脚ともいわれており、まさにモデル体型なのですが、それだけではなくなんと八頭身あると言われているのです。

普通はこれくらいの身長があれば、ある程度顔が大きくても理解できますが、それを全く感じさせないどころか、むしろ普通の人よりも小さい顔をしているというのがとてもすごいことですよね。

普段からしっかりと美容に関するケアを行っているからこそ、これだけ美しいルックスをいつまでも手に入れられるという事がわかります。

40歳になってもいつまでも綺麗でいるという事は女性からしてみればとてつもなく大きな憧れになりますよね。

年齢などは関係なく、やはり大事なのは行動しているか行動していないかの違いという事です。

美しくありたいのであれば、努力し続け、行動し続けることが大切だという事を忘れないようにしてください。

️顔を小さく見せる方法

顔が小さいというだけで相手に与える印象は大きく変わるようになります。

例えば、誰かと一緒に写真に写ったりした時には自然と相手との顔の大きさが比較されるようになる場面がたくさんあります。

その時に自分の顔がとても小さく見えていたら周りの人からは小顔だと思われて、魅力的に感じてもらいやすくなったりします。

逆に比較されて大きかったら嫌な気分になってしまいますし、顔が大きいと他人から判断されてしまいがちになります。

また、顔が小さいことによって全体的にスタイルがよく見えるということも相手に与える印象が変わる理由です。

よく〇頭身のスタイルと言われたりしていると思いますが、顔が小さい事によって〇に入る数字が大きくなり、結果的にスタイルも良く見えるようになります。

スタイルにおいては大切だと考えられやすいのは身長ですが、確かに身長も関係ありますが、それだけではなく顔の大きさも関係しているという事を知ってください。

なので、顔が小さいという事は相手に与える印象が大きく変化するのです。

それを踏まえて考えてみると、顔の大きさは自分のスタイルを良く見せたり、魅力的に引き立たせてくれる大切な要因になると改めて気づけるはずです。

だからこそ美しくあり続けるためには自分の顔の大きさも常日頃から意識をしておくことが大切なのです。

なので、ここからは顔を小さく見せるための具体的な方法についていくつかご紹介していきたいと思います。

顔が大きくていつも悩んでいるという方は、これからご紹介する小顔になるための方法を実践して小顔を手に入れられるようにチャレンジしてみましょう。

デカ目メイクをする

まずはじめにご紹介する顔を小さく見せる方法としては「デカ目メイクをする」のがお勧めの方法です。

なぜデカ目メイクをする事で顔を小さく見せることができるのかと考えた時に、それは単純な話で自分の目を大きく見せることによって顔の表面積を小さく見せることが可能になるからです。

また、目に注目させる事で顔が大きく見えにくくなりますので、注意をそらす効果も見込むことが出来ます。

誰でも簡単にできるデカ目メイクとしては、自分の目の下に涙袋をメイクでわざと作ることによって、目から顔の下までの表面積を短くすることができます。

ちょっとした工夫で簡単に小顔を手に入れる事が出来ますので、メイクにあまりこだわっていなかったという方は顔が少しでも小さく見えるメイクを研究してみると、今までと違った自分を手に入れられるようになるはずです。

前髪をつくる

顔を小さく見せるためには「前髪を作ること」も小顔に見せる大切な方法の一つです。

なぜ前髪を作ることによって顔が小顔に見えるのかと考えた時に、例えば前髪を作らずに前髪をアップした状態、もしくは前髪を作らずに髪の毛を真ん中から分けている状態を想像してみてください。

そうすると、どちらの場面も前髪を作った状態よりも顔が前面に押し出されている印象になるということがお分かりいただけるはずです。

小顔の人間が自分の顔を全面に押し出すために髪をアップしたり、前髪を作らずに分けていれば美しく見えやすいのですが、顔が大きい人が髪の毛を分けて顔を前面に出したりすると、自分の顔が大きい事が余計に周りにアピールされてしまいやすくなるのです。

なので、顔が大きい人はわざわざ自分の顔を強調するような髪型にする必要性はないのです。

そこで、前髪を作ることによって正面から自分の顔を見られた時に、相手の目に映る自分の顔の面積を減らす効果を得る事が出来ます。

ちなみに、どのような前髪にすれば小顔に見えるのかと考えた時に、おすすめとしては七三分けの髪型にしていただくことによって視線を外にずらすような効果を得ることができます。

そして自然を左右にずらしたところで、可能であれば顔周りの毛も自分の輪郭に沿って輪郭を隠す事で小顔に見えやすくなります。

このように自分の髪の毛を使ってうまく顔の輪郭をぼかしたり面積を少なくすることによって小顔に見えるようになりますので、結果として前髪を作るという事は顔を小さく見せるために行える工夫であると判断することができます。

レイヤーを入れる

少しでも簡単に自分の顔を小顔に見せられるようにしたいと思うのであれば、髪の毛を少し工夫してカットすることによって小顔に見せられるようにできます。

具体的な方法としては、自分の髪型を「レイヤーカット」にすることをお勧めします。

なぜレイヤーカットにすれば小顔に見られるのかと考えると、レイヤーカットにすることに
よって自分の顔に髪がかかるようにすることができるからです。

自分の顔に髪がかかるようにすれば、自分の顔の面積を減らすととも、輪郭をぼやかすこともできるようになりますので小顔に見えやすくなるのです。

ちなみに、レイヤーカットとは自分の髪の毛に段を入れるカットであり、トップから下に下がるにつれて長さを長くしていくカットの事です。

段を入れる事で本来は立体感を生み出して動きをつけやすくする髪型なのですが、このカットを取り入れることによって小顔効果を見込むこともできますので、レイヤーカットにすることで自分の顔を小顔に見せられるようにできるということになるのです。

マフラーやマスクで隠す

この方法は冬の時期や寒い時期にしか行うことができない方法になるのですが、気温が低い場合は「マフラーやマスクで隠す」事によって小顔効果を得ることができるようになります。

なぜマフラーやマスクで隠すことが小顔に見せる方法になるのかと考えると、マフラーやマスクを使うことによって自分の顔の表面積を小さくすることが可能になるからです。

自分の顔が大きく見えるということは、言い変えてみると自分の顔の表面積が他人よりも大きいということが強調されているから起こり得るのです。

なので、その点を突き詰めて考えてみると、自分の顔の表面積を少なくすることによって相手からは顔が大きいと判断しにくくすることが出来ます。

だからマフラーやマスクをするということが自分の顔の表面積を小さくすることにつながりますので、小顔効果を簡単に言えることができると考えることができます。

実際に、寒い時期になるとマフラーやマスクをしている人がたくさん存在していると思いますが、そのような方達はある程度普段よりも小顔に見えたりしませんか?
マフラーやマスクを外した途端に顔が大きく見えたりした経験があると思いますが、それもすべて顔の表面積による効果が印象を左右していると捉えることが出来ます。

ちょっと太ったと思ったのであれば顔が細くなるまでの間はマスクなどを付けてその場をしのぐ事などが可能なので、食べ過ぎてしまった正月明けなどはマスクをしていくと周りに太った事をばれないで済むかもしれませんよ。

写真を撮るときは手を顔に

この方法に関してはあくまで写真を撮影する時限定の方法になるのですが、写真撮影をして周りの人と顔の大きさを比べられたくない時には絶対におすすめの方法です。

自分の顔の大きさを写真で比較されたくない場合は、写真を撮影する時に必ず「手を顔に当てるようにして」ポーズを取ってみてください。

なぜ写真を撮るときは手を顔にすることによって小顔に見えることができるのかと考えた時に、考え方としてはとても単純な話で、自分の顔の輪郭を消してあげることによって周りの人と顔の大きさを比べられることを防ぐことができるのです。

なぜならば、輪郭を手で隠していることによって顔の大きさが判断されにくくなり、肌の露出面積を少なくなることで顔の大きさを察知されることを防ぐことができるのです。

しかしながら、この方法に関しては写真撮影をしている時限定の対処法です。

写真撮影をしていない時にいつも自分の顔に手を当てていると不自然ですし、周りからしてみれば変な人だと思われてしまう可能性がありますので、必ずこの方法が写真を撮影する時のみの対処法ということで理解しておいてください。

この方法をあらかじめ理解しておくことによってとっさの写真だったとしても、顔比較をうまくごまかすことが出来ますので身に付けておいて損はないスキルですよ。

肩幅のある服を着る

意外に感じるかもしれませんが、自分の顔を小さく見せたいと思っているのであれば自分のファッションに対してもあるけど気を使ってコーディネートをすることで顔を小さく見せることが可能になります。

具体的には、「肩幅のある服を着る」ことによって自分の顔を小顔に見せることができるようになります。

なぜ肩幅のある服を着ることによって自分の顔を小顔に見せることができるようになるのかと考えると、肩幅が最初から広く設定されているような服を着ると顔に対する注意がそらされるようになりますし、顔が多少大きくてもあまり気にならなくなるのです。

しかしながら、その逆に自分の体にぴったりとしているタイトな服を身に付けてしまうと、自分の顔が大きく見えてしまうのを強調させるようになります。

なので、自分の顔が大きいということを気にしている方は肩幅のある服を身につけるようにしてください。

おすすめとしては、ダウンジャケットなどを身につけることで肩の部分に自然にボリュームを持たせることができるようになりますので、おすすめですよ。

暗めの髪色にする

自分の顔を小顔に見せたいのであれば、意外かもしれませんが自分の髪色などにも気を使ってあげる必要性があります。

つまり、自分の髪の色を「暗めの髪の色に染める」という事が一つの方法になります。

なぜ暗めの髪の色に染めることで自分の顔を小顔に見せることができるのかと考えた時に、世の中に存在している色には膨張色、そして収縮色とに分けることが出来、これが影響する可能性があるからだと考えられます。

簡単に言えば、膨張色にするとイメージとしては顔が大きく見えてしまい、収縮色にすると顔が小さく見えるので、就職色である暗めの髪の色にすることで小顔に見せることができるという結論になるのです。

では、膨張色と収縮色ではどのような色が該当するのかと考えた時に、一般的に膨張色と言われているのは明るい色である赤色や黄色などが該当する場合が多いです。

そして、収縮色に関しては青色や黒色などが該当すると言われています。

これを考えてみると、自分の髪の色を青や黒などに染め直すことによって、自分の顔を小さく見せることが可能になると考えることができます。

今もしも自分の髪の色が明るめの色をしているのであれば、ちょっと暗めの色に染め直すことによって顔がシュッとした印象を相手に与えることができるようになりますよ。

表情筋を鍛える

自分の顔が大きくなっていることを根本的に改善したいと思っているのであれば、「表情筋を鍛えてあげる」ことによって自分の顔を小顔に変化させることが可能になります。

なぜ表情筋を鍛えることによって自分の顔が小顔になるのかと考えると、結局顔が大きくなってしまう原因としては顔に脂肪がついてしまっている状態、もしくは自分の顔の筋肉が衰えてしまって肉が垂れている状況が考えられます。

このどちらの場合を考えてみても、いずれにしても脂肪が顔についてしまってることによってだらしなく見えてしまっているのです。

なので、顔の表情筋を鍛えてあげることによって本来あるべき場所に筋肉の位置を戻してあげたり、無駄な脂肪を燃焼させてあげることによって顔がシュッと見えるようになるのです。

なので表情筋を鍛えてあげると自分の顔が大きいことを根本的に解決し、小顔に変化させてくれると考えることが出来ます。

ちなみに表情筋を鍛えることによって、えられる恩恵はただ顔が小さく見えるだけではなく、ほうれい線やシワを目立ちにくくなったり、目が大きくなったり、自分の表情を豊かに見せてあげたりすることができるようになります。

なので、表情筋を鍛えるということはとてつもなく良い効果を一気に手に入れることができるのです。

では、具体的に表情筋を鍛える方法はどうすればいいのかと考えると、おすすめの方法としては自分の口角を上げるトレーニングを実践をしてください。

やり方はとてもシンプルで、ウインクの状態を作り、この時にしっかりと顔を動かして頬や口などをいっきに上げるようにしてください。

そうすることで普段使わないような筋肉を使ったり、筋トレをする事で顔を引き上げて、脂肪を燃焼させることが出来ます。

これを10秒程度キープし、後は反対に…と交互に行ってください。

これを毎日お風呂場などで試してみてください。

そうする事すぐに小顔効果を実感することが出来、笑顔が綺麗な小顔美人になれるはずです。

ヒールの高い靴を履く

自分の顔が大きいことを気にしているのであれば、すぐに相手に与える印象を変化させることができる方法としては、「ヒールの高い靴を履く」ということがおすすめの方法です。

なぜヒールの高い靴を履くことによって自分の顔を小さく見せることができるようになるのかと考えると、ヒールの高い靴を履くことによって自分の身長を大きく見せることができるようになります。

一般的に考えて体が大きい人間はそれに比例して様々な部位も大きくなると考えることができますよね。

なので、身長が大きく見えるという事は、多少なり顔が大きかったところでそこまで気にならなくなるのです。

しかしながら、逆に身長が低いのに顔がとても大きく見えてしまうと、著しくスタイルが悪く見えてしまう可能性があるのです。

だからこそヒールの高い靴を履いて行動することによって、相手に与える印象の中に顔が大きい事が含まれなくなりやすいのです。

だから結果としてヒールの高い靴を履くということの自分の顔を小さく見せることができると判断することができます。

️顔の大きさが気になるなら他でカバー!

元々顔が大きくて悩んでいる方もいれば、子供の頃はそこまで気にしていなかったという方でも、社会人になって不規則な生活習慣をするようになってから自分の顔の大きさが気になりだしたという方はたくさん存在していると思います。

なかなか自分の顔を変化させることは、短時間では難しいと思いますが、今回ご紹介した方法を実践していただければすぐに自分の見た目を変える事もできますし、継続した努力を行えば必ず元の顔の大きさには戻るはずです。

なので、諦めずにきちんと自分にできる努力や改善方法を身に付け、それを実践して行動してみてください。

行動せずに、自分の理想の状況に変化するという事は基本的にありえません。

なので、顔の大きさが気になるのであれば行動したり、対策を知るなどの努力を行って美しい自分になるために頑張ってみてください。

【小顔になる方法は、こちらの記事もチェック!】